Author Archives: shinichi

La Maison du Sureau

Posted in happiness | 6 Comments

Bavaria Boutique Hotel

DESIGN, CHARME AND CHARAKTER

Posted in love | 1 Comment

Transports en Île-de-France

Posted in attitude | 2 Comments

文部科学省

児童生徒一人ひとりが自分で学び自分で成長できること、自分で考え自分で言葉を紡ぎ自分で実行する力をつけられること、自分で学ぶ力を身につけられること、自分の身の回り以外に広い世界があるのを知り、その世界と自分との関係を体験すること、自分の成長を自分で実感できることが重要。また、児童生徒一人ひとりに達成感を持たせ得る学びの場を設定することが重要。さらに、児童生徒同士のコラボレーションを重視すること、お互いに学び合い教え合い責任を持ち合うことのできる学びの環境を整備することが重要。児童生徒の能力は多様であり、その多様性が阻害されない学びの場であるべき。物理的な学校のキャンパスは、責任、軋轢、共感、直接のコミュニケーション、達成感の共有など、身体化・社会化・協働力の成長に役立つべき場であるべき。他方で、鍛える教育、繰り返し教育のミニマムラインを設定し、それより以上の鍛える教育を必ず行うことが重要。

Posted in Japanese way | 6 Comments

vannyhenrico

N’Golo Kante a grandi dans un petit appartement à Rueil Malmaison, un petite zone suburbaine densément peuplée près de Paris. Kante a travaillé comme ramasseur de déchets pendant son enfance. En tant que ramasseur et ramasseur de déchets, il se promenait pendant des kilomètres dans la banlieue de l’est de Paris à la recherche de toutes sortes de déchets précieux à collecter et à livrer à de petites entreprises de recyclage pour gagner de l’argent rapidement. À l’âge 8, Kante a pris la plus grande décision de sa vie. La quête pour commencer à jouer au football à partir de la base. Il a débuté sa carrière chez JS Suresnes … Continue reading

Posted in happiness | 5 Comments

France

Posted in Eurocentrism | 1 Comment

Elizabeth Grosz

The concept of virtuality has been with us a remarkably long time. It is a coherent and functional idea in Plato’s writing, where both ideas and simulacra exist in some state of virtuality. Instead of too closely identifying it with the invention of new technologies — as is the current obsession — we must realize that since there has bee writing (in the Derridean sense of trace — that is, as the very I precondition of culture itself), there has been some idea of the virtual. The text we read may be in real space, but to the extent that it is comprehensible to us, it also exists in a … Continue reading

Posted in virtual | 3 Comments

V9QLNFR178

Now choose all of the multi-thousands of unique video online games which were, are actually, and can be available around the world. Now go ahead and take multi-Many copies of each distinctive video clip activity. Which is lots of Digital fact. In truth, in a connected type of virtual fact, Digital and real realities are no more simple to inform apart. When watching a new Motion picture or Television show loaded with special effects, I now come across it unachievable anymore to distinguish what was filmed as authentic reality photographs and what was included on as Laptop-produced Digital fact photos. Now it is clear that there are a lot extra … Continue reading

Posted in virtual | 6 Comments

明豊

深刻化する高齢化社会を背景に、サービスへの需要拡大などから市場は潤っているかに思える老人福祉業界。しかし、この業界における倒産が今まさにピークを迎えている。東京商工リサーチがまとめた1―6月の「老人福祉・介護事業」倒産状況によると、倒産は前年同期比12・5%増の45件となり、過去最多の記録を更新した。このペースで推移すると、介護保険法が施行された2000年以降で年間最多だった17年の111件を上回る可能性がでてきた。 国内倒産件数は、リーマン・ショックが発生した08年度にピークを迎えたが、09年度以降は中小企業金融円滑化法と同法終了後の実質的な効果延長により、16年度まで8年連続で減少した。 17年度は9年ぶりに前年度を上回り潮目が変わってきたものの、増加率は1・6%にとどまっている。そうした倒産減少基調のなか、全業種を見渡しても今まさに倒産ピークを迎えている業界はほぼ見あたらない。どうしてだろうか。

