Category Archives: globe

Curtis LeMay

Killing Japanese didn’t bother me very much at that time… I suppose if I had lost the war, I would have been tried as a war criminal…. Every soldier thinks something of the moral aspects of what he is doing. But all war is immoral and if you let that bother you, you’re not a good soldier.

Posted in globe | 6 Comments

Michael Goldfarb

The recent independence referendums in Iraqi Kurdistan and Catalonia, and the predictable heavy-handed responses from the central governments in Baghdad and Madrid, have raised many questions — a catechism without answers — on the meaning of nationhood in the 21st century. What is a nation? What is a nation-state? Is it the same as a country? Are a people, or a tribe, the same thing as a nation? In a globalized economy what does national sovereignty really mean? Around 500 years ago, at another time of political and economic flux, a Polish nobleman, whose name is lost to history, was asked about his national identity. He responded, “I am of … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

Imperium Rōmānum

Posted in globe | Leave a comment

Mongolyn Ezent Güren

Posted in globe | Leave a comment

Osmanlı İmparatorluğu

Posted in globe | 1 Comment

ガールスカウト日本連盟 (Girl Scouts of Japan)

世界中からガールスカウトの代表が集まり第36回世界会議が先週インドで開催されました。 51年前の1966年9月28日からの10日間、日本でも第19回世界会議を開催した歴史があります。 会場は東京タワーの下、芝公園の東京プリンスホテル。戦後に活動を再興した日本のガールスカウトが、世界連盟に完全復帰をしてから6年目のことでした。日本中のガールスカウトが世界のお客様をおもてなしの心で迎え、国際的な団体の一員であることを誇りに思いました。世界会議のテーマは「知るは 理解を 理解は 愛を」でした。

Posted in globe | 1 Comment

Wikipedia

Printed in March 1812, this political cartoon was drawn in reaction to the newly drawn state senate election district of South Essex created by the Massachusetts legislature to favor the Democratic-Republican Party candidates of Governor Elbridge Gerry over the Federalists. The caricature satirizes the bizarre shape of a district in Essex County, Massachusetts, as a dragon-like “monster”. Federalist newspaper editors and others at the time likened the district shape to a salamander, and the word gerrymander was a blend of that word and Governor Gerry’s last name.

Posted in globe | 2 Comments

Rainer Weiss, Kip Thorne, Barry Barish

A billion years ago (give or take), in a galaxy far, far away, two black holes concluded a cosmic pas de deux. After orbiting each other more and more closely, their mutual gravity tugging each to the other, they finally collided and merged into one. Their collision released enormous energy — equivalent to about three times the mass of our sun. The black holes’ inspiral, collision and merger roiled the surrounding space-time, sending gravitational waves streaming out in every direction at the speed of light. By the time those waves reached earth, early in the morning of Sept. 14, 2015, the once-cosmic roar had attenuated to a barely perceptible whimper. … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

東京藝術大学大学美術館

クローン文化財

Posted in globe | 2 Comments

Stockholm International Peace Research Institute (SIPRI)

Posted in globe | 1 Comment

Brut.

Posted in globe | 3 Comments

Nathan Weber

Mon visage a quelque chose en plus. Des rides en moins. Intérioriser et accumuler les émotions négatives n’est jamais bon pour votre santé à long terme. Les premiers organes touchés par ce sentiment de stress et d’énervement sont l’estomac ou encore la vésicule biliaire. Il est peut-être temps de lâcher prise et de vous débarrasser de cette frustration qui est en train de s’installer en vous !

Posted in globe | 1 Comment

Donato Bergandi

We are living in a very advanced stage of a dystopian ecological catastrophe. At the planetary level, relatively few humans are consistently conscious of the deterioration of the life-support systems that allow life to persist and evolve on this planet. In the meantime, the destruction of nature means enrichment for a tiny part of humanity, and goes hand in hand with severe environmental and economic losses for the great majority. This is particularly true in developing countries, where there still is an environment able to sustain higher levels of biodiversity in comparison to the environmentally more fragmented, economically advanced countries.

Posted in globe | 1 Comment

Gary Dagorn

Un iceberg de 5 800 km² vient de se détacher de la barrière de Larsen.

Posted in globe | 1 Comment

Johannes Jakob Fürst, Gaël Durand, Fabien Gillet-Chaulet, Laure Tavard, Melanie Rankl, Matthias Braun, Olivier Gagliardini

The future fate of the Antarctic ice sheet under a warming climate is dynamically tied to geometric changes of the floating ice shelves. The reason is that ice shelves transmit buttressing to upstream regions. Sources for buttressing are shearing at lateral confinements and positions where the ice shelf locally runs aground, such as at ice rises and ice rumples. As Antarctic ice shelves are known to be thinning at increasing rates, their buttressing potential is expected to reduce. Under continuous atmospheric warming over t he Antarctic Peninsula, vast ice-shelf areas have already be en lost. Before break-up, ice shelves accommodated a certain gradual recession of the ice front. During this … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

莊子

子獨不見狸 狌乎?卑身而伏,以候敖者,東西跳梁,不辟高下,中於機辟,死於罔罟。今夫斄牛,其大若垂天之雲,此能為大矣,而不能執鼠。今子有大樹,患其無用,何不樹之於無何有之鄉,廣莫之野,彷徨乎無為其側,逍遙乎寢臥其下?不夭斤斧,物無害者,無所可用,安所困苦哉!

Posted in globe | 2 Comments

原研哉

いずれにしても、デザイナーは分断され、パッケージ化されたデザインを供給する職能ではない。もしもそういう錯覚が社会に発生しているとするならば、僕らはそれを払拭しなくてはならない。当然のことだが、あらゆるコミュニケーション、あらゆるメディアにデザインは有効である。コミュニケーションに関与するデザイナーの仕事は、物事の本質を把握し、それに相応しい情報の形を与え、最適なメディアを通してそれらを社会に還流させていくことである。古いメディアに執着する姿勢も、新しいメディアに固執する姿勢も不自然である。

Posted in globe | 1 Comment

Travis Bradberry

8 Habits of Incredibly Interesting People They are passionate. They try new things. They don’t hide their quirks. They avoid the bandwagon. They check their egos at the door. They’re always learning. They share what they discover. They don’t worry about what others think of them.

