Category Archives: globe

Gravity

玉ねぎの値段で頭を悩ませている人が 憲法改正の論議に乗ってくるわけもなく 病気という大きな問題を抱えた人には 宇宙の大きさは小さな問題でしかない 946兆kmも離れたところで放たれた光が 100年後に地球に到達したとして それはあまりにも遠すぎて イメージすることすらできない 重力は時空の歪みが物体を引き寄せる作用だとか 光の軌道は時空の歪みで曲がるとか 宇宙の膨張が加速していると言われたら なにもわかりたくなくなってしまった 光が放たれたところと地球とが たがいに引かれ合うわけもなく 100年も宇宙を彷徨ってきた光は 想像もできないくらい孤独だ

Posted in globe | 2 Comments

Cien años de soledad

長いあいだの約束は ひとつの恋で破られ 思い出は一瞬にして 廃墟のなかの灰になる 嘘は 疑いよりも快適で 愛よりも役に立ち 何よりも長続きする すばらしい日々は 悲惨さとともに生きる 真実もなく 事実もないところに すばらしい日々は意味を失う 枯葉の道を歩くとき 百年の孤独が僕に寄りそう それは仕組まれたものなのか シナリオ通りのことなのか 私が選び取ったものは すべてまぼろしだったのか

Posted in globe | 3 Comments

Resistance

政権の脅威は やつらが権力を握る前にのみ 闘うことができる でも闘うはずの若い人たちは 抵抗とは程遠い 人は若いと純粋で 純粋だから利用され 飛行機で敵艦に突っ込んだり 大人にとんがり棒をかぶせたり 抵抗しても知れている 自殺は卑怯なことだと言われ ひきこもりには同情もない いたずら書きは逮捕され 発言しても相手にされず 若い人の抵抗は徒労に終わる 若い人はわがままで ないものねだりはどこまでも続く 愛する人と暮らしたい 素敵な場所で暮らしたい 自由が欲しい、お金が欲しい 欲しいものを手に入れるには 抵抗なんてしていられない ギターを手に入れるためならば なんでも言うことを聞いて 抵抗なんて忘れてしまおう 従順でいれば大人に好かれ 賞賛されて美化される 抵抗なんかで人生を棒にふれば あなたは一生後悔をする 抵抗の代償は高いのだ それでも抵抗をあきらめず 正しい大人をやりながらも ひそかな抵抗を繰り返し 優しい人を演じながら 抵抗の種を蒔く

Posted in globe | 2 Comments

四本裕子

間違った心理学で、男性がこう、女性がこうとか、世の中ではよく言われていますね。 例えば、男女の脳の違いとして、男性の方が左右の脳の連携がよくないとか。これには、元になった論文がありまして、1982年に『サイエンス』誌で発表されています。男女それぞれ、脳梁の太さを測ったら、女性のほうが太かったと。でも、この論文のデータは男性9人、女性5人からしかとってないんです。それだけで、女性のほうが左右の脳の連絡がよくできてるっていう結果にしている。そもそも信頼性がないし、その後、いろいろな研究者が再現しようとしたんだけど、結局できてません。今さすがにこれを信じている脳科学者はあんまりいないんですよ。 パターン認識は、最近の機械学習が得意なので、パターンの違いを学習したAIに分類させると、約92%の精度で男女を見分けることができる、くらいのことは言えるんです。でも、これって、たぶん男女じゃなくても、これくらいの差は出るんですよね。例えば、20代の人と30代の人、というふうに比べてもやっぱり差はでると思います。

Posted in globe | 2 Comments

殺人炒飯

人間社会を成長させるためには優秀なリーダーが必要不可欠ですが「奴隷」も必要不可欠なのです。「的確な指示」と「自動化」、これがキーワード。 「自動化」は、誰もが簡単なマニュアルをその通りに効率よくこなすことで実現します。 何も考えずにマニュアルに従ってればよい機械のような「奴隷」が必要なのです。 超優秀なリーダー層が10%、無能の指示待ちマシーン90%の国家。 従来の王様がいてなどの制度だと、リーダーの指示ミスというリスクが大きいけれども成長しやすく衰退しやすい国家といえます。 歴史的にこの支配する側の割合、支配される割合の大きさは永遠の課題ですが、誰もが「平等」という社会は、国家が成長していかないのです そうです、我々が奴隷にならないためには、国家が成長しようとしている間に、我々は、こっそり停滞する必要があるのです 国家に合わせて、この資本主義社会の中で「成長」しようとするということは、サラリーマン(奴隷)として「支配」されて生きていくということになるのです。

Posted in globe | 1 Comment

Max Roser, Hannah Ritchie, Esteban Ortiz-Ospina

Posted in globe | 1 Comment

Jeremy Bentham, Michel Foucault

Jeremy Bentham‘s nineteenth-century prison reforms provide Michel Foucault with a representative model for what happens to society in the nineteenth century.note Bentham argued in The “Panopticon” that the perfect prison would be structured in a such a way that cells would be open to a central tower. In the model, individuals in the cells do not interact with each other and are constantly confronted by the panoptic tower (pan=all; optic=seeing). They cannot, however, see when there is a person in the tower; they must believe that they could be watched at any moment: “the inmate must never know whether he is being looked at at any one moment; but he … Continue reading

Posted in globe | 2 Comments

Wilhelm Wundt

If we take an unprejudiced view of the processes of consciousness, free from all the so-called association rules and theories, we see at once that an idea is no more an even relatively constant thing than is a feeling or emotion or volitional process. There exist only changing and transient ideational processes ; there are no permanent ideas that return again and disappear again.