Posted in business | 1 Comment

北川悦吏子

僕は遅いかもしれない。だけど走ろうと思う。 僕は寂しがりやかもしれない。だけど隠そうと思う。 僕は負けるかもしれない。だけど闘おうと思う。 僕は愛されないかもしれない。だけど愛そうと思う。 僕は弱虫かもしれない。だけど強くなろうと思う。 僕は君が望むような僕じゃないかもしれない。 でも、だけど…君の心の灯が消えそうなときは、そっと手をかざそう。 いつまでもかざそう。

Posted in poem | 2 Comments

ライブドア

EPUB書き出し機能で書き出されたEPUBファイルをKindleで閲覧するには、Kindleフォーマットに変換する必要があります。 ここでは比較的簡単なKindleプレビューツールを使った方法をご説明します。 Kindle ダイレクト・パブリッシングのヘルプサイトから、Kindle プレビューツールをダウンロードします。 Amazon.co.jp:Kindle ダイレクト・パブリッシング:ヘルプ>KDPツールとリソース Kindle プレビューツールをインストール後起動し、EPUBファイルをドラッグ&ドロップします。 自動的に変換が始まり、EPUBファイルと同じ場所に「Compiled-(ファイル名)」という名前のフォルダが作成されます。 フォルダの中に、拡張子が.mobiになったファイルがあります。これをKindleに転送すれば、閲覧することができます。

Posted in information | 2 Comments

OnDeck

PCでEPUBファイルを開く方法 Adobe Digital Editions Readium(Google Chromeを起動し、アクセスする) Microsoft Edge (browser)

Posted in information | 1 Comment

Adobe

InDesign ドキュメントを EPUB に書き出して、EPUB リーダーで出力を表示できます。 リフロー可能な EPUB 形式でドキュメントを書き出すことを選択できます。リフロー可能な EPUB ドキュメントの場合、EPUB リーダーは表示デバイスに応じてコンテンツを最適化できます。 ドキュメントが eInk デバイスのユーザーを対象としている場合には、リフロー可能な形式が適しています。また、リーダーのフォントやサイズを変更するオプションを提供する場合にも、リフロー可能な形式が推奨されます。 固定レイアウト形式でドキュメントを書き出すことを選択できます。固定レイアウト形式では、ドキュメントにオーディオ、ビデオ、および Edge コンテンツを含めることができます。 ナビゲーションボタン、ページ遷移、アニメーション、ハイパーリンクなどのコントロールを含んだインタラクティブドキュメントを、固定レイアウト形式で書き出すこともできます。 固定レイアウト形式は、多数のグラフィック、オーディオ、ビデオコンテンツを含んでいるドキュメントに適しています。この形式は子供の本、料理本、教科書、および漫画本に適しています。

Posted in information | 1 Comment

立命館大学生存学研究センター

難病 アミロイドーシス  HTLV―1関連脊髄症  遠位型ミオパチー  炎症性腸疾患  潰瘍性大腸炎  加齢黄斑変性  ギラン・バレー症候群  筋萎縮性側索硬化症(ALS)  筋ジストロフィー  球脊髄性筋萎縮症  クッシング病  クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)  クローン病  血管腫(angioma)/血管奇形(Vascular Malformation)  ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー病(GSS)  拘束型心筋症  骨形成不全症  再生不良性貧血  再発性多発軟骨炎  サルコイドーシス  シェーグレン症候群  自己免疫性肝炎  視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica: NMO)  シャイ・ドレーガー症候群  シャルコー・マリー・トゥース病(Charcot-Marie-Tooth disease: CMT)  重症筋無力症(MG)  心筋症   神経線維腫症I型(レックリングハウゼン病)   神経線維腫症II型  進行性核上性麻痺  進行性骨化性線維異形成症(Fibrodysplasia Ossificans Progressiva:FOP)  スティーブンス・ジョンソン症候群 (Stevens-Johnson syndrome:SJS)  スモン  正常圧水頭症(NPH)  成人スティル病  脊髄空洞症  脊髄小脳変性症  脊髄性筋萎縮症(SMA)  線維筋痛症  線条体黒質変性症  全身性エリテマトーデス  多系統萎縮症  多巣性運動ニューロパチー  多発性硬化症(Multiple Sclerosis: MS)  単クローン抗体を伴う末梢神経炎(クロウ・フカセ症候群、POEMS症候群)  肥大型心筋症  パーキンソン病  ハンチントン病  心筋症/特発性拡張型心筋症/拘束型心筋症/肥大型心筋症  ベーチェット病  ペルオキシソーム病  フィッシャー症候群  フォン・ヒッペル・リンドウ病(Von Hippel-Lindau disease: VHL)  複合性局所疼痛症候群 (CRPS)  膵嚢胞線維症  肺高血圧症  慢性炎症性脱髄性多発神経炎  慢性疲労症候群  ミトコンドリア病  メニエール病  網膜色素変性症  モヤモヤ病  溶血性貧血  ライソゾーム病  リンパ脈管筋腫症

