蒲生はな

鎌倉時代に栄西が日本へ伝えた点茶は、その後、足利幕府に受け継がれ、千利休の時代には今の「点前」の基礎が確立します。
「茶をたてる」、「てまえ」という言葉は、早い時期から使われており、当初は「立てる」「手前」と書かれていました。「点てる」「点前」と「点」の字を使うようになったのは、江戸時代後期からのようで、中国語の「点茶」を「茶ヲ点ズ」と読み下したことに由来しています。また、茶人としても有名な幕末の大老井伊直弼は「点前」と書いて「たてまえ」と読ませていたそうです。その後、しだいに、「点前」は、「てまえ」と読まれるようになり、一方で「たてる」には「点てる」という字が当てられました。その後、この使い方が、一般的に使われるようになったのです。
「茶を点てる」と「点」の字を使うようになったのは150年程度以前のことのようです。栄西が「点茶」を伝えてから800年以上という長い茶の湯の歴史の中では、「点てる」という言葉の用い方は意外と歴史が浅いと言えますね。

This entry was posted in change. Bookmark the permalink.

1 Response to 蒲生はな

  1. shinichi says:

    お茶を点てるにはどうして点という漢字を使うの?

    by 蒲生はな

    http://wabi-sabi.info/archives/235

    「お茶を入れましょう」は、

    普段よく耳にするフレーズです。

    緑茶もコーヒーも「入れる」ですが、

    抹茶だけは「点てる」と書いて「たてる」と言います。

    また、抹茶を点てる手順を「点前」といいますが、

    ここでも「点」の字を使っていますね。

    「点」の字を、「『た』てる」、「『て』まえ」と読ませるのは、

    抹茶に関わる時だけの特別な使い方のようです。

    抹茶は他のお茶と何が違うのでしょう?

    なぜ、抹茶に関わる言葉に「点」の字をあてるのでしょう?

    1 「お茶を入れる」と「お茶を点てる」の違い
    2 中国が由来の「点茶」
    3 「たてる」から「点てる」へ
    ________________

    「お茶を入れる」と「お茶を点てる」の違い

    煎茶は、茶葉を急須に入れてお湯を注ぎ、

    葉が開いた頃に葉をこして、水分だけを茶碗に注ぎます。

    麦茶は鍋ややかんで煮出しますし、

    コーヒーは豆をグラインドしたものをフィルターに入れ、

    その上からお湯を注いで抽出します。

    煎茶、麦茶、コーヒーともに、葉や豆自体は飲まず、

    そこから抽出された成分の混ざった水分を口に入れます。

    抹茶は、粉末にした茶を茶碗に入れ、

    そこにお湯を注いで撹拌して飲みます。

    茶こしやフィルターでこすことはなく、

    抹茶は、茶葉そのものを飲むのです。
    ________________

    中国が由来の「点茶」

    抹茶のように、茶葉を薬研などで碾いて細かくし、

    粉末状態となった茶を茶碗に入れて

    お湯を注ぎ均一に攪拌して飲む方法を、

    中国では「点茶」と呼び、宋の時代に生まれました。

    点茶は眠気を抑制し、

    修行に励むのに適した飲み物として禅寺で広まります。

    鎌倉時代に宋へ留学した栄西は、

    この新しい喫茶法を日本に伝えます。

    そして、栄西は、広く茶の効用を知らしめるために、

    「喫茶養生記」という書を発表します。

    さらに、二日酔いに苦しんでいた将軍源実朝に

    一碗の茶を差し上げて気分を治したという出来事も奏功して、

    日本では、点茶は禅寺に留まらず、

    武士階級にも広く普及していきました。
     

    一方、中国では、明時代、

    茶を入れた急須にお湯を注ぎ茶碗に注いで飲む、

    今の煎茶と同じ飲み方が普及します。

    そのため、点茶は明時代には廃れてしまうのでした。

    ________________

    「たてる」から「点てる」へ

    鎌倉時代に栄西が日本へ伝えた点茶は、

    その後、足利幕府に受け継がれ、

    千利休の時代には今の「点前」の基礎が確立します。

    「茶をたてる」、「てまえ」という言葉は、

    早い時期から使われており、

    当初は「立てる」「手前」と書かれていました。

    「点てる」「点前」と「点」の字を使うようになったのは、

    江戸時代後期からのようで、

    中国語の「点茶」を「茶ヲ点ズ」

    と読み下したことに由来しています。

    また、茶人としても有名な幕末の大老井伊直弼は

    「点前」と書いて「たてまえ」と読ませていたそうです。

    その後、しだいに、「点前」は、「てまえ」と読まれるようになり、

    一方で「たてる」には「点てる」という字が当てられました。

    その後、この使い方が、一般的に使われるようになったのです。
     
    「茶を点てる」と「点」の字を使うようになったのは

    150年程度以前のことのようです。

    栄西が「点茶」を伝えてから

    800年以上という長い茶の湯の歴史の中では、

    「点てる」という言葉の用い方は意外と歴史が浅いと言えますね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.