Category Archives: attitude

清水克行

「やられた分だけやり返す」という中世の人々の衡平感覚や相殺主義は、現代人にはどうにも野蛮で幼稚な発想のように思えてしまうが、反面で「やられた分」以上の「やり返し」を厳に戒める効果も明らかにもっていたのである。 ・・・ 日本中世社会の衡平感覚や相殺主義も、それは一方で紛争の原因でありながらも、他方では紛争を収束させる要素ともなっていたと断言して差し支えはないだろう。そして、他でもない喧嘩両成敗法とは、当事者双方を罰することで、まさにそうした均衡状態を強制的につくり出す効果をもっていたのである。 室町幕府には、流人を「公界往来人」、すなわち室町殿との主従関係(保護ー託身関係)が切断された者とみて、そうしたものは殺害しても構わないとする認識があったことがうかがえる。 ・・・ つまり、法の保護を失った人間に対して「殺害」「刃傷」「恥辱」「横難」、そのほかいかなる危害を加えようと、それはなんの問題にもならない。 ・・・ 室町幕府の流罪とは、罪人の追放や拘束に意味があったのではなく、なによりも彼らを法の保護の埒外に置くことに最大の意味があったのである。もちろん、自力救済を基本とする中世社会にあっては、それは多くの場合、即「死」を意味した。

Posted in attitude | 1 Comment

村田珠光

 古市播磨法師        珠光 此道、第一わろき事ハ、心のかまんかしやう也、こふ者をはそねミ、初心の者をハ見くたす事、一段無勿躰事共也、こふしやにハちかつきて一言をもなけき、又初心の物をはいかにもそたつへき事也、此道の一大事ハ、和漢之さかいをまきらかす事、肝要肝要、ようしんあるへき事也、又、当時ひゑかるゝと申して、初心の人躰か、ひせん物しからき物なとをもちて、人もゆるさぬたけくらむ事、言語道断也、かるゝと云事ハよき道具をもち、其あちわひをよくしりて、心の下地によりてたけくらミて、後まて、ひへやせてこそ面白くあるへき也、又さハあれ共、一向かなハぬ人躰ハ、道具にハからかふへからす候也、いか様のてとり風情にても、なけく所肝要にて候、たゝかまんかしやうかわるき事にて候、又ハ、かまんなくてもならぬ道也、銘道ニいわく、 心の師とハなれ、心を師とせされ、と古人もいわれし也

Posted in attitude | 1 Comment

Jリーグ公式チャンネル

Posted in attitude | 2 Comments

Ornex

Posted in attitude | 1 Comment

小坂井敏晶

我々は答えを早急に求めすぎる。大切なのは答えよりも問いです。思考が堂々巡りして閉塞状態に陥るとき、たいてい問いの立て方がまちがっている。

Posted in attitude | 1 Comment

小林朝夫

禅宗における坐禅の流儀の一つに、曹洞宗の「黙照禅」がある。宋の時代の僧である宏智正覚によって考案されたもので、禅に対する心構えを表したものだ。 一方、臨済宗は、功徳の高い僧と問答をしながら禅の修行をする「看話禅」を唱え評判を上げていた。 黙照禅を推す正覚は、お釈迦様の教えは文字では書き表せないと主張したが、どちらの言い分ももっともであり、この二つの禅の流儀が世に広まることとなったのである。心の中で無駄なおしゃべりをしていれば警策で肩を叩く。これは、看話禅での座禅修行の一コマだ(看話禅では警策を「けいさく」、黙照禅では「きょうさく」と呼ぶ)。 いずれにせよ、やはり「黙」は大切なようである。

Posted in attitude | 1 Comment

富増章成

語れば語るほど、本当に言いたいことから遠ざかっていくことがある。行列ができるラーメン屋の味を盛りだくさんに語るよりは、実際に食べてもらった方がいい。味のすべてをもらさず言葉に翻訳するのは不可能である。 かたや、食べてもらったその人も、ラーメンの感動を言語化することはできない。自分もできない他人にもできない。結局、ラーメンの前に二人で見つめ合うしかないのである。しょせん言葉はことばなのだろうか。 だが、こうも考えらよう。とにかく語る。語り尽くせるだけ徹底して語る。すると、あたかもエアロビクスで脂肪が燃焼するように、シェイプアップされ残されたものが輝き出す。語ることによって語れない領域をよりリアルに感じることができるようになるのだ。 その語れない部分については当然、証明することもできなければ人に伝えることもできない。法則化して客観視することもできない。でも、それは確実に「ある」のだ(ほっぺをつねってみて。それのこと)。

Posted in attitude | 2 Comments

浜口武司

ベトナム戦争や歴代の米大統領を題材にした骨太の作品で知られるオリバー・ストーン監督(70)の最新作「スノーデン」が二十七日公開される。 米政府に不都合な本作は米国企業の支援が受けられず、フランスやドイツ企業の出資で製作されたと監督は付言する。「米国では自己規制や当局に対する恐怖があるのかもしれない。米政府や主要メディアが伝えることが真実だと思わないでほしい」と話す。 過激な発言で物議を醸すトランプ米大統領だが、ストーン監督は米情報機関と主要メディアへの不信感から、トランプ氏に「奇妙な形で新鮮な空気を持ち込んだ」と期待をにじませる。 「トランプに対するヒステリックな報道は、冷戦時代の赤狩りのようだ。ロシアとつながりがあるかのような報道も、彼を大統領にしたくない力が働いたのだと思う。米メディアも新保守主義の権力側にある。トランプは主要メディアに対し新しい見方をしているのは確かだ」と断言する。 その上で「米国は今、帝国化している。日本は米国をそこまで信頼していいのか。米国はそれほど日本を大切に思っていないかもしれない。日本をどうするかはみなさんが考えることだ」とアドバイスする。

Posted in attitude | 2 Comments

片渕須直

Posted in attitude | 1 Comment

宮子あずさ

私は仕事柄、多くの患者さんの死を見送ってきた。あっけない死、苦痛の中の死。その人がどれだけの人を幸せにしたか、不幸にしたか。そんな話とはまったく無関係に、死に方は決まる。 医療者として尽くす手だては尽くすとしても、最後はその人の運次第。 こんなことを言うときまじめな人からは怒られるのだが、やっぱりこの考えは変わらない。 だから私は自分の死についても、えり好みはできないと諦めている。 しかし、そんな私でも、できればこんなふうに死ねたら良いなあ、と思ったご夫婦がいる。 報道によれば、先月二十一日に板橋区の自宅で亡くなったご夫婦は、九十七歳と九十三歳。ほぼ同じ時に病死したらしく、異変に気づいた近所の人の通報で発見された時、食卓には食事が準備されていたという。お子さんはなく、近所でも評判の仲良し夫婦だったという。夫婦水入らずの最期は、とてもすてき。私たち夫婦もそんなふうに終わりたい。 在宅医療が進むほど、亡くなって発見される人は必ず増加する。それを孤独死だ、孤立死だ、と否定しては、本人も支援者も浮かばれない。 時代は変わっている。死ぬ瞬間、立ち会う人がいるか否かで、死に方の善しあしを決める考え方はもうやめたほうがいい。ご夫婦のすてきな在宅死をうらやみつつ、その意を強くした。

Posted in attitude | 2 Comments

塚本徳臣

空手とは、天地ひとつ。 少しでもそのことをみんなにわかってもらいたい。 空手道場に、みんなストレスを捨てに来たり 俺が一番と我を出しにやって来たり 誰かをやっつけようと思いながらやって来たり そんなことのために道場はあるのでしょうか。 僕は違うと思う。 みんな仕事だったり学校だったり 毎日大変だと思う。 だからこそ、道場へ行って24時間の中の一時間30分、 道場で宇宙エネルギーを取り入れて 足の裏から、地球とひとつになって、 すべてがひとつで一緒だと言うことを感じる、 そんな素晴らしい時間にして欲しい。 天地を一つにする時間と場所が道場です。

