Category Archives: perception

浜村拓夫

人類の歴史を観察すると、「先に生まれた者が、後から生まれた者を搾取する」という「循環的な構造」があることに気付く。

戦争はやったのは、今の世代の日本人じゃない。
前世代の日本人の負の遺産を、今も日本人は引きずっている。
この事から、搾取は世代間でも起こっていることが分かる。
先に生まれた者が、後から生まれた者を搾取する構造があるのだ。
世代交代が進行していく過程で、この不当な搾取は解消されるべきだろう。

・自分の価値観だと思っているものは、実は他人(先人)から与えられた情報だった。
・先人が作った借金のツケを、後の世代が払わされる。
…ありがち過ぎて、困るよね?

安田秀一

とにかく、この瞬間が僕の「人生No.1の瞬間」なのである。他人の評価や残した実績、ビッグゲームでのスーパープレーなんかではなく、「グランドのゴミ」から「はい上がった」ことが自分で確認できたこの瞬間が、もっとも「嬉しい瞬間」であった。つまり、他人の評価などより、自分で勝ち取った「自分だけの証明書」を手に入れたことの方がよっぽど嬉しかった訳だ…

Philippe

Des stades aux entrées payantes sont pleins de gens qui pensent que ceux qu’ils applaudissent sont trop payés, et les bibliothèques à l’entrée gratuite sont vides des gens qui pensent que les livres sont trop chers …

高野秀行, 清水克行

TakanoShimizu外国人がイスラム過激派に狙われる本当の理由
ソマリアの内戦と応仁の乱
未来に向かってバックせよ!
信長とイスラム主義
伊達政宗のイタい恋
江戸の茶屋の娘もミャンマーのスイカ売りの少女も本が好き
独裁者は平和がお好き
妖怪はウォッチできない
アフリカで日本の中古車が売れる知られざる理由
今生きている社会がすべてではない

現代ソマリランドと室町日本は驚くほど似ていた!
人々の心の動きから法体系まで、こんなにも似ている社会が時空を超えて存在したとは!

Piero Scaruffi

The worst genocides of the 20th and 21st Centuries

Ze-Dong Mao (China, 1958-61, 1966-69, Tibet 1949-50) 60,000,000
Adolf Hitler (Germany, 1939-1945) 12,000,000
Leopold II of Belgium (Congo, 1886-1908) 8,000,000
Jozef Stalin (USSR, 1932-39) 7,000,000
Hideki Tojo (Japan, 1941-44) 5,000,000
Ismail Enver (Ottoman Turkey, 1915-20) 2,550,000
Pol Pot (Cambodia, 1975-79) 1,700,000
Kim Il Sung (North Korea, 1948-94) 1,600,000
Menghistu (Ethiopia, 1975-78) 1,500,000
Yakubu Gowon (Biafra, 1967-1970) 1,000,000
Leonid Brezhnev (Afghanistan, 1979-1982) 900,000
Jean Kambanda (Rwanda, 1994) 800,000
Saddam Hussein (Iran 1980-1990, Kurdistan 1987-88) 600,000
Tito (Yugoslavia, 1945-1980) 570,000
Suharto/Soeharto (Indonesian communists 1965-66) 500,000
Fumimaro Konoe (Japan, 1937-39) 500,000
Jonas Savimbi (Angola, 1975-2002) 400,000
Mullah Omar – Taliban (Afghanistan, 1986-2001) 400,000
Idi Amin (Uganda, 1969-1979) 300,000
Yahya Khan (Pakistan, 1970-71) 300,000
Ante Pavelic (Croatia, 1941-45) 359,000
Benito Mussolini (Ethiopia, Libya, Yugoslavia, 1934-45) 300,000
Mobutu Sese Seko (Zaire, 1965-97) 250,000
Charles Taylor (Liberia, 1989-1996) 220,000
Foday Sankoh (Sierra Leone, 1991-2000) 200,000
Suharto (Aceh, East Timor, New Guinea, 1975-98) 200,000
Ho Chi Min (Vietnam, 1953-56) 200,000
Michel Micombero (Burundi, 1972) 150,000
Slobodan Milosevic (Yugoslavia, 1992-99) 100,000
Hassan Turabi (Sudan, 1989-1999) 100,000
Syngman Rhee (South Korea, 1948-50) 80,000
Richard Nixon (Vietnam, 1969-1974) 70,000

Bill Ayers

There was a big hullabaloo during the 2008 presidential election over your relationship to Obama.
What is or was your relationship to him?

I brief him every Monday in the White House, and he never listens! No. The truth is exactly what he said and what the campaign said in 2008. David Axelrod said we were friendly, that was true; we served on a couple of boards together, that was true; he held a fundraiser in our living room, that was true; Michelle [Obama] and Bernardine [Bernardine Dohrn, a spouse of Bill Ayers and a co-founder of the Weather Underground] were at the law firm together, that was true. Hyde Park in Chicago is a tiny neighborhood, so when he said I was “a guy around the neighborhood,” that was true. Today, I wish I knew him better and he was listening to me. Obama’s not a radical. I wish he were, but he’s not.
But were you excited when Obama was elected president in 2008?
Politics has very little to do with ideals.

Gary Klein

We have found that people draw on a large set of abilities that are sources of power. The conventional sources of power include deductive logical thinking, analysis of probabilities, and statistical methods. Yet the sources of power that are needed in natural settings are usually not analytical at all – the power of intuition, mental simulation, metaphor, and storytelling. The power of intuition enables us to size up a situation quickly. The power of mental simulation lets us imagine how a course of action might be carried out. The power of metaphor lets us draw on our experience by suggesting parallels between the current situation and something else we have come across. The power of storytelling helps us consolidated our experiences to make them available in the future, either to ourselves or to others. These areas have not been well studied by decision researchers.

福澤諭吉

天は人の上に人を造らず人の下に人を造らずと云へり。されば天より人を生ずるには、萬人皆同じ位にして、生まれながら貴賤上下の差別なく、萬物の霊たる身と心の働を以て天地の間にあるよろずの物を資り、以て衣食住の用を達し、自由自在、互いに人の妨をなさずして各安樂にこの世を渡らしめ給ふの趣意なり。されども今廣く此人間世界を見渡すに、かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、其有様雲と泥の相違あるに似たるは何ぞや。其次第甚だ明なり。實語教に、人学ばざれば智なし、智なき者は愚人なりとあり。されば賢人と愚人との別は學ぶと學ばざるとに由て出來るものなり。又世の中にむづかしき仕事もあり、やすき仕事もあり。其むづかしき仕事をする者を身分重き人と名づけ、やすき仕事をする者を身分輕き人と云ふ。都て心を用ひ心配する仕事はむづかしくして、手足を用る力役はやすし。
故に醫者、学者、政府の役人、又は大なる商賣をする町人、夥多の奉公人を召使ふ大百姓などは、身分重くして貴き者と云ふべし。身分重くして貴ければ自から其家も富で、下々の者より見れば及ぶべからざるやうなれども、其本を尋れば只其人に學問の力あるとなきとに由て其相違も出來たるのみにて、天より定たる約束にあらず。諺に云く、天は富貴を人に與へずしてこれを其人の働に與る者なりと。されば前にも云へる通り、人は生れながらにして貴賤貧富の別なし。唯學問を勤て物事をよく知る者は貴人となり富人となり、無學なる者は貧人となり下人となるなり。

Yuval Noah Harari

Like gods and human rights, nations are fictions. A mountain is something real. You can see it, touch it, smell it. But the United States or Israel are not a physical reality. You cannot see them, touch them or smell them. They are just stories that humans invented and then became extremely attached to.
Not all people believe in God, or in human rights, or in the United States of America. But everybody believes in money, and everybody believes in the dollar bill. Even Osama bin Laden. He hated American religion, American politics and American culture — but he was quite fond of American dollars. He had no objection to that story.
To conclude, whereas all other animals live in an objective world of rivers, trees and lions, we humans live in dual world. Yes, there are rivers, trees and lions in our world. But on top of that objective reality, we have constructed a second layer of make-believe reality, comprising fictional entities such as the European Union, God, the dollar and human rights.

Yuval Noah Harari

It is relatively easy to accept that religious networks of cooperation are based on fictional stories. People build a cathedral together or go on crusade together because they believe the same stories about God and Heaven. But the same is true of all other types of large-scale human cooperation. Take for example our legal systems. Today, most legal systems are based on a belief in human rights. But human rights are a fiction, just like God and Heaven. In reality, humans have no rights, just as chimps or wolves have no rights. Cut open a human, and you won’t find there any rights. The only place where human rights exist is in the stories we invent and tell one another. Human rights may be a very attractive story, but it is only a story.

田中宇

上海機構を主導する中露は、諸国間の敵対をやめさせようとしている。印パや、スンニ(サウジ)対シーア(イラン)など、諸国間の敵対を扇動して自国の覇権を維持してきた米英と対照的だ。対米従属に固執することで米国を「おかみ」とする官僚機構が隠然独裁を続けられる日本では、米英が「善」で中露が「悪」であるとするマスコミのプロパガンダが根強いが、そうした善悪観は歪曲された大間違いだ。日本人は、早くそれに気づいた方が良い。中露の肩を持つ私を中傷する前に、プロパガンダを軽信せず世界の流れをよく見ろと言いたい。

Marina Vinogradova

7 reasons you should never date a Russian woman
They are too beautiful for you: The dedication that Russian women have to look beautiful is just scary. For the majority of them life is like a podium, and so they have to look sparkling even on the way to get a newspaper or walking the dog.
Loyalty is not cool: A Russian girl will be your most devoted friend, your best advisor, critic and even your doctor if you are sick. If you think loyalty is unnecessary and boring, don’t date Russians.
They are too independent: A Russian woman can stop a galloping horse and enter the burning house. Girls in Russia do not believe in ideal relationships and think that even if their Prince Charming finds them, they have to be able to live on their own.
Her high expectations: Russian women are very demanding. They don’t want just a guy who will love them madly. They want the best man alive to love them madly. Good old manners are very important.
The challenge of breaking the ice.: Russians are reserved and try to keep the distance before you become close to them. Any Russian girl can create an impression of Ice Queen, even if she likes you (especially if she really likes you!).

