Author Archives: shinichi

野口晴哉

万病の因と言われ、また一方で「たかが・・・」と軽く見過されている風邪。風邪に対する一般通念からすれば、本書の表題は極めて奇異なものとして映るかも しれない。しかし著者は、独自の観点から風邪は治すべきものではない、経過すべきものであると主張する。人間は心身の偏り疲労が限界に達したとき、それを 調整すべく、自律作用として風邪をひくと言うのである。 著者は、風邪を病理的に捉えるのではなく、謂わば健康の自然法として捉えている。自然な経過を乱しさえしなければ、風邪をひいたあとは、あたかも蛇が脱皮するように、新鮮な体になるとする主張は、極めて説得力に富んでいる。 著者独特の自然観から編みだされた「経過する」というユニークな概念は、「闘病」という言葉に象徴される現代の病気に対する考え方を一変させる可能性をもっている。

Posted in nature | 1 Comment

Audrey Tang

I think that common value finding is of utmost importance to the governance nowadays when it comes to social entrepreneurship, Because otherwise, we will just have people lobbying for environmental values, for social values, for economic values, and so on without a coherent way to blend those ideas into a common value that everybody can live with. 一旦發現彼此擁有一些共同價值觀後,就不會再有敵人了。 Once you learn there are some common values there are no enemies anymore.

Posted in value | 3 Comments

Tsai Ing-wen

Before, democracy was about winning or losing the election. Now, democracy is about the welfare of the people. Before, democracy was a showdown between two opposing values. Now, democracy is a conversation between many diverse values.

Posted in human rights and democracy | 2 Comments

Zat Rana

When you think of reading as this conversation — a deeper interaction — between self and other, you are also able to close that gap between your sense of self and that other, enabling a connection that transcends the boundaries of space and time. It’s why I can feel affection and warmth for people I have never met or am likely meet. It’s also why books can often have a more significant impact on a child the parents who raised them, the teachers who taught them, the friends that shared their time with them.

Posted in reading | 1 Comment

Elaine Aron

But what seems ordinary to others, like loud music or crowds, can be highly stimulating and thus stressful for HSPs. Most people ignore sirens, glaring lights, strange odors, clutter and chaos. HSPs are disturbed by them. Most people’s feet may be tired at the end of a day in a mall or a museum, but they’re ready for more when you suggest an evening party. HSPs need solitude after such a day. They feel jangled, overaroused. Most people walk into a room and perhaps notice the furniture, the people—that’s about it. HSPs can be instantly aware, whether they wish to be or not, of the mood, the friendships and enmities, … Continue reading

Posted in love | 1 Comment

玉居子泰子

Posted in difference | 1 Comment

Umair Haque

There’s a question that deserves to be thought about — which we don’t consider often enough. It’s a simple one. Why are Europeans so much happier than Americans?

Posted in happiness | 2 Comments

菅原伸昭

新しい商品においては、ある程度までは品質向上が売上・利益に直結しますが、一定ラインを超えると伸びが少なくなります。例えばテレビの画質が良くなると、ある程度まではもっと良いものが欲しいと思いますが、それを越えると視聴者の視力の影響の方が大きくなります。他では、例えばスマホの電池の寿命は3時間が10時間になると大きなニーズを生みますが、30時間が50時間になることはあまり求められていません。しかし、品質を高める努力を長年してきた開発部署に、「品質は上げなくていい、コストを下げる設計を考えよう」と経営陣や営業が提案しても、簡単にマインドが切り変わるわけではありません。 シェアに関していえば、市場が拡大していくときはシェアを取ることは非常に重要です。新たに市場参入をする潜在顧客にも認知・信頼されますし、既存顧客が市場拡大とともに成長すれば、その分自社の売上も大きく上がることになるからです。しかし市場の成長が停滞すると、シェアを取ることは価格競争を生み出します。価格の下落は利益を大幅に下げる原因です。例えば原価が70%、売上総利益が30%の場合、10%の値下げで総利益の3分の1がなくなります。しかし、シェアを伸ばすことが当たり前になっている営業組織から、「値段を下げずにシェアを下げる」という意見は出てきません。 このように、組織が部分最適化すると、製品は高い品質を求めてコストが高くなり、営業は価格を下げてでもシェア拡大を目指すことになります。かなり極端な例ではありますが、これが利益を下げる構図の根本的な原因になっています。

Posted in Japanese way | 1 Comment

みずほ銀行

みずほ銀行がサービス提供を行う J-Coin Pay(J コイン)の加盟店管理に関わるテスト用システムにおいて、第三者による不正アクセスが判明いたしました。 1.不正アクセスを受けた情報の内容 Jコインの加盟店である法人(7,930 件)、および法人代表者、窓口連絡担当者等の個人(10,539 件)の情報(企業名、代表者氏名、連絡窓口担当者氏名、住所、電話番号、メールアドレス、一部代表者の生年月日)、ならびに J コインに参画いただいている一部金融機関名(32 件) 2.経緯・対応等について ・テスト用システムで使用していた加盟店関連データに不正なアクセスがあったことを、8 月 27 日(火)に認識し、調査を開始しました。 ・現時点までの調査において、手順の誤りにより一時的にテスト用システムにインターネットを通じた外部からのアクセスが可能な状況となっていたことが判明しております。 ・テスト用システムについては、すでに外部からのアクセス遮断等の措置を行っております。 ・不正アクセスのあったデータについて、現時点において漏えいの可能性が排除できないことから、対象加盟店のみなさまに対しては、本件の発生について個別にご連絡させていただくとともに、不審なメールや電話にご注意いただくようご案内を行っております。 ・警察当局、監督当局に対し、本件の発生について報告しております。 ・今後の調査も踏まえ、再発防止に適切に取り組んでまいります。

Posted in bad | 4 Comments

ビーカイブ

1940年代から1950年代の就職人気企業は石炭会社でした。当時石炭は「黒いダイヤ」などと呼ばれて、産業の発展になくてはならないものでした。ですから、当時の学生の多くは石炭会社への就職を希望したのです。倍率が高くなるのですから、当然、優秀な学生が石炭会社に入社しました。 しかし、1950年代後半になるとエネルギー源は石油となり、一気に斜陽産業化していきます。石炭会社に就職した優秀な社員は炭坑閉山やリストラといった後ろ向きの仕事に精力を傾けざるをえませんでした。そして、今では日本国内に石炭産業は細々と存在しているにすぎません。当時のブランド企業であった石炭会社に就職した人のビジネスパーソン生活は苦しいこと一色だったということになります。

Posted in change | 1 Comment

愛満乃

セックス大好き?日本の女子たち 常に不安や孤独なタイプ どうしよう・・・って不安から 安心感を求めて 今が良ければ!ってタイプ セックスしている時が幸せなら、もうそれで良い 理想を追い求めるタイプ セックスすれば、もっと幸せになれるのでは? 私がしたい人とはしちゃう!一瞬の快楽が味わえたらそれでいいって感じ 幼い頃に家族とあまり良くかった 愛してほしくてほしくてセックスに至る ザ・無趣味 つまりセックスが趣味ってこと 趣味が無いからセックスに没頭

Posted in love | 1 Comment

田宮寛之

政府は”就職氷河期世代”の就職支援を本格化させる。就職氷河期世代とは、バブル崩壊後の1993年~2004年ごろに高校や大学を卒業した世代で、その数は約1700万人。「団塊ジュニア」の世代とも重なるために人口が多い。 現在、彼ら・彼女たちは”30代半ばから40代半ば”に至っているが、企業が新卒採用を絞った影響で新卒時には就職できず、その後も正規で働けない人が多い。このまま高齢化すると、十分な年金を受け取れず、生活が困窮するのではないかと懸念されている。 また就職氷河期世代には、もう1つの塊がある。前述より前の1980年代後半生まれで、現在”30代前半”の人たちである。2008年秋のリ-マンショックの影響で思うように就職できず、いまだに非正規で働いている人が少なくない。

Posted in change | 1 Comment

万葉集 雄略天皇

籠もよ み籠持ち 掘串もよ み掘串持ち この丘に 菜摘ます児 家聞かな 名告らさね そらみつ 大和の国は おしなべて われこそ居れ しきなべて われこそ座せ われこそは 告らめ 家をも名をも

Posted in poem | 2 Comments

万葉集 東歌, 大伴卿

人妻と あぜかそを言はむ しからばか 隣の衣を 借りて着なはも 神樹にも手は触ふるといふをうつたへに人妻といへば触れぬものかも

Posted in poem | 2 Comments

Marie-Nicolas-Antoine Daveluy

Les persécutions contre les chrétiens étaient fréquentes en Corée à cette époque. Monseigneur Berneux subit le martyre, il fut remplacé par Antoine Daveluy en tant que vicaire apostolique. Vingt-trois jours plus tard, le 11 mars 1866, il fut arrêté, dénoncé par Yi Soni, un ancien séminariste, interrogé et torturé par les autorités coréennes. De Séoul, il fut emmené à 100 km de la capitale pour y être exécuté, afin de ne pas perturber les cérémonies de mariage du roi. Il fut martyrisé le Vendredi Saint, 30 mars 1866, avec ses compagnons les prêtres Pierre Aumaître et Martin Luc Huin à Galmaemot près de Boryeong (province de Chungcheong), avec les 103 … Continue reading

Posted in belief | 2 Comments

Isabella Bird Bishop

In spite of reforms, the Korean nation still consists of but two classes, the Robbers and the Robbed,—the official class recruited from the yang-bans, the licensed vampires of the country, and the Ha-in, literally “low men,” a residuum of fully four-fifths of the population, whose raison d’être is to supply the blood for the vampires to suck.

Posted in asian way | 2 Comments

クローズアップ現代+

小中学生の不登校が4年連続13万人を超え、画一的ではない教育を模索する動きが本格化し始めている。そのなかで注目を集めているのが、生まれつき高い知能(IQ130以上が目安)や才能を持つ「ギフテッド」と呼ばれる若者たち。マーク・ザッカーバーグ、ビル・ゲイツなども“ギフテッド”とされ、米国などでは国家の教育支援を受けている。今回番組では、日本国内のギフテッドにアンケートを実施。すると、才能を秘めた若者が「生きづらさ」を抱えている現状が明らかになった。

Posted in perception | 1 Comment

村田金箔

Posted in beauty | 1 Comment

Wikipedia

(←) Blockchain formation The main chain (black) consists of the longest series of blocks from the genesis block (green) to the current block. Orphan blocks (purple) exist outside of the main chain.   (↓) Bitcoin network data

Posted in game | 1 Comment

Richard Feynman

If you think you understand quantum mechanics, you don’t understand quantum mechanics. I think I can safely say that nobody understands quantum mechanics. Religion is a culture of faith; science is a culture of doubt. Science is what we have learned about how not to fool ourselves about the way the world is.

Posted in quote | 1 Comment

Cee Vinny

What If We’re All Wrong? Humans don’t have a great track record of ‘knowing it all’ …

Posted in knowledge | Leave a comment

Neil Irwin

The financial world has been atwitter about the inversion of the yield curve. It is a phenomenon in the bond market in which longer-term interest rates fall below shorter-term interest rates, and has historically been a warning sign that a recession could be on the way. This all seems obvious to people who are steeped in bond market math and the workings of fixed-income markets, and can be completely perplexing to those who are not.

Posted in change | 2 Comments

Rachel Krantz

What a privilege it is, to be able to try to reduce harm towards animals and the planet. I was having this thought just today when a bird shat on my head through the mosquito netting. I didn’t take it as a sign, or at least not a negative one. I just laughed and immediately washed my hair, watching the rainstorm that night clean the hammock for me. The symbolism I assign to events, I keep learning, is my choice. Each time I sit down to eat, I try to remember that, too. What a privilege it is, to be able to try to reduce harm towards animals and the … Continue reading

Posted in nature | 1 Comment

Pablo Martinez Monsivais

Members of the media are seen reflected in the eye of President Donald Trump as he answers questions on the South Lawn of the White House, on April 10, 2019.

Posted in information | 1 Comment

Common Sense Science

Since the quantum electron has no physical structure, and no mechanism exists for exchanging energy or transmitting forces, then it is necessary to assume fundamental properties for the electron and proton: The quantum theory assumes that electrons and protons have intrinsic properties of spin, magnetic moment, stability, and inertial mass. The theory makes no attempt to derive them or relate them, but chooses such models that cannot relate its features: a point model is chosen for some occasions, and a wave model is chosen on others. The theory is unable to say if the essence of an electron is a particle or a wave; the theory can only say that … Continue reading

Posted in story | 1 Comment

Joseph John Fernandez

In 1964 John Bell published a paper titled “On the Einstein Podolosky Rosen Paradox” , in which he examined the consequences of hidden variable theories, as they had become known. In essence, his work found that such a theory could not be constructed and still give predictions consistent with quantum mechanics. And quantum mechanics was doing very well under experimental scrutiny. In fact, he found out that hidden variable theories would even be in contradiction with special relativity. It can only be speculated what Einstein would have thought of this had he been alive at the time. Since then, experiments have time and time again been in agreement with both … Continue reading

Posted in story | 1 Comment

NHKハートネット

逆淘汰論とは、19世紀に優生学を創始したフランシス・ゴルトンが唱えた説で、文明の発達した人間社会では、理性的な人々ほど生殖活動に熱心ではないために、社会的に望ましくないとされる不良な人々が、優良な人々を凌駕して、増殖する傾向にあるとしました。 日本でも戦前から、そのような逆淘汰論が社会理論として浸透していたために、「産めよ殖やせよ」という戦前の政策を転換し、産児制限を進めれば、優良な人々は、社会状況を理解し、家族計画により子どもの数を制限しようとするが、不良な人々は、欲望のままに子どもをつくり続けるために、逆淘汰現象が起きると考えられることになりました。

Posted in story | 1 Comment

ウィキペディア

中古車市場では、売り手は車の品質をよく理解しているが、買い手は車を購入するまで車の品質を詳しく調査できない場合が多い。そのため情報優位者である売り手は情報劣位者である買い手の無知につけ込んで、良質な車は手元に置いておき、劣悪な車を売りつけようとする。したがって、中古車市場には劣悪な車ばかりが出回る結果になってしまう。 中古車市場における中古車の品質などの情報は、売り手のみが知りうる情報であり、買い手には知りえない情報であるため、「隠された情報」と呼ばれている。

Posted in story | 1 Comment

東京新聞

Posted in change | 2 Comments

David Z Albert, Rivka Galchen

Entanglement, like many quantum effects, violates some of our deepest intuitions about the world. It may also undermine Einstein’s special theory of relativity. A Quantum Threat to Special Relativity (PDF file)

Posted in change | 3 Comments

舘ひろし

いま考えたら日本中の誰もが分かる。日本海軍は世界第3位の強さを持っていたけれど、米国と戦争してかなうわけがない。艦隊派といわれた人は、海軍兵学校や陸軍士官学校、あるいは東大を出ている。日本の頭がいいといわれる人たちが戦争をして勝てるかもしれないと思った。ここに戦争の本質がある。みんな戦争のことを話したがらないけれども、実はここをもう一回総括するべきだと思う。なぜかというと、太平洋戦争というのは日本のエリートたちが犯した失敗の宝庫だから。

Posted in Japanese way | 1 Comment

EUGDPR

The EU General Data Protection Regulation (GDPR) is the most important change in data privacy regulation in 20 years. The regulation will fundamentally reshape the way in which data is handled across every sector, from healthcare to banking and beyond. The aim of the GDPR is to protect all EU citizens from privacy and data breaches in today’s data-driven world.

Posted in information | 3 Comments

Luc Rocher, Julien M. Hendrickx, Yves-Alexandre de Montjoye

While rich medical, behavioral, and socio-demographic data are key to modern data-driven research, their collection and use raise legitimate privacy concerns. Anonymizing datasets through de-identification and sampling before sharing them has been the main tool used to address those concerns. We here propose a generative copula-based method that can accurately estimate the likelihood of a specific person to be correctly re-identified, even in a heavily incomplete dataset. On 210 populations, our method obtains AUC scores for predicting individual uniqueness ranging from 0.84 to 0.97, with low false-discovery rate. Using our model, we find that 99.98% of Americans would be correctly re-identified in any dataset using 15 demographic attributes. Our results … Continue reading

Posted in information | 2 Comments

Nick Bostrom

A technologically mature “posthuman” civilization would have enormous computing power. Based on this empirical fact, the simulation argument shows that at least one of the following propositions is true: (1) The fraction of human‐level civilizations that reach a posthuman stage is very close to zero; (2) The fraction of posthuman civilizations that are interested in running ancestor‐simulations is very close to zero; (3) The fraction of all people with our kind of experiences that are living in a simulation is very close to one. If (1) is true, then we will almost certainly go extinct before reaching posthumanity. If (2) is true, then there must be a strong convergence among … Continue reading

Posted in virtual | 2 Comments

Kate Bell

A few jobs still require perfect English, but in the corporate world good English has become a basic requirement, not a personal selling point. You just have the same skill as other people — it’s like using Excel.

Posted in change | 1 Comment

芥川龍之介

 僕等人間は一事件の為に容易に自殺などするものではない。僕は過去の生活の総決算の為に自殺するのである。しかしその中でも大事件だつたのは僕が二十九歳の時に秀夫人と罪を犯したことである。僕は罪を犯したことに良心の呵責は感じてゐない。唯相手を選ばなかつた為に(秀夫人の利己主義や動物的本能は実に甚しいものである。)僕の生存に不利を生じたことを少からず後悔してゐる。

Posted in story | 1 Comment

室生犀星

私はすべて淪落の人を人生から贔屓にし、そして私はたくさんの名もない女から、若い頃のすくひを貰った。學間や慧智のある女は一人として私の味方でも友達でもなかった。碌に文字を書けないやうな智恵のない眼の女、何処でどう死に果てたか判らないやうな馬鹿みたいな女、さういふ人がこの「蜻蛉の日記」の執筆中に、机の向う側に坐つて笑ふ事も話をする事もなく、現はれては朦朧たる姿を消して去った。私を教へた者はこれらの人々の無飾の純粋であり、私の今日の仕事のたすけとなった人々もこれらの人達の呼吸のあたたかさであった。

Posted in story | 1 Comment

芥川龍之介

それから何分かの後である。厠へ行くのにかこつけて、座をはずして来た大石内蔵助は、独り縁側の柱によりかかって、寒梅の老木が、古庭の苔と石との間に、的れきたる花をつけたのを眺めていた。日の色はもううすれ切って、植込みの竹のかげからは、早くも黄昏がひろがろうとするらしい。が、障子の中では、不相変面白そうな話声がつづいている。彼はそれを聞いている中に、自らな一味の哀情が、徐に彼をつつんで来るのを意識した。このかすかな梅の匂につれて、冴返る心の底へしみ透って来る寂しさは、この云いようのない寂しさは、一体どこから来るのであろう。――内蔵助は、青空に象嵌をしたような、堅く冷い花を仰ぎながら、いつまでもじっと彳んでいた。

Posted in story | 1 Comment

芥川龍之介

 夜半、月の光が一川の蘆と柳とに溢れた時、川の水と微風とは静に囁き交しながら、橋の下の尾生の死骸を、やさしく海の方へ運んで行った。が、尾生の魂は、寂しい天心の月の光に、思い憧れたせいかも知れない。ひそかに死骸を抜け出すと、ほのかに明るんだ空の向うへ、まるで水の匂や藻の匂が音もなく川から立ち昇るように、うらうらと高く昇ってしまった。……  それから幾千年かを隔てた後、この魂は無数の流転を閲して、また生を人間に託さなければならなくなった。それがこう云う私に宿っている魂なのである。だから私は現代に生れはしたが、何一つ意味のある仕事が出来ない。昼も夜も漫然と夢みがちな生活を送りながら、ただ、何か来るべき不可思議なものばかりを待っている。ちょうどあの尾生が薄暮の橋の下で、永久に来ない恋人をいつまでも待ち暮したように。

Posted in story | 2 Comments

Lorin Stein

I’m hooked on The Briefcase, by Hiromi Kawakami, a sentimental novel about the friendship, formed over late nights at a sake bar, between a Tokyo woman in her late thirties and her old high school teacher. It’s interesting enough to read about an aging woman drawn to an older man; when this attraction comes wrapped up in Japanese nostalgia for old fashioned inns, mushroom hunting, refined manners, and Basho, how can a person resist? I can only imagine what wizardry must have gone into Allison Markin Powell’s translation.

Posted in story | 2 Comments

川上弘美

 遠いようなできごとだ。センセイと過ごした日々は、あわあわと、そして色濃く、流れた。センセイと再開してから、二年。センセイ言うところの、「正式なおつきあい」を始めてからは、三年。それだけの時間を、共に過ごした。  あのころから、まだ少ししかたってないのに。

Posted in story | 7 Comments

忌野清志郎

Posted in music | 1 Comment

Christopher Tozzi

Big Data is defined by the following six features: 1. Highly scalable analytics processes – Big Data platforms have become popular due in large part to their ability to scale. The amount of data that they can analyze without a degradation in performance is virtually unlimited. This is what sets these tools apart from traditional methods of investigating data, such as basic SQL queries. 2. Flexibility – Big Data is flexible data. Whereas in the past all of your data might have been stored in a specific type of database using consistent data structures, today’s datasets come in many forms. Effective analytics strategies are designed to be highly flexible and … Continue reading

Posted in information | 2 Comments

Jeannette Wing

Posted in information | 1 Comment

Geoff Nunberg

So it’s natural to be wary of our new algorithmic overlords. They’ve gotten so good at faking intelligent behavior that it’s easy to forget that there’s really nobody home.

Posted in information | 1 Comment

Vendahaut

Posted in voyage | 1 Comment

Samira Asma

Dr Samira Asma, from the United States of America, is the Assistant Director-General for the Data, Analytics and Delivery for Impact Division. The main responsibilities of this role are to lead the Organization’s efforts to establish an impact framework of accountability to deliver the ‘triple billion’ targets, to track health-related Sustainable Development Goals (SDGs), through building enhanced country capacity, and to generate reliable data to forecast and inform public health policy. WHO HQ Structure (PDF file)

Posted in change | 2 Comments

Ayumi Koketsu

Posted in music | 2 Comments

FaceApp

Transform your face using Artificial Intelligence with just one tap

Posted in technology | 1 Comment

Vladimir Putin

Искусственный интеллект – это будущее не только России, это будущее всего человечества. Здесь колоссальные возможности и трудно прогнозируемые сегодня угрозы. Tот, кто станет лидером в этой сфере, будет властелином мира. Artificial intelligence is the future, not only for Russia, but for all humankind. It comes with colossal opportunities, but also threats that are difficult to predict. Whoever becomes the leader in this sphere will become the ruler of the world.

Posted in change | 3 Comments

Umair Haque

Thrownness. There are three aspects to it that I’m always struck by. The first is mortality. We’re born, we die. But human mortality is special. We know we’re going to die. And so our whole lives, as Freud pointed out — and then tried to forget, ironically, himself — are prefigured on an escape from this knowledge of our mortality. The second is our loneliness. We’re alone. Each and every one of us. There is a uncrossable river between us. I will never know you in the most intimate way — no matter how close our bodies touch — because your “interiority”, as Derrida would later put it, your inner … Continue reading

Posted in life | 1 Comment

Agnes Heller

Young Plato fell in love with Socrates, but Socrates was ugly. One cannot fall in love with the ugly; one loves only the beautiful. Plato could not say that he fell in love with the wise one who happened to be ugly. Thus, he proclaimed that his beloved was beautiful, superior in beauty to anyone else considered beautiful by the ignorant. One says, “This is not beautiful, but something else is beautiful,” and Plato proclaimed similarly, “This is a lower kind of beauty, but there is also a higher kind.” However, this higher, true and real beauty is invisible to the pedestrian’s eye. Plato, who loved Socrates, is the one … Continue reading

Posted in love | 2 Comments

Kakuzo Okakura

The heaven of modern humanity is indeed shattered in the Cyclopean struggle for wealth and power. The world is groping in the shadow of egotism and vulgarity. Knowledge is bought through a bad conscience, benevolence practised for the sake of utility. The East and West, like two dragons tossed in a sea of ferment, in vain strive to regain the jewel of life. We need a Niuka again to repair the grand devastation; we await the great Avatar. Meanwhile, let us have a sip of tea. The afternoon glow is brightening the bamboos, the fountains are bubbling with delight, the soughing of the pines is heard in our kettle. Let … Continue reading

Posted in beauty | 1 Comment

Kakuzo Okakura

In the trembling grey of a spring dawn, when the birds were whispering in mysterious cadence among the trees, have you not felt that they were talking to their mates about the flowers? Surely with mankind the appreciation of flowers must have been coeval with the poetry of love. Where better than in a flower, sweet in its unconsciousness, fragrant because of its silence, can we image the unfolding of a virgin soul? The primeval man in offering the first garland to his maiden thereby transcended the brute. He became human in thus rising above the crude necessities of nature. He entered the realm of art when he perceived the … Continue reading

Posted in beauty | 2 Comments

Sten Sootla

I know that I end up boring you with all the random topics I bring up during our calls, but I only do it to hear your voice just a while longer. More than anything, however, I know how long it takes to muster up the courage to take your hand and kiss you. It took me 10 years. Some may think that knowing these things is of little value. “Small matters”, they say, “what use of this knowledge compared to knowing the formulas of physics, the equations of the Universe?” I let them be. Millions of people can work on such equations for thousands of years, nature is not … Continue reading

Posted in love | 1 Comment

Arnold J. Levine

Posted in change | 3 Comments

Charles Darwin

It is interesting to contemplate an entangled bank, clothed with many plants of many kinds, with birds singing on the bushes, with various insects flitting about, and with worms crawling through the damp earth, and to reflect that these elaborately constructed forms, so different from each other, and dependent on each other in so complex a manner, have all been produced by laws acting around us. These laws, taken in the largest sense, being Growth with Reproduction; Inheritance which is almost implied by reproduction; Variability from the indirect and direct action of the external conditions of life, and from use and disuse; a Ratio of Increase so high as to … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Farhad Manjoo

DoorDash is the most popular food delivery service in the country, a freakishly fast-growing unicorn valued at $7 billion just six years after its founding, backed by some of Silicon Valley’s and Saudi Arabia’s leading investors. I’ll slinkingly confess that it is also a provider of my lunch two or three or five times a month, depending on how lazily bougie and nihilistic I happen to be feeling about leaving the house. In Silicon Valley, you don’t get very far without accidentally creating a permanent digital underclass, and so it probably shouldn’t surprise you to learn that DoorDash has long maintained a compensation policy for its workers that looks pretty … Continue reading

Posted in business | 2 Comments

David Thurman

In an age where the entire knowledge-base of the human race is at the tips of our fingers, there is no excuse for people to spread ideas based on their misunderstandings. We seem to be pushing the notion that everyone should have an opinion and everyone’s opinion matters. While this seems nice in theory, this concept is deeply flawed in the fact that not every opinion is backed by understanding. An informed opinion is the only opinion that has reason and comprehension behind it. As writer Harlan Ellison put it, “You are not entitled to your opinion. You are entitled to your informed opinion. No one is entitled to be … Continue reading

Posted in learning | 1 Comment

Harlan Ellison

Everybody has opinions: I have them, you have them. And we are all told from the moment we open our eyes, that everyone is entitled to his or her opinion. Well, that’s horsepuckey, of course. We are not entitled to our opinions; we are entitled to our informed opinions. Without research, without background, without understanding, it’s nothing. It’s just bibble-babble. It’s like a fart in a wind tunnel, folks.

Posted in learning | 1 Comment

David Thurman

Throughout any given day, we encounter thousands of machines and technologies. The inner workings and principles behind these machines are hidden from view. For instance, most people do not know how a plane’s design allows it to be aerodynamic while maintaining a certain altitude. The underlying principles behind how this machine was designed are hidden away. Despite this, most people still trust that a plane will fly us from destination A to B safely. We have had the inner workings of the plane abstracted away to the point that, unless we so desire, we do not deem it necessary to understand how it really works.

Posted in learning | 1 Comment

Chris Cannucciari

Posted in information | 2 Comments

张紫宁

Posted in music | 2 Comments

Alvar Aalto

Posted in learning | 2 Comments

Wikipedia

Vegetable Country Area cultivated thousand hectares (2,500 acres) Yield thousand kg/ha (890 lb/acre) Production thousand tonnes (1,100 short tons) China 23,458 230 539,993 India 7,256 138 100,045 United States 1,120 318 35,609 Turkey 1,090 238 25,901 Iran 767 261 19,995 Egypt 755 251 19,487 Italy 537 265 14,201 Russia 759 175 13,283 Spain 348 364 12,679 Mexico 681 184 12,515 Nigeria 1844 64 11,830 Brazil 500 225 11,233 Japan 407 264 10,746 Indonesia 1082 90 9,780 South Korea 268 364 9,757 Vietnam 818 110 8,976 Ukraine 551 162 8,911 Uzbekistan 220 342 7,529 Philippines 718 88 6,299 France 245 227 5,572 Total world 55,598 188 1,044,380

Posted in globe | 2 Comments

ウィキペディア

野菜は一般には食用の草本植物をいう。ただし、野菜の明確な定義づけは難しい問題とされている。 園芸学上において野菜とは「副食物として利用する草本類の総称」をいう。例えばイチゴ、スイカ、メロンは園芸分野では野菜として扱われ、農林水産省「野菜生産出荷統計」でもイチゴ、スイカ、メロンは「果実的野菜」として野菜に分類されているが、青果市場ではこれらは果物(果実部)として扱われ、厚生労働省の「国民栄養調査」や日本食品標準成分表でも「果実類」で扱われている。また、日本食品標準成分表において「野菜類」とは別に「いも類」として扱われているもの(食品群としては「いも及びでん粉類」に分類)は一般には野菜として扱われている。また、ゼンマイやツクシといった山菜については野菜に含めて扱われることもあり、木本性の植物であるタラの芽やサンショウの葉も野菜の仲間として扱われることがある。さらに、日本食品標準成分表において種実類に分類されるヒシなども野菜として取り扱われる場合がある。 日本では慣用的に蔬菜と同義語となっている。ただし、「蔬菜」は明治時代に入ってから栽培作物を指して用いられるようになった語で、本来は栽培されたものではない野菜や山菜などと厳密な区別があった。しかし、その後、山菜等も栽培されるようになった結果としてこれらの厳密な区別が困難になったといわれ、「野菜」と「蔬菜」は学問的にも全く同義語として扱われるようになっている。そして、「蔬菜」の「蔬」の字が常用漢字外であることもあって一般には「野菜」の語が用いられている。なお、野菜は青物とも呼ばれる。

Posted in difference | 1 Comment

이수정, 샘김

Posted in music | 1 Comment

Hannah Arendt

Loving life is easy when you are abroad. Where no one knows you and you hold your life in your hands all alone, you are more master of yourself than at any other time. In the opacity of foreign places all specific references to yourself are blurred. It is easy to conquer unhappiness when the general knowledge that you are unhappy is not there to disgrace you, when your unhappiness is not reflected by innumerable mirrors, focused upon you so that it strikes you again and again. It is easy, as long as you are young, to surrender to the pure force if life, which always advises submergence and forgetfulness. … Continue reading

Posted in voyage | 3 Comments

Adriana Cavarero

Everybody wants to be happy. This claim goes as far back as Socrates, if not further, and in the more than two thousand years since he made it, it has acquired the rare status of something like a universal truth. Books, articles and podcasts dedicated to happiness — especially on how to be happy — abound. Explicitly addressed to individuals rather than groups, they focus on personal happiness, to be enjoyed in the private sphere. Let each and every one be happy! The topic of what Hannah Arendt called “public happiness” is, by contrast, largely ignored by those who think and write about contemporary culture. Apparently, politics and happiness don’t … Continue reading

Posted in happiness | 1 Comment

Eliane Rodrigues

Posted in good | 1 Comment

John Coltrane, Johnny Hartman

Posted in music | 2 Comments

笠井紀美子

Posted in music | 1 Comment

Jackie McLean

Posted in music | 1 Comment

峰厚介

Posted in music | 1 Comment

Robert Reich

Posted in perception | 2 Comments

Martin Hilbert, Priscila López

Posted in information | 1 Comment

Ugo Colombino

Posted in change | 3 Comments

ウィキペディア

  587年 丁未の変(物部氏の衰退)   645年 乙巳の変(蘇我氏の滅亡)   710年 平城京遷都(飛鳥時代の終わり)   794年 平安京遷都(奈良時代の終わり)   858年 摂政の始まり(藤原良房が摂政に)   935年 承平天慶の乱(各地での反乱) 1017年 太政大臣(藤原道長が太政大臣に) 1098年 武士が殿上人に(源義家が昇殿) 1185年 平氏滅亡(壇ノ浦の戦い) 1274年 文永・弘安の役(蒙古襲来) 1333年 元弘の乱(鎌倉幕府滅亡) 1392年 明徳の和約(南北朝合一) 1493年 明応の政変(戦国時代の始まり) 1573年 室町幕府滅亡(織田信長が足利義昭を追放) 1641年 鎖国の完成(徳川家光の強権政治) 1716年 享保の改革(徳川吉宗が征夷大将軍に) 1786年 寛政の改革(松平定信が老中筆頭に) 1868年 戊辰戦争(江戸幕府滅亡) 1945年 太平洋戦争敗戦(大日本帝国滅亡) xxxx年 xxxx(日本国xx)

Posted in records | 1 Comment

Cambridge University Library

Six things Darwin never said: It is not the strongest of the species that survives, nor the most intelligent that survives. It is the one that is most adaptable to change. In the struggle for survival, the fittest win out at the expense of their rivals because they succeed in adapting themselves best to their environment. In the long history of humankind (and animal kind, too) those who learned to collaborate and improvise most effectively have prevailed. The universe we observe has precisely the properties we should expect if there is, at bottom, no design, no purpose, no evil, no good, nothing but blind, pitiless indifference. I was a young … Continue reading

Posted in information | 1 Comment

新海誠

知らない者同士が、お互いに知らない場所で生きていて、もしかしたら二人は出会うかもしれない存在。現実は会えない、でも、何らかのカタチで触れ合う。 単純だけれど、そんな物語を作りたいという事が今作の動機でした。良く考えてみると、それは、僕たちの日常そのものだと思います。今まさに地方の田舎町で生活している女の子も、将来、都会に住んでいるある男の子と出会うかもしれない。その未来の物語を小野小町の和歌『思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを』(訳:あの人のことを思いながら眠りについたから夢に出てきたのであろうか。夢と知っていたなら目を覚まさなかったものを)を引っ掛かりとして、アニメーションのフィールドの中で描く事が出来ると思いました。その後は、「夢の中で入れ替わる」ことを軸に「彗星」や「組紐」など様々なモチーフを交えながら作品としての構成を組み立てました。

Posted in story | 1 Comment

小野小町, 渡部泰明

思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚めざらましを 小野小町 古今集・恋二・五五二 あの人のことを思いながら寝たから夢に見えたのかしら 夢だとわかっていたら目覚めなかったのに

Posted in poem | 1 Comment

和泉式部, 藤原定家, 渡部泰明

黒髪のみだれもしらずうち臥ふせば まづかきやりし人ぞ恋しき 和泉式部 後拾遺集・恋三・七五五 黒髪の乱れるのもかまわず倒れ臥すと こんな時髪をかき上げてくれたあの人がまずなにより恋しい かきやりしその黒髪のすぢごとに うち臥ふすほどは面影ぞ立つ 藤原定家 新古今集・恋五・一三九〇 かき上げてやった彼女の黒髪の美しい髪筋までも 独り臥していると鮮明に面影が浮かぶ

Posted in poem | 1 Comment

渡部泰明

恋と恋愛は、同じではありません。恋愛は、男女二人がいれば、それで完結します。一人ではできないものですし、また二人以外の邪魔者は、いないほうがいい。けれども恋は、もっと大きな世界をもっています。逆に一人でも恋せるのです。今でいう「片思い」ですね。それは、歌の恋の重要なテーマです。というより、和歌の中の恋は、いつでも片思いです。「恋ふ」は「乞ふ」ものです。全身で求め、願うものです。仮に両思いであったとしても、自分の恋しさのほうがずっと深い。それゆえ必ず片思いなのです。 社会はいつでも恋に対立します。恋する人間にとって、障害であり、敵です。社会というと堅苦しいですが、歌の言葉でいえば、「世」であり「世の中」です。恋の歌には「世」「世の中」が繰り返し詠まれます。恋しい相手だって、現実に囚われていて、恋に逃げ腰であれば、もう社会の一部でさえあるのです。障害としての社会にぶつかりながら、「恋ふ」気持ちを抱きしめている。それが「恋」の核心です。社会という制約の中で、自分の真情を大事にすること。そう考えれば、これは人が生きるあらゆる局面にかかわってくることがわかるでしょう。だからこそ恋は、公的な一大テーマとなったのです。 黒髪の乱れも知らずうち臥せばまづかきやりし人ぞ恋しき  和泉式部 かきやりしその黒髪の筋ごとにうち臥すほどは面影ぞ立つ  藤原定家

Posted in poem | 1 Comment

滝沢カレン

知ってることが増えちゃうじゃないですか、大人になるとどうしても。

Posted in perception | 2 Comments

橋本幹造

Posted in happiness | 1 Comment

農林水産省

日本のすこやかな暮らしのために いちばん身近な「食べもの」の話(PDF ファイル)

Posted in bad | 2 Comments

Cafe Clair

Posted in music | 1 Comment

矢野沙織

私が人前でサックスを吹きに家を出たのは14歳の頃でした。その衝動は、何度遡って思い返しても、父とのいつもの何気ない小競り合いの中での、「学校へ行かないならば働きなさい。」という一言だったと思います。 いつか頼んで買ってもらった、キャンディーダルファー特集のJazz Life巻末にあるライブハウス欄を参照して、無数の10円玉を握りながら公衆電話からライブハウスに電話を掛け続けました。「社長は誰ですか?私は中学生です。働かせてください。」と、随分おかしい電話だったであろうと思います。その中で、今でもライブをさせて頂いている東京の外れにあるCafe Clairというjazz喫茶が、そんな私を拾ってくれた唯一の場所でした。 そこへ通って、伴奏だけが入っているカラオケCDをバックに演奏すると、マスターは優しく「まだ沙織ちゃんは親の目がなくてはいけないんだ。それに、1人ではできないからね。ピアノやベース、ドラムのプレイヤーと一緒にやるんだけど、バンドメンバーはいるの?」と言いました。何も無い私には、それができない。と思っていると、「まずうちに来るプロミュージシャンのライブにゲストで出てみなさい。頼んであげるから。で、次はお母さんかお父さんと来なさい。話してあげるからね。」と仰いました。 実際に仕事をしようとしてしまった無鉄砲な私に両親は辟易しながらも、翌週から殆ど毎週Cafe Clairのライブにセッションで参加させて頂いておりました。 その頃になると、私と同時期程度にjazzファンとなった父も、きゃいきゃいと喜び、多摩川沿いで練習をする私に付き合ったのでした。父子が真冬の高架下の河川敷で、カセットコンロを囲んで楽器の練習をする光景は、当時から「嘘みたいだなぁ」と思ったものですが、未だに「やっぱり嘘みたいだなぁ…」と、懐かしく思い出します。

Posted in memory | 2 Comments

オフラボ

ストレスオフ県ランキング2019全国結果

Posted in happiness | 1 Comment

プランデルブ

Posted in happiness | 1 Comment

明月院

Posted in beauty | 2 Comments

箱根温泉供給株式会社

温泉法施行規則改正に伴う大涌谷温泉の扱いについて 箱根温泉供給㈱の大涌谷温泉は、昔から広く知られているように自然に湧き出てくる温泉と、 火山性蒸気と地下水をぶつけることにより出来上がる造成温泉の混合された温泉です。 今回の温泉法施行規則改正により、温泉を加水や加温した場合は保健所への届出が義務化されましたが、 大涌谷で行われる“造成温泉※”については、加水や加温といった扱いではありませんので、 当社よりの温泉を温泉成分に影響を与える項目に該当する行為が行われていない場合は、 今回の表示義務の対象からは除外されますのでお間違えないようお願いいたします。 ※温泉法では、地下から湧出る水蒸気やその他のガスも温泉として定義されております。 しかしながら、百数十度の蒸気はそのままでは入浴することが不可能なため火山性蒸気の成分を水に溶け込ませることが 必要不可欠と成ります。当社の場合、自然に湧出する自然湧泉及び、 火山性蒸気と地下水を利用した造成温泉をすべて混合した時点で専門機関に分析を依頼し、 分析表を発行していただいておりますので、すべて混合したものが“大涌谷温泉”であると理解していただけると思います。

Posted in fact | 2 Comments

箱根イタリ亭

写真の池、イタリ亭の目の前の箱根CC内の池なのですが、ここの水が大涌谷温泉の原水だとご存知でしたか? 大涌谷温泉とは言いますが、大涌谷で温泉が湧き出しているわけではありません。写真の水源から大涌谷までポンプでくみ上げ、蒸気を通して供給しているのです。もともと仙石原は良水で有名でしたが、蒸気を通すことで温泉成分満載の白濁の温泉になるのです。

Posted in fact | 2 Comments

Takuya Kimura

IoT にフォーカスした深層学習技術の研究開発を行う Preferred Networks (PFN) は 2017年8月4日、トヨタ自動車を引受先とした第三者割当増資を実施し、約105億円を調達したと発表した。トヨタ自動車はPFNとの共同研究・開発により、モビリティ分野へのAI技術の応用を進めていく狙いだ。 PFNとトヨタは2014年10月から共同で研究開発を開始し、関係強化を目的に、同じくトヨタから10億円を調達していた(2015年12月)。 PFNはプレスリリースのなかで、「今回の資金調達により、計算環境の拡充、優秀な人材の確保をすすめ、モビリティ事業分野におけるトヨタとの関係強化、共同研究・開発をさらに加速させる」としている。

Posted in information | 3 Comments

NPO法人全国こども食堂支援センター・むすびえ

こども食堂 1年で1.6倍、過去を上回るペースで増え続け、3700箇所を超える。

Posted in human rights and democracy | 2 Comments

大西連

「子ども食堂」は、子どもの貧困対策でもあり、地域の拠点づくり、コミュニティづくりという側面もある。 そもそもが、「○○が子ども食堂である」という定義が明確にあるものでもないし、何らかの認可や免許があるものでもないわけで、それぞれが自分たちなりの「子ども食堂」をおこなっているに過ぎない。 しかし、ここ数年のあいだに2200ヵ所まで拡大したことは、逆説的に言うと、子どもの貧困への関心や地域のなかでの居場所づくりの必要性について、多くの人が関心を持ち、何かしたいとアクションを起こしたことの証明でもある。 子ども食堂は、ある種の「絆創膏」である。傷ついている人がいたら、誰しもがすぐさま自分ができることで手当てをする、したいと思うのと同じだ。 しかし、それはあくまで緊急時の手当であり、医師や看護師などの医療従事者ではない「ふつうの人」ができる範囲の手当だ。傷によっては救急車を呼ぶだろうし、病院につれていくだろうし、専門機関につないで、治療につなげる必要がある。 「子どもの貧困」にも「地域づくり」にも、いま圧倒的に「処方箋」が足りない。

Posted in human rights and democracy | 1 Comment

マーカス・ハンカマー

当社のビジョンは「人々の水の飲み方を、持続可能な方法に変えていくこと」です。私たちは、企業が消費者の行動をより良い方向に変えることができると信じています。 (海洋プラスチックごみ問題は深刻です。世界が1年間に消費するペットボトルは約4800億本にも上るなか、ブリタの浄水器は解決策の一つになりえます。) 2050年には海洋プラスチックごみの量が海にいる魚を上回るという予測もあり、事態は深刻です。 水を飲むためだけにプラスチックを使うことは得策ではありません。プラスチックは何百年も分解されずに残ります。それを使い捨てにすることは常軌を逸しています。 サステナビリティには2つの意味があります。1つは環境負荷を減らすこと。もう1つは、生活習慣を変えることです。それは簡単ではありませんが、本当に変えたいのです。もちろん時間が掛かるのは分かっています。 私たちはペットボトルを使わないための解決策を見つけました。ペットボトルは飲み終わったらすぐに捨てられてしまうものです。 私たちは家庭、オフィス、通勤、食事、スポーツなど、さまざまな状況で水分を取ります。今はまだペットボトルを使うことが多いですが、もっとスマートで、オルタナティブな「飲み方」もあるのです。プラスチックを使い捨てにしなくて済む解決策です。

Posted in business | 1 Comment

Anna Burns

The day Somebody McSomebody put a gun to my breast and called me a cat and threatened to shoot me was the same day the milkman died. He had been shot by one of the state hit squads and I did not care about the shooting of this man. Others did care though, and some were those who, in the parlance, ‘knew me to see but not to speak to’ and I was being talked about because there was a rumour started by them, or more likely by first brother-in- law, that I had been having an affair with this milkman and that I was eighteen and he was forty-one. … Continue reading

Posted in story | 1 Comment

Johann Wolfgang von Goethe

Of the book of books most wondrous is the tender book of love.

Posted in reading | Leave a comment

WealthNavi

テクノロジーの力で、誰もが世界水準の資産運用をできるようにしたのが、ロボアドバイザー「WealthNavi(ウェルスナビ)」。 相場の動向に惑わされず、あなたの代わりに、すべて自動で資産運用を行います。 WealthNaviの利益はお客様の利益と連動します。銘柄を選ぶ基準は「White Paper」で公開しています。 資産運用の王道は「長期・積立・分散」。世界中の資産に分散投資しながら、中長期的に世界経済の成長率を上回るリターンを得ることを目指します。世界経済は「よいとき」と「悪いとき」を繰り返しながら成長しています。リーマン・ショックなどの金融危機さえも、「長期・積立・分散」の資産運用を「続ける」ことで、プラスのリターンとなりました。日々の実績に一喜一憂せず、長い目で資産運用を「続ける」ことが大切です。

Posted in business | 4 Comments