Posted in change, globe | 1 Comment

Seb Joseph

Despite the dire situation, there are opportunities for advertisers. With CPCs so low for certain keywords some companies are pouncing on certain coronavirus terms in the belief they can drive traffic back to their site, which is what some travel insurance firms in Western Europe did prior to the crackdown on travel between countries. このように厳しい状況にありながらも、広告主らにとってのチャンスも存在している。 一部のキーワードではCPCが非常に低くなっているなかで、コロナウイルスに関する用語を利用して自社サイトへのトラフィックを回復しようとしている企業も存在する。国外への移動が制限される前に、複数の西ヨーロッパの旅行保険会社がこういった動きに出たという。

Posted in globe | 2 Comments

Gita Gopinath

Posted in globe | 2 Comments

船橋真俊

COVID-19は、人類が集団的に先送りしてきた課題を、たまたま顕在化してくれる立役者に過ぎない。そのメッセージをどれだけ真摯に深く受け止められるかが、人類の知恵の深さを測る試金石となっている。多くの商店が閉まり、国境が閉ざされ、愛する人々の最期に立ち会えなかったとしても尚、我々には気づかなければならないことがある。 すべての生命が生まれてきた源泉となる、生物の多様性。何故か単一種が物理的に増殖するだけでは成立することができなかった、この宇宙の根本的な制約条件であり、生きとし生けるものに与えられた課題。なぜ、これほどに多くの生物が必要なのか。なぜ、無駄な命というものが存在しないのか。人間の脳でも認識しきれない、ビッグデータでも網羅することができないこの無限増殖する個性を、超多様性(megadiversity)とでも呼ぼう。  これまで、多様性はどこか遠い未来に向けて叫ばれるだけだった。しかし、今では誰もが身をもって感じている。我々が今急速に失っているもの、不安、痛み、お金、トイレットペーパー、笑顔、そして希望。それらを物言わずずっと支え続けていてくれたのがこの超多様性であったことを。 世界規模のパンデミックは、同時に各地に新しい機会も生み出す。資本主義的な競争からの一時的な離脱。人々の連帯に基づいた、時間、文化、創造性の共有。真の食料自給率の再考や地方農業への支援。社会的弱者の保護やグローバルな停戦への呼びかけ。 COVID-19が生まれてきた理由、そこに文明と自然を再び撚り合わせる、新たな鍵が見え隠れしていないだろうか。

Posted in globe | 1 Comment

ギネス

災害 死亡者 地域 発生時期 黒死病 7,500万人 ヨーロッパ、アジア 1347~51年 餓死 4,000万人 中国北部 1959~61年 虐殺 3,500万人 蒙古族の中国人虐殺 1311~40年 スペイン風邪 2,164万人 世界中 1918~19年 暴風雨 100万人 バングラデシュ 1970年 11月 洪水 90万人 中国黄河 1887年10月 地震 83万人 中国狭西省 1556年2月 ダム決壊 23万人 中国河南地方 1975年8月 地滑り 18万人 中国甘粛省 1920年12月 原爆 15万5千人 広島 1945年8月 空襲 14万人 東京 1945年3月 火山 9万2千人 インドネシア 1815年4月 雪崩 18,000人 ペルー 1970年5月

Posted in globe | 6 Comments

JICA

地球環境問題としては、酸性雨、熱帯林破壊、野性生物種の減少、砂漠化、海洋汚染、オゾン層の破壊などがあるが、何といってもその影響の大きさと拡がり、解決の難しさからみて最大のものは地球温暖化問題である。地球温暖化の影響の全てが分かっている訳ではないが、少なくとも海洋の温暖化・氷河の溶解による海面上昇(100 年間で 0.88m)、それによる島嶼国・海岸地帯の町村の水没、温帯から熱帯に至る農業・漁業の生産性低下、異常気象(暴風雨、洪水、干ばつ、熱波など)の頻発、感染症の拡大、熱帯雨林の減少、砂漠化、野性生物種の減少などにつながると考えられている。温暖化問題は現代社会の経済活動全体を支えるエネルギー消費と密接に関わっているだけに、国際的に真に有効な対策がとられるまでにはなお相当の時間がかかるであろう。

Posted in globe | 1 Comment

ウィキペディア

Posted in globe | 2 Comments

NASA

Carbon Dioxide ⇑ 413 parts per million Carbon dioxide levels in the air are at their highest in 650,000 years Global Temperature ⇑ 1.9°F since 1880 Nineteen of the 20 warmest years on record have occurred since 2001 Arctic Ice Minimum ⇓ 12.85 percent per decade In 2012, Arctic summer sea ice shrank to the lowest extent on record Ice Sheets ⇓ 428 Gigatonnes per year Satellite data show that Earth’s polar ice sheets are losing mass Sea Level ⇑ 3.3 millimeters per year Global average sea level has risen nearly 7″ (178 mm) over the past 100 years

Posted in globe | 3 Comments

NASA

Satellite data show that Greenland and Antarctica are losing mass at a rate of 283 gigatonnes per year and 145 gigatonnes per year, respectively. So how big is just one gigatonne? Central Park dimensions: 4 km meters long, 0.8km wide 1 gigatonne of ice = 1.091 km³ ice height = 1.091 km³ / (4 km * 0.8 km) = 0.3409 km = 340.9 meters A gigatonne of ice placed in the Central Park would extend 340.9 meters high.

Posted in globe | 1 Comment

United Nations

Climate Change is the defining issue of our time and we are at a defining moment. From shifting weather patterns that threaten food production, to rising sea levels that increase the risk of catastrophic flooding, the impacts of climate change are global in scope and unprecedented in scale. Without drastic action today, adapting to these impacts in the future will be more difficult and costly. Greenhouse gases occur naturally and are essential to the survival of humans and millions of other living things, by keeping some of the sun’s warmth from reflecting back into space and making Earth livable. But after more than a century and a half of industrialization, … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

環境省

太陽の光のエネルギーの約3割は雲や雪などに反射されて宇宙に戻り、約7割が海や陸地に吸収されます。 吸収されたエネルギーは大気へと放たれ、宇宙へと逃げていきます。仮にこのエネルギーが何にも遮られず逃げていくとしたら、地球の平均気温は約-19℃となり、人が暮らしにくい環境となります。 この地球で大切な役割を果たしているのが、大気中の二酸化炭素や水蒸気などの「温室効果ガス」です。 温室効果ガス(GHG)が地表から放たれる熱を吸収し、熱を宇宙に逃げにくくすることで、地球の平均気温を約14℃に保っているのです。 産業革命以降、私たちが石炭や石油を使って多くの二酸化炭素(CO2)を排出したことにより、熱は宇宙により逃げにくくなりました。 その結果、地球の気温が上昇する「地球温暖化」が引き起こされています。

Posted in globe | 1 Comment

全国地球温暖化防止活動推進センター

この図は温室効果ガスのメカニズムを簡略化してあらわしたものです。 現在の地球の二酸化炭素濃度は気象庁発表の数値です。 詳しくは国立環境研究所のページ「ココが知りたい温暖化」等をご参照ください。

Posted in globe | 1 Comment

日本ガス協会

地球温暖化とは、人間の活動が活発になるにつれて、大気中に含まれる二酸化炭素(CO₂)等「温室効果ガス」が大気中に放出され、地球全体の平均気温が上昇している現象のことです。

Posted in globe | 1 Comment

David Wallace-Wells

It is worse, much worse, than you think. The slowness of climate change is a fairy tale, perhaps as pernicious as the one that says it isn’t happening at all, and comes to us bundled with several others in an anthology of comforting delusions: that global warming is an Arctic saga, unfolding remotely; that it is strictly a matter of sea level and coastlines, not an enveloping crisis sparing no place and leaving no life undeformed; that it is a crisis of the “natural” world, not the human one; that those two are distinct, and that we live today somehow outside or beyond or at the very least defended against … Continue reading

Posted in globe | 4 Comments

財政制度等審議会・財政制度分科会

振り返れば、平成時代の財政は、消費税の導入の実現とともに始まった。平成2年度予算では、15 年もの歳月と多大な歳出削減努力を経て、特例公債からの脱却が達成された。 特例公債は、将来世代に資産を残すことなく負担のみを残すものであり、歳出は経常的な収入で賄う財政法の基本原則に著しく反するものとしてその発行が忌避されてきた。我が国には、第2次世界大戦時の軍事費調達のために多額の国債が発行され、終戦直後からハイパーインフレーションなどの惨禍を招いた歴史がある。この過程で国の債務は実質的に目減りしたが、国債を保有していた国民の資産を代償にしたことも忘れてはならない。こうした教訓に基づいて財政法上の非募債主義等が定められたのであり、財政法上の規律の遵守こそが財政運営の最重要課題とされたのは当然のことであった。 しかし、今や、その特例公債の発行額は平成 30 年度当初予算ベースで 27.6 兆円にも及ぶ。現在の世代のみが受益し、その費用の負担を将来世代に先送ることの問題点については今更多言を要しないが、少子高齢化によってその深刻さは増している。 問題は、特例公債に限られない。建設公債についても、公共事業や施設整備の恩恵を享受する将来世代の人口は当時の想定より遥かに少なかったことになる。受益者人口が想定した規模に満たないまま、将来世代に費用の負担のみを背負わせた例は多々見られる。 そして、今年度末には平成2年度(1990 年度)末の 5.3 倍に当たる 883兆円もの公債残高が積み上がり、一般政府債務残高は対 GDP 比 238%に達しようとしている。歴史的にみても、足下の債務残高対 GDP 比は、先ほど言及した第2次世界大戦末期の水準に匹敵している。 地球温暖化を含む環境問題について、所有権が存在せず、多数の主体がアクセス可能な資源が過剰に利用され枯渇するという「共有地の悲劇」が指摘されることがあるが、財政にもまた「共有地の悲劇」が当てはまる。現在の世代が「共有地」のように財政資源に安易に依存し、それを自分たちのために費消してしまえば、将来の世代はそのツケを負わされ、財政資源は枯渇してしまう。悲劇の主人公は将来の世代であり、現在の世代は将来の世代に責任を負っているのである。

Posted in globe | 3 Comments

AP

Mercredi 11 mars 2020, les forces de sécurité grecques utilisent des gaz lacrymogènes contre des migrants à la frontière turco-grecque, à Pazarkule.

Posted in globe | 1 Comment

新华网

  现在我们应该理直气壮的表示,美国欠中国一个道歉,世界欠中国一声感谢,没有中国的巨大牺牲和付出,就不可能为全世界赢得宝贵的抗击新冠肺炎疫情的时间窗口,可以说中国一己之力,硬生生的将新冠肺炎疫情挡住了很长一段时间,真的是惊天地、泣鬼神!

Posted in globe | 2 Comments

竹村真一、ウィキペディア

それまでは京都がみやこで、西日本中心の国土構造だった。人口が増えて土地と食料が足りず、互いに奪い合うしかなかったことから戦国時代が続いていた。平和な世にするため、家康は江戸を拠点に未開の関東平野を開拓、利根川を付け替えて新田開発を行い、東日本中心の国土構造に転換した。その結果17世紀の百年で米の生産高も人口も倍増し、平和が250年続いた。さらに、18世紀の江戸では、幕府の政策によって持続可能な森林管理も実現した。 江戸時代は全期を通じて寒冷な時代であったといい、凶作や飢饉が絶えなかった。江戸時代に起きた長期にわたる冷害・旱魃・水害などの異常気象や害虫の異常発生、病害、火山噴火などでの凶作の連続による飢饉の内、元和の飢饉(1619年)、寛永の大飢饉(1642年-1643年)、延宝の飢饉(1674年-1675年、1680年)、天和の飢饉(1682年-1683年)、元禄の飢饉(1691年-1695年)、享保の大飢饉(1732年)、宝暦の飢饉(1753年-1757年)、天明の大飢饉(1782年-1787年)、天保の大飢饉(1833年-1839年)の被害は特に甚大であった。

Posted in globe | 3 Comments

Wikipedia

Anthropocentrism is the belief that human beings are the most important entity in the universe. Anthropocentrism interprets or regards the world in terms of human values and experiences. The term can be used interchangeably with humanocentrism, and some refer to the concept as human supremacy or human exceptionalism. Anthropocentrism is considered to be profoundly embedded in many modern human cultures and conscious acts. It is a major concept in the field of environmental ethics and environmental philosophy, where it is often considered to be the root cause of problems created by human action within the ecosphere. However, many proponents of anthropocentrism state that this is not necessarily the case: they … Continue reading

Posted in globe | 5 Comments

WIN/Gallup

Would you fight for your country in case of war? (Yes-No Country [net balance]) 94-06 Morocco [+88] 89-07 Pakistan [+82] 89-09 Vietnam [+80] 72-13 Thailand [+59] 75-17 India [+58] 76-20 Afghanistan [+56] 74-20 Finland [+54] 70-17 Indonesia [+53] 66-13 Israel [+53] 73-21 Turkey [+52] 71-23 China [+48] 70-26 Philippines [+44] 55-15 Sweden [+40] 59-20 Russia [+39] 56-27 Palestinian Territories [+29] 44-31 USA [+13] 46-36 Serbia [+10] 39-47 Switzerland [-8] 42-50 South Korea [-8] 30-43 Australia [-13] 30-45 Canada [-15] 29-44 France [-15] 28-47 Portugal [-19] 27-51 UK [-24] 26-52 Iceland [-26] 21-49 Spain [-28] 10-43 Japan [-33] 23-57 Hong Kong [-34] 19-56 Belgium [-37] 23-64 Czech Republic [-41] 21-62 Austria … Continue reading

Posted in globe | 2 Comments

Daniel E. Lieberman

Exceeding a recommended body weight is not necessarily unhealthy, as is evident from the many overweight individuals who live long and reasonably healthy lives. About one-third of people who are overweight show no sign of metabolic disturbance, perhaps because they have genes that adapt them to being heavy. But as this chapter has repeatedly stressed, what matters most for health is not fat per se. Even more important predictors of health and longevity are where you store your body fat, what you eat, and how physically active you are. One landmark study, which followed nearly 22,000 men of all weights, sizes, and ages for eight years, found that lean men … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

芦刈山保存会

芦刈山町では吉符入りの次の日曜日に、町内全員が集まってちまき作りをします。笹の葉で作られたちまきに、「蘇民将来之子孫也」と書かれた護符をつけた「厄除けちまき」は、軒先に吊しておくと一年を通して厄払いになるといわれています。

Posted in globe | 3 Comments

Paul Krugman

In a rational world, the burning of Australia would be a historical turning point. After all, it’s exactly the kind of catastrophe climate scientists long warned us to expect if we didn’t take action to limit greenhouse gas emissions. In fact, a 2008 report commissioned by the Australian government predicted that global warming would cause the nation’s fire seasons to begin earlier, end later, and be more intense — starting around 2020. Furthermore, though it may seem callous to say it, this disaster is unusually photogenic. You don’t need to pore over charts and statistical tables; this is a horror story told by walls of fire and terrified refugees huddled … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

Wikipedia

Name Meaning No. item Sampo sedae 三放世代 1 Courtship 2 Marriage 3 Childbirth Opo sedae 五放世代 4 Employment 5 Home ownership Chilpo sedae 七放世代 6 Interpersonal relationships 7 Hope Gupo sedae 九放世代 8 Health 9 Physical appearance Sippo sedae (Wanpo sedae) 十放世代 (完全諦め世代) 10 Life

Posted in globe | 2 Comments

Monica Heisey

I buy padded headbands I don’t need. I cancel plans I want to go to. I act like a better person than I am. The algorithms have broken my brain.

Posted in globe | 1 Comment

Stuart A. Thompson, Charlie Warzel

Every minute of every day, everywhere on the planet, dozens of companies — largely unregulated, little scrutinized — are logging the movements of tens of millions of people with mobile phones and storing the information in gigantic data files. A typical day at Grand Central Terminal in New York City

Posted in globe | 1 Comment

北海道新聞

Posted in globe | 1 Comment

ソク・ジョンヒョン

ソッカの美術解剖学ノート by ソク ジョンヒョン

Posted in globe | Leave a comment

Mal Waldron, Jackie McLean

Posted in globe, music | 1 Comment

Music Timeline

Posted in globe | 1 Comment

Wikipedia

Vegetable Country Area cultivated thousand hectares (2,500 acres) Yield thousand kg/ha (890 lb/acre) Production thousand tonnes (1,100 short tons) China 23,458 230 539,993 India 7,256 138 100,045 United States 1,120 318 35,609 Turkey 1,090 238 25,901 Iran 767 261 19,995 Egypt 755 251 19,487 Italy 537 265 14,201 Russia 759 175 13,283 Spain 348 364 12,679 Mexico 681 184 12,515 Nigeria 1844 64 11,830 Brazil 500 225 11,233 Japan 407 264 10,746 Indonesia 1082 90 9,780 South Korea 268 364 9,757 Vietnam 818 110 8,976 Ukraine 551 162 8,911 Uzbekistan 220 342 7,529 Philippines 718 88 6,299 France 245 227 5,572 Total world 55,598 188 1,044,380

Posted in globe | 1 Comment

World Economic Forum

Posted in globe | 1 Comment

National Science Foundation

Posted in globe | 1 Comment

Mark Maloof

What is Artificial Intelligence? augmented intelligence business intelligence cognitive analytics cognitive computing cognitive technologies expert systems knowledge-based systems intelligent agents intelligent systems

Posted in globe | 3 Comments

Shodan

Posted in globe | 2 Comments

国立天文台 天文情報センター

Posted in globe | 1 Comment

田辺聖子

(どれほどさまざまな恋愛を体験してらしたんですか) そんなに経験しなくても、ひとつ深い恋愛をすればなんでもわかるのよ。

Posted in globe | 2 Comments

高橋洋一

世は「ビッグデータの時代」なので、海外では、官公庁も民間企業も、ともに統計専門家は高給取りになっている。しかし、日本政府では、統計専門家は主にノンキャリアで、出世しない地味なポストだ。しかも最近は人員・予算不足、縦割り組織の弊害が甚だしく、満足な仕事が出来ない。この現状を認識し対策を打たなければ、「統計不正を行った官僚が悪い」と非難しても、再発防止にはまったくならない。 この2週間、マスコミでは人員・予算不足、省庁ごとの縦割りの弊害はほとんど報じなかった。そのうえ、厚労省の事後対応の不味さが相次ぎ見られたので、その不手際を指摘する報道があふれた。このままでは、統計不正の根本を改善する方向に向かうのではなく、官僚バッシング、政権バッシングに終始することになりそうだ。

Posted in globe | 1 Comment

谷崎潤一郎

私は夫を半分は激しく嫌い、半分は激しく愛している。私は夫とほんとうは性が合わないのだけれども、だからといって他の人を愛する気にはなれない。私には古い貞操観念がこびり着いているので、それに背くことは生れつきできない。私は夫のあの執拗な、あの変態的な愛撫の仕方にはホトホト当惑するけれども、そういっても彼が熱狂的に私を愛していてくれることは明らかなので、それに対して何とか私も報いるところがなければ済まないと思う。あゝ、それにつけても、彼にもう少し昔のような体力があってくれたらば、………一体どうして彼はあんなにあの方面の精力が減退したのであろうか。………彼に云わせると、それは私があまり淫蕩に過ぎるので、自分もそれにつり込まれて節度を失った結果である、女はその点不死身だけれども、男は頭を使うので、ああいうことがじきに体にこたえるのだという。そう云われると恥かしいが、しかし私の淫蕩は体質的のものなので、自分でもいかんともすることができないことは、夫も察してくれるであろう。夫が真に私を愛しているのならば、やはり何とかして私を喜ばしてくれなければいけない。 ** 私と木村氏とはありとあらゆる秘戯の限りを尽して遊んだ。私は木村氏がこうしてほしいと云うことは何でもした。何でも彼の注文通りに身を捻じ曲げた。夫が相手ではとても考えつかないような破天荒な姿勢、奇抜な位置に体を持って行って、アクロバットのような真似もした。(いったい私は、いつの間にこんなに自由自在に四肢を扱う技術に練達したのであろうか、自分でも呆れるほかはないが、これも皆木村氏が仕込んでくれたのである)ところで、いつもは彼とあの家で落ち合うと、合ってから別れるギリギリの時間まで、一秒の暇も惜しんで全力的にそのことに熱中し、何一つ無駄話などはしないのであるが、今日はふっと、「郁子さん、何を考えているんですか」と、木村が眼敏とく気がついて私に尋ねた瞬間があった。(木村はとうから私のことを「郁子さん」と呼んでいるのである)「いゝえ別に」と、私は云ったが、その時、ついぞないことに、夫の顔がチラリと私の眼の前を掠めた。

Posted in globe | 9 Comments

ウィキペディア

クワエ (Kuwae) は、南太平洋の国バヌアツのシェパード諸島に存在する火山、海底火山、カルデラ。1452年から1453年にかけて発生した大噴火が知られている。火山爆発指数はVEI6。当時の噴火の様子を記録されたものはない。大量の火山噴出物は大気中に拡散して日射量を減少させ、世界各地で火山の冬(もしくは夏のない年のような状況)のような極端な寒冷化をもたらした。日本では、長禄・寛正の飢饉の引き金になったほか、欧州でも飢饉となり同時期(1453年5月)にコンスタンティノープルの陥落(東ローマ帝国の滅亡)も生じたことから関連付けて語られることがある。

Posted in globe | 2 Comments

インテリア・サプリ

Posted in globe | 2 Comments

Ella Alderson

The fourth dimension is not a spacial one but it consists instead of time. Time helps plot an object’s location in the universe and also adds a way for the third dimension to change. In the fifth dimension there would be a new world that would allow us to see the similarities and differences between our world and this new one, existing in the same position and having the same beginning as our planet, i.e. the Big Bang. The sixth dimension is an entire plane of new worlds that would allow you to see all possible futures, presents, and pasts with, again, the same beginning as our universe. In the … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

Lac Su

(When Lac returns home, he imitates the way Art talks to his parents, by saying “I love you” to Pa, who rebuts:) What the fuck? Pa leaps up from the creeper and kicks it back against the garage door with his heel. He gets right in my face. Motherfuck! What did you just say? Who the fuck do you think you are? Who do you think I am? Are you trying to imitate those white people by telling me those fucking words? Stop that shit! Don’t you ever say those weak words to me ever again, you hear me?

Posted in globe | 3 Comments

面出薫

    やみから始まる やみが無ければ光はない やみは恐ろしいか やみは美しいか やみはとり戻せるか

Posted in globe | 2 Comments

Jelena Jeremić

Posted in globe | 1 Comment

久保孝久

Posted in globe | 5 Comments

CERN

Posted in globe | 3 Comments

九份

Posted in globe | Leave a comment

ゲシュタルト療法

怒り、悲しみ、喜び、楽しさといった感情のおもむくまま、ダイレクトに表現する。あるがままの自分になる。今この瞬間「いま・ここ」に生きる。真の自分に気づく。

Posted in globe | 1 Comment

CIPHER

基本的に人は『現在』にしか興味を持たない。過ぎた過去やどうなるかわからない未来に関心をもっているのは、他人ではなく自分なのである。

Posted in globe | 1 Comment

東洋経済オンライン

ゴーン氏の事件はフョードル・ドストエフスキー著『死の家の記録』を思い起こさせる。この小説の中で、ロシアの偉大な作家であり、貴族出身の教養あるドストエフスキーは、シベリアの監獄で過ごした4年間の自分自身の経験について語っている。ドストエフスキーの証言は、これまで書かれた中でも、監獄の状況を訴えたものとして最も重要なものである。ゴーン氏はドストエフスキーのような文学の才能を持ち合わせてはいないし、小菅はシベリアの監獄でもない。しかし、ゴーン氏は、われわれ全員が将来何かの間違いで経験するかもしれない日本の刑事司法制度の重要な証人である。彼の拘置所での経験を明らかにすることは、日本に暮らしているすべての人々にとって(日本人であれ、外国人であれ)利益になることだろう。