Posted in health | 2 Comments

嶋守恵之

1967年 北海道釧路市生まれ。 外務省で対米外交や国連外交などに携わる。 2008年 インドでALSを発症。 2011年 気管切開し24時間人工呼吸器を装着。声を失う。 2015年 手の指が動かなくなる。 2016年 視線入力で短編ミステリー小説「情報協力」を書きあげる。 「情報協力」が東京都北区内田康夫ミステリー文学賞審査員特別賞を受賞。 パソコンは視線でカーソルを動かし、口にくわえたスイッチを噛んでクリックする。 パソコン関係の頼りは元パチンコプログラマーのヘルパー。 「ALSはいつかきっと治る病気になる」と信じ、患者の立場から治療研究を促進するなどの患者活動に取り組む。

Posted in human being | 2 Comments

筆洗

劇作家の井上ひさしさんには大学を休学し、故郷の岩手県で国立療養所の職員になっていた時期がある。ある日、療養所の所長さんから、こんな質問を受けた。 「二人の患者さんがいる。一人はボロボロの身なりで子どもを抱いている母親らしき女性。もう一人は見るからにお金持ちそうな威張り腐った態度の男性。君はどちらを先に医者へ案内しますか」-。「それは貧しい人です」。井上さんは答えた。返ってきたのは「君はだめだねえ」だった。「病気の重い方を先に案内するんだよ」。病人に貴賤貧富はなく、考えるべきは病状の重さである

Posted in good | 1 Comment

Luiz Pereira da Silva

Le football est global et social. En 2018, la Coupe du monde, sa plus haute expression, peut être vue comme une bonne réponse aux tendances protectionnistes, nationalistes et de repli sur soi, en cette période de remise en cause du multilatéralisme et de la coopération entre nations. Aucun dirigeant, aussi fin démagogue soit-il, ne pourra convaincre un gamin d’un bidonville, d’une favela ou d’une banlieue que, pour mieux protéger son avenir, il est souhaitable de restreindre ses ambitions footballistiques à son seul pays. Les gamins savent bien que se mesurer aux meilleurs du monde constitue le véritable ascenseur social. C’est ainsi qu’ils pourront prouver leur vraie valeur. Le football est … Continue reading

Posted in perception | 2 Comments

Charlotte Perriand

La forme, c’est le fond qui remonte à la surface.

