Category Archives: love

F

ずっと一緒にいようと言われるより、 来月の予定を押さえてくれた方が嬉しい。 結婚しようって言われるより、 黙って婚姻届を差し出される方がまだ誠実だ。 幸せにすると言われるより、 三日に一回チロルチョコをくれた方が信じられる。 絶対的な約束は言葉では交わせない。 行動でしか、守れない。果たせない。

Posted in love | 3 Comments

Semir Zeki

When you look at someone you are passionate about, some areas of the brain become active. But a large part is de-activated, the part that plays a role in judgment. Brain scans have also shown the area of the brain that controls fear, and another region involved in negative emotions, close down.

Posted in love | 2 Comments

踊るイッセー

男性は大体の女性をうっすら好きで、女性は大体の男性をうっすら嫌いという言葉を見て色々腑に落ちた

Posted in love | 1 Comment

岸政彦

私たちは、他の誰かと肌を合わせてセックスしているときでも、相手の快感を感じることはできない。抱き合っているときでさえ、私たちは、ただそれぞれの感覚を感じているだけである。

Posted in love | 9 Comments

朝日真奈

なぜ恋人がいない若い世代が多いのでしょうか。その要因を心理分析してみましょう。 ひとつは「相手に近づけない心理的距離感」が関係しています。これは、心理学ではヤマアラシに例えられます。ヤマアラシは、寒さに耐えるために体を寄せ合いお互いに近づこうとします。しかし、お互いの針が刺さってしまうため、なかなか近寄れません。つまり、近づきたいけれども傷つくのをおそれて、一定距離以上は近づけない心理のことを「ヤマアラシジレンマ」と言います。つまり、ほど良い距離感が分からず、傷つくことに臆病な「ヤマアラシジレンマ」状態の若い世代が増加していることが考えられます。 もうひとつは、「結婚しないなら、恋愛しなくても良い。無駄な時間とお金を使いたくない…」という考え方。それは、驚くことに女性ばかりではなく、20代前半の男性からも聞きます。最初から上手くいくと良いのですが…。初恋の人と結婚する人は少ないですよね。時短レシピ、時短生活、時短勤務のように「時短恋愛」を求めていませんか。それは、まさに「恋愛の効率化現象」。結婚という結果に繋がらないものには努力をしない、と考える人が増えているのかもしれませんね。

Posted in love | 1 Comment

高橋雅人

恋はみんなプラトニックなのかもしれません。

Posted in love | 3 Comments

永谷綾子

そうだったんだ、私の身体と心にはたくさんの愛がめぐっている。 それはもちろん 周りの人も同じ。みんな愛だらけの人。 こんなに自分勝手に生きてきた私なのに  みんな、すごく温かな愛で包んでくれていたんだ・・・ 目に見えないからと切り捨てたたくさんの愛があって、 幸せなことに、私の命を生かしてくれていたんだ。 なんてこった!

Posted in love | 1 Comment

Juan Ruiz

Aquí dize de cómo fué fablar con Doña Endrina el Arçipreste. 653  Ay, Dios! Quán fermosa viene Doña Endrina por la plaça!    Qué talle, qué donaire, qué alto cuello de garça!    Qué cabellos, qué boquilla, qué color, qué buenandança!    Con saetas de amor fiere quando los sus ojos alça. 654  Pero tal lugar non era para fablar en amores:    a mí luego me venieron muchos miedos e tenblores,    los mis pies e las mis manos non eran de sí señores,    perdí seso, perdí fuerça, mudáronse mis colores.

Posted in love | 3 Comments

University of Minnesota

Extradyadic romantic activity (ERA) includes sexual or emotional interaction with someone other than a primary romantic partner. Given that most romantic couples aim to have sexually exclusive relationships, ERA is commonly referred to as cheating or infidelity and viewed as destructive and wrong. Despite this common sentiment, ERA is not a rare occurrence. Comparing data from more than fifty research studies shows that about 30 percent of people report that they have cheated on a romantic partner, and there is good reason to assume that the actual number is higher than that. Although views of what is considered “cheating” vary among cultures and individual couples, sexual activity outside a primary … Continue reading

Posted in love | 1 Comment

Linda and Charlie Bloom

It’s “la difference” that makes relationships edgy, dynamic, exciting and a little scary. There is of course, a fine line between “a little scary” and frightening. And there is a fine balance between having enough danger in a relationship to make it stimulating and to keep it from dying from a lack of excitement.

Posted in love | 2 Comments

Roy Baumeister

What makes a man or woman desirable, of course, is a complex and highly personal mix of many qualities and traits.

Posted in love | 1 Comment

Friedrich Nietzsche

indispensable…to the lover is his unrequited love, which he would at no price relinquish for a state of indifference.

Posted in love | Leave a comment

Eric Berne

Some say that one-sided love is better than none, but like half a loaf of bread, it is likely to grow hard and moldy sooner.

