岡本呻也

警察は内部で不正があったとしても、自分で自分を捜査しません。警務部監察室は、組織防衛のための部署で、問題が発生したら被害を局限するためにしか動かないようです。検察もグルです。これでは刑事告発は取り上げられない。
「捜査上の秘密」という壁と、トカゲの尻尾切りシステムがうまくできていて、外部からは切り崩せません。だから裏金問題解決の突破口は、内部告発しかありません。
道警本部長が、全警察署における組織的不正を認めて謝罪するに至ったのは、まず匿名のタレコミ、次に2人のOBの実名告発、さらに県監査委員の頑張りと、現場捜査員の怒りで、監査の時に不正の事実を捜査員が話したからという流れになっています。
福岡、熊本でもOBの実名告発があり、福岡と静岡では警察が組織的な裏金づくりを認めるところまで行きました。
逆に高知・京都では、裏金をつくっている証拠が外部に流出したものの、その後に続く証言がなく尻すぼみになってしまいました。愛媛でも、仙波さんに続く勇気ある告発者が出れば、厚顔無恥な警察の態度も多少は変わるのでしょうが、警察官は「組織は必ず報復する」という事実を一番よく知っているだけに、それを求めるのも酷というものです。正しい告発をしても「裏切り者、恩を仇で返した」と非難されるのです。組織文化としてはヤクザとまったく変わりません。

1 thought on “岡本呻也

Leave a Reply

Your email address will not be published.