Posted in attitude | 1 Comment

Carey K. Morewedge

When your favorite sports team is defeated, you’re disappointed, even dismayed. The same is true when your preferred political candidate doesn’t win. It hurts when your side loses. Fortunately, you can insure yourself against such unhappiness: just place a bet for your side to lose. This strategy, which has become easy to do with the rise of online prediction markets, creates a consolation prize — say, $1,000 (or whatever it takes) — to reduce your pain in the event of a defeat. Logic strongly recommends this kind of emotional hedge. Consider that for most people, losing something hurts more than gaining that same thing feels good — a phenomenon known … Continue reading

Posted in attitude | 1 Comment

Jamie Oliver

6 free-range chicken thighs , skin on, bone in; plain flour; olive oil; 100 g quality chorizo; 1 onion; 4 cloves of garlic; ½ a bunch of fresh flat-leaf parsley; 6 rashers of higher-welfare pancetta or smoked streaky bacon; 2 litres organic chicken stock; 2 large pinches of saffron; 1 heaped teaspoon smoked paprika; 500 g paella rice; 2 small squid , from sustainable sources, optional; 2 handfuls of fresh or frozen peas; 10 large raw shell-on king prawns , from sustainable sources; 500 g mussels , (cleaned) from sustainable sources, optional; 1 lemon

Posted in attitude | 3 Comments

平井ミサヨ

大成される方はみなさん、普段から周囲への配慮が素晴らしいものだと感じてきました。いちばん声をかけてくれたのは永井雄一郎選手。いつも『ありがとう』と丁寧に言ってくださったのを思い出します。小野伸二選手も、若いころからとてもやさしかった。今は福岡の監督になられた井原正巳さんも、必ず向こうからあいさつをしてくださいました。 (長谷部はいつも、ロッカールームで読書をしていた。一見すると、手にした本に集中しきっていて、平井さんが掃除に来たのも気づいていないようだった。だが、そっと近づくと、足を床からスッと上げる。そして「ありがとうございます」と笑顔で一礼した。)

Posted in attitude | 1 Comment

吉本隆明

僕は、ふつうに生きている人、あるいはそういう生き方をすでにやっている人の生き方が、いちばん価値ある生き方だと、理想としています。何かを膝にかけて、一日黙りこくって細工物をしている、何かのデザインを描いたり、染織物をしたりして、一日終わる。日常いつでもありふれたことなんですけど、そういうことで一日を送っているような人がテレビなんかに出てくると、これは偉い人だよ、たいしたもんだよと思って、おれもまねしたいもんだなと思うわけです。

Posted in attitude | 1 Comment

Ministère de la Culture et de la Communication (France)

La Direction générale de la création artistique (DGCA) développe une politique d’achats et de commandes d’œuvres, notamment par le biais de la commande publique, et accompagne le 1% artistique (1% du montant des travaux d’un bâtiment public réservés à la création d’une œuvre d’art).

Posted in attitude | 3 Comments

Wang Yi

I want to respond to the question from this reporter about China. I have to say that your question is full of prejudice against China and arrogance where I have heard that come from and this is totally unacceptable. I have to ask whether you understand China? Have you been to China? Do you know that China has lifted more than 600 million people out of poverty and do you know that China is now the second largest economy in the world from a very low foundation? Do you think development is possible for China without protection of human rights and do you know that China has written the passion … Continue reading

Posted in attitude | 2 Comments

山田順

メディアを抜きにして被災者救済はできない 「報道ヘリ」の騒音批判に関しては、阪神・淡路大震災のときにも同じようなことがあった。現場で瓦礫の下の生存者の救済に当たっている作業員から、「生存者の声がヘリの音がうるさくて聞こえない」という不満の声が上がったからだ。 しかし、当時の神戸上空には報道ヘリだけが飛んでいたわけではない。自衛隊をはじめ多数のヘリが飛んでいた。それなのに、なぜか報道ヘリだけが視聴者の槍玉にあがり、「ヘリで取材するひまがあったら救援物資を落とせ」など、ヒステリックに批判された。 しかし、これらの批判は、みなテレビ報道を見た一般視聴者が、正義感にかられてメディアを批判したもので、きわめて感情的なものである。 今回の熊本でのツイッターやFAXでの批判も、ほぼあのときと同じだ。自分たちは安全なところで見ていて、現場の救援作業が進まない苛立ちを誰かを悪者(つまりメディア)にすることで解消しているに過ぎない。 私は、ツイッターが災害や事件に対して大きな効力を発揮することに異論はない。しかし、それは現場にいる人間や当事者が発するツイッターであり、外野が発するツイッターではない。メディアに向かって「被災者にとってメディアは迷惑な存在だと自覚せよ」などという“正論”をぶつツイッターユーザーには、「そんなに言うなら、あなた自身が現場に行って被災者を助けてみろ」と言いたい。

Posted in attitude | 2 Comments

久須美疎安

一とせ、休、雪の暁、葭屋町の宅より蓑笠きて紹知の所へたずねられしが、露地に入りて、みの笠ぬぐとて、紹知迎えに出たれば、千鳥の香炉に火の取りたるを「これ、紹知」とて、右の袖より渡せば、紹知、左の手にうけとり、「私も懐中候」とて、右の手より香炉をわたす。休、はなはだ入興せらるると也。

Posted in attitude | 3 Comments

仲村和代

茨城県の教育委員が障害児の出産を「茨城県では減らしていける方向になったらいい」などと発言し、辞職した。2013年にはダウン症などの胎児の染色体異常を調べる新型出生前診断が始まり、羊水検査などで異常が確定した人の中には中絶を選んだ人も多い。あるダウン症の青年は問いかける。「なぜ? 僕は不幸じゃない」 「言ってはいけない発言。怒ってます。辞める前に、何であんなことを言ったのか、議論したかった」 そう語るのは、あべけん太さん(28)。茨城の教育委員が、「妊娠初期にもっと(障害の有無が)わかるようにできないのか」などと発言したことを父親から聞き、ネットでニュースを読んだ。 知的障害と呼ばれるのは「かわいそうとバカにされている気がして嫌い」。ダウン症など障害者専門の芸能事務所に所属し、「ダウン症のイケメン」タレントとしてテレビや講演で活躍中。IT会社にも勤めている。

Posted in attitude | 2 Comments

Antoine Leiris

“Vous n’aurez pas ma haine” Vendredi soir vous avez volé la vie d’un être d’exception, l’amour de ma vie, la mère de mon fils mais vous n’aurez pas ma haine. Je ne sais pas qui vous êtes et je ne veux pas le savoir, vous êtes des âmes mortes. Si ce Dieu pour lequel vous tuez aveuglément nous a fait à son image, chaque balle dans le corps de ma femme aura été une blessure dans son coeur. Alors non je ne vous ferai pas ce cadeau de vous haïr. Vous l’avez bien cherché pourtant mais répondre à la haine par la colère ce serait céder à la même ignorance … Continue reading

Posted in attitude | 1 Comment

1938 News

People kayak in the Animas River near Durango, Colo., Thursday, Aug. 6, 2015, in water colored from a mine waste spill. The U.S. Environmental Protection Agency said that a cleanup team was working with heavy equipment Wednesday to secure an entrance to the Gold King Mine. Workers instead released an estimated 1 million gallons of mine waste into Cement Creek, which flows into the Animas River. (Jerry McBride/The Durango Herald via AP) MANDATORY CREDIT It turns out an environmental remediation contractor was the one at fault for contaminating the Animas River in Colorado. According to The Wall Street Journal, Environmental Restoration LLC was contracted out by the Environmental Protection Agency … Continue reading

Posted in attitude | 3 Comments

Hillary Clinton

Xi hosting a meeting on women’s rights at the UN while persecuting feminists? Shameless.

Posted in attitude | 2 Comments

Emmanuel Todd

Lorsqu’on se réunit à 4 millions pour dire que caricaturer la religion des autres est un droit absolu – et même un devoir ! -, et lorsque ces autres sont les gens les plus faibles de la société, on est parfaitement libre de penser qu’on est dans le bien, dans le droit, qu’on est un grand pays formidable. Mais ce n’est pas le cas. … Un simple coup d’œil à de tels niveaux de mobilisation évoque une pure et simple imposture. … Ce sont les régions les moins républicaines par le passé qui ont le plus manifesté pour la laïcité, avouez qu’il y a là quelque chose d’étrange.

Posted in attitude | 2 Comments

豊島秀雄

「他人事」「たにんごと」という表記(書き方)と言い方・読み方は、どちらも放送では原則として用いないことにしています。「自分に関係ないこと」などを意味する場合の伝統的な言い方は「ひとごと(人事)」[ヒトゴト]とされ、放送でもこの語法を採っています。表記は、「ひと事」または「ひとごと」です。 ×「他人事」「たにんごと」

Posted in attitude | 3 Comments

立岩真也

人はもともとは同じで、環境も整えてあげましたということになると、それでも生じた差異は「努力」の違いによるということになってしまい、さらに、それはあなたの責任ですと言ってしまうところがある。それは乱暴だと私は思う。それよりむしろ、人は生まれながらに違っていますと言ってもらった方が事実に近く、すっきりしており、「努力」という項—が存在しないというのではない—になんでも押し込んでしまおうという乱暴で迷惑な話よりよいと思う。そして社会環境を変えるということにしても、ときにはずいぶん人に負荷をかける行いである。社会環境のせいだ、環境を変えればよいという言い方だけで遺伝論、優生学を反駁しようというのはよくないと考える。

Posted in attitude | 2 Comments

足立武志

「自分には順張りではなく逆張りの方が向いている」というお考えであれば、筆者はそれを否定することはしません。現に、逆張りで成功している個人投資家の方もいるからです。でも、次の問に明確な解答を出すことができないならば、株価が急落している中で下降トレンドにある株を買い向かうことは非常にリスクの高い行為だということをぜひ理解してください。 <問1:買った後、さらに株価が下がったらどうするのですか?> これに対する解答例は、「買った後に株価が下がったら買い増しをする」です。もう1つ考えられるのは、「さらに株価が下がったら売却する」というものです。でも、この問1に対して、「さらに株価が下がっても何もせずにそのまま持ち続ける」という解答を出すのであれば、逆張りが本当に正しい戦略なのかどうか、今一度よく考えていただきたいと思います。 次の問2については、どうお答えになるでしょうか。 <問2:買い下がりの予定株数を買い終わった後、さらに株価が大きく下がったらどうするのですか?> 筆者は、この問いに対する明確な解答を持ち合わせていません。なぜなら、筆者はまさにこのようなケースに陥ることを恐れているゆえに、逆張りをしないからです。

Posted in attitude | 2 Comments

Charlie Barsotti

Posted in attitude | 1 Comment

Paul Krugman

One of the great risks if the Greek public votes yes — that is, votes to accept the demands of the creditors, and hence repudiates the Greek government’s position and probably brings the government down — is that it will empower and encourage the architects of European failure. The creditors will have demonstrated their strength, their ability to humiliate anyone who challenges demands for austerity without end. And they will continue to claim that imposing mass unemployment is the only responsible course of action. What if Greece votes no? This will lead to scary, unknown terrain. Greece might well leave the euro, which would be hugely disruptive in the short … Continue reading

Posted in attitude | 2 Comments

Le Trèfle

Posted in attitude | 2 Comments

ドナルド・キーン

義満は、明国皇帝から賜った「日本国王」という呼称を容認して用いた。明国から与えられた称号をそのまま受け入れたということは、すなわち日本の将軍である義満が明国皇帝の臣下に過ぎないということを意味した。これが原因で義満は、日本の皇室の神格を重んじる者たちの憎しみを買うことになった。皇室の尊厳を踏みにじった一将軍を、彼らは断じて許すことができなかった。 義満に対する憎悪は、明治維新直前の数年間に特に強まった。文久三年(一八六三)二月、神道の国学者平田篤胤を信奉する二十人ほどの男が等持院に押し入り、最初の三人の足利将軍、すなわち尊氏、義詮、義満の木像の首を斬り落とした。木像の首は、賀茂の河原に晒された。「志士」によって斬首された「国賊」の首を晒すことは幕末の慣いで、これはそれに従ったものだった。それぞれの首には位牌がぶらさげられ、そばには悪党としての罪状を列挙した制札が立てられていた。義満が自ら進んで「日本国王」の肩書を受け入れたことは、おそらく、中でも最悪の罪と見なされたに違いない。

Posted in attitude | 1 Comment

Associated Press

The Belarus Parliament passed the proposal by President Alexander Lukashenko, which requires work-capable people who work less than 183 days a year to pay an annual fine of $250. Disabled people, retirees and those with young children are exempt. A statement from parliament, where the measure passed by a 100-2 vote, said “it’s necessary to stimulate citizens who are capable of work and ensure they fulfill their constitutional obligation to take part in financing state expenditures.” Labor Minister Marianna Shchetkina told parliament the measure would be temporary.

Posted in attitude | 2 Comments

佐藤伸

イスラーム教徒の受刑者が疎外感を感じるときに、死後の世界を保障するジハードを説く声は、過激派がジハーディストを勧誘する格好の機会だ。しかも「イスラーム教の十分な知識がない青少年のほうがそうした影響を受けやすい」のだという。 欧州最大のイスラーム人口を抱えるフランスからは1400人が「イスラーム国」に加わった、とされる。報道機関襲撃事件という衝撃的な事件をきっかけにイスラーム教徒のフランス社会への同化のあり方が問題視されているが、これは逆に、フランスが宗教や人種に分け隔てなく移民を受け入れてきた寛容な政策の負の側面でもある。「政教分離」が徹底するフランスは、政教分離などフランスの価値を受け入れれば国民として受け入れる原則を貫いてきたのだ。

Posted in attitude | 1 Comment

Elémire Zolla

The school of spontaneity, unpredictability and naturalness, may produce a man capable of thinking untraditionally and independently and of writing in a language that is daring, nervous and lofty.

Posted in attitude | 1 Comment

Johann Wolfgang von Goethe

Merely looking at a thing does not allow us to progress. Each act of looking becomes a form of meditation, each meditation a reflection, making connections. We can say that we theorize in the moment we gaze carefully at the world.

Posted in attitude | 1 Comment

My Miserable Life

Posted in attitude | 1 Comment

Matt Ridley

I believe human behavior has to be explained by both nature and nurture. No longer is it nature versus nurture but nature via nurture. Genes are designed to take their cues from nurture. The more we lift the lid on the genome, the more vulnerable to experience genes appear to be. … Genes are… active during life; they switch each other on and off; they respond to the environment. They may direct the construction of the body and brain in the womb but then they set about dismantling and rebuilding what they have made almost at once – in response to experience. They are both cause and consequence of our … Continue reading

Posted in attitude | 3 Comments

Tariq Abdul-Wahad

When I think religion, any religion, I think love, mercy, being better; not killing innocent people. That said the sociopolitical maze that creates individuals capable of such crimes have very little to do with the nature of their religion but more with their actual ignorance or lack of understanding of it. So yes, it is sometimes tough to have to explain that Muslims are not all indoctrinated fanatics. Unfortunately, these situations cannot be read intelligently without looking at the global picture of Afghanistan, Iraq, Syria, Palestine, Nigeria, etcetera… Geopolitical matters are now like the stock market – globally interconnected. The only thing I can hope for as a human being … Continue reading

Posted in attitude | 1 Comment

Rinko Goto

My family and I are devastated by the news of Kenji’s death. He was not just my loving husband and father to our two beautiful children, but a son, brother and friend to many around the world. While feeling a great personal loss, I remain extremely proud of my husband who reported the plight of people in conflict areas like Iraq, Somalia and Syria.
 It was his passion to highlight the effects on ordinary people, especially through the eyes of children, and to inform the rest of us of the tragedies of war. I would like to thank everyone who has offered their support to myself and our family over … Continue reading

Posted in attitude | 2 Comments

Gabriel Garcia Marquez

I would value things not for how much they are worth but rather for what they mean. I would sleep little, dream more. I would walk when the others loiter; I would awaken when the others sleep. I would listen when the others speak, and how I would enjoy a good chocolate ice cream.

Posted in attitude | 2 Comments

朴裕河

なにものかを名指しして責任を問うことはたやすい。しかし、「なぜ」を問わない責任の追及は、時間と空間と主体を変えた反復をまぬがれないだろう。その意味では、責任の主体をはっきりさせることに劣らず、ことがらの複雑性と重層性をみること、「なぜ」を問うことこそ重要である。 ** 事実を知ることが、加害者イメージを薄めるためであるか、あるいは反対にことさら被害を強調し憎悪を育てるためだというなら、知ることの意味はない。「事実」認識は倫理的判断とは独立におこなわれなければならない。過去の「事実」を知ることは、あくまでも過ちの反復を防ぐためのものでなければならないが、そのような自覚を欠いた「事実」の究明は、また別の暴力を招くのに力を貸すのみである。 ** いまは自慢すべきことのように思われ、「誇り」のための資料として記される事項であっても、視点を変えれば反対の解釈が可能になる場合はいくらでもある。戦争の勝利について書くとしたら、その勝利が他者への差別と支配を前提とするものであり、暴力によって女性らを辱めるものであり、なによりも男性自身の身体を「公」の優先という名目で毀損することであったという事実が、まず書かれなければならない。

Posted in attitude | 2 Comments

Francis Bacon

The two ways of contemplation are not unlike the two ways of action commonly spoken of by the ancients: the one plain and smooth in the beginning, and in the end impassable; the other rough and troublesome in the entrance, but after a while fair and even. So it is in contemplation: If a man will begin with certainties, he shall end in doubts; but if he will be content to begin with doubts he shall end in certainties.

Posted in attitude | 1 Comment

法然

無智の身をもって、有智の人に対し、別行の輩に遇い、好んで諍論を致すを停止すべき事。 右、論議は、これ智有の有なり。さらに愚人の分にあらず。また諍論の処には、もろもろの煩悩起る。智者はこれを遠離すること百由旬なり。いわんや一向念仏の行人においてをや。

Posted in attitude | 2 Comments

山浦玄嗣

重油と下水と魚の死骸が混じった真っ黒で粘っこい泥をなんとか片づけ、14日の月曜日から医院を開けました。津波の後には寒い日が続きました。患者さんは停電し暗い待合室で、私が用意した毛布にくるまっていました。60人はいたでしょうか。患者さんには薬が必要なのです。不通になった鉄道の線路伝いに、家族のため雪で真っ白になり2時間かけ歩いてきたおじさんがいました。「遠いところ悪いが、5日分しか出せないよ」と言うと、ひとこと「ありがたい」。2時間かけて帰っていきました。もっと欲しいと言った患者さんもいます。でも「薬はこれだけしかない」と諭すと、はっとした顔になり「おれの分を減らして、ほかの人に」と譲りあってくれました。 「ががぁ(妻を)、死なせた」。目を真っ赤にしながらも涙をこらえた人。「助かってよかったなあ」と声をかけると、「おれよりも立派な人がたくさん死んだ。申し訳ない」と頭を下げた人。気をつけて聞いていましたが、だれひとり「なんで、こんな目に遭わないといけねえんだ」と言った人はいません。

Posted in attitude | 1 Comment

Lewis A Coser

Early in June 1920, Weber developed a high fever, and at first it was thought that he suffered from the flu. The illness was later diagnosed as pneumonia, but it was too late. He died on June 14th. The last fevered words of the man whose physical appearance was once compared by a contemporary to that of Albrecht Durer’s gaunt knights, were: “The Truth is the Truth.” Weber indeed had much in common with those Germanic cultural heroes who battled for what they considered justice and truth, unconcerned with what lesser souls might consider the demands of expediency. He was a man in the tradition of Luther’s “Here I stand, … Continue reading

Posted in attitude | 1 Comment

Der Spiegel

  Hermann Hesse Der Störenfried Sinnsucher Dichter Anarchist

Posted in attitude | 4 Comments

井伏鱒二

松本君が書いた『原発死』といふ題の手記は、謂はば息子さんへの鎮魂歌である。私は松本君に頼まれて、この手記に対し「まへがき」の意味で、怖るべき原発はこの地上から取り去ってしまはなくてはいけない、といふことを書いた。「放射能」と書いて「無常の風」とルビを振りたいものだと書いた。 今度、キエフ地方で原子力発電所に事故があったと新聞で見て、松本君は何と感じてゐるだらうと思ひを馳せたのであった。

Posted in attitude | 1 Comment

日亜化学工業

中村教授は、すでに15年前に弊社を退職された方で、弊社は中村教授に何かをお願いするような考えは持っておりません。また、同教授は今回の受賞・受章について、弊社歴代社長と弊社に対する深い感謝を公の場で述べておられ、弊社といたしましては、それで十分と存じております。 中村教授が、貴重な時間を弊社への挨拶などに費やすことなく、今回の賞・章に恥じないよう専心、研究に打ち込まれ、物理学に大きく貢献する成果を生みだされるようお祈りしております。

Posted in attitude | 3 Comments

Vamos!

ある日、砂漠の民ベドウィンの人が折田魏朗先生のところへやってきた。羊3000頭が伝染病にかかって、死にそうなのだという。即座に身体を洗う必要があると診断を下した先生。けれども、こんな砂漠の真ん中で、水なんかあるはずがない。でも、それを聞いたベドウィンたちは、砂を掘り、老人達が現れ、砂漠に耳を当てた。砂漠の下に流れる地下水脈を探るということらしい。しばらく耳を当てて、ここだ、というところを掘ってみると、水が、出た。折田先生は、3000頭の羊をその水で洗った。羊は回復し、3000頭の命は助かった。それから、折田先生は「ベドウィンの神」となった。3000頭の羊は、彼らにとっては命と同じくらい大事な財産だ。それを救ってくれたのだから、神とあがめても無理はない。

Posted in attitude | 5 Comments

武蔵トゥリーン

医師になりたい人の多くはアメリカに留学していたのですが、私の場合は、父が「日本だったら留学してもいいよ」と言ってくれ、17歳で来日しました。もちろん、とにかく必死で勉強しました。最初は日本語を習得するために、かなりハイレベルな語学学校に入学しました。留学生の多くは漢字圏の人々ですが、私は非漢字圏。難しいなあと思ったことも多々あります。しかも目指しているのは医学部。正直、学校の先生からも「医学部以外の道もあるのでは?」と言われたこともあります。でも、あきらめる気持ちは一切ありませんでした。だって、ずっと医師になりたかったんですから。「私にはこれしかない。医師になるために日本に来たんだ」と思うと、どんなにつらいことにも立ち向かえましたね。そして希望通り、医学部に入学できました。医学部の学生になってからも、毎日が充実していました。期待はずれだと思ったこともありません。ドクターとして働くことは、私の変わらない夢。気持ちが揺らぐことなんてありませんでしたね。

Posted in attitude | 1 Comment

Gabriele Oettingen

More than two decades ago, I conducted a study in which I presented women enrolled in a weight-reduction program with several short, open-ended scenarios about future events — and asked them to imagine how they would fare in each one. Some of these scenarios asked the women to imagine that they had successfully completed the program; others asked them to imagine situations in which they were tempted to cheat on their diets. I then asked the women to rate how positive or negative their resulting thoughts and images were. A year later, I checked in on these women. The results were striking: The more positively women had imagined themselves in … Continue reading

Posted in attitude | 1 Comment

河岡義裕

私は、最近になってようやく目標を持ちました。それは何かと言いますと、”Save the World!”です。ただ、”Save the World!”といっても、私に出来ることは限られていますので、私の出来る範囲で”Save the World!”です。このような概念的な目標を設定しますと、その目標を達成するために具体的にどうすれば良いかということが決まってきます。例えば、どういうことをして世界を救うのか。それを、達成するにはどうすれば良いのか、どこに行けば良いのか、自分に必要なことは何なのか、何を調達すればいいのか等ということが、明確になります。 人生において、何度か選択を迫られることがあります。理性で判断できないこと(結婚など)は感情のおもむくままで良いと思いますが、研究者として選択をしなければならないときには、自分が設定した目標がいろいろな場面での判断基準にもなります。例えば、この選択は、目標にとって大事なことなのかどうか、目標にとって良いことなのかどうか等々、判断がしやすくなります。 もちろん、目標というのはこれまで述べてきたように個人レベルの目標もありますが、グループや組織の目標というのも有ります。これは、ある意味、その集団の存在意義のようなものですが、これも、目標を明確することにより、意思統一を計ることが可能となり、あとは具体的にどうするかと言うことを当てはめていけば良いだけになります。

Posted in attitude | 2 Comments

Jacqueline Douniama

M. Joseph Deiss, ancien Conseiller fédéral de Suisse et président de la 65ème Assemblée générale de l’ONU à New York, a défini la neutralité comme: « un message de paix, avant d’être une stratégie de défense internationale. » Il a aussi lu un extrait de l’article 2 de la Constitution fédérale attestant que la Suisse s’engage « en faveur d’un ordre international juste et pacifique. » Cette vision correspond aux objectifs de la Charte de l’ONU et démontre ainsi que l’engagement de la Suisse à l’ONU ne nuit pas à sa neutralité. Mais qu’en est-il de notions « solidarité » et « paix » ? Certains faits récents, tels que … Continue reading

Posted in attitude | 2 Comments

Sharon Fiffer

The weakness had begun to spread to Gene’s legs and to his right side. He was dropping forks; his impeccable handwriting had become a shaky signature. I had imagined a doctor and a lab and a research center that would give us a bottle of pills, a shot in the arm, a plan, a reason to hope. Instead, we’d found a widow. I expected Gene to rail against the lack of funds, the lack of interest in the disease that was wasting him, but instead he turned to me. What had I expected? Why had I insisted that we go, just to be reminded of what was ahead? “Promise me … Continue reading

Posted in attitude | 1 Comment

道元

仏道をならふといふは、自己をならふ也。自己をならふといふは、自己をわするゝなり。自己をわするゝといふは、万法に証せらるゝなり。万法に証せらるゝといふは、自己の身心をよび他己の身心をして脱落せしむるなり。悟迹の休歇なるあり、休歇なる悟迹を長々出ならしむ。

Posted in attitude | 1 Comment

老子

道可道,非常道;名可名,非常名。 無,名天地之始;有,名萬物之母。 故常無,欲以觀其妙;常有,欲以觀其徼。 此兩者,同出而異名,同謂之玄。玄之又玄,為妙之門。

Posted in attitude | 1 Comment

松原哲明

ある、雨の降る日であった。玉鳳院の方丈から関山慧玄が大声で弟子に呼びかけている。 「おい、何か入れものを持って来い」 すると弟子はとっさに傍らにあったザルを持って関山慧玄の室に入る。それを見ると、関山慧玄は二コ二コ笑って弟子をほめる。しばらくしてもう一人の弟子が、オケを持って駆け込んで来た。すると関山慧玄は、そんなものが何になる! と叱り飛ばしたという。 読者の皆さまはここに来て困惑されているはずだ。それが筆者ら禅僧には面白い。説明しよう。 私は、禅問答のやりとりは、電光石火であり、間髪をいれぬものでなければならぬと言った。問題が発せられたら瞬時に応じることが禅の肝要であるとした。だから、ここで関山慧玄が、雨の日に「おい、何か入れものを持って来い」と大声を発したのは、禅問答であった。即座に弟子は、ザルをかかえて関山慧玄の方丈に駆け込んだ。それをほめたのは、弟子の電光石火の働きに対してである。もう一歩すすめて、空手でかけ込み両手で受ける仕草の弟子がいたら、あるいは口を開けてかけ込む僧がいたら、その機智に関山慧玄はどんなにか喜んだことだろう。そういう即時性、現実性、日常性を禅は尊重する。 一方、しばらくしてオケを持って駆け込んだ弟子が叱られたのは、しばらくしてという緩慢さが禅に不似合いだということからである。「おい、何か入れものを持って来い」と言われたとき、この弟子は頭を働かしたにちがいない。”雨、何か入れもの=雨もり=オケ”と連想したはずだ。そして、オケを持ち込んだのだが、時間がかかりすぎた。関山慧玄の問いは、何か入れものを持って来いというのであって、入れものなら何でもよかった理屈である。その問いに、無心で、しかも雨の日にザルをかかえて部屋に飛び込む型破りの弟子をすばらしいとほめたのは、禅的あたり前なのである。因に、雨の降る日に、ザルを持ち込むよりオケの方が一般的には正しいだろう。だが、しばらくしてという緩慢さを禅では嫌っただけのことである。いや、こんなやりとりを説明していたら、筆者は慧玄につき出されてしまうだろう。

Posted in attitude | 1 Comment

ルミネ

je m’appelle chec-kuma je n’aime pas les soldes j’achète quand ça m’plait dit-elle en souriant une tasse de thé à la main uso osshai, uso osshai arrête de t’vanter

Posted in attitude | 1 Comment

Mazda

自分の人生の、主人公になろう。 自分の行く道を、自分の意志で選ぶ人になろう。 自由に、積極的に、人生を美しいものにしよう。 既存のルールや常識に縛られない人になろう。 自分の行く道は、自分で決めたほうが、楽しいに決まっている。 人生の、ドライバーになろう。

Posted in attitude | 1 Comment

西山禾山

禅の心とは、日常生活そのもの。自然そのもの、あるがままということ。 毎朝起きて歯を磨き、顔を洗い、食事を頂くこと。「おはようございます」「こんにちは」などの挨拶や言葉遣い、掃除の仕方など、その時々にそのことを心を調えて行う。何も特別なことをしなくともいい。毎日の自分の仕事を一所懸命にすることなのだ。

Posted in attitude | 1 Comment

井上義衍

地球上にある、すべての問題は人間が作った ゆえに人間が解決できないことはない   釈迦が脱落せられた時にはじめて仏法は生まれた   当てにならないものを当てにするから、苦労する   人間の考え方が、どんなに立派な考えでも それは、その人の考え方でしかない

Posted in attitude | 3 Comments

沢木興道

現実、現実と言うが、これみな夢である。夢の中での現実でしかない。死んでみれば、夢だったなとよくわかる。 野鳥自啼花自笑、不干岩下坐禅人 - 野鳥はいい声を聞かそうと鳴くわけではなく、花も美しく思ってもらおうと咲くのではない。坐禅人も、悟りをひらくために坐禅しているのではない。 - みなただ自分が自分を自分しているのである。 たいていの人間は忙しい、忙しいと言っている。なんで忙しいかといえば、煩悩に使われて忙しいだけの話だ。坐禅していれば暇だ。天下一の暇人になるのが坐禅人である。 作りものの世界は、いつでも変わるに決まっている。文化とは作りものが発達したにすぎない。だから文化とは悲劇なのだ。 科学は人から貰い物の上に積み重ねがきくからどんどん進歩しよる。それに反し人間そのものは、人から貰い物はできないし、積み重ねもできないから、ちっとも良くならない。 あほが電子計算機をあやつり、のろまがジェット機に乗り、気違いがミサイルの発射ボタンをにぎっている。 しずかに落ち着いてよく読んでみれば、マルクスもエンゲルスも餌の分配の話でしかない。 宗教とは何ものにも騙されない真新しの自己に生きることだ。 人間の仕事を何もしないのが坐禅だ。 お釈迦様は私だけ悟ったとはおっしゃらない。有情非情同時成道なのだから。ところがみんなは、そんな連帯的悟りでは物足らない。個人持ちの悟り、ご利益。つまり「我」が好きなのだ。

Posted in attitude | 3 Comments

妙心寺

ひとつの相にこだわらない無相。一処にとどまらない無住。ひとつの思いにかたよらない無念の心境を禅定と呼び、ほとけの心のことです。 私たちの心は、もとより清浄な「ほとけ」であるにも関わらず、他の存在と自分とを違えて、対象化しながら距離と境界を築き、自らの都合や立場を守ろうとする我欲によって、曇りを生じさせてしまいます。 世の中、意のままにならないものですが、正確には我欲のままにならないということです。禅語の「如意」は意の如くと、思いのままになることを言いますが「如意」の「意」は我欲のことではなく、自他の境界と距離を超えた森羅万象に共通するほとけの心のことを指しています。 この「ほとけ」の心の働きには「智慧」と「慈悲」があり、それは認許とも言い換えられます。自分とは違う相手を許し認め、自分とひとつとする「不生不滅・不垢不浄・不増不減」の空の価値観に立つおおらかな心のことです。 自他の距離と境界を越えるには、自分自身を空しくすることです。 禅とは、雀の啼き声を耳にしても障りなく、花の香りの中にあっても妨げにならず一如となれる、そういう自由自在な心のことです。

Posted in attitude | 1 Comment

David Bohm

Man’s general way of thinking of the totality, i.e. his general world view, is crucial for overall order of the human mind itself. If he thinks of the totality as constituted of independent fragments, then that is how his mind will tend to operate, but if he can include everything coherently and harmoniously in an overall whole that is undivided, unbroken and without border (for every border is a division or break) then his mind will tend to move in a similar way, and from this will flow an orderly action within the whole. ** My suggestion is that at each state the proper order of operation of the mind … Continue reading

Posted in attitude | 1 Comment

Daniel Barenboim

Both Israelis and Palestinians are losers in this conflict There can be no military solution. Both sides need to acknowledge the other’s suffering and their rights

Posted in attitude | 1 Comment

Albert Einstein

We all, more or less in the same way, say that a rose is red, smells like perfume, and feels like velvet. In other words, there is an objective reality which is conceived by the senses, and behind this objective reality are natural laws which are the privilege of the scientist to discover. Nature doesn’t know chance, it operates on mathematical principles. As I have said many times, God doesn’t play dice with the world.

Posted in attitude | 2 Comments

Steven Bernstein, Richard Ned Lebow, Janice Gross Stein, Steven Weber

God gave physics the easy problems: adapting social science to an unpredictable world For conceptual and empirical reasons the quest for predictive theory rests on a mistaken analogy between physical and social phenomena. Evolutionary biology is a more productive analogy for social science. We explore the value of this analogy in its `hard’ and `soft’ versions, and examine the implications of both for theory and research in International Relations. We develop the case for forward `tracking’ of International Relations on the basis of local and general knowledge as a constructive response to the problems we identify in backward-looking attempts to build deductive, nomothetic theory.

Posted in attitude | 1 Comment

平成建設

Posted in attitude | 2 Comments

成川順

農薬や化学肥料をまったく使わなくとも、農作物はできます。自然農法では、あまり大きくは育ちませんが、中身の詰まった、おいしい作物が収穫できます。 成川自然農園には23年の歴史がありますが、紆余曲折がありました。最初の10年は、いの町小川(旧吾北村)に5反(1500坪)の段々畑を借り、野菜を作っていました。鶏も100羽ほど飼っていました。アヒルやキジなども飼っていました。しかし、諸般の事情で、だんだん小さくなって、今は、猫の額より少し広い自宅の庭と「環境農園」(伊野南中学校の近く)の1区画を借りて、野菜だけを自給しています。 23年を経てつくづく思うことは、人間が土と親しむことの大切さです。野菜や鶏を育てて初めて見えてくる地平線もあります。 

Posted in attitude | 1 Comment

George Harrison

Let me tell you how it will be There’s one for you, nineteen for me ‘Cause I’m the Taxman Yeah, I’m the Taxman Should five per cent appear too small Be thankful I don’t take it all ‘Cause I’m the Taxman Yeah, I’m the Taxman

Posted in attitude | 1 Comment

Lydia Netzer

Go to bed mad. Laugh if you can. Don’t criticize. Ever. Be the mirror. Be proud and brag. Do your own thing. Have kids. Get really good at sex. Move. Stop thinking temporarily. Do not put yourself in trouble’s way. Make a husband pact with your friends. Bitch to his mother, not yours. Be loyal. Trust the person you married.

Posted in attitude | 2 Comments

小松江里子, 山本兼一

知識で そなたに かのうものは おらん だがな 茶は 人の心にかなうのが 大事

Posted in attitude | 2 Comments

EA SPORTS

Posted in attitude | 1 Comment

J. A. Brefczynski-Lewis, A. Lutz, H. S. Schaefer, D. B. Levinson, R. J. Davidson

Meditation refers to a family of mental training practices that are designed to familiarize the practitioner with specific types of mental processes. One of the most basic forms of meditation is concentration meditation, in which sustained attention is focused on an object such as a small visual stimulus or the breath. In age-matched participants, using functional MRI, we found that activation in a network of brain regions typically involved in sustained attention showed an inverted u-shaped curve in which expert meditators (EMs) with an average of 19,000 h of practice had more activation than novices, but EMs with an average of 44,000 h had less activation. In response to distracter … Continue reading

Posted in attitude | 1 Comment

Pauline Rose Clance, Suzanne Imes

The term impostor phenomenon is used to designate an internal experience of intellectual phonies, which appears to be particularly prevalent and intense among a select sample of high achieving women. Certain early family dynamics and later introjection of societal sex-role stereotyping appear to contribute significantly to the development of the impostor phenomenon. Despite outstanding academic and professional accomplishments, women who experience the imposter phenomenon persists in believing that they are really not bright and have fooled anyone who thinks otherwise. Numerous achievements, which one might expect to provide ample object evidence of superior intellectual functioning, do not appear to affect the impostor belief.

Posted in attitude | 1 Comment

三井美奈

カミュの父は当時、アルジェリア宗主国だったフランスからの入植労働者で、第1次大戦で戦死。少年カミュは母と共にアルジェの下町ベルクール地区で暮らした。清掃員の母は耳が不自由で、生活は貧しかった。 「カミュは礼儀正しく、アラブ人住民にも『ボンジュール』とあいさつしていたそうです。75歳の兄に聞きました」。通り沿いの洋装店主ムハンマド・マンスールさん(49)はこう話す。カミュの小説は読んだことがないという。「彼は我々を抑圧したフランス人ですよ」。嫌悪感を隠さない。 共産党員だったカミュはアラブ人の生活向上に尽くしたが、「植民者」の視線は変わらなかった。アルジェが舞台の代表作「異邦人」で、主人公ムルソーが殺害するアラブ人は名前も家族も出てこない。のっぺらぼうの存在だ。 アルジェリア独立戦争(1954~62年)では、あいまいな立場をとった。同時代の仏知識人ジャンポール・サルトルは「革命の暴力」を拒絶するカミュを批判した。 通りには、カミュを慕うアルジェ人もいた。歯科医ムラド・トゥンシさん(64)は「生きるとは何かを考えた20歳の頃、『異邦人』や『ペスト』を懸命に読みました」と話す。トゥンシさんは少年時代、植民者に犬をけしかけられ、「アラブ人、あっちへ行け」とどなられた。独立戦争時は過激派フランス人の攻撃に追われ、家族と郊外に避難した。植民支配への怒りは残る。 それでも、「カミュは我が故郷の作家です」と言い切る。アルジェリアは古代ローマ、オスマン帝国、スペイン、フランスと様々な国や民族が支配してきた。「様々な文明をのみ込んだアルジェリアの歴史が生んだ作家。誇りに思いたいのです」

Posted in attitude | 1 Comment

杏林大学

その昔、中国は廬山というところに董奉という医師がいました。彼は人に尽くすために治療を行ってあえて治療代を受け取らず、その代わりに病気が治った人には、記念として杏の苗を植えてもらいました。 そうして、いつしか10万余株の杏の木がうっそうと茂る大きな林ができあがったといわれています。 この故事から後世良医のことを杏林と呼ぶようになりました。 この故事に因んで名付けた杏林大学は、専門的知識や技術にすぐれているだけでなく、立派な人格を持った良き医師など社会に貢献することのできる良き職業人を育成することを目指しています。 真 – 真実・真理に対して謙虚であるとともに、自ら進んで学ぶ。   善 – 思いやる心を持った人格を自ら築き上げ、人のために尽くす。   美 – 美しいものを美しいと感じる感性を磨き、美しい人間になる。

Posted in attitude | 4 Comments

Libération

Posted in attitude | 1 Comment

茂木健一郎

Posted in attitude | 1 Comment

Guy Deutscher

When one hears about acts of extraordinary bravery in combat, it is usually a sign that the battle has not been going terribly well. For when wars unfold according to plan and one’s own side is winning, acts of exceptional individual heroism are rarely called for. Bravery is required mostly by the desperate side. The ingenuity and sophistication of some of the experiments we have encountered is so inspiring that it is easy to mistake them for signs of great triumphs in science’s battle to conquer the fortress of the human brain. But, in reality, the ingenious inferences made in these experiments are symptoms not of great strength but of … Continue reading

Posted in attitude | 2 Comments

若山照彦

(共同研究の経緯は) 「小保方さんは米ハーバード大に留学中の平成20年にSTAP細胞の研究に着手した。22年7月、作った細胞の万能性を判定してほしいと、当時は理研発生・再生科学総合研究センターにいた私を訪ねてきた」 (ハーバード大では判定できなかったのか) 「万能細胞の作製には、体の細胞を、あらゆる細胞になれる受精卵のような状態に戻す初期化が必要。人工多能性幹細胞(iPS細胞)は遺伝子操作で初期化を行うが、小保方さんは外的な刺激で実現しようとしていた。これは当時の常識に反しており、誰も信用せず引き受けなかった。わらをもつかむ思いで私に直談判してきた」 (引き受けた理由は) 「できるはずがないと思ったが、無理だと思うことを実現して常識を超えたい気持ちがなければ、新しい偉大な成果は絶対に生まれない。成功すればハーバード大に勝つことにもなると思った」 (研究の役割分担は) 「小保方さんは、毒素を与えたり栄養を不足させたり、さまざまな刺激でSTAP細胞を作った。私はそれをマウスの受精卵に注入して胎児を育てた。細胞は紫外線を当てると緑色に光るよう加工してあり、万能性があれば全身の細胞に分化して体中が光るはずだった」 (うまくいったのか) 「数え切れないほど失敗を繰り返した。もう駄目かと思ったときは何度もあったが、小保方さんは絶対に諦めなかった。人一倍の知識と勉強量を武器に失敗の原因と次の作戦を考え、条件を変えて夜通し実験を繰り返し、新たな細胞を作り続けていた。必ず成功させたいという気持ちが伝わってきた」 (弱酸性溶液に細胞を浸すことが決め手になった) 「23年11月、今日も失敗だろうと思いながらマウスの胎児に紫外線を当てると、全身が緑色に光った。あり得ないことが目の前で起き、口も利けないほど2人で驚いた。感動で全身に震えがきた。小保方さんも泣きながら喜んでいた。並外れて粘り強い小保方さんでなければ、成し遂げられなかっただろう」 (今後の期待は) 「世界中の研究者がSTAP細胞の研究を進めてくる。彼女に掛かる重圧も大きいと思う。実験のしすぎで体を壊さないようにしてほしいが、世界を相手にした競争でトップを走り続けてほしい」

Posted in attitude | 1 Comment

Florence Stollesteiner

Près de 90 ans après la publication de sa première édition, le brûlot antisémite fait aujourd’hui les beaux jours de l’édition numérique. Sauf en France, où il n’est pas vendu sous format ebook. En France, alors qu’on peut facilement trouver des études sur l’histoire de Mein Kampf ou encore le manifeste d’Adolf Hitler en langue étrangère, le livre traduit dans la langue de Molière reste absent des pages e-books d’Amazon. L’ouvrage, dont les droits de la traduction en français sont détenus par les Nouvelles éditions latines, est pourtant chez nous en vente libre (à plusieurs conditions, comme celle stipulant d’y inclure un texte d’avertissement). Mais la maison d’édition a déclaré au … Continue reading

Posted in attitude | 1 Comment

稲懸大平

初めの程は、伊勢詣で何人連れなど書き、国所など麗しく記したりけるを、後には打ち戯れゆきて、さまざまの絵様などを、かきたるなん、多く混じり来ぬる。さるはいと浅ましく、あらぬものの形などを描きたり。さるは烏滸がましくて、顕はには、えこそまねばね。ただ思ひやるべし。又、幟の絵のみにもあらず、物の形をことさらにも造り出て、杖の先などにさして、口々に、大口とていみじきことどもを言ひ囃しつつ、或は手打ちならしなどもして、浮き立ちて、若き男はさらにも言はず、老人老女、また物恥しつべき若き女まで、よろづうち忘れて、物苦ほしく、かたはらいたく、世にうちし心とも見えず、万に戯れつゝ、行き交う様よ、あさましなど言ふも愚かなり。

Posted in attitude | 3 Comments

金森敦子

いったいどれほどの人びとが伊勢へと出かけたのだろうか。 伊勢への旅というと、お蔭参りを抜きにしては考えられない。お蔭参りは伊勢を信仰したために病気が治ったとか、思わぬ幸運に恵まれたといった人の、お礼の参拝からはじまった。伊勢の利益はそれほど絶大だという噂がたちまち広まって、その利益にあやかろうという者たちが、一行に加わって伊勢へと向かう。他の地方にもそうした噂が飛んで、そこでまた伊勢へ向かう一団ができる。こうした集団は道中を進むたびに参加者を増やしながらふくれあがっていったという。 突然参加する、彼らは着の身着のままの無一文。旅費はもちろん、往復手形の用意もないし、親や主人に、無断で出てきた者もいる。旅の支度はなにもしていない。こうした一団は熱に浮かされいて、足りないものがあると、沿道の物持ちの屋敷に土足で上がり込んで、必要なものを奪い取りかねないと思われていた。だから前もって大量の炊き出しをして待ち受け、事なきを得た金持ちもいたし、素朴な好意から率先して喜捨をする沿道の人びとも少なくなかった。食べ物もわらじも、時には寝床さえも、こうして無料で提供された。厳しい取締りで知られていた関所でさえ、お蔭参りの一団が押し寄せると、門を開いて通すしかなかったという。 だからこうした一団に加われば、旅の用意など一切が不要だったのである。

Posted in attitude | 2 Comments

時事通信社, 読売新聞

JR北海道は、居眠り運転する運転士の写真を公表した。2011年06月8日午前8時10分頃に乗客が携帯電話で撮影したもので、頭を揺らし、ハンドルからたびたび左手が滑り落ちる様子が映し出されている。 ** JR九州によると、2014年1月8日午前10時25分頃、佐賀県鹿島市飯田のJR長崎線・肥前飯田駅で、肥前山口発多良行きの下り列車(2両編成、乗客7人)が発車予定時刻になっても列車が出発せず、同社の博多総合指令が異変に気づいて無線で発車を促した。運転士は「眠っていた」と話しているという。

Posted in attitude | 2 Comments

紀野一義

わたしは、広島に育ち、旧制の広島高校を出て東大の印度哲学科に学び、二年生のとき学徒動員で召集されて戦場に赴いた。終戦と同時に中国軍の捕虜になり、翌年の春ようやく帰国した。父母姉妹はすでに原爆で死に、故里の町 はあとかたもなくなっていることは未だなにも知らず、ちょうど三月一日、新円切替の日に大竹港に上陸したのである。大竹から広島まで列車で運ばれ、夕方広島駅に降り立った。帰還軍人なのでもの凄い格好をして改札口に出て来たら、柱のかげから若い警官がじっとわたしを見ている。挙動不審と思ったのであろう、「あなた、どこへ行きますか」と訊ねる。「家のあとがどうなっているかたずねて行ってみたい」と答えると、「夜になると強盗が出るから、あなた、行くのよしなさい」という。 わたしは別に盗られるものもなし、「別に恐くないから行きますよ」というと、この警官は人の頭の先から足の先までじろじろ見廻して、「そうですね、あなた、見たところ強盗みたいな風態(ふうてい)だから、まあ大丈夫でしょう」という。こうして、夕方おそくわたしの家のあとをやっと見つけたのであるが、あるのは瓦礫ばかり、雨に打たれて塔婆が一本斜めに立っているぱかりであった。悄然としてまた駅に戻って来ると、駅の柱のかげにさっきの警官が立ってじっとこちらを見守っている。わたしが無事に帰って来るかどうか見ていたのであろう。「どうでした」という。「どうもこうもない。なんにもありゃしません」と、つっけんどんに答えた。すると、「あなた、今晩どこへ泊りますか」という。「どこにも泊るあてはない」というと、「それじゃ、わたしについていらっしゃい」といって、わたしを交通公社の職員の寝泊りしている部屋に連れて行ってくれたのである。 そこで一夜を明したのであるが、そこの若い二人の職員がご飯を炊いて食べさせてくれた。当時は、泊めてやった復員軍人がよく強盗に早変りした時代である。それを二人の青年は泊めてくれた上にご飯まで炊いて食べさせてくれた。その親切がひどくこたえた。見ず知らずの若い二人の青年の無償の親切、これが今日までずっとわたしの心を支配している。大勢の他人がわたしを支えてくれるのだとう感じが、そのときから今日まで変わりなく続いているのである。

Posted in attitude | 3 Comments

Richard Martin

This article is about looking at the everyday, the commonplace, and finding magic in the ordinary – a reminder that nothing in life, or design, is perfect. It is about appreciating the aesthetic concept of wabi-sabi, finding it or seeing it in things that already exist in the visual world around us – to encourage and develop an intuitive way of seeing that involves becoming aware of the moments that make life rich and paying attention to the simple pleasures that can be over-shadowed by the chaos and excess of our consumerist society.

Posted in attitude | 1 Comment

Leonard Koren

Posted in attitude | 1 Comment

Jake Heppner

Posted in attitude | 2 Comments

Philip Stephens

Mr Cameron’s visit coincided with a dangerous escalation in tensions in the East China Sea following Beijing’s attempt to grab control of the air space above the Japanese-administered Senkaku Islands. Its recent declaration of an expansive air defence identification zone marks another turn in a ratchet designed to wrest the islands, which China calls the Diaoyu, from Tokyo’s control. Britain, though a permanent member of the UN Security Council, apparently has nothing to say on an issue that has significantly increased the risk of conflict in the region. After some grumbling, the government agreed to sign off on a joint EU statement criticising Beijing’s unilateral action, but Mr Cameron was … Continue reading

Posted in attitude | 2 Comments

北方謙三

白い玉砂利に踏みこむ。どこか、澄んだ気配が漂っているような気がした。鳥居をくぐり、作法通りの拝礼をする。祈ってはいなかった。神域にお邪魔しています、というご挨拶だけである。それでいいのだろう、とも思う。なんでも祈願すればいい、というものでもあるまい。ほんとうに祈願したい時は、別の気持ちで前に立てばいいのだ。生きていれば、そんなことも必ずあるのではないだろうか。 帰り道、やはり玉砂利が語りかけてくる。来てよかっただろう。ふだんは見えない、心の中のなにかが見えただろう。自問に近いが、どこか違う感じでもある。

Posted in attitude | 2 Comments

RobBlissCreative

Posted in attitude | 2 Comments

Bertrand Russell

The golden mean is an uninteresting doctrine, and I can remember when I was young rejecting it with scorn and indignation, since in those days it was heroic extremes that I admired. Truth, however, is not always interesting, and many things are believed because they are interesting; although, in fact, there is little other evidence in their favour. The golden mean is a case in point: it may be an uninteresting doctrine, but in a very great many matters it is a true one. One respect in which it is necessary to preserve the golden mean is as regards the balance between effort and resignation. Both doctrines have had extreme … Continue reading

Posted in attitude | 3 Comments

Coco Chanel

When my customers come to me, they like to cross the threshold of some magic place; they feel a satisfaction that is perhaps a trace vulgar but that delights them: they are privileged characters who are incorporated into our legend. For them this is a far greater pleasure than ordering another suit. Legend is the consecration of fame.

Posted in attitude | Leave a comment

National Weather Service

SOUTHCENTRAL AND SOUTHWEST ALASKA FORECAST DISCUSSION NATIONAL WEATHER SERVICE ANCHORAGE AK 500 AM AKDT FRI OCT 4 2013 .ANALYSIS AND UPPER LEVELS… PRESSURES AT THE CENTER OF THE WESTERN GULF SURFACE LOW CONTINUE TO LEVEL AS DYNAMIC SUPPORT HAS ONCE AGAIN RUN OUT. THE UPPER TROUGH EASES SLOWLY EASTWARD IN THE GULF WITH THE REMAINING SURFACE LOW AMALGAMATING INTO A BROAD COMPLEX CENTER UNDER THE UPPER LOW. WIND SPEEDS IN THE JET STREAK DOWNSTREAM OF THE LONG-WAVE APPROACH 140 KT. ENTERING THE BACKSIDE OF THE TROUGH…A WEAKER JET STREAK CONTINUES PUSHING THE PROGRESSIVE PATTERN. RAIN SHOWERS PERSIST IN THE GULF… ALTHOUGH THE FRONT IS RAPIDLY WEAKENING EARLY THIS MORNING. YESTERDAY`S … Continue reading

Posted in attitude | 3 Comments

Michael Gundlach

Posted in attitude | 4 Comments

Joaquim Chissano

We have to call on all parties to calm their nerves and to continue the dialogue … because they are heading toward a solution, … What is important is to bring back justice, fairness and the utilization of land for all Zimbabweans black and white alike.

Posted in attitude | Leave a comment

Barack Obama

The idea that nations and peoples could come together in peace to solve their disputes and advance a common prosperity seemed unimaginable. It took the awful carnage of two world wars to shift our thinking. The leaders who built the United Nations were not naive. They did not think this body could eradicate all wars. But in the wake of millions dead and continents in rubble; and with the development of nuclear weapons that could annihilate a planet, they understand that humanity could not survive the course it was on. And so, they gave us this institution, believing that it could allow us to resolve conflicts, enforce rules of behavior … Continue reading

Posted in attitude | 2 Comments

Bill Watterson

Posted in attitude | Leave a comment

渥美清

狂気のない奴は駄目だ。それと孤立だな。孤立してるのはつらいから、つい徒党や政治に走る。孤立しているのが大事なんだよ。

Posted in attitude | 1 Comment