Alain Délétroz

Est-il raisonnable d’affirmer que l’Occident est antirusse et qu’il n’a de cesse de traîner Moscou dans la boue? La politique de Vladimir Poutine aujourd’hui irrite et, certes, fait naître un discours très critique dans les médias des démocraties, mais l’Occident serait-il pour autant antirusse? Non! Cette affirmation n’a tout simplement aucun fondement historique.
La France, par exemple, a toujours été bien plus méfiante des visées de l’Angleterre que de celles de son allié russe. Et réciproquement! Durant les deux guerres mondiales, les démocraties occidentales se sont bien battues aux côtés des Russes contre les Reich allemand et autrichien, et non l’inverse.

Guy Mettan

Depuis Napoléon, le discours antirusse est toujours le même: la Russie est une ennemie, elle est expansionniste, elle veut nous envahir. Son tsar, son leader, son président sont des tyrans, des despotes qui ne rêvent que d’asservir leur peuple et les peuples voisins. Poutine est un kleptocrate, un corrompu, un espion, un autocrate, un homophobe, un Staline, un Hitler, un envahisseur, une menace pour le genre humain et pour l’innocente et paisible Europe.
Ce discours, qu’on pourra sans doute lire sous la plume de mon contradicteur, est inlassablement répété par les dirigeants et les médias dominants en Europe depuis deux siècles pour une seule et unique raison: il sert à justifier les agressions et les invasions que les Européens, et aujourd’hui les Américains, mènent contre la Russie depuis le schisme religieux de 1054.

Hiikichi

応仁の乱という戦争の理由がよく分からない、途中からは誰が戦争指導者なのかさえ分からなくなり、最後は勝者が誰なのかよく分からないまま終わった。そういう意味不明な大乱が、日本全国津々浦々まで巻き込んで11年間も続き、特に主戦場であった京都はその大半を焼き尽くされ、屍で埋め尽くされ、本当に「都」であったのかという有り様。
で、結局勝者は誰か?

  1. 焼かれ尽くしたが見事再興し、現在でも世界有数の文化都市として君臨する京都
  2. 理由はどうあれ欲望の為なら盗賊同様が、道徳心と知識欲を手に入れてしまった平民
  3. 財布の紐は女が握っていた方が良い、と認めざるを得ない結果を示した日野富子
  4. 良書を熟読した者こそが正しく判断出来る、と認めざるを得ない功績を残した一条兼良
  5. 何のかんの言いながらも四畳半文化(侘び寂び)を築いてしまった足利義政
  6. 知恵こそ必要なり、正しい考え方こそ必要なり、を各地で説き、「やっぱり偉い人なんだな」と民衆にその後何百年もそう思わせている公家=官僚
  7. 知恵こそ必要なり、正しい考え方こそ必要なり、を各地で説き、「やっぱり偉い人なんだな」と民衆にその後何百年もそう思わせているお寺&宗派&食いっぱぐれしない僧侶達
  8. 京都が焼き尽くされた事により、逆に、京都の財や商や技や知などを手に入れた近隣地方都市
  9. 京都の知識人達が全国へ逃げた事で各地に出来て、今も観光資源として生き続けている「小京都
  10. だから結局「応仁の乱」の勝者は誰か?で永遠に決着つかずでメシが食えてる歴史学者、作家等々

Lord Taylor of Gryfe

My Lords, does the Minister agree that, in comparison with other sports, boxing is the only sport in which an individual enters into a ring to inflict damage on his opponent? Would not those two individuals in the ring be arrested if they did the same thing outside the ring?

高宇

私は1993年に日本へ来ました。大学時代から中国で日本の政治を研究していた私の来日時の感想は、「こんなにも民主的で公平な国なんだ」というものでした。
第二次世界大戦後、日本が独立国として民主政体に変わったことは知っていましたが、中国にいた私は、日本の民主政体は名ばかりではないかと思っていたのです。
さらに驚かされたのは、公平な国だということ。私が日本での学生時代にアルバイト先で日本人の正社員と起きたトラブルに対して、当時の工場長も課長も両方の話を聞いて、それぞれの問題点を指摘してくれました。私が中国人でも不公平な態度をとらなかったのです。
私が日本へ来た時に覚えた驚き。それは学問で学んだだけでは、日本の実態を十分には知りえなかったことを意味しています。書物などで知識を得ることも大切ですが、自分の目で、耳で、肌で世界を感じてほしいのです。そうすることであなたが気付かなかった自分の可能性を発見できるかもしれません。

原爆先生

なぜ広島の土壌は放射線で汚染されなかったのか? 大量の放射性物質はどこに消えたのでしょうか?
1945年8月6日午前8時15分、広島市の原爆ドームからほんの少し離れた島病院の上空570mで原子爆弾は爆発しました。この上空570mが第一の原因です。「熱線」「衝撃波」「放射線」が原子爆弾の三大威力ですが、熱線と衝撃波は原子爆弾を上空で爆発させば威力が大きくなります。反して放射線は上空であれば威力が落ち、また土壌が放射線で汚染される度合いも低くなります。
次に、ヒロシマ原子爆弾が爆発した瞬間、紫がかった赤い発光体は直径200mの球体に膨れ上がり、その球体の中心温度は100万℃、球体の外周でも7000℃に達しました。実はこの100万℃および7000℃が第二の原因です。これだけの超高熱は、核分裂の分裂片、ウラン235の燃え残り、そして爆弾の容器など、すべてのものを一瞬のうちに気化させました。この高熱は、爆心地付近の空気を一気に膨張させ、爆心地付近は一時真空地帯になりましたが、その後、今度は周りの空気が真空地帯に逆流し、強い上昇気流によって塵や残骸粉そして気化した放射性物質が上昇気流に乗って成層圏近くまで上昇し、多くは気流に乗って拡散しました。世界に拡散されることによって局地的な土壌汚染を回避したとも言えるのでしょう。

志葉玲

日本のメディアは「私はシャルリー」の意味を解説すべきだろう。このスローガンは単純にシャルリー紙の表現に賛同しているというわけではない。仏誌『マリ・クレール』が解説しているように、たとえ、その内容自体に同意しないとしても、表現や報道の自由、それ自体は守られるべきだという意志が込められている(関連情報)。フランスの哲学者ヴォルテールの言葉「私はあなたの意見には反対だ。だが、あなたがそれを主張する権利は命をかけて守る」を体現するものなのである。また、テロを批難し「表現の自由」の大切さを訴えることと、イスラム教徒への迫害することは全く別のことだ。11日に行われた大規模デモにフランスの極右政党「国民戦線」が参加を見合わせたのも、事件に乗じたアラブ・北アフリカ移民への排斥の動きに、社会党が与党である現フランス政権が批判的だからという事情があるのだ(シャルリー紙自体が「国民戦線」に対し、極めて批判的だったという経緯もある)。

Maurice Merleau-Ponty

Quand je vois à travers l’épaisseur de l’eau le carrelage au fond de la piscine, je ne le vois pas malgré l’eau, les reflets, je le vois justement à travers eux, par eux. S’il n’y avait pas ces distorsions, ces zébrures du soleil, si je voyais sans cette chair la géométrie du carrelage, c’est alors que je cesserais de le voir comme il est, où il est, à savoir : plus loin que tout lieu identique. L’eau elle-même, la puissance aqueuse, l’élément sirupeux et miroitant, je ne peux pas dire qu’elle soit dans l’espace : elle n’est pas ailleurs, mais elle n’est pas dans la piscine. Elle l’habite, elle s’y matérialise, elle n’y est pas contenue, et si je lève les yeux vers l’écran des cyprès où joue le réseau des reflets, je ne puis contester que l’eau le visite aussi, ou du moins y envoie son essence active et vivante.

シン

工業化を先んじた白人はルールを作り、後から工業化した国へルールを引き渡します。それが工業における単位であり、工業化の手助けをする金融のルールも白人達が作り運営されています。近代、現代史をリードしてきた白人達に憧れるのは当然ではないでしょうか?
白人が美しい、という感覚は、歴史による刷り込みです。白人が美しいと思うものを美しいとして美術史が作られ、250年繰り返し刷り込んできたのですから、白人を美しいと思うのは当然です。日本ではおかめ顔が美しい、太目の女性が望ましい体形でした。明治維新で鎖国廃止になり、産業革命によって技術がはるかかなたに進んでいた欧米に憧れ、白人的美感覚を取り入れ、今に至るわけです。
世界的に白人的であること=美しい、素晴らしいこと、という習慣が根付いています。白人との混血、白人的で彫が深い、というのはブランドだ、という価値観です。

Heimlich A. Loki

I recently saw a brilliant slogan on a t-shirt. It read “sure it works in practice, but does it work in theory?” What a wonderful inversion! It made me laugh. And think. And that’s a dangerous thing.
Pragmatism has become the iron-clad law of this age. Anything can be justified if it is done as an appeal to practicality. The most artless, destructive, useless activities can be passed off as strictly necessary. The most idiotic, contemptuous, miserly, and shallow behaviour in corporations and institutions can be justified to infinity through an appeal to practicality.

Chris Auld

David Orrell, a mathematician who works on biological problems, recently published a book called Economyths: Ten Ways Economics Gets It Wrong. Economyths is a terrible, willfully ignorant, deeply anti-intellectual book. The characterization of economic thought presented is ridiculous. The level of scholarship is abysmal.
A few of the amazing (-ly wrong) things I learned about economics from this book:
・ Economists insist on using math.
・ Economists just don’t understand scarcity.
・ Economists have never heard of emergent properties.
・ Economists categorically reject bubbles everywhere and always.
・ Economists believe economic growth is always and everywhere a good thing.
・ Economists believe money and happiness are the same thing.