Posted in globe | 2 Comments

Kai-Fu Lee

… the A.I. products that now exist are improving faster than most people realize and promise to radically transform our world, not always for the better. They are only tools, not a competing form of intelligence. But they will reshape what work means and how wealth is created, leading to unprecedented economic inequalities and even altering the global balance of power. It is imperative that we turn our attention to these imminent challenges. ** One way or another, we are going to have to start thinking about how to minimize the looming A.I.-fueled gap between the haves and the have-nots, both within and between nations. Or to put the matter … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

額田王

  潮 熟   潮 熟   毛 田   も 田   可 津   か 津   奈 尓   な に   比 舩   ひ 船   沼 乗   ぬ 乗   今 世   今 り   者 武   は せ   許 登   漕 む   藝 月   ぎ と   气 待   出 月   菜 者   で 待         な て         ば

Posted in globe | 1 Comment

Robert T. Lackey

I am concerned that policy-biased science is increasingly common in the scientific enterprise, as it undermines the credibility of science and scientists in public policy debates. This situation is especially unfortunate because scientific information is essential in many policy debates; such as, conflicts over scarce water resources; approaches to addressing wild fires; adapting to changing climate; policies toward native versus non-native species; and, balancing risks and benefits of genetically modified organisms. Science is not value-free, but it should be objective and policy should be based on the best science available. Too often, however, scientific information presented to the public and decision-makers is infused with hidden policy preferences. Such science is … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

世阿弥

菊を愛好する白河院の庭で、菊の世話をする山科の荘司という者がいました。荘司は白河院の女御の姿を見て、恋心を抱きます。女御は荘司の懸想を知り、臣下を通じて荘司に、あることを行えば、思いに応え、姿を見せてあげようと伝えます。あることとは、美しく装飾され、いかにも軽そうに見える荷を持って、庭を百度、千度廻ることでした。荘司はわずかな望みができたと喜び、下働きで鍛えてきたからやりやすいと、精一杯の力を込めて持ち上げようとします。しかし、それは大変な重荷で、まったく持ち上がりません。何度も何度も頑張ってみますが、持ち上がることはありませんでした。力を使い果たし、絶望した荘司は、この仕打ちを恨み、女御に思い知らせてやると言いながら、死んでしまいます。 臣下から荘司の死を知らされた女御は、庭に出て、荘司の死体を見て、その死を悼みます。ところが、立ち上がろうとしても巌に押さえつけられるように、身動きできません。すると、そこへ荘司の亡霊が現れます。亡霊は、女御のひどい仕打ちに憤り、さんざん恨み言を語り、地獄で苦しんでいることを伝え、女御を責め立てます。 しかし最後に荘司の亡霊は、弔いをしてくれるなら、恨みを消し、女御の守り神となって、幸せを末長く守ろうと言い、去っていきました。

Posted in globe | 1 Comment

日本郵便

ゆうメール ゆうパケット レターパックライト

Posted in globe | 1 Comment

田代俊孝

命は本来、実体的なモノではない。それをあると思うのは、「有」のとらわれであり、無いという虚無主義は「無」のとらわれである。有ると思うからあてが外れて苦しみになる。無いと思うと空しくなる。いずれにしても、「有無の邪見」である。 誕生も死も縁起であり、自分の思いどおりにならないいのちを実体的なものとして観るから、それを所有化して、思い通りになると思ってしまうのである。 一切が縁起の法のなかにある。縁起とは、平易にいえば関係存在ということである。だから、確固たる実体的ないのちではなく、すべて虚空であるというのである。

Posted in globe | 1 Comment

関根聡

情報爆発やビッグデータという用語が世間をにぎわすようになって久しい。しかし,歴史をひもとくとこのような情報爆発は少なくとも過去に2回あり,今回の情報爆発は3回目ということになる。 歴史的な情報爆発の1回目は「文字の発明」である。文字の発明以前の人類は情報を主に人から人に文字以外の方法で伝えていた。そのため,人類の過去の経験や文化の伝搬・伝授は,一部の人間による口承などに頼っていた。そこには神話や伝説など宗教的・呪術的な要素までも含まれ,一部の知的な人々による独占的な文化伝達形態が存在していたと考えられる。文字の発見によって,人間が扱う情報の量は桁違いに拡大した。また,情報伝達の正確性が確保され,それまでは過去の経験は数世代しか遡れなかったのに対して,何世代も前まで遡ることができる「歴史」と,人類が効率的に生き延びていくのに有効な「知識」の蓄積が可能となった。 2回目はグーテンベルグの「活版印刷の発明」である。文字の発明によって人類の歴史と知識が蓄積できるようになったが,活版印刷以前の時代には,それらは限られた人間の間でしか流通せず,知識の独占が起こっていた。中世以前のヨーロッパの大学は閉じられた形の子弟制度で運営されていたり,知識を持つ者(封建者など)と持たない者(農民など)の階級制度を支えていたりした。それに対し,活版印刷は多くの人々が歴史や知識に触れる機会を実現し,知識の大衆化ともいうべき効果を生み出した。それは識字率を向上させ,中世から近代に向かう教育制度の変革を促した。また,大きな意味で,知識の大衆化は王制に対する革命や民主化にも貢献し,近代から現代に至る新しい政治制度を実現する基礎ともなった。 そして,我々が現在進行形で経験している3回目の情報爆発は「コンピューターとネットワークの発明」である。この発明には3つの大きな特徴があると考えられる。 (1)膨大な情報を保存できること (2)膨大な情報を人間以上のスピードで処理できること (3)膨大な情報を共有できること もし,情報の知識化が高度に進み,膨大な情報の中から自分に有益な知識を獲得することが非常に容易になったら,将来,人間は知識を意識的に自分の脳の処理対象から分離し,知識に関する蓄積と処理をコンピューターとネットワークに任せるという方向になっていくのではないかと考えられる。既に,我々は難しい漢字やスペルの暗記は必要ではないと感じ始めているし,大抵の知識はウェブで獲得可能だと知っている。このように今後は知識そのものは徐々に軽視されていき,知識の活用能力や人とのコミュニケーション能力が重要視されていくのではないかと考えられる。つまり,3回目の情報爆発においては「人間と知識の分離」が実現されるのではないだろうか。

Posted in globe | 1 Comment

渡部昇一

稲田朋美後援会『ともみ組』会長 統一教会の広告塔 幸福の科学の大川隆法による霊言に 「守護霊の意見は8割ぐらい同じ」 「慰安婦問題は捏造」 「南京事件で虐殺行為は無かった」 「盧溝橋事件は中国共産党の陰謀」 「戦前の歴史の見方が正しかった」 「ヒトラーやムッソリーニ、二・二六事件の青年将校は共産主義者」 ロッキード裁判を裁判記録さえ読むことなく自らの妄想を元に批判 アパグループが主催した懸賞論文の審査委員長 (田母神俊雄の論文「日本は侵略国家であったのか」を選考) 「沖縄戦における集団自決問題は、歴史で騒げば金が出ると考えた人たちの作り話」 「適度の放射能は毎時20ミリシーベルトと毎時50ミリシーベルトの間にある」

Posted in globe | 3 Comments

Jelmer Mommers

l giant Shell has spent millions of dollars lobbying against measures that would protect the planet from climate catastrophe. But thanks to a film recently obtained by The Correspondent, it’s now clear that their position wasn’t born of ignorance. Shell knows that fossil fuels put us all at risk – in fact, they’ve known for over a quarter of a century. Climate of Concern, a 1991 educational film produced by Shell, warned that the company’s own product could lead to extreme weather, floods, famines, and climate refugees, and noted that the reality of climate change was “endorsed by a uniquely broad consensus of scientists.”