Posted in love | 1 Comment

Merriam-Webster Dictionary

Definition of Unrequited : not requited : not reciprocated or returned in kind // unrequited love

Posted in love | 2 Comments

Henry Holiday

Posted in love | 3 Comments

Ginny Brown

Saying “I can’t stop thinking about the person I love because my dopamine is high and serotonin is low” doesn’t change the reality of that feeling. The feelings are just as strong and real after we have names for the hormones that contribute to them as they were before. But knowing the biological basics can give you hope, though. I don’t know about you, but when I’m feeling something strongly, I tend to assume I will feel that way forever. I know it’s not true, but I have a hard time really believing that I’ll ever experience anything but the soul-searing pain I’m in right now. In those moments, it … Continue reading

Posted in love | 2 Comments

Haruki Murakami

Sometimes when I look at you, I feel I’m gazing at a distant star. It’s dazzling, but the light is from tens of thousands of years ago. Maybe the star doesn’t even exist any more. Yet sometimes that light seems more real to me than anything.

Posted in love | 3 Comments

Ian McEwan

When it’s gone, you’ll know what a gift love was. You’ll suffer like this. So go back and fight to keep it.

Posted in love | 1 Comment

André Maurois

À la naissance de l’amour, les amants parlent de l’avenir ; à son déclin, ils parlent du passé.

Posted in love | 4 Comments

Benjamin Disraeli

The magic of first love is our ignorance that it can never end.

Posted in love | 1 Comment

Jean de La Bruyère

L’on n’aime bien qu’une seule fois, c’est la première ; les amours qui suivent sont moins involontaires.

Posted in love | 1 Comment

森田秀二

恋愛物語とは、本来相手との絶対的一体化の願望である<愛>が、空間的距離(すれ違い)、情報的距離(嫉妬)、制度的距離(不倫)などの障害によって妨げられる物語。

Posted in love | 4 Comments

Jean-Michel Jakobowicz

Amour ou amitié ? Cette question débouche immanquablement sur une autre, que l’on se pose dès l’adolescence et qui est : « est-il possible d’avoir des liens d’amitié avec une personne du sexe opposé ? ». Ce qui est très intéressant, c’est que cette question que l’on se pose assez tôt dans la vie peut nous poursuive pendant très longtemps à l’âge adulte… En réalité, trois cas de figures se présentent : le premier que je souhaiterais aborder relève d’un lien d’amitié qui existe sans aucune arrière-pensée sexuelle ou amoureuse. Les deux personnes sont simplement amies au-delà de leur sexe, et ne ressentent pas le besoin de faire évoluer leur … Continue reading

Posted in love | 1 Comment

山田あかね

20世紀に神は死んだ、と言われ、一応先進国では宗教という概念は終わったとされている。じゃあ、あの強い信仰心に変わるものはなんだろうか。 それはずばり、ロマンチックラブ・イデオロギーでしょう。つまり、「愛」ってやつですね。一般的には男女の愛。宗教による戦争などの痛い経験のあと、20世紀のひとたちがすがりついたのは、身近なひとたちによせる信仰心のような、愛情だったというわけ。 宗教と純愛はよく似ている。宗教をなくしたひとたちが、すがるように手に入れたのはが「愛」ってやつだったんですね。だから、狂信者と愛を信じるひとたちはとてもよく似ている。蘇りを信じたり、永遠をうたったり。死はすべての終わりではない、と考えたがる。(気持ちはわかるけどさあ) みんななにかを信じて、それにすがりたいんだよね。新興宗教ブームと純愛ブームって根は同じなんだと思う。すがりたいひとたちのよすがだ。 もちろん、それを信じて、信じることで救われるとしたら、ほんと手軽でいいと思う。できれば、私も入信したいけど、もはや、そういった信仰心をもてない身。宗教も純愛もない荒野を歩いていくしかないのだった。とほほ。

Posted in love | 1 Comment

Anna Pasternak

The heartbreaking story of the passionate love affair between Boris Pasternak and Olga Ivinskaya – the tragic true story that inspired Doctor Zhivago. `Doctor Zhivago’ has sold in its millions yet the true love story that inspired it has never been fully explored. Pasternak would often say `Lara exists, go and meet her’, directing his visitors to the love of his life and literary muse, Olga Ivinskaya. They met in 1946 at the literary journal where she worked. Their relationship would last for the remainder of their lives. Olga paid an enormous price for loving `her Boria’. She became a pawn in a highly political game and was imprisoned twice … Continue reading

Posted in love | 2 Comments

Mikhail Naimy

You live that you may learn to love. You love that you may learn to live. No other lesson is required of Man.

Posted in love | 1 Comment

David Lewis

There is no doubt that chocolate beats kissing hands down when it comes to providing a long-lasting body and brain buzz. A buzz that, in many cases, lasted four times as long as the most passionate kiss.

