源俊高

おのづから来る人あらばもろともにながめまほしき山櫻かな

This entry was posted in poem. Bookmark the permalink.

1 Response to 源俊高

  1. shinichi says:

    http://kazenosanpo.blogspot.jp/2017/03/blog-post_27.html

    山家集 上 春 99

       せか院の花盛りなりける頃、としたかのもとよりいひ送られける

    おのづから 来る人あらば もろともに ながめまほしき 山桜かな

    ひょっとして誰かたずねて来る人があったら、この清和院の桜の花盛りと山桜の花盛りとを、ご一緒に眺めたいものであります。

    ◇おのづから 「おのづから来る人あらば」と仮定の形で述べながら、西行に対して来てほしい旨を伝える。

    ◇もろともに 清和院の桜と山桜(東山辺の桜か)を「もろともに」の意を含むか。

Leave a Reply

Your email address will not be published.