Pachinko (Min Jin Lee)

There’s nothing fucking worse than knowing that you’re just like everybody else.

**

Patriotism is just an idea, so is capitalism or communism. But ideas can make men forget their own interests. And the guys in charge will exploit men who believe in ideas too much.

**

No one is clean. Living makes you dirty.

2 thoughts on “Pachinko (Min Jin Lee)

  1. shinichi Post author

    Pachinko

    by Min Jin Lee

    Dans un petit village coréen, la jeune Sunja se laisse séduire par les belles paroles et tendres attentions d’un riche étranger. Lorsqu’elle découvre qu’elle est enceinte et que son amant est déjà marié, elle est confrontée à un choix : devenir, comme tant d’autres jeunes femmes dans sa situation, une seconde épouse, une « épouse coréenne » ou couvrir sa famille de déshonneur. Elle choisira une troisième voie : le mariage avec Isak, un pasteur chrétien qu’elle connaît à peine et qui lui offre une nouvelle existence au Japon. Cette décision est le point de départ d’un douloureux exil qui s’étendra sur huit décennies et quatre générations.

    Avec une justesse historique remarquable et une écriture précise et dépouillée, Min Jin Lee nous offre, à travers un siècle de relations nippo-coréennes, un hymne intime et poignant à tous les sacrifices que font les immigrés pour trouver leur place en pays étrangers.

    Reply
  2. shinichi Post author

    パチンコ

    by Min Jin Lee(ミン・ジン リー)

    translated by 池田真紀子

    第一部 故郷 一九一〇-一九三二年

    一九三二年十一月

     日本が満州を占領した年の冬は厳しかった。身を切るような風が小さな下宿屋を吹き抜け、女たちは何枚も重ね着した服のあいだに綿を詰めてしのいだ。大恐慌とかいうものが世界中に広がっているらしい――下宿屋の住人たちは、新聞を読める人々が市場でしていた話を聞いてきては、食卓でそのまま繰り返した。貧しいアメリカ人は、貧しいロシア人や貧しい中国人と同じように腹を空かせているという。天皇の名のもとで、日本の市民さえ飢えかけていた。もちろん、抜け目ない者、体力のある者たちはその冬を乗り切ったが、痛ましい話はいくらでも聞こえてきた。夜、布団に入ったきり朝が来ても目を覚まさなかった子供たち。一杯のうどんと引き換えに純潔を撃った少女たち。若い者に食べ物を譲るためにひっそりと姿を消した老人たち。

    **

    それに、”日本人はみな悪”という思い込み。もちろん、日本にはいやな人間もいるが、それは世界中どこに行ったって同じだろう。

    **

    カズはクソ野郎だった。しかし、だから何だ?彼はたまたまいやな人間だった。たまたま日本人だった。もしかしたら、アメリカで教育を受けた結果なのかもしれない。たとえ百人の悪い日本人がいても、よい日本人が一人でもいるのなら、十把一絡げの結論は出したくないとソロモンは思う。悦子は彼にとって母親代わりの存在だ。初恋の人は花だった。外山春樹のことはおじのように慕っている。三人とも日本人で、そしてとびきり善良な人たちだ。フィービーはソロモンほどには三人のことを知らない。なのに、理解しろというほうが無理だろう。

    **

    日本人はそう考えないとしても、ある意味ではソロモンだって日本人なのだ。フィービーの目にはその事実が見えない。人が何者であるかを決めるには血だけではない。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.