Posted in love | 1 Comment

国立国会図書館サーチ

タイトル 夏目漱石が「I love you」を「月が綺麗ですね」と訳したとされる根拠となる文献はないか。(岐阜県図書館) 回答 確かな根拠を示す資料を見つけることはできませんでした。

Posted in love | 2 Comments

竹取物語

「かくあまたの人を賜ひてとどめさせたまへど、許さぬ迎へまうで来て、取り率(ゐ)てまかりぬれば、口惜しく悲しきこと。宮仕へ仕うまつらずなりぬるも、かくわづらはしき身にてはべれば。心得ずおぼしめされつらめども、心強く承らずなりにしこと、なめげなるものにおぼしめしとどめられぬるなむ、心にとどまりはべりぬる」 とて、 今はとて天の羽衣着るをりぞ君をあはれと思ひいでける とて、壺の薬添へて、頭中将呼び寄せて奉らす。中将に天人取りて伝ふ。中将取りつれば、ふと天の羽衣うち着せ奉りつれば、翁をいとほしく、かなしとおぼしつることも失せぬ。この衣着つる人は、もの思ひなくなりにければ、車に乗りて、百人ばかり天人具して上りぬ。

Posted in love | 2 Comments

ウィキペディア

日本語の「愛」の意味の変遷 日本の古語においては、「かなし」という音に「愛」の文字を当て、「愛(かな)し」とも書き、相手をいとおしい、かわいい、と思う気持ち、守りたい思いを抱くさま、を意味した。 近代に入り、西洋での語義、すなわち英語の「love」やフランス語の「amour」などの語義が導入された。その際に、「1. キリスト教の愛の概念、2.ギリシア的な愛の概念、3. ロマン主義小説の恋愛至上主義での愛の概念」などの異なる概念が同時に流れ込み、現在の多様な用法が作られてきた。

Posted in love | 2 Comments

Akira

恋の旧字体は「戀」。上部は「絲」+「言」で、下部は「心」。「絲」は「糸」の旧字体、「言」は《言葉でものごとにけじめをつける》という意味。もともとは《もつれた糸にけじめをつけようとする心》という意味だったものが、のちに《もつれる心》《ずるずる続いて切れない心》《他人に繋がって切れない心》という意味になった。

Posted in love | Leave a comment

Victor Frankl

A thought transfixed me: for the first time in my life I saw the truth as it is set into song by so many poets, proclaimed as the final wisdom by so many thinkers. The truth–that love is the ultimate and the highest goal to which man can aspire. Then I grasped the meaning of the greatest secret that human poetry and human thought and belief have to impart: The salvation of man is through love and in love. I understood how a man who has nothing left in this world may still know bliss, be it only for a brief moment, in the contemplation of his beloved. In a … Continue reading

Posted in love | 1 Comment

Manic Loveless

Love is a curious thing, and we as humans have studied it since the ancient times. Cultures from all over the world have their own take on what is “true love”, and it means something different to everyone. To some, love is a warm feeling in the pit of your stomach. For others, it is a trust and bond that only a select few are privilege to. There are even some who’d say they would die or kill for love.

Posted in love | 1 Comment

Kris Gage

Too often, we think love is supposed to be manic People celebrate “losing themselves,” and “falling” for someone; they get tossed and turned like they have no say in the matter; they let themselves get pulled emotionally willy nilly and chalk it up as “passion.” “Relationships take work,” we tell ourselves. But we’ve misconstrued what that “work” is supposed to mean. “Boring” is better than “impassioned,” and while most great relationships have a blend of both, forced to choose, we should readily take the former.Consistently warm is far more hospitable than hot and cold for long-term emotional wellbeing. Boring is beautiful By “boring,” I mean stability, consistency, reliability. We can … Continue reading

Posted in love | 1 Comment

Samantha Irby

  I’m in love and it’s boring.  

Posted in love | 1 Comment

Kris Gage

What makes us happy? Focusing on what we can control (which is only ourselves) Committing (ourselves) to our partner  —  love them healthily and hard, every day. The only thing we control is us. And “marriage” is about commitment, but it starts and ends with our own.  And after that, we only need to respect our partners as their own person, separate from us, who commit to us not by contract, but choice.

Posted in love | 1 Comment

Caroline Zielinski

Despite today’s popular view that marriage equals love, matrimony is not actually grounded in love or intimacy: historically, it was a strategic alliance between two families, more often than not orchestrated by the families to ensure long-term stability and prosperity for the maximum amount of people.

Posted in love | 2 Comments

Laurel Stewart

People seem to have a pretty good understanding of what love feels like, and we do a good job respecting love as an important feeling. But our culture sends a pretty contradictory message about what commitment is. We say marriage requires love and commitment, and yet somehow “love is all you need” prevails as a logical sentiment. Our collective divorce rate speaks for our confusion.

Posted in love | 1 Comment

J. Richard Cookerly

What pops up in your mind when you see the words “intimate love”? Lots of people think of something sexual. Others think of something powerfully and very personally emotional. There are a good many other people who think about both ecstatic sex and various intensely pleasurable, psychological states interwoven together. The term “intimate love” can mean a surprisingly wide range of different things to different people. Intimacy in a love relationship can mean knowing another and being known by another in incredible ways. It also can mean a sense of wonderful closeness, fervent shared eroticism combined with a marvelous sense of loving and being loved in very personal ways.

