野見山暁治

Nomiyama母の死
この秋にお父さんが死んでくれるといい、母はこの一、二年そんなことをしばしば口にするようになった。そうしたらね、あたしはこの冬、安心して死ねる。
母は死にたがっていた。親しい人たちが少しずつ消えてゆくのを、羨ましそうに見つめていた。どうしたら死ねるのか、あの人たちに聞いてみたかった、と葬式から帰ってくるたびに、しみじみと言うのだった。
長生き病の父
長生き病に罹った人にとって、死は、ライオンのように向こうから疾走してきて、がぶりと呑み込んでしまう猛獣ではない。死は、ひそかに人の体内に入り込み、長い歳月を費やして、その人間とすっぽり入れ替わる算段なのだ。
どんなにか父は、それを追い払おうとしてきたことか。。。
長生き病はなおるのか、なおるとどうなるのか。これは病というより、死への変身への葛藤なのだ。

This entry was posted in life. Bookmark the permalink.

2 Responses to 野見山暁治

  1. shinichi says:

    明日のことは、わからない

    by 野見山暁治

    ユリイカ

    2012年8月臨時増刊号

    野見山暁治 絵とことば

    きょうも描いて、あしたも描いて、90年

  2. shinichi says:

    (sk)

    死にたい母と、長生き病の父

    。。。

Leave a Reply

Your email address will not be published.