Category Archives: good

Maryanne Wolf

We were never born to read. Human beings invented reading only a few thousand years ago. And with this invention, we rearranged the very organization of our brain, which in turn expanded the ways we were able to think, which altered the intellectual evolution of our species. Reading is one of the single most remarkable inventions in history; the ability to record history is one of its consequences. Our ancestors’ invention could come about only because of the human brain’s extraordinary ability to make new connections among its existing structures, a process made possible by the brain’s ability to be shaped by experience. This plasticity at the heart of the … Continue reading

Posted in good | 1 Comment

William Leith

When people started to read and write, it was not seen universally as a good thing. On the contrary, some people, including Socrates, thought it might be terribly damaging, in the same way that many people today see computer games and text messages as damaging. Socrates came from a culture where you had to remember everything, and he thought that having to memorise things meant you understood them better. Writing things down, he thought,would actually mean writing them down and forgetting them.

Posted in good | 1 Comment

Marcel Desailly

Posted in good | 1 Comment

Coluche

La droite a gagné les élections. La gauche a gagné les élections. Quand est-ce que ce sera la France qui gagnera les élections ?

Posted in good | Leave a comment

鹿児島県薩摩川内市東郷町

Posted in good | 2 Comments

Johan Cruyff

In my teams, the goalie is the first attacker, and the striker the first defender. I always threw the ball in, because then if I got the ball back, I was the only player unmarked. Choose the best player for every position, and you’ll end up not with a strong XI, but with 11 strong 1’s. Quality without results is pointless. Results without quality is boring. What is speed? The sports press often confuses speed with insight. See, if I start running slightly earlier than someone else, I seem faster. Playing football is very simple, but playing simple football is the hardest thing there is.

Posted in good | 2 Comments

成瀬拓郎

ゼンマイ式時計を作り始めて6年目を迎えます。 最近では原点に立ち返るため、 日本で時計づくりが始まった江戸時代の時計を解体し研究していますが「よくぞ、 ここまで丁寧に…」 と呆れるほど無駄が多い (笑) 。 しかし、 それは良い意味での無駄です。 時を刻むという機能をしっかりと満たした上で、 繊細な装飾が施され、 目に触れない内部の部品まで美しい。 そして、 修理をすることもきちんと考えられて設計されているのです。 先人達のモノづくりへの愛情と奥ゆかしさが伝わってきます。 生活が豊かになった現代では、 消費を喚起するため、 修理しないことを前提に、 「早く ・ 安く」をモットーに作られている製品がありますが、 それではさみしいと思います。 目覚まし時計に叩き起こされる私達の生活も、 時間に縛られ、結果ばかりが重視されるようになってきていると感じます。 スピードを重視することはビジネスにおいて重要ですが、 私はあえて逆行して、 もっと時間をかけて、 ワクワクするような無駄を追及することで、 製品の付加価値を高めていきたい。 それがモノづくりの素晴らしさでもあると思うのです。

Posted in good | 1 Comment

河野宗寛

戦に敗れし日より憂きことは親のなき子らさまよひあるく 今日よりは親なき子らの親となりし厳しき冬を守りこすべし 時折りは中華の人も訪ね来て幼き子らをあやし給ひぬ 何時の日か国帰りせん子供らと今日もはかなき噂のみ聞く 幼子に今日はみ国に帰るよと涙もろとも説き聞かせけり 親の亡き子等を伴ひ荒海を渡り帰らんこの荒海を 引揚と戦災孤児の比較をば三谷博士にきくも悲しき 世の中にいみじき者は親のなき子らの夢路に母さまと泣く

Posted in good | 1 Comment

Rachel Cusk

The ‘good’ mother, with her fixed smile, her rigidity, her goody-goody outlook, her obsession with unnecessary hygiene, is in fact a fool. It is the ‘bad’ mother, unafraid of a joke and a glass of wine, richly self-expressive, scornful of suburban values, who is, in reality, good.

Posted in good | 1 Comment

赤塚不二夫

Posted in good | 1 Comment

かわさき市民アカデミー

Posted in good | 1 Comment

Clairefontaine

Posted in good | 1 Comment

Stephen J. Dubner

Steven Levitt may not fully believe in himself, but he does believe in this: teachers and criminals and real-estate agents may lie, and politicians, and even C.I.A. analysts. But numbers don’t.

Posted in good | 1 Comment

銀座ウエスト, ユーハイム

      銀座ウエスト バタークリームケーキ                         ユーハイム フランクフルタークランツ

Posted in good | 2 Comments

Røde Kors

Bellibria, en organisation under Røde Kors, sendte bl.a. titusinder af bøger og undervisningsmateriale til krigsfanger på begge sider af østfronten. Det danske erhvervsliv støttede krigsfangearbejdet ved at stille arbejdskraft, lokaler og transport til rådighed – her ses et af Bellibrias kontorer på Carlsberg, hvor frivillige fører kartoteker over krigsfangernes navne og opholdssteder.

Posted in good | 1 Comment

No. 19

Posted in good | 1 Comment

Nobleharbor

Wabi-sabi is the Japanese art of finding beauty in imperfection and profundity in nature, of accepting the natural cycle of growth, decay, and death. It’s simple, slow, and uncluttered – and it reveres authenticity above all. … It celebrates cracks and crevices and all the other marks that time, weather, and loving use leave behind. It reminds us that we are all but transient beings on this planet – that our bodies as well as the material world around us are in the process of returning to the dust from which we came.

Posted in good | 1 Comment

河野哲也

善悪とは、人間の行為を形容する性質です。ある行為が善であるのは、行為する側がそれを主観的に善と判断したからではありません。そうであるならば、いかなる行為も恣意的に善とされてしまいます。行為の善悪は、対象となる人への効果によって客観的に測るべきものです。しかし他方、善悪は、対象となる人への個別的・特殊的な効果を無視して、一律に決定することはできません。何が利益となり、何が成長に繋がるかは、人それぞれの特性や状態に応じて異なるからです。 善悪は、臨床的な判断のように、その対象となる人の個別性と特殊性、さらに時間的な経過を追いながら判断されるべきです。ある医療行為が有効であるかどうかは経過を見る必要があるように、行為の善悪も即座に判断すべきものではありません。ある行為が善であるか悪であるかは、行為の対象となる人々の成長に貢献するものか、それともそれを阻害するものであるかによって、個別的かつ客観的に、そして一定の時間の経過のなかで定まるのです。善意とは、したがって、継続的にある人の成長に貢献しようとする意図のことです。悪意とは、その逆の意図のことです。 このような人の個別性に配慮した倫理観は、身体化された倫理だと言えます。性、人種、年齢、経歴などの具体的文脈において相手を捉えることは、その人を身体的存在として捉えることに他なりません。また相手のニーズを共感的に察して、相手の成長に情動的にコミットしてゆく行為は、身体を持つ者のみに可能です。 したがって、道徳とはすぐれて間身体的なものです。健康をモデルとする倫理は、従来の法化した倫理とは異なり、相手の身体からやってくる声に耳を傾け、共感する態度を求めます。それは「定言命法」ではなくて、「身体命法」に従う倫理だと言えるでしょう。

Posted in good | 1 Comment

木皿泉

テツコ「みんな、前へ進めって言うけど、とどまるのって、そんなにだめなことなのかな?」 ムムム「・・・」 テツコ「まだ前になんて行きたくないのさ」

Posted in good | 2 Comments

へるどくたークラレ

コラーゲンのサプリを摂取すれば肌の老化防止などに効果があると考えるのは、大間違いです。これは薄毛の人が他人の毛を食べても毛が生えないのと同じです。 中学の理科などで、人間は、食べた物を一旦消化して、バラバラの栄養素として吸収し、それを基に体を維持したり、成長したりするのに使うと習った通りです。食べた物がそのまま体に現れるわけではありません。

Posted in good | 1 Comment

Hiroshi Mitsumoto

Since publication of the last edition, our understanding and treatment of ALS have changed dramatically. The many puzzles of this disease are being steadily solved. A number of causes of familial ALS have been identified, and the mechanisms of motor neuron cell death are much better understood. The FDA approved riluzole in 1996 as the first drug ever approved for the treatment of ALS. Although expected for the past dozen years, it is frustrating to say that additional drugs have not been developed. Yet, new drugs continue to be tested and others are on the horizon.

Posted in good | 3 Comments

岩波新書編集部

八月十五日の盗人(山藤章二) 荷車のしたで(角野栄子) ぼんやりと考えたこと(阿刀田高) コーリャンの海苔巻き(石毛直道) 戦争より、もっと怖いもの(楳図かずお) 桜の樹にハンモックをつって(田部井淳子) 松の根を求めて山奥へ(筑紫哲也) 大広間に響いた笑い声(扇千景) 疎開先で学んだ「貧しさ」と「豊かさ」(児玉清) 佐渡の記憶(葛西敬之)               橋をかける―子供時代の読書の思い出―(抄)(皇后 美智子) 浅間山で自爆した航空兵(永六輔) 戦争――その記憶と本質(中村敦夫) 祖父の予想(山川静夫) 兄の残してくれたもの(湯川れい子) 丸のいない日(河島英昭) 三人の死者のために(東郷克美) 子どもはどこへ行ってしまったのか(梁石日) 人生を支配した恐怖のドラマ(柳田邦男) まっかな葉鶏頭(赤瀬川原平) 「不変なものはない」からこそ(宮内義彦) 堕ちた偶像(下重暁子) 軍国少年の「転向」?(安丸良夫) 藪蚊と玉音放送(河野洋平) 明るい食卓の喜び(中村桂子) 青い空、白い歯(佐野洋子) ヒキアゲシャ(別役実) ソウルでの一九四五年八月十五日(原ひろ子) しずかな敗戦(高橋悠治) きれぎれの記憶(十川信介) カンバスで作ったグローブ(小澤征爾) ぼくは、黄色い人間だった(大林宣彦) 軽井沢・オジャンギリさん・チューインガム(池内輝雄)

Posted in good | 3 Comments

Nishit K

World Cup hero Mario Gotze who had helped Germany clinch their fourth World Cup was seen waving a jersey, the one that which got media interested to know that whose jersey was Gotze actually carrying. The media’s query was later answered as it was revealed that the former Borussia Dortmund player was carrying his team mate Marco Reus’ number 21 jersey who missed the World Cup due to an ankle injury. Goalkeeper Manuel Neuer who also won the Golden Glove said that it was important that they remember Reus saying, “We should remember Reus and the Benders. They are World Champions. The whole Germany is a World Champion right now.”

