2 thoughts on “川邉雅規

  1. shinichi Post author

    硝子鶴首花入「凛然」

    by 川邉雅規

    ガラスを外側から何層も重ねたあと、斜めに削り出し、断面に模様を出すという独特の作風。「硝子鶴首花入『凛然』」も、その高い技術が現れた作品だ。

    灰色のガラスの上に、5層の白いガラスを重ねているが、内側の白ガラスほど薄くしてあり、灰色が透けて見える。その結果、削ると美しいグラデーションが現れる。

    Reply

Leave a Reply

Your email address will not be published.