文部科学省

横断的・総合的な学習や探究的な学習を通して、自ら課題を見付け、自ら学び、自ら考え、主体的に判断し、よりよく問題を解決する資質や能力を育成するとともに、学び方やものの考え方を身に付け、問題の解決や探究活動に主体的、創造的、協同的に取り組む態度を育て、自己の生き方を考えることができるようにする。

2 thoughts on “文部科学省

  1. shinichi Post author

    小学校学習指導要領解説
    総合的な学習の時間編

    平成20年6月
    文部科学省

    https://www.mext.go.jp/component/a_menu/education/micro_detail/__icsFiles/afieldfile/2009/06/16/1234931_013.pdf

    第1節 目標の構成

    総合的な学習の時間のねらいや育てようとする資質や能力及び態度を明確にし,その特質と目指すところが何かを端的に示したものが,以下の総合的な学習の時間の目標である。

    第1 目標
    横断的・総合的な学習や探究的な学習を通して,自ら課題を見付け,自ら学び,自ら考え,主体的に判断し,よりよく問題を解決する資質や能力を育成するとともに,学び方やものの考え方を身に付け,問題の解決や探究活動に主体的,創造的,協同的に取り組む態度を育て,自己の生き方を考えることができるようにする。

    今回の改訂では,総合的な学習の時間の目標を新たに設定した。従前の総則に示されていた総合的な学習の時間のねらいの(1)及び(2)を踏まえて,新たに国の示す基準として目標を定めたのは,各学校において創意工夫を生かした特色ある教育活動を引き続き行うとともに,この時間を通して実現することが求められる目標を明確にするためである。なお,従前のねらい(1)及び(2)と比べると「探究的な学習」「協同的」の文言が加わった。

    Reply
  2. shinichi Post author

    (sk)

    「主体的,創造的に取り組む態度を育てろ」と言われて「主体的、創造的に取り組む」。。。
    それが矛盾していないと考えているのが、おかしい。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.