Posted in globe | 1 Comment

Carl Sagan

Look again at that dot. That’s here. That’s home. That’s us. On it everyone you love, everyone you know, everyone you ever heard of, every human being who ever was, lived out their lives. The aggregate of our joy and suffering, thousands of confident religions, ideologies, and economic doctrines, every hunter and forager, every hero and coward, every creator and destroyer of civilization, every king and peasant, every young couple in love, every mother and father, hopeful child, inventor and explorer, every teacher of morals, every corrupt politician, every “superstar,” every “supreme leader,” every saint and sinner in the history of our species lived there-on a mote of dust suspended … Continue reading

Posted in globe | 2 Comments

福田ミホ

宇宙はビッグバンで始まった、って言われてます。でも当然ですが誰かビッグバンを見たわけでも、その光景を動画に撮ったりしてたわけはありません。だからふと、「ビッグバンが最初って言ってるけど、ほんとはその前にも何かあったんじゃないの?」という疑問が浮かんできます。 実際、理論物理学者や宇宙学者たちが、「ビッグバンの前にも何かあったんじゃないか」と浮気を追求する配偶者みたいな問いを追いかけています。その問いにまだ答えはありません。が、さまざまなデータや理論を元に推測はできます。 ただし、これらはまだ推測であって、確立された理論ではありません。

Posted in globe | 1 Comment

須賀敦子

自分は音楽には入りこめない、音楽がこっちを向いてくれない

Posted in globe | 1 Comment

Jared Diamond

People often ask, “What is the single most important environmental/population problem facing the world today?” A flip answer would be, “The single most important problem is our misguided focus on identifying the single most important problem!

Posted in globe | 3 Comments

David P. Barash

Welcome to the ‘anthropic principle’, a kind of Goldilocks phenomenon or ‘intelligent design’ for the whole Universe. It’s easy to describe, but difficult to categorise: it might be a scientific question, a philosophical concept, a religious argument — or some combination. The anthropic principle holds that if such phenomena as the gravitational constant, the exact electric charge on the proton, the mass of electrons and neutrons, and a number of other deep characteristics of the Universe differed at all, human life would be impossible. According to its proponents, the Universe is fine-tuned for human life.

Posted in globe | 1 Comment

野口忠彦

「デモクラシー」の訳語の中で、適切な訳語でない語彙を除けば、たとえば、次のような訳語がある。 万民同権 万民共治 多頭政治又多主の国 平民政治 民人政体 民政 民政(ノ國) 民政(社会主義) 民政(國) 民政(党) 衆人管轄 (推民)自主之国政 衆民政 民衆政治 民衆政 民衆制 人民政治 こんなにも多くの訳語があるのに、何を好んで、「民主主義」という不適切な訳語が選ばれたのかという思いが一入である。

Posted in globe | 1 Comment

らくからちゃ

Posted in globe | 3 Comments

Wikipedia

‘Platonic friendships provide a fertile soil for unrequited love’. Thus the object of unrequited love is often a friend or acquaintance, someone regularly encountered in the workplace, during the course of work, school or other activities involving large groups of people. This creates an awkward situation in which the admirer has difficulty in expressing their true feelings, a fear that revelation of feelings might invite rejection, cause embarrassment or might end all access to the beloved, as a romantic relationship may be inconsistent with the existing association.

Posted in globe | 2 Comments

Pascal Oesch, Ivelina Momcheva

It may look like just a blue blob, but it’s a technical feat for astronomers to have imaged this galaxy, which lies about 13.1 billion light-years from Earth and hails from a time less than 700 million years after the big bang.

Posted in globe | 3 Comments

NASA

Posted in globe | 2 Comments

Emna

Posted in globe, love | 3 Comments

KEK

1929年にアメリカの天文学者、エドウィン・ハッブルは、遠方の銀河が後退する速度を観測して、距離が遠い銀河ほどより早い速度で地球から遠ざかっていることを発見しました。つまり、宇宙が膨張しているということが分かったのです。宇宙が今後どのようになっていくのか、を知るためには、今の宇宙を成り立たせている2つの成分を知る必要があります。それらは「宇宙膨張を減速させる成分(A)」と「宇宙膨張を加速させる成分(B)」です。(A)は宇宙にある物質の量に関連があります。物質と物質の間では重力が働きます。この重力が引力となるので、宇宙膨張は減速されます。一方、(B)は物質とは反対の負の圧力をもつ成分で、アインシュタインが、宇宙の膨張や収縮を防ぐために方程式に導入した「宇宙項」としても知られています。この成分は全く正体不明なため、ダークエネルギーと呼ばれています。最近の超新星の観測から、現在宇宙膨張はどんどんと加速されているということが分かり、暗黒エネルギーが現実に存在する可能性が高くなってきました。 更に2つの成分の比率も分かってきました。(A)は宇宙の27%、(B)は73%。なんと、宇宙の大半がダークエネルギーで占められているという訳です。しかも、これまでに私たちが知っている原子を作っている物質は、宇宙を満たす物質やエネルギー全体の4%にしかすぎないため、残りの23%を占める未知の物質があることも分かったのです。物理学者は、この正体の分からない物質をダークマターと名づけました。

Posted in globe | 1 Comment

Wikipedia

Foreign relations of Israel Foreign relations of the ROC (Taiwan)

Posted in globe | 1 Comment

鉄道掲示規程

ローマ字のつづり方は改修ヘボン式によること。 長音の符号には「 ̄(マクロン)」を用いること。 はねる音「ん」はB・P・Mの前はM、その他はNを用いること。 はねる音M・Nとその次に来る母音(Yを含む。)とを切り離す必要があるときは「-」を用いること。 促音はCHの前はTを、その他の場合には次に来る子音を重ねること。

Posted in globe | 1 Comment

公安9課

デスクトップ向け 末尾 CPUの一例 説明 なし Core i7-6700 通常版CPU。 X Core i7-5960X 倍率ロックフリーを示す オーバークロックが可能 Extremeモデル(性能も価格もExtreme) K Core i7-6700K 倍率ロックフリーを示す オーバークロックが可能 通常版CPUよりも1つ上のグレードに位置 C Core i7-5775C 末尾X, Kと同様に倍率ロックフリーを示す オーバークロックが可能 S Core i7-4770S 省電力版CPU。省電力になることと引き換えに 通常版CPUよりも動作周波数がダウン T Core i7-4770T 超省電力版CPU 末尾SのCPUよりも省電力・動作周波数がダウン

Posted in globe | 1 Comment

芥川龍之介

 ――盗人は妻を手ごめにすると、そこへ腰を下したまま、いろいろ妻を慰め出した。おれは勿論口は利けない。体も杉の根に縛られている。が、おれはその間に、何度も妻へ目くばせをした。この男の云う事を真に受けるな、何を云っても嘘と思え、――おれはそんな意味を伝えたいと思った。しかし妻は悄然と笹の落葉に坐ったなり、じっと膝へ目をやっている。それがどうも盗人の言葉に、聞き入っているように見えるではないか? おれは妬しさに身悶えをした。が、盗人はそれからそれへと、巧妙に話を進めている。一度でも肌身を汚したとなれば、夫との仲も折り合うまい。そんな夫に連れ添っているより、自分の妻になる気はないか? 自分はいとしいと思えばこそ、大それた真似も働いたのだ、――盗人はとうとう大胆にも、そう云う話さえ持ち出した。  盗人にこう云われると、妻はうっとりと顔を擡げた。おれはまだあの時ほど、美しい妻を見た事がない。しかしその美しい妻は、現在縛られたおれを前に、何と盗人に返事をしたか? おれは中有に迷っていても、妻の返事を思い出すごとに、嗔恚に燃えなかったためしはない。妻は確かにこう云った、――「ではどこへでもつれて行って下さい。」(長き沈黙)

Posted in globe | 2 Comments

Wikipedia

The Golden Rule (which can be considered a law of reciprocity in some religions) is the principle of treating others as one would wish to be treated. It is a maxim that is found in many religions and cultures. The maxim may appear as either a positive or negative injunction governing conduct: One should treat others as one would like others to treat oneself (positive or directive form). One should not treat others in ways that one would not like to be treated (negative or prohibitive form). What you wish upon others, you wish upon yourself (empathic or responsive form). The Golden Rule differs from the maxim of reciprocity captured … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

Peltarion

Artificial Intelligence has the power to advance humankind more than fire and electricity. Everywhere. We believe it is of greatest importance that AI knowledge and technology is made available, usable and affordable for all. ** The recent rapid growth of AI paired with a plentiful, almost unlimited access to data democratizes the power, infrastructure and knowledge required for AI to be available to more than just multi-billion-dollar corporations. Organizations of all sizes now stand to reap the benefits that come with AI’s new way of solving problems, opening doors we could never open on our own – or even see were there in the first place.

Posted in globe | 3 Comments

Zhang Jianfeng

To mark the 40th anniversary of the signing of the Sino-Japanese Peace and Friendship Treaty, Japan’s Eisei Bunko Museum donated 4,175 ancient Chinese books to the National Library of China on Tuesday. Guests and officials from both countries attended the donation ceremony at the National Museum of Classic Books in Beijing. All volumes, covering Confucian classics, historical records, philosophical writings and miscellaneous works, come from the family collection of the Hosokawa clan, owner of the Eisei Bunko Museum. The chairman of the museum Morihiro Hosokawa, who was also the 50th Prime Minister of Japan, presented the books to the National Library.

Posted in globe | 1 Comment

Ryan Giggs

There’s never been completion in my football career because I’ve always been striving for that next thing. You listen to people who have finished and nothing replaces playing, but I’m still excited about not having to put my body through what I’ve put it through. And not feeling the disappointment that I feel.

Posted in globe | 2 Comments

ToiToiToi

French Press Coffee 厳選コーヒーをフレンチプレスで味わう ToiToiToiでは産地にこだわり厳選した豆をご提供しております。 金属のフィルターで濾し、コーヒーの油分まで余すことなく抽出できるフレンチプレスで、コーヒーの素材本来の美味しさを是非味わって下さい。​ ​カフェラテやアイスコーヒー等もこだわりの味でご提供致します。

Posted in globe | 1 Comment

落合陽一

デジタルネイチャー: 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂 十分に発達した計算機群は、自然と見分けがつかない ポストモダンもシンギュラリティも、この「新しい自然」の一要素にすぎない。否応なく刷新される人間と社会。それは幸福の、経済の、民主政治の再定義をもたらす。新たなるパラダイムはここから始まる……! 「我々は、「ゲート」や「つなぎ目」のない世界を生み出し、標準化を多様性で置き換え、個人の幸福や不安といった人間性に由来する強迫観念をテクノロジーによって超越しうる。我々にとって必要なのは、テクノロジーが向かう未来へのビジョンと情熱だ。」

Posted in globe | Leave a comment

閑吟集

花の錦の下紐は 解けてなかなかよしなや 柳の糸の乱れ心 いつ忘れうぞ 寝乱れ髪の面影 新茶の茶壺よなう 入れての後は こちゃ知らぬ こちゃ知らぬ 何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ 我が恋は 水に燃えたつ蛍々 物言はで笑止の蛍 思ひの種かや 人の情 ただ人は情あれ 朝顔の花の上なる露の世に 恨みは数々多けれども よしよし申すまじ この花を御法の花になし給へ

Posted in globe | 2 Comments

Catriona Pollard Communications

Public Relations is all about effective communication whether it’s between an organisation and its target audience or between a person and the people they want to influence.

Posted in globe | 1 Comment

Wendy Marx

A thought leadership strategy is a blueprint for industry success. Not only does it boost your credibility, but it also puts your brand on the map. But thought leadership doesn’t happen overnight. It takes careful planning to position yourself as an industry star. PR and thought leadership strategy go hand in hand. In fact, public relations is a key way to carve out your strategy and attain thought leadership status within your industry.

Posted in globe | 1 Comment

ESPN

Posted in globe | 1 Comment

世界銀行

世界銀行は、2030年までに極度の貧困を世界全体で3%まで減らす、また、全ての途上国で所得の下位40%の人々の所得拡大を促進する、という2つの目標を掲げており、貧困に関するさまざまなデータを収集・分析しています。 ※世界銀行は、2015年10月、国際貧困ラインを2011年の購買力平価(PPP)に基づき、1日1.90ドル(2015年10月以前は、1日1.25ドル)と設定しています。 世界の貧困率および貧困層の数 貧困率 1990年:35.3% 2013年:10.7% 貧困層の数 1990年:18億6400万人 2013年:7億6800万人

Posted in globe | 1 Comment

New World Wealth

Cities with large (1,000+) outflows of HNWIs in 2017 City (alphabetical) Location Istanbul Turkey Jakarta Indonesia Lagos Nigeria London UK Moscow Russia Paris France Sao Paulo Brazil

Posted in globe | 2 Comments

WWF

Si le monde entier vivait comme les Français, la capacité des écosystèmes à se régénérer serait épuisée dès le 5 mai, en à peine plus de quatre mois. Il faudrait donc 2,9 planètes pour que les océans et les forêts stockent le CO2 relâché en un an par les activités humaines, et pour assurer l’alimentation en bétail et en poissons, ou l’approvisionnement en bois de la population mondiale.

Posted in globe | 3 Comments

Global Footprint Network

Posted in globe | 1 Comment

生駒芳子

「地球にも人にも優しいものづくり」 エコロジーと社会貢献を両方カバーしている概念です。その根底を支えているのが、トレーサビリティとサステナビリティ。生産の背景が見えてかつ、環境を破壊しない社会を目指すべきです。 「ワルがエコを本気で考える日が来ないと、エコは広まらない」 もはや21世紀の時代精神として、みんなが意識すべき生活の基本的概念、哲学としてとらえるべきなのかもしれません。 「地球規模でモノを考えること」 異常気象や地域紛争などが絶えないなか、地球全体としてエシカルを考えないと、地球はもたない段階にまで来ている気がします。

Posted in globe | 1 Comment

La Chaîne Météo

L’équinoxe de printemps a lieu ce mardi 20 mars à 17h15 exactement : c’est le moment où le gain de luminosité est le plus fort, avec 4 minutes de soleil en plus par jour.

Posted in globe | 3 Comments

Rebecca L. Cann, Mark Stoneking, Allan C. Wilson

Mitochondrial DNAs from 147 people, drawn from five geographic populations have been analysed by restriction mapping. All these mitochondrial DNAs stem from one woman who is postulated to have lived about 200,000 years ago, probably in Africa. All the populations examined except the African population have multiple origins, implying that each area was colonised repeatedly.

Posted in globe | 6 Comments

花岡じった

やったことない女とやりたい!

Posted in globe | 1 Comment

24TimeZones.com

Posted in globe | 1 Comment

Анири

Posted in globe | Leave a comment

西澤千央

たとえば親が子に、恋人が恋人に、ファンがアイドルに……悲しいかな人は他人に対して勝手に期待をぶつけては、期待が果たされないとなると逆ギレし、その理由をあれやこれやと探りだし、弾劾しようとする、ひとり相撲脳内場所を開催させてしまう生き物。そしてそれが最も顕著に表れるのが「国民とアスリート」の関係性ではないでしょうか。特に国同士が戦うオリンピックでは、視聴者が「国民」という最強の鎧を身につけたことで、無敵感を発揮してしまう。アスリートは「国民」の代表→「国民」とはすなわち自分→俺の私の理想のアスリートであれ→壮行会でラップしてはいけない腰パンドレッドしてはいけない俺より先に寝てはいけない俺より先に起きてもいけない飯はうまくつくれいつもキレイでいろ……国民総関白宣言。

Posted in globe | 2 Comments

リンナイ

Posted in globe | 1 Comment

井上理津子

店頭に廉価で並ぶ均一本に「あっ」と思う1冊を見つける。店内に入ると、大量の紙とインクの匂いがする。目を離そうにも、追いかけてくるような本の気配を感じる。店主から気の利いた一言を聞く。 パソコンの検索システムなどないのに、本のおおよその輪郭を伝えれば、山と積まれた本の中から「これのことですね」とさっと1冊を取り出してくれたり、ミュージアムに展示されていてもおかしくないようなお宝本を惜しげもなく見せてくれたり。 専門図書館も訪ねました。あまり周知されていないようですが、ミステリー、風俗、食、鉄道、漫画、仏教書などなど・・・。分野も多岐にわたって、この日本には専門書を収蔵する図書館が数多くあり、気軽に利用できるのです。

Posted in globe | 1 Comment

Wikipedia

NEM is a peer-to-peer cryptocurrency and blockchain platform launched on March 31, 2015. Written in Java, with a C++ version in the works, NEM has a stated goal of a wide distribution model and has introduced new features to blockchain technology such as its proof-of-importance (POI) algorithm, multisignature accounts, encrypted messaging, and an Eigentrust++ reputation system. The NEM blockchain software is used in a commercial blockchain called Mijin, which is being tested by financial institutions and private companies in Japan and internationally. Mijin is a private blockchain that uses the NEM software. The developers claim that it will reduce banking institutional costs by 90% while making banking more secure. Sakura … Continue reading

Posted in globe | 2 Comments

Dzegvi

Posted in globe | 1 Comment

Fred Kofman, Ken Wilber

A conscious business promotes mindfulness for all of its stakeholders. Employees are encouraged to investigate the world with rigorous scientific reasoning, and to reflect on their role in it with equally rigorous moral reasoning. They are invited to contemplate their own selves, finding what it means to live with virtue, meaning, and happiness. They are also asked to think of their colleagues as human beings, rather than as “human resources.” Finally, they are required to understand their customers, offering them products and services that support their growth and well-being. A conscious business fosters peace and happiness in individuals, respect and solidarity in the community, and mission accomplishment in the organisation. … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment