葛飾北斎

 

己六才より物の形状を写の癖ありて

半百の此より

数々画図を顕すといえども

七十年前画く所は実に

 

取るに足ものなし

七十三才にして稍

禽獣虫魚の骨格草木の出生を

悟し得たり故に

八十六才にしては益々進み

 

九十才にして猶其奥意を極め

一百歳にして正に神妙ならん

与欠百有十歳にしては

一点一格にして生るがごとく

 

ならん

願くば長寿の君子予言の

妄ならざるを見たまふべし

 

画狂老人卍述

1 thought on “葛飾北斎

Leave a Reply

Your email address will not be published.