Posted in art | 2 Comments

Dona Isabel

Posted in records | 1 Comment

TruSox

Posted in business | 3 Comments

柴本幸

Posted in story | 1 Comment

芥川龍之介

 ――盗人は妻を手ごめにすると、そこへ腰を下したまま、いろいろ妻を慰め出した。おれは勿論口は利けない。体も杉の根に縛られている。が、おれはその間に、何度も妻へ目くばせをした。この男の云う事を真に受けるな、何を云っても嘘と思え、――おれはそんな意味を伝えたいと思った。しかし妻は悄然と笹の落葉に坐ったなり、じっと膝へ目をやっている。それがどうも盗人の言葉に、聞き入っているように見えるではないか? おれは妬しさに身悶えをした。が、盗人はそれからそれへと、巧妙に話を進めている。一度でも肌身を汚したとなれば、夫との仲も折り合うまい。そんな夫に連れ添っているより、自分の妻になる気はないか? 自分はいとしいと思えばこそ、大それた真似も働いたのだ、――盗人はとうとう大胆にも、そう云う話さえ持ち出した。  盗人にこう云われると、妻はうっとりと顔を擡げた。おれはまだあの時ほど、美しい妻を見た事がない。しかしその美しい妻は、現在縛られたおれを前に、何と盗人に返事をしたか? おれは中有に迷っていても、妻の返事を思い出すごとに、嗔恚に燃えなかったためしはない。妻は確かにこう云った、――「ではどこへでもつれて行って下さい。」(長き沈黙)

Posted in globe | 2 Comments

柴本幸

私にとって言葉を綴るという行為は、生きる上でなくてはならないものです。「文字」というツールを使うからこそ、生まれる世界があり、そこにしかない自由があります。 例えばあまりにあまりにあまりに、あまりに美しい朝焼けを見たとする。思わずカメラにはおさめるものの、その場で瞬時に言葉にするのは正直難しい。だから胸に湧き上がる感情をできるだけ体で覚えておいて、イメージを足してみる。 或いは、いくつもの感情が蠢いて、どこにもぶつけることができないでいる時。取捨選択せず、片っ端から文字にして、静かに眺めてみる。すると不思議なことに、カゴの中のものを1つ1つ風呂敷に拡げるように、丁寧に取り上げるだけで、嫌だ嫌だと逃げていた感情と、素直に向き合えたりする。 人は言葉によって傷つき、言葉によって救われます。上澄みを取り去って出てきた真実を伝えたからと言って、人との距離が縮まるとは限らない。受け手がどう取るのか誰にもわからないからこそ、無限の可能性が拡がる。それが言葉の面白さです。 言葉の綾、とはよく言ったもので、名言と呼ばれるようなキラキラとした一文に、救い難い影が潜んでいることもあれば、一見暗くみえる言葉の羅列に、強い希望の光が宿っていることもある。その真意を汲み取り、体にしっかりと染み込ませた上で、私にしか紡ぐことのできない言葉を発信していきたい。それが3ヶ国語でできるようになればと思うけれど、あまり焦らずにね。

Posted in good | 1 Comment

Wikipedia

The prisoner’s dilemma is a standard example of a game analyzed in game theory that shows why two completely rational individuals might not cooperate, even if it appears that it is in their best interests to do so. It was originally framed by Merrill Flood and Melvin Dresher while working at RAND in 1950. Albert W. Tucker formalized the game with prison sentence rewards and named it “prisoner’s dilemma”, presenting it as follows: Two members of a criminal gang are arrested and imprisoned. Each prisoner is in solitary confinement with no means of communicating with the other. The prosecutors lack sufficient evidence to convict the pair on the principal charge, … Continue reading

Posted in human being | 1 Comment

Wikipedia

The Golden Rule (which can be considered a law of reciprocity in some religions) is the principle of treating others as one would wish to be treated. It is a maxim that is found in many religions and cultures. The maxim may appear as either a positive or negative injunction governing conduct: One should treat others as one would like others to treat oneself (positive or directive form). One should not treat others in ways that one would not like to be treated (negative or prohibitive form). What you wish upon others, you wish upon yourself (empathic or responsive form). The Golden Rule differs from the maxim of reciprocity captured … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

孔子

子貢問曰、有一言而可以終身行之者乎。 子曰、其恕乎。己所不欲、勿施於人也。

Posted in rule | 1 Comment

Isocrates

Do not do to others that which angers you when they do it to you.

Posted in rule | 1 Comment

Sextus the Pythagorean

What you do not want to happen to you, do not do it yourself either.

Posted in rule | 1 Comment

Thales

Avoid doing what you would blame others for doing.

Posted in rule | 1 Comment

Peter Kropotkin

In the animal world we have seen that the vast majority of species live in societies, and that they find in association the best arms for the struggle for life: understood, of course, in its wide Darwinian sense – not as a struggle for the sheer means of existence, but as a struggle against all natural conditions unfavourable to the species. The animal species, in which individual struggle has been reduced to its narrowest limits, and the practice of mutual aid has attained the greatest development, are invariably the most numerous, the most prosperous, and the most open to further progress. The mutual protection which is obtained in this case, … Continue reading

Posted in human being | 1 Comment

Peter Kropotkin

This principle of treating others as one wishes to be treated oneself, what is it but the very same principle as equality, the fundamental principle of anarchism? And how can any one manage to believe himself an anarchist unless he practices it? We do not wish to be ruled. And by this very fact, do we not declare that we ourselves wish to rule nobody? We do not wish to be deceived, we wish always to be told nothing but the truth. And by this very fact, do we not declare that we ourselves do not wish to deceive anybody, that we promise to always tell the truth, nothing but … Continue reading

Posted in moral | 2 Comments

Wikipedia

Ethics or moral philosophy is a branch of philosophy that involves systematizing, defending, and recommending concepts of right and wrong conduct. The term ethics derives from Ancient Greek ἠθικός (ethikos), from ἦθος (ethos), meaning ‘habit, custom’. The field of ethics, along with aesthetics concern matters of value, and thus comprise the branch of philosophy called axiology. Ethics seeks to resolve questions of human morality by defining concepts such as good and evil, right and wrong, virtue and vice, justice and crime. As a field of intellectual enquiry, moral philosophy also is related to the fields of moral psychology, descriptive ethics, and value theory.

Posted in moral | 1 Comment

YAHOO! 知恵袋

(「盲蛇に怖じず」とは差別用語が含まれるので、使用してはいけないたとえですか?) 例えを引用して作られている格言まで「差別用語」と言うのであれば、反対者はその代案を示すべきでしょう。 基本、言葉に他意は無く、何かあるとすれば言葉を使う人間側に原因があります。 単純な言葉狩りには断固反対しますね。

Posted in Japanese way | 1 Comment

麻原彰晃

私が修行生活に入ったのは、今からちょうど八年前のことであった。それまではごく普通の生活をしていたといえる。鍼灸師を職業としていた。わたしが鍼灸師となったのは、長兄がそうだったからにすぎない。自分ではあまり考えることなく、資格を取得して開業していたというわけである。 腕はいい方だった――と私は思っている。毎日毎日、多くの人がやってきて、息をつく間もないほどだった。中には遠く島根県から、年に何回か泊まりがけで来る人もいたくらいである。 ところが、仕事は順調にいっているにもかかわらず、絶えず疑問にさいなまれ続けていたのだ。「自分は無駄なことをしているのではないか」という疑問である。なぜならば、病気の人を一生懸命に治しても、キリがなかったからである。完治したように見える人でも、治療から離れて元の生活に戻れば、すぐに再発してしまうのである。 そんなこともあって、わたしの内面では、自信とコンプレックスの葛藤が続き、次第に疲れ果てていった。精神的にも大変不安定になり、「このままでは駄目になる」という、漠然として不安を感じるようになった。いったい何が、どこから狂ってきてしまったのだろうか。生きていくための仕事の選択を間違ってしまったのだろうか。ひょっとしたら、もともとわたしは治療家には向いていなかったのかもしれない。人生そのものが、違った方向へ向かっているような気さえする。 そのとき初めてわたしは、立ち止まって考えてみたのである。自分は、何をするために生きているのだろうか、と。この〝無常観〟を乗り越えるためには、何が必要なのだろうか、と……。

Posted in belief | 3 Comments

Alex Baker

Mick Jagger has been a visible presence in the stands at the last few World Cups. In 2010, in South Africa, he was seen in the stands with former U.S. President Bill Clinton, supporting the United States against Ghana. The USMNT went on to lose that match, 2-1, and it was at that World Cup that the legend of the “Jagger jinx” was born. The U.S. was one of several teams Jagger was seen publicly supporting in South Africa that was eliminated in the knockout rounds. Brazil was another one, and of course the singer’s native England, which was knocked out by one of its greatest rivals, Germany. Four years … Continue reading

Posted in belief | 3 Comments

Sam Tighe

Posted in records | 3 Comments

Cesaria Evora

Posted in music | 4 Comments

Hugo Blanco, Gloria Lasso

Posted in music | 5 Comments

Marcus Wallenberg

  To move from the old to the new is the only tradition worth keeping.  

Posted in change | 1 Comment

Peltarion

Artificial Intelligence has the power to advance humankind more than fire and electricity. Everywhere. We believe it is of greatest importance that AI knowledge and technology is made available, usable and affordable for all. ** The recent rapid growth of AI paired with a plentiful, almost unlimited access to data democratizes the power, infrastructure and knowledge required for AI to be available to more than just multi-billion-dollar corporations. Organizations of all sizes now stand to reap the benefits that come with AI’s new way of solving problems, opening doors we could never open on our own – or even see were there in the first place.

Posted in globe | 3 Comments

Parmy Olson

Called Peltarion, the Stockholm-based startup has raised $16 million to date from investors and counts BMW, NASA, Ocado and 13 other organizations as early subscribers, with 800 more in line to try it out. Crnkovic-Friis, their CEO, says that many companies have tried using other, off-the-shelf machine-learning tools like Google’s TensorFlow, Amazon’s Sage Maker and Microsoft’s Azure Machine Learning to build their own image-recognition or natural-language processing systems. But these tools are “super complex,” he says. “You have to be an AI expert to use them.” Crnkovic-Friis designed Peltarion to do for AI what WordPress (and before that, Dreamweaver) did for people who wanted to build websites but didn’t know … Continue reading

Posted in information | 1 Comment

Limin Zhang

Posted in picture | 1 Comment

Zhang Jianfeng

To mark the 40th anniversary of the signing of the Sino-Japanese Peace and Friendship Treaty, Japan’s Eisei Bunko Museum donated 4,175 ancient Chinese books to the National Library of China on Tuesday. Guests and officials from both countries attended the donation ceremony at the National Museum of Classic Books in Beijing. All volumes, covering Confucian classics, historical records, philosophical writings and miscellaneous works, come from the family collection of the Hosokawa clan, owner of the Eisei Bunko Museum. The chairman of the museum Morihiro Hosokawa, who was also the 50th Prime Minister of Japan, presented the books to the National Library.

Posted in globe | 1 Comment

European Union

The European Union Delegation, the Heads of Mission of EU Member States and the Heads of Mission of Norway and Switzerland issue the following statement in Japan: On 11 November 2016, an execution was carried out in Japan, adding to the twenty three other persons that have been executed since March 2012. It comes roughly one month after the Japan Federation of Bar Associations adopted a declaration calling for the abolition of capital punishment by 2020. The European Union (EU), its Member States, Norway and Switzerland have consistently and repeatedly called on the Japanese authorities to adopt a moratorium on executions, recalling the period of 20 months before March 2012 … Continue reading

Posted in Eurocentrism | 2 Comments

福山市

7月5日 8時08分 大雨注意報 12時38分 大雨警報,洪水注意報 18時43分 洪水警報 7月6日 2時41分 洪水注意報 10時06分 洪水警報 21時38分 大雨特別警報

Posted in bad | 2 Comments

CIES Football Observatory

Total estimated transfer value, million € (01/06/2018) Player with the highest estimated transfer value

Posted in business | 3 Comments

Capital Gazette

Posted in attitude | 1 Comment

Marilyn Monroe

Imperfection is beauty, madness is genius and it’s better to be absolutely ridiculous than absolutely boring.

Posted in beauty | 2 Comments

Buddha

“All conditioned things are impermanent” — when one sees this with wisdom, one turns away from suffering.

Posted in simple | 2 Comments

Ryan Giggs

There’s never been completion in my football career because I’ve always been striving for that next thing. You listen to people who have finished and nothing replaces playing, but I’m still excited about not having to put my body through what I’ve put it through. And not feeling the disappointment that I feel.

Posted in globe | 2 Comments

Antonio Tabucchi

It’s the job of intellectuals and writers to cast doubt on perfection. Perfection spawns doctrines, dictators, and totalitarian ideas.

Posted in beauty | 2 Comments

五木寛之

歴史上の人物に関してのさまざまな推測は、ほとんど想像力の産物である。たとえ確実な資料があったとしてもだ。 いちばん当てにならないのが本人の残した資料である。日記、記録、著書、その他の自身の手になるものは、必ずしも真実ではない。思い違いもある。故意に伏せた部分もある。意図的に事実とちがった著述もある。 また近親者、友人、知人、関係者の発言も必ずしも当てにはならない。いや、むしろ主観的な回想が少なくないのである。公的な資料として保存されたものはどうか。最近の政府・官公庁の公式記録が勝手に改竄される例を見ても、必ずしも真実とは言いがたい。

Posted in fact | 1 Comment

Antonio Tabucchi

Philosophy appears to concern itself only with the truth,             but perhaps expresses only fantasies,   while literature appears to concern itself only with fantasies,             but perhaps it expresses the truth.

Posted in story | 2 Comments

Antonio Tabucchi

I sogni di Dedalo, Ovidio, Apuleio, Cecco Angiolieri, Villon, Rabelais, Caravaggio, Goya, Coleridge, Leopardi, Collodi, Stevenson, Rimbaud, Cechov, Debussy, Toulouse-Lautrec, Pessoa, Majakovskij, García Lorca, Freud. Un libro che è un azzardo, una supposizione e un’ipotesi, e insieme un fervido omaggio a venti artisti amati da uno scrittore di oggi.

Posted in story | 3 Comments

OOHYO

Posted in music | 4 Comments

ふかわりょう

情報を含め何でも過多になりがちなんです。例えば自分の出番がきたら、たくさんコメントしたいと思いますよね。でもたくさんしゃべると、結局何を伝えたいのかが薄れてしまう。だからできるだけ削ぎ落とすことが大切だと思っています。でも、やりすぎると今度は言葉足らずで、誤解を与えてしまうこともあるため、そのバランスが難しいんです。 程よく諦めながら進んでいきたいですね。 いろいろともがくことをやめたら、不思議と浮力のようなものが働いてきたように感じるんです。だから、下手に抗うことなくプカプカと浮かんでいる状態でいられたらいいのかな?なんて思います。よくいえば”気負わず自然体でいる”ということ。

Posted in attitude | 1 Comment

浄妙寺 喜泉庵

Posted in beauty | 2 Comments

ToiToiToi

French Press Coffee 厳選コーヒーをフレンチプレスで味わう ToiToiToiでは産地にこだわり厳選した豆をご提供しております。 金属のフィルターで濾し、コーヒーの油分まで余すことなく抽出できるフレンチプレスで、コーヒーの素材本来の美味しさを是非味わって下さい。​ ​カフェラテやアイスコーヒー等もこだわりの味でご提供致します。

Posted in globe | 1 Comment

Lindsey Ellefson

Even after they were booted out of the World Cup, the Japanese national football team gave us a lesson in grace. Following their heartbreaking loss to Belgium on Monday, the players left behind a note that said “спасибо” (Russian for “thank you”) in their locker room. Oh, and they cleaned it up.

Posted in Japanese way | 1 Comment

Claudio Arrau

Posted in music | 3 Comments

Avivah Wittenberg-Cox

With children departing into their own journeys and ever-longer lives stretching out ahead, more mature adults are leaping, unconventionally and aspirationally, at a last chance at love. Most of the existing literature discourages them. The dominant mantra of books, counsellors and media is that ‘staying together’ is the superior, admirable choice. They insist that romantic dreams of great sex and soul mates are the Disney-esque yearnings of the naively immature. This book argues the contrary. Great relationships are not only attainable; they are a natural and admirable goal for ageing humans.