ウィキペディア

足利義政は、室町時代中期から戦国時代初期にかけての室町幕府第8代将軍。
庭師の善阿弥や狩野派の絵師狩野正信、土佐派の土佐光信、宗湛、能楽者の音阿弥、横川景三らを召抱え、東山の地に東山殿を築いた。この時代の文化は、金閣に代表される3代義満時代の華やかな北山文化に対し、銀閣に代表されるわび・さびに重きをおいた「東山文化」と呼ばれる。初花、九十九髪茄子など現在に残る茶器も作られた。
勘合貿易を復活させ、経済交流と文化発展に寄与することとなった。勘合貿易の復活や、守護大名や側近の幕府官僚の財政再建策が功を奏して、義政の治世前半は義満の時代と並んで、幕府財政は安定期であった。だが、皮肉にも実権を奪われたことで政務への関心を失った義政はその成果を幕府の権威回復や民衆の救済にではなく、趣味の建築や庭園に費やしてしまい、応仁の乱後の財政難の原因を作ってしまった。その後、貿易の実権は細川家や大内家によって握られ、将軍家は経済的にも衰退した。
永井路子は、義政の先々代の足利義教の独裁と末路を考慮して、周囲の人々は義政を「死なぬように、生きぬように」お飾りとして育てた。義政の人格と治世は、そうした歪んだ教育の結果だと評している。史料に見える義政は将軍としてのスケジュールには従順であり、永井はそこから源実朝によく似た人物だと義政を評した。歴史学者赤松俊秀は、「無能の烙印を押すのは可哀想だ。将軍として立派に行動しようとしたが、結果は幕府の衰退という失敗に終わってしまっただけ」と評している。また赤松は「将軍でありながら、彼ほど『人に抑えられた』人物はいないだろう」と指摘している。

トマ・ピケティ

  • 日本のように人口減かつ低成長の国では、過去に蓄積された資産が相続によって一部の富裕層により集中し、格差拡大の要因になります。
  • 確かに日本の格差は米国ほどではない。しかし、上位10%の富裕層の所得は、国民所得全体の30~40%まで広がっています。日本がゼロに近い低成長なのに、上位の所得が増えているということは、裏を返せば、実質的に購買力を減らしている人がいるということです。日本の最高所得税率は1960~70年代より下がっています。上位10%の所得が増えているのに、税率が低い状態では格差が広がるばかり。所得税の累進性を高めるべきです。
  • 消費増税は正しいのかどうか。むしろ低所得者への課税を弱め、富裕層の資産課税を強めるべきです。紙幣を増刷することもいいのかどうか。税制改正より紙幣を刷る方がやりやすいですが、緩和したマネーがどこへ行っているのか分かりません。金融政策だけでなく、財政改革、教育改革、累進性のある税制改革も必要です。

Andrew Hussey

French-IntifadaFrench-Intifada2The specific aim of this book, then, is to examine the major role that French colonial wars in North Africa have played in the worldwide process of decolonization. Torture, collective killings and ethnic cleansing were all deployed by the French in North Africa as weapons of war. On the Muslim side, insurgency, terrorism, and assassination were legitimized as tools against the European oppressor. From this point of view, this book becomes the new story of an old nation whose identity as the world capital of liberty, equality and fraternity is at every step challenged and confronted by antagonisms with its cultural opposite – the secular Republic against the politics of its dispossessed colonial subjects.
From this dual perspective, my argument will be that France was not – as most French historians like to think – the sole agent of history during its colonial period, but that the countries of the Maghreb also had a direct influence on the twists and turns of French history. And that this process, largely ignored by contemporary French intellectuals, still continues in the banlieues.
However much the French media or intellectuals try to reduce the problem to familiar domestic issues, the fact is that France itself is still under attack from the angry and dispossessed heirs to the French colonial project.As long as this misunderstanding persists, the ‘long war’ will endure: ‘Na’al abouk la France‘ (‘Fuck France’).

ウィキペディア

朝鮮民族にとっての「恨」は、単なる恨みや辛みだけでなく、無念さや悲哀や無常観、(虐げる側である優越者に対する)あこがれや妬み、悲惨な境遇からの解放願望など、様々な感情をあらわすものであり、この文化は「恨の文化」とも呼ばれる。
恨の文化は、代々の王権や両班による苛斂誅求を極めた階級的支配に対する民衆の抵抗意識と、漢代の昔より幾度となく半島を襲った中国からの異民族(漢族・モンゴル族・女真族ほか)による侵略・征服で永続的な服従を余儀なくされた国辱、日本(大日本帝国)による植民地統治と併合という、長い抑圧と屈辱の歴史から生まれたもので、内外の圧倒的な力に屈して耐え忍ばざる得なかった朝鮮半島独特の文化である。
また恨の形成の裏には、儒教の教えや習慣が、本来の形を越えた形でエスカレートさせていったことが背景にあったと言われ、それは上位者の下位者に対する苛烈な扱いを正当化する解釈や、下位の者は過酷な立場を受容しなければならないとする解釈になった。
朝鮮の独立が民族運動として失敗して弾圧され、自らの力でなく第二次世界大戦の講和交渉として、頭ごなしに連合軍の力によって達成されたことは、後の世代の「恨」となった。また韓国について言えば、独立後の外圧によって成立した李承晩政権の腐敗した独裁政治、朴正煕の鉄拳統治、さらにそれ以後の軍事政権・光州事件など、内なる弾圧の歴史も「恨」となっている。それで今日得られなかった勝利の代替物として、あるいは抵抗精神の表れとして、例えばスポーツなどにおける日韓戦に必要以上に熱狂したり、与野党の争いや労働組合の労使紛争において激しく激昂して極端に過激な行動をとったりするのである。

山崎元

相場の世界には「順張り」と「逆張り」の二つのプレイ・スタイルが存在する。近い過去から現在までの間に、相場が上がっている時に買い、下がっている時に売るやり方が「順張り」で、上がっている時に売って、下がっている時に買うのが「逆張り」だ。将来の相場を見通すことが出来れば、その見通しに対して順張りすればいいのだが、残念ながら、そのように好都合な事が出来る人はいない(いたら、世界の富の相当部分を一人で握っているはずだ!)。
順張りを採用するか、逆張りを採用するかは、もちろん市場参加者の自由なので、いつでも自由に変えることが出来る。とはいっても、個人によって好き嫌いがあることが多い。だが、経験的にいっても、理屈で考えるとしても、一方のパターンが常に有効であり続ける事はない。
理論的には、順張り・逆張りを気にする必要はないというのが一つの結論だが、自分の得意のパターンが有効だと思う時に相場に参加すればいい、というのがもう一つの結論だ。相場への参加の仕方は一通りでなくてもいい。
ファイナンス理論の世界の理屈で考えるなら、順張りが有利か、逆張りが有利かについては、結論が出ることはない。仮に、一方が有利だという結論が出るとすれば、過去の価格の動きを見るだけで他人よりも有利にゲームをプレイすることが出来ることになってしまう。
株式のようなリスク資産への投資であれば、理論的にいえるのは、投資家が適切に負ったリスクに対する収益が期待できるということだけだ。

インターネット

矢口新: ナンピン買いは、戦術的にリスクとリターンとが見合わない拙い手法です。正解は、「ナンピン買いはどのような場合でも避ける」となります。
 
友成正治: 株式投資で儲かる人と儲からない人の根本的な違いは、ナンピンするかしないかである。儲け続けている人は、みんなナンピン買いをしているのである。
 
初心者の株式投資道場: 下手なナンピンすかんぴん。下げのトレンドに入っている銘柄は「ナンピン買い」より「損切り」を行うべきですね。
 
株式投資で幸せインカムゲイン生活: ナンピンは絶対ダメと言う人もいますが、私はナンピンに対していいイメージがあります。ナンピンは長期投資家と相性がいいものだという見方をしています。

グレン・S・フクシマ

「Center for American Progress (CAP)」を訪れる世界各国の人々と交流する中で、私は、世界各国・地域との相互依存関係において、日本に関して 3 つのことを懸念している。
第 1 は、いわゆる内向き傾向である。米国への日本人留学生が減り続けている一方で、中国人留学生が圧倒的に増えている。 … またビジネススクールにおいて日本人の英語力の低さと経験不足が見られ、アジアの他の国々の学生に対する競争力の低下が懸念される。
第 2 の心配は、歴史認識による孤立化である。 … 日本の政治家の靖国参拝や NHK 会長の発言などが事態を悪化させてもいるが、過去 1 年半の間に日本を孤立させようという試みがなされているということを日本は認識すべきであろう。

第 3 の心配は、日本の政治指導者やメディアや官僚の一部の人たちにある、過去の固定観念にもとづく米国への見方である。その固定観念とは、米国での重要な決定は、経済・文化に関してはニューヨークでなされ、政治に関してはワシントンでなされ、学問・知識に関してはボストンあるいはケンブリッジでなされる、という見方である。米国は過去 50年間で劇的に変化し、現在は非常に多様化してきている。西海岸のカリフォルニア、とりわけシリコンバレーなどでの変化は目を見張るものがある。然るに、日本の放送局は西海岸に駐在員をほとんどおいていない。日本が過剰に「継続性、安定性、前例主義」にこだわり、米国についての過去の固定観念にもとづく見方をすることは、多様化する米国を理解するにあたって、障害になりうる。 それは地域や性別や年齢や政党に関する多様性についても言えることである。米国では女性の職場での活躍が近年極めて進んでいるという事実も認識する必要がある。

秦郁彦

ヘーゲルは歴史を「異なるイデオロギーがくり広げる闘争の場」と定義したが、たしかに民主主義、マルクス主義、反ユダヤ、八紘一宇思想、イスラム原理主義のように強烈なイデオロギーの眼鏡を通すと、それぞれ違う歴史の風景が見えてくるはずだ。
実証主義を掲げるプロの歴史家も例外ではない。その結果、大東亜戦争を日本の「侵略戦争」と規定するプロの左派歴史家と、それを「自衛」ないし「聖戦」と見なすアマの右派歴史家が同じ土俵で対峙するのを、不毛なイデオロギー論争に割りこむのをためらい沈黙するか見守るだけの中間派という構図ができあがる。
**
仕掛人が歴史の分野に集中するのも、黒白がつきやすい自然科学分野の争点とちがい、解釈の余地が広く、極端な場合には通説を裏返した陰謀史観の叙述さえ可能だからであろう。

千野香織

「影響を与える」といういい方をするとき、その人が視点を置いているのは「中心」の側であろう。しかし、そうではなく、発想を逆転させて「周縁」の側に視点を置き、「中心」の側にあったものを「選択し、摂取する」といい換えることによって、おそらく、世界の見え方はまったく違ってくるに違いない。

Terry Fong

Surprising Things About Switzerland

  • ground level is floor "zero" and the floor above is "one".
  • banks do not charge ATM fees.
  • nudity (and more) on network TV is not unusual.
  • the post office is also a bank.
  • there is no mail pick-up at home.
  • there are no binder clips.
  • on many buses, you buy tickets and get change from the driver
  • you have to bag your own groceries at grocery stores.
  • all stores are usually closed by 7 pm.
  • gas stations sell good bread.
  • you cannot turn right on red.
  • SMS text messaging is free for received texts, only the sender pays.

