Category Archives: life

Laurence Lévy Périn

Entre deux étouffements, il m’a dit : « Laurence, c’est fini, je ne veux plus vivre, j’ai fait le tour de ce qu’il m’était possible de faire, mais là je n’ai plus la force pour appuyer sur le bouton d’alarme, j’étouffe de plus en plus, cette mort-là me fait peur. » Mon mari n’avait pas peur de la mort en soi, mais il comprenait qu’il y avait diverses façons de mourir. Celle qui se profilait, il la redoutait. Il voulait une mort douce et élégante comme il avait vécu. Il a fait part de sa décision aux enfants. « Nous serons jusqu’au bout auprès de toi, on t’aime. » Pleurs, … Continue reading

Posted in life | 1 Comment

塩谷喜雄

9階浄土でバルコニーの山吹とリンゴの花を愛でつつ、毒づく言葉だけをそっと磨いて、それを肴に盃を傾けるのみ。春憂もまた佳肴なり。 ここまでお付き合いいただき深謝。

Posted in life | 4 Comments

Christian Cotroneo

Why do leaves have such different shapes? It’s simply a matter of life and death.

Posted in life | 2 Comments

Orelsan, Gringe

Posted in life | 2 Comments

Richard Conniff

This is how I want to be dead. That is, in the woods, with wild things all around.

Posted in life | 1 Comment

米本浩二

Posted in life | 1 Comment

梯久美子

Posted in life | 1 Comment

Jeff Beck

人生無駄に過ごした。

Posted in life | 1 Comment

Wikipedia

The 27 Club is a term that refers to the belief that an unusually high number of popular musicians and other artists have died at age 27, often as a result of drug and alcohol abuse, or violent means such as homicide or suicide. Brian Jones, Jimi Hendrix, Janis Joplin and Jim Morrison all died at the age of 27 between 1969 and 1971. At the time, the coincidence gave rise to some comment, but it was not until the death of Kurt Cobain, about two and a half decades later, that the idea of a “27 Club” began to catch on in public perception. According to Hendrix and Cobain … Continue reading

Posted in life | 2 Comments

団鬼六

とにかく小池は強い。新宿の将棋道場を拠点に勝ちまくり、奉られた二つ名が「新宿の殺し屋」。「通天閣の死闘」と呼ばれる激戦を制したり、泥酔して暴行事件を起こし、一晩とめおかれた留置場から駆け付けて大山康晴十五世名人との対局(角落ち)に圧勝したり、と、格好良すぎるくらい強いのに、いよいよプロへの道が開けようかという時にホステスに入れ込み、将棋道場の金を使い込んで逐電。重要な節目節目で必ず女に溺れて失敗する小池のジェットコースター人生から目が離せなくなる。 本書の魅力は、小池に何度煮え湯を飲まされようと彼の将棋を見たい、勝負に“乗りたい”と思ってしまう人間の不思議さを描いていることだ(著者の団もそのおかしな一人)。天才の一手に「夢」を託し、「夢」の先を見届けたいと願う人の姿が、また読む者の胸を打つ。

Posted in life | 1 Comment

庵原晴美

被災体験、戦後の混乱期を経て、高校時代にジイドの『狭き門』に衝撃を受けた少女はその後、数々の苦難に負けることなく波乱の人生を自らの行動力で見事にバラ色に開花させていく。幼子二人を抱えて途方に暮れた二十八歳の夏の日から二十年後、憧れ続けたパリのセーヌ河畔で。。。

Posted in life | 2 Comments

大田黒俊一

会社員時代から、定年退職後は田舎暮らしをしようと決めていました。そして、海が好きだったので海辺の地域で移住先を探していて、電車で日本海側の各地域を回る旅をしたこともありました。 そんなある日、東京の「にほんばし島根館」内にある、移住相談コーナーに行き相談したところ、鵜鷺地区のことを紹介してもらったんです。そして、現地を訪れて地元の人に案内してもらったのですが、その際とても地区のことを気に入りました。空き家も何軒か案内してもらい、そのうちの一軒を非常に気に入り入居を希望しました。

Posted in life | 1 Comment

白洲正子

 鶴川の家を買ったのは、昭和十五年で、 移ったのは戦争がはじまって直ぐのことであった。 別に疎開の意味はなく、かねてから静かな農村、 それも東京からあまり遠くない所に住みたいと思っていた。 現在は町田市になっているが、当時は鶴川村といい、 この辺に(少なくともその頃は)ざらにあった極くふつうの農家である。 手放すくらいだからひどく荒れており、 それから三十年かけて、少しずつ直し、今もまだ直しつづけている。  もともと住居はそうしたものなので、 これでいい、と満足するときはない。 綿密な計画を立てて、設計してみた所で、 住んでみれば何かと不自由なことが出て来る。 さりとてあまり便利に、ぬけ目なく作りすぎても、 人間が建築に左右されることになり、 生まれつきだらしのない私は、そういう窮屈な生活が嫌いなのである。 俗にいわれるように、田の字に作ってある農家は、その点都合がいい。 いくらでも自由がきくし、いじくり廻せる。 ひと口にいえば、自然の野山のように、無駄が多いのである。  牛が住んでいた土間を、洋間に直して、居間兼応接間にした。 床の間のある座敷が寝室に、隠居部屋が私の書斎に、 蚕室が子供部屋に変った。 子供達も大人になり、それぞれ家庭を持ったので、 今では週末に来て、泊る部屋になっている。 あくまでも、それは今この瞬間のことで、 明日はまたどうなるかわからない。 そういうものが家であり、人間であり、人間の生活であるからだが、 原始的な農家は、私の気ままな暮らしを許してくれる。 三十年近くの間、よく堪えてくれたと有がたく思っている。

Posted in life | 2 Comments

Daniel Chamovitz

Indeed, we tend not to pay much attention to the immensely sophisticated sensory machines in the flowers and trees that can be found right in our own back gardens. While most animals can choose their environments, seek shelter in a storm, search for food and a mate, or migrate with the changing seasons, plants must be able to withstand and adapt to constantly changing weather, encroaching neighbors, and invading pests, without being able to move to a better environment. Because of this, plants have developed complex sensory and regulatory systems that allow them to modulate their growth in response to ever-changing conditions. An elm tree has to know if its … Continue reading

Posted in life | 2 Comments

甲斐信枝

Posted in life | 5 Comments

Дмитрий Брушко

Ковер из желтых листьев, которые еще не успели убрать; ветер, который треплет волосы; мокрый асфальт, в котором отражается город… и запахи осеннего города. Осень в городе бывает разная. Даже в ненастную погоду и поздно вечером в ней можно найти свое очарование и красоту. Главное — одеться потеплее.

Posted in life | 2 Comments

Willard Spiegelman

The city remains completely indifferent to me, as it is to everyone. But without doing anything or talking to anyone, a walker on the street participates in the general excitement. Sitting at a diner and looking out, you see life itself on the other side of the window. Whatever your opinion of humanity, you have people to bewilder or console you. Manhattan reminds you of your utter irrelevance to the greater scheme of the universe. Aging means giving up, de-accessioning, and knowing that wealth and worldly achievement count for little. Like urban life, it makes you feel a nobody. Paradoxically, it also makes you feel alive.

Posted in life | 1 Comment

森田裕貴

生は夢幻であり 生に深い意味はない 死後に不安もない むしろ幸せ なんでとっとと死ななかったんだろ? ロープ一本あれば 誰もが苦しみ過ぎずに死ねる方法を知ってるのに 何で生きてる間は辛いを思いを我慢して 寿命まで生き続けるって事に意味があると勘違いし いろんな言い訳見つけて自殺を躊躇して 無駄に生き恥かき続けてたんだろう?

Posted in life | 2 Comments

Charlie Chaplin

Schopenhauer said happiness is a negative state—but I disagree. For the last twenty years I have known what happiness means. I have the good fortune to be married to a wonderful wife. I wish I could write more about this, but it involves perfect love and perfect love is the most beautiful of all frustrations because it is more than one can express. As I live with Oona, the depth and beauty of her character are a continual revelation to me. Even as she walks ahead of me along the narrow sidewalks of Vevey with simple dignity, her neat little figure straight, her dark hair smoothed back showing a few … Continue reading

Posted in life | 2 Comments

井上岳人

村田がドーナツを食べていくと、ドーナツの輪(生)が無くなっていくとともに、ドーナツの穴(死)も無くなっていく。人間が老いるというのは、人の命がドーナツのように小さくなっていくこと、あるいは減っていくことだな、と村田は思う。しかし、ドーナツの穴(死)も無くなっていくとは、どういうことを表しているのだろう。死を人は体験できないということか。ドーナツを全部食べ終えると、その輪の部分(生)も、そして穴の部分(死)もなくなってしまい、ドーナツそのもの(人)がなくなってしまうからである。それはそうだが、と村田は頭を振った。どうも釈然としない。死(穴)が無くなっていくとは・・・・・・。

Posted in life | 1 Comment

山本周五郎

人の一生は曲がり角だらけだ

Posted in life | 3 Comments

Didier Deschamps

C’est cruel de perdre cette finale comme ça, c’est très dur. Cela n’a pas tourné dans le bon sens ce soir. J’aurai besoin de temps pour digérer.

Posted in life | 1 Comment

石飛幸三

こういう現場にいると毎日、生と死について考えさせる事態ばかり。百人もいて、誰が逝ってもおかしくない世界。例えばアルツハイマーになって十年以上で五日間ほとんど何も食べていない奧さんがいて、ご主人はそろそろ最期だと理屈では分かっていても諦めきれない。何日か話し合い、検査で炎症症状がないのも確認してご主人もほっとして思い残すことなく、遠くにいるお子さんを呼び寄せようか、となる。そうしたことの連続。みんな迷う。人間そのものです。 何もしなかったらこんなに穏やかに逝けるのか、とここへ来てびっくりした。老衰の末期になると皆さん食べなくなる。そこで無理やり『点滴しなきゃ』『胃ろうで栄養入れなきゃ』としなければ、苦しまず眠って眠って自然に最期を迎える。この人もこの人も…そういうことなのかと勉強させてもらった。 自然な老衰死をすっと受け入れる人もいれば迷って迷って…という人もいる。息子と娘で意見が真っ二つになることもある。どうしたらいいか。スパッとした答えがあるようで、実はそうじゃない。人間の心の問題なんです。家族一人一人がとことん悩んだら、後になってできるだけのことをした自分の誠意を信じて収まりがつくんじゃないかと思う。迷っていいんだと言いたい。

Posted in life | 2 Comments

ヒルデモア東山

Posted in life | 2 Comments

Nanni Moretti

Posted in life | 2 Comments

鈴木隆行

21年間、常に苦しかったです。試合に出ていなかったこともありますし、試合に出ても重圧の中で戦わなければいけない。期待に応えなければいけない苦しさもありました。代表に選ばれているのに、翌年には試合に出られないとか。常に苦しさを伴いながらプレーしていました。苦しさを乗り越えて、自分を変えたい。苦しさを乗り越えないと変えられないと思っていた。苦しい中でもこんな経験ができて、いい人生だなと思った。 米国から一時帰国した翌日に、東日本大震災が起きました。あのような状況になって帰りたくないと思いました。そこで何かできることがないかを探したのですが、結局はサッカーしかできなくて。サッカーを通じて、少しでも地元のためになればと思ってプレーすることになりました。でも、自分が何かをしたいと思っていましたが、逆に勉強させてもらうことや、支えて頂くことがたくさんあった。いつの間にか、自分が支えられていました。

Posted in life | 1 Comment

新薬たん

「障害児の出産は減らすべき」への反応 出生前診断によって障碍胎児を堕胎しても良いのか? 生まれる前の障害胎児への選別が、『現に生きる障碍者への差別』とならないか? 精子、並びに受精卵へのゲノム編集技術を障碍児出産抑制のために推進するべきか?

Posted in life | 1 Comment

江口聡

人体や臓器は膨大な数の細胞でできているため、望んだ遺伝子を目標の臓器に正しく送り込み、適切に機能させるのは非常に難しい。また遺伝子を運び込むためにウイルス等を使うため、予期せぬ副作用も起こりうる。 体細胞系列の遺伝子操作は疾病を負っている本人に対する処置であるが、 生殖細胞系列の遺伝子操作は本人ではなく新しく生まれてくる子どもに対する処置である。

Posted in life | 1 Comment

酒本友紀子

茨城県の教育施策を話し合う18日の県総合教育会議の席上で、県教育委員が障害児らが通う特別支援学校を視察した経験を話すなかで、「妊娠初期にもっと(障害の有無が)わかるようにできないのか。(教職員も)すごい人数が従事しており、大変な予算だろうと思う」と発言した。 発言したのは、今年4月に教育委員に就任した東京・銀座の日動画廊副社長、長谷川智恵子氏(71)。発言を受け、橋本昌知事は会議で「医療が発達してきている。ただ、堕胎がいいかは倫理の問題」と述べた。長谷川氏は「意識改革しないと。技術で(障害の有無が)わかれば一番いい。生まれてきてからじゃ本当に大変」「茨城県では減らしていける方向になったらいい」などとした。 会議後の取材に、長谷川氏は出生前診断の是非などについて「命の大切さと社会の中のバランス。一概に言えない。世話する家族が大変なので、障害のある子どもの出産を防げるものなら防いだ方がいい」などと話した。 橋本知事は取材に「事実を知って産むかどうかを判断する機会を得られるのは悪いことではない」とし、長谷川氏の発言に「問題はない」と話した。

Posted in life | 3 Comments

Frédéric Beigbeder

Ma vie est un désastre, mais personne ne le voit car je suis très poli : je souris tout le temps. Je souris parce que je pense que si l’on cache sa souffrance elle disparaît. Et dans un sens, c’est vrai : elle est invisible donc elle n’existe pas, puisque nous vivons dans le monde du visible, du vérifiable, du matériel. Ma douleur n’est pas matérielle ; elle est occultée. Je suis un négationniste de moi-même.

Posted in life | 2 Comments

Светлана Алексиевич

Если оглянуться назад; вся наша история — советская и постсоветская — это огромная братская могила, море крови. Вечный диалог палачей и жертв. Вечные русские вопросы: что делать? И кто виноват? Революция, Гулаг, вторая мировая война и спрятанная от своего народа война в Афганистане, крах великой империи, под воду ушел гигантский социалистический материк, материк-утопия, а теперь новый вызов, космический вызов — Чернобыль. Вызов уже — всему живому. Все это — наша История. И это — тема моих книг. Мой путь… Мои круги ада… От человека к человеку…

Posted in life | 4 Comments

NordicBliss

Posted in life | 2 Comments

北野武

まあ、人生を楽しみたかったら他人に期待しすぎちゃいけないよね。天も国も政府も頼りすぎちゃいけない。ささやかな幸せを確保するのにもめちゃくちゃ努力しなきゃだめだよ。生半可なことじゃないよ。道には罠がいっぱい仕掛けられてるんだから。

Posted in life | 2 Comments

読売新聞

3連休の中日となった19日、各地の海や川で水難事故が相次ぎ、山形や千葉など8府県で7人が死亡、1人が行方不明になっている。 山形県鶴岡市の海水浴場では午前9時20分頃、トライアスロン大会に出場していた男性医師(48)が海面にうつぶせで浮かんでいるのを観客が発見。まもなく死亡が確認された。 鳥取県米子市の海岸でもトライアスロン大会に出場中の男性医師(56)が水死した。

Posted in life | 2 Comments

Dawn M. Gross

“There’s nothing more we can do.” These words are often spoken by a physician just before transitioning a patient to hospice and palliative care and are regrettably uttered only days, if not hours, before the person dies. These words leave no room for hope; they make a transition to comfort care a much-feared and often avoided final destination. Yet here’s the reality: More can always be done. More important, patients know exactly the “more” that they want. The real question is: Why don’t we ask? “If I had a magic wand, what is it you would wish for today?” This is a question I ask of my patients receiving hospice … Continue reading

Posted in life | 1 Comment

三木清

實際、愛と希望との間には密接な關係がある。希望は愛によつて生じ、愛は希望によつて育てられる。 愛もまた運命ではないか。運命が必然として自己の力を現はすとき、愛も必然に縛られなければならぬ。かやうな運命から解放されるためには愛は希望と結び附かなければならない。 希望といふものは生命の形成力以外の何物であるか。我々は生きてゐる限り希望を持つてゐるといふのは、生きることが形成することであるためである。希望は生命の形成力であり、我々の存在は希望によつて完成に達する。生命の形成力が希望であるといふのは、この形成が無からの形成といふ意味をもつてゐることに依るであらう。運命とはそのやうな無ではないのか。希望はそこから出てくるイデー的な力である。希望といふものは人間の存在の形而上學的本質を顯はすものである。

Posted in life | 1 Comment

Taro Gold

You and I have at least one thing in common: We’re not perfect. And you know what? That’s precisely how we’re meant to be. You and I are reflections of the perfectly imperfect nature of life itself. Once we make peace with ourselves, imperfections and all, we see that every ounce of success, love, and serenity we can imagine is our very birthright and the birthright of everyone around us.

Posted in life | 2 Comments

Paulo Coelho

If you think adventure is dangerous, try routine; it is lethal.

Posted in life | Leave a comment

Célia Héron

«Trop clément», ou «assez fin»? Le jugement du Ministère public de la Confédération (MPC) – une première en Suisse – a surpris certains cette semaine. Alors qu’en France ou en Allemagne, des djihadistes en herbe sont d’ores et déjà en prison, un Vaudois reconnu coupable de «participation à une organisation criminelle et de service militaire étranger» devra effectuer 600 heures de travail d’intérêt général avec sursis, et une psychothérapie. Il devra également trouver une place de travail, s’acquitter de 4700 francs de frais de procédure et réaliser un documentaire photographique sur le thème «signes de paix». Converti à l’islam en 2013 dans une mosquée vaudoise, le jeune Romand affirme avoir … Continue reading

Posted in life | 1 Comment

Christopher Ingraham

Posted in life | 1 Comment

Rita Taketsuru, 竹鶴政孝

退出時間が来たら遠慮なく家に帰り、家庭をもつ者は皆々揃って楽しい夕べを過ごすというようになって欲しいと思います。これは単に人生を有意味に暮らすということのみならず、およそ人として踏むべき道ではありませんでしょうか。

Posted in life | 1 Comment

北川悦吏子

桃子: ああ、もちろん結婚相手とは違いますよ。だって、生まれてから死ぬまでに何人の男と寝られるかわからないじゃないですか。センパーイ、パンツきついんでしょう? 南: これ血がとまっちゃうんだよ。寝られるかってさ、普通はね、生まれてから死ぬまでに何食食べられるかって言うんだよ。それでまずいものは食べたくないねって。普通はそういう話しだよ。 桃子: 同じことです。 南: 同じじゃない。 桃子: だからやっぱり、いい男見たら、とりあえず寝たいじゃないですか。 南: 人の話しを聞け。 桃子: ねえ。 南: ねえってもう、桃ちゃんの頭ん中どうなってるんだろうね。 桃子: ピンクの象がいっぱいいるんです。 南: ピンクの象? 桃子: ラブラブ桃子ってことですよ。

Posted in life | 1 Comment

Le Monde.fr, MeilleursAgents.com

Posted in life | 3 Comments

A Manchester United fan and Shinji Kagawa admirer

Destiny is a good thing to accept when it’s going your way. When it’s not; just don’t call it destiny. Call it injustice, treachery or simply bad luck.

Posted in life | 1 Comment

Danny Penman

7 steps to a longer life: Go for a walk Take time to breathe Change chairs Appreciate the here and now Set up a mindfulness bell Do the Sounds and Thoughts Meditation Visit the movies

Posted in life | 1 Comment

Harold B. Melchart

Live your life each day as you would climb a mountain. An occasional glance towards the summit keeps the goal in mind, but many beautiful scenes are to be observed from each new vantage point.

Posted in life | 1 Comment

Ann Scott Tyson

Army Special Forces Major Jim Gant changed the face of America’s war effort in Afghanistan. A decorated Green Beret who spent years in Afghanistan and Iraq training indigenous fighters, Gant argued for embedding autonomous units with tribes across Afghanistan to earn the Afghans’ trust and transform them into a reliable ally to defeat the Taliban and counter al-Qaeda networks. The military’s top brass, including General David Petraeus, commander of U.S. Forces in Afghanistan, approved, and Gant was tasked with implementing his controversial strategy. Veteran war correspondent Ann Scott Tyson first spoke with Gant when he was awarded the Silver Star in 2007. Spending time with him, she began to share … Continue reading

Posted in life | 2 Comments

ウィキペディア

「生命現象には物理学及び化学の法則だけでは説明できない独特の原理がある」、「生命現象の合目的性を認め、その合目的性は有機的過程それ自体に特異な自律性の結果である」など、生命に「非生物にはない特別な力」があるとする主張を、生気論 (vitalism) という。 科学史的に見て重要な論であり立場であるとされるが、現代生物学は基本的に唯物論的・機械論的な立場を採用しており、動植物などの生命だけに特有な力を認めるという生気論は認められておらず、過去の誤った理論と見なされている。 もっとも、米国の非認定大学から博士号を購入したことで知られる吉村作治が監修した『学問のしくみ事典』には、「生命を情報という観点からとらえる現代生物学は、むしろこの生気論に近い考え方になってきているとも言える」と書いてある。

Posted in life | 1 Comment

平家物語

生きる者は必ず滅し、会うた者は必ず離れる。

Posted in life | 1 Comment

Charles M. Schulz

Posted in life | 1 Comment

榎本武揚

1836年8月25日生まれ。 17歳の時に堀利煕とともに蝦夷地へ向かい、19歳で長崎海軍伝習所に入学、21歳で築地軍艦操練所の教授に就任。 26歳から30歳までの4年半、オランダに留学。 31歳の時に艦隊を指揮し品川を出発。時代は明治に変わる。32歳になり箱館を占領するも、新政府軍に降伏。五稜郭を明け渡し、東京丸の内辰の口牢に投獄される。 35歳で出獄、放免され、開拓使4等出仕。37歳で海軍中将を拝命、ロシアとの領土問題処理のための特命全権公使としてロシアに向かい、樺太千島交換条約調印のあと、41歳で帰国。42歳で東京地学協会を設立し、副会長に就任。43歳で海軍卿。45歳で皇居造影事務副総裁。その後、駐清特命全権公使として中国に向かう。49歳で帰国し、逓信大臣に就任。50歳で子爵。逓信・農商務大臣を兼任。51歳で電気学会初代会長。52歳で文部大臣。53歳で枢密院顧問官。54歳で徳川育英会育英黌農業科を設立し、管理長に就任。その後、外務大臣となる。55歳で条約改正調査委員会委員長。56歳で殖民協会を発足させ、会長に就任。57歳で農商務大臣。 72歳で死去。

Posted in life | 1 Comment

曽野綾子

周囲の反対の中で、敢えてその道を選ぶ、という行為の中には、密かな「祝福の気配」もあるということを世間は意外と知らない。偶然だが、私は流行の、得になるような職業上の花道を選んだのではなかった。ほかに選びようのない人生を歩く時、人は不思議な静寂さも贈られるのである。

Posted in life | 2 Comments

矢貫隆

「力が及びませんで……」 救急医が発したその言葉を聞いたとたん、妻は「やだーッ」と叫んで床に泣き崩れ、娘は「お父さんッ、お父さんッ、起きてよッ、お父さんッ」と必死な声をあげながらストレッチャーに横たわる父親を揺り動かす。すると次の瞬間、泣くのを止めた妻が立ち上がり、困ったような表情を見せながら夫に語りかけるのだった。「お父さん、急にどうしちゃったんですか。起きてくださいよ。ほら、もう起きてくださいってば」 もう20年も前、取材中の救命救急センターで目撃した光景である。 妻と娘は、「ご主人が交通事故で救命救急センターに搬送されました」という電話で呼び出され、駆けつけた先で「死亡確認」を告げられたのだ。何がなんだかわからずに、傍目には奇異に映る行動をとるのは少しも不思議なことではないように思えた。交通事故の実態を取材するため長期間にわたって救命救急センターに泊り込んだあのころ、そこでボクは数えきれないほどのこうした場面に立ち会い、そのたびに思ったものだ。交通事故で身内を亡くした家族は一様に、にわかには事態を受け入れられないのだ、と。当然だろう。交通事故による死はあまりにも突然で、残された家族にしてみれば、一切の心の準備がないままに、いきなり事故死という現実を目の前に突きつけられるのだから。 ボクはそれを嫌というほど見続けてきた。 昨年一年間に交通事故で亡くなった人の数は4,611人。亡くなった4,611人には、それぞれの“夢”や“希望”や“計画”があったはずなのだ。4,611人も……。 この数を、もっともっと減らさなければ、と思う。

Posted in life | 2 Comments

野見山暁治

母の死 この秋にお父さんが死んでくれるといい、母はこの一、二年そんなことをしばしば口にするようになった。そうしたらね、あたしはこの冬、安心して死ねる。 母は死にたがっていた。親しい人たちが少しずつ消えてゆくのを、羨ましそうに見つめていた。どうしたら死ねるのか、あの人たちに聞いてみたかった、と葬式から帰ってくるたびに、しみじみと言うのだった。 長生き病の父 長生き病に罹った人にとって、死は、ライオンのように向こうから疾走してきて、がぶりと呑み込んでしまう猛獣ではない。死は、ひそかに人の体内に入り込み、長い歳月を費やして、その人間とすっぽり入れ替わる算段なのだ。 どんなにか父は、それを追い払おうとしてきたことか。。。 長生き病はなおるのか、なおるとどうなるのか。これは病というより、死への変身への葛藤なのだ。

Posted in life | 2 Comments

水口貴博

顔をきれいにする前に、部屋をきれいにする。 人目のないときでも、整理整頓、できていますか。 「落ち着き」は、大人びた印象を醸し出す。 いらない物は、徹底的に捨てる。 余裕のある生活を送ろう。 知識は、気品があってこそ、引き立つ。 お金がなくても楽しめるセンスを、品という。 五感を通して感じることを、感動という。 愛を感じるために、愛を削っていませんか。 部屋の物が少ないほど、生活に品が出る。

Posted in life | 1 Comment

Augustin Berque

Japon Occident Pièce ouverte fermée Maison fermée ouverte Ville ouverte fermée Au Japon, la pièce est ouverte à l’intérieur de la maison, celle-ci est fermée vis-à-vis de la ville, tandis que, en Occident, la pièce est fermée dans la maison qui est plutôt ouverte à la ville.

Posted in life | 4 Comments

Sholom Aleichem

Life is a dream for the wise, a game for the fool, a comedy for the rich, a tragedy for the poor.

Posted in life | Leave a comment

Elvio Fachinelli

Faced with the young poet’s despondency, Freud is pushed to rebut: the transience of men and Nature does not debase them, but rather increases their value, which becomes a scarcity value: the beauty of Nature, destroyed by winter, returns, and this periodic return, in relation to the length of our lives, can be considered an eternal return; as to the beauty of a work of art or to the perfection of an intellectual achievement, their value is determined only by their significance to our present lives, and thus has no need to survive them. “But I noticed that I had made no impression either upon the poet or upon my … Continue reading

Posted in life | 1 Comment

Serge Schmemann

The experts we corralled for our “Conversation” on aging, as you are about to discover, agree that we are pushing death farther and farther back, so that many of us may now expect to live a century or more. I find this most heartening, sharing as I do the common fear of the Reaper. But I am also aware that I and my fellow centenarians will pose some difficult new problems for our 80-year-old kids and 60-something grandkids, problems memorably identified by the Beatles back in the day: Will you still need me, will you still feed me, when I’m one-oh-four? That, in effect, is the ambivalence of our time: … Continue reading

Posted in life | 4 Comments

宮崎駿

いろんな出来事があったが、それでも人は生きてきた。 地震はあるし、原発もなくならないし、 その中でどうやって生きるかが、今自分たちに問われている。 だが、がっかりすることはないと僕は思う。 人を好きになって、しっかりご飯を食べて、子供を大事にして生きていけばいい。

Posted in life | 1 Comment

黒井千次

「ここまでで充分よ、ありがと」 「ここに立って、手でも振ってお見送りするか」  駅の改札口の前で足を止めた浩平は、溜息とともに自分に言いきかせるように呟いた。何が起ったのか、そして何がもう起らないのか、承知しているようでまだ認める気にはなれない平原のような領域が、駅の外の夕暮れ近い空の下に遠く拡がっているような気がした。 「私に見えるように、大きく振ってね」  笑いながら穏やかな表情で重子が言った。頷いた浩平は一度左右に肩を揺すってから、右手を高々と差し伸べる仕草を見せかけて途中で止めた。若い母親らしい女性に連れられて改札口から出て来た幼い子供が不思議そうな顔で足を止めて彼を眺め、すぐに引き立てられるようにしてまた歩き出す。  改札口をはいった重子は一度だけ振り返って彼に視線を投げ、すぐブリッジの階段に頭から消えていった。

Posted in life | 2 Comments

黒井千次

年齢相応に老いていくことの困難な時代が到来した。若さや体力ばかりが尊重され、歳にふさわしい生の形が見失われようとしている。幼年期や思春期や壮年期に、それぞれの季節にだけ稔る果実があるのだとしたら、老年期には老年の、老いに特有な美しい木の実があっても少しもおかしくはない筈だ。そしてかって存在した老いの形とは、その実を収穫するための身構えでもあったのだろう。 幼い孫を連れて遊びに来た息子や娘の一家を送り出す休日の夕暮れの光景は、平和で心和む眺めである。と同時に、ふとなにかの欠けてしまったような危うい気分を誘い出されるのは、そこに老いの形がはっきりとは認められぬ故であるような気がする。

Posted in life | 3 Comments

Florent Latrive

C’est le plus grand cimetière de France. Il comptait 23 279 299 personnes au 31 décembre 2010, date du dernier comptage précis. Auxquelles s’ajoutent quelque 550 000 morts par an. Le centre d’épidémiologie sur les causes médicales de décès (CépiDc) tient à jour la base de données de tous les morts de France depuis quarante-cinq ans, avec leurs causes de décès détaillées, classées selon une norme internationale pour faciliter les comparaisons. La chambre froide ultime pour faire des statistiques sur les mille et une façons de mourir, et la source indispensable des études épidémiologiques les plus diverses. Cette base est aujourd’hui la référence absolue pour savoir la façon dont les … Continue reading

Posted in life | 1 Comment

Mathilde Fournier

Posted in life | 3 Comments

Lou Reed, Bono, Skye Edwards, David Bowie, Suzanne Vega, Elton John, Andrew Davis, Boyzone, Lesley Garrett, Burning Spear, Thomas Allen, Brodsky Quartet, Heather Small, Emmylou Harris, Tammy Wynette, Shane MacGowan, Sheona White, Dr. John, Robert Cray, Huey, Ian Broudie, Gabrielle, Emmylou Harris, Courtney Pine, BBC Symphony Orchestra, Brett Anderson, Visual Ministry Choir, Joan Armatrading, Laurie Anderson, Tom Jones

Posted in life | 3 Comments

G. Richard Shell

With our media and celebrity-heavy culture, it’s very, very common to see people unconsciously adopt a frame of reference that if they’re not famous, they’re not successful. If they’re not wealthy, they’re not successful. Even when they know better, they continue to behave in ways that give them this underlying sense of dissatisfaction if they’re not famous enough or rich enough. There are moments when — if we’re doing the right kind of work — we can have both a very strong sense of achievement and a very powerful and fulfilling sense of satisfaction. There are some things we do where we hit a sweet spot — where we can … Continue reading

Posted in life | 1 Comment

Paul Rousseau

The want to be well permeates a person’s life when the first sign of disease knocks on the door of invincibility. I know this not because I am a physician, but because I accompanied a loved one on a far-too-short journey through the horror and poverty of disease. I saw her fear, her suffering, and her eyes filled with the fading of light—she wanted nothing more than the normalcy of good health. Has medicine become such a business that the human factor has been relegated to the trash heap? Has the paucity of autonomy or even a falling income usurped the humanistic qualities of our worthy profession? Could it be … Continue reading

Posted in life | 3 Comments

Vyacheslav Pyetsukh

That any attempt, no matter how feeble, no matter how documentary, to reconstruct reality by using the tools of literary discourse inevitably turns reality into its opposite, that is, into literature, should give pause for thought. This being the case the relationships we are looking for must be strictly obligate, perhaps even fated. Here is another interesting observation: compared to literature, life is much more mottled, incoherent, variable, detailed, tedious. What follows is a bizarre suggestion: perhaps literature is indeed life, in other words, the ideal of its construction, the standard for all weights and measures, while so-called life comprises a sketch, avenues of approach, a blank, and in the … Continue reading

Posted in life | 2 Comments

Tennessee Williams

You can be young without money, but you can’t be old without it.

Posted in life | Leave a comment

東京都

Posted in life | 2 Comments

本多時生

まず必要なことは、「死」という現実を受け入れることです。死をイヤがったり恐れたりしている間は、冷静な考えも幸せ志向の考えも難しいのです。 「人は誰でも死ぬ」ということは変えようのないことです。現実を受け入れることは、幸せに生きる基本です。現実を嘆いたり、人のせいにしているだけでは、自ら幸せになることはできません。 「受け入れる」ことは、現実にあることを「ある」と認めることです。事実や存在を認めるのです。受け入れることで少しは気分がラクになります。そしてその先が考えられるようになります。 「受け入れる」と「あきらめる」は違います。現実を認めて「私にはどうしようもない」と考えてしまえば「あきらめ」になります。そこから前向きに考える方向性を持てることが「受け入れる」ことです。

Posted in life | 3 Comments

Orange Cinéma

Posted in life | 1 Comment

Dominic Fifield

Lambert only learned of his first call-up last Thursday after a sleepless night as his wife gave birth to the couple’s third child. The adulation he enjoyed post-match was fine reward for a nomadic career that has taken him from Blackpool to Macclesfield, Stockport to Rochdale, then prolific spells with Bristol Rovers and over four years at Southampton. “I know people will remind me every day about the beetroot factory [where he worked part-time for £20-a-day to supplement his income while with Macclesfield 12 years ago], but I don’t mind that,” he said. “It shows how far I’ve come, so it’s superb.”

Posted in life | 1 Comment

Sophie Fontanel

For a period of my life, from my 27th to my 39th years, I slept alone: I had no sex. I wasn’t unhappy. Or frustrated. In fact, I found no sex preferable to disappointing sex. Just before giving up, I had a boyfriend. He often said that we were happy sexually, but frankly he was blind to my unhappiness. So that winter, I went skiing without him. Alone in all that sun and snow, absorbing energy from the sky and mountains, I let my body breathe quietly. The freedom and whiteness of the snow and mountains produced a kind of ecstasy. I believe that a desert is sometimes necessary. Sometimes, … Continue reading

Posted in life | 3 Comments

Guy de Maupassant

Contemple-là, cette terre, telle que Dieu l’a donnée à ceux qui l’habitent. N’est-elle pas visiblement et uniquement disposée, plantée et boisée pour des ani- maux ? Qu’y a-t-il pour nous ? Rien. Et pour eux, tout : les cavernes, les arbres, les feuillages, les sources, le gîte, la nour- riture et la boisson. Aussi les gens dif- ficiles comme moi n’arrivent-ils jamais à s’y trouver bien. Ceux-là seuls qui se rap- prochent de la brute sont contents et satisfaits. Mais les autres, les poètes, les délicats, les rêveurs, les chercheurs, les inquiets ? Ah les pauvres gens !

Posted in life | 1 Comment

産経ニュース west

伝説のストリッパー、一条さゆり(本名・池田和子)は、1972年、大阪・吉野ミュージックでの引退興行中に「特出しショー」をやっていて公然わいせつ容疑で現行犯逮捕される。 一条の「共通の趣味を持った人たちが劇場という閉ざされた空間に集まってショーを見ることが、なぜ公然わいせつになるのか」、「ショーを企画し客を集めている興行師もいるのに、なぜ踊り子だけが摘発の対象になるのか」という踊り子の総意を背負った主張は、もてはやされはしても認められることはなく、結局、懲役刑が確定し、一条は和歌山刑務所に服役。出所後、釜ケ崎で名を変え、ひっそり暮らすように。なぜ釜ケ崎なのかはわからないというが、前科者で元ストリッパーという人間をやさしく迎えてくれる街は、釜ケ崎しかなかったのだという説がもっぱらだ。 釜ケ崎の地で、一条は男に翻弄され酒に溺れる人生を歩むことになる。63年、釜ヶ崎の酒場で働いていたとき、交際中の男にガソリンをかけられ、大やけどを負い、1年3カ月の入院生活を余儀なくされる。その後、生活保護を受けながら釜ヶ崎の解放会館の3畳1間で暮らし、1997年8月3日、肝硬変のため60年の生涯を閉じた。

Posted in life | 2 Comments

Otis Redding

Posted in life | 1 Comment

独立行政法人統計センター

Posted in life | 2 Comments

NBC

Shawn Stefani hit a 4-iron on the 213 yard par-3, missing the entire green to the left but got a favorable hop, and the ball just would not stop rolling toward the cup.

Posted in life | 1 Comment

king montez

Posted in life | 1 Comment

clik

Well here it is… the winter of my life and it catches me by surprise…How did I get here so fast? Where did the years go and where did my youth go? I remember well seeing older people through the years and thinking that those older people were years away from me and that winter was so far off that I could not fathom it or imagine fully what it would be like. And so…now I enter into this new season of my life unprepared for all the aches and pains and the loss of strength and ability to go and do things that I wish I had done but … Continue reading

Posted in life | 1 Comment

The Daily Minder

5 of the worst jobs in the world

Posted in life | 1 Comment

植草甚一

安い本で見当つかないけど面白そうだと感じたのは 買ってしまっとくのがいいんです。 そうすると、パラパラみただけで読まないこともあるけど、ずっとあとになって、 ああ買ってあったな、いいことしたなあと思うことが多いですよ。

Posted in life | 1 Comment

垣添忠生

2007年4月、私は国立がんセンターの総長を定年退職し、これからは妻と2人、旅行をしよう、好きな絵を描いていこうと思っていました。その矢先、妻が肺小細胞がんで亡くなったのです。 40年間一緒に暮らした相棒がいなくなり、完全にうつ状態になりました。食欲がなく、無理をして料理にはしをつけても味がしない。夜は睡眠剤を飲まないと眠れない。体重は3日間で3キログラムも落ちました。 それからは酒浸りの日々でした。浴びるほど飲み、生活はめちゃくちゃ。朝起きて新聞を開いても読む気がしない。玄関で妻の靴がチラッと目に入ると涙が噴き出してくる。妻と一緒に何度も通った道にさしかかるときも、その頃のことを思い出し、涙があふれ出てきました。 医師という職業柄、これまで数多くの人の死生観に触れてきました。宗教に救われたという人の話もよく聞きました。私は宗教に縁がなかったので、頼ることはしませんでした。この苦しみに一人で耐え、一人で生きていくしかないと思いました。 「もう生きていても仕方ない」。何度こう思ったかしれません。最初の1カ月ぐらいは、心理的な痛みだけでなく、叫び声を上げたくなるような肉体的な痛みも繰り返し感じました。3カ月ほど経つと、少しずつ回復の兆しが見え始めました。妻が天国から見て悲しんでいるに違いないと考えるようになり、気持ちを切り替えるよう心掛けたのです。悲しみが癒えることはありません。でも、時間とともに和らいではいく。時の流れに身を任せればいい。そう思えるようになったのです。以後、心の回復はおよそ3カ月ごとに変化を遂げていったように思います。

Posted in life | 3 Comments

Mark Twain

Life is short, break the rules, forgive quickly, kiss slowly, love truly, laugh uncontrollably, and never regret anything that made you smile. Twenty years from now you will be more disappointed by the things you didn’t do than by the ones you did. So throw off the bowlines. Sail away from the safe harbor. Catch the trade winds in your sails. Explore. Dream. Discover.

Posted in life | Leave a comment

Forbes

Billions of dollars can buy a lot. Lavish houses, luxury cars, elegant yachts, expensive clothes, dining extravaganzas in the best restaurants in town. Travel to exotic destinations. Billions can bring power and fame — and opportunities to contribute to the causes of humanity. But there are three things billions cannot buy. Peace of Mind Sanity Friendship The Bottom line: Billions can buy many amenities and trophies, the necessary conditions to getting a good life, but they cannot buy peace of mind, sanity, and friendship, the sufficient conditions for maintaining a good life.

Posted in life | 1 Comment

藤原清孝

お姉さん、喧嘩ばかりして ごめんなさいね。私の本音は  心よりお姉さんを信頼しておりました。 なのに、怒らせるようなことばかり繰り返して  実に済まぬことだったと深く反省しております。許してください。 急な宣告に、今は大変ショックで とても冷静とは言い難いですが 自分の犯罪を省みて、この急な宣告も仕方が無いか・・・と、 もう諦めの境地に自分を導いている次第です。 他にも沢山のことを書きたいのですが、あまり時間も無いので この辺で失礼致します。

Posted in life | 2 Comments

松井久子

Posted in life | Leave a comment

John Steinbeck

It has always seemed strange to me…The things we admire in men, kindness and generosity, openness, honesty, understanding and feeling, are the concomitants of failure in our system. And those traits we detest, sharpness, greed, acquisitiveness, meanness, egotism and self-interest, are the traits of success. And while men admire the quality of the first they love the produce of the second.

Posted in life | 1 Comment

Eva Cassidy, Katie Melua

Posted in life | 1 Comment

Mike Dash

In 1978, Soviet geologists prospecting in the wilds of Siberia discovered a family of six, lost in the taiga (for 40 years, this Russian family was cut off from all human contact, unaware of WWII). The low door creaked, and the figure of a very old man emerged into the light of day, straight out of a fairy tale. Barefoot. Wearing a patched and repatched shirt made of sacking. He wore trousers of the same material, also in patches, and had an uncombed beard. His hair was disheveled. He looked frightened and was very attentive…. We had to say something, so I began: ‘Greetings, grandfather! We’ve come to visit!’ The … Continue reading

Posted in life | 4 Comments

Kim Culbertson

People think being alone makes you lonely, but I don’t think that’s true. Being surrounded by the wrong people is the loneliest thing in the world. What’s painful is that what you had together, all your inside jokes and favorite restaurants and that movie you both loved but everyone else hated—that’s gone, and there’s no replacement for it, you never replicate it, never get to have it ever again…

Posted in life | 3 Comments

Ken Murray

How Doctors Die Years ago, Charlie, a highly respected orthopedist and a mentor of mine, found a lump in his stomach. He had a surgeon explore the area, and the diagnosis was pancreatic cancer. This surgeon was one of the best in the country. He had even invented a new procedure for this exact cancer that could triple a patient’s five-year-survival odds–from 5 percent to 15 percent–albeit with a poor quality of life. Charlie was uninterested. He went home the next day, closed his practice, and never set foot in a hospital again. He focused on spending time with family and feeling as good as possible. Several months later, he … Continue reading

Posted in life | 2 Comments

宮本顕二

デンマークやスウェーデンには、いわゆる寝たきり老人はいないと言われています。イギリス、アメリカ、オーストラリアにも寝たきり老人はほとんどいないそうです。一方、我が国のいわゆる老人病院には、一言も話せない、胃ろうが作られた寝たきりの老人がたくさんいます。 日本の医療水準は決して低くありません。むしろ優れているといっても良いくらいです。 ストックホルム近郊の病院や老人介護施設には、予想通り、寝たきり老人は1人もいませんでした。胃ろうの患者もいませんでした。その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているからでした。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。 ですから日本のように、高齢で口から食べられなくなったからといって胃ろうは作りませんし、点滴もしません。肺炎を起こしても抗生剤の注射もしません。内服投与のみです。したがって両手を拘束する必要もありません。つまり、多くの患者さんは、寝たきりになる前に亡くなっていました。寝たきり老人がいないのは当然でした。 さて、欧米が良いのか、日本が良いのかは、わかりません。しかし、全くものも言えず、関節も固まって寝返りすら打てない、そして、胃ろうを外さないように両手を拘束されている高齢の認知症患者を目の前にすると、人間の尊厳について考えざるを得ません。

Posted in life | 2 Comments

世界保健機構

緩和ケアは、生命を脅かす疾患による問題に直面する患者とその家族に対して、痛みやその他の身体的、心理的、社会的な問題、さらに精神的、霊的な問題を早期に発見し、的確な評価と処置を行うことによって、 苦痛を予防したり和らげることで、人生の質、生活の質を改善する行為である。緩和ケアは、 痛みやその他の苦痛な症状から解放する。 生命(人生)を尊重し、死ぬことをごく自然な過程であると認める。 死を早めたり、引き延ばしたりしない。 患者のためにケアの心理的、霊的側面を統合する。 死を迎えるまで患者が人生をできる限り積極的に生きてゆけるように支える 患者の家族が、患者が病気のさなかや死別後に、生活に適応できるように支える 患者と家族のニーズを満たすためにチームアプローチを適用し、必要とあらば死別後の家族らのカウンセリングも行う。 人生の質、生活の質を高めて、病気の過程に良い影響を与える。 病気の早い段階にも適用する。延命を目指すそのほかの治療(例えば化学療法、放射線療法など)を行っている段階でも、それに加えて行ってよいものである。臨床上の様々な困難をより深く理解し管理するために必要な調査を含んでいる。

Posted in life | Leave a comment

World Health Organization

Palliative care is an approach that improves the quality of life of patients and their families facing the problem associated with life-threatening illness, through the prevention and relief of suffering by means of early identification and impeccable assessment and treatment of pain and other problems, physical, psychosocial and spiritual. Palliative care: provides relief from pain and other distressing symptoms; affirms life and regards dying as a normal process; intends neither to hasten or postpone death; integrates the psychological and spiritual aspects of patient care; offers a support system to help patients live as actively as possible until death; offers a support system to help the family cope during the patients … Continue reading

Posted in life | 1 Comment

大川貞男

被災地の浜 壊れた漁船 解体作業 漁栄丸 甲板に 操業許可書 大川貞男 あの日 家に戻り 津波にのまれた

Posted in life | 3 Comments

nihon_bareda

それが人本来の自然な姿じゃないのでしょうか?食べたくないのであれば、本人の欲求に任せるべきです。 骨折等の怪我などをきっかけに、退院後は痴呆が進行するケースが殆どです。介護の負担も増します。長生きして欲しいと思う気持ちは解りますが、この国の老人医療は医者の意見をまともに聴き過ぎです。 医者は何が何でも長生きさせようとするものです。痛み止めすら、寿命を縮めるからという理由で簡単には打ちません。苦しむ患者の意志など無視しているかの様です。頭が固いのか、金儲けが先きなのか不思議に感じます。 まもなく天寿を終え、己の意思を失いつつある老人に、むりやり長生きさせる必要があるのでしょうか?もう、自然に任せていいのではないでしょうか。痛みや苦痛だけを取り除く事だけを考えてあげてはいかがでしょう。 ご自身も身体を壊されぬよう、お大事に。

Posted in life | 2 Comments

Ella Jenkins

Posted in life | 1 Comment

Akira Shiraishi, Sébastien Etienne

Posted in life | 1 Comment