Posted in good | 2 Comments

FAO

Posted in good | 1 Comment

Markus Brunnermaier

Bubbles are typically associated with dramatic asset price increases followed by a collapse. Bubbles arise if the price exceeds the asset’s fundamental value. This can occur if investors hold the asset because they believe that they can sell it at a higher price to some other investor even though the asset’s price exceeds its fundamental value. Since asset prices affect the real allocation of an economy, it is important to understand the circumstances under which these prices can deviate from their fundamental value. There are four main strands of models: all investors have rational expectations and identical information, investors are asymmetrically informed and bubbles can emerge because their existence need … Continue reading

Posted in good | 3 Comments

伊藤美恵

(プロフェッショナルとは・・・) 人に影響を与えることのできる人。 例えば、もう一度会ってみたい、 その人の話をもう一度聞いてみたい、 その人ともう一回意見を聞いてみたいっていうようなこと、 人間として魅力のある人というふうに思っています。

Posted in good | 1 Comment

大久保嘉人, 中村憲剛

Posted in good | 1 Comment

斎藤信彦

島模型で疎水相互作用を近いところから作用させてゆくのは(統計力学では,エントロピー効果をあらわします),タンパク質の形態空間をきめていることです.伊勢村とAnfinsenのドグマはこの狭い空間の中でのことです,そのために再生が早いのです.往々全空間のことと取られがちで,エネルギー最低状態に達するには漏斗funnel状の構造があるとしていますが,そうではありません.普通の変性再生の実験ではこの外に出ないように注意しているのです.この外に出るにはコンピュータならできますが,するとエネルギーのもっと低い状態もあることが示されています.

Posted in good | 1 Comment

Daniel MacSweeney

What were the main challenges you faced here in Yemen, and what is the outlook now? Our work went through different phases, and it was difficult at times to have access to detainees. When Yemenis think about detention, they often do so in terms of a tribal framework that makes it a challenge to explain to the authorities what we do to help detainees and why they should allow an “outside organization” to do those things. A big hope for the future would be to get a framework agreement with the Yemeni State that really works, that provides access to all detainees and all detention places, and an improved dialogue … Continue reading

Posted in good | 2 Comments

江戸川乱歩

恋愛ばかりでなく、すべての物の考え方がだれとも一致しなかった。しかし、孤独に徹する勇気もなく、犯罪者にもなれず、自殺するほどの強い情熱もなく、結局偽善的(仮面的)に世間と交わっていくほかなかった。そして、大過なく五十七年を送って来た。子を生み、孫を持ち、好々爺となっている。しかし、今もって私のほんとうの心持でないもので生活していることに変りはない。小説にさえも私はほんとうのことを(意識的には)ほとんど書いていない。 私は文学青年の時代を持たなかったので、そういう意味の青春期も経験しなかった。小説を書き出したのは満二十七歳だが、そのころはすでに子供があり、幾つもの職業を転々して、もう人間としての青春期を過ぎている感じであった。 際立った青春期を持たなかったと同時に、私は際立った大人にもならなかった。間もなく還暦という年になっても、精神的には未熟な子供のようなところがある。 振り返って観ると、私はいつも子供であったし、今も子供である。もし大人らしい所があるとすれば、すべて社会生活を生きていくための『仮面』と『つけやきば』にすぎない。

Posted in good | 2 Comments

米原万里

食べることも生きることも何と残酷で罪深いことなのだろう。殺生の罪悪感と美味しいものを食べたい強烈な欲望、その矛盾をまるごと引き受けていくということが、大人になることなのだろうか。今でも肉料理や卵料理を前にすると、ほんの一瞬だが、ヒヨコたちや獣たちの姿が目前をよぎる。みな、悲しそうな目をしている。なのに、次の瞬間にはムシャムシャと美味しく食べている自分が、ときどき怖くなる。もっと心優しく意志の強い人々はベジタリアンになるのだろう。ヒトラーもベジタリアンだった。

Posted in good | 2 Comments

山口良治

Posted in good | 1 Comment

Coluche

L’histoire de Coluche et du 14e arrondissement sont étroitement liées. C’est dans une maison du 14e, au 11 rue Gazan, que Coluche aimait rassembler sa tribu, au début des années 80. Soirée et boeuf musicaux se sont succédés, en particulier dans une salle située à l’arrière de la bâtisse. Un permis de démolir a été délivré par la ville de Paris le 6 septembre 2008. Objectif : faire disparaître la salle de fête pour y ériger un bâtiment comportant trois appartement de 3 pièces et un appartement de 4 pièces. Ce lieu de mémoire va disparaître comme tant d’autres au profit d’une opération immobilière modeste. La place Coluche a été … Continue reading

Posted in good | 1 Comment

José Mujica

Laundry is strung outside the house. The water comes from a well in a yard, overgrown with weeds. Only two police officers and Manuela, a three-legged dog, keep watch outside. This is the residence of the president of Uruguay, Jose Mujica, whose lifestyle clearly differs sharply from that of most other world leaders. President Mujica has shunned the luxurious house that the Uruguayan state provides for its leaders and opted to stay at his wife’s farmhouse, off a dirt road outside the capital, Montevideo. The president and his wife work the land themselves, growing flowers. This austere lifestyle – and the fact that Mujica donates about 90% of his monthly … Continue reading

Posted in good | 4 Comments

Margarethe von Trotta

Posted in good | 1 Comment

Hannah Arendt

When we were told that by freedom we understood free enterprise, we did very little to dispel this monstrous falsehood. Wealth and economic well-being, we have asserted, are the fruits of freedom, while we should have been the first to know that this kind of “happiness” has been an unmixed blessing only in this country, and it is a minor blessing compared with the truly political freedoms, such as freedom of speech and thought, of assembly and association, even under the best conditions. Economic growth may one day turn out to be a curse rather than a good, and under no conditions can it either lead into freedom or constitute … Continue reading

Posted in good | 1 Comment

Pablo Picasso

Art is a lie that makes us realize truth. Good artists copy, great artists steal. I paint objects as I think them, not as I see them. Computers are useless. They can only give you answers. I’d like to live as a poor man with lots of money. Everything you can imagine is real. Art is the elimination of the unnecessary. The hidden harmony is better than the obvious.