BuzzFeed Community

16 Things Russians Do That Americans Might Find Weird

  1. Dressing up to go to the store.
  2. Sitting down for a minute before heading on a trip.
  3. Making really long and complicated toasts.
  4. Telling anecdotes as often as possible.
  5. Congratulating one another on getting out of a shower or sauna.
  6. Answering “how are you?” honestly and fully.
  7. Not smiling at strangers.
  8. Celebrating New Year’s more enthusiastically than Christmas.
  9. Constantly rewatching old Soviet cartoons.
  10. Calling all females “girl”.
  11. Sitting down at the table for a meal and staying there for hours.
  12. Always keeping your bags.
  13. Preparing way more food than is necessary for when friends come over.
  14. Living with their parents.
  15. Meeting complete strangers and then becoming friends with them immediately.
  16. And never showing up to someone’s house without a gift in hand.

Karen Dawisha

PutinsKleptocracyMr Putin transformed an oligarchy independent of and more powerful than the state into a corporatist structure in which oligarchs served at the pleasure of state officials, who themselves gained and exercised economic control…both for the state and for themselves. The result is that 110 individuals control 35% of Russia’s wealth.

More than half of the $50 billion spent on the Sochi Olympics simply disappeared into the pockets of Putin’s cronies.

Wolfgang Wagner, Michal Onderco

The appropriate policy towards so-called ‘rogue states’, i.e. regimes whose defining feature is the violation of international norms, has been among the most divisive issues in European foreign policy making. Whereas some EU member states prefer a confrontational approach to states like Iran and North Korea, others plea for a more accommodating policy. This paper argues that EU member states’ policies towards ‘rogue states’ are heavily influenced by domestic cultures of control because the problem of recurrent violations of community norms as posed by renegade regimes to the international community is similar to the problem posed by criminals in domestic society. Thus, states with a retributive culture of control follow a confrontational policy towards renegade regimes, fed by a ‘criminology of the other’ that is based on the assumption that certain criminals are simply evil and therefore intrinsically different from the rest of community. In contrast, states with a ‘penal-welfarist’ or’rehabilitative’ culture of control follow a more accommodationist policy, aiming at the resocialisation of the renegade into the community. To control for additional influences on policies towards ‘rogue states’, the paper also examines the impact of commercial interests and of the lobbying activities of ethnic identity groups.

Confrontation or Accommodation? – European Policies towards ‘Rogue States’ (pdf)

The Economist

Both loved and loathed at home, Margaret Thatcher stirred similarly polarised feelings abroad. They began across the Channel. In office she had a tricky time with French leaders, whatever their political stripe. François Mitterrand once said that she had the mouth of Marilyn Monroe and the eyes of Caligula. Jacques Chirac, a former president on the right, was caught at a European summit declaring: “What more does that housewife want from me? My balls on a plate?”

Rachel Reid

There are definitely multiple perspectives for evaluating art although I think that people choose one type over another because of the way that they were raised in their society or culture. The way that someone was brought up and influenced definitely plays into what kind of art they appreciate and tend to be more drawn towards. … Overall, each individual can be responsible for making the type of art that they truly appreciate and can be proud enough of their creativity to show to others so that others can really appreciate.
Because of this, I hope that in the future, I can appreciate art no matter where it comes from or what society it is from. I feel as if I am already very appreciate of all different types of art, but I hope that I can value every single type of art that someone has passionately created.

石原順

米国は過去のQE終了時に景気見通しの悪化や株式市場の下落を経験している。7月30日にグリーンスパン元FRB議長は、「この数年間勢いよく上昇した株式相場がいずれ下落に見舞われるだろう」と述べたが、米金融当局は金融市場の不安定な現状に懸念ももっていたはずだ。ところが、10月31日の日銀金融決定会合を受けて、先進国・新興国を問わず株式市場は軒並み上昇し息を吹き返した。これで、しばらくバブルは延命し、各国の金融当局も時間稼ぎができるだろう。
IshiharaJun2これはどこかでみた光景だ。福井日銀は2001年~2006年に世界で初めて量的緩和を実施した。さらに、円高で追い詰められた当時の日本は、塩川=溝口コンビで2003年初めから2004年にかけて35兆円規模の円売りドル買い介入が行なったが、この資金は全部米国債に化けた。この介入マネーがリーマンショックまでの世界的なバブルを引き起こしたのは記憶に新しい。


国民が貧乏(実質資産が目減り)になる一方で、政府は債務を実質的に圧縮していくのである。金利が物価上昇率より低いマイナス金利の状況になると、個人は預貯金で運用していても、実質の資産は目減りしていく。そうであれば、円以外の資産を持つというヘッジは必須の状況と言えよう。

Ellie Zolfagharifard

Professor Howard Wiseman and his colleagues propose that:

  • The universe we experience is just one of a gigantic number of worlds. Some are almost identical to ours while most are very different;
  • All of these worlds are equally real, exist continuously through time, and possess precisely defined properties;
  • All quantum phenomena arise from a universal force of repulsion between ‘nearby’ (i.e. similar) worlds which tends to make them more dissimilar.

Tribune de Genève, Keystone

Les pires erreurs d’arbitrage de l’histoire du Mondial
BRA HRV, BRASILIEN KROATIEN, GRUPPE A, EROEFFNUNGSSPIEL, FUSSBALL, FIFA WM, FIFA WM 2014, FUSSBALL WELTMEISTERSCHAFT, WM2014, FIFA SOCCER WORLD CUP 2014,C’est la première bourde arbitrale dans cette édition 2014. Légèrement accroché par le Croate Lovren, le Brésilien Fred se laisse tomber de manière spectaculaire et abuse l’arbitre Yuichi Nishimura qui siffle penalty. Le Brésil gagne finalement 3-1. (12 juin 2014)

しうん

中国は、だだっ広い国土と、13億人の国民を統制しなければならないため、ネットやメディア等の情報規制があり、一党独裁による、国のコントロールが多く見受けられます。一方、日本はすでに経済成長を遂げ、さらには日本少子高齢化により、国民がどんどん減ってきている状態。日本は中国に比べると、自由度は高いけど、古い日本式システムがいつまでも蔓延ってて、変わる気配はありません。経済成長を重視する中国は、深刻な環境汚染の問題を抱え、これから何十年もかけて少しずつ改善していかなければならないし、日本は、新たなヴィジョンが必要で、日本の古いシステムが書き換えられれば、まだ国として甦る可能性はあると思います。
でも、僕はどの国の可能性より、これからは個人の可能性の時代だと信じてます。国の中の一人ひとりの個人は、より自由で、自分の生き方を選択できる時代になりました。しかし、そのためにはまず、自分はどんなことが好きで、どうな生き方がしたいか、自分なりの思想と哲学を持つことが必要になります。
別に日本と中国を比較して、どっちの方がいいとか言いたいわけではありません。日本を離れてみて、二つの国を比較できることで、日本の常識の当たり前が、中国では当たり前じゃなくなったり、日本の良さを再発見できたり、中国のいいところを見つけたりするのが楽しいのです。ものは見方によって変わるのです。
日本を離れて、日本では当たり前だったことに、もっと感謝できるようになりました。感謝の反対は、当たり前。当たり前な幸せに気づき、もっと大切にできたら幸せだなと思います。

Kelly April Tyrrell

Flu_Lab_Tour13_1844The University of Wisconsin-Madison’s Yoshihiro Kawaoka has been recognized as a 2014 Popular Mechanics Breakthrough Award recipient for his efforts to understand and prevent pandemic influenza.
He joins a list of prominent innovators, scientists and engineers selected for the award over the past decade for their world-changing contributions, including: SpaceX and Tesla Motors CEO Elon Musk; XPRIZE Foundation founder Peter Diamandis; and humanitarian engineer Amy Smith.

张期达

「不相称」的美学思维,在后现代语境里值得注意。不同于标签式的后现代诗论述,它的思维触及后现代精神,与后现代的双重视野。「不相称」可视为现代主义思维的调整,以退为进,既是突破也整合后者的优缺。整合是汲取现代主义思维对常理的破坏,融合「似是而非」的美学空间。而突破是发展现代主义思维遗漏的「既是且非」,相当程度拓展诗美学的可能。
「不相称」作为美学手法涵盖面很广。「不相称」违背常理的二元对立、惯性思考,看准事物间任意碰撞的暧昧空间,创造诗的美学空间。这使得「不相称」于常理思维的游击战中,能营造的美学效果非常丰富。
「不相称的美学」某程度是邀请读者,以诗人的角度赏析诗作。它引领读者感受字里行间的巧思,与意象重组的生命力。当读者反覆叩问「不相称」的逻辑、因果、谐拟与荒谬,美感起于读者扮演常理思维,与诗语言「交感」的过程。这也促使读者反思自身,是否已习惯对真实「视而不见」?
洛夫诗的「不相称」经常使读者惊奇,通过时空跳接、对比强的意象重组产生新鲜感。洛夫诗的超现实思维,表现漫画般夸张构图,意象重组于现实不可能发生,却是荒谬表象。洛夫诗的荒谬表象,大体对战争与历史进行讽喻。进而,洛夫诗邀请读者为夸张填补现实,发现漫画构图与对比联想里的「写实」。

RT.com

Citing its battle damage assessment “up until now,” the Pentagon has denied any civilian casualties as a result of airstrikes in Syria, saying that reports remain unconfirmed and videos posted on social media showing civilians underneath rubble are fake.