Posted in love | 1 Comment

Kemi Amushan

I know that one of the best feelings in the world is holding the person you love close to your heart and body; to connect mentally, emotionally and physically. We don’t realize it but our intimate relationships teach us a lot about the people we love and even more about ourselves. So what really is intimacy?

Posted in love | 1 Comment

Emna

Posted in globe, love | 3 Comments

Tom Robbins

We waste time looking for the perfect lover, instead of creating the perfect love.

Posted in love | 1 Comment

Rumi

I choose to love you in silence … for in silence I find no rejection, I choose to love you in loneliness … for in loneliness no one owns you but me, I choose to adore you from a distance … for distance will shield me from pain, I choose to kiss you in the wind … for the wind is gentler than my lips, I choose to hold you in my dreams … for in my dreams, you have no end.

Posted in love | 1 Comment

Charles Baudelaire

Ce qu’il y a d’ennuyeux dans l’amour, c’est que c’est un crime où l’on ne peut pas se passer d’un complice.

Posted in love | 1 Comment

Kahlil Gibran

If you love somebody, let them go, for if they return, they were always yours. If they don’t, they never were.

Posted in love | 2 Comments

室生犀星

「おじさま、いい考えがうかんだのよ、おじさんとあたいのことをね、こい人同士にして見たらどうかしら、可笑しいかしら、誰も見ていないし誰も考えもしないことだもの。」 「そういう場合もあるだろうね、乞食のように生きてゆくひとは、犬や猫と生涯をおくることもあるからな、犬や猫は寝ていると女くさくなってゆくけれど、金魚とは寝ることが出来ないしキスも出来はしない、ただ、きみの言葉を僕がつくることによってきみを人間なみに扱えるだけだが、まアそれでもいいね、きみと恋仲になってもいいや、僕には美しすぎた過ぎ者かも知れないけれど、瞳は大きいしお腹だけはデブちゃんだけれどね。」 「あたいね、おじさまのお腹のうえをちょろちょろ泳いでいってあげるし、あんよのふとももの上にも乗ってあげてもいいわ、お背中からのぼって髪の中にもぐりこんで、顔にも泳いでいって、おくちのところにしばらくとまっていてもいいのよ、そしたらおじさま、キスが出来るじゃないの、あたい、大きい眼を一杯にひらいて唇をうんとひらくわ、あたいの唇は大きいし、のめのめがあるし、ちからもあるわよ。」

Posted in love | 1 Comment

谷崎潤一郎

ナオミは奇妙にあんな地質が似合いました。それも真面目な着物ではいけないので、筒ッぽにしたり、パジャマのような形にしたり、ナイト・ガウンのようにしたり、反物のまま身体に巻きつけてところどころをブローチで止めたり、そうしてそんななりをしてはただ家の中を往ったり来たりして、鏡の前に立って見るとか、いろいろなポーズを写真に撮るとかして見るのです。白や、薔薇色や、薄紫の、紗のように透き徹るそれらの衣に包まれた彼女の姿は、一箇の生きた大輪の花のように美しく、「こうして御覧、ああして御覧」と云いながら、私は彼女を抱き起したり、倒したり、腰かけさせたり、歩かせたりして、何時間でも眺めていました。

Posted in love | 2 Comments

Vladimir Nabokov

Lolita, light of my life, fire of my loins. My sin, my soul. Lo-lee-ta: the tip of the tongue taking a trip of three steps down the palate to tap, at three, on the teeth. Lo. Lee. Ta. She was Lo, plain Lo, in the morning, standing four feet ten in one sock. She was Lola in slacks. She was Dolly at school. She was Dolores on the dotted line. But in my arms she was always Lolita. Did she have a precursor? She did, indeed she did. In point of fact, there might have been no Lolita at all had I not loved, one summer, an initial girl-child. In … Continue reading

Posted in love | 2 Comments

泉鏡花

「あい、」  とわずかに身を起すと、紫の襟を噛むように――ふっくりしたのが、あわれに窶れた――頤深く、恥かしそうに、内懐を覗いたが、膚身に着けたと思わるる、……胸やや白き衣紋を透かして、濃い紫の細い包、袱紗の縮緬が飜然と飜えると、燭台に照って、颯と輝く、銀の地の、ああ、白魚の指に重そうな、一本の舞扇。  晃然とあるのを押頂くよう、前髪を掛けて、扇をその、玉簪のごとく額に当てたを、そのまま折目高にきりきりと、月の出汐の波の影、静かに照々と開くとともに、顔を隠して、反らした指のみ、両方親骨にちらりと白い。

Posted in love | 1 Comment

森鴎外

 今この処を過ぎんとするとき、鎖したる寺門の扉に倚りて、声を呑みつゝ泣くひとりの少女あるを見たり。年は十六七なるべし。被りし巾を洩れたる髪の色は、薄きこがね色にて、着たる衣は垢つき汚れたりとも見えず。我足音に驚かされてかへりみたる面、余に詩人の筆なければこれを写すべくもあらず。この青く清らにて物問ひたげに愁ひを含める目の、半ば露を宿せる長き睫毛に掩はれたるは、何故に一顧したるのみにて、用心深き我心の底までは徹したるか。 ・・・そが傍に少女は羞を帯びて立てり。  彼は優れて美なり。乳の如き色の顔は燈火に映じて微紅を潮したり。手足の繊くたをやかなるは、貧家の女に似ず。

Posted in love | 1 Comment

坂口安吾

 オレはヒメに歩み寄ると、オレの左手をヒメの左の肩にかけ、だきすくめて、右手のキリを胸にうちこんだ。オレの肩はハアハアと大きな波をうっていたが、ヒメは目をあけてニッコリ笑った。 「サヨナラの挨拶をして、それから殺して下さるものよ。私もサヨナラの挨拶をして、胸を突き刺していただいたのに」  ヒメのツブラな瞳はオレに絶えず、笑みかけていた。  オレはヒメの言う通りだと思った。オレも挨拶がしたかったし、せめてお詫びの一言も叫んでからヒメを刺すつもりであったが、やっぱりのぼせて、何も言うことができないうちにヒメを刺してしまったのだ。今さら何を言えよう。オレの目に不覚の涙があふれた。  するとヒメはオレの手をとり、ニッコリとささやいた。 「好きなものは咒うか殺すか争うかしなければならないのよ。お前のミロクがダメなのもそのせいだし、お前のバケモノがすばらしいのもそのためなのよ。いつも天井に蛇を吊して、いま私を殺したように立派な仕事をして……」  ヒメの目が笑って、とじた。  オレはヒメを抱いたまま気を失って倒れてしまった。

Posted in love | 1 Comment

三島由紀夫

愛する者は手ぶらで愛せるが、愛される者は、永久に愛されたいと思うかぎり、永久に多少の神秘を保存しなければならない。すなわち、尻尾を保存しなければならないのです。人はわかりきったものを愛することはできません。

Posted in love | 1 Comment

太宰治

 あの人は、かねがね私の醜い容貌を、とても細心にかばってくれて、私の顔の数々の可笑しい欠点、――冗談にも、おっしゃるようなことは無く、ほんとうに露ほども、私の顔を笑わず、それこそ日本晴れのように澄んで、余念ない様子をなさって、 「いい顔だと思うよ。おれは、好きだ。」  そんなことさえ、ぷつんとおっしゃることがあって、私は、どぎまぎして困ってしまうこともあるのです。私どもの結婚いたしましたのは、ついことしの三月でございます。結婚、という言葉さえ、私には、ずいぶんキザで、浮わついて、とても平気で口に言い出し兼ねるほど、私どもの場合は、弱く貧しく、てれくさいものでございました。だいいち、私は、もう二十八でございますもの。

Posted in love | 2 Comments

太宰治

 人生はチャンスだ。結婚もチャンスだ。恋愛もチャンスだ。と、したり顔して教える苦労人が多いけれども、私は、そうでないと思う。私は別段、れいの唯物論的弁証法に媚びるわけではないが、少くとも恋愛は、チャンスでないと思う。私はそれを、意志だと思う。  しからば、恋愛とは何か。私は言う。それは非常に恥かしいものである。親子の間の愛情とか何とか、そんなものとはまるで違うものである。

Posted in love | 2 Comments

Surabhi Surendra

その日のことは、鮮明に覚えている。私はゴールドの刺繍が鮮やかな赤のドレスに身を包んでいた。メイクは決して完璧ではなかったけれど、いつもより美しく見えた。幸せを感じていたから、きっとそう見えたのだろう。 その日は私の結婚式だった。でも、それはあなたが想像するような典型的なものとはかなりかけ離れているだろう。私は彼のプロポースに対して、顔も知らないまま「イエス」と答えた。結婚は親同士の紹介によるお見合い結婚だった。 お見合い結婚などうまくいかない、心から幸せになることなんてできないと考える人は少なくない。それでも、実際に私たちは結婚7年目を迎えた。そして、信じられないくらい幸せを感じている。

Posted in love | 2 Comments

Rainer Maria Rilke

To be loved means to be consumed. To love is to give light with inexhaustible oil. To be loved is to pass away, to love is to endure.

Posted in love | 2 Comments

街コンジャパン

・恋は下心、愛は真心 ・恋は一人で、愛は二人で ・恋は「してほしい」愛は「してあげたい」 ・恋は一部しか見てない、愛は全体を見てる

Posted in love | 1 Comment

Tintoret

Posted in love | 2 Comments

다비치

Posted in love | 3 Comments

安井かずみ

「愛するとは、尽きない油をもって輝くこと。愛されることは滅びゆくが、愛することは持続する ―― 」というリルケの言葉が印象に残っている。 「自分で納得し、やっていけるのは、結局、自分の中にある愛だけなのだ ―― 」という私の大好きなピーター・フォンダの言葉!  百年も隔たったふたりの言葉はどうやら、その表現と感覚の違いこそあれ、ほんとうは、人間の愛について同じことを言っているのだ。

Posted in love | 2 Comments

Henri Salvador

Posted in love | 3 Comments

Michel Sardou

Posted in love | 3 Comments

Jacques Deray

Posted in love | 2 Comments

窪田容子

一時的な感情でなく『子どもが愛せない』というママがいます。ママ自身が何より悲しく、苦しまれていることと思います。こんなママたちの背景に次のような要因が関係していることがあります。 重いつわりや難産、マタニティブルーや産後うつに苦しんだ。メンタルヘルスの問題がある 望まない妊娠で、仕事などやりたかった道の断念を余儀なくされた まとまった時間を寝てくれない、ずっと抱っこしていないと泣くなど、子どもが育てにくい個性をもっている 義両親や夫、地域から孤立していて、身近に味方がいないと感じる 自分自身が幼少期に愛されずに育った 自分自身のことがどうしても好きになれない 関係がうまくいっていない夫や義両親、実両親と、子どもが似ていると感じる よいママでありたい、ダメなママだと思われたくないと常に思う 子育ては、自らの子ども時代をなぞるといわれています。例えば、泣いている子どもを見て、抑え込んできた子ども時代の悲しみが刺激されたり、思いきり自己主張をする子どもに『自分は我慢してきたのに、ワガママをいうなんて許せない』と感じてしまったり。。

Posted in love | 1 Comment

Robert Sternberg

Combinations of intimacy, passion, commitment                       Intimacy (親密さ) Passion (情熱) Commitment (コミットメント) Non-love(愛ではない) ✕ ✕ ✕ Liking/friendship(好意) ◯ ✕ ✕ Infatuated love(夢中な愛) ✕ ◯ ✕ Empty love(空っぽな愛) ✕ ✕ ◯ Romantic love(ロマンティックな愛) ◯ ◯ ✕ Companionate love(友愛) ◯ ✕ ◯ Fatuous love(愚かな愛) ✕ ◯ ◯ Consummate love(完璧な愛) ◯ ◯ ◯

Posted in love | 3 Comments

科学事典

人は恋人がいる人の割合を多く見積もってしまう傾向がある。これを恋愛普及幻想と呼ぶ。自分と同年代の人がどの程度恋人がいると考えているのかを調査した結果、5〜6割以上の人が恋人がいると推測しているが、国の調査によると実際に恋人がいるのは、3割前後であるといわれている ** 世の中には美男・美女といわれる人々がいるが、彼ら、彼女らを見て美しくないという人は少ない。この美しいと認識する美意識は、後天的に備わっていくものなのか、生まれつきのものなのか、という疑問に対しある実験が行われている。実験は、様々な人種の男女の写真を大人に見てもらい、美しさの度合いを評価してもらう。その後、同じ写真を乳児に見せたところ、大人が美しいと判断した写真を長い時間見つめていた。つまり、乳児にも大人と同じような美意識が備わっている可能性が示されたのである。

Posted in love | 3 Comments

Bavaria Boutique Hotel

DESIGN, CHARME AND CHARAKTER

Posted in love | 1 Comment

Avivah Wittenberg-Cox

With children departing into their own journeys and ever-longer lives stretching out ahead, more mature adults are leaping, unconventionally and aspirationally, at a last chance at love. Most of the existing literature discourages them. The dominant mantra of books, counsellors and media is that ‘staying together’ is the superior, admirable choice. They insist that romantic dreams of great sex and soul mates are the Disney-esque yearnings of the naively immature. This book argues the contrary. Great relationships are not only attainable; they are a natural and admirable goal for ageing humans.

Posted in love | 2 Comments

Cheryl Rice

Confusing love with longing happens when we label the painful yet exhilarating sensation of yearning for someone we cannot have as ‘love’. But in fact, that sensation, and the fantasies it fuels, has more to do with the unmet needs of our childhood than true love. And not only that, (and to make matters worse?) that compulsive craving actually distracts us from finding and receiving the available intimacy we deserve.

Posted in love | 2 Comments

mimirin1110

私には、「憧れの人」と「好きな人」両方います。 「憧れの人」: 職場の一回り年上の人なんだけど、すごく仲が良くて、何でも言えて、その時間が心底楽しいと思える。でもその人は既婚者で、最近子供も生まれたばかりで、不倫にも程遠い人。昔の初恋の人にそっくりで、その人としゃべってると、そのときのことも思い出してしまう。目が合うと、目だけで会話したりする。ドキドキするから好きなんだろうけど、いわゆる「男女の仲」には絶対なりたくないかな。何かキレイな存在っていうか、奇麗事でない現実にあって、唯一キレイな部分っていうか・・・でも、既婚者にそんな感情抱いてる時点でもうキレイじゃないんだろうけど(苦笑)。 「好きな人」: 現在の彼氏です。出会ったのは3年前の学生時代の頃なんだけど、色々あって付き合えなくて、最近やっと再会して付き合うようになった人。3年間、彼は私の中では理想の人であり続けたけど、憧れではなかったな。けど、やっぱり付き合うとなったらいいとこ取りじゃなくて、相手の嫌なところとか、生活してる部分とか、決してきれいじゃない部分をたくさん見なくちゃならない。それを承知で一緒にいたいと思えるのが好きなんだと思う。

Posted in love | 1 Comment

Fernando Pessoa

We never love anyone. What we love is the idea we have of someone. It’s our own concept – our own selves – that we love. ** Love is essential. Sex, a mere accident. ** They were two and beautiful and wanted to be something else; love delayed itself to them in the tedium of the future, and regret of what would happen to be was already being the daughter of the love they hadn’t had. ** There is no happiness without knowledge. But knowledge of happiness is unhappy; for knowing ourselves happy is knowing ourselves passing through happiness, and having to, immediatly at once, leave it behind. To know … Continue reading

Posted in happiness, love | 5 Comments

Kamnik

Posted in love | 3 Comments

Martine Laronche

Internet serait-il devenu un moyen de rencontre parmi d’autres ? En réalité, l’amour numérique ne répond pas aux mêmes règles que la rencontre dans une soirée ou au bureau, bref dans la vraie vie. Plus intense, il s’embrase vite avec les mots, mais le passage à la réalité peut être très décevant.

Posted in love | 1 Comment

Isaac Asimov

We must not be taken in by the myth of youth, the unending propaganda to the effect that young men are younger than old men; that they are better looking; that they are slimmer, stronger and more athletic; that they can hold a girl in more romantic fashion and speak more sweetly. Nonsense! Pure balderdash put out by a secret organization of clean old men whose design it is to conquer the world and who use the unwitting young as fronts and dupes. The fact of the matter is that young men lack skill and experience and are very likely to approach a girl as though she were a sack … Continue reading

Posted in love | 2 Comments

島尾ミホ

北門の側まで来ております ついては征けないでしょうか お目にかからせて下さい お目にかからせて下さい なんとかしてお目にかからせて下さい 決して取り乱したり致しません

Posted in love | 1 Comment

Naomi Alderman

To move forward, we’ll need to admit that the problem doesn’t lie with a few bad apple abusers but with a whole culture that imagines that women don’t really have sexual desire, that we need to be cajoled, persuaded, seduced, manipulated, blackmailed or even outright forced into it. There will be need to be complicated and prolonged conversations between young men and young women about what constitutes consent, what is an abuse of power, why we encourage men — who are already taller, stronger, more muscled — to be the sexual aggressors, while still presuming that girls will make themselves pretty and wait around to be asked. These prolonged conversations … Continue reading

Posted in love | 1 Comment

Kyan Khojandi

Posted in love | 3 Comments

Eleanor Coppola

Posted in love | 2 Comments

Frédéric Chopin

Posted in love | 1 Comment

Alain de Botton

The person who is best suited to us is not the person who shares our every taste (he or she doesn’t exist), but the person who can negotiate differences in taste intelligently — the person who is good at disagreement. Rather than some notional idea of perfect complementarity, it is the capacity to tolerate differences with generosity that is the true marker of the “not overly wrong” person. Compatibility is an achievement of love; it must not be its precondition. Romanticism has been unhelpful to us; it is a harsh philosophy. It has made a lot of what we go through in marriage seem exceptional and appalling. We end up … Continue reading

Posted in love | 1 Comment

Oscar Wilde

Posted in love | 2 Comments

Céline Dion, Peabo Bryson

Posted in love | 1 Comment

Serendipity

Here’s the thing about people with good hearts. They give you excuses when you don’t explain yourself. They accept apologies you don’t give. They see the best in you when you don’t need them to. At your worst, they lift you up, even if it means putting their priorities aside. The word “busy” does not exist in their dictionary. They make time, even when you don’t. And you wonder why they’re the most sensitive people. You wonder why they’re the most caring people. You wonder why they are willing to give so much of themselves with no expectation in return. You wonder why their existence is not so essential to … Continue reading

Posted in love | 2 Comments

Skim

Posted in love | 1 Comment

Ingrid Bergman

Dear Mr. Rossellini, I saw your films Open City and Paisan, and enjoyed them very much. If you need a Swedish actress who speaks English very well, who has not forgotten her German, who is not very understandable in French, and who in Italian knows only “ti amo,” I am ready to come and make a film with you. Ingrid Bergman

Posted in love | 4 Comments

白石昌則

愛は売っていますか? どうやら、愛は非売品のようです。もし、どこかで販売されていたとしたら、何かの罠かと思われます。くれぐれもご注意ください。

Posted in love | 1 Comment

Erich Fromm

Love is a decision, it is a judgment, it is a promise. If love were only a feeling, there would be no basis for the promise to love each other forever. A feeling comes and it may go. How can I judge that it will stay forever, when my act does not involve judgment and decision. Love isn’t something natural. Rather it requires discipline, concentration, patience, faith, and the overcoming of narcissism. It isn’t a feeling, it is a practice.

Posted in love | 1 Comment

Natasha Lennard

It has not, by any measure, been a Summer of Love; more like a Summer of Anxiety, Fear and Hate. It would be facile to respond to recent events — political upheaval, mass murder, police violence and festering racism — with a call to “love.” But in extreme times, it’s worth considering: Can love (as we know it) act as a radical force rather than a distraction? Does our current idea of love need revision? Is there a new kind of love emerging in new social movements, one that works against the narrow kind of love fostered by capitalism?

Posted in love | 1 Comment

秦凱, 何姿

Posted in love | 3 Comments

Rumi

I choose to love you in silence … for in silence I find no rejection, I choose to love you in loneliness … for in loneliness no one owns you but me, I choose to adore you from a distance … for distance will shield me from pain, I choose to kiss you in the wind … for the wind is gentler than my lips, I choose to hold you in my dreams … for in my dreams, you have no end.

Posted in love | 3 Comments

Internet

Posted in love | 1 Comment

Рами Блект

Если вы по-настоящему любите человека, ваша цель – сделать его счастливым.

Posted in love | 3 Comments

Sylvie Angel

(En 2014, 214 000 mariages ont été célébrés en France, pour 120 568 divorces. Près d’un couple sur deux divorce aujourd’hui.) Si l’infidélité est une cause fréquente de discorde au sein du couple, les disputes concernant l’éducation des enfants, le laxisme ou au contraire l’autoritarisme de l’un ou l’autre des conjoints à l’égard des enfants font partie des plaintes multiples. Les couples se disputent pour tout : les détails et l’organisation (ou l’inorganisation) de la vie quotidienne laminent, usent et, à force de linge sale qui traîne, de tubes de dentifrice mal rebouchés, de lumières pas éteintes, de factures pas payées ou de rôtis brûlés, on en vient à des … Continue reading

Posted in love | 1 Comment

Brooklyn Bridge

Posted in love | Leave a comment

Sylvia Day

I didn’t know I was looking for anything until I saw you.

Posted in love | 1 Comment

安井かずみ

「愛するとは、尽きない油をもって輝くこと。愛されることは滅びゆくが、愛することは持続する ―― 」というリルケの言葉が印象に残っている。 「自分で納得し、やっていけるのは、結局、自分の中にある愛だけなのだ ―― 」という私の大好きなピーター・フォンダの言葉! 百年も隔たったふたりの言葉はどうやら、その表現と感覚の違いこそあれ、ほんとうは、人間の愛について同じことを言っているのだ。

Posted in love | 2 Comments

Unknown

I once asked an old man: Which is more important to love or to be loved? He replied: which is more important to a bird, the left wing or the right wing?

Posted in love | Leave a comment

こにく

先日、「アタシたちは刷り込まれている」と書きましたが、何に刷り込まれてるかというと、メディアです。ネットをはじめとするメディアでは、ありとあらゆる情報が垂れ流しですね。 その多くは、広い意味で基本的には「広告」です。 人間というのは、常に感情、情動で動く生き物。広告というのは、その人間の情動を巧みに刺激し、あなたにたくさんお金を使わせようとします。 そして、この「情動」、「衝動」と言い換えてもいいかもしれませんが、老若男女問わず、根底に流れる「衝動」は、「モテたい」なんですね。 この「モテたい」という衝動、言い換えると「愛されたい」とも言えるかもしれません。

Posted in love | 1 Comment

山本文緒

人間が持って生まれた運命がみっつある。 その一、人は必ず死んでしまう。 その二、人は自分を表現せずにはいられない。 その三、人は人から愛されたい。 どんな人でも衣食住がとりあえず足りれば、次は人から“自分”というものを認めてもらいたくなるものだ。 仕事で、趣味で、他愛のないお喋りの中で、人は自分を表現する。どんなに無口でおとなしい人でも、やはり黙っていることで表現しているのだ。 そして、自分というものを愛してほしいのだ。 好きになってほしいのだ。誰かに。自分以外の誰かに。 死んでしまう前に。

Posted in love | 3 Comments

二村ヒトシ, 藤沢数希

二村 藤沢さんはテクノロジーの人だから、統計学や生物学から考えられる「性差」といった面、それと「市場原理」の法則から、恋愛工学を編み出したわけでしょう。僕は恋愛や性の問題を、自覚できていない異性へのコンプレックスとか、親との関係の中で生じてしまった「その人の性質」から見るのが好きなんです。それらはスッキリと“解決”できるものじゃないかもしれないけど、自覚することでそれまで困難だったラクな恋愛や楽しいセックスができるようになる人も多い、ということを示せたらいいなと。 藤沢 そういう心の問題を考えるというか、そういうアプローチでやっている学者もいますし、そういう切り口が大好きな人がたくさんいるのは僕もよく理解しています。ただ、恋愛工学はなんといっても工学なんですよ。たくさんの男の人がセックスしたいと思ってるわけです。できれば売春とかではなく、自由恋愛でね。だったら、それを効率よくするにはどうすればいいか、と僕は考えるんです。物事をなるべくシンプルにしたい。

Posted in love | 5 Comments