Category Archives: health

John Phillips

Posted in health | 1 Comment

石飛幸三

がん、動脈硬化、そして認知症。これらは病気であると同時に、その原因は老化です。がんは免疫の減衰であり、動脈硬化は血管というパイプの目詰まり。こうした体の不調は、車の部品と同じで「耐用年数」が近づいているということなのです。芦花ホームで終末期医療の現実を知るにつれ、病を治すはずの医療が、「老衰」と闘う医療になってしまっているのではないかと疑問を持つようになりました。医療に「老衰」を止めることはできない。死を敗北とするならば、「負け戦」が続くのは当然です。

Posted in health | 1 Comment

Ruth Brown

The World Health Organization is spending more money on the travel bug than on fighting AIDS or malaria, according to a new report. The UN health agency blows around $200 million a year on travel costs so its honchos can fly business class and stay in five-star hotels — more than what it reserves for battling some of the world’s biggest health crisis.

Posted in health | 1 Comment

消費者庁

特定保健用食品(トクホ) 健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。 栄養機能食品 一日に必要な栄養成分(ビタミン、ミネラルなど)が不足しがちな場合、その補給・補完のために利用できる食品です。すでに科学的根拠が確認された栄養成分を一定の基準量含む食品であれば、特に届出などをしなくても、国が定めた表現によって機能性を表示することができます。 機能性表示食品 事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。

Posted in health | 1 Comment

安倍晋三

現在は、国から『トクホ』の認定を受けなければ効果を記載できない。中小企業・小規模事業者にはチャンスが事実上閉ざされていると言ってもよい。アメリカでは、国の認定を受けていないことを明記すれば商品に機能性表示ができる。国へは事後に届け出をするだけでよい。

Posted in health | 1 Comment

里見清一

高齢の病人にとって、精神の安定を得るべき「今までの日常(の続き)」は、自分の病気のことに他ならない。 かつて私は、86歳の高齢でもなお化学療法に執着する肺癌患者Yさんのことを書いたことがある。 副作用をみかねて、さすがにもうやめようと、私は彼を説得して治療を中止した。 その途端、副作用が抜けた分だけ身体は楽になったはずなのに、Yさんは腑抜けのようになってしまった。ご家族によると、「他にすることもないので、とにかく病気のことばかりをずっと考えている」ということで、私は頭を抱えてしまった。 Yさんにとって、副作用や病状の変化(それは本人の自覚症状に出ない、血液検査の数値や画像での病巣サイズなどが主である)に一喜一憂することこそが「生き甲斐」であったのだ。

Posted in health | 2 Comments

United Kingdom’s National Obesity Forum and Public Health Collaboration

Eating fat does not make you fat. Saturated fat does not cause heart disease. Full fat dairy is likely protective. Processed foods labelled ‘low fat’, ‘lite’, ‘low cholesterol’ or “proven to lower cholesterol” should be avoided. Limit starchy and refined carbohydrates to prevent and reverse Type 2 diabetes. Optimum sugar consumption for health is ZERO. Industrial vegetable oils should be avoided. Stop counting calories (Calorie focused thinking has damaged public health.) You cannot outrun a bad diet. Snacking will make you fat (Grandma was right!) Evidence based nutrition should be incorporated in to education curricula for all healthcare professionals.

Posted in health | 1 Comment

Aseem Malhotra

Dietary guidelines promoting low-fat foods is perhaps the biggest mistake in modern medical history, resulting in devastating consequences for public health. Sadly this unhelpful advice continues to be perpetuated. The current Eatwell guide from Public Health England is in my view more like a metabolic timebomb than a dietary pattern conducive for good health. The scientific integrity of the PHE advice had been compromised by commercial interests. We must urgently change the message to the public to reverse obesity and Type 2 diabetes. Eat fat to get slim. Don’t fear fat; fat is your friend.

Posted in health | 2 Comments

OECD

Posted in health | 1 Comment

Fluoride Action Network (FAN)

Posted in health | 1 Comment

Jess Staufenberg

Unhealthy eating has been named as the most common cause of premature death around the globe, new data has revealed. A poor diet – which involves eating too few vegetables, fruits, nuts and grains and too much red meat, salt and sugar – was shown to be a bigger killer than smoking and alcohol. The Institute for Health Metrics and Evaluation (IHME) in the US has found that high blood pressure, to which diet, exercise and obesity are key factors, is the biggest cause of premature death in countries across the world. And unhealthy eating overall, characterised by high consumption of red meat and sugar-sweetened beverages, contributed to more deaths … Continue reading

Posted in health | 1 Comment

若杉友子

いまの日本の食べものって、なにかおかしい。 そう感じてる人、多いと思います。 からだにいいと言われているものを意識して食べ、健康に関する情報をたくさん取り入れ、1日に必要な食事の量はカロリー計算で求める。 そんな状況のはずなのに、たくさんの人が生活習慣病やがんで苦しんでいる。 どこがおかしいのでしょう? 理由は、とても簡単です。 不健康なものを食べているから、不健康になるんです。 あなたのからだは、食べものでできています。 食事は、あなたを裏切りません。 食べるものを変えれば、からだが変わります。そして、生き方も変わります。

Posted in health | 2 Comments

ats/Newsnet

La prescription de médicaments à base de cannabis est possible en Suisse sur autorisation exceptionnelle. Une dizaine sont délivrées chaque semaine et la tendance est à la hausse.

Posted in health | 1 Comment

永井康徳

私は本人に食事が摂れないから点滴をするように告げましたが、本人は「食事が摂れないゆになったら終わりだから、絶対に点滴はしてくれるな」と言いました。その後も、何度も家族の依頼を受けて本人に点滴を勧めましたが、頑として受け付けませんでした。家族も私もどうすべきか悩みましたが、私は本人を押さえつけてまで点滴をすることは出来ませんでした。本人がこれまで生きてきた102年間の最期を汚してしまう気がして・・・。 本人の希望通り点滴をせず、自然に看ていきました。点滴をしないとむくみもなく、痰も出ず、楽そうでした。私は、最期に点滴も何も医療処置をせず、自然に看ていくことはこのときが初めてでした。 おばあさんは、約2週間後に息をひきとりました。おばあさんの顔はむくみもなく、とても穏やかで凛としていました。もし、点滴をしていたら、むくみや痰が出て、吸引をしたり、本人を苦痛にしたりしていたことでしょう。本人の天寿を全うすることを医療が邪魔をしない・・・そんな自然な看取りも選択肢にあるんだということを教わりました。 これまで、日本の医療はとにかく治すことを主眼に発展してきました。最期まで治すことを追求して、長寿を目指してきたのです。しかし、どんなに素晴らしい医療を持ってしても、いつか必ず人間は亡くなるということにしっかりと向き合った上で、自然の死を受け入れることが必要になっていくと思います。

Posted in health | 1 Comment

U.S. Dietary Guidelines Advisory Committee

Perhaps the biggest change this year could breathe some life into your breakfast habits: The cholesterol in egg yolks is no longer as much of a health concern. The US Dietary Guidelines used to recommend that you eat no more than 300 milligrams of dietary cholesterol a day, or under two large eggs. But this year, the committee has scrapped that advice as new research suggests that the cholesterol you consume in our diets has little to do with your blood cholesterol. Saturated fats and trans fats, on the other hand, could boost your blood cholesterol levels, as could unlucky genes.

Posted in health | 3 Comments

Centers for Disease Control and Prevention (CDC)

How well the flu vaccine works can range widely from season to season. The vaccine’s effectiveness also can vary depending on who is being vaccinated. At least two factors play an important role in determining the likelihood that flu vaccine will protect a person from flu illness: 1) characteristics of the person being vaccinated (such as their age and health), and 2) the similarity or “match” between the flu viruses the flu vaccine is designed to protect against and the flu viruses spreading in the community. During years when the flu vaccine is not well matched to circulating viruses, it’s possible that no benefit from flu vaccination may be observed. … Continue reading

Posted in health | 2 Comments

檜垣祐子

これまで学んできたスキンケアの常識は一度リセットしましょう。 大切なことは、「何をやるか」ではなく、「何をやらないか」。 「やっていいスキンケア」は3つしかなかった! この本でおすすめしているスキンケアは、あなたの皮膚が本来もっている機能を生かし、できるだけシンプルに、大事なことだけをていねいにおこなうことです。スキンケアの見直しをするだけで、見違えるような健康的な肌を取り戻し、喜ばれる方がたくさんおられます。 今すぐ正しいスキンケアを知って、健康な素肌を取り戻そう! 過剰ケアが肌トラブルの原因だった! ◎いっそ洗わないほうが肌への害は少ない ◎高機能化粧品の使いすぎは毛穴トラブルのもと ◎やりすぎ保湿は肌をゴワゴワにする ◎肌機能が整えば、どんな肌もきれいになる ◎もっと肌の自活力を信頼しましょう

Posted in health | 1 Comment

Le Monde

Posted in health | 2 Comments

碓井真史

人はだれでも少しは人とは違います。でも、大きすぎる違いがあれば、それは異常でしょうか。病気でしょうか。たとえば虫歯がない人。両目とも視力1.5以上の人。異常とは言いませんよね。たとえば100メートルを10秒で走れる人。数の上で言えば、こんな異常なことはめったにありません。でも、だからといって、病気だから病院へ行って足を遅くしてもらってきなさいなどとは言いません。普通とは違い、数が少なくても、それだけでは異常ではありません。 虫歯がないこと、視力がいいこと、速く走れること、それには価値がある、良いことだと、私達は考えます。どんなに数が少なくて、めったにない事でも、価値があるとみんなが思えば、それは異常とは言われません。かえって、数が少なくなるほど、価値が上がるでしょう。 では、人とは違う変な格好をするのは異常でしょうか。そのことに価値はありませんが、人々がそれくらいはいいかなと思ってくれれば、異常とは呼ばれません。正常か異常かの区切りは、時代や社会によって変わるということです。 数が少ない、価値が無い、社会に認められないというのが異常になりますけれども、実際には、困っているかどうか、社会生活ができるかどうかも大きなポイントです。 普通に生活できているのであれば、病院で治療が必要だとはあまり考えませんし、個性ということもできるでしょう。 芸術家や大金持ちの中には、かなり変わった人もいるのですが、普通の人なら社会生活ができなくても、彼らはそれで上手くいっているのなら、それでよいのかもしれません。もし彼らがもっと常識的な人であったなら、芸術家や大金持ちにはなれなかったかもしれませんから。

Posted in health | 1 Comment

Richard A. Friedman

Attention deficit hyperactivity disorder (A.D.H.D.) is now the most prevalent psychiatric illness of young people in America, affecting 11 percent of them at some point between the ages of 4 and 17. The rates of both diagnosis and treatment have increased so much in the past decade that you may wonder whether something that affects so many people can really be a disease. And for a good reason. Recent neuroscience research shows that people with A.D.H.D. are actually hard-wired for novelty-seeking — a trait that had, until relatively recently, a distinct evolutionary advantage. Compared with the rest of us, they have sluggish and underfed brain reward circuits, so much of … Continue reading

Posted in health | 2 Comments

ADHD.co.jp

Posted in health | 1 Comment

Peter Piot

You were also the one who gave the virus its name. Why Ebola? On that day our team sat together late into the night – we had also had a couple of drinks – discussing the question. We definitely didn’t want to name the new pathogen “Yambuku virus”, because that would have stigmatised the place forever. There was a map hanging on the wall and our American team leader suggested looking for the nearest river and giving the virus its name. It was the Ebola river. So by around three or four in the morning we had found a name. But the map was small and inexact. We only learned … Continue reading

Posted in health | 1 Comment

Tomoaki Kato

Posted in health | 2 Comments

Consensus Action on Salt & Health

Posted in health | 2 Comments

Feng J He, Sonia Pombo-Rodrigues, Graham A MacGregor

Reduction in stroke and heart attack deaths occurred in England from 2003 – 2011, with the fall in blood pressure (BP) that has occurred in England over this time, taken from the Health Survey for England. (Changes in salt intake as measured by 24 h urinary sodium excretion (UNa), BP, stroke and ischaemic heart disease (IHD) mortality in England from 2003 to 2011. * p<0.05, *** p<0.001 for trend.) The reduction in salt intake is likely to be an important contributor to the falls in BP from 2003 to 2011 in England. As a result, it would have contributed substantially to the decreases in stroke and IHD mortality.

Posted in health | 2 Comments

佐橋大

B型肝炎の常識が変わってきている。従来とは異なる遺伝子型のウイルスが増え、成人期の感染でも、慢性肝炎になりやすくなっている。「完治した」と思われた人が抗がん剤などの治療後、肝炎になる危険性も知られている。 B型肝炎は、B型肝炎ウイルス(HBV)が血液や体液を介し、感染して起きる。一過性感染と持続感染に分かれる。一過性の二~三割は、だるさなどの症状が一時的に出る急性肝炎に。意識障害が起き、死につながる劇症肝炎になる人もまれにいる。持続感染は一部、慢性肝炎になり、肝がんになる人も。従来は母子感染など、三歳未満で感染するとなりやすく、それ以上の年齢では性交渉などで感染しても、ほとんどが一過性の感染で終わるとされてきた。HBVには、症状の異なる九種類の遺伝子型があり、日本でもともと多い二種類(遺伝子型B、C)では、そうした傾向があるからだ。 このため国内では母子感染対策を重視。一九八六年以降、持続感染している妊婦から生まれた赤ちゃんには出生直後のワクチン接種などを実施し、母子感染は対策前の十分の一以下になったと推計されている。 ところが最近は、国際化によって、持続感染になりやすい遺伝子型Aの感染が増えている。この型は急性肝炎の症状は軽いが、三歳以上の感染でも約一割が慢性肝炎に移行する。成人間や父子間での感染拡大が懸念されている。 HBV感染について、厚生労働省は「常識的な生活を心掛けていれば、日常生活の場で感染することはほとんどない」というが、傷口のある状態では涙や唾液を介しても感染しうることが確認されている。 「治ったら肝臓からなくなると考えられていたHBVだが、実は、DNAが肝臓に残り続ける。HBVの感染は一生続く」という指摘もある。

Posted in health | 3 Comments

厚生労働省医政局経済課調査統計係

平成24年における医薬品最終製品の国内での生産金額は6兆9,767億円、外国からの輸入金額は2兆8,174億円で、合計金額は9兆7,941億円であった。これに対し、国内への出荷金額は9兆5,062億円、外国への輸出金額は1,376億円であった。循環器官用薬の生産金額は1兆2,970億円であり医薬品全体の18.6%を占めている。血圧降下剤の生産金額だけでも6,276億円であった。 平成24年における衛生材料生産金額は513億円で、前年518億円と比較すると5億円(1.0%)の減少となっている。これを品目別生産金額でみると、大判製品は7.1%の減少、最終製品は0.5%の減少となっている。 平成24年における医療機器の国内での生産金額は1兆8,952億円、輸入金額は1兆1,884億円であり、合計金額は3兆836億円であった。これに対し、輸出金額は4,901億円であった。 平成24年の医薬部外品の生産金額は8,006億円であり、前年と比較すると135億円(1.7%)の減少となっている。最も生産金額の大きいものは、薬用化粧品の2,942億円(36.8%)であり、次いで毛髪用剤1,478億円(18.5%)、ビタミン含有保健剤1,075億円(13.4%)、薬用歯みがき剤915億円(11.4%)、殺虫剤450億円(5.6%)という順となっている。

Posted in health | 3 Comments

三宅和豊

何年か前、イタリア紀行のテレビ番組を見ていたら、田舎の独居老人宅への巡回診療の場面が出てきました。日本でもそうですが、まずは血圧測定。そして、お医者さん曰く「血圧は150、健康」と。これを、今でも、はっきりと覚えています。しかし、日本では絶対にこのようにはなりません。日本のお医者さん曰く「血圧が150もある。これは高すぎる。脳卒中になっちゃうよ、心筋梗塞の危険もあるよ。血圧を下げる薬を出しておきましょう。毎日飲んでくださいね。」となります。 日本人の適正血圧は、その昔「年齢プラス90」と言われていました。20歳なら110、40歳なら130、60歳なら150です。この計算式は高齢者にも適用され、80歳なら170です。よって、高血圧症とされる患者数はわずかなものでした。それが、従前は160であったものを2000年に140と改定され、更に2004年には老人以外は130に改定されました。血圧が160、170ともなると、「これはいかにも高すぎる。やはりこれは高血圧だ」と、誰しも考えるようになってしまった今日です。これも、洗脳されているからです。 戦後暫くしてから、米国フランガム市で50年以上の長期にわたって疫学調査が行われました。一人ひとりの血圧を50年以上もの間、記録を取り続け、その血圧がどのように変化していくかを調べたものです。その結果、生存者の血圧変化の平均は、概ね「年齢プラス80~90」になっているのです。さらに、血圧の高低は個人差がありますから、調査対象を4群(高い、やや高い、普通、低い)に分けて見てみると、高いグループにあっては80歳で血圧は200を超えるのですが、それでもピンピンしており、85歳まではちゃんと生きているのです。なお、この調査は、85歳で終わっているようでして、このグループが90歳まで生きたかどうかは分かりませんが、若いときから血圧が高い方にあっては、年を取ってから血圧が200を超えてもどってことないを示しています。 ヨーロッパ高齢者高血圧研究会の調査、これは既に記事にしたところですが、高齢者にとっては、むしろ血圧が高いほど死亡率が低い、血圧が180ぐらいまでは脳卒中になる可能性が高くなるという明確な根拠はない、という結果が出ています。

Posted in health | 1 Comment

今日新聞

以下為「我是漸凍人」全文: 慢慢的我好像不能動了, 看似我已沒有知覺。 偏偏潑水的猴戲我看得非常清楚, 我替各位感到非常寒冷且了無生趣, 但我說不出口。 市長候選人拿了桶冰水往身上潑, 他說好涼,爽,那你爽就好, 不過若你想體驗我, 請先將自己五花大綁, 再任憑冰水澆淋, 你才能真正體會寒冰刺骨卻動彈不得, 像隻任人宰割的豬仔。 企業家也來玩水, 指定時尚名媛為下一位, 人人都期待他能穿白襯衫來, 不過還等不到她出現, 已經有一大堆二流名模等著露奶。 其實我好像還能動, 但我的極度無趣和你們的熱情奔放劃上等號, 我已啞口無言, 無言以對得像是嘴角漸凍, 那倒正好, 反正你們也希望我什麼都不說, 如同你們看起來的我一樣。

Posted in health | 2 Comments

Mark Stibich

Can your sleep habits impact your longevity? Research has shown that if you sleep too much or not enough, your risk of death increases significantly. This could be a result of the impact of sleep itself on overall health or it could be because other diseases impact both longevity and sleep duration. If people sleep less than 7 hours a night or more than 8 hours a night, they have an increased risk of death. For short sleep women, that increase is 21% (men: 26%) and for long sleeping women, the increase is 17% (men: 24%). If they use sleep medications, their risk for death also increased. Women using them … Continue reading

Posted in health | 4 Comments

石蔵文信

夫源病は、夫の言葉や行動に対する不平や不満がストレスになり、妻の身体に更年期のような症状がでてしまう病気です。コミュニケーション不足と役割分担がうまくいっていないことが問題といわれています。 症状としては、原因不明の不定愁訴や強い耳鳴り、横揺れのめまい、激しい頭痛、のぼせ、ひどい肩こり、全身の痛み、動悸、息切れ、呼吸困難、不眠、倦怠感などがあります。 原因はさまざまですが、妻の状況や考えている事を察しない夫への日々の小さな不平や不満が、脳の視床下部(自律神経やホルモンのバランスを司る部位)にストレスをかけ続け、次第に自律神経がバランスを失い暴走して、色々な症状をおこす、と考えられています。 夫に対してものが言えない専業主婦やもともと生真面目な人、また、まじめだけど頑固な夫をもつ妻、などがかかりやすいようです。

Posted in health | 2 Comments

Centers for Disease Control and Prevention (CDC)

The Centers for Disease Control and Prevention (CDC) released a report that reviews the early June incident that involved the unintentional exposure of personnel to potentially viable anthrax at the CDC’s Roybal Campus. The report identifies factors found to have contributed to the incident; and highlights actions taken by the agency to address these factors and prevent future incidents. Based on a review of all aspects of the June incident, CDC concluded that while it is not impossible that staff members were exposed to viable B. anthracis, it is extremely unlikely that this occurred. None of the staff who was potentially exposed has become ill with anthrax. While finalizing this … Continue reading

Posted in health | 2 Comments

Delores Arabian

#1 Get More Sleep #2 Drink More Water #3 Get More Exercise #4 Read More #5 Get More Organized. #6 Clean More Often #7 Explore More #8 Relax More #9 Have More Patience. #10 Forget Doing More.

Posted in health | 1 Comment

European Commission

Exercise and sport activities make an important contribution to health and a healthy lifestyle, as well as to physical, emotional and social well-being. In particular, young people are highly represented in sports and can benefit both in terms of physical and mental health by practising safe sport. However, according to numerous studies a significant proportion of these health gains are lost due to sport injuries. Indeed, the toll of sport injuries is high, with about 300,000 injuries in snow sport detected each year in the EU (alpine countries). The social impact of injuries is also high in terms of number, severity and consequences such as loss of productive years, disability … Continue reading

Posted in health | 1 Comment

International Society of Aesthetic Plastic Surgery (ISAPS)

Posted in health | 1 Comment

American Society of Plastic Surgeons (ASPS)

14.6 million cosmetic plastic surgery procedures, including both minimally-invasive and surgical, were performed in the United States in 2012, up 5 percent since 2011. In addition, 5.6 million reconstructive plastic surgery procedures were performed last year, up 1 percent.

Posted in health | 2 Comments

World Health Organization

Posted in health | 1 Comment

Soylent

Posted in health | 3 Comments

Allon Canaan, Jason DeFuria, Eddie Perelman, Vincent Schultz, Montrell Seay, David Tuck, Richard A. Flavell, Michael P. Snyder, Martin S. Obin, Sherman M. Weissman

For the first time we describe a physiological role for HLA-F adjacent transcript 10 (FAT10) in metabolism, obesity, and aging in mammals. We show that FAT10 knockout prevents the development of age-associated obesity in mice while extending lifespan and vigor without the appearance of deleterious developmental effects. In addition, we did not observe an increase in cancer incidence. If the role of FAT10 in humans is similar to mice, then targeting of FAT10 may hold promising therapeutic impact for the treatment of various diseases including obesity and obesity-related diseases and aging associated diseases.

Posted in health | 2 Comments

Matthieu Legendre, Julia Bartoli, Lyubov Shmakova, Sandra Jeudy, Karine Labadie, Annie Adrait, Magali Lescot, Olivier Poirot, Lionel Bertaux, Christophe Bruley, Yohann Couté, Elizaveta Rivkina, Chantal Abergel, Jean-Michel Claverie

Giant DNA viruses are visible under a light microscope and their genomes encode more proteins than some bacteria or intracellular parasitic eukaryotes. There are two very distinct types and infect unicellular protists such as Acanthamoeba. On one hand, Megaviridae possess large pseudoicosahedral capsids enclosing a megabase-sized adenine–thymine-rich genome, and on the other, the recently discovered Pandoraviruses exhibit micron-sized amphora-shaped particles and guanine–cytosine-rich genomes of up to 2.8 Mb. While initiating a survey of the Siberian permafrost, we isolated a third type of giant virus combining the Pandoravirus morphology with a gene content more similar to that of icosahedral DNA viruses. This suggests that pandoravirus-like particles may correspond to an unexplored … Continue reading

Posted in health | 2 Comments

Sarah B. Weir

If you follow diet trends closely, you could get whiplash. One year fat is seen as the enemy; the next, sugar is poison. Recently, twin brothers Chris and Alexander “Xand” van Tulleken set out on a month-long radical experiment to try to put the debate to rest over which is worse. … At the end of the month, neither brother felt like his diet was superior. Speaking with scientists working in cutting-edge nutrition, they decided that the real health problem was the combination of sugar and fat found in many processed foods. “We should not vilify a single nutrient,” Chris told the Sunday Express. “It is too easy to demonize … Continue reading

Posted in health | 2 Comments

Bonnie Berkowitz, Patterson Clark

The health hazards of sitting Organ damage     (heart disease, overproductive pancreas, colon cancer) Muscle degeneration     (mushy abs, tight hips, limp glutes) Leg disorders     (poor circulation in legs, soft bones) Trouble at the top     (foggy brain, strained neck, sore shoulders and back) Bad back     (inflexible spine, disk damage) Don’t just sit there! (PDF)

Posted in health | 2 Comments

Jennifer Berman

Imagine my shock at my last physical, when my doctor told me I had hypothyroidism, common in women over 40. When I got home I looked up the condition on the Internet and found a list of foods to avoid. Kale, which I juiced every morning, tops the list, followed by broccoli, cauliflower, cabbage, Brussels sprouts and collard greens — the cruciferous vegetables I consumed in large quantities because they are thought to prevent cancer, which runs in my family. And flax — as in the seeds — high in omega 3’s, that I sprinkled on cereal and blended in strawberry almond milk smoothies. Also forbidden: almonds and strawberries, not … Continue reading

Posted in health | 1 Comment

Buck Institute

Dr. Pankaj Kapahi looks for clues to longevity. His work confirms the finding that diet plays a major role in aging, and age-related diseases. The Kapahi lab explores molecular mechanisms in a search for strategies to extend healthy lifespan in people. For example, the Kapahi lab found that a low-protein diet could lengthen the lives of fruit flies – a result that challenged the wisdom of the high-protein Atkins diet for weight loss. The low-protein regimen activated genes that led to greater energy production in the cell’s powerhouse units, the mitochondria. Thus, the low protein diet compensated for the age-related decline in performance seen in mitochondria. This effect was mediated … Continue reading

Posted in health | 3 Comments

新見正則

たくさんの人が『健康診断病』だよね。元気な人が健康診断を受けて、最高血圧が141、正常から1つでもあがったら高血圧だ、とかね。例えば、血圧が高くて頭が痛いとか、顔が熱いとか、夜眠れないとか、異常があるなら薬で血圧を下げればいい。だけど、すごく元気なのに、血圧が高いからという理由だけで、薬を飲んだりする人もいる。 キーワードは『人はいろいろ』。それをみんな十把一からげに血圧の数値に線を引いちゃうんだもん。高いのがハッピーな人もいれば、低いのがいい人もいる。ちょっとデブなのがいい人がいれば、ヤセがいい人もいる。 医療は経済学。薬が必要な病気の人と、まったく薬のいらない健康の人の間、グレーの人が多い。でも、経済学の仕組みの中では、グレーの人にも薬を処方した方がもうかる。それで、薬はどんどん増えていく。 グレーの範囲がとても広いということをみんなも知るべきだ。薬ではなく、運動しろよ、少しやせろよ、ストレス減らせよ、という指導がもっとあっていい。

Posted in health | 3 Comments

Katherine M. Flegal, Brian K. Kit, Heather Orpana, Barry I. Graubard

Relative to normal weight, grades 2 and 3 obesity were associated with significantly higher all-cause mortality. Grade 1 obesity overall was not associated with higher mortality, and overweight was associated with significantly lower all-cause mortality. Summary Random-Effects Hazard Ratios (HRs) of All-Cause Mortality for Overweight and Obesity Relative to Normal Weight BMI Criteria Summary HR Underweight BMI of ≤18.5 ≫1.00 Normal Weight BMI of 18.5-<25 1.00 Overweight BMI of 25-<30 0.94 Grade 1 obesity BMI of 30-<35 0.95 Grades 2 and 3 obesity BMI of ≥35 1.29

Posted in health | 3 Comments

Елизавета Васильева

Попробуйте прямо сегодня заглянуть в домашнюю аптечку, и навести в ней порядок. Вы обязательно обнаружите просроченные сиропы и раскрошившиеся таблетки. С такими находками придется расстаться. Ну, а если внешне все в ажуре, но, например, утрачена инструкция по пользованию, или непонятно, как и где ЛС хранились? Неужели все это добро выкидывать? … Не покупайте лекарства и даже витамины и БАДы “про запас”. Многие так делают, так как ожидают очередного витка цен на ЛС. Но многие лекарства просто теряют свои свойства от длительного хранения. И второе — вы все равно не сможете “накупиться” на всю оставшуюся жизнь, даже если вам это лекарство прописано на пожизненное пользование. Это просто экономически нереально. И потом … Continue reading

Posted in health | 1 Comment

Daniel Callahan

Is there any evidence that more old people will make special contributions now lacking with an average life expectancy close to 80? I am flattered, at my age, by the commonplace that the years bring us wisdom — but I have not noticed much of it in myself or my peers. If we weren’t especially wise earlier in life, we are not likely to be that way later. I have often been struck, at funerals of the elderly, of the common phrase that while the deceased will be missed, he or she led a “full life.” Adding years to a life doesn’t necessarily make it any fuller. We may properly … Continue reading

Posted in health | 2 Comments

Правда.Ру

Говорят о том, что небольшие провинциальные больницы и роддома “неэффективны”, потому что их услугами пользуется небольшое количество пациентов, это в основном касается сельской медицины. А разве уместно вообще использовать такую оценочную категорию, как эффективность когда речь идет о здоровье и жизни людей? — Что касается сельской медицины — для реализации такой модернизации должна быть очень хорошо организованная служба экстренной доставки пациентов — реанимобили, вертолеты, специализированные бригады — как в Москве, которые могли бы быстро доставлять пациентов в специализированные центры. Надо сказать, что на селе сейчас действительно не очень здравая ситуация, когда сидит один специалист, который лечит все, как во времена Чехова. С одной стороны, это хорошо, но с другой — … Continue reading

Posted in health | 2 Comments

World Health Organization

As societies industrialize and the technological revolution continues, there has been an unprecedented increase in the number and diversity of electromagnetic field (EMF) sources. These sources include video display units (VDUs) associated with computers, mobile phones and their base stations. While these devices have made our life richer, safer and easier, they have been accompanied by concerns about possible health risks due to their EMF emissions. For some time a number of individuals have reported a variety of health problems that they relate to exposure to EMF. While some individuals report mild symptoms and react by avoiding the fields as best they can, others are so severely affected that they … Continue reading

Posted in health | 1 Comment

David Twomey

According to a German study, which for the first time explored the links between the two, exposure to traffic pollution and noise can in the long run lead to heart disease or atherosclerosis. Fine particle matter and traffic noise are believed to act through similar biologic pathways, thereby increasing cardiovascular risk. They both cause an imbalance in the autonomic nervous system, which feeds into the complex mechanisms regulating blood pressure, blood lipids, and glucose level.

Posted in health | 1 Comment

Deborah Blum

Bit by bit over the past few decades, scientists have been building a new understanding of the ways that air pollution threatens human health. Much of their attention has been focused on lung diseases, including cancers. With good reason, it turns out: just last month, the World Health Organization declared air pollution to be one of the planet’s most dangerous environmental carcinogens. But cardiovascular disease is much more common than cancer. Sadly, there is now a pile of evidence, sometimes startling, that air pollution also plays a role in heart attacks and strokes. The new studies suggest that air pollution not only worsens cardiovascular disease — but can also cause … Continue reading

Posted in health | 1 Comment

Jack Andraka

Jack Andraka is a Maryland high school sophomore who at age 15 invented an inexpensive and sensitive dipstick-like sensor for the rapid and early detection of pancreatic, ovarian and lung cancers. After a close family friend died of pancreatic cancer, Jack (then a ninth grader) became interested in finding a better early-detection diagnostic test. He learned that the lack of a rapid, low-cost early screening method contributed to the poor survival rate among individuals with pancreatic cancer. After thinking further about the problem, he came up with a plan and a budget to put his ideas in motion.

Posted in health | 2 Comments

高齢者栄養研究会

ここ数年来、厚生労働省では虚血性心疾患をはじめとする心疾患の予防のために、メタボリックシンドロームにならないための食生活の指導に力を入れているが、これはおもに中年世代に当てはまるものであり、高齢世代にも同じように効果が期待できるとは限らない。 高齢者の心疾患は、肥満やコレステロール値といったメタボリックシンドロームの要因よりも、むしろ歩行や日常生活に必要な動作ができなくなるといった、体の老化の加速により引き起こされる。 高齢期では栄養状態の低下が老化を加速させ、それが疾病の発症を引き起こすもとになる。 戦前の日本の食生活の中心は穀類だった。大正時代の中流農家の食生活を記録した資料によると、大人一人分として1日に米4合、味噌汁6杯、漬物20切れ。それに週数回、魚が加わるといったものだった。それに対して戦後、特に昭和40年ごろからは食事内容が大きく変わっていく。人々は肉類や卵、乳製品、油脂類を多く摂るようになり、それから平均寿命も順調に伸びてきた。これは肉類等からのコレステロール摂取量が増え、血清コレステロール値が上昇し改善されたことで、昭和30年代に多かった脳卒中が予防され、老化の速度自体も遅くなったと考えられる。 一方、このように動物性たんぱく質や動物性脂肪の摂取量が増えても、昭和40年代からしばらくはメタボリックシンドロームなど問題になっていなかった。つまり、「食事の適度な欧米化」が体の栄養状態を良好にし、健康を保って老化の速度を遅らせ、その結果平均寿命が伸びた、といえるのだ。

Posted in health | 1 Comment

NHK

なぜ、栄養失調になる高齢者が増えているのでしょうか。 そこには、高齢者の「肉」に対する先入観が壁になっているのだといいます。 昭和53年に国は成人病対策として、栄養指導の指針を打ち出し、「肉の食べすぎ」や「脂の摂りすぎ」を制限するように指導しました。その後も、メタボ対策として、40歳以上の人にはその指導をさらに強化。結果、肉の食べ過ぎは「悪」というイメージが浸透したのだといいます。 しかし、一方で65歳以上を対象に寝たきりなど介護が必要になるのを防ぐために、肉などのたんぱく質を積極的に摂るような栄養指導が8年前から登場しています。 この2つの指針が併存しているために、肉は控えるべきなのか、それとも摂るべきなのかという2つの疑問のあいだで、様々な混乱が起きています。「肉を控える」から「肉を摂る」へのギア・チェンジはするべきなのでしょうか? 高齢者の健康状態は、個別性が大変高いので、一概には言えませんが、心筋梗塞や糖尿病などの既往症がある人は簡単にはギア・チェンジをすべきではないとしたうえで、専門家は、体重が落ち始めたら、要注意だといいます。「やせ」は栄養状態が悪くなりはじめたと考えていいといいます。

Posted in health | 2 Comments

Libby Weaver

We are born with a preference for sweet foods, a natural sweet tooth. To our early ancestors foods that were sweet indicated that they were a good source of energy, while bitterness was an indication of toxicity. However, access to sweet foods was limited and they obviously weren’t guzzling back soft drinks as they foraged for food. If you think about it, nature has made it hard for us to access most sweet food; consider the strength of sugar cane and the machinery required to extract the juice. Many people in the Western world consume too many sweet foods and it’s no longer about survival. Sugar is a hot topic … Continue reading

Posted in health | 1 Comment

Jerome Groopman

To hope under the most extreme circumstances is an act of defiance that permits a person to live his life on his own terms. It is part of the human spirit to endure and give a miracle a chance to happen. Hope, I have come to believe, is as vital to our lives as the very oxygen that we breathe. Hope can be imagined as a domino effect, a chain reaction, each increment making the next increase more feasible… There are moments of fear and doubt that can deflate it. I had learned that every patient has the right to hope, despite long odds, and it was my role to … Continue reading

Posted in health | 1 Comment

Noreena Hertz

Physicians do get things wrong, remarkably often. Studies have shown that up to one in five patients are misdiagnosed. In the United States and Canada it is estimated that 50,000 hospital deaths each year could have been prevented if the real cause of illness had been correctly identified. Yet people are loath to challenge experts. In a 2009 experiment carried out at Emory University, a group of adults was asked to make a decision while contemplating an expert’s claims, in this case, a financial expert. A functional M.R.I. scanner gauged their brain activity as they did so. The results were extraordinary: when confronted with the expert, it was as if … Continue reading

Posted in health | 1 Comment

shinwa_2007

ご存じの通り、中国は「特色ある社会主義」国家である。「特色ある社会主義」の行き着いた先は、「形を変えた市場原理主義であり、新自由主義」国家である。その意味で中国に一番合わせ鏡となる国家がアメリカともいえる。 例えば中国ではサラリーマンの人は別として、国民皆保険制度ではない。だから、中国では薬屋が多いのは、自力で治そうとする人が多いからだ。また、保険に入ったとしても、この病院は保険の適用内しかし、別の大病院は、適用外とか複雑だ。農民保険というのもあるのだが、これも適用内と適用外の病院がある。 医は仁術という言葉もあるが、中国ではそんな言葉はありえない。唐の宰相である陸宜公の言葉だが、皮肉なことに中国で医は仁術という言葉を言えば笑われる。日本でも「医は算術」というのだが、桁が違う。下手に中国で病気になればいくら取られるか分からないほどなのだ。 中国の医療は前金制度である。何があってもカネがないと命も失われる。カネがないと医者は、治療はもちろん薬も処方しない。 この話どこかで見たことがあるぞと思うアナタは勘がいい。マイケル・ムーア氏が作成したアメリカ医療ドキュメンタリー映画「シッコ」である。

Posted in health | 1 Comment

The China Post

In China as well as in Japan, medicine was said to be a benevolent art. As a matter of fact, it is a healing art throughout the world. It has become a money-counting art in an ultramodern Taiwan. When asked why they wanted to be doctors some 50 years ago, medical students would never hesitate to say they wished to follow in the footsteps of Albert Schweitzer. Nowadays, few would like to go to the Congo jungles to heal the sick. Of course, those who said they would like be the next Schweitzer liked to make money. As a matter of fact, that was practically the sole reason for most … Continue reading

Posted in health | 1 Comment

潘楫

陆宣公论云 : 医以活人为心,故曰医乃仁术。有疾而求疗,不啻求救焚溺于水火也。医乃仁慈之术,须披发撄冠而往救之可也。否则焦濡之祸及,少有仁心者能忍乎?窃有医者,乘人之急而诈取货财,是则孜孜为利,跖之徒也,岂仁术而然哉。

Posted in health | 4 Comments

国立がん研究センター中央病院栄養管理室

Posted in health | 1 Comment

Gerald Ford

Thomas Jefferson once remarked that health is the first requisite after morality. The overall survival of our Nation depends in large measure on the health of its people. We can only be strong, prosperous, productive people to the extent that we are also a healthy people. Health is related to many things–good jobs, adequate housing, good education-but no society can achieve good health without an adequate health care system that responds to the needs of people, regardless of where they live or their economic or social station in life.

Posted in health | 1 Comment

The Telegraph

George Soros, the 83-year-old billionaire investor, is to marry 42-year-old healthcare and education consultant Tamiko Bolton on Saturday morning at his estate near New York City.

Posted in health | 2 Comments

nanalyze

Having only had their existence substantiated in 1997, Cancer Stem Cells (CSCs) were identified when researchers discovered that certain cancer cells harvested from a tumor had the ability to regrow a tumor when transplanted to a new location. These CSCs did so through the stem cell process of self-renewal, thus their given name. Researchers theorize that traditional forms of cancer treatment such as chemotherapy target only differentiated cells that form the bulk of the tumor however the cells that actually grow the tumor, CSCs, remain unscathed due in part to inherent defense mechanisms to radiation and chemotherapy. Even one such CSC left may fuel the growth of a new tumor … Continue reading

Posted in health | 1 Comment

岡本裕

自然界で自ら好き好んで走る動物は人間以外いないんです。それは、走るということが有害だからです。もちろん敵から逃げるとか、獲物を追う時は走りますが、あくまで短時間です。2時間も走っている動物はいない。 ある程度の負荷をかけるのはいいんです。骨粗しょう症の予防にもなります。息が切れない程度のジョギングはいいけど、人間ってエスカレートするでしょう。 タイムトライアルに夢中になって、4時間を切ったとか3時間を切ったとか熱中してやり過ぎますよね。若い人は精神力をつけるために多少はいいかもしれないけど、40歳過ぎてやるものじゃないです。体が下り坂に向かっている時に自ら痛めつけるというのは愚の骨頂です。 (走るよりは、自分のペースでの山登りなどを勧めていますね) そう。リラックスもできるだろうし、景色を見ながらハイキング程度がいいんじゃないですか。 走る人は寿命が短いというデータも実際あります。走ったら元気になるんじゃなくて、元気な人が走ってるだけ。元気を浪費してるだけ。 何でも極端なことはよくないです。例えば、がんの食事療法でも、極端で厳格な菜食主義よりも、もう少し自然な食事にしたほうが治癒率は高いです。要は、運動も食事も生き方も、極端なことをすると短命になります。

Posted in health | 1 Comment

高岡淑郎

日米の医療制度、医学教育のギャップにとまどいを感じながらも、日本独特の文化がある限り米国の真似をしても意味のない事であり、むしろ 両者の良い所を少しでも地域医療の現場に生かすのが私の使命であると努力を続けて居ります。 特に脳外科領域の中でも頚椎、腰椎を含めた最もポピュラーな脊椎、脊髄疾患が、脳外科、整形外科の境界領域であるせいか、適応を正しく選べば良い手術成績が得 られ、日常生活の質の改善に大きく関与するにもかかわらず手術が行われていなかった事に気づき、積極的に手術を行い既に 800 例を超えました。残りの 300 例は、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脳腫瘍、顔面痙攣、三叉神経痛を全て網羅してい るのは云うまでもありません。

Posted in health | 1 Comment

GLP-1

GLP-1 possesses several physiological properties that make it (and its analogs) a subject of intensive investigation as a potential treatment of diabetes mellitus. The known physiological functions of GLP-1 include: increases insulin secretion from the pancreas in a glucose-dependent manner. decreases glucagon secretion from the pancreas by engagement of a specific G protein-coupled receptor. increases insulin-sensitivity in both alpha cells and beta cells increases beta cells mass and insulin gene expression, post-translational processing and incretion. inhibits acid secretion and gastric emptying in the stomach. decreases food intake by increasing satiety in brain. promotes insulin sensitivity. As evidence of the physiological role of GLP-1 in post-prandial insulin secretion, it has been … Continue reading

Posted in health | 1 Comment

Testosterone

Testosterone is a steroid hormone from the androgen group and is found in mammals, reptiles, birds, and other vertebrates. In men, testosterone plays a key role in the development of male reproductive tissues such as the testis and prostate as well as promoting secondary sexual characteristics such as increased muscle, bone mass, and the growth of body hair.

Posted in health | 1 Comment

Wikipedia

The Maillard reaction is a form of nonenzymatic browning. It results from a chemical reaction between an amino acid and a reducing sugar, usually requiring heat. Vitally important in the preparation or presentation of many types of food, it is named after chemist Louis-Camille Maillard, who first described it in 1912 while attempting to reproduce biological protein synthesis. The crust of most breads, such as this brioche, is golden-brown due to the Maillard reaction. The Maillard reaction also occurs in the human body. It is a step in the formation of advanced glycation endproducts (AGEs). It is tracked by measuring pentosidine. Although the Maillard reaction has been studied most extensively … Continue reading

Posted in health | 4 Comments

渡辺雄二

食品添加物は食べ物を長持ちさせたり、見た目をよくしたり、カロリーを減らすために使われているが、それらは消費者の体を確実に蝕んでいる。1日22g、1年で約8kg以上の食品添加物を、現代人は摂取している。添加物の由来や性質、化学構造、あるいは動物実験の結果などから、人体に悪影響をおよぼすと考えられるものは、できるだけ避けるようにすることが賢明だ。 体を壊す10大食品添加物: 発色剤、・亜硝酸ナトリウム カラメル色素 合成甘味料 (アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムK) 臭素酸カリウム 合成着色料・タール色素 坊カビ剤の「OPP」と「TBZ」、「イマザリル」 殺菌料・次亜塩素酸ナトリウム 亜硫酸塩(酸化防止剤) 安息香酸(合成保存料) サッカリンNa(合成甘味料)

Posted in health | 2 Comments

内容量 774ml

【缶コーヒー】 コカ・コーラ ジョージア エメラルドマウンテンブレンド 微糖(アセスルファムK、スクラロース) ジョージア ヨーロピアン コクの微糖(アセスルファムK、スクラロース) ジョージア ヨーロピアン コクの超微糖(アセスルファムK) ジョージア ご褒美ブレイク(アセスルファムK) ジョージア 芳醇エスプレッソ(アセスルファムK) ジョージア 贅沢エスプレッソ(アセスルファムK、スクラロース) ジョージア エメラルドマウンテンブレンド カフェオレ砂糖不使用(アセスルファムK、スクラロース) サントリー ボス 贅沢微糖(アセスルファムK) ボス ゼロの頂点-カロリーゼロ-(アセスルファムK、スクラロース) ボス ホワイトプレッソ微糖(アセスルファムK) アサヒ飲料 ワンダ 金の微糖(アセスルファムK、スクラロース) ワンダ ゼロマックス プレミアム(アセスルファムK、スクラロース) ワンダ オーロラプレッソ(アセスルファムK、スクラロース) ワンダ キングロースト 焦がし微糖(アセスルファムK、スクラロース) キリンビバレッジ キリン ファイア 挽きたて微糖(アセスルファムK、スクラロース) キリン ファイア カフェゼロ(アセスルファムK、スクラロース) ダイドードリンコ ダイドーブレンドスペシャル[微糖](アセスルファムK) ダイドーゼロスペシャル[砂糖ゼロ](アセスルファムK、スクラロース) デミタス グランブルー(アセスルファムK) デミタス ザ・クオリティ(アセスルファムK) 炭焼珈琲[微糖](アセスルファムK) 男のカフェブレイク[角](アセスルファムK、スクラロース) カフェラテ[砂糖不使用](アセスルファムK、スクラロース) 復刻堂 侍エスプレッソ【砂糖ゼロ】(アセスルファムK、スクラロース) JTビバレッジ ルーツ アロマインパクト 微糖スペシャル(アセスルファムK、スクラロース) ルーツ アロマインパクト クイーンズラテ(アセスルファムK、スクラロース) ルーツ エクスプローラー テイスティ&ゼロ(アセスルファムK、スクラロース) ルーツ エクスプローラー アマレロブレンド微糖(アセスルファムK) ポッカ ポッカコーヒー 厳選微糖(アセスルファムK、スクラロース) アロマックス ダイアモンドドリップ微糖(アセスルファムK、スクラロース) アロマックス クリーミーラテ(アセスルファムK、スクラロース) サッポロ飲料 生粋 MILD(アセスルファムK、スクラロース) 生粋 ROAST(アセスルファムK、スクラロース) UCC THE CLEAR 砂糖ゼロ(アセスルファムK、スクラロース) UCC ブルーマウンテンブレンド 微糖(アセスルファムK、スクラロース) カフェ・オ・レ カロリーオフ(アセスルファムK) セブンプレミアム 挽きたてコーヒー 微糖(アセスルファムK、スクラロース)/セブンイレブン 珈琲館 プレミアム 微糖(アセスルファムK)/セーブオン 伊藤園 TULLY’S COFFEE BARISTA’S CHOICE ESPRESSO 微糖(アセスルファムK、スクラロース) TULLY’S COFFEE BARISTA’S CHOICE ESPRESSO LATTE … Continue reading

Posted in health | 2 Comments

南清貴

カット野菜は、野菜を切った後、次亜塩素酸ナトリウムという消毒液やプールの消毒に使う塩素水に何度も繰り返し漬けて殺菌します。においを嗅いだだけで、食べたら危ないとわかるはずですが、そのにおいを消すために、何度も水で洗浄します。 野菜に含まれている栄養素は水溶性のものが多いですから、殺菌剤液に漬けたり洗浄したりする間に流れ出てしまい、ほとんど何も残っていません。あえて言えば食物繊維くらいでしょうか。 12時から夜の8時まで。これは「食べるのに適した」時間です。この時間帯は食事も積極的にとっていい時間。1日に必要な栄養素をとりきって、夜8時以降はあまりものを食べない、これが体にとっては理想的な食べ方と言えます。 夜8時から明け方4時までは「代謝・修復」のための時間です。夜8時までの間にとった栄養素が、体の中で分解・吸収されてさまざまな化学変化を起こし、代謝されて新しい体をつくる、いわば再生の時間です。この時間帯はできるだけ静かに過ごしてください。動きまわらずに、ゆったりと過ごすことが大切です。睡眠をとったほうが、代謝はより効率よく進みます。

Posted in health | 1 Comment

ARTE France

Posted in health | 1 Comment

池田清彦

ここの所、近藤誠の本がすごい勢いで売れているようだ。最近出版された本は軒並みベストセラーである。近藤の主張は、血液のがんなどの特殊ながんを除き胃がん、肺がん、大腸がんなどのいわゆる固形がんは、治療をしても延命効果は期待できないというものだ。がんは基本的に放置しておくのが一番というのだから、医学界から蛇蝎のように嫌われるのは当然だ。 本の売れ行きを見る限り、今また近藤の主張は多くの人に支持されて拡がりつつあるようだ。医学界は必死の抵抗を試みるだろう。がんは放置しておくのが一番いいということになれば、がんの手術に携わる外科医と抗がん剤を製造している製薬会社はおまんまの食い上げになるからだ。しかし、患者は医学界の金儲けのために存在するわけではない。がん患者が手術や抗がん剤で殺されることはあっても、外科医がおまんまの食い上げになって死ぬことはない。どちらがいいかは自明であろう。

Posted in health | 1 Comment

HCCUA

Top ten causes of extreme human stress: Death of a Loved One Childhood Trauma Divorce Finances Employment Poor Healt Personal Relationships Chronically Ill Child Pregnancy Danger and Fear

Posted in health | 1 Comment

Bill Phillips

After studying the brains of 12 soccer players with an average age of 19 who never suffered a concussion but regularly headed the ball, Harvard Medical School researchers found potentially damaging changes in the areas of the brain responsible for memory and higher-level thinking in the soccer players.

Posted in health | 2 Comments

Andrew Stepto, Aparna Shankar, Panayotes Demakakos, Jane Wardle

Loneliness hurts, but social isolation can kill you. Both social isolation and loneliness are associated with increased mortality, but it is uncertain whether their effects are independent or whether loneliness represents the emotional pathway through which social isolation impairs health. We therefore assessed the extent to which the association between social isolation and mortality is mediated by loneliness. After adjusting statistically for demographic factors and baseline health, social isolation remained significantly associated with mortality, but loneliness did not. The association of social isolation with mortality was unchanged when loneliness was included in the model. Both social isolation and loneliness were associated with increased mortality. However, the effect of loneliness was … Continue reading

Posted in health | 4 Comments

The Lancet

The Global Burden of Disease Study 2010 (GBD 2010) is the largest ever systematic effort to describe the global distribution and causes of a wide array of major diseases, injuries, and health risk factors. The results show that infectious diseases, maternal and child illness, and malnutrition now cause fewer deaths and less illness than they did twenty years ago. As a result, fewer children are dying every year, but more young and middle-aged adults are dying and suffering from disease and injury, as non-communicable diseases, such as cancer and heart disease, become the dominant causes of death and disability worldwide. Since 1970, men and women worldwide have gained slightly more … Continue reading

Posted in health | 2 Comments

Institute for Health Metrics and Evaluation

Posted in health | 1 Comment

朝日新聞

眼精疲労 – 目の体操で視界スッキリ 眼球を上下に動かす。1分ほど繰り返す。 眼球にいつもと違う動きを与えることで、眼筋がほぐれます。ふだんの生活では、眼球を意識して積極的に動かすことがないため、簡単な動きでもストレッチ効果が期待できます。 眼球を左右に動かす。少しずつスピードをアップする。1分ほど繰り返す。 眼球を左右に動かすことで、一点凝視からくる眼筋のこわばりをやわらげます。 ゆっくりと円を描くように、両目を回す。 眼球を回すことで眼筋が柔軟になり、目の疲れを翌日に持ち越すことがなくなります。毎日行うことが大切ですので、気がついたときに行うようにしましょう。またこれらの動きは、視力の改善や視力の低下の防止にも効果が期待できます。

Posted in health | 1 Comment

NHKあさイチ

エノキタケリノール酸は体内の脂肪の内、特に内蔵脂肪を減少する効果がある。基礎代謝が低下した40代以降は内臓脂肪が増えやすいので、おすすめ。 えのきたけはきのこの中でも固い細胞壁を持っているので、そのまま食べてもなかなかエノキタケリノール酸は吸収されない。しかし干すと細胞壁が壊れるので、エノキタケリノール酸が細胞の外に出て吸収されやすくなる。細かく切るとさらに吸収されやすくなる。さらに、お湯の中で出すことによって、初めて成分の色が出る。この中にエノキタケリノール酸が含まれている。 干しえのきの作り方: えのきたけの根本を切り落としてバラバラにほぐし、ザルなどに広げたら天日・または日の当たる窓際で2〜3日乾燥具合をチェックして干す。えのきたけが黄金色に変化し重さが生のえのきたけの1/10の重さになるのが目安。 ビタミンDが2倍になる干しエノキの作り方: 2時間天日干しした後、フライパンを弱火で熱して7〜8分から煎りすれば出来上がり。 干しえのきのお茶の作り方: 水を沸騰させた後数分置いて95度程度になるのを待つ。ポットに干しエノキ(5g)とお湯(500ml)を入れてフタをし、なるべく95度を保ち30分待つ。30分経ったら出来上がり。 干しエノキは1日5グラム!食べ過ぎない。

Posted in health | 1 Comment

Christopher Gillberg

Co-existence of disorders – including attention-deficit/hyperactivity disorder, oppositional defiant disorder, tic disorder, developmental coordination disorder, and autism spectrum disorder – and sharing of symptoms across disorders (sometimes referred to as comorbidity) is the rule rather than the exception in child psychiatry and developmental medicine. The acronym ESSENCE refers to Early Symptomatic Syndromes Eliciting Neurodevelopmental Clinical Examinations. It is a term I have coined to refer to the reality of children (and their parents) presenting in clinical settings with impairing child symptoms before age 3 (5) years in the fields of (a) general development, (b) communication and language, (c) social inter-relatedness, (d) motor coordination, (e) attention, (f) activity, (g) behaviour, (h) mood, … Continue reading

Posted in health | 2 Comments

Wikipedia

Various alternate theories and other such hypotheses have arisen to speculate about the origins of HIV/AIDS. These alternative ideas range from suggestions that AIDS was the inadvertent result of experiments in the development of vaccines, to claims that human immunodeficiency virus was developed by scientists working for the U.S. government. While a few reputable mainstream scientists once investigated some of these theories as reasonable hypotheses, this is no longer the case, as continuing research has invalidated the alternative ideas. The current scientific consensus is that AIDS originated in Africa in the mid-1930s from the closely related Simian Immunodeficiency Virus.

Posted in health | 1 Comment

河岡義裕, 木村良一

鳥インフルエンザウイルスについての自分の研究論文の公表が一時、米国政府によって差し止められた。「テロリストが生物兵器に悪用する恐れがある」というのがその理由だったが、再検討した米国政府は一転して公開を認め、問題は一件落着した。しかし、後味の悪さは残る。 掲載差し止めはわれわれにとって意外でした。なぜなら6年前にはNIHが鳥のインフルエンザが人の間で大流行を起こす可能性があるのでその研究をやるように推奨していた。WHOも3年前から勧めていた。だからウイルス学者は研究を続けてきました。 今回の問題はNSABBで非公開で議論されてきたが、なぜかその議論の中身がすべてメディアにリークされていました。これは極めて政治的な手法です。 本来、私の名前など出るはずのものではない。論文が公表されていないのですから。それなのに複数の大手メディアからすぐに私にコンタクトがありました。

Posted in health | 3 Comments

Scott Z. Burns

Government official: “Is there any way that someone could weaponize the bird flu? Is that what we’re looking at?” Dr. Ellis Cheever: “Someone doesn’t have to weaponize the bird flu. The birds are doing that.”

Posted in health | 1 Comment

家森幸男

日本人は今、世界で一番の平均寿命で長寿を楽しんでいます。その秘訣は日本食にあることが世界中の調査からわかりました。 1983年に私は世界保健機関(WHO)に提案し、1985年から世界の61地域を調査し、日本食が世界の健康食だとわかりました。 私たちの世界調査によれば、大豆のイソフラボンやたんぱく質、魚のDNAやタウリンというアミノ酸をよく食べることで、このメタボリックシンドロームになりにくく、ごはんや野菜を多く摂れば、この予防が有効に働くことが証明されました。日本人が摂りすぎる塩分を控えれば、高血圧や動脈硬化も少なくなります。要するに「食はバランス」です。ごはんからカロリーを摂り、大豆、魚、野菜など日本の伝統食は不可欠です。減塩でもおいしく食べながら、血管の老化を予防し、健康長寿を楽しめるわけです。ルーマニアにお住みのみなさまも一日一食でもこのような食事をとられ、健康長寿を楽しんでいただくことを願ってやみません。

Posted in health | 4 Comments

John Hampton

The freedom of a doctor to treat an individual patient in the way he believes best has been markedly limited by the concept of evidence-based medicine. Clearly all would wish to practice according to the best available evidence, but it has become accepted that “evidence-based” means that which is derived from randomized, and preferably double-blind, clinical trials. The history of clinical trial development, which can be traced to the use of oranges and lemons for the treatment of scurvy in 1747, has reflected a progressive need to establish whether smaller and smaller effects of treatment are real. It has led to difficult concepts such as “equivalence” and aberrations such as … Continue reading

Posted in health | 1 Comment

清郷伸人, 北原茂実

国民皆保険はGHQが戦後日本の医療を先進国に近づけるために導入した発展途上国型の実験的システムで、人口構成がピラミッド型で、経済成長し、病人が少ないことが前提条件である。だから終戦時すでに先進国だった欧米諸国はこのモデルは眼中になかった。経済成長も鈍り、少子高齢化が最先端で進む今の日本には、国民皆保険は害をなすシステムである上に保険ともいえなくなっている。 国民皆保険は裕福な人が得をするシステムである。診療報酬が単価で決められているから、どんなに裕福でも一定額を払えば医療を受けられる。一方、本当に貧しく、保険料を払えない人は保険資格を取り消される。東大阪市のある病院では患者の26%が国民健康保険料を払えず、資格を取り上げられていた。こうした人たちが医療を受けようとすると自費で払わなければいけない。本当に貧しい人たちは、今、保険から追い出されている。セーフティネットに全然なっていない。 国民皆保険では所得によって保険料に差がつけられているものの医療費はまったく平等である。裕福な人がどんなに高額な医療を受けても自己負担は一定額の3割で済む。貧しい人は世界的にも高率な3割自己負担に耐え切れず高額な医療は受けられない。こうして高度で高額な医療は裕福な人たちが存分に享受し、苦しい保険財政はさらに悪化する。貧しい人たちは保険料を払っていても低額な医療しか選べず、払えない人はそれさえ全額自己負担になる。 「お金をかければ自分たちが困った時に何とかしてもらえる」のが保険だが、若い人はあまり病気にならないから、保険料は高齢者の医療に使われてしまう。自分たちが病気になる頃には財源がなくなる。つまり自分が使えないのに保険料を払っており、基本的に保険としてのメカニズムが壊れている。 これは日本の年金システムにもいえる負担の賦課方式というもので、現役世代が高齢世代の給付の負担をするという考え方である。人口のピラミッド型構成では何の問題もなかった、むしろ最適だったものである。しかし大きく変わった現実をリアルに考えれば、このシステムの崩壊は不可避である。 医療は基本的に税で見るべきだ。健康保険も形式的には目的税だから、医療財源に保険料と税がある今の二重構造をやめて、税に一本化すべきなのだ。保険でもなくセーフティネットにもなっていない国民皆保険はやめて税金で保障するのが、真のセーフティネットだと思う。 民間の営利を目的とした保険と異なって、病者や弱者も排除しない相互扶助の思想のもと全国民で支えあう方式でスタートした国民皆保険だが、所得格差や世代格差という現実の前で、国民平等の負担と受益という理想が幻になろうとしている。この変えられない現実を直視し、国民皆保険から落ちこぼれる貧者や世代を掬い上げることを真剣に考えなければならない。米国の悪口をいって済ましている場合ではないのである。

Posted in health | 2 Comments

ウィキペディア

厚生労働省の発表によると、2010年度医療費総額は36兆6000億円で、前年度より1兆4000億円増加。また70歳以上の高齢者の医療費は16兆2000億円。 日本では保険診療の場合は健康保険から費用が出され、2007年4月現在、原則、3-69歳の患者は医療費の3割、0-2歳の小児は2割(自治体で別途公費補助あり)、70歳以上の高齢者は1割(所得によっては3割)を窓口で支払う仕組みとなっている。なお、美容整形・歯科矯正など保険対象外の自由診療(保険外診療)の場合は全額患者負担となる。 診療報酬の引き下げが続く中、医療機関の経営改善(政策的には医療費抑制)を目的に特定機能病院や一部の民間病院では、既存の出来高払い方式から診断群分類包括評価(DPC)方式を採用している。 2006年からは保険医療機関等から受け取る医療費の内容の分かる領収証には医療内容区分毎の点数が記載され会計窓口で支払う負担金の計算根拠が表示されている。 人口の急速な高齢化に伴い、老人医療費の増加が問題になり、健康保険制度の見直しが長年議論されているが、政局の影響や各種団体(医師会、保険者、企業、労働組合など)の利害が衝突し、抜本的な改革はなかなか進まない状況にある。

Posted in health | 1 Comment

国境なき医師団 (MSF)

Posted in health | Leave a comment

近藤誠

巨大図書館やインターネットで自分なりに幅広く情報をあつめる 患者としての直感を大切にする 挨拶しない医者、患者の顔を見ない医者、患者を見下す医者はやめる 説明を鵜呑みにしない 医者の誘導に気をつける 薬の副作用、手術の後遺症、生存率をしっかり聞く 質問をうるさがる医者は見限る いきなり5種類以上の薬を出す医者は要注意 セカンドオピニオン、場合によりサードオピニオンを求める 検査データは患者のものだから、臆することなく借り出す

Posted in health | 1 Comment

World Health Organization

No discernible increase in health risks from the Fukushima event is expected outside Japan. With respect to Japan, this assessment estimates that the lifetime risk for some cancers may be somewhat elevated above baseline rates in certain age and sex groups that were in the areas most affected. These estimates provide valuable information for setting priorities in the coming years for population health monitoring, as has already begun with the Fukushima Health Management Survey. On the basis of these findings, the continued monitoring of food and the environment remains important. When additional dose estimations become available from studies undertaken by UNSCEAR and others, such data can be used to further … Continue reading

Posted in health | 2 Comments

Thomas H. Maugh II

By the middle of the 6th century, the Emperor Justinian had spread his Byzantine Empire around the rim of the Mediterranean and throughout Europe, laying the groundwork for what he hoped would be a long-lived dynasty. His dreams were shattered when disease-bearing mice from lower Egypt reached the harbor town of Pelusium in AD 540. From there, the devastating disease spread to Alexandria and, by ship, to Constantinople, Justinian’s capital, before surging throughout his empire. By the time Justinian’s plague had run its course in AD 590, it had killed as many as 100 million people — half the population of Europe — brought trade to a near halt, destroyed … Continue reading

Posted in health | 3 Comments

吉住昭

精神科の医師は,誇りあるいは自虐を込めて,精神科と身体科あるいは,精神科と一般科と,自らの立ち位置を語ることがある。内科医あるいは外科医が,一般科と内科,もしくは外科と一般科と語るのを聞いたことはない。いわゆるマイナーと称される科でも同様である。そこには,脳とこころという問題だけではなく多くのことが隠されているようにも思えてならない。 一般科と違いになると,精神科特例が登場する。精神科特例は,1958(昭和33)年10月2日の厚生事務次官通達(発医第132号)で,「精神病院を特殊病院と規定し,医師の数は一般病院の3分の1,看護婦数は3分2を可」としたもので,同年10月6日厚生省医務局長通知(発医第809号)では,「医師の確保が困難な場合暫定的にこれを考慮し運用することも可」というものである。具体的には,一般病床の場合に医師は,患者16人に1人(16:1)必要であるが,精神病床(大学病院などを除く)の場合は48:1で可とするものである。50年前のしかも暫定的とされたものが,未だに生き続けている。いったんできたものは,変えるのに大きな困難が伴うということであろうか。最近流行の精神科医師の求人広告をみていると,「当院は受け持ち患者は多いのですが…」に続き,「問題のない患者が多いので」との記載がその後にあった。何やらやりきれない気になってしまう。

Posted in health | 1 Comment

Franca e Franco Basaglia

Franca Basaglia: 彼は監獄(精神病院)の仕事なんて端からやりたくなかった。精神の病気というより、精神病院が原因の病気の人がいっぱいいました。そこで彼は、入院者を社会に返す作業に手をつけたのです。 Franco Basaglia: 鉄格子や鉄の扉に押し込めることを正当化するような精神状態など、本来ないのだ。精神病者の、ときおりの暴力は、結果である。施設の中での抑圧で引き起こされた人間としての反応である。つまり、それは精神病院が引き起こす病気。精神病院などやめて人間的存在たりうる温かい状況に置くことができれば、精神病者の暴力などなくなるのだ。

Posted in health | 2 Comments

フランコ・ロッテリ

一人ひとりの医者に『あなたは患者の味方か?』とたずねたら、きっと90%が『はい』というだろう。しかし、これらすべてが僕らの同志ではない。僕らは患者の家へ行く。ところが医者の多くは、患者の方から医者のもとへやってくるのを望んでいる。僕らの仕事は、患者に『薬を飲みなさい』『飲めばよくなる』というだけではこと足りない。家族に見捨てられた患者がいたらどうするか。医者の大半は、『それはオレの問題ではない』というだろう。僕らは違う。患者のために、別の生き方を見つける。職場をクビになった患者がいるとしよう。医者の大半は、『それもオレの仕事ではない』と逃げる。しかし、僕らは雇い主を説得する。『あなたが逆の立場だったとして、病気で解雇されたくはないでしょう』といって解雇を思いとどまらせる。僕らは新しい職場を作る。患者たちと生活共同組合を作る。改革を口にする医師はいっぱいいるが、言っていることと中身は違う。病院の主人であることと本当の医者であることは、実は両立しない。患者を抑えつけるなんて実にたやすいことだが、僕にはそれはできない。僕は医者でありたい。

Posted in health | 1 Comment

大熊一夫

トリエステには地域精神保健センターが5ヶ所設置されています。24時間オープンの5つのセンターには、合計で36の個室が用意されています。鍵を使って閉じ込めるのはもってのほか。自宅に一人でおかないほうがよい時、この個室のベッドを利用します。台所に洗濯場にリビングなどがあり、ミシン作業をやってくれる職員もおり、下宿屋の雰囲気に近いといいます。 センターの他に一ヶ所精神科診察治療サービス(SPDC)と呼ばれる8床の入院施設があります。精神科救急病棟です。これが24時間精神救急の受け皿として機能しています。ここには3人の医師と16人の看護師が勤務していますが、平日夜間と休日は統括する精神保健局のすべての医師が交代で担当します。 注目すべきは、トリエステ全体の精神科関係のベッドの少なさです。センター(36床)、SPDC(8床)、大学クリニック(11床: 入院用・デイホスピタル用)を足して、全部で54床です。かつて1,200床を抱えていたマニコミオ(精神病院)が消滅して、それに代わる病床がたった54床にまで減ったのです。これは国際指標の人口1万あたりの数でいえば「万対2.2」。恐らく精神科ベッドが世界で一番少ない都市でしょう。

Posted in health | 8 Comments

伊藤哲寛

精神科医療を必要としている人々が急増している。 精神病床数は多いが、病床の偏在があり、地域に適正に配置されていない。 一般病院/公的病院の精神病床は減少しているが、精神科病院の病床は減っていない。 精神科病院では一般病院に比較して外来患者数が少なく、入院中心の医療が続いている。 社会的入院が多く平均在院日数が著しく長い。しかも、大きな地域間格差がある。 一般科の医療や欧米の精神科医療と比較して、精神病床に係わる専門職が著しく少ない。 多数の任意入院患者が閉鎖病棟で治療を受けている。 退院請求、処遇改善請求権が十分活用されていない。 措置入院の運用に無視できない地域差がある。 精神科救急医療がうまく動いていない。 精神科の入院医療費が低く抑えられている。 障害者自立支援法施行後の精神障害者ための社会基盤整備の状況が明らかでない。

Posted in health | 1 Comment

Keri Gans

As a registered dietitian, many people are interested in what foods I eat, and just as often, what would never land on my plate. All foods fit, I say to them, and to my patients. Anything in moderation. But truth be told, there are foods that — barring a deserted-island situation — I wouldn’t touch. White bread, Spam, sugary breakfast cereals, soda, cheese doodles and Doritos: Not for me. I avoid foods that offer very limited, if any, nutritional benefit. While I have a few exceptions, at this point, those kinds of foods don’t even taste good to me. … Even if there are foods my friends and I wouldn’t … Continue reading

Posted in health | 3 Comments