Posted in good | Leave a comment

Paulo Freire

Language is never neutral. It would be extremely naive to expect the dominant classes to develop the type of education that would enable subordinate classes to perceive social injustices critically. The multitude is always in the wrong. The educator has the duty of not being neutral.

Posted in good | 3 Comments

Мария Савельева

Posted in good | 1 Comment

John Maynard Keynes

At the present moment people are unusually expectant of a more fundamental diagnosis; more particularly ready to receive it; eager to try it out, if it should be even plausible. But apart from this contemporary mood, the ideas of economists and political philosophers, both when they are right and when they are wrong, are more powerful than is commonly understood. Indeed the world is ruled by little else. Practical men, who believe themselves to be quite exempt from any intellectual influences, are usually the slaves of some defunct economist. Madmen in authority, who hear voices in the air, are distilling their frenzy from some academic scribbler of a few years … Continue reading

Posted in good | 1 Comment

AFP

A French climber scaling a glacier off Mont Blanc got more than satisfaction for his efforts when he stumbled across a treasure trove of emeralds, rubies and sapphires that had been buried for decades. The jewels, estimated to be worth up to 246,000 euros ($332,000), lay hidden in a metal box that was on board an Indian plane that crashed in the desolate landscape some 50 years ago. The climber turned the haul in to local police.

Posted in good | 1 Comment

スリーJプロダクション

天野春子社長のデスクの上の写真立て

Posted in good | 3 Comments

European Union

The precautionary principle enables rapid response in the face of a possible danger to human, animal or plant health, or to protect the environment. In particular, where scientific data do not permit a complete evaluation of the risk, recourse to this principle may, for example, be used to stop distribution or order withdrawal from the market of products likely to be hazardous. Le principe de précaution permet de réagir rapidement face à un possible danger pour la santé humaine, animale ou végétale, ou pour la protection de l’environnement. En effet, dans le cas où les données scientifiques ne permettent pas une évaluation complète du risque, le recours à ce principe … Continue reading

Posted in good | 1 Comment

宮脇昭

小雨交じりの木枯らしが吹く厳しい条件の中、植物や土壌断面の野外調査ばかりの毎日に少し疑問を感じた私は、一ヶ月ほどたった頃、チュクセン教授に「もう少し科学的な研究をしたい」とおそるおそる申し出ました。チュクセン教授はゲルマンの最後の古武士のような厳しい人でした。青い目でじっと私を見て、「何が科学的か」と問うたのです。 「たとえばベルリン工科大学でこの教授の講義を聞きたい。ボン大学でこの本も読みたい」と答えると、 「まだ君は人の話を聞いたり本を読んだりするのは早い。現場に出てみろ、三〇数億年の命の歴史と巨大な太陽のエネルギーのもとにドイツ政府が何百万マルク研究費をくれてもできない本物の命のドラマが展開している。それを自分の体を測定器にして、目で見、手で触れ、においをかぎ、舐めて触って調べろ」 と言って、私は徹底的に現場で植物を見る術を叩き込まれました。

Posted in good | 1 Comment

田中正造

デンキ開ケテ世見暗夜となれり 少しだも 人のいのちに害ありて 少しくらいハ よいと云うなよ 民を殺すは国家を殺すなり 法を蔑にするは国家を蔑にするなり 真の文明ハ山を荒さず、川を荒さず、村を破らず、人を殺さゞるべし 世界人類の多くは、今や機械文明というものに噛み殺される 国が在って民があるのではなく、民が在って国がある 余は下野の百姓なり 老朽ちし此の身は数に取らねども、無邪気の民の末いかにせん 天の監督を仰がざれバ凡人堕落、 国民監督を怠れバ治者盗を為す 水は自由に高きより低きに行かんのみ 水は法律理屈の下に屈服せぬ 水を清めざれバ止ます 水を清めて毒に殺さるゝな 戦ハ悪事なりけり 世をなべて むかしの夢とさとれ我人 にくまるゝほどハ沢山にくまれよ よくにくまるゝ人ぞ人のなる 何事もあきれてものふ云わぬとも 云わねバならぬ今のありさま 辛酸亦入佳境 真人無為而多事 みんな上に昇って神様にばかりなってしまうが、僕は下の方にいて便所くみのようなことをやっている

Posted in good | 1 Comment

Master Po, Caine

We know that where there is no contention, there is neither defeat nor victory. The supple willow does not contend against the storm, yet it survives. Those who value freedom most must sometimes choose to lose it.

Posted in good | 3 Comments

The Blues Brothers

Posted in good | 1 Comment

BAUFACHFRAU Berlin e.V.

Posted in good | 3 Comments

マンナンライフ, 森永製菓, 大阪前田製菓, あまいけ, …

Posted in good | 2 Comments

Julian Barbour

I’ve been working for myself, following my ideas. I wanted to be independent because I’m not the sort of person who can produce a lot of research papers with equations, on a regular basis — I’ve got quite a good intuition, at least it seems to me I’m always coming up with ideas at least for myself, and some of them stand up to the test of colleagues. I just wanted to be away of all pressure to publish just for the sake of having a publication. All agree that time is associated with change, growth and decay, but is it more than this? Questions abound. Does time move forward, … Continue reading

Posted in good | 1 Comment

水上勉

みょうがは、私にとって、夏の野菜としては、勲章をやりたいような存在だが読者はどう思うか。こんなに、自己を頑固に守りとおして、黙って、滋味を一身にひきうけている野菜をしらない。 すべて品物を調理し支度するにあたって、凡庸人の眼で眺めていてはならない。凡庸人の心で考えてはならない。一本の草をとりあげて一大寺院を建立し、一微塵のようなものの中にも立ち入って仏の大説法をせにゃならぬ。たとえ、粗末な菜っぱ汁を作るときだって、いやがったり、粗末にしたりしちゃならぬ。たとえ、牛乳入りの上等な料理をつくる時に大喜びなどしてはならない。そんなことではずんだりする心を押さえるべきである。何ものにも、執着していてはならぬ。どうして、一体粗末なものをいやがる法があるのか。粗末なものでもなまけることなく、上等になるように努力すればいいではないか。ゆめゆめ品物のよしわるしにとらわれて心をうごかしてはならぬ。物によって心をかえ、人によってことばを改めるのは、道心あるもののすることではない。 「修行の上からいっても時ならぬものを出すことは、宜しくない。その時々の季節、いわゆる『しゅん』のものを自由自在に調理できなければ一人前の料理人とはいえない。ご馳走という字は、はせ、はしると書いてある。だから寺の境内中、あちらへ走り、こちらへ走りすると、いろいろなものが目につくものだ。また、境内を歩かなくても、家の中、勝手もとをずっと歩けば、いろいろなものが目につく。草でもよし、果物でもよし、あるいはそこらにある菓子でもよい」 よくわかることばである。馳走の字の意味がここではじめてわかったが、禅者は、スーパーへは走らず、寺内の畑へ走ったのである。また走らなくても、台所の隅に寝ているものが見えていたのである。極意のことばのように思う。

Posted in good | 3 Comments

Stephen Castle

After a meeting in London on Sunday with the prime minister, Mr. Putin responded in combative style after being asked if he had blood on his hands for providing military support to the Assad government. “One hardly should back those who kill their enemies and, you know, eat their organs,” he said, referring to a widely publicized video in which a member of an anti-Assad militia appears to bite an internal organ from a dead government soldier. “Do we want to support these people?” Mr. Putin asked. “Do we want to supply arms to these people?”

Posted in good | 3 Comments

大麻堂

Posted in good | 1 Comment

Adam Alter

In one study, social psychologists placed paper fliers on 139 cars in a large hospital parking lot and watched to see what the car owners would do with them. When drivers emerged from the hospital to find a parking lot littered with scattered fliers, candy wrappers and coffee cups (arranged by the researchers, of course), nearly half of them removed the fliers from their cars and left them on the ground. In contrast, when the researchers swept the parking lot clean before the drivers returned, only 1 in 10 dropped the flier. These studies tell us something profound, and perhaps a bit disturbing, about what makes us who we are: … Continue reading

Posted in good | 1 Comment

ina.fr, France 3

Présentation d’une mise en scène d’En attendant Godot de Samuel Beckett, jouée par des acteurs africains.   –   http://www.ina.fr/video/CAC95041312

Posted in good | 1 Comment

Jean-Pierre Siméon

Pourquoi ne pas l’avouer? On ne va pas sans préventions voir «En attendant Godot» présenté au théâtre des Halles, dans le cadre de la manifestation «Afrique, paroles d’aujourd’hui». Un énième Godot! Et joué par des Africains… pour l’épate? Mais c’est Alain Timar le maître d’oeuvre, alors on fait confiance. Et on a raison. En un mot comme en cent, voilà un des spectacles les plus originaux et les plus aboutis … Dans une scénographie réaliste, un vaste hangar fait de tôles rouillées et de béton, les quatre comédiens zaïrois et congolais, qui ont, il est vrai, des références (Marius Yelolo, Georges M’Boussi, Katanga Mupey et Denis Mpunga), revigorent l’oeuvre de … Continue reading

Posted in good | 1 Comment

Jean Reno

Everywhere in the world, you find good things. I don’t feel like I have to be nationalistic French because I’m afraid of losing whatever. No, no, no, no. And also I don’t think we are the best. I’m a minimalist. I don’t really need much to enjoy a good holiday – just my family and the bare essentials. The best way to impress a woman is to be the most honest you can. There is no heaven on Earth. Not now anyway. I’ll tell you something that’s completely true – you can, as a man, obtain everything you want with the truth. If you lie, first of all you’ve got … Continue reading

Posted in good | Leave a comment

Жан Рено

Никто не рождается космополитом, и у каждого есть родина. Как не потерять связь с ней и жить полноценной жизнью? Этому надо учиться. Я очень люблю, когда мне что-то рассказывают, и всегда буду оставаться губкой, которая все впитывает. Думаю, когда меня будут хоронить, я открою крышку гроба и скажу: «Простите, я ничего не понял. Можете еще раз объяснить?» Всегда говори то, что думаешь и делай то, что тебе кажется правильным – это твоя жизнь и никто лучше тебя её не проживет Самое страшное – это невежество, незнание. Важно рассказывать людям, особенно молодым, об истории. И не только о хороших, праздничных ее моментах, но и о страшных, за которые стыдно. Чтобы можно … Continue reading

Posted in good | Leave a comment

Григо́рий Я́ковлевич Перельма́н

Чужаками считаются не те, кто нарушает этические стандарты в науке. Люди подобные мне – вот кто оказывается в изоляции. Я отказался. Вы знаете, у меня было очень много причин и в ту, и в другую сторону. Поэтому я так долго решал. Если говорить совсем коротко, то главная причина — это несогласие с организованным математическим сообществом. Мне не нравятся их решения, я считаю их несправедливыми. Я считаю, что вклад в решение этой задачи американского математика Гамильтона ничуть не меньше, чем мой. Если они знают мои работы, им не нужно мое C.V. Если они нуждаются в моем C.V., они не знают мои работы.

