Author Archives: shinichi

Posted in globe | Leave a comment

久保孝久

Posted in globe | 5 Comments

CERN

Posted in globe | 3 Comments

九份

Posted in globe | Leave a comment

ゲシュタルト療法

怒り、悲しみ、喜び、楽しさといった感情のおもむくまま、ダイレクトに表現する。あるがままの自分になる。今この瞬間「いま・ここ」に生きる。真の自分に気づく。

Posted in globe | 1 Comment

CIPHER

基本的に人は『現在』にしか興味を持たない。過ぎた過去やどうなるかわからない未来に関心をもっているのは、他人ではなく自分なのである。

Posted in globe | 1 Comment

東洋経済オンライン

ゴーン氏の事件はフョードル・ドストエフスキー著『死の家の記録』を思い起こさせる。この小説の中で、ロシアの偉大な作家であり、貴族出身の教養あるドストエフスキーは、シベリアの監獄で過ごした4年間の自分自身の経験について語っている。ドストエフスキーの証言は、これまで書かれた中でも、監獄の状況を訴えたものとして最も重要なものである。ゴーン氏はドストエフスキーのような文学の才能を持ち合わせてはいないし、小菅はシベリアの監獄でもない。しかし、ゴーン氏は、われわれ全員が将来何かの間違いで経験するかもしれない日本の刑事司法制度の重要な証人である。彼の拘置所での経験を明らかにすることは、日本に暮らしているすべての人々にとって(日本人であれ、外国人であれ)利益になることだろう。

Posted in globe | 1 Comment

Challenges

De sources policières, on estime qu’il y aurait un tiers d’individus identifiés comme des militants venus de l’extrême droite, un tiers venu de l’extrême gauche et un dernier tiers sans affiliation politique.

Posted in records | 2 Comments

AIゴルフ総研

ゴルフ会員権業界を取り巻く環境(PDFファイル)

Posted in change | 3 Comments

Piyush Kamal

Extreme of self-control in the name of self-discipline is nothing but self-denial. The preference of our choices colored in all sorts of judgments just reinforce a model of success that has self-denial at its core. We often identify a ‘healthy’ standard to measure ourselves against. Measuring ourselves against this impossible ideal, we end up being prisoner of self-discipline in the name of self-improvement. A better school to get admission into a better college. Better grades to get a better job. A socially accepted successful life to attract a better life partner. And the story just goes on and on. The market wants us to compete endlessly for everything. We are … Continue reading

Posted in life | 1 Comment

NHK

「子育てで孤立を感じる」というニッポンの母親は7割。「産後うつ」は、一般的なうつの5倍以上。なぜ産後のママたちは、孤独や不安を感じやすいのか。 鍵を握るのは、女性ホルモンのひとつ「エストロゲン」。胎児を育む働きを持つエストロゲンは、妊娠から出産にかけて分泌量が増え、出産を境に急減する。すると母親の脳では神経細胞の働き方が変化し、不安や孤独を感じやすくなる。 なぜそんな仕組みが体に備わっているのか?その原因とも考えられているのが、人類が進化の過程で確立した「共同養育」という独自の子育てスタイルだ。人間の母親たちは、今なお本能的に「仲間と共同養育したい」という欲求を感じながら、核家族化が進む現代環境でそれがかなわない。その大きな溝が、いわゆる“ママ友”とつながりたい欲求や、育児中の強い不安・孤独感を生み出している。

Posted in human being | 1 Comment

冬の終わりに新芽を見つけて気持ちがうれしくなった感じ

Posted in happiness | 1 Comment

Carl Sagan

Look again at that dot. That’s here. That’s home. That’s us. On it everyone you love, everyone you know, everyone you ever heard of, every human being who ever was, lived out their lives. The aggregate of our joy and suffering, thousands of confident religions, ideologies, and economic doctrines, every hunter and forager, every hero and coward, every creator and destroyer of civilization, every king and peasant, every young couple in love, every mother and father, hopeful child, inventor and explorer, every teacher of morals, every corrupt politician, every “superstar,” every “supreme leader,” every saint and sinner in the history of our species lived there-on a mote of dust suspended … Continue reading

Posted in globe | 2 Comments

茅原一也

中国人は古代から玉を異常といえるほど愛好しました。それは宝玉や貴石ということではなく、深い宗教的・哲学的・道徳的意義を認めたことに深くかかわっていたのです。

Posted in learning | 1 Comment

和田玉

和田玉とは、中国新疆ウィグル自治区の和田(ホータン)地区で、採取されるヒスイ。 軟玉(ネフライト)であるが、軟玉の中では比較的硬い。「中国四大玉石」の中でも最高の玉とされ、中国の「国石」とされている。 2008年の北京オリンピックにおいて、オリンピックメダルに金と和田玉が採用されたといわれていたが、実際には埋蔵量の豊富な崑崙玉が採用された。 和田玉の代表的なものは、乳白色の羊脂玉があるが、ほかに白玉、黄玉、碧玉、墨玉など様々な種類がある。 現在和田玉は枯渇状態にあり、取引価格が急上昇している。

Posted in learning | 1 Comment

井上靖

崑崙の玉 桑と李という二人の若者が、于闐国が玉の産地であると聞き、その地に渡って良質の玉を手に入れて一攫千金を手にしようとした。二人は首尾よく于闐国に侵入し玉を手に入れたが、漢土の入り口である玉門関が閉ざされたことによって、遂に帰国できなくなってしまった。ロブ湖の水が伏流して黄河につながっているという説を信じる李は、ロブ湖に身を投じた。友を失い悲しむ桑とともに二人の消息は不明である。 盧という玉の商人は30人の胡族の土民を雇い、三人の若者と共に黄河の源に神仙郷を求め旅に出た。旅の途中に発見した大湖の畔で玉を捜そうとする三人の若者たちを諫め、盧は黄河の上流へ上流へと旅を続けた。ついに一行は黄河の源流の最奥部に立った。しかし、ここが神仙郷でもなく、玉の産地でもないと知った一行は、都へ帰るしかなかった。季節は冬を迎えようとしていた。一行が北京に戻ったと言う記録は残っていない。 世紀885年。ロシアの軍人の調査によって、ロブ湖の水が地下に伏流して黄河の水になるという、中国で二千年の間信じ続けられてきた説は否定された。

Posted in story | 3 Comments

福田ミホ

宇宙はビッグバンで始まった、って言われてます。でも当然ですが誰かビッグバンを見たわけでも、その光景を動画に撮ったりしてたわけはありません。だからふと、「ビッグバンが最初って言ってるけど、ほんとはその前にも何かあったんじゃないの?」という疑問が浮かんできます。 実際、理論物理学者や宇宙学者たちが、「ビッグバンの前にも何かあったんじゃないか」と浮気を追求する配偶者みたいな問いを追いかけています。その問いにまだ答えはありません。が、さまざまなデータや理論を元に推測はできます。 ただし、これらはまだ推測であって、確立された理論ではありません。

Posted in globe | 1 Comment

Sean M. Carroll

It seems natural to ask why the universe exists at all. Modern physics suggests that the universe can exist all by itself as a self-contained system, without anything external to create or sustain it. But there might not be an absolute answer to why it exists. I argue that any attempt to account for the existence of something rather than nothing must ultimately bottom out in a set of brute facts; the universe simply is, without ultimate cause or explanation.

Posted in universal | 2 Comments

須賀敦子

自分は音楽には入りこめない、音楽がこっちを向いてくれない

Posted in globe | 1 Comment

George Lakoff, Mark Johnson

Metaphor is for most people a device of the poetic imagination and the rhetorical flourish – a matter of extraordinary rather than ordinary language. Moreover, metaphor is typically viewed as characteristic of language alone, a matter of words rather than thought or action. For this reason, most people think they can get along perfectly well without metaphor. We have found, on the contrary, that metaphor is pervasive in everyday life, not just in language but in thought and action. Our ordinary conceptual system, in terms of which we both think and act, is fundamentally metaphorical in nature.

Posted in life | 1 Comment

江國香織

言葉は記号のようだった。記号だからこそ、あんなに気安く口から滑りでたのだ。大切なことは何一つ言いだせないままに。

Posted in story | 1 Comment

F

ずっと一緒にいようと言われるより、 来月の予定を押さえてくれた方が嬉しい。 結婚しようって言われるより、 黙って婚姻届を差し出される方がまだ誠実だ。 幸せにすると言われるより、 三日に一回チロルチョコをくれた方が信じられる。 絶対的な約束は言葉では交わせない。 行動でしか、守れない。果たせない。

Posted in love | 3 Comments

Alysson Muotri

A team of researchers led by neuroscientist Alysson Muotri of the University of California, San Diego, coaxed human stem cells to form tissue from the cortex — a brain region that controls cognition and interprets sensory information. They grew hundreds of brain organoids in culture for 10 months, and tested individual cells to confirm that they expressed the same collection of genes seen in typical developing human brains1. Muotri and his colleagues continuously recorded electrical patterns, or electroencephalogram (EEG) activity, across the surface of the mini brains. By six months, the organoids were firing at a higher rate than other brain organoids previously created, which surprised the team. The EEG … Continue reading

Posted in human being | 2 Comments

Ansel Adams

Posted in picture | 2 Comments

Alysson Muotri

A slice through a brain organoid shows more mature cortical neurons on the outer edge of the structure.

Posted in human being | 2 Comments

Wynn Bullock

Posted in picture | 1 Comment

Aytekin Tank

I’ll repeat that for emphasis: Taking breaks can increase productivity. Our workaholic culture and the business epidemic tend to villainize time-wasting behaviors during work — like leisurely lunches and web browsing — but research proves that breaks can enhance your performance, on many levels. Brief periods of distraction have been shown to improve both decision-making and creativity. On the other hand, prolonged attention to a single task can actually hinder performance. Pulling an all-nighter for one assignment? Not such a good idea after all. There’s also evidence that waking periods of mental rest can improve memory formation. Apparently, during rest periods, your brain reviews and ingrains what it previously learned. Without rest, you run … Continue reading

Posted in work | 1 Comment

夏目漱石

世の中にすきな人は段々なくなります さうして天と地と草と木が美しく見えてきます ことに此頃の春の光は甚だ好いのです 私は夫をたよりに生きてゐます

Posted in life | 1 Comment

Friedrich Nietzsche

I want to learn more and more to see as beautiful what is necessary in things; then I shall be one of those who makes things beautiful. Amor fati: let that be my love henceforth! I do not want to wage war against what is ugly. I do not want to accuse; I do not even want to accuse those who accuse. Looking away shall be my only negation. And all in all and on the whole: some day I wish to be only a Yes-sayer.

Posted in beauty | 2 Comments

松岡正剛

(ジャレド・)ダイアモンドは次のように仮説した。食料生産に携わった民族や地域こそ初期の文字の発明をなしとげたのであるが、その文字を文明的に使用するという意図をそこからつくりだすことはできなかったという仮説だ。食料生産は文字の誕生の必要条件だったのだが、文字から文明を生むには別の力が付与されたのである。その別の力とは何だったのか。3つある。 ひとつは戦闘力を増す鉄と銃を確保できたこと、ひとつは余剰食料によって労働を分化させ、集権的組織の集大成としての国家を形成したこと、そして、もうひとつは病原菌に対する対策をもちえたことだった。

Posted in attitude | 1 Comment

牛山恭男

Posted in reading | 2 Comments

Jared Diamond

People often ask, “What is the single most important environmental/population problem facing the world today?” A flip answer would be, “The single most important problem is our misguided focus on identifying the single most important problem!

Posted in globe | 3 Comments

Edna St. Vincent Millay

I, being born a woman and distressed By all the needs and notions of my kind, Am urged by your propinquity to find Your person fair, and feel a certain zest To bear your body’s weight upon my breast: So subtly is the fume of life designed, To clarify the pulse and cloud the mind, And leave me once again undone, possessed. Think not for this, however, the poor treason Of my stout blood against my staggering brain, I shall remember you with love, or season My scorn with pity, —let me make it plain: I find this frenzy insufficient reason For conversation when we meet again.

Posted in poem | 2 Comments

Edna St. Vincent Millay

My candle burns at both ends; It will not last the night; But ah, my foes, and oh, my friends— It gives a lovely light!

Posted in poem | 1 Comment

寺山修司

ぼくは不完全な死体として生まれ 何十年かかって 完全な死体となるのである そのときには できるだけ新しい靴下をはいていることにしよう 零を発見した 古代インドのことでも思いうかべて 「完全な」ものなど存在しないのさ

Posted in poem | 2 Comments

寺山修司

昭和十年十二月十日に ぼくは不完全な死体として生まれ 何十年かかゝって 完全な死体となるのである そのときが来たら ぼくは思いあたるだろう 青森市浦町字橋本の 小さな陽あたりのいゝ家の庭で 外に向って育ちすぎた桜の木が 内部から成長をはじめるときが来たことを 子供の頃、ぼくは 汽車の口真似が上手かった ぼくは 世界の涯てが 自分自身のなかにしかないことを 知っていたのだ

Posted in poem | 2 Comments

Melissa Chu

Reading is dead. The nature of books has evolved. Society and technology have changed. Forcibly, our approach to reading has taken on new forms to accommodate a different way of life. The question is: For better or worse? ** Ideally, we would be able to read uninterrupted for hours at a time, under soft lighting, and free of all distractions. Unfortunately, most of us don’t have that luxury on a daily basis.

Posted in reading | 1 Comment

Zat Rana

Meaning isn’t externally found or internally created, but it’s more like a real-life drama: acted out, in one space and another, over the course of one period and another, as we live. Every contextual environment provides an opportunity that is unique to a subject with a particular function and purpose, and meaning emerges when there is a fit between the two. Nature exemplifies this harmony better than we often do. It creates a life of vitality in the patterns and connections that it places together, organically growing out of its constituents. At the end of the day, we are animals, living in a particular ecology, with internal drives and motivations, … Continue reading

Posted in perception | 1 Comment

赤羽学

「しをり」 〔「しをり」と「姿」〕『去来抄』修行によれば、「しほりは句の姿にあり」と言われている。芭蕉の「しほり」を解するには「句の姿」についての検討が必要である。去来は芭蕉の説を受けて、旬に「憐なるすぢ」が出るように表現すれば「しをり」が現われると説明した。これは「一句の言葉・趣向を憐に」することとは違っていた。 〔「しをり」と「しをれ」〕「しをり」は、四段活用の「しをる」から出た言葉であり、「しをれ」は下二段活用の「しをる」をもととする。前者は他動詞、後者は自動詞という一応の区別はあるが、一面混同した言い方も少なくない。しかし「しをり」には、物を萎ってゆく動的な意味が篭り、芭蕉はこれを受けて「しをり」といったのではないかと思われる。 〔連歌論・能楽論における「しをれ」、茶の「しをらし」〕連歌論・能楽論においては、「花」の情調化された状態として「しをれ」が重んぜられた。二条良基は「詞しほれて、しかも心おほく」と言い、世阿弥は「花を極めたらん人は、萎れたる所をも知る」と述べている。一方茶道には「しをらし」が現われるが、これはみずからを控え目に表現する庶民的態度によるものであった。 〔芭蕉における「しをれ」「しをらし」と「しをり」〕俳諮においても「しをれ」が多用され、それらは主として、卑近なもの、か弱いものへの情愛として表現された。芭蕉の場合もその例に洩れず、また「あはれ」と契合した面もある。小さい物、不完全なものへの情愛の表現として「しをらし」も多く用いられる。これらに対し、俳論に「しをり」が用いられたのは、みずからの心を責めて、その情感を旬の姿に表わす主体の作用を動的に示すためでなかったかと思われる。

Posted in heart | 5 Comments

Literary Emporium

Posted in reading | 1 Comment

立花ハジメ

自分の一生の映っているビデオテープを手に入れた主人公。 誕生、少年時代に見入る興奮とスリル。 ふと60才の自分が見たくなり、 早送りしたものの画面に何も映っていないショック! 50才、40才と戻す。 まだ何も映らない。 次の瞬間にも自分もしくは世の中全体が なくなってしまうのではないかという不安にかられながら タイマーを現在に戻し 恐る恐る再生スイッチに手を伸ばす…。 こ、こ、これは…!!!

Posted in story | 1 Comment

David P. Barash

Welcome to the ‘anthropic principle’, a kind of Goldilocks phenomenon or ‘intelligent design’ for the whole Universe. It’s easy to describe, but difficult to categorise: it might be a scientific question, a philosophical concept, a religious argument — or some combination. The anthropic principle holds that if such phenomena as the gravitational constant, the exact electric charge on the proton, the mass of electrons and neutrons, and a number of other deep characteristics of the Universe differed at all, human life would be impossible. According to its proponents, the Universe is fine-tuned for human life.

Posted in globe | 1 Comment

石賀秀行

Posted in Japanese way | 1 Comment

友田明美

高解像度MRI画像(Voxel-based morphometry)による、小児期に両親間の家庭内暴力(DV)を目撃した若年成人群(23名)と健常対照群(22名)との脳皮質容積の比較検討。DV目撃群では右舌状回の容積が6.1%も有意に減少していた。(カラーバーはT値を示す。)

Posted in health | 2 Comments

AV問題を考える会

僕は男尊女卑だが、 女性蔑視ではない

Posted in human rights and democracy | 1 Comment

友田明美

  癒えない傷は、ない  

Posted in happiness | 1 Comment

久保田智広

日本語では「茶」といえば緑茶のことで、 紅茶を「茶」と省略することはできません。 一方、英語では「tea」といえば紅茶のことで、 「green tea」を「tea」と省略することはできません。 ここで、「茶」「tea」を「無徴」、「紅茶」「green tea」を 「有徴」といいます。つまり、「紅茶」「green tea」は、 「茶」「tea」にくらべて “徴(しるし)” を余分に持ってるわけです。

Posted in difference | 1 Comment

Encycolorpedia

The color dirty white with hexadecimal color code #e8e4c9 is a light shade of yellow. In the RGB color model #e8e4c9 is comprised of 90.98% red, 89.41% green and 78.82% blue. In the HSL color space #e8e4c9 has a hue of 52° (degrees), 40% saturation and 85% lightness. This color has an approximate wavelength of 572.45 nm.

Posted in perception | 1 Comment

Tricia Guild

  Colour theory White Blue Green Yellow Natural Terracotta Red Colour palette

Posted in beauty | 1 Comment

Richard Feynman

I can live with doubt, and uncertainty, and not knowing. I think it’s much more interesting to live not knowing than to have answers which might be wrong. I have approximate answers, and possible beliefs, and different degrees of certainty about different things, but I’m not absolutely sure of anything. There are many things I don’t know anything about, such as whether it means anything to ask “Why are we here?” I might think about it a little bit, and if I can’t figure it out then I go on to something else. But I don’t have to know an answer. I don’t feel frightened by not knowing things, by … Continue reading

Posted in good | 4 Comments

Zat Rana

Without knowing ourselves, it’s almost impossible to find a healthy way to interact with the world around us. Without taking time to figure it out, we don’t have a foundation to built the rest of our lives on. Being alone and connecting inwardly is a skill nobody ever teaches us. That’s ironic because it’s more important than most of the ones they do. Solitude may not be the solution to everything, but it certainly is a start.

Posted in simple | 2 Comments

Zat Rana

The beauty and the curse of human knowledge are that it often doesn’t have to be completely right to be useful. That’s why, if it works, it’s hard for us to see why and how it might be wrong. For example, when Einstein finalized the Theory of General Relativity, it disproved a lot of Newton’s work. It painted a more accurate picture of what was actually going on. That said, it doesn’t mean that Newton’s laws aren’t still highly usable and relevant to most activities. Over time, we get closer and closer to the truth by being less wrong. We will likely never be completely right in our ability to … Continue reading

Posted in truth | 1 Comment

いけばな嵯峨御流

日本は美しい自然に恵まれ、四季折々の風景は心の安らぎを与えてくれます。昔から人々は、常に変化していく植物の美しさを瓶に移し、神仏に捧げ、花と語らい、そして少しでも長もちさせたいと考えました。 そこにより深い感動を持たせようとしたとき、芸術としての「いけばな」が生まれたのです。 平安の初め、嵯峨天皇が大覚寺の大沢池で、菊ガ島に咲く可憐な菊を手折り殿上の花瓶に挿されました。その姿が「天、地、人」三才の美しさを備えていたことに感動され、「後世花を生くるものは宜しく之を以って範とすべし」とおっしゃいました。これがいけばな嵯峨御流の始まりであると伝えられています。嵯峨天皇の自然や草木に対する慈しみの心が、嵯峨御流の礎になっています。

Posted in art | 1 Comment

心理学の時間ですよ!!

本当に心が温かい人の7つの特徴 そのままを受け入れる 初対面の人ともすぐに打ち解ける 周りに安心感を与えるほほえみをたたえていて、幸せそうなオーラがある 見返りを求めず、与えるだけで満足できる 他人の感情に敏感で、配慮・気配り上手 感情的にならない 困っている人を見過ごさない

Posted in attitude | 1 Comment

熊田千佳慕、熊田すぎ子

熊田   一番のもとは戦災で焼けたということなんです。これが僕にはとても福になったんです。 熊田夫人 五月二十九日の空襲は朝でしたから、物を防空壕へ非難させる暇がなかったんです。朝起きない人で、普通は早く起きてきても十時ですから、まだ寝ていたんです。 熊田   きれいさっぱり焼けてしまったので、師匠の山名文夫先生の所に行ったら、全部道具を集めてくださったのです。いつもなら素直にいただいてくるのに、何か抵抗があるんですね。「鉛筆一本で結構です」と言うと「えっ!」とびっくりされた。消しゴムも要らない。鉛筆一本と紙をいただいて帰ってきたんです。 そしたら一本の線を引くにも、普通の方は何本も引いて要らないところは消して一本の線を引く。それができないから、物を見るときによく見るんですね。見て、もう一つは見つめるんです。そして最後に、あっ、これだと見極める。見て、見つめて、見極める。このプロセスを神から授かったんですね。 それで、あっ、この線だなと思うときにスッと引く。こういうスケッチがそれから始まったんです。そこまでいかないといけない。そうすると頭に入りますね。そういう環境にならなかったら、今の絵はなかったわけですよ。

Posted in art | 2 Comments

高澤鱚介

長野県の農村部では早くから「地域生活改善運動」が行われ、一口に言えば無駄を無くす運動が広く行われていることは知っていた。これを前提に感じながらの経験であった。 通夜。他人は呼ばず、ごく限られた身内だけで行う。そして翌日、身内と葬儀委員長他数人だけが斎場に行って荼毘を行ない、その遺骨を告別式の祭壇に安置する。 告別式。親類と近親者が席に着き始まるのだが、告知された通告時間の30分前から始まる。導師様は居ない。無言の中、参列者が順に、喪主と親類縁者に一人づつ丁寧に挨拶し焼香を済ませていく。一般参列者の多くは、これを済ませ、さっさとお帰りになってしまう。やがて導師様が入場。読経があり、最後の方に喪主から親類等の焼香が行われる。 宴席。「灰寄せ」と言う行事で、「杯を寄せる」と言う意味も持つ。事前に申し込んだものだけが参加できる。宴席には沢山の手土産が用意されており、夫婦であろうと子供であろうと一人づつに配られた。出された料理の残り(意識的に箸を付けない)を、用意された風呂敷に自ら包んで持ち帰る。 一般参列者からの香典(不祝儀)は一律1千円。

Posted in difference | 1 Comment

熊田千佳慕

Posted in art | 2 Comments

熊田千佳慕

自然は自らの美しさを知らないから美しく、奥ゆかしい。 その美しいという感覚は、愛がなければ持つことができません。 ** どんな命も、愛するからこそ美しいと思うんです。 ** 美しいものに出会うと気持ちは今でもドキドキします。 ** 自然は美しいから美しいのではなく、愛するから美しいのです。

Posted in beauty | 4 Comments

江の島

Posted in memory | 2 Comments

Odin Halvorson

You’ve heard it all before: hard work is good for you. The people who don’t work are lazy. Poor people don’t work because they’d rather do drugs and fornicate with themselves. The only way to get someplace in life is through long, pitiless, difficult labor. No pain, no gain. But is any of this really true? It strikes me as fascinating that, throughout history, the wealthy (the idle elite), the landowners, and the aristocrats, have all campaigned for the idea that hard work is morally-good; you work hard and you’re going to get into heaven. Having money, being able to spend a significant portion of your life in leisure? Well, … Continue reading

Posted in life | 1 Comment

Semir Zeki

When you look at someone you are passionate about, some areas of the brain become active. But a large part is de-activated, the part that plays a role in judgment. Brain scans have also shown the area of the brain that controls fear, and another region involved in negative emotions, close down.

Posted in love | 2 Comments

橋本歩

Posted in change | 1 Comment

Jessica Wildfire

We perform different selves for different people. Your coworkers see one side of you. Your friends another. Your lovers still another. You’re all of these, and none of these — all at the same time. You can understand yourself in lots of ways. Your job does say something about you. So do your habits. And your likes and dislikes. Your fashion sense. The way you talk. You’re the sum of all that, plus what different people think about you. Don’t waste your life trying to construct the full picture.

Posted in human being | 1 Comment

老子

上善若水。水善利万物、而不争。処衆人之所悪。故幾於道。 居善地、心善淵、与善仁、言善信、正善治、事善能、動善時。 夫唯不争、故無尤。

Posted in wisdom | 2 Comments

鴨長明

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。

Posted in change | 1 Comment

Heraclitus

No man ever steps in the same river twice, for it’s not the same river and he’s not the same man.

Posted in change | 1 Comment

L’Astre(ラストル)

Posted in happiness | 2 Comments

Zat Rana

A famous, old quote by the pre-Socratic philosopher Heraclitus says: “No man ever steps in the same river twice, for it’s not the same river and he’s not the same man.” In other words, we live in a universe of change: matter changes, the mind changes, and the interaction between them changes. This change is neither predictable, nor consistent. Parts of reality, those that abide by the laws of physics, have a mathematical harmony that we can trust, but as soon as you mix in observers with subjective experiences, this trust, at least in the broader context, gets clouded away by uncertainty. Living with uncertainty, then, brings forth a question: … Continue reading

Posted in truth | 1 Comment

Julia Kho

The Central Limit Theorem (CLT) states that the sampling distribution of the mean of any independent, random variable will be normal or nearly normal, if the sample size is large enough. In other words, if we take enough random samples that are big enough, the proportions of all the samples will be normally distributed around the actual proportion of the population. Note that the underlying sample distribution does not have to be normally distributed for the CLT to apply. To break this down even further, imagine collecting a sample and calculating the sample mean. Repeat this over and over again, collecting a new, independent sample from the population each time. … Continue reading

Posted in information | 1 Comment

Open Data Science Conference (ODSC)

What is the significance of the normal distribution to data science? Tell me about your passion for data science. Do you: attend local meetups, participate in data challenges like Kaggle, work to use data for common good like public data hacking, speak at conferences, write books or articles, etc.? Describe that last time you experienced frustration in a data science project you were working on, and how did you overcome it? Think back to a past data science project you worked on. If the powers that be asked you to change one of your data sources, and thus use different predictors, how would you alter your solution? Research has stated … Continue reading

Posted in information | 1 Comment

中村一郎

ぼくたちはふだん、ことばは通じるものと思って生活をしている。でも、ほんとうに通じているだろうか。他者がしっかりと受け止めてくれることばを、ぼくは持っているだろうか。ことばが通じなくなるという危機的状況を、ぼく自身は経験したことがあっただろうか。

Posted in attitude | 1 Comment

Rogen Ebihara

Posted in beauty | 2 Comments

二葉亭四迷

さて、題だが……題は何としよう? 此奴には昔から附倦ぐんだものだッけ……と思案の末、礑と膝を拊って、平凡! 平凡に、限る。平凡な者が平凡な筆で平凡な半生を叙するに、平凡という題は動かぬ所だ、と題が極まる。

Posted in story | 1 Comment

踊るイッセー

男性は大体の女性をうっすら好きで、女性は大体の男性をうっすら嫌いという言葉を見て色々腑に落ちた

Posted in love | 1 Comment

岸政彦

私たちは、他の誰かと肌を合わせてセックスしているときでも、相手の快感を感じることはできない。抱き合っているときでさえ、私たちは、ただそれぞれの感覚を感じているだけである。

Posted in love | 9 Comments

朝日真奈

なぜ恋人がいない若い世代が多いのでしょうか。その要因を心理分析してみましょう。 ひとつは「相手に近づけない心理的距離感」が関係しています。これは、心理学ではヤマアラシに例えられます。ヤマアラシは、寒さに耐えるために体を寄せ合いお互いに近づこうとします。しかし、お互いの針が刺さってしまうため、なかなか近寄れません。つまり、近づきたいけれども傷つくのをおそれて、一定距離以上は近づけない心理のことを「ヤマアラシジレンマ」と言います。つまり、ほど良い距離感が分からず、傷つくことに臆病な「ヤマアラシジレンマ」状態の若い世代が増加していることが考えられます。 もうひとつは、「結婚しないなら、恋愛しなくても良い。無駄な時間とお金を使いたくない…」という考え方。それは、驚くことに女性ばかりではなく、20代前半の男性からも聞きます。最初から上手くいくと良いのですが…。初恋の人と結婚する人は少ないですよね。時短レシピ、時短生活、時短勤務のように「時短恋愛」を求めていませんか。それは、まさに「恋愛の効率化現象」。結婚という結果に繋がらないものには努力をしない、と考える人が増えているのかもしれませんね。

Posted in love | 1 Comment

芥川龍之介

 何ものかの僕を狙つてゐることは一足毎に僕を不安にし出した。そこへ半透明な歯車も一つづつ僕の視野を遮り出した。僕は愈最後の時の近づいたことを恐れながら、頸すぢをまつ直にして歩いて行つた。歯車は数の殖えるのにつれ、だんだん急にまはりはじめた。同時に又右の松林はひつそりと枝をかはしたまま、丁度細かい切子硝子を透かして見るやうになりはじめた。僕は動悸の高まるのを感じ、何度も道ばたに立ち止まらうとした。けれども誰かに押されるやうに立ち止まることさへ容易ではなかつた。……  三十分ばかりたつた後、僕は僕の二階に仰向けになり、ぢつと目をつぶつたまま、烈しい頭痛をこらへてゐた。すると僕のまぶたの裏に銀色の羽根を鱗のやうに畳んだ翼が一つ見えはじめた。それは実際網膜の上にはつきりと映つてゐるものだつた。僕は目をあいて天井を見上げ、勿論何も天井にはそんなもののないことを確めた上、もう一度目をつぶることにした。しかしやはり銀色の翼はちやんと暗い中に映つてゐた。僕はふとこの間乗つた自動車のラデイエエタア・キヤツプにも翼のついてゐたことを思ひ出した。……  そこへ誰か梯子段を慌しく昇つて来たかと思ふと、すぐに又ばたばた駈け下りて行つた。僕はその誰かの妻だつたことを知り、驚いて体を起すが早いか、丁度梯子段の前にある、薄暗い茶の間へ顔を出した。すると妻は突つ伏したまま、息切れをこらへてゐると見え、絶えず肩を震はしてゐた。 「どうした?」 「いえ、どうもしないのです。……」  妻はやつと顔を擡げ、無理に微笑して話しつづけた。 「どうもした訣ではないのですけれどもね、唯何だかお父さんが死んでしまひさうな気がしたものですから。……」  それは僕の一生の中でも最も恐しい経験だつた。――僕はもうこの先を書きつづける力を持つてゐない。かう云ふ気もちの中に生きてゐるのは何とも言はれない苦痛である。誰か僕の眠つてゐるうちにそつと絞め殺してくれるものはないか?

Posted in story | 4 Comments

高橋雅人

恋はみんなプラトニックなのかもしれません。

Posted in love | 3 Comments

Itzhak Perlman

Posted in music | 4 Comments

パーリーゲイツ

Posted in business | 2 Comments

池永チャールストーマス

間の子ゆえに板ばさみの中で歪んでしまったのかとお考えならば否定します。それは関係のないことです。ただ私の人となりゆえに引き起こした事件であります。

Posted in life | 2 Comments

串間充崇

イエバエからは植物用の肥料と動物用の飼料を製造することができます。イエバエの幼虫の排泄物をペレット化したものが肥料に、幼虫を乾燥させたものが動物性タンパク質飼料になります。この肥料や飼料の効果は、わかりやすくいえば栄養が豊富なこと。例えばイエバエでつくった餌を食べた魚は、通常の餌で育てるより約4割も大きく育ちます。つまり、餌の量を半分くらいに減らしても、いままでと同じ大きさの食用魚を提供できるわけです。また、最高級飼料よりも魚たちが好んで食べてくれます。肥料には、農作物の収穫量を増やすほか、病原菌を抑制してくれる働きがあります。 さらに注目すべきは、「食料残渣(食品製造や外食産業でうまれる余剰物)」と「畜糞(家畜の排泄物)」を処理できることです。いまは食料残渣の多くが焼却処理されるほか、畜糞は日本だけでも年間8,000万トンが排出されており、現在は広大な土地で2〜3カ月かけて微生物によって分解されています。しかもこの処理でメタンガスなどの有害な発酵ガスが発生します。ところがイエバエの幼虫は、これらを食べてくれます。彼らは畜糞の窒素分を吸収し、消化酵素がかかった土は肥料に変換し、そのあと土から出た幼虫は乾燥して飼料にします。つまり、これまで処理にコストがかかっていた廃棄物が原料になるため、お金をもらいながらイエバエを育てることができる。無から有をつくるのではなく、マイナスだったものからプラスを生み出すことができるんです。 これにより、化学物質に頼らなくても、これまで不要とされてきた畜糞で動物や植物を育てることができる。イエバエの技術をうまく利用できれば、完全に自然な食物連鎖での食糧生産も実現するはずです。

Posted in technology | 2 Comments

Carl Jung

Synchronicity: A meaningful coincidence of two or more events where something other than the probability of chance is involved. ** Synchronicity is an ever present reality for those who have eyes to see.

Posted in fact | 1 Comment

Carl Jung

We often dream about people from whom we receive a letter by the next post. I have ascertained on several occasions that at the moment when the dream occurred the letter was already lying in the post-office of the addressee.

Posted in fact | 3 Comments

Carl Jung

The discoveries of modern physics have, as we know, brought about a significant change in our scientific picture of the world, in that they have shattered the absolute validity of natural law and made it relative. Natural laws are statistical truths, which means that they are completely valid only when we are dealing with macrophysical quantities. In the realm of very small quantities prediction becomes uncertain, if not impossible, because very small quantities no longer behave in accordance with the known natural laws.

Posted in change | 1 Comment

中谷彰宏

「ほんのささいなこと」に、幸せを感じる。 「ほんのささいなこと」に、魅力を感じる。 「ほんのささいなこと」を、してあげる。 「ほんのささいなこと」は、必ず、具体的なことです。  具体的で、小さいことになるほど、「どっちでもよかったもの」が、「それでなければならないもの」に変わっていきます。 「正しいか、正しくないか」から、「好きか、好きじゃないか」に変わります。 「損か、得か」から、「好きか、好きじゃないか」に進化します。  身の回りのものすべてに、意味が生まれてきます。

Posted in happiness | 2 Comments

Johns Hopkins Health Library

Adrenal glands, also known as suprarenal glands, are small, triangular-shaped glands located on top of both kidneys. Adrenal glands produce hormones that help regulate your metabolism, immune system, blood pressure, response to stress and other essential functions. Adrenal glands are composed of two parts — the cortex and the medulla — which are each responsible for producing different hormones. When adrenal glands don’t produce enough hormones, this can lead to adrenal insufficiency (Addison’s disease). Adrenal glands may develop nodules that can be benign or malignant, which can potentially produce excessive amounts of certain hormones leading to various health issues.

Posted in health | 1 Comment

Banana Yoshimoto

Sometimes people put up walls, not to keep others out, but to see who cares enough to break them down.

Posted in attitude | 1 Comment

Tiffany

Posted in beauty | 1 Comment

Taylor Swift

Taylor Swift

Posted in music | 2 Comments

須賀敦子

「思いやり」という「ほどこし」や「おもらい」につながる封建時代的な人間関係を思わせる言葉に、私は、ふと、なじめぬものを感じてしまう。 「やさしい」ということが、自分の身がやせるまでに人のことを思う意味だと、ある辞書の註釈で読んだことがある。思いやりという言葉が、ほんとうに生きるためには、たぶん、わが身をやせさせても、やさしさに徹するところまで行かねばならないのだろう。 それにしても、なにかひとりよがりの匂いの抜けきれない「やさしさ」や「思いやり」よりも、他人の立場に身を置いて相手を理解しようとする「想像力」のほうに、私はより魅力をおぼえるのだが。

Posted in story | 1 Comment

野口忠彦

「デモクラシー」の訳語の中で、適切な訳語でない語彙を除けば、たとえば、次のような訳語がある。 万民同権 万民共治 多頭政治又多主の国 平民政治 民人政体 民政 民政(ノ國) 民政(社会主義) 民政(國) 民政(党) 衆人管轄 (推民)自主之国政 衆民政 民衆政治 民衆政 民衆制 人民政治 こんなにも多くの訳語があるのに、何を好んで、「民主主義」という不適切な訳語が選ばれたのかという思いが一入である。

Posted in globe | 1 Comment

Information om Sverige

The word democracy comes from Greek and means something similar to “government by the people”. Issues relating to democracy have been discussed for several thousand years, but there is no definition of the term on which everybody in the world would agree. This is partly due to democracy being something that is constantly being developed and altered. However, there are some things that many can agree are related to democracy, for example the equal dignity and rights of all people, freedom of opinion, freedom of the press and freedom of expression, that all are equal in the eyes of the law and that free elections are held.

Posted in human rights and democracy | 1 Comment

安田洋祐

子どもへの定番の質問として、「将来なりたい職業はなんですか」というものがありますね。野球選手とか、消防士とか、どれかひとつだけを挙げてもらうのがいまは一般的です。ですが、将来なりたい職業を複数回答して、長い人生の中で、ひとつだけでなくいくつかを実現するのが当たり前、という時代が来るかもしれません。 あれもやりたい、これもやりたい、という子どもの好奇心をつぶして、「適性」にあわせてどれかひとつに絞り込んで集中させるようなことをせず、「あれができたから、次はこれをしようか」と、バランス良く一歩ずつステップアップさせていくことが、今まで以上に大事になってきます。

Posted in life | 1 Comment

Lynda Gratton, Andrew Scott

For much of human history, mankind has faced a battle for existence over a short life and in the face of food scarcity, diseases and a constant threat of violence. As life has extended and people have become richer, especially those living in the advanced economies, so they have evolved to a situation where, for the majority, their children are safe and educated, work provides some financial security, and they can enjoy a retirement with some components of leisure. As life extends even further, people will be forced to move away from the lockstep of the three-stage life and face many more options about how they live their lives. A … Continue reading

Posted in life | 2 Comments

小室淑恵

短時間で高い成果をあげたメンバーをちゃんと評価しなければ、働き方改革は実現できません。そのため、管理職に対する人事評価に「時間あたり生産性」の観点を盛りこむ必要があります。 たとえば、同じ成果をあげた2人の管理職がいたとしましょう。量的な成果が同じだとしても、部下を疲弊させ続けて達成したのか、適切な働き方をさせているのかで、その手腕は雲泥の差。しかし、従来はこの2人が同じ評価を受けていたのです。むしろ、「部下を心身ともに追いこんで業務量を積んだ管理職のほうが昇進する」という逆転現象すら起きていました。 だから、こういう管理職は昇進できない評価制度をつくることが大事です。おススメの方法は部下の「有休消化率」と「総労働時間の平均」を指数化して、管理職の評価に加味すること。私は「霞が関の働き方改革を加速するための懇談会」の座長も務めましたが、こういった観点は官僚の評価制度からスッポリ抜け落ちていました。だから、霞が関は不夜城になっているんです。

Posted in Japanese way | 1 Comment

白石由貴

私にとって日本とスイスホテルは両親のようなもの。どちらかを選べ、選ばなかった方の親はもうあなたの親ではない、と決めつけられるのはとても悲しい。

Posted in Japanese way | 1 Comment

Cafe MIMI

Posted in happiness | 2 Comments

カトリック片瀬教会

Posted in belief | 1 Comment

Hippodrome ParisLongchamp

Posted in business | 2 Comments