Category Archives: change

Qualcomm

Imagine a world where devices, places and people become so inter-connected that daily life changes forever. Now stop imagining, and start believing. This transformation is called the Internet of Everything (IoE), and for 30 years we’ve been using our wireless expertise to make this amazingly connected world a reality. As the world’s industries evolve, so do the connections we enable through our wireless solutions. By helping homes, cars, cities, education, wearables, and healthcare share more interactions and data across a variety of networks, we’re weaving the fabric of IoE so that entire industries can redefine what’s possible.

Posted in change | 1 Comment

FUJITSU

デジタル化は、次の三つの点でビジネスに大きな影響を与えます。 まず一つ目は、デジタル化はビジネスを加速させます。例えば設計から製造、納品までのリードタイムの短縮だけでなく、上流から下流まですべての状況をリアルタイムに把握することで迅速な判断を行い、事業を最適化し、ビジネス転換にもスピーディに対応しチャンスを生み出します。 二つ目として、デジタル化はビジネスの柔軟性を高めます。例えばリアルタイムに状況を把握しながら、お客様の購入状況から航空運賃を変動させたり、需要情報を把握し無駄なく効率的な生産を実現します。 三つ目は、デジタルテクノロジーを活用し、新たな形で知識やインテリジェンスを生み出すことができます。コンピュータが自ら学習したり、ドローン(無人飛行機)やロボットにより、人々の判断や活動支援を実現します。人がデジタルと協調し、これまでとは違うビジネスの形態と新しい価値を生み出す時代に入ってきているのです。

Posted in change | 2 Comments

CISCO

Posted in change | 1 Comment

野田祐機

何でグローバル化が問題になっているのか? 日本においては仕事や富がなくなるからではありません。英語ができないからリストラされる。。という話でもないのです。問題になっているのは変化のスピードがとてつもなく速く、誰も対応できていないことなのです。日本ならではの価値。これを創る時間も、発信する時間も、その人材も整っていない。そしていつのまにか超円高になり、震災の対応もままならない。。。 グローバル化に対応するには国の制度も教育も大きく変えなければならないのに、変化のスピードが速すぎて行政も会社のトップも対応できていない。グローバル化が問題なのではなく、このスピードが速すぎること、組織や社会構造が対応できていないことが問題だと思っています。  これに対しての解決策は二つあると言われています。 1. 組織の在り方をピラミッド型からネットワーク型に変えること 2. 行政、企業、市民の距離を近づけ、三者が連携して問題に取り組むこと この二つです。 夢物語のようなことですがこれは私自身、さまざまな活動を通じてようやく腑に落ちた部分です。この二つのやり方に変えないと、今のままではもう無理だと思っています。

Posted in change | 1 Comment

Anthony Giddens, Philip W. Sutton

As technological change progresses more rapidly, producing new forms of risk, we must constantly respond and adjust to the changes. Risks today involve a series of interrelated changes in contemporary social life: shifting employment patterns, heightened job insecurity, the declining influence of tradition and custom on self-identity, the erosion of traditional family patterns and the democratization of personal relationships. Because personal futures are much less fixed than in the past, decisions of all kinds present risks for individuals. Getting married, for example, is a more risky course today than it was when marriage was a lifelong commitment. Decisions about educational qualifications and career paths can also feel risky: it is … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

山田光彦

供給過剰がどんどん進んでいっている仕事としては、いわゆる治療家の仕事があります。接骨院の数は2012年には42,431店舗に急増。10年で1.6倍になってます。これは、コンビニ最大手3社の店舗数の合計41,085店舗よりも多い数です。しかもこれは接骨院だけの数で、整体院なども含めると10万店舗を超えるのではないかともいわれています。美容室や歯科医院もコンビニよりも多く、他に弁護士、公認会計士、行政書士、社会保険労務士、税理士、司法書士などの士業と呼ばれている仕事も供給過剰の波が襲ってきています。 技術革新が起きて仕事が大きく減ってしまう危険性が高まっているものに製造業があります。製造工程のロボット化が進んでいけば、人ではなくロボットが仕事をすることになります。その他にも技術革新は、多くの人から仕事を奪ってしまいます。写真屋はデジカメが登場したことにより需要のほとんどがなくなり、WebデザイナーもWebページが作れるということ自体の価値が低くなり、翻訳家は自動翻訳機の技術が発達するなど、技術革新の波が襲ってくる可能性は高いでしょう。 消費者の行動の変化で影響を受けているのが小売店です。ネットを使ってすぐに全国で一番安いお店をすぐに探すことができるようになり、店頭で商品を見て、実際に買うのは安いネットでという風に、消費者の行動が大きく変化しました。家電量販店、書店、新聞。消費者の行動の変化もビジネスに大きな影響を与えます。 いくら優秀だった人が人一倍の努力をしたとしても、価値が下がっている仕事で、収入を上げようとするのは、下りのエスカレーターを必死に走っているようなものです。いくらがんばって、走っていても、すこし休んだだけですぐに下がってしまう。必死に走り続けなければ、現状を維持するのも難しい。そんな状況なのです。

Posted in change | 1 Comment

Kim Wilde

  

Posted in change | 1 Comment

Henry Cole

Posted in change | 1 Comment

石牟礼道子

戦災孤児にいったいなんの罪があるのでしょう。組み立てた骨の上に、ただ皮というものをたった一枚不細工に張り付けたような顔をして、息をしながら眠っている、駅の片隅のあの子どもたちの、しかもたくさんの姿は、あれはいったいなんの報いなのでございましょう。 いちばん美しいはずの子どもたちが、盗むことを覚え、騙すことを覚え、心を折られ、それでも大人たちからは「敗戦したのだから仕方がない」とごく当然のように放り出され、あまつさえ迫害さえ加えられて、だんだんと魂をなくしてゆきつつあるのは、なんとしたことでございましょう。 親たちは自分が生んだ子どもだけが子どもだと思い、先生たちは学校に来る子どもだけが子どもだと思い、そのようなことがあまりに多いのではないでしょうか。

Posted in change | 1 Comment

Editeur, Finland Politics

It is considered that all Finnish citizens would be paid an untaxed benefit sum free of charge by the government, 800 euros a month in the final version, 550 euros monthly in the model’s pilot phase. The basic income model’s full-fledged form would make some earnings-based benefits obsolete, but in the partial pilot format benefits would not be affected. The partial model would also retain housing benefits and income support packages.

Posted in change | 4 Comments

Tom Keane

Since the 1970s, the gap in incomes between those who earn the most and those who earn the least has increased markedly. Some have described this as a “hollowing out” of the middle class and everyone, it seems, agrees it’s a bad thing. But why is it occurring at all? The answer is that the US economy has been undergoing fundamental changes, changes that benefit workers with skills and smarts, but leave behind those with lesser educations. … Much of the blame for these changes goes to technology: Many lower-skilled jobs have disappeared, replaced by machines, while at the same time those with higher levels of education are able to … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

福田眞人

「愛」という言葉が、かつて仏教用語であって、人間相互の感情を表象する言葉でなかったことは興味深い。実際に日本人が「恋愛」なるものを認識したのは、明治 3-4 年(1870-71)に出た中村正直訳『西国立志編』以後ということになる。そして、二葉亭四迷によって、小説の世界で「ラヴ」と「恋」の違いを知ることになる。今、比較的新しい言葉(造語)としての「恋愛」を、「情」・「色」・「恋」などの語感と比べてみるとどうだろうか。「恋愛」の方がより洗練されていて、洋風で、より高級、より新鮮、より重要な語感を得ることだろう。 そのことは、明治時代の方が、今日よりももっと強烈に感じられたはずである。しかし、同時に、新しく馴染まない言葉であるゆえに、その心理も徹頭徹尾理解できるまでにはなかなか至らなかったに違いない。そして、今日でさえなお「あなたを愛する」という表現は、完全な市民権を得た訳ではない。 明治翻訳語のおもしろさ(福田眞人)

Posted in change | 2 Comments

John Kirwan

          If you don’t change your present, you cannot change your future.

Posted in change | 2 Comments

Carl Honoré

It is a cultural revolution against the notion that faster is always better. The Slow philosophy is not about doing everything at a snail’s pace. It’s about seeking to do everything at the right speed. Savoring the hours and minutes rather than just counting them. Doing everything as well as possible, instead of as fast as possible. It’s about quality over quantity in everything from work to food to parenting.

Posted in change | 1 Comment

Guttorm Fløistad

The only thing for certain is that everything changes. The rate of change increases. If you want to hang on you better speed up. That is the message of today. It could however be useful to remind everyone that our basic needs never change. The need to be seen and appreciated! It is the need to belong. The need for nearness and care, and for a little love! This is given only through slowness in human relations. In order to master changes, we have to recover slowness, reflection and togetherness. There we will find real renewal.

Posted in change | 1 Comment

Kelly Blair

The Oregon Shakespeare Festival has decided that Shakespeare’s language is too difficult for today’s audiences to understand. It recently announced that over the next three years, it will commission 36 playwrights to translate all of Shakespeare’s plays into modern English.

Posted in change | 1 Comment

Dorothee Bakker

The Southern Ocean behaves like a giant lung – breathing in and absorbing vast amounts of carbon dioxide from the atmosphere, and releasing it later in the year. The seas around Antarctica absorb significantly more CO2 than they release. And importantly, they remove a large part of the CO2 that is put into the atmosphere by human activities such as burning fossil fuels. They basically help to slow down the growth of this greenhouse gas in the atmosphere and lessen the rate of climate change. We looked at what is happening in the Southern Ocean – which is responsible for capturing 40 per cent of the global oceanic uptake of … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Arthur Penn

Posted in change | 1 Comment

Jim Malec

Japan’s Prime Minister Shinzo Abe was correct in pointing out that 80 percent of Japan’s population was born after World War II, and he is justified in saying, “We must not let our children, grandchildren and even further generations to come, who have nothing to do with that war, be predestined to apologize.” I’m sure this is exactly how many Americans feel about our past policies regarding the treatment of American Indians and the slavery of African-Americans. While all of America’s actions (good and bad) are a part of our history, there is no need for us to repeatedly apologize or feel guilty about events that happened more than 100 … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Pierre Rosanvallon

Nos régimes sont dits démocratiques parce qu’ils sont consacrés par les urnes. Mais nous ne sommes pas gouvernés démocratiquement, car l’action des gouvernements n’obéit pas à des règles de transparence, d’exercice de la responsabilité, de réactivité ou d’écoute des citoyens clairement établies. D’où la spécificité du désarroi et de la colère de nos contemporains.

Posted in change | 2 Comments

Greg Uthus

Studies show that Americans change careers, on an average, every twenty months. Not jobs, but careers. They do something completely different than they did in their last job. That’s incredible. The talk that once happened by parents, to find something you enjoy and do it for the rest of your life is now changing to make your self-adaptable. It is no longer important to be good at one thing and loyal to one company, but to be able to change quickly. How often have you heard someone say, “I have reinvented myself”? Love also has shown signs of changing. Again studies are showing that most people fall in love with … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Yuval Noah Harari

Death is optional. And if you think about it from the viewpoint of the poor, it looks terrible, because throughout history, death was the great equalizer. The big consolation of the poor throughout history was that okay, these rich people, they have it good, but they’re going to die just like me. But think about the world, say, in 50 years, 100 years, where the poor people continue to die, but the rich people, in addition to all the other things they get, also get an exemption from death. That’s going to bring a lot of anger.

Posted in change | 3 Comments

Tribune de Genève

Posted in change | 1 Comment

The 1968 Exhibit

The social forces that swirled through the turbulent 1960s crested in 1968. It was a turning point for a generation coming of age and a nation at war. The year saw the peak of the Vietnam War, the assassinations of Dr. Martin Luther King Jr. and Robert Kennedy, riots at the Democratic National Convention, assertions of Black Power at the Olympic Games and feminist demonstrations at the Miss America pageant. Hair opened on Broadway, Laugh-In debuted and became the number-one show on TV, Bonnie and Clyde and The Graduate picked up Oscars and Johnny Cash gave a legendary performance at Folsom Prison. President Lyndon Johnson spoke of a country “challenged, … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Matthew Allen

Une bouteille de Coca-Cola coûte 40% de plus en Suisse qu’en Allemagne voisine. Et si vous aimez le goût du jambon de Parme italien, préparez-vous à le payer cinq fois plus cher ici que dans la zone euro. L’Etat suisse doit-il intervenir pour faire baisser les prix, où faut-il laisser faire les forces du marché?

Posted in change | 2 Comments

三島由紀夫

ぼくは自分をもうペトロニウスみたいなものだと思っているんです。 そして、大げさな話ですが、日本語を知っている人間は、おれのゼネレーションでおしまいだろうと思うんです。 日本の古典のことばが体に入っている人間というのは、もうこれからは出てこないでしょうね。未来にあるのは、まあ国際主義か、一種の抽象主義ですかね。 ・・・それで、世界がすくなくとも資本主義国では全部が同じ問題をかかえ、言語こそ違え、まったく同じ精神、同じ生活感情の中でやっていくことになるんでしょうね。そういう時代が来たって、それはよいですよ。こっちは、もう最後の人間なんだから、どうしようもない。

Posted in change | 1 Comment

村上春樹

―あなたは三島由紀夫が好きではないと聞いていますが。 三島のスタイルが好きじゃないということです。 ―というのは、彼の文学的スタイルのことですか? それとも彼自身のあり方についてですか? 読者として好きになれないのです。最後まで読めた作品はひとつもありません。 ―三島を軽んじたために、あなたは日本の文壇から、さらに引き離されたのでしょうか? そんなことはないでしょうが、いずれにせよ僕が日本の文壇に好かれていないことは、まあ、確かだと思います。彼らはとにかく違いすぎるのです。少なくとも僕は、彼らが作家とはこうあるべきだと考える存在ではない。彼らは文学というものは多かれ少なかれ、日本語が持つ美しさや、日本文化のテーマを追求するものでなくてはならないと考えている。でも僕はそうは思わない。僕は言葉を道具として使います。とても効果的に使える純粋な道具として。その道具を使って自分の物語を書く。ただ、それだけです。

Posted in change | 1 Comment

David Brooks

Intellectual prestige has drifted away from theologians, poets and philosophers and toward neuroscientists, economists, evolutionary biologists and big data analysts. These scholars have a lot of knowledge to bring, but they’re not in the business of offering wisdom on the ultimate questions. The shift has meant there is less moral conversation in the public square. I doubt people behave worse than before, but we are less articulate about the inner life. There are fewer places in public where people are talking about the things that matter most. As a result, many feel lost or overwhelmed. They feel a hunger to live meaningfully, but they don’t know the right questions to … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Worldwide Guide to Women in Leadership

Posted in change | 1 Comment

Lorcan Roche Kelly

The world’s central banks have a problem. When economic conditions worsen, they react by reducing interest rates in order to stimulate the economy. But, as has happened across the world in recent years, there comes a point where those central banks run out of room to cut — they can bring interest rates to zero, but reducing them further below that is fraught with problems, the biggest of which is cash in the economy. In a new piece, Citi’s Willem Buiter looks at this problem, which is known as the effective lower bound (ELB) on nominal interest rates. Fundamentally, the ELB problem comes down to cash. According to Buiter, the ELB … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

毎日新聞

「2015ミス・ユニバース」日本代表の最終選考会が12日、東京で行われ、長崎県代表のアルバイト・宮本エリアナさん(20)が日本代表に輝いた。宮本さんは代表選出後のスピーチで「ハーフの私でいいのかなという不安もあった」と心境を語り、「世界大会はもっともっと過酷だと思いますけど、自分を信じて、自分らしく頑張りたいと思います」と意気込んだ。 母親は日本人、父親がアメリカ人で長崎で生まれ育った。大型自動二輪免許保有、趣味はツーリング。書道5段。

Posted in change | 4 Comments

Wikipedia

List of longest-ruling non-royal national leaders since 1900 Name Country Term began Term ended Term length Fidel Castro Cuba 1959 2011 52 years, 62 days Kim Il-sung North Korea 1948 1994 45 years, 302 days Yumjaagiin Tsedenbal Mongolia 1940 1984 44 years, 137 days Omar Bongo Gabon 1967 2009 41 years, 155 days Enver Hoxha Albania 1944 1985 40 years, 171 days Paul Biya Cameroon 1975 present 39 years, 289 days Mohamed Abdelaziz Sahrawi Arab Democratic Republic 1976 present 38 years, 228 days Gnassingbé Eyadéma Togo 1967 2005 37 years, 297 days Francisco Franco Spain 1938 1975 37 years, 294 days Josip Broz Tito Yugoslavia 1943 1980 36 years, 157 days

Posted in change | 1 Comment

Hayley Phelan

When it comes to representing society’s diverse spectrum of beauty, the modeling industry hasn’t exactly gotten it right. “For a long time, it’s promoted the negative ideal that very thin, white teenage girls epitomize high-end beauty,” says Sara Ziff. “Implicit in this message is that fuller figured, non-white, grown women are incompatible with a high-end look.” That, however, might finally be changing. Some of the industry’s most exciting new faces are black,                      biracial,                    Asian,           transgendered, and decidedly not a size 0 (Aya Jones,       … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

The Economist

Posted in change | 1 Comment

The Big Issue

The Big Issue is a magazine sold by homeless and long-term unemployed people. Vendors buy copies for £1.25 and sell for £2.50. They are working, not begging. Since The Big Issue was launched in 1991 we have helped thousands of vulnerable people take control of their lives. We currently work with around 2000 individuals across the UK offering them the opportunity to earn a legitimate income; to ‘help them to help themselves’. Over the past two decades the magazine has become synonymous with challenging, independent journalism, and renowned for securing exclusive interviews with the most elusive of superstars. It currently circulates around 100,000 copies every week.

Posted in change | 1 Comment

Gregory Clark

The basic outline of world economic history is surprisingly simple. Indeed it can be summarized in one diagram: Incomes rose sharply in many countries after 1800 but declined in others.

Posted in change | 4 Comments

西村治彦

後だし負けじゃんけん はじめに、「後出し負けじゃんけん」を行う旨を相手に告げ、「じゃんけん、ポン!ポン!」の掛け声で行います。最初の「ポン!」で、親が手を出し、次の「ポン!」で、子が手を出します。 実際にやってみると、何度かは勝つ手やあいこの手を出してしまい、全てに負けの手を出すことはできません。 この「後出し負けじゃんけん」が普通のじゃんけんと違い、難しいのは「負けなくてはいけない」ということです。 後から手を出す人は、相手の手を見てから、自分の手を出せるので、理屈の上では、簡単にじゃんけんに「必ず負けることができる」と思われがちですが、ところが、これがなかなかうまく負けられないのです。 じゃんけんは、子供の頃から勝つように手を出す習慣を身につけてしまっていますので、いきなり、そのルールを変えられても、すぐには対応できないのです。

Posted in change | 2 Comments

Andrew Hussey

For most Parisians these days, Charlie Hebdo is a quaint relic of the ’60s and ’70s that has long since lost its power to shock. Only the day before the killings, I had noticed on a newsstand a recent front cover of the magazine that showed a goofy-looking Virgin Mary giving birth to an even goofier-looking Christ. I shrugged and walked on, reflecting on how few people read the magazine these days, how it had only just begun to overcome its money troubles, and what a museum piece it had become. To some extent, this was reflected in the ages of two prominent figures who were killed: the brilliant and … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Sally

Nothing has happened to me yet. That’s why I’m going to New York!

Posted in change | 2 Comments

杉本苑子

オリンピックの開会式の興奮に埋まりながら、二十年という歳月が果たした役割の重さ、ふしぎさを私は考えた。同じ若人の祭典、同じ君が代、同じ日の丸でいながら、何という意味の違いであろうか。 1943年10月21日 1964年10月10日

Posted in change | 2 Comments

杉本苑子

二十年前のやはり十月、同じ競技場に私はいた。女子学生のひとりであった。出征してゆく学徒兵たちを秋雨のグラウンドに立って見送ったのである。場内のもようはまったく変わったが、トラックの大きさは変わらない。位置も二十年前と同じだという。オリンピック開会式の進行とダブって、出陣学徒壮行会の日の記憶が、いやおうなくよみがえってくるのを、私は押えることができなかった。天皇、皇后がご臨席になったロイヤルボックスのあたりには、東条英機首相が立って、敵米英を撃滅せよと、学徒兵たちを激励した。音楽はあの日もあった。君が代が奏せられた。しかし、色彩はまったく無かった。学徒兵たちは制服、制帽に着剣し、ゲートルを巻き、銃をかついでいるきりだったし、グランドもカーキ色と黒のふた色。暗鬱な雨空がその上をおおい、足もとは一面のぬかるみであった。寒さは感じなかった。おさない、純な感動に燃えきっていたのである。私たちは泣きながら、征く人々の行進に添って走った。髪もからだもぬれていたが、寒さは感じなかった。おさない、純な感動に燃えきっていたのである。あの日、行く者も残る者も、ほんとうにこれが最後だと、なんというか一種の感情の燃焼があった。この学生たちは一人もかえってこない。自分たちも間違いなく死ぬんだと。 オリンピックの開会式の興奮に埋まりながら、二十年という歳月が果たした役割の重さ、ふしぎさを私は考えた。同じ若人の祭典、同じ君が代、同じ日の丸でいながら、何という意味の違いであろうか。 あの雨の日、やがて自分の生涯の上に、同じ神宮競技場で、世界九十四ヵ国の若人の集まりを見るときが来ようとは、夢想もしなかった私たちであった。夢ではなく、だが、オリンピックは目の前にある。そして、二十年前の雨の日の記憶もまた、幻でも夢でもない現実として、私たちの中に刻まれているのだ。 きょうのオリンピックはあの日につながり、あの日もきょうにつながっている。私にはそれがおそろしい。 祝福にみち、光と色彩に飾られたきょうが、いかなる明日につながるか、予想はだれにもつかないのである。私たちにあるのは、きょうをきょうの美しさのまま、なんとしてもあすへつなげなければならないとする祈りだけだ。

Posted in change | 1 Comment

小室淑恵

まず、男女共に働くほうが良いわけです。なぜか?っていうと頭脳労働の比率のほうが圧倒的に高まってくるからです。また、労働力人口が足りない中で付加価値を付けるためには、その人たちをフルに使って高い付加価値を付けるという仕事をしなくてはならないから、必要な労働力はなるべく全部使うということが必要だからです。 そして2つ目が、短時間で働くことです。なぜか?というと、時間の単価が高騰するからです。日本人の人件費、いま、中国人の8倍、インド人の9倍、光熱費は毎年上がっていっています。ですので、時間が高いんです。企業としてかなり意識的に、短時間で働く人にインセンティブを与えるような、そういうやり方でトレーニングをするということが非常に必要になります。 そして3点目、条件の違う人を揃えるということです。と言うのも、まず市場が均一な物には飽きていて、ヒットした物はすぐに売れなくなります。ですので、ひとつの企業が次々と違う商品やサービスを短サイクルで出していかなくてはならないですから、1つのヒットに甘んじているうちに売り上げが下がっちゃうんですね。ですから、別の発想の人がまた違う商品を考えてヒットを飛ばす、これを繰り返し続けないと継続的に売り上げが上がらないということ 育児だとか介護だとか、それから難病や障がいといったものは、もう仕事をする上でのマイナス条件ではない。

Posted in change | 1 Comment

Sociology Central

Posted in change | 1 Comment

Joo-Seng Tan

Organizations have entered a new era characterized by rapid, dramatic and turbulent changes. The accelerated pace of change has transformed how work is performed by employees in diverse organizations. Change has truly become an inherent and integral part of organizational life. Several emerging trends are impacting organizational life. Of these emerging trends, five will be examined: globalization, diversity, flexibility, flat, and networks. These five emerging trends create tensions for organizational leaders and employees as they go through waves of changes in their organizations. These tensions present opportunities as well as threats, and if these tensions are not managed well, they will result in dysfunctional and dire organizational outcomes at the … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

高村美砂, Raymond Verheijen

高村: ガンバ大阪は昨年、初めて『サッカーのピリオダイゼーション』を元にしたフィジカルトレーニングを取り入れました。初年度ということもあり、全てが巧くいった訳ではないとは思いますが、いろんなプラスの効果を感じ取ることができたように思います。 Verheijen: 最初に私が素晴らしいと感じたのは、昨年、ガンバ大阪はJ2リーグでの戦いを強いられ『絶対にチャンピオンにならなければいけない』というプレッシャーの中で新シーズンを迎えたはずですが、にもかかわらず、彼らが新トレーニングを導入し、チームを変化させるんだというチャレンジをされたことです。これは尊敬に値する点だと思っています。しかもその結果として『チャンピオン』という目標を達成されましたからね。そこにはきっといろんな努力があったことでしょう。ただ、私が最初に申し上げておきたいのは、私が提唱するトレーニング理論は決してチャンピオンになるための方法ではない、ということです。というより、チャンピオンになるための方法なんてこのサッカー界のどこを探しても存在しません。すなわち、『サッカーのピリオダイゼーション』もチーム、個人としてのサッカーを向上させるための方法であるということをご理解いただければと思います。

Posted in change | 2 Comments

Raymond Verheijen

Posted in change | 4 Comments

Max Weber

Es ist das Schicksal unserer Zeit, mit der ihr eigenen Rationalisierung und Intellektualisierung, vor allem: Entzauberung der Welt, daß gerade die letzten und sublimsten Werte zurückgetreten sind aus der Öffentlichkeit, entweder in das hinterweltliche Reich mystischen Lebens oder in die Brüderlichkeit unmittelbarer Beziehungen der Einzelnen zueinander. Es ist weder zufällig, daß unsere höchste Kunst eine intime und keine monumentale ist…

Posted in change | 3 Comments

Jürgen Habermas

What Weber depicted was not only the secularisation of Western culture, but also and especially the development of modern societies from the viewpoint of rationalisation. The new structures of society were marked by the differentiation of the two functionally intermeshing systems that had taken shape around the organisational cores of the capitalist enterprise and the bureaucratic state apparatus. Weber understood this process as the institutionalisation of purposive-rational economic and administrative action. To the degree that everyday life was affected by this cultural and societal rationalisation, traditional forms of life – which in the early modern period were differentiated primarily according to one’s trade – were dissolved.

Posted in change | Leave a comment

Juan Leon

The way Black Friday looked in 1983 looks completely different from the way it looks in 2014. And that difference is perhaps an indication of the way we’ve changed as a society. What used to be an innocuous, low-key event tied to the holiday spirit — an opportunity to buy gifts for Christmas — has become all too characterized by mobs, overhyped “deals,” and fighting.

Posted in change | 1 Comment

Jim Uhls

We’ve all been raised on television. We’re consumers. We are the byproducts of a lifestyle obsession. You are not special. You are not a beautiful or unique snowflake. We’re a generation of men raised by women. The things you own end up owning you. Reject the basic assumptions of civilization, especially the importance of material possessions.

Posted in change | 1 Comment

Comité invisible

N’être socialement rien n’est pas une condition humiliante, la source d’un tragique manque de reconnaissance – être reconnu : par qui? –, mais au contraire la condition d’une liberté d’action maximale.

Posted in change | 2 Comments

Comité Invisible

Il va sans dire que l’attachement des Français à l’État – garant des valeurs universelles, dernier rempart contre le désastre – est une pathologie dont il est compliqué de se défaire. C’est surtout une fiction qui ne sait plus durer. Nos gouvernants eux-mêmes la considèrent chaque jour un peu plus comme un encombrement inutile, puisqu’eux, du moins, assument le conflit, militairement. ** L’occasion d’une belle épopée qui nous verrait, tous ensemble, combattre les inégalités en même temps que le réchauffement climatique. Ce qui pour notre génération, qui est justement née dans la crise et qui n’a connu que cela – crise économique, financière, sociale, écologique – est, vous l’avouerez, relativement … Continue reading

Posted in change | 2 Comments

Comité invisible

Il n’y a plus à réagir aux nouvelles du jour, mais à comprendre chaque information comme une opération dans un champ hostile de stratégies à déchiffrer, opération visant justement à susciter chez tel ou tel, tel ou tel type de réaction; et à tenir cette opération pour la véritable information contenue dans l’information apparente.

Posted in change | 2 Comments

Comité invisible

« JE SUIS CE QUE JE SUIS. » Mon corps m’appartient. Je suis moi, toi t’es toi, et ça va mal. Personnalisation de masse. Individualisation de toutes les conditions – de vie, de travail, de malheur. Schizophrénie diffuse. Dépression rampante. Atomisation en fines particules paranoïaques. Hystérisation du contact. Plus je veux être Moi, plus j’ai le sentiment d’un vide. Plus je m’exprime, plus je me taris. Plus je me cours après, plus je suis fatiguée. Je tiens, tu tiens, nous tenons notre Moi comme un guichet fastidieux. Nous sommes devenus les représentants de nous-mêmes – cet étrange commerce, les garants d’une personnalisation qui a tout l’air, à la fin, d’une … Continue reading

Posted in change | 2 Comments

内田樹

安倍晋三政権は7月1日の閣議決定によって歴代政権が維持してきた「集団的自衛権は行使しない」という方針を転換し、海外派兵への道を開きました。日本の平和主義を放棄するという歴史的決断を首相個人の私的諮問機関からの答申を受けて、自公両党の与党協議による調停だけで下したのです。国のかたちの根幹にかかわる政策の変更に立法府がまったく関与していない、つまり国民の意思が徴されないという異常な事態にもかかわらず、国民の側からはつよい拒否反応は見られません。 なぜ、日本の民主制はこれほど脆いのか、なぜ戦後70年にわたった日本の平和と繁栄を下支えしてきた憲法を人々はこれほど侮り、憎むのか。私たちの国の民主制と平和憲法はこれほどまでに弱いものであった。わずか二回の選挙で連立与党が立法府の機能を事実上停止させ、行政府が決定した事項を「諮問」するだけの装置に変えてしまった。 立法府が機能不全に陥り、行政府が立法府の機能を代行する状態のことを「独裁」と言います。日本はいま民主制から独裁制に移行しつつある。有権者はそれをぼんやり見ている。ぼんやり見ているどころか、それを「好ましいことだ」と思っている人間が国民の半数近くに上っている。 独裁によって受益する見込みがある人たちがこれを歓迎することは理解できます。でも、独裁によって受益する可能性がまったく見込めない有権者たちがそれでもなお独裁を歓迎するのはどのような根拠によるのか。このまま進めば、いずれどこかの国の歴史の教科書に「このとき日本の有権者は国民の基本的人権を制約し、70年守ってきた平和主義を放棄しようとする政治勢力の独裁をなすところもなく傍観し、それどころか半数近くの国民はそれを歓迎したのである」と書かれることになるかもしれない。でも、そのような切迫した危機感が日本国民にはまだ見ることができません。たぶんあまりにも長きにわたって平和と繁栄に慣れ切ってしまったためでしょう。「たいしたことは起こるはずがない」と高をくくっているのです。どうしてこれほど危機感が希薄なのか。

Posted in change | 2 Comments

東郷克美

本来「大地」に境界などないのである。 いささか大仰ながら、私はときどき「脱国」ということを夢想する。明治維新は脱藩した志士たちが大きな力になって実現した。もちろん、脱国したまま、この日本社会で生きることは現実的には不可能だろう。しかも「国家」は個人が自らの意思で選んだものではない。だとすれば、国家が「愛国」を強制することはできないはずだ。一方で、〈在日〉コリアンという存在のことを考える。彼らはそのアイデンティティを保証する国家をもたない。不謹慎に聞こえるかもしれないが、私は時々〈在日〉薩摩人ということを考えてみることがある。

Posted in change | 2 Comments

Ryan Scott

At one point in time, the bow and arrow was considered to be the pinnacle of weapons technology and allowed armies, such as that of the Roman Empire, to rule with a heavy hand for many years. Just being able to not have to get up close and personal with the enemy was enough to give such a great military edge, but that won’t cut it in today’s world. Ever since the first guns were fired, militaries around the world have constantly improved the weapons that they used in combat. Making guns that didn’t require reloading with each individual shot, developing automatic weapons, bombs and everything in-between. Military technology has … Continue reading

Posted in change | 3 Comments

小谷みどり

日本の墓は、「○○家之墓」「○○家先祖代々之墓」といったいわゆる「家墓」が主流だが、こうした家墓は昔からあったわけではなく、家墓が浸透したのは大正期、普及したのは昭和に入ってからという説が一般的である。 伝染病予防法で「伝染病患者ノ死体ハ火葬スヘシ」と規定され、伝染病対策としての火葬場が建設されたのが1897(明治 30)年。「系譜、祭具及墳墓ノ所有権ヲ承継スルハ家督相続ノ特権ニ属ス」と規定した明治民法の制定が、1898(明治 31)年。 「祭祀は継承するもの」という観念のもと、明治後期以降、代々の先祖を祭祀するための家墓が増加していったが、厚生労働省『衛生行政業務報告』によれば、1900(明治 33)年に 29.2%であった火葬率が 50%を超えたのは 1935(昭和 10)年なので、家墓が全国的に一般化するのは昭和に入ってからとみるのが妥当であろう。

Posted in change | 1 Comment

Hannah Arendt

We can no longer afford to take that which was good in the past and simply call it our heritage, to discard the bad and simply think of it as a dead load which by itself time will bury in oblivion. The subterranean stream of Western history has finally come to the surface and usurped the dignity of our tradition. This is the reality in which we live. And this is why all efforts to escape from the grimness of the present into nostalgia for a still intact past, or into the anticipated oblivion of a better future, are vain.

Posted in change | 1 Comment

David Barboza

… like Japanese investors in the 1980s, Chinese buyers today have helped to push up the price tag for iconic buildings in the market …

Posted in change | 1 Comment

千野香織

では「日本」とは何だろうか。歴史研究者が根底からの問い直しを試みているように、現在、「日本」という枠組み自体が、大きな問題となっている。「日本」とは、単一不変のまとまりをもった実体ではない。現在の国境は無条件の前提ではないし、また現在の国境の内側にも、民族や地域や歴史の多様性があって、その性格は一様ではない。縄文から現在までを貫く一貫した「日本」らしさ、などというものは存在しない――当たり前ではあるが、こうした諸点を確認し続けることが、「日本美術史」研究においては重要である。  「日本」だけではない。「美術」とは何か、という根本的な問題もある。「美術」という日本語に染み込んだ特権的なニュアンスを嫌って、現代の場合には「アート」というカタカナを使う人もいる。また、いつ、誰が、なぜ「美術(またはアート)」という制度を定め、「質」の保証をしたのか、これまでの「美術史」という学問が果たしてきた保守的な役割を今後どのように変えていけばよいのか、など、「日本美術史」を含む「美術史」には、多くの問題がある。

Posted in change | 6 Comments

木下斉

Posted in change | 1 Comment

朝日新聞

JR東日本は、山手線と京浜東北線の品川―田町間に新駅を建設する方針を固めた。近く正式に表明する。東京五輪が開催される2020年までの開業を目指す。 周辺は、羽田空港へのアクセスの良さなどから、国や東京都が、国内外の主要企業を誘致し、日本が世界の都市間競争に勝ち抜く拠点とするための再開発計画を練っている。新駅はその「玄関口」の役割を果たす見通しだ。 品川―田町間は2・2キロと山手線で最も長く、JR東は、新駅を品川から北へ約1キロに計画。現在、駅間にある車両基地の整理、縮小を進めていて、新駅建設や再開発に必要な約20ヘクタールの土地を捻出する。 山手線に新駅ができるのは、1971年に開業した西日暮里(荒川区)以来で30番目の駅になる。 品川駅はJR東海のリニア中央新幹線のターミナル駅になる予定で、一帯は国内外の交通の主要な結節点になる。

Posted in change | 2 Comments

放送大学

何か満足できないことがあるなら、時代が変わるのを待つよりも、変化を誰かに期待するよりも、自分が変わる方がカンタンではやい。

Posted in change | 2 Comments

Mark Weisbrot

The BRICS’ defection is part of a process that has been taking place over the past 15 years, in which middle-income countries have accumulated sufficient reserves to vote with their feet and break out of the IMF’s orbit. Although most economists and most of the major media have ignored it, the IMF’s loss of influence over economic policy in most middle-income countries is one of the most important developments in the international financial system in the past half-century. It has almost certainly contributed to the rebound of economic growth in most developing countries over the past decade. It is also, not coincidentally, a huge loss of influence for the U.S. … Continue reading

Posted in change | 2 Comments

石原順

日銀の総資産 単位:10億円 FRBの総資産 単位:百万ドル 日本10年国債金利 米10年国債金利 ドイツ10年国債金利 NYダウ

Posted in change | 2 Comments

安島喜一

誰もが「えーっ」と怪訝顔 東京も狭山丘陵も武蔵野も、海の中だったなんて。 その証拠に、クジラの化石がある。 カキやアサリやホタテガイの化石がある。 その後が、また、大騒ぎ 地球が気ままで、気温が上がったり、下がったり 海面が押し寄せたり、退いたり たまったものではないから、そろそろ陸になろうかと、頭を出した。 そしたら、多摩川が元気で、大暴れしていて、一面に河原石を振りまいた。 それをもとに、できたのが 「狭山丘陵」 今度は、河原の上に、八ヶ岳や箱根や富士山が噴火して、灰を積もらせた。 多摩川は負けじと、それを削って、幾つかのテラスをつくった その中の一つが 「武蔵野台地」 この謎解き 一緒に、迫って下さい。

Posted in change | 2 Comments

Neil Howe, William Strauss

Generations by year of birth Arthurian Generation (1433–1460) (Hero) Humanist Generation (1461–1482) (Artist) Reformation Generation (1483–1511) (Prophet) Reprisal Generation (1512–1540) (Nomad) Elizabethan Generation (1541–1565) (Hero) Parliamentary Generation (1566–1587) (Artist) Puritan Generation (1588–1617) (Prophet) Cavalier Generation (1618–1647) (Nomad) Glorious Generation (1648–1673) (Hero) Enlightenment Generation (1674–1700) (Artist) Awakening Generation (1701–1723) (Prophet) Liberty Generation (1724–1741) (Nomad) Republican Generation (1742–1766) (Hero) Compromise Generation (1767–1791) (Artist) Transcendental Generation (1792–1821) (Prophet) Gilded Generation (1822–1842) (Nomad) Progressive Generation (1843–1859) (Artist) Missionary Generation (1860–1882) (Prophet) Lost Generation (1883–1900) (Nomad) G.I. Generation (1901–1924) (Hero) Silent Generation (1925–1942) (Artist) Baby Boom Generation (1943–1960) (Prophet) Generation X (1961–1981) (Nomad) Millennial Generation (1982–2004) (Hero) Homeland Generation (2005–present) (Artist)

Posted in change | 3 Comments

Neil Howe, William Strauss

Rather than puzzling over why 20-year-olds were self-absorbed moralizers in the 1960s but are busy and risk-averse achievers today, one must recognize them as members of distinct generations. To learn why they (or any two generations) are different, one can look at how they were raised as children, what public events they witnessed in adolescence, and what social mission they took on as they came of age.

Posted in change | 2 Comments

Robyn Griggs Lawrence

Wabi-sabi reminds us that we are all transient beings on this planet—that our bodies, as well as the material world around us, are in the process of returning to dust. Nature’s cycles of growth, decay, and erosion are embodied in frayed edges, rust, liver spots. Through wabi-sabi, we learn to embrace both the glory and the melancholy found in these marks of passing time.

Posted in change | 1 Comment

東京新聞

Posted in change | 2 Comments

Henry Petroski

Our 60-year-old home is an example of how infrastructure can be built to stand strong, age gracefully and be almost maintenance-free. The foundation sits firmly on solid granite. From the full basement you can see how the exposed beams, joists and underside of the flooring were made of good wood, built to last. When I see a commercial building under construction today, I see nothing like this in the materials and workmanship, perhaps because it is simply a function of finance, expected to survive only until it is fully amortized in a company’s budget. I can see the same decline in quality when I try to do work on our … Continue reading

Posted in change | 2 Comments

Wikimedia

Posted in change | 1 Comment

Carl Benedikt Frey, Michael A. Osborne

Posted in change | 1 Comment

吴玉章

前中国文字改革研究委员会改组成为中国文字改革委员会,这不仅仅是名称的改变,而是机构性质的改变。过去基本上是研究机构,现在就不同了,不能仅仅做研究工作,而应该走到人民中间去,走到生活中间去,根据政府的政策,采取切实可行的步骤来推行各项文字改革的具体工作,把中国文字改革运动向前推进一步。 一九五五年要发动全国讨论《汉字简化方案》,要继续整理汉字,编订汉字标准字表,还要拟出拼音文字的初步方案,展开群众性的讨论,同时进行广泛的试验。此外,还要研究和推行标准音教学。要解决同音词问题,并规定词的连写规则,试编常用词汇,等等。 在中国文字改革委员会成立大会上,提出了一九五五年的工作任务,这就是做好三项准备工作: 1.制定《汉字简化方案》; 2.制定《汉语拼音方案》; 3.研究和推行标准音(普通话)的教学。

Posted in change | 1 Comment

Stephen R. Kellert

We live in a particularly challenging and ambiguous moment in human environmental history. It would appear that today no region of the world remains free from an array of fundamentally serious ecological threats. We used to think that places such as the polar regions or uncharted areas of the wet tropics could claim a degree of invulnerability to major human environmental impacts. The spectors of global atmospheric change, ever more ingenious forms of human encroachment, and developments in extraction technological, however, have largely eliminated such comforting thoughts. Perhaps only the newly discovered deep-sea trenches and their associated life can still claim to be largely beyond the realm of serious anthropogenic … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Freek Vermeulen, Phanish Puranam, Ranjay Gulati

No one disputes that firms have to make organizational changes when the business environment demands them. But the idea that a firm might want change for its own sake often provokes skepticism. Why inflict all that pain if you don’t have to? That is a dangerous attitude. A company periodically needs to shake itself up, regardless of the competitive landscape. Even if the external environment is not changing in ways that demand a response, the internal environment probably is. The human dynamics within an organization are constantly shifting—and require the organization to change along with them. Over time, informal networks mirror the formal structure, which is how silos develop. Restructuring … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Terry Bennett, ウィキペディア

吉原遊廓は江戸幕府によって公認された遊廓。 駿府城下にできた最初の遊廓7か町の内の5か町分が江戸日本橋近くへ移り、吉原となった。 明暦の大火後、浅草寺裏の日本堤に移転し、前者を元吉原、後者を新吉原と呼んだ。 左の写真のように娼妓が店の往来に面した所に居並んで客を待つ「アムステルダムの飾り窓」のようなシステムを「張見世」といった。この「張見世」は、1903年に始まった写真で指名する「写真見世」に押されるようにして、1916年にその姿を消した。

Posted in change | 3 Comments

山崎和海

立正大学は、日本の数ある私立大学のなかで最も古い歴史と伝統を有する大学のひとつです。本学の建学の精神『真実を求め至誠を捧げよう、正義を尊び邪悪を除こう、和平を願い人類に尽そう』は、日蓮聖人が撰述された開目抄の誓いに基づいて、石橋湛山によって現代風に示されたものです。 本学のブランドビジョン『モラリスト×エキスパートを育む』は、このような「真実・正義・和平」の理念を骨格とする建学の精神を、現代社会の教育的課題を正面にすえてこれを具現化したものです。 20世紀の人類社会が追求した物質至上主義的世界観は、ともすれば人間性を見失い、あるいは損ないがちでした。21世紀の今、仏教精神を礎とした本学の人間形成に向けられた教育理念は、いま一度これを回復・修復することに努める、極めて重要な哲学とも言い得るでしょう。本学が独自にその構築を試みている「ケアロジー」は、20世紀に傷つけられた「人間・社会・地球」の関係性を視座に、「人間・社会・地球」の関係を一つの繋がったものとして捉えた学際的なアプローチの下で、健全で豊かな人間社会を創造していこうという学問です。

Posted in change | 1 Comment

立正大学

Posted in change | 1 Comment

NHK

それにしても、なんでまた超常現象なんかを研究してるんですか? きみは、日食がどんなものか、知っているね? 日食?太陽が月に隠れる、あの自然現象ですよね。 現代人は、日食を不思議だとは思わない。なぜなら、どうして日食が起こるのか、その仕組みを知っているからだ。しかしそれを知らなかった古代の人々にとって、日食は、常識では理解できない超常現象だったはずだ。 まあ確かに。太陽が突然欠けて消えるだなんて、人知を超えた神の仕業だと思ったでしょうね。 だとすれば、今の時代にも同じようなことはあるんじゃないか。未来の人々には常識でも、今の我々には理解できない、不可思議な現象があっても、おかしくはないはずだ。

Posted in change | 1 Comment

abkebab (LiveLeak.com)

Posted in change | 1 Comment

和辻哲郎

京都から奈良へ来る汽車は、随分きたなくガタガタゆれて不愉快なものだが、沿線の景色はそれを償うて余りがある。桃山から宇治あたりの、竹藪や茶畑や柿の木の多い、あのゆるやかな斜面は、いかにも平和ないい気分を持っている。茶畑にはすっかり覆いがしてあって、あのムクムクとした色を楽しむことはできなかったが、しかし茶所らしいおもしろみがあった。柿の木はもう若葉につつまれて、ギクギクしたあの骨組みを見せてはいなかったが、麦畑のなかに大きく枝をひろげて並び立っている具合はなかなか他では見られない。文人画の趣味がこういう景色に培われて育ったことはいかにももっともなことである。 この沿線でもう一つおもしろく感ずるのは、時々天平の彫刻を思わせるような女の顔に出逢うことである。これは気のせいかも知れぬが、彫刻とモデルとの関係はきわめて密接なはずだから、この地方の女の骨相と関連させて研究してみたならば、天平の彫刻がどの程度にこの土地から生い出ているかを明らかにし得るかも知れぬ。 奈良へついた時はもう薄暗かった。この室に落ちついて、浅茅が原の向こうに見える若草山一帯の新緑(と言ってももう少し遅いが)を窓から眺めていると、いかにも京都とは違った気分が迫って来る。奈良の方がパアッとして、大っぴらである。T君はあの若王子の奥のひそひそとした隠れ家に二夜を過ごして来たためか、何となく奈良の景色は落ちつかないと言っていた。確かに『万葉集』と『古今集』との相違は、景色からも感ぜられるように思う。

Posted in change | 2 Comments

明治

砂糖の添付を終了 させていただきます。

Posted in change | 1 Comment

日刊スポーツ

上村は銅メダルだと思った。滑りがきれいだったし、スピードも速かったからだ。ところが、表彰台に滑り込んだのはカーニーだった。 モーグルは採点競技で、ターン、エア、スピードで争われる。最も重視されるのはターン点で合計30点満点のうち50%の15点。エアとスピードは各25%で7・5点が満点になる。派手なエアに目が行きがちだが、最も大切なのはターン。こぶを巧みに滑る技術を争うのが、この競技なのだ。 上村とカーニーの得点を比べてみた。スピードは上村がカーニーを上回っていた。エアはカーニーが上村を引き離している。そして、最も重要なターン。審判はいずれもカーニーを上としている。上村はターンで劣っていたのだ。 上村のターンは、世界でもトップレベルと言われている。スキーのエッジで確実に雪面をとらえ、こぶをクリアしていく。「カービング」の技術だ。しかし、10年バンクーバー五輪前に採点基準が見直され、スキーを横に滑らせることへの減点が緩和された。 雪面を受ける力をすべて受け止める上村に対して、カーニーやデュフールラポワントはスキーのテールを小さくずらしながら、雪面に逆らわずに滑った。以前なら減点となった滑りが、高得点を生んだのだ。

Posted in change | 3 Comments

Noreen Malone

Not so long ago, the North Delegates’ Lounge, the in-house bar of the United Nation’s headquarters in New York, was dark and smoky and filled with Barcelona chairs and white leather. It was “out of James Bond,” a female French-Canadian U.N. employee recalled wistfully. Then the lounge closed three years ago for a makeover (part of a larger building renovation), led in part by the designer Hella Jongerius and architect Rem Koolhaas. The pair opted for, or at least signed off on, furnishings in various shapes of molded plastic and shades of bright green. Now, “it’s like Ikea,” the woman said, gesturing with her drink and surveying the redone room. … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

小野田寛郎

。。。    戦争っていう時代を経てきたわけですけど やはり時代によって人間の言っていることはさまざまだ だから人間あまり時代だとかなんかに振り回されないで 冷静によくものを考えろということですね      。。。

Posted in change | 1 Comment

RT

Some 56 per cent of Russians still regret the dissolution of the Soviet Union, according to a poll published on the eve of the 90th anniversary of the foundation of the first Socialist state. However, this is almost 10 per cent less than a decade ago, a survey by All-Russian Public Opinion Research Center (VCIOM) revealed. A third of Russians do not mourn over the collapse of the Soviet Union 21 years ago. That is 6 per cent more than in 2002. The majority of respondents who feel nostalgic about the end of the Soviet era are those above 45 years of age, with low education level, non-internet users and … Continue reading

Posted in change | 2 Comments

熊谷正敏

最近俺らの世界の法律もうるさくなってよ、知ってるか?都条例なんていうのができて、ヤクザ三人いただけで、一回は解散しろっていって中止命令がでて、それで解散しなかったら捕まる時代になったんだぞ、あと公共の施設、ホテルだとかそういう所に出入り禁止だとか、そういった我々の世界に対する国家の姿勢がすごく厳しくなってきた、そんななかで、お前らやっていかなければならない、もちろん俺もなんだけれど、どう思うそういうことは? ヤクザの本質がわかってない。。 (なんでそういう差別をつけたかっていうのは? 同じ人間として) もちろんそれにあたっては、俺らにも悪いところがあった、例えばそういう暴力的な、活発に行動した部分とかな、それをどんどんどんどん、我々が世間を狭くして、自分たちの首をしめてきたというのは事実だけれど、俺なんかが20歳ぐらいの時、21歳くらいの時か、俺らがこういう夜の街を、警察みたいに夜の警察をやって、普通の人間たちも我々を頼ってきたもんだよ、そういう時代に、俺がひとつ心残りっていうか、そういう時代をお前らに少し味あわせてやりたかったなって、それは思うよ、ただそれでも、今こういう時代になっても、俺らはそれでも生きていかなければならないわけじゃないか、でこの司法の、法律がこうやってうるさくなって改正されて、どうやって生きていく? どうやって生きていけばいいと思う?

Posted in change | 4 Comments

Thomas B. Edsall

The merging of lobbying into a much more encompassing collection of strategies and approaches is illustrated by the conglomeration of lobbying and other influence specialties under one corporate roof. The premier example of this can be found at WPP, a worldwide advertising, marketing and public affairs company, with 350 subsidiaries. The list of WPP’s Washington firms keeps getting longer and includes Blue State Digital, Benenson Strategy Group, Burson-Marsteller, Direct Impact, Hill+Knowlton Strategies, Dewey Square Group, Penn Schoen Berland, PBN Hill+Knowlton Strategies, Prime Policy Group, QGA Public Affairs, Palisades Media Ventures, the Glover Park Group and Wexler & Walker Public Policy Associates. When lobbying is merged into a behemoth of this … Continue reading

Posted in change | 2 Comments

Michio Kaku

How will we reach such a future? The key is to grasp the importance of science and science education. Science is the engine of prosperity. Leaders in China and India realize that science and technology lead to success and wealth. But many countries in the West graduate students into the unemployment line by teaching skills that were necessary to live in 1950. Years ago, pundits worried about a “digital divide.” It never happened, because access to computers became cheaper and cheaper. The real problem, however, is not access; it is jobs. Plenty of jobs are begging to be filled today, but those jobs require workers with a technical and scientific … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

堀内洋助

Posted in change | 3 Comments

The Telegraph

It seems it is all the fault of that well-known sexist William Shakespeare. Academics at the University of Surrey, who appear to have plenty of time on their hands, have been investigating why male precedes female so often in name pairings – as in Mr and Mrs, or Jack and Jill, or Romeo and Juliet. And it is the last of these that holds the clue. Apparently it was the “sexist grammar” of the 16th century that put us into the habit of giving precedence to the man (who still leads the way in 79 per cent of pairings, say the academics, courtesy of Google) and we have never quite … Continue reading

Posted in change | 2 Comments

Jay Hart

If the typical person ages one year at a time, the typical president, Dr. Michael Roizen told CNN in 2009, ages two years for every year they are in office. And it shows. Bill Clinton was 46 when he took office. He was 54 when he left. George W. Bush was 54 when he took office. He was 62 when he left. President Obama was 47 when he took office. He’s 52 now.

Posted in change | 1 Comment

Ken Farsalas

Worldwide supply of oil has been able to keep up with demand, so far. Global production has increased from 64 million barrels per day in 1980 to more than 84 million barrels per day in 2006. Yet the data suggest that, even with advancements in drilling and completion technology, it may become more difficult for supply to keep pace with accelerating demand in the future. American oil production has declined 22% from 1980 to 2006. The EIA says Saudi Arabia, the world’s largest producer and home to the world’s biggest oil reserves, produced 10.6 million barrels per day in 2006, little changed from 1980 production of 10.3 million barrels. The … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Gordon Brown (Damian McBride)

If the banks are shutting their doors, and the cash points aren’t working, and people go to Tesco and their cards aren’t being accepted, the whole thing will just explode. If you can’t buy food or petrol or medicine for your kids, people will just start breaking the windows and helping themselves. And as soon as people see that on TV, that’s the end, because everyone will think that’s OK now, that’s just what we all have to do. It’ll be anarchy. That’s what could happen tomorrow.

Posted in change | 1 Comment

Trading Economics

The benchmark interest rate in the United States was last recorded at 0.25 percent. Interest Rate in the United States is reported by the Federal Reserve. the United States Interest Rate averaged 6.12 Percent from 1971 until 2013, reaching an all time high of 20 Percent in May of 1981 and a record low of 0.25 Percent in December of 2008. In the United States, the authority for interest rate decisions is divided between the Board of Governors of the Federal Reserve (Board) and the Federal Open Market Committee (FOMC). The Board decides on changes in discount rates after recommendations submitted by one or more of the regional Federal Reserve … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

The New York Times

Posted in change | 2 Comments

高村光太郎

日本はすつかり変りました。 あなたの身ぶるひする程いやがつてゐた あの傍若無人のがさつな階級が とにかく存在しないことになりました。 すつかり変つたといつても、 それは他力による変革で (日本の再教育と人はいひます。) 内からの爆発であなたのやうに、 あんないきいきした新しい世界を 命にかけてしんから望んだ さういふ自力で得たのでないことが あなたの前では恥しい。 あなたこそまことの自由を求めました。 求められない鉄の囲の中にゐて、 あなたがあんなに求めたものは、 結局あなたを此世の意識の外に逐ひ、 あなたの頭をこはしました。 あなたの苦しみを今こそ思ふ。 日本の形は変りましたが、 あの苦しみを持たないわれわれの変革を あなたに報告するのはつらいことです。

Posted in change | 3 Comments

丸山眞男

自由であると信じている自由人は、偏見から最も自由でない。一見矛盾しているようであるが、それは、自分の思考や行動を点検しないからであるという逆説として成立する。逆も同じである。自分はとらわれている、自由でないと思っている者は、自由になり得るチャンスに恵まれている。それは、より自由に認識し判断したいと努力するからである。 そして、民主主義についても、民主主義が民主主義という制度の自己目的化を不断に警戒し監視し批判すること、つまり民主化するによって、民主主義であり得る。定義や結論より、プロセスを重視する。民主主義という制度はまさに「する」ことである。 急速に伝統的な「身分」が崩壊しながら、自発的な集団形成と自主的なコミュニケーションの発達が妨げられ、会議や討論の社会的基礎が未熟な時に、近代的組織や制度は閉鎖的な「村」を形成し、「うち」の意識と「うちらしく」の道徳が強くなる。組織や会議などの民主主義を促進するはずの制度は作られるのであるが、組織の内部の人間関係や会議の進め方は、徳川時代同様「うち」の仲間意識と「うちらしく」の道徳が通用する閉鎖的な「村」であった。日本人は、場所に応じて「である」行動様式と「する」行動様式を使い分けなければならなくなってしまった。 「する」ことが必要な制度の中に「である」ことが蔓延しており、どのように「する」のか分からなくなった。休日や閑暇は本来なにもせずにゆっくり休むことであったはずなのに、レジャーなど「する」価値が過剰になっている。学芸の在り方も、大衆的な効果と卑近な実用の「する」基準が押し寄せている。学芸の世界では、彼がすることでなく彼があるところ、価値の蓄積が大切である。それなのに、古典は軽視され、絶えず新しいものが求められ、大衆の嗜好や多数決がその価値を決めるような風潮がある。

Posted in change | 4 Comments