Posted in good | 2 Comments

Sylvia Nasar, David Gruber

Perelman repeatedly said that he had retired from the mathematics community and no longer considered himself a professional mathematician. He mentioned a dispute that he had had years earlier with a collaborator over how to credit the author of a particular proof, and said that he was dismayed by the discipline’s lax ethics. “It is not people who break ethical standards who are regarded as aliens,” he said. “It is people like me who are isolated.” We asked him whether he had read Cao and Zhu’s paper. “It is not clear to me what new contribution did they make,” he said. “Apparently, Zhu did not quite understand the argument and … Continue reading

Posted in good | 1 Comment

Maggie Ciara

Posted in good | 1 Comment

津野海太郎

外国にいったこともないのにニューヨーカーみたい 貧乏なのにお洒落 みんなを夢中にさせた老人 ジャズ、ミステリー、映画、古本 散歩 サブカルチャーの輝ける旗手  

Posted in good | 1 Comment

高平哲郎

ぼくは植草さんとはジャズと映画に関しての会話しかできなかったけれど、教わったことは多い。「したくないことをしない自由」と「リラックスして生きる」―――この二つだけでも十分すぎる。

Posted in good | 1 Comment

外務省

日中歴史共同研究 2006年12月26-27日に北京で第1回全体会合を開催。 2007年3月19-20日に東京で第2回全体会合を開催。 2008年1月5-6日に北京で第3回全体会合を開催。 2009年12月、第4回全体会合(最終会合)を実施し、今期の歴史共同研究は終了。 2010年1月31日、両国委員による自国語論文(報告書)を発表。     目次・序(日本語)(PDF)、  日本語論文(PDF)、 中国語論文(PDF) 2010年9月6日、報告書翻訳版を発表。     目次・序(PDF)、  日本語論文翻訳版(PDF)、  中国語論文翻訳版(PDF)

Posted in good | Leave a comment

山内昌之, 鶴間和幸

日中の歴史教科書を比較して見ると、双方の歴史認識の差異は顕著である。日中の歴史共同研究を進めるに当たって、両国の歴史教科書のなかで相手国である日本や中国がどのように記述されているかを知っておく必要がある。 歴史教科書の執筆には歴史研究者が重要な役割を果たしてきたので、歴史認識の差異には研究者としての責任もある。中国の中学校、高等学校の教科書は日本でも翻訳されており、一般にも関心がもたれている。中国の歴史教科書に日本はどのように記述されているのか、日本の歴史教科書に中国はどのように記述されているのか。また中国の教科書にある日本の記述は、新しい日本史の研究水準をどこまで反映しているのか、日本の歴史教科書にも新しい中国史の成果がどこまで現れているのだろうか。 日本の歴史教科書における中国史の記述にも問題が見られる。日本の高等学校では日本史と世界史の教科として歴史を学び、双方の教科書のなかに中国に関する記述が数多く見られる。ところが日本史と世界史の教科では中国や日中関係の記述の内容が異なっている。理由は日本における日本史研究者と中国史研究者の視点の違いにある。日本史の教科書では日本史の研究者が中国史を執筆し、世界史の教科書では中国史の研究者が日本史部分をも執筆する。つまり日本史の教科書では日本に視点を置いて朝鮮ともに中国との交渉の歴史が書かれ、世界史の教科書では中国に視点をおいて東アジアの日本が朝鮮とともに記述されている。このことは日本における日本史研究者と中国史研究者の東アジア世界のとらえかたの違いにも関係してくる。 そもそも史料というものは日中それぞれの世界観で書かれている。ともすると歴史研究者は一方の史料の性格と内容に左右されてしまう。中国史の研究者は中国の史料を中心に国際関係を考え、日本史の研究者はもっとも近い日本の史料を中心に国際関係を考える。双方の突き合わせの作業を行わないままに、各国史(中国史、日本史)や世界史の歴史教科書が作成されてしまう点は反省する必要があろう。

Posted in good | 2 Comments

蒋立峰, 严绍璗, 张雅军, 丁莉

相对于“近代合理主义”,在古代史研究中是否可以提出“古代合理主义”?这是一个值得思考的问题。成吉思汗指挥其骁勇无比的骑兵队横扫亚欧大陆,所经之地,残垣断壁,满目疮痍。但若以亚洲史为中心,其西向扩张即被称为“打通了东西方交往的道路”,成吉思汗因此在亚洲史至少在东亚史上始终被视为历史英雄人物受到称颂。其他再如以欧洲史为中心评价十字军东征,以俄国史为中心评价彼得大帝的扩张等均如此。日本史方面对神功皇后、丰臣秀吉的西向扩张也是赞赏备至。这也许可称之为“古代合理主义”。这说明,人类的思维认识有一个发展过程,与生产力发展水平紧密联系。因此,古人与今人必然具有不同的社会观和价值观,在历史研究中应高度注意不能用今人的价值标准去要求、判断古人。还应注意的是,研究历史不能囿于国家史和地区史的视角,而应从更广阔的世界史的视角观察和思考,才能对历史事件或人物做出更准确的判断。 但是,古代社会决不是是非不分的混沌社会,其价值判断中也有明确的标准,如对正义与邪恶、仁道与霸道、爱国与卖国、忠贤与奸阴、开明与保守,显然都是褒扬前者,贬斥后者。同时,不能忽视古今相通的价值标准,如先进与落后和主权与人权。虽然对于某些特定的历史人物和事件不能机械地用先进和落后加以判断,但在总体上,先进与落后的区别是普遍存在的。简言之,顺应生产力发展要求、代表高端文化者谓之先进,反之则为不先进或落后。古代世界史上国家之间无休止的争战以及各类朝贡册封体制的建立,其目的均在于扩大和巩固国家主权(外在表现形式可能有所不同),而此起彼伏的农民起义则显然是为了争取以生存权为根本的人权。古代人虽然没有提出“主权”、“人权”的概念,但具有这样的思想和要求。如果失缺这样的判断标准,历史研究就失去了方向。 历史研究的基本原则是实事求是,这已成为中日共同历史研究的共识。实事求是就是要通过认真、深入的研究还历史本来面目,而不是通过研究去证明主观上欲刻意强调的事前准备好的“结论”。应先有研究后有结论,而不是先有结论后有研究。所以,事前设定好要通过共同研究来突出“中国对日本的强大影响”或“日本文化的独自性”显然都有悖共同研究的初衷。

Posted in good | 2 Comments

Tyler Durden

Why is JPMorgan’s gold vault, the largest in the world, located next to the NY Fed? In China clean air sells at $0.80 per breath First horse (meat) trading, now 59% of “tuna” sold in the U.S. isn’t tuna Personal incomes & the decline of the American saver CapEx, corporate cash, and ZIRP’s vicious cycle Hedging funds and physical vs paper gold 16 signs that the middle class is running out of money The economist vs Italy’s “clowns” China Central Bank says it is “fully prepared for looming currency war” Visualizing all the silver in the world Is there oil in ‘Kryzakhstan’? Ask John Kerry Here comes China’s drones The … Continue reading

Posted in good | 1 Comment

Rosalind Franklin

After finishing her portion of the work on DNA, Franklin led pioneering work on the tobacco mosaic virus and the polio virus. She died in 1958 at the age of 37 of ovarian cancer.

Posted in good | 1 Comment

Arn Tellem

In the fall of 2002 I got a phone call from a San Francisco lawyer who asked if I was interested in becoming the player agent for Hideki Matsui, the great Japanese baseball player. Over the next few weeks a Japanese attorney and I corresponded about the ancient verities that were important to Matsui: honor, respect, humility. I promised that, if hired, I would uphold Matsui’s standards and treat him like a member of my family. Toward the end of that November I learned through the Japanese media that Matsui had chosen me to be his agent. During my 32 years in the business, that was the first — and so … Continue reading

Posted in good | 2 Comments

ソン・ウォンヒョン

「まだ生まれていない赤ちゃん、こんにちは。私にお母さんになる資格があるか分からないけど、私の思いと考えを手紙に書こうと思う。少し前まで、私のお腹の中に君がいることを恥ずかしく思い、中絶することばかり考えていた。私の体に宿っている貴重な生命を軽く考え、酒やたばこ、薬などで君を苦しめたようだ。これからは、君が生まれるまで、私の体の中ですくすくと育ち、元気な赤ちゃんとして生まれてほしい。私の赤ちゃん、早く会いたい」 常習窃盗罪で少年審判に臨んだ少女(17)は、泣き出しそうな様子で手紙を読んだ。中学校在学中に家出した少女は、友人3人と共に車上狙いを繰り返し、4カ月後に逮捕された。調査を受けていたとき、妊娠17週との診断を受けた少女は、チョン・チョンホ裁判長に対し「知らない男から性的暴行を受け妊娠した。中絶したい」と打ち明けた。 だが、少女の話はうそだった。チョン裁判長の依頼を受け、青少年相談専門家のユン・ダラムさんが少女と面談した。少女はユンさんに対し、一緒に盗みを繰り返し、少年審判を受けている少年と性的関係を持ち、妊娠に至った、と打ち明けた。この話を聞いた千裁判長は苦悩した。「もし自宅に帰したら中絶するだろう。違法な中絶を許すわけにはいかない。しかし、自分が少女の親だとしたら、娘を『未婚の母』に仕立てる裁判所の処分に納得するだろうか」 少女は、元気な女の赤ちゃんを産んだ。チョン裁判長は「一つの生命を救う代わりに、少女の人生を台無しにするのではないかという思いもあったが、元気な赤ちゃんを無事に産んだとの知らせを聞き、うれしく思う。今後、幸せに生きていくことを望む」と話した。

Posted in good | 2 Comments

上杉治憲

一、国家は先祖より子孫へ伝え候国家にして、我私すべき物にはこれ無く候 一、人民は国家に属したる人民にして、我私すべき物にはこれ無く候 一、国家人民の為に立ちたる君にして、君の為に立ちたる国家人民にはこれ無く候 右三条御遺念有るまじく候事 天明五巳年二月七日 治憲(花押) 治広殿 机前

Posted in good | 1 Comment

荒谷卓

人に対する忠誠というと、今の人権思想からは封建的とか奴隷的服従などと否定的に見なされがちだ。確かにそのような形態は社会が安定し武士が役人化された江戸期の武士道には見られる。いわゆる「お家のため」という考えである。我々陸上自衛官もくれぐれも「お家大事」的挟隘な武士道に陥らないように気をつけなくてはいけない。また、この時期の武士道は総じて処世術的側面が強くなり、戦人の心構えというよりは、つつがない役人の心構え的なものも散見される。例えば、「葉隠」は、鍋島藩への絶対的服従を背景としている面があり、同時に処世術についても説いているなど武士道が狭隘化した感を否めない。しかし、本来の武士道は、あくまで自発的なものである。武士道者とは自己の意志に従って行動している者である。 例えば、 戦国時代末期の武将後藤又兵衛は、藩主黒田長政が忠義の対象ならずとみるや公に脱藩を取り付ける。 幾多の高禄高の仕官の誘いに目もくれず、「己の義と信ぜざることは断じてやらぬ、 己が武士として制約した義は必ず守る」と、最後は豊臣家臣として戦死する。このように、人に対する忠義とは、突き詰めれば『己の真心』に対する忠義といったほうが正しい。

Posted in good | 3 Comments

Branko Milanovic

To be clear I want to give one example. Consider the movement of the “99% vs 1%”. If we ask where, in the global income distribution, are many of these “99%” who demonstrate in rich countries, we find that they are in the upper portion of the global income distribution – they are richer than 4/5th of the people living in the world. Now, it is not an argument why they should not demonstrate, but this empirical fact immediately opens up the next question, the one addressed by political philosophers. Suppose, not wholly unrealistically, that globalization works in such a way as to increase incomes of some of these “other” … Continue reading

Posted in good | 1 Comment

Park Geun-hye

The two sides must have a correct view of history and pursue a future of reconciliation and cooperation, and for this it is important for Korea and Japan to try to build confidence. (A “correct view of history” is shorthand for South Korea’s desire for Japan to acknowledge its wartime and colonial excesses, something Tokyo says it has already done but which Seoul says falls short of what is required.) The older generation must make the commitment to try to heal the wound, and must not become an obstacle to opening the way for the future generation.

Posted in good | 1 Comment

明仁

平和は,常に希求されながら,常に遠い目標にとどまるものなのでしょうか。平和の均衡を乱す憎しみの感情は,どのような状況から生まれ,どのようにして暴力に至るのでしょうか。長い歴史を負って現代を生きる私ども一人一人は,今を平和に生きる努力とともに,過去が残した様々な憎しみの本質を理解し,これを暴力や戦争に至らしめぬ努力を重ねていかなければならないと思います。同時に私どもが,平和への道のりの難さを,絶望や虚無感に至らせることなく,人類がこれまでにもたらした,喜ぶべき進歩を喜び,現代にも決して欠けることのない,各地,各国の良き報せを分かちあって,心を励ましていくことも大切に思われます。 —————————— どの国もが,それぞれの歴史を背負い,現在に至っていることを思いますと,それぞれの国が複雑な過去の重荷に耐え,その中でなお,自分の国を愛し,より望ましい姿で未来に向かって努力することが,どれ程大切であるかを感じさせられます。それぞれの国にあって,自国を思い,他国との間の平和を求めて努力をしている人々と出会い,共に生きる感覚を失うことがないよう心掛けていきたいと思っております。 —————————— 国と国との友好関係の増進にはお互いの理解とそれぞれの立場の尊重が重要であり,両国の関係がこのように広く,深いものとなってきたことを誠に喜ばしく思います。 —————————— 韓国は日本の最も近い隣国であり,歴史的にも様々な関係があります。したがって,両国の理解と信頼関係,友好関係を深めていくことは非常に大切なことと思います。 —————————— 私自身としては、桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると、『続日本紀』に記されていることに、韓国とのゆかりを感じてます。 —————————— 象徴とはどうあるべきかということは、いつも私の念頭を離れず、その望ましいあり方を求めて今日に至っています。 なお、大日本帝国憲法下の天皇のあり方と、日本国憲法下の天皇のあり方を比べれば、日本国憲法下の天皇のあり方の方が、天皇の長い歴史で見た場合、伝統的な天皇のあり方に沿うものと思います。 —————————— あまたなる命の失せし崖の下 海深くして青く澄みたり

Posted in good | Leave a comment

後陽成天皇

後陽成天皇宸翰御消息 後陽成天皇が1593年、朝鮮への出兵を強行しようとしていた豊臣秀吉を諫めるために書いた消息。その渡海を「無勿躰」、朝家のためにも天下のためにも「遠慮可然」として、必死に思いとどまるよう諭している。 大高檀紙二紙いっぱいにわたって書かれた格調高い筆致は、当時22歳だったとは思えないくらい、計算し尽くされたような余白に映えている。

Posted in good | 1 Comment

Massoud Hassani

Posted in good | 1 Comment

Leo Szilard

Let me say only this much to the moral issue involved: Suppose Germany had developed two bombs before we had any bombs. And suppose Germany had dropped one bomb, say, on Rochester and the other on Buffalo, and then having run out of bombs she would have lost the war. Can anyone doubt that we would then have defined the dropping of atomic bombs on cities as a war crime, and that we would have sentenced the Germans who were guilty of this crime to death at Nuremberg and hanged them?

Posted in good | 1 Comment

Dwight D. Eisenhower

In 1945 Secretary of War Stimson, visiting my headquarters in Germany, informed me that our government was preparing to drop an atomic bomb on Japan. I was one of those who felt that there were a number of cogent reasons to question the wisdom of such an act. During his recitation of the relevant facts, I had been conscious of a feeling of depression and so I voiced to him my grave misgivings, first on the basis of my belief that Japan was already defeated and that dropping the bomb was completely unnecessary, and secondly because I thought that our country should avoid shocking world opinion by the use of … Continue reading

Posted in good | Leave a comment