A Tomahawk Land-Attack Missile is launched from the guided-missile cruiser USS Philippine Sea in the Gulfpentagon-civilian-deaths-syria2.si

F. William Engdahl

Mikheil Saakashvili, who cleverly marketed himself as “anti-corruption,” appointed several of his family members to lucrative posts in government, giving one of his brothers a position as chief adviser on domestic issues to the Baku-Ceyhan Pipeline project, backed by British Petroleum and other oil multinationals.
Since coming to power in 2004 with US aid, Saakashvili has led a policy of mass-scale arrests, imprisonment, torture and deepened corruption. Saakashvili has presided over the creation of a de facto one-party state, with a dummy opposition occupying a tiny portion of seats in the parliament, and this public servant is building a Ceaucescu-style palace for himself on the outskirts of Tbilisi. According to the magazine, Civil Georgia (Mar. 22, 2004) until 2005, the salaries of Saakashvili and many of his ministers were reportedly paid by the NGO network of New York-based currency speculator Soros—along with the United Nations Development Program.

Mark Bittman

We can change what seems inevitable; it will just take sacrifice and hard work, …

We have to think bigger, and we have that opportunity. The same things that can fix climate can fix many other problems — agriculture, health care, inequality, campaign finance — because to be successful the climate movement must be a pro-democracy movement. That would change everything.

坂本龍一

便利すぎる社会は選択肢を奪うのかもしれませんね。最近若くて優秀なミュージシャンと演奏する機会があったんですが、彼はいつもパソコンで音楽を作っていたので、生まれて初めて、ほかの人間と音を出したというのです。びっくりしました。自分の頭のなかにある音楽を表現してきて、ほかの人間とやる必要性を感じないらしい。僕のほうから声をかけて共演したんだけれど、僕の音を聴いていない。二人ならではの音楽をやろうとしていないんです。僕がいてもいなくても同じ。そういうミュージシャンが多くなっているのでは、と嘆いています。

@Dour Scot

It depends on what you want to improve. If you consider that Japan has maximised productivity at the expense of quality of life, there may be a case for improving working conditions and living conditions for the same economic situation. Life quality and happiness are important policy goals, just like GDP. In Germany or Switzerland people work until 5pm and the countries run beautifully. Same in Sweden, Denmark, Norway, Finland. The individual is crushed in Japan, but for what? Could it be that the country works as well when people just have a normal life outside work?

Karl E. Case, Ray C. Fair

The debate over income redistribution is a very old one that raises the passion of many people. By definition, income redistribution means that some people will be made worse off in order to make others better off.
The central argument against the redistribution of income relies on efficiency. Labor, like any resource, is paid its marginal product. Some people have skills and talents that yield a high marginal product, and others do not. This is considered the cruel fate of the marketplace. A person’s marginal product can always be improved by learning a new skill that has a higher marginal revenue product than their current skill. However, in the end, it is the revenue that people bring to firms that determines their compensation. If people were no longer being rewarded for their productivity, there would then be no incentive to get an education or invest in new goods. If the government were to redistribute income, there would be no incentive for people to take dangerous jobs or difficult jobs or even jobs that require more effort than other jobs.
The philosophical argument in favor of income redistribution relies on the fundamental premise that a society that is wealthy is morally obligated to help those who are not as fortunate. This belief has been exposited in different forms from the Old Testament to recent political campaign speeches. Some forms of this argument are: utilitarian justice; social contract theory—rawlsian justice; the works of Karl Marx; and income distribution as a public good.

辻井喬

天皇の戦争責任に論が及ばないようにする司馬の議論は、きわめて意識的なものなのだと私は思う。また意識的でないと議論できないものなのである。その無理をあえてするところに、司馬の歴史観の窮屈さがあると私は思う。
 
司馬の読者ならすぐ気づくことだが、作中にもしばしば見られる、「余談ながら」もそうである。
ひょろっと作者のつぶやきみたいな感じで出てくるそれは、普通の小説作法から外れている。自由に大胆に取り入れて、それがかえって読ませる要因にもなっている。 。。。
しかし、この手法は虚構である小説世界をときどき事実の世界に近づけるという点で、一種の詐術と見ることもできる。
読者は、「余談」だけが事実を語っているとは読まない。
「余談」があることによって、小説世界全体が事実を語っていると読んでしまう。
にもかかわらず、それをいわないでおかない作家の心理は、いったい何を語るのだろうか。作品が佳境に入り、読者が没入しそうになるとふっとそらしてしまうのは、意図的でなければできないことである。
私はあえて想像してみるが、司馬は自分の作品の読者であれ誰であれ、熱中して興奮状態になることを嫌ったのではないかと思う。

Alaa Al Aswany

… This Egyptian capacity for tolerance and assimilation is now in doubt. Last year, the bank HSBC named Egypt the least foreigner-friendly of 37 countries surveyed, and the Deutsche Welle broadcast service reported on “the wave of xenophobia” against foreigners in Egypt. Protests, whether organized by Islamists or their opponents, it was said, often end with demonstrators ripping up photographs of President Obama and chanting anti-American slogans.
Have Egyptians succumbed to xenophobia?
… When Egypt has lapsed into xenophobia, it has always been because of the paranoia and aggression of dictators, not of the people. Many Egyptians feel that Western governments misunderstood their support for the ouster of the Muslim Brotherhood government of President Mohamed Morsi, but they do not bear a grudge and they certainly have no hostility toward foreigners.

矢野ほづみ, 朝木直子

宮崎駿氏が「『淵の森』で『トトロの森』を構想したので、同氏個人のゆかりの地、隣接地こみで保存したい」という考えなら、動機がごく個人的な事情なのは明らかだ。東村山市に話をもってくるのではなく、宮崎氏個人がまず努力をすべきではなかろうか。
氏が、ポンと6千万円(全額)出すのでないなら、東村山市に協力を要請するとしても、「ナショナルトラスト」を呼びかけ、その完成までの先行取得用の一時立替資金の貸与、または、取得後の公有地化のための登記手続きとその費用の協力要請が、援助の限度だ。
かつて氏が3億円をだしたときも、「淵の森」取得には、所沢・東村山両市は税金を1億円も出している。これも疑問は残る。なぜ、自分で話を持ち出しながら、平気で市民の税金をあてにしたのか。
市が今回出す取得費は3千万か4千万円としても、市民が要望している予算はほかにも山積み状態だ。東村山市はそんなに財政にゆとりがあるのか?
最も重要なことは、14万余の市民には、この土地を取得することについて、何も意思確認がなされていないということだ。

ウィキペディア

知能(intelligence)は、論理的に考える、計画を立てる、問題解決する、抽象的に考える、考えを把握する、言語機能、学習機能などさまざまな知的活動を含む心の特性のことである。知能は、しばしば幅広い概念も含めて捉えられるが、心理学領域では一般に、創造性、性格、知恵などとは分けて考えられている。
知恵(wisdom)は、道理を判断し処理していく心の働き。筋道を立て、計画し、正しく処理していく能力。特に「智慧」は、物事をありのままに把握し、真理を見極める認識力。「智」は相対世界に向かう働き、「慧」は悟りを導く精神作用の意。
知恵と知識の関係については、様々な考え方がある。知識を沢山持っていても、知恵を著しく欠いている人もいる、また、知識はさほど多くなくても、立派に知恵を持っている人もいる、などとも言われる。
知識(knowledge)とは、認識によって得られた成果、あるいは、人間や物事について抱いている考えや、技能のことである。
ヌース(知性から転送; nous)は、理性、知性、精神、魂等々を意味するギリシャ語。
アナクサゴラスは世界はヌースが支配しており、人間はヌースを把握することができると考えた。また、プロティノスは万物は一者から流出したヌースの働きによるとした。ストア派においてはロゴスとほぼ同義で用いられる。イマヌエル・カントの哲学においては、この語から派生した「ヌーメノン」(noumenon)という語が、「物自体」と同義で用いられる。

田坂広志

「知性」と「知能」は、何が違うのか? 実は、この二つは、全く逆の意味の言葉なのです。端的に、この二つの言葉の定義を述べましょう。
まず、「知能」とは、「答えの有る問い」に対して、早く正しい答えを見出す能力のことです。例えば、世の中には「知能検査」というものがありますが、この検査は、正解の有る問題を数多く解かせ、いかに迅速に、正解に到達できるかを測るものです。すなわち、「知能」とは、まさに、「答えの有る問い」に対して、速く、正しい答えを見出す能力に他ならないのです。
そして、言うまでもありませんが、現在の中学、高校、大学などの入学試験で測られるのは、この意味における「知能」であり、現在の「学歴社会」において受験競争を勝ち抜いてきた「高学歴」の人間とは、この意味での「知能」が高い人間のことに他なりません。
これに対して、「知性」とは、この「知能」とは全く逆の言葉です。二つ並べて述べましょう。
「知能」とは、「答えの有る問い」に対して、早く正しい答えを見出す能力。
「知性」とは、「答えの無い問い」に対して、その問いを、問い続ける能力。
すなわち、「知性」とは、容易に答えの見つからぬ問いに対して、決して諦めず、その問いを問い続ける能力のことです。ときに、生涯を賭けて問うても、答えなど得られぬと分かっていて、それでも、その問いを問い続ける能力のことです。

