Author Archives: shinichi

深澤直人

俳句は、いいものがあって詠むわけではなくて、特別ではない、ふつうの領域が、妙にアーティスティックに高まるということがすごい。きっとデザインと同じように、何らかのことを入力したり考えたりしていたことが、ある瞬間に、ふっとひとつの調和した線みたいなものが見えたときに、ポンとでるのかなあ。デザインと俳句はすごく似ているんじゃないかと思います。

Posted in art | 2 Comments

西沢立衛

言葉にすることで、自分が本当にそう思っているのか、うそをついてはいないか、それがはっきりするんです。 スタディのときもよく僕は、その建物を言葉にしてみることがあります。言葉にすると、自分がうそをついている部分がわかる。”こういう考えで、こういうふうにつくった建物です”と言ったときに、どこかで自分に対してうそをついていると感じるときがあって、それが言葉にするとはっきりするんです。本当におもしろいと思って言っているのか、そうでないのかが、わかる。人は、美しいと特に思っているわけでもないのに、勢いで美しいと言ってしまって、言ったあとに”違うじゃないか”と思ったりもするでしょう。 言葉でうまく言えたからいいとか、言葉にできないからダメということでは、全然ないんです。むしろ逆に、言葉でうまく言えたことでダメだと感じることもあるのです。 言葉にすると、外側から眺められるでしょう。自分の思いみたいなものを、客観的に聞けるようなところがあるんです。 思っていることを言葉にできるかというより、言葉が、何を思うかを決めるんだと思います。言葉にしたときに”ああ、自分はそういうことを言いたいのか”と、可能性が開かれるようなことですね。または逆に、言葉にしたときの違和感から、それを自分は言いたくなかったのだ、とも思う。

Posted in wisdom | 1 Comment

明豊

帝国データバンクと東京商工リサーチの民間調査会社2社によると、2017年の企業倒産件数はそれぞれ、前年比2・6%増の8376件、同0・5%減の8405件となった。帝国データは8年ぶりの増加、東京商工リサーチは9年連続で減少となった。 2社で増減が異なる結果となったが低位で推移していることは共通した認識だ。

Posted in information | 1 Comment

Giles Wilkes

Midway through Ryan Avent’s “The Wealth of Humans”, I found myself marking “H” in the margin, to stand for heresy, so thick and fast do the counterintuitive insights arrive. Here are some. Money is not what motivates work; the best workers care little for a share of profits. State-led redistribution would do little harm, and has barely been attempted. My favourite: a sensible route to a secure living in the future is to aim not for high productivity, but for some extravagantly unproductive niche such as making artisanal cheese, where low productivity is a selling point.

Posted in change | 1 Comment

旬楽

Posted in happiness | 1 Comment

白井さゆり

今の金融市場はいびつです。3カ月先しか見ていない海外のヘッジファンドが円安を見込んで円を売るポジションをとり、いつでも売り逃げできるような期間の短い国債や株に投資している。そういった短期筋のヘッジファンドは儲けることだけが目的なので責められませんが、日本経済のことはよく知りません。でも彼らがいつも最初に動き、市場を牛耳っているのです。

Posted in Japanese way | 2 Comments

野村一晟

Posted in picture | 2 Comments

Yasunari Kawabata, Edward G. Seidensticker

The train came out of the long tunnel into the snow country. The earth lay white under the night sky. The train pulled up at a signal stop. A girl who had been sitting on the other side of the car came over and opened the window in front of Shimamura. The snowy cold poured in. Leaning far out the window, the girl called to the station master as though he were a great distance away. The station master walked slowly over the snow, a lantern in his hand. His face was buried to the nose in a muffler, and the flaps of his cap were turned down over his … Continue reading

Posted in story | 2 Comments

Rob Warwick, Pete Burden

People say that ‘business isn’t working’. They point to ‘fat cats’ getting richer, environmental damage, lethal working conditions for many people who bring us much of what we buy in the shops, and to rates of ‘progress’ that seems unsustainable. However, turning that around, we can also see that business has been a force for good in the world. Directly or indirectly it has led to many of the advances that we rely on in health care, food, housing, education, the internet, computing and so on. It is our view that business can be more of a force for good. But for this to happen we need to develop and … Continue reading

Posted in business | 1 Comment

John Mackey

(What are your four key pillars for conscious capitalism?) Higher purpose, stakeholder integration, conscious leadership, and conscious culture and management. The four are interconnected and mutually reinforcing. The tenets are foundational; they are not tactics or strategies. They represent the essential elements of an integrated business philosophy that must be understood holistically to be effectively manifested. Higher purpose and core values are central to a conscious business and all the other tenets connect back to these foundational ideas. ** I tell students and young professionals all the time to follow their hearts, do what they truly love, and if its business, run it by being grounded in ethical consciousness.

Posted in business | 1 Comment

Fred Kofman, Ken Wilber

A conscious business promotes mindfulness for all of its stakeholders. Employees are encouraged to investigate the world with rigorous scientific reasoning, and to reflect on their role in it with equally rigorous moral reasoning. They are invited to contemplate their own selves, finding what it means to live with virtue, meaning, and happiness. They are also asked to think of their colleagues as human beings, rather than as “human resources.” Finally, they are required to understand their customers, offering them products and services that support their growth and well-being. A conscious business fosters peace and happiness in individuals, respect and solidarity in the community, and mission accomplishment in the organisation. … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

Nathaniel Branden

Living consciously is a state of being mentally active rather than passive. It is the ability to look at the world through fresh eyes. It is intelligence taking joy in its own function. Living consciously in seeking to be aware of everything that bears on our interests, actions, values, purposes, and goals. It is the willingness to confront facts, pleasant or unpleasant. It is the desire to discover our mistakes and correct them. Within the range of our interests and concerns, it is the quest to keep expanding our awareness and understanding, both of the world external to self and of the world within. It is respect for reality and … Continue reading

Posted in real | 1 Comment

入間市博物館ALIT

色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす

Posted in learning | 2 Comments

Sarah Chiche, Catherine Millet, Catherine Robbe-Grillet, Peggy Sastre, Abnousse Shalmani

De fait, #metoo a entraîné dans la presse et sur les réseaux sociaux une campagne de délations et de mises en accusation publiques d’individus qui, sans qu’on leur laisse la possibilité ni de répondre ni de se défendre, ont été mis exactement sur le même plan que des agresseurs sexuels. Cette justice expéditive a déjà ses victimes, des hommes sanctionnés dans l’exercice de leur métier, contraints à la démission, etc., alors qu’ils n’ont eu pour seul tort que d’avoir touché un genou, tenté de voler un baiser, parlé de choses « intimes » lors d’un dîner professionnel ou d’avoir envoyé des messages à connotation sexuelle à une femme chez qui … Continue reading

Posted in communication | 2 Comments

Jared Diamond

History followed different courses for different peoples because of differences among peoples’ environments, not because of biological differences among peoples themselves.

Posted in human being | 2 Comments

Yuval Noah Harari

Is there any objective reality, outside the human imagination, in which we are truly equal? Are all humans equal to one another biologically? Let us try to translate the most famous line of the American Declaration of Independence into biological terms: We hold these truths to be self-evident, that all men are created equal, that they are endowed by their Creator with certain unalienable rights, that among these are life, liberty, and the pursuit of happiness. We hold these truths to be self-evident, that all men evolved differently, that they are born with certain mutable characteristics, and that among these are life and the pursuit of pleasure.

Posted in human being | 2 Comments

Le Matin

L’accès à Zermatt est fermé. Les maisons n’ont pas encore été évacuées.

Posted in globe | 1 Comment

Mark Tarnopolsky

The two major components of body weight are body fat and lean body mass (muscle and bone). Several studies have clearly shown that, while endurance and HIIT exercise can reduce visceral fat (lower waist circumference) and improve cardiovascular fitness, they often do not result in overall weight loss. Often, athletes find significant strength improvements with resistance exercise but no change, or even an increase, in total body weight. A 2012 study in the Journal of Applied Physiology followed individuals who worked out for eight months and saw no weight loss (despite other significant health benefits).

Posted in health | 1 Comment

Mary-Frances Winters

The word “same” means “identical”, not different, conforming in every detail.   The word “equal” on the other hand, is defined as one being the same in status and quality, having the same access, etc.

Posted in globe | 1 Comment

Social media

Posted in globe | Leave a comment

Rebecca Surette

On this planet, at least, we’re all carbon-based organisms, and we all “inhale” something and “exhale” something else. I use quotation marks simply because the breathing mechanism is very different from animals to plants.

Posted in human being | 1 Comment

Dennis Richards

All animals and plants share similar cell structures with a cell membrane, nucleus, mitochondria, lysosomes, endoplasmic reticulum, Golgi body, and cytoplasm. Plant cells also have a cell wall and chloroplasts. They also share the same genetic code and a common ancestor some 1.6 billion years ago.

Posted in human being | 1 Comment

Laksshini Sundaramoorthy

While human rights is not a universal concept, its construction as a form of Western cultural imperialism represents an unfounded and inaccurate reading of civilisation. The idea of human rights as an entitlement of every human being, with an unqualified universal scope, is somewhat unattainable as variations in conceptions of justice are inevitable. However, the assertion that human rights are imposed by the West and would otherwise hold no resonance in non-Western societies, overstates the uniqueness of human rights to Western culture. Rather, there is an ‘overlapping consensus’ in that the acceptance and recognition of human rights is not complete but partial. While its principles cannot possibly be applicable to … Continue reading

Posted in human rights and democracy | 1 Comment

Michael Ignatieff

Human rights are seen as an exercise in the cunning of Western reason: no longer able to dominate the world through direct imperial rule, the West now masks its own will to power in the impartial, universalizing language of human rights and seeks to impose its own narrow agenda on a plethora of world cultures that do not actually share the West’s conception of individuality, selfhood, agency, or freedom. ** The members of the drafting committee saw their task not as a simple ratification of Western convictions but as an attempt to delimit a range of moral universals from within their very different religious, political, ethnic, and philosophical backgrounds. This … Continue reading

Posted in human rights and democracy | 2 Comments

Shashi Tharoor

It is essential to recognize that universality does not presuppose uniformity. To assert the universality of human rights is not to suggest that our views of human rights transcend all possible philosophical, cultural, or religious differences or represent a magical aggregation of the world’s ethical and philosophical systems. Rather, it is enough that they do not fundamentally contradict the ideals and aspirations of any society, and that they reflect our common universal humanity, from which no human being must be excluded.

Posted in human rights and democracy | 2 Comments

Paul H. Ray, Sherry Ruth Anderson

Cultural Creatives are seriously concerned with self-actualization, spirituality, self-expression; they like the foreign and exotic, and enjoy new ideas. They’re socially concerned, advocating ecological sustainability, women’s issues, peace, social justice and planetary awareness. These aren’t separate concerns; to reach them it’s necessary to appeal to the whole package of principles. There are twice as many Cultural Creative women as men, with women’s concerns and values finding a voice and going public. Cultural Creatives are strongly upper middle class (46% in the top income quarter) and they are everywhere–definitely in your town. Age, race and ethnicity are typical of the nation as a whole. Values, not demographics, are what identify this … Continue reading

Posted in attitude | 2 Comments

LOHAS

LOHAS Lifestyles of Health and Sustainability Certain customer market segment of consumers willing to adapt their consumption towards more sustainable and healthier lifestyles LOHAS profile Higher income, higher educated Early adopters, influencers 40% according to WRI in USA and 44% (Allianz study) in Germany, 36% of Australian shoppers, China: LOHAS alludes strongly to traditional Confucian principle of harmonious coexistence of humanity But only around 15% are really devoted to sustainable consumption

Posted in belief | 1 Comment

WOOD ONE

自然からの恵みを授かり、鎮守の神を祀り、豊かさと安息に感謝する。 森の国の民として歴史を刻んできた私たちのDNAには、”木と暮らすことは木に守られること”だという、 知恵と哲理が息づいています。だからこそ反りや伸縮も自然の摂理としてとらえ、その恩恵を住環境に活かそう とする技を磨いてきました。 ** 木目には、自然界にしかつくり得ない個性豊かな表情があります。それは、その木が永い年月を生き抜いてきた歴史そのもの。 根付いた場所や自然条件などの影響でちょっとした”チャームポイント”が刻まれることもあり、同じ木目が他に生まれること はありません。プラスチックなどの材料に人工的に節などを印刷しても、どこか不自然さを感じてしまいますが、木は生き物だ から自然なのです。

Posted in attitude | 2 Comments

溝上憲文

多くの企業が最高益を更新し、人手不足も深刻。となれば給与は上がるのが道理だが、一向にその気配はない。企業は儲けたお金を、まず株主に配り、残りは内部留保にしている。なぜ企業は社員に還元しないのか。

Posted in Japanese way | 1 Comment

北陸電力

北陸電力の発電施設「志賀原子力発電所」 北陸電力のPR施設「アリス館志賀」 発電所と地域との共生施設「花のミュージアム フローリィ」

Posted in business | 4 Comments

大田黒公園

Posted in happiness | 2 Comments

David M. Smick

“Becoming Japan” would mean that the economic situation in Europe and the United States would come to resemble Japan’s two lost decades of dismal economic performance since the early 1990s. The weight of crushing public debt and a traumatized banking system led to the creation of a zombie economy. Because of the government’s massive spending programs on infrastructure, which barely kept the economy from collapsing, the debt eventually ballooned to twice the economy’s size. The Japanese people fell victim to an economic slow-bleed condition. Like Japan, both the Eurozone and the United States have accumulated massive public debt as a result of bailouts, fiscal stimulus, underperforming economies, and declining tax … Continue reading

Posted in Japanese way | 1 Comment

David Leonhardt

   

Posted in change | 1 Comment

David Cameron

The political system is broken, the economy is broken and so is society. That is why people are so depressed about the state of our country.

Posted in perception | 1 Comment

James Mackintosh

The economic cycle has been turned upside down. Depending where you look, there is strong evidence that the U.S. is in the first stage of recovery, in a long mid-cycle, or even approaching the final stages before rolling over. No wonder investors are confused. Deciding where the country stands in the cycle is a vital part of putting money to work, determining whether it is best to be in bonds, equities or commodities, and which sectors of the stock market are likely to perform best.

Posted in perception | 1 Comment

Economic Policy Institute

Posted in change | 4 Comments

塩谷歩波

Posted in happiness | 4 Comments

OECD

Posted in business | 1 Comment

Ed Conway

The economy is broken. Well and truly broken. … Money has flowed out of our economies and into company coffers and into tax havens. … Trust in the establishment has collapsed. Electorates around the world are punishing their politicians at every vote. Everyone is angry. And you know what? They’re right to be angry. Because the unwritten contract between citizens, business and government has broken down. ** For one thing, the offshoring revolution will soon be followed by the automation revolution, with white collar jobs being lost where blue collar jobs were lost in previous decades. But more importantly, they should note that we have been here before. The last … Continue reading

Posted in change | 2 Comments

Boeing

The Boeing EA-18G Growler is an American carrier-based electronic warfare aircraft. The Growler’s electronic warfare capability is primarily provided by Northrop Grumman. The added electronics include AN/ALQ-218 wideband receivers on the wingtips and ALQ-99 high and low-band tactical jamming pods. The ALQ-218 combined with the ALQ-99 form a full spectrum electronic warfare suite that is able to provide detection and jamming against all known surface-to-air threats.

Posted in technology | 2 Comments

Alex Stone

Should parents be troubled when their kids start to deceive them? Odds are, most of us would say yes. We believe honesty is a moral imperative, and we try to instill this belief in our children. Classic morality tales like “The Boy Who Cried Wolf” and “Pinocchio” speak to the dangers of dishonesty, and children who lie a lot, or who start lying at a young age, are often seen as developmentally abnormal, primed for trouble later in life. But research suggests the opposite is true. Lying is not only normal; it’s also a sign of intelligence.

Posted in human being | 1 Comment

大阪市

Posted in Japanese way | 1 Comment

FUJITSU

モバイルネットワーク 1G:第1世代(アナログ無線、アナログ携帯電話) 2G:第2世代(データ通信、デジタル携帯電話) 3G:第3世代(脱地域限定、世界標準) 4G:第4世代(高速化、スマートフォン) 5G:第5世代(すべての端末・アプリケーション)

Posted in technology | 1 Comment

馬場元毅

Posted in human being | 1 Comment

kd factory

本書の付属DVD-ROMに収録されている素材データの著作権は著者に帰属します。素材データは本書の購入者に限り、個人利用および商業利用を問わず、何度でも使用することができます。新聞・雑誌・広告等のDTPデザイン、Webデザイン、自社製品パッケージ、チラシ、店舗POP、テレビ番組のテロップ、漫画・アニメーション作品の衣装や背景等、各種デザインワークにご使用いただくことができます。ただし、本書は本書は素材集としてデータを提供しているため、オリジナルコンテンツと組み合わせるなど、あくまで素材データとしてお使いください。 ・加工に関しても制限はありません。 ・使用許諾範囲内での素材データ使用に際して、使用許諾申請やクレジット表記は必要ありません。

Posted in beauty | 3 Comments

鈴木貴博

1995年頃、私はある経済誌からの依頼でブラジルのトラックメーカーについての記事を書いたことがある。当時、その1本の記事を書くのには今とは比較できないほどの工程を必要とした。編集部と私とでの記事のアウトラインを確認する会議。わが社のリサーチ部門のスタッフによる日本語と有料オンラインデータベースのサーチ。電話取材では私の秘書と現地の秘書で連絡をとりあって時間を設定してもらった。初稿は英訳してもらい、現地の同僚にファックスで確認してもらって、ようやく記事が完成したものだ。 今年同じことをやろうとすると、グーグル検索とメールとスカイプでひとりですべての作業をこなすことができる。記事を書くのに1995年当時は1週間は必要だったが、今だと取材先とのタイミング次第では24時間で裏取りをした記事が書きあがるだろう。 しかし問題は、私以外のすべてのライターや執筆陣も同様にパワーアップしていることだ。経済や政治、医療や美容など専門分野の記事は、今ではキュレーションという呼び名で行われるネット記事の切り貼りで、専門家ではないライターが3000円程度の報酬でそれらしいものを書きあげることができる。そして私のような専門家の執筆料もそれにひっぱられる形で下落している。

Posted in change | 1 Comment

John Leyden, Chris Williams

A fundamental design flaw in Intel’s processor chips has forced a significant redesign of the Linux and Windows kernels to defang the chip-level security bug. Programmers are scrambling to overhaul the open-source Linux kernel’s virtual memory system. Meanwhile, Microsoft is expected to publicly introduce the necessary changes to its Windows operating system in an upcoming Patch Tuesday: these changes were seeded to beta testers running fast-ring Windows Insider builds in November and December. Crucially, these updates to both Linux and Windows will incur a performance hit on Intel products. The effects are still being benchmarked, however we’re looking at a ballpark figure of five to 30 per cent slow down, … Continue reading

Posted in technology | 1 Comment

ボンゾ

蒼井優は無意識ではあるが、好きになった人の前ではズボンを履きだすらしい。というのは“女として”じゃなく、“人として”好きになってほしいからだという。女性誌や恋愛指南本などでは、メイク・髪・スカート・ハイヒール・華奢な手首足首etc.わざと過剰な女性らしさを演出して「異性として好きにさせる」戦法がこれでもかと押されてきたが、蒼井はその逆なのだ。 「女として」性的な関係を持ちたいとか、手料理など世話を焼いてもらいたいとか、美貌の彼女を自慢したいとかの動機で好かれた場合、いくらでも「替え」が効く。しかし「人として」好きになったら、もう「替え」は効かない。だからなのか、蒼井とこれまで交際してきた男性は、彼女にゾッコンだったと伝えられている。20代前半に交際していたV6岡田准一は蒼井と同棲するために5,000万円かけてマンションをリフォームし、交際声明まで出した鈴木浩介も結婚生活を見据え月50万円のローンを組みマンションを購入したと報道された。しかし蒼井は岡田のもとを去り、鈴木には「好きな人ができたから」とメール一通で破局したとも。心を掴んで振り回してしまう蒼井優、強すぎる。

Posted in attitude | 1 Comment

Martine Laronche

Internet serait-il devenu un moyen de rencontre parmi d’autres ? En réalité, l’amour numérique ne répond pas aux mêmes règles que la rencontre dans une soirée ou au bureau, bref dans la vraie vie. Plus intense, il s’embrase vite avec les mots, mais le passage à la réalité peut être très décevant.

Posted in love | 1 Comment

Isaac Asimov

We must not be taken in by the myth of youth, the unending propaganda to the effect that young men are younger than old men; that they are better looking; that they are slimmer, stronger and more athletic; that they can hold a girl in more romantic fashion and speak more sweetly. Nonsense! Pure balderdash put out by a secret organization of clean old men whose design it is to conquer the world and who use the unwitting young as fronts and dupes. The fact of the matter is that young men lack skill and experience and are very likely to approach a girl as though she were a sack … Continue reading

Posted in love | 2 Comments

Véronique Vincelli

Conscient ou inconscient, le fantasme sexuel est une rêverie, une envie, une image ou un sentiment plus ou moins réaliste. … En fait, il est l’organe sexuel le plus performant! La pensée est directement liée à l’excitation sexuelle et possède un pouvoir inouï sur l’organisme.

Posted in human being | 1 Comment

Morgane Tual

L’être humain est-il menacé par la technologie ? La machine risque-t-elle de le dominer ? Fantasmes ou réalité ? L’emploi menacé ? Des données biaisées ? Vers un « piratage » de l’esprit humain ? Interdire les armes autonomes ? Tous surveillés ? Comment protéger les données personnelles ? Expliquer l’inexplicable ? Responsables mais pas coupables ?

Posted in technology | 2 Comments

Eleanor Roosevelt

Justice cannot be for one side alone, but must be for both.

Posted in globe | 4 Comments

YKK AP

Posted in beauty | 1 Comment

Guardian

Posted in perception | 1 Comment

宇田学

深山弁護士:なぜ笑ってるんですか? 大友検事正:いやぁ、君が随分得意気な顔をしていたからね、つい。ふふふ。 深山弁護士:事実が見つけられず真犯人が見つかっていなかったら、石川さんはあなた達に殺されていたかもしれない。 大友検事正:我々検察は被告人の犯罪を証明する立場にある。我々の努力の結果有罪になったとしたら、裁判所がそう判断したということだ。我々が殺したなどとは聞き捨てならないな。心外だよ。 深山弁護士:裁判所の判断に、大きな有罪のバイアスをかけるのはあなたたちですよ。 大友検事正:いやいや勘違いしている。我々は被害者のために犯罪を犯した人間を許すことはできない。この社会の正義を全うする使命がある。 深山弁護士:正義とか真実とかって言う、100人いたら100通りの考えがあるようなもの、僕は信じないですよ。ある日突然、僕はあなたたちに父を奪われた。その日を境に全てが一変した。あんたはその歪んだ正義とやらで、何人の人生を狂わせるんだよ。冤罪事件で加害者にされた人間も、犯罪の被害者なんだ。僕はその立場に立ってずっと弁護を続ける。あなたはあなたの正義というものを貫くというのであれば、僕は事実というものを信じてあなたの前に立ち続けますよ。

Posted in truth | 1 Comment

丸う田代

Posted in Japanese way | 1 Comment

新美南吉

 そのあくる日もごんは、栗をもって、兵十の家へ出かけました。兵十は物置で縄をなっていました。それでごんは家の裏口から、こっそり中へはいりました。  そのとき兵十は、ふと顔をあげました。と狐が家の中へはいったではありませんか。こないだうなぎをぬすみやがったあのごん狐めが、またいたずらをしに来たな。 「ようし。」  兵十は立ちあがって、納屋にかけてある火縄銃をとって、火薬をつめました。  そして足音をしのばせてちかよって、今戸口を出ようとするごんを、ドンと、うちました。ごんは、ばたりとたおれました。兵十はかけよって来ました。家の中を見ると、土間に栗が、かためておいてあるのが目につきました。 「おや」と兵十は、びっくりしてごんに目を落しました。 「ごん、お前だったのか。いつも栗をくれたのは」  ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなずきました。  兵十は火縄銃をばたりと、とり落しました。青い煙が、まだ筒口から細く出ていました。

Posted in story | 2 Comments

遠藤周作

「生きるって、こんなにむつかしいことかと、この一年で、たっぷり味わいました。一体、美しいこととか、善いことって一体、何なのでしょうか」 「美しいものと善いものに絶望しないでください。人間の歴史は……ある目的に向かって進んでいる筈ですよ。外目にはそれが永遠に足ぶみをしているように見えますが、ゆっくりと、大きな流れのなかで一つの目標に向かって進んでいる筈ですよ」「(この目標とは)人間がつくりだす善きことと、美しきことの結集です」

Posted in story | 1 Comment

BRUTUS, BPUTUS

Posted in asian way | 1 Comment

やなせたかし

正義とは何か。絶対的な正義なんてないし、 正義はある日逆転する。 正義のためには悪人がいなくちゃいけないし、 悪人の中にも正義がある。 そうだ うれしいんだ 生きるよろこび たとえ 胸の傷がいたんでも なんのために生まれて なにをして生きるのか こたえられないなんて そんなのはいやだ!

Posted in globe | 1 Comment

西研

正義という言葉を耳にすると、「正義は相対的なものにすぎない。どこにもほんとうの正義なんてものはないんじゃないか」と思う人もいるだろう。じっさい、イスラエルとパレスチナはそれぞれの正義を掲げて久しく対立しあってきた。アニメのガンダムを例に挙げるまでもなく、一方が全くの正義で他方は全くの悪だ、というような善悪二元論、の図式を、私たちの多くが素朴には信じられなくなっている。 しかしそう思いつつも、残忍きわまる殺人の話を聞くと、私たちは「なんてひどい」と思い、その犯人を捕まえて罰する警察・司法の働きを「正義だ」と感じる。また、検察がきちんとした証拠のないままある人を意図的に犯人に仕立てあげた、という報道があると、「ひどいことをする!」と憤りを感じ、ある人たちがインサイダー取引で儲けたと聞くと「ずるい」と思う。 このように私たちは、正義の基準が時代や社会によって相対的であることを知りつつも、現実のさまざまな行為に対しては、「不正だ!(ひどい・ずるい)」とか「これは正しい」という実感をもつ。このような正義、という現象を、私たちはどのように理解すればよいのだろうか。そして私たちは、私たちの社会の正義としてどのような基準を採用すべきなのだろうか。

Posted in perception | 1 Comment

午堂登紀雄

仮に自分の正義があったとしても、それを他人に押し付けようとするからイライラするし、トラブルも起きる。それがもとで孤立していくわけです。 だから、もし他人の発言や行動にイライラしたり怒りの感情が芽生えたりしたときには、なぜ自分は怒りを覚えたのか、その理由を振り返ることです。 それは自分の中に「こうあるべき」という常識や正義があって、それに反しているから。だから、イライラや怒りの感情を取りのぞくためには、その「べき」は万人に当てはまらないことに気づくことです。他人には他人の常識や正義があることを受け入れ、「そういう人もいる」と多様性を認められれば、イライラする場面 を減らすことができます。

Posted in attitude | 1 Comment

Robert Nozick

Individuals have rights and there are things no person or group may do to them (without violating their rights). So strong and far-reaching are these rights that they raise the question of what, if anything, the state and its officials may do. How much room do individual rights leave for the state?

Posted in moral | 1 Comment

John Rawls

Justice is the first virtue of social institutions, as truth is of systems of thought. A theory however elegant and economical must be rejected or revised if it is untrue; likewise laws and institutions no matter how efficient and well-arranged must be reformed or abolished if they are unjust. Each person possesses an inviolability founded on justice that even the welfare of society as a whole cannot override. For this reason justice denies that the loss of freedom for some is made right by a greater good shared by others. It does not allow that the sacrifices imposed on a few are outweighed by the larger sum of advantages enjoyed … Continue reading

Posted in moral | 1 Comment

Cédric Hugrée, Étienne Pénissat, Alexis Spire

Posted in Eurocentrism | 2 Comments

Cédric Hugrée, Étienne Pénissat, Alexis Spire

Cartographie des inégalités sociales (niveaux d’éducation, logement, pratiques culturelles…) au-delà du revenu : une synthèse inédite des classes sociales à l’échelle européenne Les classes populaires européennes ont été touchées de plein fouet par la crise : l’expérience du chômage et de la précarité fait partie de leur quotidien et constitue un marqueur qui les distingue des autres classes. Un autre trait récurrent est la pénibilité physique au travail, qui touche davantage les actifs peu ou pas qualifiés dans la quasi-totalité des pays européens. Pourtant, ces inégalités dans le monde du travail n’ont guère été prises en charge politiquement : la délégitimation du monde ouvrier s’est accompagnée d’une occultation de la … Continue reading

Posted in Eurocentrism | 1 Comment

Niall Ferguson

You either love Donald Trump or you loathe him. You either adore Brexit or abhor it. This polarization has been fostered by the giant online social networks of our time. Facebook encourages you to like or not like what you see in your Newsfeed. Twitter allows you to retweet or like other people’s tweets or block those users who offend your sensibilities. In this binary world, there is not much room for ambivalence. I have had a tough time this year explaining even to friends why I can like some aspects of the Trump administration while at the same time disliking others.

Posted in information | 1 Comment

Wenqi Wei et al.

To test the relationship between ambient temperature and personality, we conducted two large-scale studies in two geographically large yet culturally distinct countries: China and the United States. Using data from 59 Chinese cities (N = 5,587), multilevel analyses and machine learning analyses revealed that compared with individuals who grew up in regions with less clement temperatures, individuals who grew up in regions with more clement temperatures (that is, closer to 22 °C) scored higher on personality factors related to socialization and stability (agreeableness, conscientiousness, and emotional stability) and personal growth and plasticity (extraversion and openness to experience). These relationships between temperature clemency and personality factors were replicated in a larger dataset of 12,499 … Continue reading

Posted in human being | 2 Comments

多部未華子

Posted in music | 3 Comments

山田ひろし

Posted in poem | 2 Comments

宇治拾遺物語

今は昔、大隈守なる人、国の政をしたため行ひ給ふ間、郡司のしどけなかりければ、 「召しにやりて戒めむ。」 と言ひて、さきざきのやうに、しどけなきことありけるには、罪に任せて、重く軽く戒むることありければ、一度にあらず、たびたびしどけなきことあれば、重く戒めむとて、召すなりけり。 「ここに召して、率て参りたり。」 と、人の申しければ、さきざきするやうにし伏せて、尻、頭にのぼりゐたる人、しもとをまうけて、打つべき人まうけて、さきに人二人引き張りて、出で来たるを見れば、頭は黒髪も交じらず、いと白く、年老いたり。 見るに、打ぜむこといとほしくおぼえければ、何事につけてかこれを許さむと思ふに、事つくべきことなし。過ちどもを片端より問ふに、ただ老ひを高家にていらへをる。いかにしてこれを許さむと思ひて、 「おのれはいみじき盗人かな。歌は詠みてむや。」 と言へば、 「はかばかしからずさぶらへども、詠みさぶらひなむ。」 と申しければ、 「さらばつかまつれ。」 と言はれて、ほどもなく、わななき声にてうち出だす。 年を経て頭の雪は積もれどもしもと見るにぞ身は冷えにける と言ひければ、いみじうあはれがりて、感じて許しけり。人はいかにも情けはあるべし。

Posted in poem | 2 Comments

金子みすゞ

このうらまちの ぬかるみに、 青いお空が ありました。 とおく、とおく、 うつくしく、 すんだお空が ありました。 このうらまちの ぬかるみは、 深いお空で ありました。

Posted in poem | 6 Comments

雪樹

「…君の見る空が千回晴れたら、きっとまた会える。だから、僕が君の傍にいたこと忘れないでいて…。ね、日向!」 僕にとって精一杯の約束だった。 「や…くそ…く…」 日向は見えなくなりつつある僕に小指を出した。 「…うん。約束だ…」 涙と笑顔と僕らの手は、最後の最後で重なった。 そして、僕は日向の世界から完全に姿を消した。

Posted in story | 1 Comment

山口紀美子

Posted in records | 2 Comments

勝沼醸造

日本固有の品種「[甲州] から世界に通ずるワインを造りたい」という私たちの夢から生まれたワインです。醸造過程で糖や酸を補わず、ぶどう本来の成分を凝縮し、フレンチオーク樽中 で6ヶ月間醗酵熟成しました。びん熟成を2年以上重ねました。果実味と樽香のバランスがよく複雑で優雅です。

Posted in happiness | 1 Comment

若松英輔

詩はこの世界に深みのあることを教えてくれます。彼方の世界に触れたとき、それはこころの奥に眠る古い記憶を呼び覚まし、懐かしさと深い哀愁を感じさせます。詩とは、過ぎ去るものを言葉という舟で永遠の世界へ運ぼうとすることだ、といえるかもしれません。

Posted in poem | 1 Comment

Lyon

Posted in voyage | 1 Comment

U.S. Department of Homeland Security

Posted in american way | Leave a comment

大島てる

Posted in Japanese way | 1 Comment

Marcel Desailly

  71% of the earth is covered by water. The remaining 29% is covered by N’Golo Kanté

Posted in fact | 2 Comments

Alexandre Léchenet, Gary Dagorn

Posted in globe | 1 Comment

David Leonhardt

I’m a probability advocate. In previous jobs, I have helped create election scoreboards. Probabilities are more meaningful than safe “anything can happen” platitudes, vague “it’s likely” analyses or artificially confident guarantees. But I’ve come to realize that I was wrong about a major aspect of probabilities. They are inherently hard to grasp. That’s especially true for an individual event, like a war or election. People understand that if they roll a die 100 times, they will get some 1’s. But when they see a probability for one event, they tend to think: Is this going to happen or not? They then effectively round to 0 or to 100 percent. That’s … Continue reading

Posted in simple | 1 Comment

Luz Colendrino-Bucu, Manuel R. Guerrero, Baceliza M. Pascual, Rosalinda Arre-San Mateo

Most of us daydream. We can control it, unlike sleep. The content of our daydreams tends to reflect what is motivating or of importance to us. These daydreams are more related to our physical and social environment. They are parts of our daily activities varying from person to person depending upon his desires, or dislikes. This is a part of our waking consciousness. When you cannot solve your problem, you just throw yourself to your rocking chair and start fantasizing. You are just using your imagination to understand what other people are experiencing. Fantasy can contribute to your creativity thus making you more psychologically fit. Whether daydreams are adaptive or … Continue reading

Posted in dream | 1 Comment

日本新聞協会, 山﨑博司

Posted in human rights and democracy | 1 Comment

時事通信

2017年に生まれた子どもの数が94万1000人にとどまり、2年連続で100万人を下回ることが22日、厚生労働省の推計で分かった。1899年の統計開始以来、最少となる。一方、死亡数は戦後最多の134万4000人に上る見通しで、自然減は年間40万人を突破。人口減少に拍車が掛かっている。 出生数は初めて100万人を割った16年の97万6978人から、さらに約3万6000人減る。25~39歳を中心とする出産適齢期の女性の減少が大きな要因。1人の女性が生涯に産む子どもの数(合計特殊出生率)も16年時点で1.44にとどまっており、出生数の減少は今後も続くとみられる。

Posted in Japanese way | 1 Comment

松尾豊

ソフトウエアやITの世界では優秀な人と、そうでない人で約30倍、生産性が違う。これが報酬に反映されるのは自然な流れだ。プロスポーツ選手のようにトップエンジニアや研究者を数億円で迎えることは珍しくない。また情報技術者のピーク年齢は20代。30代で円熟し、40代はマネジメントにまわる。これは米グーグルのラリー・ペイジもフェイスブックのザッカーバーグ、アップルのジョブズ、マイクロソフトのゲイツもそうだった。対して日本企業では20代につまらない作業をさせている。40代は60代の経営層に技術や実績を説明して、60代が理解できなければ流れてしまう。40代は決定権も持たない。野球に例えると、監督が打席に立っているようなものだ。本来もっと実力があるはずだが、組織として力を損なっている。海外から見ればくみしやすい相手だ。

Posted in Japanese way | 1 Comment

サヘル・ローズ

潤う人たちの陰には、 必ず枯れゆく社会がある。 それは外国だけでなく 日本の中にも拡大しつつある 格差社会。 路上で生活をされている方々が増えている。 これは24年前に日本に来た時から、 明らかに自分の目でみて私は感じています。 日本は格差社会のイメージはなかった国です。 しかし、どんどん変化しています。 そしてどんどんケアをしなければいけない 本当は社会で気をくばったり、 交流をすることで支え合える関係性が どんどん衰退していると感じます。 ** 這い上がればいいのです、 立ち上がる時に手を差し出して 座り込んでいる他者を立ち上げさせられたいいと、 多くは救えないけど、人生で一人でも救えたら それでいい。

Posted in globe | 1 Comment

Maxime Vaudano

Posted in Eurocentrism | 1 Comment

船橋真俊

生態系を健全に守るためには、いろんな生き物が共存している。その中には食べたり食べられたり一見競合している面は持っているが、そういうものを含みつつ多様性がなければならない。たくさん生き物がいなければならない。 今の農業を見てみると、ジャガイモだけとか、タマネギだけとか一種類だけを取り出して生産している。身体で言ったら臓器を細胞ひとつひとつを栄養を与えて培養して、それを組み上げたら人間が出来るんでしょうか?どうしても無理ですよね。 農業の発祥から1万年くらい経ています。ここ100年で農業は細分化して、ひとつひとつの収量を最適化して来ました。これは地球上から飢餓を無くすには非常に効果がありました。これは科学の勝利です。 でも、その科学にも盲点があります。自然の循環からひとつひとつ取り出すのではなく、全体として、多様性の中で生き延びて来た部分が入っていなかったので、そこを入れて、それをベースにして農業を再定義しようというのが協生農法のベースにある考え方です。

Posted in difference | 1 Comment

麦わらドングリ

協生農法では雑草や虫や鳥は畑を作ってくれるスタッフという「仲間」の意識を持っているため、絶対に除去をすることはありません。むしろ彼らがいなければこの農法は成り立ちません。 なんと、一反の農地に250種以上の有用植物を育てているんです。あえて様々な植物を混生させることで畑の中に多様な環境を作り出すことで単一栽培に起こりがちな害虫被害や連作障害を防ぐという効果もあります。 協生農法にとって雑草は野菜と同じくらいとても大切な存在です。それは土を耕してもらうことや土壌の保水力を高めてもらうこと、さらに土を作る微生物を育むなど非常に重要な役割を担ってくれるからです。 自然界では、肥料を渡す役割は虫や鳥が担っています。しかし従来の農法では農薬で虫を嫌い、鳥避けで追い払うため、肥料が畑に入らず仕方なく肥料を入れなければいけなくなっていると言えます。協生農法では逆に鳥や虫を集めるため畑の至る所に果樹を植えています。 人間の役割は畑に生物多様性を作り出すことと、野菜の種を蒔き、苗を植え、収穫することです。協生農法は混生栽培が基本なので何十種類という様々な種を混ぜ合わせて畑にまいていきます。その中で、密生しすぎた部分を間引きながら収穫するのが仕事。収穫する代わりに次の種をまいていけば365日、毎日収穫が可能という理想的な畑が出来上がります。

Posted in nature | 1 Comment

くろすけ

Posted in art | 3 Comments

Frank Farris

Posted in beauty | 2 Comments

Wilson A. Bentley

Posted in picture | 2 Comments

大分県姫島村

村章 七つの波 空間・風土-美しい自然をテーマとして、気品、栄光、躍動、斬新-四つの造形を表現しています。外部は瀬戸内海の青い波。内部は空に輝く星。七つの波は、村民に語り継がれた伝説、七不思議を象徴させたものです。なお波は時計の方向に回転し、過去から未来、伝統と、輝く明日への躍進をあらわします。

Posted in picture | 2 Comments

Millennium Ecosystem Assessment

Posted in globe | 2 Comments

Le Monde

Le cobaye était : Claude Simon, écrivain français majeur et Prix Nobel de littérature en 1985, une récompense qui fut « accueillie dans son pays avec indifférence, voire hostilité ». La question était : « Serait-il publié aujourd’hui s’il envoyait ses épreuves à une maison d’édition ? » Les auteurs étaient : « Deux amis en désaccord sur la question. » Le premier est « Serge Volle, un homme discret de 70 ans », écrivain et peintre résidant en Ardèche ; le second est présenté comme « un ami écrivain très connu dont il ne veut pas dire le nom ». C’est l’ami écrivain connu qui affirme qu’aucun éditeur aujourd’hui « n’accepterait de publier Claude Simon ». Un jugement drastique sur l’édition actuelle que Serge Volle a voulu vérifier. Il a envoyé, pendant l’été, une cinquantaine de pages d’une … Continue reading

Posted in real | 2 Comments

初台リハビリテーション病院

Posted in globe | 1 Comment

BELTA

Posted in Japanese way | 1 Comment

Mark Zuckerberg

As of this morning, the Facebook community is now officially 2 billion people! We’re making progress connecting the world, and now let’s bring the world closer together.

Posted in information | 2 Comments