Posted in globe | 1 Comment

Murali Doraiswamy

Posted in globe | 2 Comments

Severino Bovino

Posted in globe | 1 Comment

成毛眞

人、メディア、パソコン、スマホ。あらゆるものが私たちに向かって情報を発信しています。これらをすべて受け入れて咀嚼していては、情報処理だけで1日が終わり、1週間が終わり、つまり、一生が終わってしまいます。それだけが人生なのだとしたら、私は80歳まですら生きたくありません。 長く生きたいのは、楽しいこと、面白いことをまだまだしたいからです。なので私は、そんな自分の時間を奪うだけの情報は徹底的に捨て、遠ざけ、触れないようにしています。 情報に一切触れないという意味ではありません。むしろ私は情報の入手には積極的な方だと自負しています。ただ、漫然とは情報を受け入れない、ということです。 触れる情報と、触れない情報を、意識して区別する。端的に言えば、私に不要なくだらない情報をシャットアウトします。こうすることで、時間の浪費を極力、防いでいるのです。 私に不要な情報とは、私から遠いところにある情報(また、私に関係なさそうな情報)のことではありません。私に害を与える情報のことです。遠いところにある情報は知っていても損はせず、むしろ役立つこともあります。しかし、害を与える情報は、知っていて得をしないどころか、知ってしまったことを後悔するし、害を与える情報を好む人たちを引き寄せることにもつながり、まさに、百害あって一利なしの情報です。 ** 情報の扱いに長けている人は益々長けていくし、不得手な人は不得手なままで、情報格差は広がっていく一方です。

Posted in globe | 2 Comments

池田清彦

科学はもともと、科学という方法によって説明できることしか説明できないし、世界には科学で説明できないことの方がむしろ多いのである。たかだか人の脳が理解できる範囲のやり方でもって、自然を全部説明しようというのは、そもそも無理なのである。人の脳は自然の一部である。一部で全体を説明するやり方に無理が生ずるのは、考えてみれば当たり前ではないか。 科学はもともと、くり返し観察される何らかの共通現象しか説明できないのである。個々人の生きる意味といった個別的な点に関しては科学は全く無力である。 自然現象の大半は、一回性のものであり、科学がコントロールできるものでも手におえるものでもないのだ。コントロール可能な世界にだけ住んでいると、時に人はそのことを忘れる。ふだん、それを忘れている人は、ある時自分の「心」と「体」がコントロールできないことを知って、あわてるのである。でも、自然のほとんどは、科学の説明の埒外にあるのである。

Posted in globe | 1 Comment

Google Earth

Posted in globe | 2 Comments

副田高行

僕はあまり勉強熱心ではないんですが、ただ言えることは、自分に興味のあることは身につくということです。仕事のためだけで情報を集めてもなかなか自分の中に蓄積していきません。もちろん、仕事によっては一生懸命勉強してやることはありますが、やはり、自分の価値観や基準をうまく表現できたとき、消費者にその広告の魅力を感じさせ、受け入れられるのだと思いますね。 ** 例えば、シャープのアクオスでいうと、世界の名建築シリーズや、現在の名画シリーズは、自分の興味のあるものを広告表現にとり入れているものです。でもそれは決して押しつけることではなく、それが共感を呼ぶと信じているからできるんです。世界で最も情緒の豊かな日本人はスペックだけではなく、心が動かされるものがないと満足しないと思うからです。 ** クリエーターも生活者ですから送り手の役割をすると同時に、受け手でもありますから、自分にとってもいい広告だと実感できる表現をしたいんです。自分自身も含めた生活者の心を動かせる表現をしたいんです。

Posted in globe | 1 Comment

Nasir Wakif

Posted in globe | 3 Comments

白井健策

ひとの話を聞きながら、うーむ、その話も、それからさっきの話も、新聞に出ていたなあ、などと思うことがある。その人が得々として話していることは、知った情報をいわば受け売りしているのである。▼それなりに面白い情報の羅列なのに、心の琴線に触れない。その人の心身を通って出てきた言葉がないからだ。そう感じて思わず自分の話し方をも省みる。私たちは、とかく情報を知恵と混同しがちである。▼当節、情報は山ほどある。それを取り入れて、賢くなったように錯覚する人がいる。あるいは情報の洪水におぼれ、流される人もいる。むろん、情報は持っているに越したことはない。情報は力でもある。▼だが、あくまでも情報は情報である。例えば、育児、教育、健康などに関して、情報を集める。それは結構だが、その上でどういう生活をするかを決めるのは、知恵の領域である。知恵が働かないと、情報に振り回される。▼ことの道理や筋道をわきまえ、しっかり判断する心の働きが知恵である。頭の良さ、学問的知識の有無などといったことではない。人生経験は関係があるだろう。だが体験したことを十分に自分の収穫とし、いつも考え抜く訓練がなければ知恵にはなるまい。▼英国の詩人・批評家、T・S・エリオットに、こういう言葉がある。「私たちが知識の中で失った知恵は、どこにある?私たちが情報の中で失った知識は、どこにある?」混同しがちな三つのものが詠み込まれている。▼自分の仕事に打ち込んできた、すぐれた職人。さまざまな苦労を重ねた年配の女性。時々、こういう人々から、重みのある、味のある、知恵の言葉を聞くことがある。各自の体験から引き出された、人生への深い洞察に裏打ちされた言葉である。▼先生たちは教室で知恵の言葉を語っているだろうか。親は子の情報判断を助けているだろうか。

Posted in globe | 2 Comments

大喜直彦

幕末・明治初期にかけて、明治政府は近代化を目指し、極端な西欧化政策に舵を切りました。その結果、江戸時代までの日本社会に成長してきた諸々の事象が否定的に位置づけられ、西洋のものやその思想がよいと誤解され、以後の日本社会に大きく影響を及ぼしました。 本来、日本人の信条は自然との共生でした。その根底には、古来自然は神仏との認識があったからです。神とは人知の及ばない畏るべきものでした。それは雨、雷、風、蛇、動物などつまり自然そのものなのです。そしてこの神はやがて仏教の仏と習合して融合していきます。 同時に近代化する社会は、合理的な考え方を強制するようになっていきました。合理化が進むと、自然は不思議なものではなくなり、ますます神仏の世界から切り離されていくのでした。 自然に勝つこと、それが「進歩」、この考えが人間社会にも持ち込まれ、勝つことが正しく、負けた側には目もくれず、さっさと進む、それが「進歩」と考えたのではないでしょうか。

Posted in globe | 1 Comment

Hassan Ammar

Posted in globe | 1 Comment

内井惣七

近頃はやりの考え方によれば、「科学」は社会制度や法律、文化や芸術作品と同じように、人間が社会的営みの中で作り出したものである。したがって、人間の社会的営みがあるところには必ず「倫理」の問題が出てくるので、科学といえども倫理の問題は避けて通れない、ということになる。このような答えは、当然のように見えて、ほとんど内容がない。なぜなら、先の問いの本質的な部分は、「なぜ倫理か」という部分だけではなく、「なぜ科学か」という部分にもあったはずだからである。

Posted in globe | 3 Comments

小石輝

私の考えでは、この作品が人々の心をわしづかみにした最大の理由は、「誰かにとって心から必要とされたい」「社会にとって役立つ存在になりたい」という根源的な二つの欲求を、「あり得ない設定」によって同時に満たす過程を描いたことにある。 現実社会でこれらを満たすことが日本人、特に三十歳代以下の「若者」層の多くにとって、実現できるとは思えないほどの彼方にあるからこそ、「決してあり得ない自己実現の物語」が共感を呼ぶのだ。この作品の超ヒットは、実は日本の社会が重度の機能不全に陥っている表れではないか。

Posted in globe | 1 Comment

小倉山荘

 山里は冬ぞさびしさまさりける 人めも草もかれぬと思へば   (源宗于)  わがまたぬ年はきぬれど 冬草のかれにし人はおとづれもせず   (凡河内躬恒)  ことの葉も霜にはあへずかれにけり こや秋はつるしるしなるらむ   (大中臣能宣) 〈詞書〉かれがれなるおとこの おぼつかなくなどいひたりけるによめる  有馬山ゐなの笹原かぜ吹けば いでそよ人を忘れやはする   (五十八 大弐三位)  ひと夜とて夜がれし床のさむしろに やがても塵のつもりぬるかな   (二条院讃岐)

Posted in globe | 1 Comment

Cyril Dion

Et si montrer des solutions, raconter une histoire qui fait du bien était la meilleure façon de résoudre les crises écologiques, économiques et sociales que traversent nos pays ? En 2012, Cyril Dion prend connaissance d’une étude, menée par vingt-deux scientifiques de différents pays, annonçant la disparition possible d’une partie de l’humanité d’ici à 2100. Cette nouvelle fait à peine l’objet d’un traitement de seconde zone dans les médias. Considérant qu’amplifier le concert des catastrophes ne fonctionne pas, il décide de partir, avec l’actrice-réalisatrice Mélanie Laurent et une petite équipe, découvrir à quoi notre monde pourrait ressembler si nous mettions bout à bout certaines des meilleures solutions que nous connaissons … Continue reading

Posted in globe | 3 Comments

Francisco Sagasti

The present study attempts to provide a frame of reference to examine the prospects for the development of science and technology in developing countries during the first two decades of the 21st century. This essay begins by presenting the main components of the conceptual framework and the outline of an explanatory scheme that would link the various components of the alternative model in an organic fashion. It then offers a brief historical perspective describing the evolution of speculative knowledge, the changes in technology base and the transformation of productive and service activities. The third part examines the emergence of the knowledge society in the second half of the 20th century, … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

国家外国专家局

外国人来华工作分类标准 建立科学、实用的外国人才评估体系,注重能力、实绩和贡献,突出市场评价、国际同行评价等市场需求导向(见外国高端人才公认职业成就认定标准说明,以下简称成就标准说明),综合运用计点积分制(见积分要素计分赋值表)、外国人在中国工作指导目录、劳动力市场测试和配额管理等,将来华工作外国人分为外国高端人才(A 类)、外国专业人才(B 类)、外国普通人员(C 类)三类,按标准实行分类管理。 国家外专局关于印发外国人来华工作许可制度试点实施方案的通知(PDFファイル) BTMU(China)実務・制度ニュースレター(PDFファイル)

Posted in globe | 3 Comments

Pierre Barthélémy

Le premier date du 21 octobre 992. Deux chroniques saxonnes signalent que, cette nuit-là, « tout le ciel s’est teint en rouge trois fois ». Le second événement survient deux mois plus tard, le jour de la Saint-Etienne qui tombe le lendemain de Noël, le 26 décembre. Cette fois, il est signalé non seulement dans les textes allemands mais aussi dans deux annales irlandaises. L’auteur d’une des chroniques saxonnes évoque un « miracle inouï » : « Soudain, aux alentours du premier chant du coq, venant du nord, une telle lumière brilla que beaucoup crurent que le soleil s’était levé. Cela continua pendant une heure. Après quoi, le ciel légèrement … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

Shukyohojin Nihon Diyanet

People who have faith have always needed a place of worship throughout history. Places of worship are where doctrines have been taught to the people and formal obligations have been fulfilled and are indispensable worldly elements of almost all religions, which direct people’s relations with both God and each other, as well as with other beings. Therefore, these sacred places have played a crucial role in starting communication between people. Thanks to such communication, those people who have known and bonded with each other, who have found solutions for their own problems, or who have taken a common stand, have considered such places as the safest centers as well. Some … Continue reading

Posted in belief, globe | 1 Comment

Sariko

Posted in globe | 2 Comments

Wikiquote

Einstein is one of those major iconic figures to whom many statements become attributed; unsourced attributions to him should usually be treated with some skepticism, and often a great deal of it. The only source of knowledge is experience. Commonly attributed, google books returns over 600 phrase matches but I cannot find the original source amongst these results. Appears to be a restatement of an actual quote from The Critique of Pure Reason by Immanuel Kant.

Posted in globe | 1 Comment

Joe Velikovsky

Where does knowledge come from? Tricky thing about this Q is – there are many different types of knowledge, and different types of knowledge come from different sources, so, a very general answer might be: `Knowledge comes from the universe, and can be contained inside biological individuals and groups.‘

Posted in globe | 1 Comment

RT

Posted in globe | 2 Comments

危険な食品添加物一覧

アセスルファムKとは、砂糖の200倍の甘さをもつ人工甘味料で、しかも0キロカロリー。アスパルテームよりさらに安価でコストが抑えられることから飲料メーカーやお菓子メーカーなど利益優先である企業から絶大な人気を誇っている。 アセスルファムKには塩化メチレンが含まれている。塩化メチレンは呼吸器や皮膚から体内に吸収されると、かなり”高い確率で発がんする”ことが明らかになっている危険な物質だ。つまり、アセスルファムKは微量でも長期的に摂取し続けると体に害があるということだ。実際に、がん、肝臓や腎臓の疾患、急性症状として頭痛や吐き気などを引き起こす。また、発がん性の危険から世界的に使用禁止になった”チクロ”と分子構造がとても似ている。 アセスルファムKは体内で消化できない。しかし分子が非常に小さいため腸から吸収され肝臓を経由して異物として血管内に入り体中を巡り、最終的に腎臓に運ばれ尿から排出される。つまり代謝されないので、エネルギーとならず0キロカロリーなのだ。この循環は肝臓や腎臓への負担が大きく、肝機能障害の指標となるGPTの値が増加し、さらにはリンパ球が減少する。 血糖値が上昇し、すい臓からインスリンが分泌されることがわかっている。糖尿病患者やその予備軍で、血糖値を気にしてダイエット系飲料を飲んでいる人もいるが、まったく意味がない。 アセスルファムKの味は”苦味”を伴うので、単体ではなくアスパルテームやスクラロースと一緒に使われることが多い。「味は悪いが甘味は強くコストがかからない」アセスルファムKを推進する人たちは、商品を売る側やその利権の恩恵を受ける人達が多いのではないか。

Posted in globe | 2 Comments

白洲次郎

            Tsurukawa-mura,             Minami-tama-gun,             Tokyo.                  June 22nd, 1947.   Your Excellency,             I have great honour in presenting to you a wooden chair I designed and had it specially made in my village work shop for your Excellency in sincere appreciation of and great admiration for your unrivalled leadership I had the good fortune of witnessing during my tenure of office as Vice-President of Central Liaison Office.                I remain, Your Excellency,               Your most obedient servant.                     Jiro Shirasu.   His Excellency, General of the Army Douglas MacArthur, The American Embassy, Tokyo.  

Posted in globe | 3 Comments

母の友

『雑草のくらし』を読んだときの衝撃は、今も鮮明に覚えている。一区画の更地で雑草たちが繰り広げる営みを描いた科学絵本。様々な種対の草が、栄え、滅び、次代へ命をつないでいく。物言わぬ彼らの栄枯盛衰のドラマにしばし呆然とし、次に驚きの対象は「その事実を伝えようとした人」へと変わった。自ら畑あとを借り、5年もの間観察を続けたというのだ。静かなタッチの絵に客観を貫く文章。この本の著者、甲斐信枝さんとは、一帯どんな人なのだろう。 電話での取材依頼では快諾を得たものの、参考にと見本誌を送ったところ、すぐに電話がかかってきた。「とてもじゃないけど、私には無理ですよ」。数度のやりとりの後、ようやく取材は許された。やりとりの中で甲斐さんがもらした「限りなく謙虚であれ、限りなく傲慢であれ」「ちゃんとした仕事はしてきていない」という言葉が耳に残った。会ってその真意を確かめたい。絵本とは、観察とは、仕事とは何か──会えば手がかりがつかめるかもしれない、そんな予感もあったのだ。 紅葉シーズン真っ盛りの京都・大覚寺。待ち合わせ場所のバス停前に、約束の30分前に着くと、すでに甲斐さんはいた。緑のスカーフの上の笑顔がチャーミング。 まずは、「縄張り」を案内してくれる。大覚寺脇の小道をゆくと、まもなく田園が広がった。ゆるやかな傾斜と周りを囲む山々が美しい。甲斐さんが常に草花を観察、写生しているフィールドだ。 「新聞紙を敷いて土手にあぐらをかいて座り込むことも多いですね。目線を低くすると、いろんなものが見つかるのよ」。

Posted in globe | 1 Comment

Raytheon

Turn the lights out on your enemy. Operate unimpeded in the modern threat environment. To do that, you need to control the electromagnetic spectrum. ** The U.S Air Force has awarded Raytheon Company $4.8 million to continue the Counter-Electronics High Power Microwave Advanced Missile, known as CHAMP, aboard the Conventional Air-Launched Cruise Missile. CHAMP is a non-kinetic payload that can disable adversaries’ electronic systems. As part of the contract, Raytheon Missile Systems Ktech will refurbish the CHAMP payload and a pair of CALCMs and deliver them to the Air Force Research Laboratory. This is the first major CHAMP activity since the AFRL successfully demonstrated the technology in October 2012. Non-kinetic … Continue reading

Posted in globe | 3 Comments

デジタル大辞泉

由らしむべし知らしむべからず 《「論語」泰伯から》 人民を為政者の施政に従わせることはできるが、その道理を理解させることはむずかしい。 転じて、 為政者は人民を施政に従わせればよいのであり、その道理を人民にわからせる必要はない。

Posted in globe | 1 Comment

Erik Brynjolfsson, Andrew Mcafee

… this is a book about the second machine age unfolding right now—an inflection point in the history of our economies and societies because of digitization. It’s an inflection point in the right direction—bounty instead of scarcity, freedom instead of constraint—but one that will bring with it some difficult challenges and choices. The first part gives many examples of recent technological progress that seem like the stuff of science fiction, explains why they’re happening now, and reveals why we should be confident that the scale and pace of innovation in computers, robots, and other digital gear is only going to accelerate in the future. The second part explores bounty and … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

野中郁次郎, 紺野登

なんらかの知識が妥当性の高いモデルを構成してしまった場合、それは発見の手段になると同時に隠蔽の手段にもなりえるわけです。 コンセプトは私たちに観点の変化をもたらします。それは新たな視点を提供するのみならず、物事の本質をつかみ取ることのできるような観点です。私たちが「事実」と呼ぶものは、つきつめれば、経験的世界から切り取られた、現実の一部にすぎません。その際、新たな観点で現実を切り取る、道具の役目を果たすのがコンセプトです。現実を新たなものとして認識することで、新たな価値や行動が展開されていくのです。

Posted in globe | 1 Comment

橘玲

スーパーZIPに住む新上流階級はマクドナルドのようなファストフード店には近づかず、アルコールはワインかクラフトビールでタバコは吸わない。アメリカでも新聞の購読者は減っているが、新上流階級はニューヨークタイムズ(リベラル派)やウォールストリートジャーナル(保守派)に毎朝目を通し、『ニューヨーカー』や『エコノミスト』、場合によっては『ローリングストーン』などを定期購読している。 また彼らは、基本的にあまりテレビを観ず、人気ランキング上位に入るようなトークラジオ(リスナーと電話でのトークを中心にした番組)も聴かない。休日の昼からカウチでスポーツ番組を観て過ごすようなことはせず、休暇はラスベガスやディズニーワールドではなく、バックパックを背負ってカナダや中米の大自然のなかで過ごす。 マレーは、これが新上流階級がスーパーZIPに集住する理由だという。彼らの趣味嗜好は一般のアメリカ人とまったく異なっているので、一緒にいても話が合わない。「自分に似たひと」と結婚したり、隣人になったほうがずっと楽しいのだ。 アメリカでは民主党を支持するリベラル派(青いアメリカ)と、共和党を支持する保守派(赤いアメリカ)の分裂が問題になっている。だが新上流階級は、政治的信条の同じ労働者階級よりも政治的信条の異なる新上流階級と隣同士になることを好む。政治を抜きにするならば、彼らの趣味やライフスタイルはほとんど同じなのだ。

Posted in globe | 2 Comments

橘玲

知能や学力が遺伝なのか、環境なのかという論争は、科学的には行動遺伝学によって決着がつけられた。一卵性双生児や二卵性双生児を多数調べることで、知能や性格、精神疾患や犯罪傾向にどの程度、遺伝の影響があるのかが正確に計測できるようになったからだ。 そのなかでも知能の遺伝率はきわだって高く、論理的推論能力は68%、一般知能(IQ)は77%とされている。知能の7割から8割は、遺伝によって説明できるのだ。 この科学的知見をもとにして、政治的にきわめて不穏な主張が現われた。彼らは次のようにいう。 知識社会における経済格差は知能の格差だ。知識社会とは、定義上、知能の高いひとが経済的に成功できる社会のことだ。だからこそ、「教育によってすべての国民の知能を高める」という理想論が唱えられるのだが、いまやその前提は崩壊しかけている。 先進国で社会が二極化するのは、知識社会が、知能の高いひととそうでないひとを分断するからだ。知能のちがいは、環境ではなく遺伝によってほぼ説明できる。だからこそ、どれほど教育にちからを注いでも経済格差は拡大するのだ。 これはリベラルの立場からはとうてい受け入れることのできない主張だが、だからといってそれが科学によって裏づけられている以上、「差別」のひと言で否定することもできない。

Posted in globe | 1 Comment

飯田進

これまで、私の体験と元兵士たちの記録をたどって、ニューギニア戦線の実相を描いてきました。それは、勇戦敢闘したある兵士の物語ではなく、飢えて野垂れ死にしなければならなかった大勢の兵士たちの実態です。 これはニューギニアに限りません。太平洋戦争戦域各地に共通していたことなのです。二百数十万人に達する戦没者の大多数が、本国から遠く離れて、同じような運命をたどらされたのでした。 この酷いとも凄惨とも、喩えようのない最期を若者たちに強いたことを、戦後の日本人の大多数は、知らないまま過ごしてきました。この事実を知らずに、靖国問題についていくら議論をしても虚しいばかりだと私は思います。 戦後、数多くの戦友会によって頻繁に行われた慰霊祭の祭文に、不思議に共通していた言葉がありました。 「あなた方の尊い犠牲の上に、今日の経済的繁栄があります。どうか安らかにお眠りください」 飢え死にした兵士たちのどこに、経済的繁栄を築く要因があったのでしょうか。怒り狂った死者たちの叫び声が、聞こえて来るようです。 なぜあれだけ夥しい兵士たちが、戦場に上陸するやいなや補給を断たれ、飢え死にしなければならなかったのか。兵士たちはアメリカを始めとする連合軍に対してではなく、無謀で拙劣きわまりない戦略、戦術を強いた大本営参謀をこそ、恨みに怨んで死んでいったのです。

Posted in globe | 2 Comments

ピュアハート・カウンセリング

因果律の考え方では、問題のある結果に至ったとき、「問題のある結果には、問題につながる原因があり、その原因を取り除いたり改善することによって、好ましい結果に変えることができる」といった考え方をします。 これを心の苦しさに当てはめれば、「心の苦しさにも原因があり、その原因を解決すれば、心の苦しさは解決する」と理解することができます。逆に、「原因が分からなければ、心の苦しさを解決できない」という雰囲気も作り出してしまいます。 ですから、心が苦しいと感じる時は、それを解決するために、「何が何でもその原因を見つけ出さなければならない」という気持ちに陥ってしまうのは無理のないことなのです。しかし、心の苦しさを解消するには、原因は必要ありません。ただ、心の苦しさを適切に対処すれば良いのです。

Posted in globe | 1 Comment

北嶋裕

しかし今年、雨にも増してドイツの生産者達を恐れさせているのが「スズキ」である。日本出身のそれは4月頃にバーデンの果樹園に姿を現し、やがて7月頃から勢力を増しながら次第に北上し、ヴュルテンベルク、ファルツ、フランケン、ラインヘッセン、そしてモーゼルのブドウ畑にも姿を現した。特に赤ワイン用のブドウを好み、数日のうちに深刻な被害を及ぼしかねないという危険な存在だ。といっても、人間ではない。学名を「ドロソフィラ・スズキイDrosophila suzukii」と言うショウジョウバエの一種で、和名は「オウトウショウジョウバエ」である。オウトウは桜桃、つまりサクランボのこと。その名の通りサクランボやイチゴ、キイチゴ、ブルーベリー、プルーンをはじめとする、もっぱら果皮が赤~黒の果実やベリーに産卵する。1930年頃には日本・韓国・中国で広く生息していたというこのショウジョウバエの一種は、1980年代にハワイ、2008~9年には北米西部とカナダで大繁殖し深刻な被害をもたらした。ヨーロッパでは2008年にスペインで最初の被害がみつかり、2009年にフランスとイタリア、2011年にはオーストリア、ドイツ、スイスまで拡大した。 ちなみに、オウトウショウジョウバエの学名にある「スズキ」の名は、大正時代に京都で花園昆虫研究所という標本商を営んでいた鈴木元次郎氏に由来する。鈴木氏は元々蒔絵職人だったのだが、その図案の参考にするために島津製作所の標本部に出入りしているうちに、昆虫学に魅せられたらしい。スズキの名が最初に文献に登場するのは1931年のことで、昆虫学の大家であった松村松年博士の『日本昆蟲大圖鑑』の猩猩蠅科の中で「スズキシャウジヤウバヘ Leucophenga suzukii Mats.」とあるので、当時松村博士はコガネショウジョウバエ族の一種と鑑定したようだ。

Posted in globe | 1 Comment

Steve Vai

Posted in globe | 1 Comment

長谷川眞理子

一方で遺伝学を誤用した優生学が入り、もう一方で社会ダーウィニズムによる自文化中心主義が入ってきたため、20 世紀の人文社会系学問は、次の3つの特徴をもつことになりました。 ①優生主義に対する嫌悪 – 人間を生物的にとらえて理解しようとするのは間違いであるという考え方 ②経験至上主義 – 人間は遺伝的、生物的要素で決まるのではなく、経験によってつくられるという考え方 ③文化相対主義 – 社会ダーウィニズムに対する嫌悪感から、文化に優劣はないとする考え方。この考え方の極限がポストモダン主義で、神話的な世界の解釈も科学的見方も同列であるととらえる 現在はまだ、生物学や進化学は人文社会系の学問とはほとんど対話できません。脳神経科学や認知科学、遺伝学などで人間の理解は一方では非常に進んでいますが、そのことが人文社会系には浸透していないどころか、浸透するのを敬遠している傾向もあります。特に教育学ではその傾向が強く、教育学者は経験至上主義を基本としており、人間は遺伝的生物的要素によって決定されるのではなく、経験によって決定される、だから教育に意味があるとする立場をとります。もちろん教育に意味があることは否定しませんが、教育でなんとでもできるという信念が強く、遺伝的基盤や生物学的性差が言及されることについては非常に反発します。

Posted in globe | 1 Comment

Dassault Systèmes

In the face of dire statistics, repeated climate warnings and dying ecosystems, it is encouraging to see the innovation in the aerospace industry to reduce our impact on our planet. Discover how leading pioneers are changing the game to make a more sustainable future of flight.

Posted in globe | 1 Comment

Tom Hanks

Computer keyboards make a mousy tappy tap tappy tap like ones you hear in a Starbucks — work may be getting done but it sounds cozy and small, like knitting needles creating a pair of socks. Everything you type on a typewriter sounds grand, the words forming in mini-explosions of SHOOK SHOOK SHOOK. A thank-you note resonates with the same heft as a literary masterpiece. The sound of typing is one reason to own a vintage manual typewriter — alas, there are only three reasons, and none of them are ease or speed. In addition to sound, there is the sheer physical pleasure of typing; it feels just as good … Continue reading

Posted in globe | 2 Comments

Elon Musk

Posted in globe | 2 Comments

Duc-Quang Nguyen

Posted in globe | 2 Comments

吉川政瑛, 中島孝志

私たちは無意識のうちに物事に優劣や貴践をつけています。そうじゃありませんか? 道端に生えている草花より胡蝶蘭のほうが上、というように思い込まされているのです。 これはおかしいですよ。生命において上も下もありません。みな等しいのです。貴践や優劣をつけたがるからこの世はおかしくなっているのです。 「必要だ!」「無ければ困る!」と思っているものは、実は必要ないものかもしれません。なければないでいい。いや、ないほうが実は良かった、というものがたくさんあると思います。 一見、無駄。しかし、この無駄こそが宝。無駄を取り除いていったら、肝心のものが無くなってしまった、ということは少なくありません。休憩をなくしたほうが生産量は増えますね。しかし、能率はガクンと落ちますよ。休憩することによって生産性が上がる。結果として、生産量も増える。休憩は無駄ではないのです。

Posted in globe | 1 Comment

DR

Posted in globe | 2 Comments

Thomas Kida

Don’t believe everything you think The 6 basic mistakes we make in thinking We prefer stories to statistics. We seek to confirm, not to question. We rarely appreciate the role of chance and coincidence in life. We can misperceive our world. We oversimplify. We have faulty memories.

Posted in globe | 2 Comments

Google Translate

Posted in globe | 2 Comments

檜原村

      払沢の滝               天狗滝

Posted in globe | 1 Comment

Pawel Kuczynski

Posted in globe | 1 Comment

大嶋聖一

(ポピュラリズムについて)瞬間の風向きと強さで、長期的な政策の方向性が決まってしまうわけですね。身近な行政(例えばごみの回収日をいつにするか、列車の社内の冷房の温度をどうするかといったこと)などはかえってこの方がよさそうですし、「朝令暮改もまたよし、方向転換のたびに余計なコストがかかるがそれはやむをえない経費ということで」と割り切ってしまえば、長期的政策を決めるのにも不都合はなさそうです。例えば「リニア新幹線は着工と中止を繰り返して100年後に完成、それで満足」という感じでしょう。中世の教会みたいですね。 (ポピュリズムについて)「敵の敵は味方」という地政学・政治上の古来の知恵が通用しなくなっていることにもかかわっているのではないか、と思います。民主党や共和党の内部分裂、中東などがその典型例です。サンダース支持派がクリントン嫌いが高じて、民主党の政策といった大局よりむしろクリントン落としを選ぶ、反トランプ派が共和党という共通の枠組みを捨ててトランプ落としで運動する、という感じです。合理性に基づく大局観より、個人の感情を重視するポピュリズムでは「敵の敵はやはり敵だった」ということになります。

Posted in globe | 2 Comments

杉本彩

男性の収入はあまり気にしたことがありません。私が稼げば済む話ですから もし、好きになった男性に経済力があったなら、どう稼いだかより、どう使うかを観察すること。稼いだお金をどう使うかに、その人の生き方やセンスや人間性があらわれてる 品性というものは、形で捉えるものではなく、その人から滲み出る価値観や考え方であり、それが時々、形に反映されるだけ 私が美味しいと感動する料理。それは素材の味をきちんと活かした素朴な料理です

Posted in globe | 1 Comment

Steven Levitsky

As it has in the past, Peruvian politics defied regional trends in the 1990s. Whereas democracy either took hold (Argentina, Brazil, Uruguay) or at least survived (Colombia, Ecuador, Nicaragua) throughout most of Latin America, it collapsed in Peru. That collapse took place on 5 April 1992, when President Alberto Fujimori, in a military-backed autogolpe (self-coup), closed the Congress, suspended the constitution, and purged the judiciary. After ruling by decree for seven months, the Fujimori government held elections for a constituent assembly in November 1992; in 1993, it secured the approval, via referendum, of a new constitution. Two years later, Fujimori, who had originally been elected president in 1990, was reelected … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

広岡裕児

水が高いところから低いところへと流れるのとは逆に、人は低いところから高いところへと向かおうとする。貧しいところから豊かなところへ。危険なところから安全なところへ。周縁からメトロポールへ。それは一国内だけでなく、国際的にも同じであり、人は「低い国」から「高い国」を目指そうとする。この動きは誰も押し止めることはできない。すべてをローラーで平準化しようとするかのようなグローバリゼーションが後押しするからだ。ところが、その「格差」の平準化を目指す動きが、さらに新たな「格差」を生むことになる。この「格差」をめぐる無限運動こそが、世界を覆う最大の問題でありつづける。そしてEUもまた、この「格差」の無限運動に巻き込まれ、立ちすくんでいる。内に反EUのうねりとテロリストの予備軍を抱え、外からは難民が押し寄せることで……。

Posted in globe | 2 Comments

熊谷俊人

Posted in globe | 1 Comment

National Geographic Channel

Чёрный дельфин

Posted in globe | 3 Comments

芦田嘉之

地球環境を人間が破壊できる範囲は、たかがしれています。過去、何度もあった生物の大量絶滅の規模に比べたら、通常の人間のくらしで関与できる破壊などたかがしれています。自然の持つ巨大な破壊力、包容力、修復力、恒常性を何とか保とうとする力などを充分に把握し理解しないと、見当違いな意見になってしまいます。 環境を守る、地球を守る、などといった傲慢な態度であり続ける限り、実は環境問題など語る資格はないし、解決など絶対にできない、という意見をよく聞きます。やさしくしたり守ったりできるのは、上位のものから下位のものにしかできません。どう見ても人間が地球より上位であるはずがありません。このことをもってしさえ、地球環境保護運動がいかにうさんくさいかがわかります。 人間が暮らしていくということは、必然的に環境を破壊することにつながるわけで、また、それまでにあった生態系を乱すことにも必然的につながります。環境破壊の元凶は人間の存在そのものであることはわかり切ったことです。その上で、なお守らないといけない自然や生態系があるというのでしょうか。

Posted in globe | 2 Comments

RegioData Research

Posted in globe | 1 Comment

Nicholas Kristof

In the 1830s, the civilized world began to close debtors’ prisons, recognizing them as barbaric and also silly: The one way to ensure that citizens cannot repay debts is to lock them up. In the 21st century, the United States has reinstated a broad system of debtors’ prisons, in effect making it a crime to be poor.

Posted in globe | 1 Comment

水俣

Posted in globe | 1 Comment

日本交通文化協会

「1%フォー・アーツ」とは公共建築の建設費の1%を、その建築物に関連・付随する芸術・アートのために支出しようという考えです。欧米では戦後早い時期に、公共建築の建設費の1%をその建物に関連・付随する芸術やアートに割く法律が成立しました。国や自治体によって1%未満だったり、1%以上だったりまちまちですが、象徴的意味を込めて「1%フォー・アーツ」と呼ばれてきました。またその建物に関連・付随する芸術も、アメリカのように狭いアートに限定せず、演劇、ダンスなどのパフォーマンスも対象となっている国もあります。この「1%フォー・アーツ」は欧米各国で文化振興の大きな力になっており、近年はアジアにも広がり、韓国、台湾で法制化されています。

Posted in globe | 1 Comment

lepopulaire.fr

Le tableau baptisé La Célébration du feu, estimé à 150.000 euros disparu au cours de l’été 2011 a finalement été retrouvé. Mesurant 1,3 x 3,4 mètres, l’oeuvre restée trente ans visible par le grand public avait été installée à l’école nationale de la céramique industrielle de Limoges. Mais l’école avait déménagé et l’université avait alors hérité des locaux. Le tableau avait alors été “égaré”. Dans un communiqué de presse, l’université annonce que c’est un déménageur, visiblement de bonne foi, qui l’avait conservé durant toutes ces années. A la lecture des différents article de presse, cet homme a récemment contacté la gendarmerie et l’a restitué. Réalisée par le peintre Georges Mathieu … Continue reading

Posted in globe | 2 Comments

現在位置を確認します。

ギリシャ文明といえば、文明の基礎を築いた文明のように思われる。哲学、文学、音楽、芸術。ありとあらゆる「古典」がギリシャに端を発している。それはローマの礎となり、やがてヨーロッパ中に広がっていく、文明のスタンダードでもある。にもかかわらず、ギリシャの持つ文化は、エシプトの、そしてペルシアのそれに、遠く及ばなかった。 エジプトもペルシアも、オリエント文明の双璧としてこの時点で既に数千年の歴史の上に成り立っていた。ギリシャは足元にも及ばない。のみならず、ギリシャの文化もまた、全世界からみれば一極の「辺境の文化」でしかなかった。 長い歴史と、その中で培った莫大な富を有するエジプトやペルシアに対し、ギリシャの富はあまりにも貧弱だった。貧しさゆえに、彼等はエジプトに傭兵に出なくてはならなかったのだし、生き延びられる土地を探して旅にも出なければならなかった。そもそもギリシャの各都市が築かれた場所というのも、人の住んでいなかった貧しい土地である。 だからギリシャは、、まずは、ペルシアやエジプトに対し、決して対等にはなれないという宿命に気がつく必要があった。その上で、「どう接していくか」を模索する必要があった。

Posted in globe | 1 Comment

手嶋兼輔

オリエント・ギリシアを包含する「東地中海文化圏」の視点から独自の史観を展開。地中海世界は「東」と「西」に分かれている。ギリシア文明は、エジプト・ペルシアなどオリエント「先進国」のはざまのローカルな「東地中海文明」だった。その小さなギリシアが歴史の僥倖によりオリエントを征服し、西洋文明の源泉となる。「自由」と「海」の小さな文明が歴史に残した偉大な足跡を辿る。

Posted in globe | 2 Comments

Rainbow Bridge

Posted in globe | 1 Comment

大豆生田崇志

マイナンバー制度で省庁など国の行政機関の情報連携が2017年7月以降に半年以上遅れる見通しだと分かった。当初の予定では2017年1月から開始する予定だった。関係者によると、国の行政機関の情報連携がずれ込む理由は、日本年金機構の情報連携の開始が遅れるためという。

Posted in globe | 2 Comments

外山滋比古

こどもというものは実に創造的である。たいていのこどもは労せずして詩人であり、小発明家である。ところが、学校で知識を与えられるにつれて散文的になり、人まねがうまくなる。昔の芸術家が学校教育を警戒したのは、たんなる感情論ではなかったと思われる。飛行機を作ろうとしているのに、グライダー学校にいつまでもグズグズしていてはいけないのははっきりしている。 いまでも、プロの棋士たちの間に、中学校までが義務教育になっているのがじゃまだとはっきり言う人がいる。いちばん頭の発達の早い時期に、学校でグライダー訓練なんかさせられてはものにならない、というのであるらしい。

Posted in globe | 1 Comment

NASA

A quarter to half of Earth’s vegetated lands has shown significant greening over the last 35 years largely due to rising levels of atmospheric carbon dioxide.

Posted in globe | 2 Comments

Paul J. Steinhardt, Neil Turok

After the lecture, both of us converged on Ovrut from different directions. No one can recall who blurted it out first, but one of us asked, “Can’t these worlds move along the extra dimension? And, if so, is it possible that the big bang is nothing more than a collision between these two worlds?” It became immediately clear that we had been struck with the same vision. Ovrut’s compelling conceptual picture suggested that the big bang might not be the “beginning” of the universe after all, but instead a physically explicable event with a “before” and an “after.” Furthermore, if there was no inflation to spread apart and dilute the … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

John Gribbin

What are the boundaries of our universe? Could there be other worlds? Do we actually live in a multiverse? Will we meet another ‘us’ in a different reality? Or are alternative worlds parallel but separate? Is our universe just one of many?

Posted in globe | 2 Comments

Guilhem Vellut

Le glacier de Montenvers Mer de Glace à Chamonix ne cessent de diminuer.

Posted in globe | 1 Comment

佐々木利夫

地球に対して人類はがん細胞と化した。そのがん細胞は、既に地球の免疫機能を凌駕した。 がん細胞は宿主に寄生する以外に生き残る手段を持たない。宿主を破壊し尽くすことは、同時に己の消滅をも意味している。共存の道をさぐろうともせずひたすら増殖を続けることに執心するがん細胞は、その意思が己の破滅に結びつくであろうことを知ろうとしない。

Posted in globe | 1 Comment

Liberland

Posted in globe | 2 Comments

Eric Fisk

Posted in globe | 2 Comments

Joseph Graham, William Newman, John Stacy

Posted in globe | 1 Comment

Yuval Noah Harari

Timeline of History Years Before the Present 13.5 billion Matter and energy appear. Beginning of physics. Atoms and molecules appear. Beginning of chemistry. 4.5 billion Formation of planet Earth. 3.8 billion Emergence of organisms. Beginning of biology. 6 million Last common grandmother of humans and chimpanzees. 2.5 million Evolution of the genus Homo in Africa. First stone tools. 2 million Humans spread from Africa to Eurasia. Evolution of different human species. 500,000 Neanderthals evolve in Europe and the Middle East. 300,000 Daily usage of fire. 200,000 Homo sapiens evolves in East Africa. 70,000 The Cognitive Revolution. Emergence of fictive language. Beginning of history. Sapiens spread out of Africa. 45,000 Sapiens … Continue reading

Posted in globe | Leave a comment

Sophie Davis, Catherine Focas

En masse: 200000 Grecs de moins de 35 ans sont partis depuis le début de la crise en 2010. Et pas n’importe lesquels: la nation hellène perd ses «esprits les plus jeunes, les meilleurs et les plus intelligents». Parmi les émigrés, 88% ont un titre universitaire. Les choses ne devraient pas s’arranger: 35000 Grecs étudient actuellement à l’étranger et deux tiers d’entre eux ne veulent pas retourner au pays. Financiers, avocats, informaticiens, médecins, ils s’exilent. La plupart visent la Grande-Bretagne, l’Allemagne, les Etats-Unis. Les premiers partiraient plutôt dans les pays anglo-saxons. Le corps médical privilégie le nord de l’Europe. Plus de 7340 médecins ont émigré depuis le début de la … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment