Category Archives: change

Anderson Cooper

Posted in change | 1 Comment

Tristan Harris

Well every time I check my phone, I’m playing the slot machine to see, “What did I get?” This is one way to hijack people’s minds and create a habit, to form a habit. What you do is you make it so when someone pulls a lever, sometimes they get a reward, an exciting reward. And it turns out that this design technique can be embedded inside of all these products.

Posted in change | 1 Comment

Larry Rosen

What we find is the typical person checks their phone every 15 minutes or less and half of the time they check their phone there is no alert, no notification. It’s coming from inside their head telling them, “Gee, I haven’t check in Facebook in a while. I haven’t checked on this Twitter feed for a while. I wonder if somebody commented on my Instagram post.” That then generates cortisol and it starts to make you anxious. And eventually your goal is to get rid of that anxiety so you check in.

Posted in change | 2 Comments

Alan Smith

 

Posted in change | 2 Comments

蒲生はな

鎌倉時代に栄西が日本へ伝えた点茶は、その後、足利幕府に受け継がれ、千利休の時代には今の「点前」の基礎が確立します。 「茶をたてる」、「てまえ」という言葉は、早い時期から使われており、当初は「立てる」「手前」と書かれていました。「点てる」「点前」と「点」の字を使うようになったのは、江戸時代後期からのようで、中国語の「点茶」を「茶ヲ点ズ」と読み下したことに由来しています。また、茶人としても有名な幕末の大老井伊直弼は「点前」と書いて「たてまえ」と読ませていたそうです。その後、しだいに、「点前」は、「てまえ」と読まれるようになり、一方で「たてる」には「点てる」という字が当てられました。その後、この使い方が、一般的に使われるようになったのです。 「茶を点てる」と「点」の字を使うようになったのは150年程度以前のことのようです。栄西が「点茶」を伝えてから800年以上という長い茶の湯の歴史の中では、「点てる」という言葉の用い方は意外と歴史が浅いと言えますね。

Posted in change | 1 Comment

Louis Hyman

It’s worth noting that the idealized Main Street is not a myth in some parts of America today. It exists, but only as a luxury consumer experience. Main Streets of small, independent boutiques and nonfranchised restaurants can be found in affluent college towns, in gentrified neighborhoods in Brooklyn and San Francisco, in tony suburbs — in any place where people have ample disposable income. Main Street requires shoppers who don’t really care about low prices. The dream of Main Street may be populist, but the reality is elitist. “Keep it local” campaigns are possible only when people are willing and able to pay to do so.

Posted in change | 1 Comment

網野善彦

それでは、現在の転換期によって、忘れ去られようとしている社会、いまや古くなって、消滅しつつあるわれわれの原体験につながる社会はどこまでさかのぼれるのかというと、だいたい室町時代ぐらいまでさかのぼれるというのがこれまでの研究の常識になっています。つまり、ほぼ十四世紀に南北朝の動乱という大きな変動がありますが、それを経たあとと、それ以前の十三世紀以前の段階とでは、非常に大きなちがいがある。十五世紀以降の社会のあり方は、私たちの世代の常識で、ある程度理解が可能ですが、十三世紀以前の問題になると、どうもわれわれの常識ではおよびがつかない、かなり異質な世界がそこにはあるように思われます。 いわば、現在の転換期と同じような大きな転換が南北朝動乱期、十四世紀におこったと考えられるので、この転換期の意味を現在の新しい転換期にあたってもう一度考え直してみることは、これからの人間の進む道を考えるうえでも、また日本の文化・社会の問題を考えるうえでも、なにか意味はあるのではないかと思うのです。

Posted in change | 2 Comments

Joel Garreau

First there was downtown. Then there were suburbs. Then there were malls. Then Americans launched the most sweeping change in 100 years in how they live, work, and play. The Edge City.

Posted in change | 1 Comment

Peter Bradwell

Robert Lang has used the term ‘edgeless’ to describe cities subject to a certain type of sprawl: ‘Edgeless cities are… cities in function… but not in form.’ Universities too are experiencing ‘sprawl’. The function they perform is no longer contained within the campus, nor within the physically defined space of a particular institution, nor, sometimes, even in higher education institutions at all. This is driven by people finding new ways to access and use ideas and knowledge, by new networks of learning and innovation, and by collaborative research networks that span institutions and businesses. It is an increasingly international phenomenon. Across the globe, countries are pushing for greater advantages in … Continue reading

Posted in change | 2 Comments

Francois Pommery

Posted in change | 1 Comment

福井正憲

福寿園は京都の地で二百有余年、茶業を営んできましたが、業を継いできた先人は茶づくりの伝統の術を活かしながら、つねに新たな時代の技術やビジネスを取り入れて家業を発展させ、日本の心を伝えてきました。つまり伝統というものは、歴史と未来を融合させた”足し算の発想“によって継承されるものなのです。そして、二一世紀の福寿園がこれから将来にわたって価値ある存在であり続けるためには、明日のために何をするのかが問われていると、私は考えました。

Posted in change | 3 Comments

鈴木貴博

人工知能とロボットが発達すると究極には人類の99%の仕事がなくなるという予測があります。百年後の未来を考えればそれはその通りなのですが、15年後ぐらいの近未来を考えた場合、人工知能とロボットにはどうしても到達できない、非常に優れた人間の体の機関があります。それは指です。指先が行う繊細な仕事が、ロボットにも人工知能にも、どうにもマネできないのです。 それ以外の機関、つまり眼や耳などの感覚器官、脳のような思考力、足や腕のような四肢のマネごとまでは人工知能やロボットが近未来に人間を代替できるようになるのですが、指先だけはどうしようもありません。先日、甲斐の名産である信玄餅の工場を見学したところ、生産プロセスの大半はロボットが行っていたのですが、最終工程の箱詰めだけは人間が作業をしていました。 指先が必要な仕事の大半は現場仕事です。コンビニの棚に商品を補充する店員の仕事や、マクドナルドの厨房で調理のオーダーをさばく仕事、こういった細かい作業をする際には指が不可欠です。指の役割をロボットが代替できない以上、たとえ世の中の大半の仕事が消えてしまっても、こういった仕事だけはなくなりません。そう。人工知能とロボットが発達した15年後の未来には、人類に残される仕事は現場作業だけになります。

Posted in change | 2 Comments

Marc Prensky

Probably the biggest reason that tell-test is failing to do the job it used to is that the world of the learner has changed so dramatically. As a result, learners no longer see themselves as receptacles to be filled up with content, but as creators and doers. And that these changes have happened so quickly is a primary reason education and training hasn’t changed to keep up. Even in normal times education is slow to change. But now there is the phenomenon in which kids have totally outpaced their parents and elders in the new ways of the world. Learners have access to and experience with so much before they … Continue reading

Posted in change | 2 Comments

マーク・プレンスキー

説明と確認テストが以前ほど機能しなくなってきている最大の理由は、学習者を取り巻く世界が劇的に変わったからである。結果として、学習者たちは自らを受身な空っぽの容器のようには見ず、実践者や創造者として見ている。この変化のスピードが速く、教育は変化に追いっくことができていない。変化の緩やかな時代であっても、そもそも教育というのは変化が遅いものである。しかし今や子どもたちは、親や老人たちの世代を完全に追い抜いて、新しく開かれた世界を生きているという現象が起こっているのだ。 学習者たちは、教室で学ぶ以前に多くの経験をしているのであって、空っぽの容器や白紙の状態で教室に来ることなどあり得ない。企業内研修の場において、教えようとする知識について全く何も知らない学習者がいるということはまず考えられない。そのため、一から何もかも説明すると、誰もがほとんどの時間を退屈して過ごすことになる。

Posted in change | 2 Comments

Marc Prensky

Digital Immigrant teachers assume that learners are the same as they have always been, and that the same methods that worked for the teachers when they were students will work for their students now. But that assumption is no longer valid. Today‟s learners are different. “Www.hungry.com” said a kindergarten student recently at lunchtime. “Every time I go to school I have to power down,” complains a high-school student. Is it that Digital Natives can’t pay attention, or that they choose not to? Often from the Natives‟ point of view their Digital Immigrant instructors make their education not worth paying attention to compared to everything else they experience – and then … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Maxim’s

Posted in change | 1 Comment

TRT World

Posted in change | 2 Comments

薄井滋

木を削って作るパーシモンヘッドの容積は185cc程度です。高品質のパーシモン材は乱伐などで供給不足となり、合板、樹脂、金属などの代替え素材が試行・販売されました。アメリカのテーラーメード社の製品によってスチール製のウッド型クラブが普及する1985年ごろはその容積、重量ともほとんど木製と変わらず、当時の技術では200cc以上を実現するのが困難でした。1990年に日本のミズノがチタン製ヘッドを世界初に製品化(Ti-110=206cc)します。チタンという比重が軽く、硬度が高い素材を生かしてヘッドの大容積化が加速します。1993年に250cc、1997年に300cc、2000年には400ccを突破します。500cc、1000ccのクラブが試作されるようになり、規制(ヘッドの容量は460ccを上限とする)が実施されました。現在は制限された容積の中で、各社が多岐にわたる性能と性格付けを競い合っています。

Posted in change | 2 Comments

深澤真紀

「草食男子」は、私が2006年に名付けたものだが、「消極的」というネガティブな意味で使われることが多い。「男として頼りないし情けない」などと、評判も悪い。 しかし、実は「恋愛やセックスにがつがつせず、女性とも対等な関係を持て、家族や地元を大事にする若者」というほめ言葉だった。それがいつの間にか「女性がもてないのも車が売れないのも、みな草食男子のせいだ」とすっかり悪者になってしまった。 「恋愛しない」と言われるが、「恋人がいるか」という調査では、バブル期の1987年も、2010年も20%程度とその数は変わらない。「性経験があるか」に至ってはバブル期から増えている。 「内向き」とも言われるが、1985年に日本人留学生は1万5000人程度しかいなかったが、2012年で6万人程度と4倍もいる。アメリカに行く留学生の割合が減っただけで、さまざまな国に留学していて、むしろグローバルになっているのだ。また「消費しない」とも言われるが、きちんと調べてコストパフォーマンスのいい物を買う、「見栄消費」をしない賢い消費者になっている。さらに犯罪も交通事故も加害者になる若者の数は減っている。バブル期に日本の女性の生き方が多様化したように、長い不景気の日本で男性の生き方も多様化したのだ。

Posted in change | 2 Comments

George Blecher

For the past 25 years — since the divorce — I’ve lived a good part of my life in diners. Without them I might be slimmer, but also crazier and more unhappy. Judging by the crowds at the Metro Diner, on 100th Street and Broadway, my current haunt, I suspect that other New Yorkers feel the same way. The best days of the New York City diner, however, appear to be over. Among the 2016 casualties were the Lyric Diner in Gramercy and the 40-year-old Del Rio in Bensonhurst, Brooklyn, while La Parisienne near Columbus Circle and the 53-year-old Market Diner in Hell’s Kitchen closed in 2015. Then there was … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

平家物語

祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風の前の塵に同じ。 遠くの異朝をとぶらへば、秦の趙高、漢の王莽、梁の朱忌、唐の禄山、これらは皆、旧主先皇の政にも従はず、楽しみを極め、諫めをも思ひ入れず、天下の乱れんことを悟らずして、民間の愁ふるところを知らざつしかば、久しからずして、亡じにし者どもなり。 近く本朝をうかがふに、承平の将門、天慶の純友、康和の義親、平治の信頼、これらはおごれる心もたけきことも、皆とりどりにこそありしかども、間近くは六波羅の入道前太政大臣平朝臣清盛公と申しし人のありさま、伝え承るこそ、心も詞も及ばれね。

Posted in change | 3 Comments

Brian Solis

Posted in change | 2 Comments

David Goldberg

Anbang, the Chinese investment group that purchased the Waldorf Astoria in 2014, has officially filed plans to convert most of the iconic hotel into residential spaces. The billion-dollar effort will turn over 31 floors of 500 guest rooms into “exclusive” apartment units. The remaining 300–500 units will remain hotel rooms, though they’ll likely get some souped-up features. The base of the Waldorf will feature a fitness room, shopping center and restaurants.

Posted in change | 1 Comment

Arun Sundararajan

Fears of widespread automation and an imminent “world without work” have risen as advances in digital technology herald the emergence of increasingly sophisticated artificial intelligence. A distinct air of technological determinism – that the technology by itself dictates its broader economic and societal impacts – surrounds these dire predictions, while ignoring the political and organizational factors that often shape the nature and pace of social change. Society can amplify automation’s benefits while limiting its harm. Government policy and research funding should favor the development of artificial intelligence that expands human capabilities rather than substituting for them. For example, artificial intelligence-based medical diagnostics systems and instructional technology can broadly expand the … Continue reading

Posted in change | 2 Comments

New York Times

Globalization and trade agreements have been blamed for costing millions of Americans well-paying jobs. But a far greater force in the gutting of middle-class life in the United States has been automation, which has replaced well-paid workers with robots and digital platforms. The greater efficiency fuels economic growth, produces cheaper products and makes life’s task easier. But in the process, many are left poorer and less secure. What can be done to limit the harm and spread the benefits of automation?

Posted in change | 2 Comments

David Brooks

Ironically, one of the tasks for those who succeed the baby boomers is to restore idealism. The great challenge of our moment is the crisis of isolation and fragmentation, the need to rebind the fabric of a society that has been torn by selfishness, cynicism, distrust and autonomy. At some point there will have to be a new vocabulary and a restored anthropology, emphasizing love, friendship, faithfulness, solidarity and neighborliness that pushes people toward connection rather than distrust. Millennials, I think, want to be active in this rebinding. But inspiration certainly isn’t coming from the aging boomers now onstage.

Posted in change | 1 Comment

Yuval Noah Harari

The new longevity and super-human qualities are likely to be the preserve of the techno super-rich, the masters of the data universe. Meanwhile, the redundancy of labour, supplanted by efficient machines, will create an enormous “useless class”, without economic or military purpose. In the absence of religion, overarching fictions will be required to make sense of the world. Again, if nothing in our approach changes, Harari envisages that “Dataism”, a universal faith in the power of algorithms, will become sacrosanct. To utopians this will look a lot like the “singularity”: an all-knowing, omnipresent data-processing system, which is really indistinguishable from ideas of God, to which humans will be constantly connected. … Continue reading

Posted in change | 2 Comments

Gil Press

Artificial intelligence has replaced big data this year as the most talked about new set of technologies. ** Artificial Intelligence is the new big data, not just as the reigning buzzword, but also as a new set of technologies enterprises are exploring so they can turn data into smart actions.

Posted in change | 2 Comments

IMF

Posted in change | 1 Comment

Anne Chemin

In the past few days you may well have scribbled out a shopping list on the back of an envelope or stuck a Post-it on your desk. Perhaps you added a comment to your child’s report book or made a few quick notes during a meeting. But when did you last draft a long text by hand? How long ago did you write your last “proper” letter, using a pen and a sheet of writing paper? Are you among the increasing number of people, at work, who are switching completely from writing to typing?

Posted in change | 1 Comment

水野和夫

金利ゼロ=利潤率ゼロ=資本主義の死。 それでも成長を追い求めれば、多大な損害が生じるだけ! 資本主義の最終局面にいち早く立つ日本。世界史上、極めて稀な長期にわたるゼロ金利が示すものは、資本を投資しても利潤の出ない資本主義の「死」だ。他の先進国でも日本化は進み、近代を支えてきた資本主義というシステムが音を立てて崩れようとしている。 一六世紀以来、世界を規定してきた資本主義というシステムがついに終焉に向かい、混沌をきわめていく「歴史の危機」。世界経済だけでなく、国民国家をも解体させる大転換期に我々は立っている。五〇〇年ぶりのこの大転換期に日本がなすべきことは? 異常な利子率の低下という「負の条件」をプラスに転換し、新たなシステムを構築するための画期的な書!

Posted in change | 2 Comments

ウィキペディア

世界人口は長く緩やかな増加を続けてきたが、19世紀末から21世紀に至るまで「人口爆発」と呼べるほどのスピードで急増した。西暦1年頃に約1億人(推定)だった人口は1000年後に約2億人(推定)となり、1900年には約16億5000万人にまで増えた。その後の20世紀、特に第二次世界大戦後における人口の増加は著しく、1950年に25億人を突破すると、50年後の2000年には2倍以上の約61億人にまで爆発的に増えている。国連人口基金は、2011年に70億人を突破したと推計している。 21世紀初頭では、アジアやラテンアメリカをはじめとする多くの発展途上国で出生率は低下してきており、1年間当たりの世界の人口増加は減少する傾向にあるものの、中東やアフリカ地域の出生率は依然高く、急激な人口増加は続いており、西暦2050年までには90億人を突破、以降同世紀末までに世界の人口は100億人に達することが見込まれている。

Posted in change | 8 Comments

Neil Irwin

Posted in change | 2 Comments

Matt Egan

In a sign of how dramatically the retail shopping landscape is changing, Macy’s is closing 100 of its stores nationwide. Macy’s announced the closures Thursday. They represent about 15% of all Macy’s department stores. The iconic retailer did not disclose the locations of stores, but said most of them will be shut down in early 2017. The Macy’s move is the latest in a wave of store closures amid the rise and success of Amazon and other online shopping options. For instance, Walmart announced plans in January to shut down 269 stores this year and just this week, inked a $3.3 billion deal to acquire Amazon rival Jet.com. Sports Authority, … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

夕刊アメーバニュース

男性は、ミュージシャンとして活動するかたわらレコーディング・エンジニアとしても活躍する人物。その知見を買われ、この4月からある音楽専門学校で、音響に関する講座を担当することになった彼は、新入生向けの授業の第1回目の教材としてビートルズをピックアップした。 授業では、当時の機材やレコーディングで使われたテクニックなどを解説したが、男性は反応の薄さにふと“イヤな予感”が頭をよぎった。そこで、「この中でビートルズを知っている人は?」と尋ねると、手を上げたのは20人中2人しかいなかった。 激しいジェネレーションギャップを感じた男性が、授業終了後に生徒たちに「どんな音楽を聞いているのか?」と尋ねると、生徒たちはニコニコ生放送の「生主」と呼ばれる人たちの名前やアニソン歌手の名前をずらずらと挙げたという。 男性は、それを聞いてようやく生徒たちがビートルズを知らなかった理由を理解したものの、生徒たちには、「音楽業界を目指すのであれば、もう少し幅広いジャンルの音楽を聴くように」と指導したのだそう。また生徒の中には「CDを1枚も買ったことがない」という人物もいたそうだ。

Posted in change | 1 Comment

為末大

今後は遺伝子操作により、運動能力を向上させるという類いのドーピングが誕生してくる可能性がある。これまでのドーピングは検査で発覚することが多かった。ところが遺伝子はそもそも、体内に存在しているために調べることが難しい。 また、仮に検査で調べることができるようになったとしても、別の問題が生まれる。例えば幼少時の病気を治療するために遺伝子操作を行った子どもはドーピングとなり、生涯にわたって競技会に出場できず、五輪選手にはなれないことになる。これは全ての子どもたちにとって公正と言えるのだろうか。 人間本来の能力で競い合うということがスポーツの基本的な理念だが、そもそも本来の力とは何を指すのだろうか。例えば、視力を矯正するレーシックという手術があるが、これを受けた選手が射撃のような視力が影響する競技に出ることはある種の能力強化とは言えないだろうか。 有酸素能力を必要とする陸上競技の長距離において、高知民族(エチオピア、ケニア)が有利であるということは知られている。同じような環境を人工的につくり出し、酸素量を減らした部屋で生活することで有酸素能力を高めようというトレーニング方法があるが、これは自分の本来の力と言っていいのか。 子どもの頃の病気を遺伝子操作で治療した競泳選手。素晴らしい性能を持った義足を履いた短距離選手。精子バンクに登録された有名アスリートの父を持つバスケットボール選手。できなかったことができるようになる時、スポーツのような生身の体で競い合っているものも、この影響から逃れることはできない。 当たり前のように私たちが信じていた本来の力という言葉や、公平という言葉を一から考えなければならない時代が来ているのではないだろうか。

Posted in change | 2 Comments

The World Bank

Posted in change | 1 Comment

Ernst Thomke

L’horlogerie suisse a commis l’erreur de considérer la montre intelligente comme un simple gadget.

Posted in change | 1 Comment

Maïa Mazaurette

Pourquoi le sexe est-il meilleur à l’hôtel ? Parce que la nouveauté de l’espace entraîne souvent la nouveauté dans le comportement, l’hôtel suscite un formidable imaginaire sexuel.

Posted in change | 1 Comment

Philip Cohen

Posted in change | 1 Comment

Dan Duriscoe

A 1 percent change in overhead brightness is far more significant than it might seem, partly because well over half of Earth’s species are thought to be nocturnal. A site with sky brightness just 1 percent above natural zenith probably has much more skyglow near the horizon, because it is probably in a situation where it lies within the light dome of something else hundreds of kilometers away. This is where the model is powerful for predicting light pollution threats from distant cities now and in the future. As populations grow and spread, areas with no evidence of artificial light are going to get much harder to find. ** I … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

George Brainard

Humans have peak visual sensitivity to the yellow and green parts of the visible spectrum. But it is blue-white light—exactly of the sort most produced by cheap LEDs—that dominates the regulation of human circadian rhythms and other important biological cycles. The wide-scale adoption of LEDs will reap huge energy savings, which is a good thing. The question is, are the great energy savings compromising human health and ecosystems?

Posted in change | 1 Comment

Travis Longcore

You can easily have 10 times as much light coming down from an overcast sky…. Sites where the atlas shows a baseline clear-sky brightness equivalent to twilight or a half-illuminated moon are probably excluded as habitats for specialist species that need the true cover of darkness to survive and thrive. ** Incentivizing conversion to cheap blue-white LEDs is a colossal policy mistake. ** If I as a university professor approached my institutional review board and said I want to experiment on entire populations by introducing wavelengths of light most associated with harmful biological and ecological effects, they would laugh me out the door, down the street and out of my … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Fabio Falchi

Twenty years ago, light pollution could be considered only a problem for astronomers. But fundamentally, life has evolved over millions of years with half the time dark and half the time light, and we have now enveloped our planet in a luminous fog of light. Light pollution has become a real environmental problem on a global scale. ** A starry sky is something that touches your soul. Our civilization’s religion, philosophy, science, art and literature all have roots with our views of the heavens, and we are now losing this with consequences we cannot fully know. What happens when we cannot be inspired by the night sky? Map of light … Continue reading

Posted in change | 3 Comments

Lee Billings

There are undeniable bright sides to electric lighting. It is hard to work, travel or read in the dark, but with the flip of a switch the problem disappears. The economic boons are so profound that you can see their effects from deep space, in the shining networks of nighttime lights that outline our flourishing global civilization. But our modern love of light-filled nights casts a long shadow—wasting energy, disrupting ecosystems, and in some cases harming human health. And the same lights that lace our planet and reveal our presence to the outside universe are also smothering our views of the stars. According to the atlas, roughly one in three … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

永井俊哉

私たちは、現在、グローバル社会という、巨大なネットワーク社会の中で生きている。異質な人と人との自由な出会いから、この地球上では、絶えず新たなネットワークが生み出されている。そうした、グローバルなネットワーク社会の方が、例えば北朝鮮のような、グローバルなネットワークから孤立して、上から情報統制をしている社会よりも、競争力がある。北朝鮮の一般市民が貧困に苦しんでいるのは、決して、彼らが怠け者だからではない。むしろ、日本のフリーターなどよりも熱心に働いているに違いない。それでいて、彼らの生活水準が、日本のフリーターのそれに及ばないのは、彼らが、複雑系がもたらす技術革新の恩恵に浴していないからだ。 ボスザルならぬボス教授が専制支配する閉鎖的な研究室で、狭い専門の殻に篭って研究を続けていても、新しい知のパラダイムは生まれない。アカデミズムの人たちは、「地道な研究をこつこつ続けていれば、必ず成果が現れる」とよく言うが、ネアンデルタール人や北朝鮮の人々がいくら重労働に励んでも、飢餓から抜け出すことができなかったように、視野が狭ければ、研究者は知的飢餓状態から抜け出すことはできない。私が、意図的に様々な領域の学問を取り上げ、知の新しいネットワーク化を目指しているのは、知性とはネットワークを創発させる能力だと認識しているからである。

Posted in change | 1 Comment

Nick Bostrom

Inside your cranium is the thing that does the reading. This thing, the human brain, has some capabilities that the brains of other animals lack. It is to these distinctive capabilities that we owe our dominant position on the planet. Other animals have stronger muscles and sharper claws, but we have cleverer brains. Our modest advantage in general intelligence has led us to develop language, technology and complex social organisation. The advantage has compounded over time, as each generation has built on the achievements of its predecessors. If some day we build machine brains that surpass human brains in general intelligence, then this new superintelligence could become very powerful. And, … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Qualcomm

Imagine a world where devices, places and people become so inter-connected that daily life changes forever. Now stop imagining, and start believing. This transformation is called the Internet of Everything (IoE), and for 30 years we’ve been using our wireless expertise to make this amazingly connected world a reality. As the world’s industries evolve, so do the connections we enable through our wireless solutions. By helping homes, cars, cities, education, wearables, and healthcare share more interactions and data across a variety of networks, we’re weaving the fabric of IoE so that entire industries can redefine what’s possible.

Posted in change | 1 Comment

FUJITSU

デジタル化は、次の三つの点でビジネスに大きな影響を与えます。 まず一つ目は、デジタル化はビジネスを加速させます。例えば設計から製造、納品までのリードタイムの短縮だけでなく、上流から下流まですべての状況をリアルタイムに把握することで迅速な判断を行い、事業を最適化し、ビジネス転換にもスピーディに対応しチャンスを生み出します。 二つ目として、デジタル化はビジネスの柔軟性を高めます。例えばリアルタイムに状況を把握しながら、お客様の購入状況から航空運賃を変動させたり、需要情報を把握し無駄なく効率的な生産を実現します。 三つ目は、デジタルテクノロジーを活用し、新たな形で知識やインテリジェンスを生み出すことができます。コンピュータが自ら学習したり、ドローン(無人飛行機)やロボットにより、人々の判断や活動支援を実現します。人がデジタルと協調し、これまでとは違うビジネスの形態と新しい価値を生み出す時代に入ってきているのです。

Posted in change | 2 Comments

CISCO

Posted in change | 1 Comment

野田祐機

何でグローバル化が問題になっているのか? 日本においては仕事や富がなくなるからではありません。英語ができないからリストラされる。。という話でもないのです。問題になっているのは変化のスピードがとてつもなく速く、誰も対応できていないことなのです。日本ならではの価値。これを創る時間も、発信する時間も、その人材も整っていない。そしていつのまにか超円高になり、震災の対応もままならない。。。 グローバル化に対応するには国の制度も教育も大きく変えなければならないのに、変化のスピードが速すぎて行政も会社のトップも対応できていない。グローバル化が問題なのではなく、このスピードが速すぎること、組織や社会構造が対応できていないことが問題だと思っています。  これに対しての解決策は二つあると言われています。 1. 組織の在り方をピラミッド型からネットワーク型に変えること 2. 行政、企業、市民の距離を近づけ、三者が連携して問題に取り組むこと この二つです。 夢物語のようなことですがこれは私自身、さまざまな活動を通じてようやく腑に落ちた部分です。この二つのやり方に変えないと、今のままではもう無理だと思っています。

Posted in change | 1 Comment

Anthony Giddens, Philip W. Sutton

As technological change progresses more rapidly, producing new forms of risk, we must constantly respond and adjust to the changes. Risks today involve a series of interrelated changes in contemporary social life: shifting employment patterns, heightened job insecurity, the declining influence of tradition and custom on self-identity, the erosion of traditional family patterns and the democratization of personal relationships. Because personal futures are much less fixed than in the past, decisions of all kinds present risks for individuals. Getting married, for example, is a more risky course today than it was when marriage was a lifelong commitment. Decisions about educational qualifications and career paths can also feel risky: it is … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

山田光彦

供給過剰がどんどん進んでいっている仕事としては、いわゆる治療家の仕事があります。接骨院の数は2012年には42,431店舗に急増。10年で1.6倍になってます。これは、コンビニ最大手3社の店舗数の合計41,085店舗よりも多い数です。しかもこれは接骨院だけの数で、整体院なども含めると10万店舗を超えるのではないかともいわれています。美容室や歯科医院もコンビニよりも多く、他に弁護士、公認会計士、行政書士、社会保険労務士、税理士、司法書士などの士業と呼ばれている仕事も供給過剰の波が襲ってきています。 技術革新が起きて仕事が大きく減ってしまう危険性が高まっているものに製造業があります。製造工程のロボット化が進んでいけば、人ではなくロボットが仕事をすることになります。その他にも技術革新は、多くの人から仕事を奪ってしまいます。写真屋はデジカメが登場したことにより需要のほとんどがなくなり、WebデザイナーもWebページが作れるということ自体の価値が低くなり、翻訳家は自動翻訳機の技術が発達するなど、技術革新の波が襲ってくる可能性は高いでしょう。 消費者の行動の変化で影響を受けているのが小売店です。ネットを使ってすぐに全国で一番安いお店をすぐに探すことができるようになり、店頭で商品を見て、実際に買うのは安いネットでという風に、消費者の行動が大きく変化しました。家電量販店、書店、新聞。消費者の行動の変化もビジネスに大きな影響を与えます。 いくら優秀だった人が人一倍の努力をしたとしても、価値が下がっている仕事で、収入を上げようとするのは、下りのエスカレーターを必死に走っているようなものです。いくらがんばって、走っていても、すこし休んだだけですぐに下がってしまう。必死に走り続けなければ、現状を維持するのも難しい。そんな状況なのです。

Posted in change | 1 Comment

Kim Wilde

  

Posted in change | 1 Comment

Henry Cole

Posted in change | 1 Comment

石牟礼道子

戦災孤児にいったいなんの罪があるのでしょう。組み立てた骨の上に、ただ皮というものをたった一枚不細工に張り付けたような顔をして、息をしながら眠っている、駅の片隅のあの子どもたちの、しかもたくさんの姿は、あれはいったいなんの報いなのでございましょう。 いちばん美しいはずの子どもたちが、盗むことを覚え、騙すことを覚え、心を折られ、それでも大人たちからは「敗戦したのだから仕方がない」とごく当然のように放り出され、あまつさえ迫害さえ加えられて、だんだんと魂をなくしてゆきつつあるのは、なんとしたことでございましょう。 親たちは自分が生んだ子どもだけが子どもだと思い、先生たちは学校に来る子どもだけが子どもだと思い、そのようなことがあまりに多いのではないでしょうか。

Posted in change | 1 Comment

Editeur, Finland Politics

It is considered that all Finnish citizens would be paid an untaxed benefit sum free of charge by the government, 800 euros a month in the final version, 550 euros monthly in the model’s pilot phase. The basic income model’s full-fledged form would make some earnings-based benefits obsolete, but in the partial pilot format benefits would not be affected. The partial model would also retain housing benefits and income support packages.

Posted in change | 4 Comments

Tom Keane

Since the 1970s, the gap in incomes between those who earn the most and those who earn the least has increased markedly. Some have described this as a “hollowing out” of the middle class and everyone, it seems, agrees it’s a bad thing. But why is it occurring at all? The answer is that the US economy has been undergoing fundamental changes, changes that benefit workers with skills and smarts, but leave behind those with lesser educations. … Much of the blame for these changes goes to technology: Many lower-skilled jobs have disappeared, replaced by machines, while at the same time those with higher levels of education are able to … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

福田眞人

「愛」という言葉が、かつて仏教用語であって、人間相互の感情を表象する言葉でなかったことは興味深い。実際に日本人が「恋愛」なるものを認識したのは、明治 3-4 年(1870-71)に出た中村正直訳『西国立志編』以後ということになる。そして、二葉亭四迷によって、小説の世界で「ラヴ」と「恋」の違いを知ることになる。今、比較的新しい言葉(造語)としての「恋愛」を、「情」・「色」・「恋」などの語感と比べてみるとどうだろうか。「恋愛」の方がより洗練されていて、洋風で、より高級、より新鮮、より重要な語感を得ることだろう。 そのことは、明治時代の方が、今日よりももっと強烈に感じられたはずである。しかし、同時に、新しく馴染まない言葉であるゆえに、その心理も徹頭徹尾理解できるまでにはなかなか至らなかったに違いない。そして、今日でさえなお「あなたを愛する」という表現は、完全な市民権を得た訳ではない。 明治翻訳語のおもしろさ(福田眞人)

Posted in change | 2 Comments

John Kirwan

          If you don’t change your present, you cannot change your future.

Posted in change | 2 Comments

Carl Honoré

It is a cultural revolution against the notion that faster is always better. The Slow philosophy is not about doing everything at a snail’s pace. It’s about seeking to do everything at the right speed. Savoring the hours and minutes rather than just counting them. Doing everything as well as possible, instead of as fast as possible. It’s about quality over quantity in everything from work to food to parenting.

Posted in change | 1 Comment

Guttorm Fløistad

The only thing for certain is that everything changes. The rate of change increases. If you want to hang on you better speed up. That is the message of today. It could however be useful to remind everyone that our basic needs never change. The need to be seen and appreciated! It is the need to belong. The need for nearness and care, and for a little love! This is given only through slowness in human relations. In order to master changes, we have to recover slowness, reflection and togetherness. There we will find real renewal.

Posted in change | 1 Comment

Kelly Blair

The Oregon Shakespeare Festival has decided that Shakespeare’s language is too difficult for today’s audiences to understand. It recently announced that over the next three years, it will commission 36 playwrights to translate all of Shakespeare’s plays into modern English.

Posted in change | 1 Comment

Dorothee Bakker

The Southern Ocean behaves like a giant lung – breathing in and absorbing vast amounts of carbon dioxide from the atmosphere, and releasing it later in the year. The seas around Antarctica absorb significantly more CO2 than they release. And importantly, they remove a large part of the CO2 that is put into the atmosphere by human activities such as burning fossil fuels. They basically help to slow down the growth of this greenhouse gas in the atmosphere and lessen the rate of climate change. We looked at what is happening in the Southern Ocean – which is responsible for capturing 40 per cent of the global oceanic uptake of … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Arthur Penn

Posted in change | 1 Comment

Jim Malec

Japan’s Prime Minister Shinzo Abe was correct in pointing out that 80 percent of Japan’s population was born after World War II, and he is justified in saying, “We must not let our children, grandchildren and even further generations to come, who have nothing to do with that war, be predestined to apologize.” I’m sure this is exactly how many Americans feel about our past policies regarding the treatment of American Indians and the slavery of African-Americans. While all of America’s actions (good and bad) are a part of our history, there is no need for us to repeatedly apologize or feel guilty about events that happened more than 100 … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Pierre Rosanvallon

Nos régimes sont dits démocratiques parce qu’ils sont consacrés par les urnes. Mais nous ne sommes pas gouvernés démocratiquement, car l’action des gouvernements n’obéit pas à des règles de transparence, d’exercice de la responsabilité, de réactivité ou d’écoute des citoyens clairement établies. D’où la spécificité du désarroi et de la colère de nos contemporains.

Posted in change | 2 Comments

Greg Uthus

Studies show that Americans change careers, on an average, every twenty months. Not jobs, but careers. They do something completely different than they did in their last job. That’s incredible. The talk that once happened by parents, to find something you enjoy and do it for the rest of your life is now changing to make your self-adaptable. It is no longer important to be good at one thing and loyal to one company, but to be able to change quickly. How often have you heard someone say, “I have reinvented myself”? Love also has shown signs of changing. Again studies are showing that most people fall in love with … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Yuval Noah Harari

Death is optional. And if you think about it from the viewpoint of the poor, it looks terrible, because throughout history, death was the great equalizer. The big consolation of the poor throughout history was that okay, these rich people, they have it good, but they’re going to die just like me. But think about the world, say, in 50 years, 100 years, where the poor people continue to die, but the rich people, in addition to all the other things they get, also get an exemption from death. That’s going to bring a lot of anger.

Posted in change | 3 Comments

Tribune de Genève

Posted in change | 1 Comment

The 1968 Exhibit

The social forces that swirled through the turbulent 1960s crested in 1968. It was a turning point for a generation coming of age and a nation at war. The year saw the peak of the Vietnam War, the assassinations of Dr. Martin Luther King Jr. and Robert Kennedy, riots at the Democratic National Convention, assertions of Black Power at the Olympic Games and feminist demonstrations at the Miss America pageant. Hair opened on Broadway, Laugh-In debuted and became the number-one show on TV, Bonnie and Clyde and The Graduate picked up Oscars and Johnny Cash gave a legendary performance at Folsom Prison. President Lyndon Johnson spoke of a country “challenged, … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Matthew Allen

Une bouteille de Coca-Cola coûte 40% de plus en Suisse qu’en Allemagne voisine. Et si vous aimez le goût du jambon de Parme italien, préparez-vous à le payer cinq fois plus cher ici que dans la zone euro. L’Etat suisse doit-il intervenir pour faire baisser les prix, où faut-il laisser faire les forces du marché?

Posted in change | 2 Comments

三島由紀夫

ぼくは自分をもうペトロニウスみたいなものだと思っているんです。 そして、大げさな話ですが、日本語を知っている人間は、おれのゼネレーションでおしまいだろうと思うんです。 日本の古典のことばが体に入っている人間というのは、もうこれからは出てこないでしょうね。未来にあるのは、まあ国際主義か、一種の抽象主義ですかね。 ・・・それで、世界がすくなくとも資本主義国では全部が同じ問題をかかえ、言語こそ違え、まったく同じ精神、同じ生活感情の中でやっていくことになるんでしょうね。そういう時代が来たって、それはよいですよ。こっちは、もう最後の人間なんだから、どうしようもない。

Posted in change | 1 Comment

村上春樹

―あなたは三島由紀夫が好きではないと聞いていますが。 三島のスタイルが好きじゃないということです。 ―というのは、彼の文学的スタイルのことですか? それとも彼自身のあり方についてですか? 読者として好きになれないのです。最後まで読めた作品はひとつもありません。 ―三島を軽んじたために、あなたは日本の文壇から、さらに引き離されたのでしょうか? そんなことはないでしょうが、いずれにせよ僕が日本の文壇に好かれていないことは、まあ、確かだと思います。彼らはとにかく違いすぎるのです。少なくとも僕は、彼らが作家とはこうあるべきだと考える存在ではない。彼らは文学というものは多かれ少なかれ、日本語が持つ美しさや、日本文化のテーマを追求するものでなくてはならないと考えている。でも僕はそうは思わない。僕は言葉を道具として使います。とても効果的に使える純粋な道具として。その道具を使って自分の物語を書く。ただ、それだけです。

Posted in change | 1 Comment

David Brooks

Intellectual prestige has drifted away from theologians, poets and philosophers and toward neuroscientists, economists, evolutionary biologists and big data analysts. These scholars have a lot of knowledge to bring, but they’re not in the business of offering wisdom on the ultimate questions. The shift has meant there is less moral conversation in the public square. I doubt people behave worse than before, but we are less articulate about the inner life. There are fewer places in public where people are talking about the things that matter most. As a result, many feel lost or overwhelmed. They feel a hunger to live meaningfully, but they don’t know the right questions to … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Worldwide Guide to Women in Leadership

Posted in change | 1 Comment

Lorcan Roche Kelly

The world’s central banks have a problem. When economic conditions worsen, they react by reducing interest rates in order to stimulate the economy. But, as has happened across the world in recent years, there comes a point where those central banks run out of room to cut — they can bring interest rates to zero, but reducing them further below that is fraught with problems, the biggest of which is cash in the economy. In a new piece, Citi’s Willem Buiter looks at this problem, which is known as the effective lower bound (ELB) on nominal interest rates. Fundamentally, the ELB problem comes down to cash. According to Buiter, the ELB … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

毎日新聞

「2015ミス・ユニバース」日本代表の最終選考会が12日、東京で行われ、長崎県代表のアルバイト・宮本エリアナさん(20)が日本代表に輝いた。宮本さんは代表選出後のスピーチで「ハーフの私でいいのかなという不安もあった」と心境を語り、「世界大会はもっともっと過酷だと思いますけど、自分を信じて、自分らしく頑張りたいと思います」と意気込んだ。 母親は日本人、父親がアメリカ人で長崎で生まれ育った。大型自動二輪免許保有、趣味はツーリング。書道5段。

Posted in change | 4 Comments

Wikipedia

List of longest-ruling non-royal national leaders since 1900 Name Country Term began Term ended Term length Fidel Castro Cuba 1959 2011 52 years, 62 days Kim Il-sung North Korea 1948 1994 45 years, 302 days Yumjaagiin Tsedenbal Mongolia 1940 1984 44 years, 137 days Omar Bongo Gabon 1967 2009 41 years, 155 days Enver Hoxha Albania 1944 1985 40 years, 171 days Paul Biya Cameroon 1975 present 39 years, 289 days Mohamed Abdelaziz Sahrawi Arab Democratic Republic 1976 present 38 years, 228 days Gnassingbé Eyadéma Togo 1967 2005 37 years, 297 days Francisco Franco Spain 1938 1975 37 years, 294 days Josip Broz Tito Yugoslavia 1943 1980 36 years, 157 days

Posted in change | 1 Comment

Hayley Phelan

When it comes to representing society’s diverse spectrum of beauty, the modeling industry hasn’t exactly gotten it right. “For a long time, it’s promoted the negative ideal that very thin, white teenage girls epitomize high-end beauty,” says Sara Ziff. “Implicit in this message is that fuller figured, non-white, grown women are incompatible with a high-end look.” That, however, might finally be changing. Some of the industry’s most exciting new faces are black,                      biracial,                    Asian,           transgendered, and decidedly not a size 0 (Aya Jones,       … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

The Economist

Posted in change | 1 Comment

The Big Issue

The Big Issue is a magazine sold by homeless and long-term unemployed people. Vendors buy copies for £1.25 and sell for £2.50. They are working, not begging. Since The Big Issue was launched in 1991 we have helped thousands of vulnerable people take control of their lives. We currently work with around 2000 individuals across the UK offering them the opportunity to earn a legitimate income; to ‘help them to help themselves’. Over the past two decades the magazine has become synonymous with challenging, independent journalism, and renowned for securing exclusive interviews with the most elusive of superstars. It currently circulates around 100,000 copies every week.

Posted in change | 1 Comment

Gregory Clark

The basic outline of world economic history is surprisingly simple. Indeed it can be summarized in one diagram: Incomes rose sharply in many countries after 1800 but declined in others.

Posted in change | 4 Comments

西村治彦

後だし負けじゃんけん はじめに、「後出し負けじゃんけん」を行う旨を相手に告げ、「じゃんけん、ポン!ポン!」の掛け声で行います。最初の「ポン!」で、親が手を出し、次の「ポン!」で、子が手を出します。 実際にやってみると、何度かは勝つ手やあいこの手を出してしまい、全てに負けの手を出すことはできません。 この「後出し負けじゃんけん」が普通のじゃんけんと違い、難しいのは「負けなくてはいけない」ということです。 後から手を出す人は、相手の手を見てから、自分の手を出せるので、理屈の上では、簡単にじゃんけんに「必ず負けることができる」と思われがちですが、ところが、これがなかなかうまく負けられないのです。 じゃんけんは、子供の頃から勝つように手を出す習慣を身につけてしまっていますので、いきなり、そのルールを変えられても、すぐには対応できないのです。

Posted in change | 2 Comments

Andrew Hussey

For most Parisians these days, Charlie Hebdo is a quaint relic of the ’60s and ’70s that has long since lost its power to shock. Only the day before the killings, I had noticed on a newsstand a recent front cover of the magazine that showed a goofy-looking Virgin Mary giving birth to an even goofier-looking Christ. I shrugged and walked on, reflecting on how few people read the magazine these days, how it had only just begun to overcome its money troubles, and what a museum piece it had become. To some extent, this was reflected in the ages of two prominent figures who were killed: the brilliant and … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Sally

Nothing has happened to me yet. That’s why I’m going to New York!

Posted in change | 2 Comments

杉本苑子

オリンピックの開会式の興奮に埋まりながら、二十年という歳月が果たした役割の重さ、ふしぎさを私は考えた。同じ若人の祭典、同じ君が代、同じ日の丸でいながら、何という意味の違いであろうか。 1943年10月21日 1964年10月10日

Posted in change | 2 Comments

杉本苑子

二十年前のやはり十月、同じ競技場に私はいた。女子学生のひとりであった。出征してゆく学徒兵たちを秋雨のグラウンドに立って見送ったのである。場内のもようはまったく変わったが、トラックの大きさは変わらない。位置も二十年前と同じだという。オリンピック開会式の進行とダブって、出陣学徒壮行会の日の記憶が、いやおうなくよみがえってくるのを、私は押えることができなかった。天皇、皇后がご臨席になったロイヤルボックスのあたりには、東条英機首相が立って、敵米英を撃滅せよと、学徒兵たちを激励した。音楽はあの日もあった。君が代が奏せられた。しかし、色彩はまったく無かった。学徒兵たちは制服、制帽に着剣し、ゲートルを巻き、銃をかついでいるきりだったし、グランドもカーキ色と黒のふた色。暗鬱な雨空がその上をおおい、足もとは一面のぬかるみであった。寒さは感じなかった。おさない、純な感動に燃えきっていたのである。私たちは泣きながら、征く人々の行進に添って走った。髪もからだもぬれていたが、寒さは感じなかった。おさない、純な感動に燃えきっていたのである。あの日、行く者も残る者も、ほんとうにこれが最後だと、なんというか一種の感情の燃焼があった。この学生たちは一人もかえってこない。自分たちも間違いなく死ぬんだと。 オリンピックの開会式の興奮に埋まりながら、二十年という歳月が果たした役割の重さ、ふしぎさを私は考えた。同じ若人の祭典、同じ君が代、同じ日の丸でいながら、何という意味の違いであろうか。 あの雨の日、やがて自分の生涯の上に、同じ神宮競技場で、世界九十四ヵ国の若人の集まりを見るときが来ようとは、夢想もしなかった私たちであった。夢ではなく、だが、オリンピックは目の前にある。そして、二十年前の雨の日の記憶もまた、幻でも夢でもない現実として、私たちの中に刻まれているのだ。 きょうのオリンピックはあの日につながり、あの日もきょうにつながっている。私にはそれがおそろしい。 祝福にみち、光と色彩に飾られたきょうが、いかなる明日につながるか、予想はだれにもつかないのである。私たちにあるのは、きょうをきょうの美しさのまま、なんとしてもあすへつなげなければならないとする祈りだけだ。

Posted in change | 1 Comment

小室淑恵

まず、男女共に働くほうが良いわけです。なぜか?っていうと頭脳労働の比率のほうが圧倒的に高まってくるからです。また、労働力人口が足りない中で付加価値を付けるためには、その人たちをフルに使って高い付加価値を付けるという仕事をしなくてはならないから、必要な労働力はなるべく全部使うということが必要だからです。 そして2つ目が、短時間で働くことです。なぜか?というと、時間の単価が高騰するからです。日本人の人件費、いま、中国人の8倍、インド人の9倍、光熱費は毎年上がっていっています。ですので、時間が高いんです。企業としてかなり意識的に、短時間で働く人にインセンティブを与えるような、そういうやり方でトレーニングをするということが非常に必要になります。 そして3点目、条件の違う人を揃えるということです。と言うのも、まず市場が均一な物には飽きていて、ヒットした物はすぐに売れなくなります。ですので、ひとつの企業が次々と違う商品やサービスを短サイクルで出していかなくてはならないですから、1つのヒットに甘んじているうちに売り上げが下がっちゃうんですね。ですから、別の発想の人がまた違う商品を考えてヒットを飛ばす、これを繰り返し続けないと継続的に売り上げが上がらないということ 育児だとか介護だとか、それから難病や障がいといったものは、もう仕事をする上でのマイナス条件ではない。

Posted in change | 1 Comment

Sociology Central

Posted in change | 1 Comment

Joo-Seng Tan

Organizations have entered a new era characterized by rapid, dramatic and turbulent changes. The accelerated pace of change has transformed how work is performed by employees in diverse organizations. Change has truly become an inherent and integral part of organizational life. Several emerging trends are impacting organizational life. Of these emerging trends, five will be examined: globalization, diversity, flexibility, flat, and networks. These five emerging trends create tensions for organizational leaders and employees as they go through waves of changes in their organizations. These tensions present opportunities as well as threats, and if these tensions are not managed well, they will result in dysfunctional and dire organizational outcomes at the … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

高村美砂, Raymond Verheijen

高村: ガンバ大阪は昨年、初めて『サッカーのピリオダイゼーション』を元にしたフィジカルトレーニングを取り入れました。初年度ということもあり、全てが巧くいった訳ではないとは思いますが、いろんなプラスの効果を感じ取ることができたように思います。 Verheijen: 最初に私が素晴らしいと感じたのは、昨年、ガンバ大阪はJ2リーグでの戦いを強いられ『絶対にチャンピオンにならなければいけない』というプレッシャーの中で新シーズンを迎えたはずですが、にもかかわらず、彼らが新トレーニングを導入し、チームを変化させるんだというチャレンジをされたことです。これは尊敬に値する点だと思っています。しかもその結果として『チャンピオン』という目標を達成されましたからね。そこにはきっといろんな努力があったことでしょう。ただ、私が最初に申し上げておきたいのは、私が提唱するトレーニング理論は決してチャンピオンになるための方法ではない、ということです。というより、チャンピオンになるための方法なんてこのサッカー界のどこを探しても存在しません。すなわち、『サッカーのピリオダイゼーション』もチーム、個人としてのサッカーを向上させるための方法であるということをご理解いただければと思います。

Posted in change | 2 Comments

Raymond Verheijen

Posted in change | 4 Comments

Max Weber

Es ist das Schicksal unserer Zeit, mit der ihr eigenen Rationalisierung und Intellektualisierung, vor allem: Entzauberung der Welt, daß gerade die letzten und sublimsten Werte zurückgetreten sind aus der Öffentlichkeit, entweder in das hinterweltliche Reich mystischen Lebens oder in die Brüderlichkeit unmittelbarer Beziehungen der Einzelnen zueinander. Es ist weder zufällig, daß unsere höchste Kunst eine intime und keine monumentale ist…

Posted in change | 3 Comments

Jürgen Habermas

What Weber depicted was not only the secularisation of Western culture, but also and especially the development of modern societies from the viewpoint of rationalisation. The new structures of society were marked by the differentiation of the two functionally intermeshing systems that had taken shape around the organisational cores of the capitalist enterprise and the bureaucratic state apparatus. Weber understood this process as the institutionalisation of purposive-rational economic and administrative action. To the degree that everyday life was affected by this cultural and societal rationalisation, traditional forms of life – which in the early modern period were differentiated primarily according to one’s trade – were dissolved.

Posted in change | Leave a comment

Juan Leon

The way Black Friday looked in 1983 looks completely different from the way it looks in 2014. And that difference is perhaps an indication of the way we’ve changed as a society. What used to be an innocuous, low-key event tied to the holiday spirit — an opportunity to buy gifts for Christmas — has become all too characterized by mobs, overhyped “deals,” and fighting.

Posted in change | 1 Comment

Jim Uhls

We’ve all been raised on television. We’re consumers. We are the byproducts of a lifestyle obsession. You are not special. You are not a beautiful or unique snowflake. We’re a generation of men raised by women. The things you own end up owning you. Reject the basic assumptions of civilization, especially the importance of material possessions.

Posted in change | 1 Comment

Comité invisible

N’être socialement rien n’est pas une condition humiliante, la source d’un tragique manque de reconnaissance – être reconnu : par qui? –, mais au contraire la condition d’une liberté d’action maximale.

Posted in change | 2 Comments

Comité Invisible

Il va sans dire que l’attachement des Français à l’État – garant des valeurs universelles, dernier rempart contre le désastre – est une pathologie dont il est compliqué de se défaire. C’est surtout une fiction qui ne sait plus durer. Nos gouvernants eux-mêmes la considèrent chaque jour un peu plus comme un encombrement inutile, puisqu’eux, du moins, assument le conflit, militairement. ** L’occasion d’une belle épopée qui nous verrait, tous ensemble, combattre les inégalités en même temps que le réchauffement climatique. Ce qui pour notre génération, qui est justement née dans la crise et qui n’a connu que cela – crise économique, financière, sociale, écologique – est, vous l’avouerez, relativement … Continue reading

Posted in change | 2 Comments

Comité invisible

Il n’y a plus à réagir aux nouvelles du jour, mais à comprendre chaque information comme une opération dans un champ hostile de stratégies à déchiffrer, opération visant justement à susciter chez tel ou tel, tel ou tel type de réaction; et à tenir cette opération pour la véritable information contenue dans l’information apparente.

Posted in change | 2 Comments