高山正之

マッカーサーは戦後の日本で過去に例のない専制と独裁政治を展開した。
彼はまず罪を犯した米兵への裁判権を日本に放棄させ、新聞が米兵の犯罪を報道することも禁止された。おかげで米兵は強姦も強盗もし放題、殺人も構わなかった。調達庁の調べでは占領期間中2500人が殺された。
彼の占領政策の柱は、日本人の誇りを奪い堕落させ2度と白人支配の脅威にならないようにすることだった。そのために東京裁判で日本を侵略国家に仕立て、A級戦犯はわざと皇太子殿下の誕生日に死刑を執行した。横須賀港にあった戦艦三笠はいかがわしいダンスホールに改造された。
日本では賭博は禁止だったが、マッカーサーは朝鮮人が国に帰還するまでのあいだ、パチンコ屋をやることを日本政府に認めさせた。賭けごとは日本人の堕落を促すと読んだためだ。さらに彼は、軍歌いっさい厳禁のなかでパチンコ屋に限って軍艦マーチを流すことを認めた。どこまでも日本を貶めた。
パチンコで日本人を堕落させる計画は彼の期待以上にうまくいった。なぜなら朝鮮人は帰還しないでパチンコとともに日本に居座ったからだ。経営者の95%が朝鮮人という業界は、日本人の射幸心をあおっていまも年商20兆円を稼きだしている。

Ha-Joon Chang

People have strong opinions on all sorts of things – gay marriage, Iraq, abortion, global warming – without having any qualifications to make informed judgments. I don’t have a degree in international relations but I have a view on Afghanistan. How come everyone thinks that economics is too difficult, too technical? People make strong judgments on the basis of having some basic knowledge about international politics or some climate science, they are not making this judgment based on sophisticated expert knowledge, and that’s all I’m asking when it comes to economic matters as well.
Unfortunately we economists have been very successful in convincing people that what we do is very difficult and that people won’t understand it even if we explained it to them. There has also been a lot of political interest in keeping economics away from democratic debate, keeping it away from the general public by making people believe that it is very difficult. There is therefore a lack of a real debate except yes, monetary policy should be run by the Bank of England or the Federal Reserve Board, or utility regulation can be done by some special committee. After a while you realise that there’s no substance to democracy because all of the important decisions have been farmed out to these expert groups. That’s what needs to change.

Laure Noualhat

«Les questions climatiques sont un coup supplémentaire porté à la défense de nos libertés», prévient Marlo Lewis. Son think tank libertarien au budget de 5 millions de dollars annuels est en partie financé par des magnats du pétrole, tout comme le Heartland Institute qui organise la conférence, mais là n’est pas le problème. Voici le nœud du problème : l’idéologie prônée ici est à 100% libertariennne. Ces anarcho-capitalistes nourrissent leur aversion de tout interventionnisme étatique avec cette nouvelle denrée que sont les politiques climatiques. Taxe carbone, soutiens aux énergies renouvelables, réglementations thermiques, changements de comportement individuel,…, tout les horripile. Et surtout, ils brandissent la menace «collectiviste» cachée sous les oripeaux verts de l’environnementalisme bon teint. Pire, les écolos seraient des criminels… Ainsi, Paul Driessen, consultant spécialisé sur ces questions, estime que «l’impérialisme vert» est à l’origine de millions de morts en Afrique. «Les écologistes veulent priver les pays africains du DDT alors que c’est la seule arme efficace contre la malaria. Ils veulent empêcher ces pays d’avoir accès aux énergies comme le gaz, le charbon ou le pétrole alors qu’elles sont à la source de tout développement. Savez-vous qu’un milliard de personnes n’a pas accès à l’électricité ? Comment imaginer un développement sans énergie ? Les panneaux solaires, c’est largement insuffisant.»

田中宏幸

KayamaRikaここ数年、「自己責任」という言葉がよく使われるようになっています。誰かが、困難に直面していても、それはすべてその人のせい。こうした認識のもと、「だから、困っている人を助ける必要はない」という「強者の論理」が導かれることとなります。こうした考えは、現代社会の動きを象徴しているのでしょう。現実に目を向ければ、福祉は次々と削られ、不安定雇用の増大によって、働いてもまともに生活できない人も目だってきています。そして、弱い立場の人間が、政府など権力者に楯突くと、中傷や個人攻撃などバッシングの嵐……。
そうした「自己責任」の考えが広がる中で、ストレスや息苦しさ、精神的な苦痛を抱えている人も少なくありません。しかし、その辛さは、本当に自分自身のせいなのでしょうか、と香山さんは問いかけます。すなわち、その「悩み」は本当に自己責任なのか、と。自分自身が変われば、その「悩み」は解消されるのか、と。

藤原敬之

組織の論理と自己の存在との軋轢が必ず不条理という形で襲って来ます。また様々な人間関係を通して不条理に遭遇します。そこで折れないようにするための心がけを最後にお話しします。ハラスメントを避けるにも有効だと思います。
それは自分の周りの人間全てを他者だと認識することです。ビジネスでいうと全ての人間を顧客だと思ってしまうことです。上司も同僚も全てを自分の顧客だと思ってしまいます。そうすることで甘えがなくなります。依存心もなくなります。
他者とは自分とは全く異質の存在ということです。こちらのことは黙っていては分かってくれない存在です。他者にこちらの存在を納得させ、こちらの意見で説得し、何より機嫌良くさせることを実践してゆくのです。
上司だから分かってくれる筈だ、同僚だから助けてくれる筈だ、という考えを一切捨てることなのです。
ある意味これは自分を捨てることに繋がります。そうです、この世の中でスムーズに自己目的を達成しようとするには一旦自己を捨てるのが近道です。つまらん自我に拘泥するより自己を捨てて他者を主体に考えてみる。
人間はいつも自分のことしか考えていませんから、実はこのぐらいの心構えを持っていてちょうどなのだと思います。
しかし、この心構えを持てると強いです。他者のことをひとつずつ認識する過程で、社会の中での自分の息方が一歩ずつスムーズになってゆく筈です。

いとうあき

男性と女性はものの見え方がちがう、ということをご存知ですか?
脳科学者の黒川伊保子さんによると、男性は空間全体にまばらに視線を走らせるのだそうです。このため、目の前にあるものを見逃すのです。冷蔵庫の前で「バターがないない」と騒いでみたり、「エアコンのリモコンはどこだ?」と、台所でご飯の支度をしている奥さんを困らせるのです。そして大抵「目の前にあるでしょ!」と叱られるのです。
一方、女性はものの表面を舐めるように見る癖があるそうです。女性のピンク系の色の違いを見分ける能力は、男性の10数倍と言われています。この能力のおかげで女性たちは、赤ちゃんの顔色の変化を見逃さず、食材の良しあしも上手に見分けられるのです。そんな女性は目の前にあるものを見逃すことは、ほとんどありません。だから男性が「ないない」と騒ぐ意味が分からないのです。
男性脳と女性脳。片方は空間全体を把握して素早く危険を察知したり、獲物までの距離を正確に認識したり、複雑な図面を理解したり、迷路のような地図を難なく読みこなします。もう片方は自分の周囲を密に把握し、もの言わぬ赤ちゃんの健康管理をし、食べ物の腐敗を見分け、他人のウソを見抜きます(笑)
空間全体を一気に把握したがる男性脳は、概念という空間においても同様だそうです。「全体を見通せて、かつ自分が全体のどの位置にいるか」をつかめないと疲弊するのだとか。たとえば、ゴールの見えない女性のおしゃべり(笑)どこへ行くのかわからない話に延々付き合わされると、男性たちの免疫力は落ちていく・・・ また、目的の場所になかなか辿り付かない女性のお買い物。「バッグを買う」と言ったはずの妻が、寝具売り場に寄り、靴売り場にも長居したりして、いったいいつになったらこの買い物は終わるのか・・・? お心当たりのある方はご注意ください。

Marwan Bishara

But not one foreign power big or small was able to win a single asymmetrical war against a people resisting colonialism throughout the entire 20th century.
This definite and paradoxical conclusion – the most instructive, and yet ignored of all lessons of war is categorical: Not one great power possessing superior firepower has won against a weaker, less organised and less professional resistance against occupation.
Not the French, not the English, not the Belgians, the Dutch, the Spanish, the Portuguese, the Italians, the Soviets, the Chinese, the Afrikaners, etc. Not one! In the end, they all lose. And if they don’t, then it’s not the end.
In each and every case, the indigenous population was designated terrorist, or fanatic, extremist, destructive, insensitive, or all of the above when they stood up to their occupier. Similar if not identical to the stuff we hear from Israelis nowadays.

Amit Singh

There is speculation that Louis van Gaal will arrive at Manchester United and make a swift decision over the future of several of his players. Van Gaal will have to decide whether or not to offer contract extensions to Chris Smalling, Tom Cleverley, Javier Hernández, Shinji Kagawa, Darren Fletcher, and Ashley Young, with all of their futures in doubt now that the Dutch man is at the helm.

Chris Smalling- Sell
Tom Cleverley- Sell
Javier Hernandez- Keep
Shinji Kagawa- Keep
Darren Fletcher- Keep
Ashley Young- Sell

Ralph Waldo Emerson

Future state is an illusion for the ever present state. It is not length of life, but depth of life. It is not duration, but a taking of the soul out of time, as all high action of the mind does; when we are living in the sentiments we ask no questions about time.
**
I confess that everything connected with our personality fails. Nature never spares the individual. We are always balked of a complete success. No prosperity is promised to that. We have our indemnity only in the success of that to which we belong. That is immortal, and we only through that.
**
As soon as thought is exercised, this belief is inevitable; as soon as virtue glows, this belief confirms itself. It is a kind of summary or completion of man.

Justin E. H. Smith

The adequate account of any conceptual innovation or discovery in philosophy would be the one that also gives an account of its place in the broader context of human culture and history, and that would reveal its inextricable connection to cultural practices and human concerns that at first glance appear rather far removed from the concerns of the philosopher. This is an impossible goal, of course, but we can at least tend toward it, as toward the limit of an infinite series, if we wish. If we do not learn to see this effort as intrinsic to the study of philosophy, the recent calls for greater inclusiveness of other standpoints within philosophy will remain mere half-measures.

Ministère de l’Agriculture de l’Alimentation de la Pêche de la Ruralité et de l’Aménagement du territoire – MAAPRAT, France

En moyenne, les Français jettent 20 kg de déchets alimentaires chaque année, dont 7 kg de produits non consommés encore emballés ! C’est toute l’Europe qui est concernée : nos voisins belges jettent l’équivalent de 174 euros de nourriture à la poubelle chaque année, et en Grande-Bretagne, 25% des aliments achetés sont jetés ! Un gaspillage qui a non seulement des conséquences sur le budget des ménages mais qui est aussi un non-sens environnemental !
Notre société a évolué, ses codes aussi. Notre façon de nous alimenter et notre rythme de vie ont bien changé. Plus pressé et moins attentif, le consommateur interprète souvent mal les dates de consommation, ne se préoccupe pas de l’organisation de son réfrigérateur. Pire encore, il est sans cesse sollicité par les campagnes promotionnelles des grandes surfaces, souvent mal adaptées à sa consommation personnelle. Mais le consommateur n’est pas le seul fautif. La restauration collective, par exemple, ne prend pas assez en compte les besoins de ses utilisateurs. Trop pleines, les assiettes des cantines finissent régulièrement au fond de la poubelle !
Enjeux éthiques, économiques, sécuritaires, environnementaux … on ne compte plus les conséquences du gaspillage alimentaire. Pour réduire cet impact les gestes du quotidien sont simples. Acheter des quantités adaptées, examiner les dates de péremption, respecter la chaîne du froid, ranger logiquement les aliments au réfrigérateur, le nettoyer régulièrement, cuisiner les restes, pratiquer le compost, préférer les fruits et les légumes de saisons … sont autant de solutions pour réduire les déchets et éviter le gaspillage.

Wladimir van Wilgenburg

Al-Monitor witnessed Iraqi soldiers on June 1 randomly firing shots in the air in the streets of Mosul, and stopping and harassing the local population.
The inhabitants of Mosul see the Iraqi army as a Shiite occupation army from Baghdad, and some civilians welcomed the Islamic State of Iraq and al-Sham (ISIS) when they entered Mosul and removed all Iraqi army checkpoints.
“The Iraqi army oppressed the people, they stole their money,” said Ali Ahmed, a driver, who was shot while fleeing Mosul.
According to Ahmed, the local population in Mosul welcomed ISIS. “The people in Mosul do not like Daash (militants belonging to ISIS), or Maliki, but they now feel better under Daash, and water and electricity returned.”
Ahmed al-Ghadra, 74, a former resident of Mosul, told Al-Monitor the army mistreated him. “The Arab Iraqi people want Maliki to go to prison. He is a traitor. Fourteen Daash members come, and the whole Iraqi army flees. The people of Mosul do not want the Iraqi army in Mosul. I’m an old man, and they stopped me for one hour at a checkpoint, using bad language.”
More witnesses confirm that ISIS treated the civilian population well, and told them that they would only punish those who work with Maliki. Basma Mohammed told Al-Monitor that the situation was horrible in Mosul. “We had no water, no food in Mosul, but now everything is back. They [ISIS] told the people to go back to Mosul.”

Agnès Giard

Du coït à la légende de l’eau qui «rend femme»
A l’origine, le mot «coït» ne renvoie pas au sexe mais aux citadins. Il existe en effet dans les villes un principe émollient, lié à la nature érotique de ce lieu où des centaines d’inconnus vous croisent tous les jours, vous frôlent dans les transports publics et vous rendent… perméable.

eau

Australian Government

  • The 2014‑15 Budget is part of the Government’s Economic Action Strategy to repair the budget and build a strong and prosperous economy.
  • The substantial savings decisions in this Budget put Australia back on track to a sustainable and responsible budget position, with surpluses projected to build to well over one per cent of GDP by 2024-25, taking into account future tax relief.
  • Debt in 2023‑24 is projected to be nearly $300 billion lower, even when assuming future tax relief, at $389 billion compared with the $667 billion at the 2013‑14 Mid-Year Economic and Fiscal Outlook.

John Passant

(Australian federal budget 2014-15)
This was a Budget of the rich, by the rich, for the rich. It was about redistributing wealth from the poor and the working class to the rich and capital.

南部靖之

(フリーターこそ終身)雇用正社員でいるとリストラや定年がある。フリーターのような立場なら本当の意味一生涯の終身雇用が可能だ。だから今は不安定と言われているフリーターが安定した働き方になる。
働く者から見た豊かさは、お金以上に自分の夢の達成や自由な環境で仕事をすることにある。収入が低くても、自分の価値観やライフスタイルに合わせた働き方を望んでいるのがフリーターです。
正社員が安定した雇用で一番常識的な働き方という考え方は、20年後には非常識になっているかもしれない。人がいるところに会社や仕事がやってくる。突き詰めて言えば雇用という概念がなくなる。

南堂久史

FX というのは、投機で損得をするゲームではない。他人を破綻させて、そのとき失った金を奪い取る、強奪ゲームである。ここでは、利口な者が(無から湧き出た)金を得るのではない。他人を不幸にさせた者が、他人のものであった金を奪い取るのだ。
FX の本質は、合法的な泥棒である。他人をなるべく不幸にさせた者だけが、大儲けできる。一方、「才覚によって金儲けができる」と信じた阿呆は、金を奪われ、命を奪われる。
投機というものは、ゼロサムのゲームである。才覚によって金を得るということはありえない。自分が金を得るには、必ず、他人を損させなくてはならない。だから、目的は、他人をなるべく不幸にすることなのだ。……そして、そう理解した人だけが、金を得ることができる。
逆に、それを理解しないまま、「才覚によって金儲けができる」と信じた人々は、「自分は利口だと自惚れた阿呆」であるにすぎない。こういう人々は、カモとなって、金を貢ぐしかない。

網野善彦

Amino2近代から古代まで遡り、駆込寺や楽市など多様な領域に、人間の本源的自由に淵源する無縁の原理の展開をよみとる。

無縁・公界・楽
不入権; 地子・諸役免除; 自由通行権の保障; 平和領域、平和な集団; 私的隷属からの解放; 貸借関係の消滅; 連坐制の否定; 老若の組織。

無主・無縁の人びと
海民; 山民; 鍛冶・鋳物師; 楽人・舞人・獅子舞・遊女・白拍子; 陰陽師・医師・歌人; 博奕打・囲碁打; 巫女・勧進聖・説教師; 商人・交易人; そのほか非農業民。

Хироказу Кодзима

chirokazu_kodimaСначала я очень боялся… потому что у вас люди не улыбаются, особенно на улице или в автобусе, а потом узнал, что в вашей культуре просто улыбаться не принято.
В Японии, если работаешь в магазине, 800 раз в день нужно кланяться покупателям. Например, когда говоришь “Здравствуйте”, “Спасибо большое”, “Добро пожаловать”. Поклон и улыбка — это наша культура. В Гродно кассиру ты говоришь “Спасибо”, а он только отвечает “Пожалуйста”. Еще интересно, что когда в транспорте много народу, люди передают деньги на талончик. У нас так не делают, поэтому, когда я только приехал, думал, дают мне деньги, чтобы помочь, и я говорил: “Спасибо большое, у меня есть деньги”.
Девушки? М-м-м… лица очень красивые, но к характеру надо привыкнуть. Японки спокойные, а европейки, наоборот, активные. В японских семьях глава семьи всегда — мужчина. Его все слушают и уважают. В Беларуси женщина — сильная, она может указывать и править. Но да… девушки у вас очень красивые.

Walter Parchomenko

WeakAmericanIn many respects this is a book about nothing. More specifically, it’s about the trivial, banal and yet often fascinating events of daily existence which are aggravated greatly by living in a foreign, largely non-English speaking culture.

In addition to providing aching souls with a bit of laughter, it is my hope that my stories will help clear up some important culturally based misunderstandings Americans typically have of Slavs and shed light on their psychology and behavior, in particular.

山本義隆

Yamamoto近代物理学成立のキー概念は力、とりわけ万有引力だろう。天体間にはたらく重力を太陽系に組み込むことで、近代物理学は勝利の進軍の第一歩を踏み出した。
ところが、人が直接ものを押し引きするような擬人的な力の表象とちがって、遠隔作用する力は〈発見〉され説明されなくてはならなかった。遠隔力としての重力は実感として認めにくく、ニュートンの当時にも科学のリーダーたちからは厳しく排斥された。むしろ占星術・魔術的思考のほうになじみやすいものだったのである。そして、古来ほとんど唯一顕著な遠隔力の例となってきたのが磁力である。
こうして本書の追跡がはじまる。従来の科学史で見落とされてきた一千年余の、さまざまな言説の競合と技術的実践をたどり、ニュートンとクーロンの登場でこの心躍る前=科学史にひとまず幕がおりるとき、近代自然科学はどうして近代ヨーロッパに生まれたのか、その秘密に手の届く至近距離にまで来ているのに気づくにちがいない。

アンサイクロペディア

足利義政は室町幕府第8代将軍。常に倦怠感を帯びており、朝起床して最初の台詞が八割方「鬱だ」だったりと、極端な消極的思考で知られる。また、鬼妻日野富子、魔女と呼ばれた乳母今参局らの恐怖を身近で震撼したせいもあって、極度の女性不信でもあった。その世を偲ぶ屈折した心情は一種の幽玄さに富んでおり、彼の時代に興隆した枯山水などの東山文化は、まさに義政の虚脱精神が具現化したものである。
為政者としてはオスカー・ワイルドを以ってしても擁護のしようがない頗る付きの無能だったが、芸術家、文化人としては洗練され、卓越した感覚の持ち主であった。中国の徽宗帝にせよ、この手の君主が度々輩出されるのが歴史の面白いところだが、人民にとってみればたまったものではない。
この人が政を放置したおかげで、結果的に才幹がありながら下賤の身分ゆえ燻っていた逸物達が上へのし上がり、下剋上を成し遂げる事が可能となった。そういう意味では戦国時代の生みの親の一人であり、北条早雲、斎藤道三などにとっては、自分が栄達する切欠を、栄達できる土壌を形成してくれた恩人と言えるだろう。

福田麗

日本の人気アニメ「ドラえもん」がバングラデシュで放映禁止されたことが明らかになった。同国内では以前より「ドラえもん」が子どもに悪影響を与えるとの批判が相次いでおり、このたび同政府が正式に放映を取りやめるよう各テレビ局に通達した。
Deccan Heraldによると、同政府は現地時間15日、正式に「ドラえもん」の放映中止を求める声明を発表。理由については「『ドラえもん』を視聴することによって、子どもたちの教育環境に悪影響を及ぼすのは好ましくないため」と説明している。かねてより「ドラえもん」をめぐっては「のび太のように勉強をサボったり、ウソをつく子どもが増えている」といった批判があった。
一方、一部メディアでは「ドラえもん」が同国公用語のベンガル語ではなく、ヒンドゥー語吹き替え版で放送されているため、子どもたちの母国語習得の妨げになるということが放送禁止の理由として挙げられていたが、政府のスポークスマンはこれを否定。あくまでも番組内容を問題視していることを強調した。
日本で「ドラえもん」は「青少年に見てもらいたい番組」に選定。また、2008年には史上初となるアニメ文化大使にも就任している。

Michael E. Mann

The overwhelming consensus among climate scientists is that human-caused climate change is happening. Yet a fringe minority of our populace clings to an irrational rejection of well-established science. This virulent strain of anti-science infects the halls of Congress, the pages of leading newspapers and what we see on TV, leading to the appearance of a debate where none should exist.
In fact, there is broad agreement among climate scientists not only that climate change is real (a survey and a review of the scientific literature published say about 97 percent agree), but that we must respond to the dangers of a warming planet. If one is looking for real differences among mainstream scientists, they can be found on two fronts: the precise implications of those higher temperatures, and which technologies and policies offer the best solution to reducing, on a global scale, the emission of greenhouse gases.
In my view, it is no longer acceptable for scientists to remain on the sidelines.
How will history judge us if we watch the threat unfold before our eyes, but fail to communicate the urgency of acting to avert potential disaster? How would I explain to the future children of my 8-year-old daughter that their grandfather saw the threat, but didn’t speak up in time?

新华网

绚烂·日本,满脸的温柔,美妙的身姿,
像不像富士山下那朵绚烂樱花?
  神秘·阿拉伯:露脐小背心,加上夸张的长裙飘飘,比阿拉伯神灯还要神秘。

tengokuスクリーンショット 2014-01-12 8.01.49

のっち

競馬というのは、ただ馬券を買っていれば、必ず負けるような仕組みになっています。なぜならば、控除率という名目で100円の馬券を買った時点で約25パーセントの手数料がJRAに徴収されていくからです。(厳密には控除率は変動しますが、便宜上25パーセントとします)
普通の馬券を買っていれば、必ず負ける仕組みになっているにもかかわらず、現実的には、競馬で儲けている人が存在する。なぜ、そんなことが起こるのでしょう。
そのヒントは、先ほどご紹介した80対20の法則にあります。つまり、競馬予想をする時に少数派の競馬予想をするべきだということです。
少数派の予想というと、穴馬狙いをすればいいと思う人がいるかもしれませんが、穴馬を狙うことは少数派の予想ではありません。
人と異なった視点で競馬予想することが、少数派の予想になるのです。

Jimmy So

F. Scott Fitzgerald was born in 1896, famous by 1920, forgotten by 1936, and dead by the end of 1940. In the ’20s, he introduced himself to party guests as “one of the most notorious drinkers of the younger generation,” or as “F. Scott Fitzgerald, the well-known alcoholic.” His friend Ernest Hemingway experienced such stagecraft firsthand when, during a trip with “Poor Scott,” Fitzgerald was convincing himself that he was dying of “consumption of the lungs” and demanded that Hemingway find a thermometer to ascertain whether a fever boiled in his blood. “He did have a point, though, and I knew it very well,” Hemingway wrote in A Moveable Feast. “Most drunkards in those days died of pneumonia, a disease which has now been almost eliminated. But it was hard to accept him as a drunkard, since he was affected by such small quantities of alcohol.”

春香クリスティーン

海外ではこの問題よく比べられるので、もしもドイツの首相がヒトラーの墓に墓参りをした場合ほかの国はどう思うのかという論点で議論されるわけですが・・・まぁ難しい問題ですよね

Georges Perec

Nous avons un mot pour la liberté, qui s’appelle le clinamen, qui est la variation que l’on fait subir à une contrainte… [Par exemple], dans l’un des chapitres de La vie mode d’emploi, il fallait qu’il soit question de linoleum, il fallait que sur le sol il y ait du linoleum, et ça m’embêtait qu’il y ait du linoleum. Alors j’ai appelé un personnage Lino – comme Lino Ventura. Je lui ai donné comme prénom Lino et ça a rempli pour moi la case Linoleum. Le fait de tricher par rapport à une règle ? Là, je vais être tout à fait prétentieux : il y a une phrase de Paul Klee que j’aime énormément et qui est : Le génie, c’est l’erreur dans le système.

Guy Deutscher

Since there is no evidence that any language forbids its speakers to think anything, we must look in an entirely different direction to discover how our mother tongue really does shape our experience of the world. Some 50 years ago, the renowned linguist Roman Jakobson pointed out a crucial fact about differences between languages in a pithy maxim: “Languages differ essentially in what they must convey and not in what they may convey.” This maxim offers us the key to unlocking the real force of the mother tongue: if different languages influence our minds in different ways, this is not because of what our language allows us to think but rather because of what it habitually obliges us to think about.
Consider this example. Suppose I say to you in English that “I spent yesterday evening with a neighbor.” You may well wonder whether my companion was male or female, but I have the right to tell you politely that it’s none of your business. But if we were speaking French or German, I wouldn’t have the privilege to equivocate in this way, because I would be obliged by the grammar of language to choose between voisin or voisine; Nachbar or Nachbarin.

Guy Deutscher

8444621Anyone who has tried to learn a foreign language knows only too dearly that languages can be full of pointless irregularities that increase complexity considerably without contributing much to the ability to express ideas. English, for instance, would have losed none of its expressive power if some of its verbs leaved their irregular past tense behind and becomed regular. And the same applied, to a much greater degree, to other European languages, which have many more irregularities in their word structures.

ウィキペディア

緑に相当する色はかなり広範に及ぶ色の総称であるが、それぞれの色には多く「柳色」「モスグリーン」などの固有の色名が付いている。より黄色に近い色は黄緑として、より青に近い色は青緑として総称されることも多い。英語のグリーン(green)をはじめ欧米人が感じる対応する色名は、日本人にとっての緑よりも明るく鮮やかな色である傾向がある。緑はまた漢字で碧や翠とも表記されるが、この場合やや青みの強い色を表すことが多く、比較的藍緑色に近い色合いである。翠は本来、カワセミの羽根の色をさす名前である。詩的な、あるいは文語的な表現として、海の深く青い色や、艶やかな黒髪の色を表すのに、「緑」を使うことがある。
古代日本語の固有の色名は、
アカクロシロアヲの四語のみだったとの説が存在する。緑が色名として明確に扱われてこなかったため、現在緑色と言われる色そのものは日本語では「青」によって表現されてきた。
「みどり」という語が登場するのは平安時代になってからであるが、これは本来「瑞々しさ」を表す意味であったらしい (現在でも「みどりの黒髪」、「嬰児(みどりご)」などの用法が残っている)。それが転じて新芽の色を示すようになったといわれる。英語のグリーンも「草」(grass)や「育つ」(grow)と語源を同じくするといわれ、いずれにしても新鮮さのイメージを喚起する色である。
言語ごとの色の分節の食い違いは、最も一般的には色の分け方に物理学的な根拠がなく、ソシュール言語学が主張するように最終的にはそれが文化によって分節されていることによる。 しかし、グルー言語が熱帯をはじめ比較的温暖な地域に多いことから、これは野外活動により浴びる紫外線から網膜を保護するために加齢とともに水晶体が黄変して、青色のような短波長の感度が低下し、実際に区別が困難になるためであるとする学説もある (lens-brunescence hypothesis)。現代でも高齢者は白内障による視界の黄変化により白と黄色、青と黒、緑と青などの区別が困難となる。

Guy Deutscher

スクリーンショット 2013-12-23 0.06.59The difference between these two pictures demonstrates Magnus’s revised theory.
The picture on the top is what Europeans see, and the picture on the bottom is what Magnus argued the ancients would have seen: the red hues are just as vivid, but the cooler colors green and blue are much less so.
This lack ofvividness, he said, would account for their lack of interest in finding separate names for such colors, and it would also explain the reports from the respondents to his questionnaires, which frequently mentioned the greater hesitation among the natives in distinguishing the cooler colors for which they had no names.


Why does the egocentric system feel so much easier and more natu­ ral to handle? Simply because we always know where “in front of” us is and where “behind” and “left” and “right” are. We don’t need a map or a compass to work this out, we don’t need to look at the sun or the North Star, we just feel it, because the egocentric system of coordinates is based directly on our own body and our immediate visual field. The front-back axis cuts right between our two eyes: it is a long imaginary line that extends straight from our nose into the distance and which turns with our nose and eyes wherever and whenever they turn. And likewise, the left-right axis, which cuts through our shoulders, always obligingly adapts itself to our own orientation.
The system of geographic coordinates, on the other hand, is based on external concepts that do not adapt themselves to our own orienta­ tion and that need to be computed (or remembered) from the position ofthe sun or the stars or from features ofthe landscape. So on the whole, we revert to the geographic coordinates only when we really need to do so: if the egocentric system is not up for the task or if the geographic directions are specifically relevant (for instance, in evaluating the merits ofsouth-facing rooms).

Dictionaries

Culture: Ensemble des moyens mis en œuvre par l’homme pour augmenter ses connaissances, développer et améliorer les facultés de son esprit, notamment le jugement et le goût.

Culture: cultivation, the state of being cultivated, refinement, the result of cultivation, a type of civilization.

文化就是人化,即人类通过思考所造成的一切。具体讲,文化是人类存续发展中对外在物质世界和自身精神世界的不断作用及其引起的变化。人类虽然也是动物,但却是惟一具有长远思考能力的动物。

культура: Совокупность достижений человеческого общества в производственной, общественной и духовной жизни.

Kultur: Gesamtheit der geistigen und künstlerischen Errungenschaften einer Gesellschaft.

文化: その人間集団の構成員に共通の価値観を反映した、物心両面にわたる活動の様式の総体。また、それによって創りだされたもの。