Posted in love | 2 Comments

Saroj Chadha

Democracy is defined as ‘a form of government in which the supreme power is vested in the people and exercised directly by them or by their elected agents under a free electoral system.’ It is inherent in this definition that any government formed in a democracy will invariably be as per the bidding of the majority population represented by their elected agents (representatives) that they vote for. The majority population, as referred above, will invariably be the sum total of the electorate which will include both majority and minority communities. However it may also be right to say that both, majority votes and majority of the representatives, would belong to … Continue reading

Posted in human rights and democracy | 1 Comment

Carnegie Mellon University

Posted in technology | 1 Comment

United Nations

Posted in UN way | 1 Comment

鳩森八幡神社

Posted in belief | 3 Comments

英辞郎 on the WEB

「思いやりのある」という言葉から思いつく単語 sympathetic thoughtful supportive kind caring sweet tender warm soft companionable friendly likeable pleasant agreeable compassionate considerate good-hearted human enjoyable pleasing pleasurable nice satisfying gratifying welcome good amiable affable amicable lovely approachable good-natured understanding

Posted in happiness | 1 Comment

厚生労働省保険局高齢者医療課

フレイルとは,「加齢に伴う予備能力低下のため,ストレスに対する回復力が低下した状態」を表す“frailty”の日本語訳として日本老年医学会が提唱した用語である. フレイルは,要介護状態に至る前段階として位置づけられるが,身体的脆弱性のみならず精神心理的脆弱性や社会的脆弱性などの多面的な問題を抱えやすく,自立障害や死亡を含む健康障害を招きやすいハイリスク状態を意味する.

Posted in health | 2 Comments

Karen Zraick

In the latest sign of the astronomical cost of living in parts of California, the federal government now classifies a family of four earning up to $117,400 as low-income in three counties around the Bay Area. That threshold, the highest of its kind in the nation, applies to San Francisco, San Mateo and Marin Counties. It’s used to determine eligibility for federal and local housing assistance programs.

Posted in american way | 1 Comment

Edie Weinstein

What are the qualities of a healthy and loving relationship that has sustainability? Trust Accountability/reliability A sense of having each other’s backs Open communication Safety (physically and emotionally and knowing that your partner won’t intentionally harm you) A willingness for each person to do the inner work to help the relationship thrive, rather than expecting the other person to take on the responsibility for you Cleaning up your own messes; or as Reid Mihalko also shares, “Leave the campground better than you found it.” Co-creating the rules for relationship; maintaining them or re-negotiating them Focusing on strengths, as well as awareness of areas that call for improvement Knowing where there … Continue reading

Posted in american way | 1 Comment

Cheryl Rice

Confusing love with longing happens when we label the painful yet exhilarating sensation of yearning for someone we cannot have as ‘love’. But in fact, that sensation, and the fantasies it fuels, has more to do with the unmet needs of our childhood than true love. And not only that, (and to make matters worse?) that compulsive craving actually distracts us from finding and receiving the available intimacy we deserve.

Posted in love | 2 Comments

カピリナ

Posted in heart | 2 Comments

落合陽一

デジタルネイチャー: 生態系を為す汎神化した計算機による侘と寂 十分に発達した計算機群は、自然と見分けがつかない ポストモダンもシンギュラリティも、この「新しい自然」の一要素にすぎない。否応なく刷新される人間と社会。それは幸福の、経済の、民主政治の再定義をもたらす。新たなるパラダイムはここから始まる……! 「我々は、「ゲート」や「つなぎ目」のない世界を生み出し、標準化を多様性で置き換え、個人の幸福や不安といった人間性に由来する強迫観念をテクノロジーによって超越しうる。我々にとって必要なのは、テクノロジーが向かう未来へのビジョンと情熱だ。」

Posted in globe | Leave a comment

Tommy Emmanuel

Posted in music | 2 Comments

mimirin1110

私には、「憧れの人」と「好きな人」両方います。 「憧れの人」: 職場の一回り年上の人なんだけど、すごく仲が良くて、何でも言えて、その時間が心底楽しいと思える。でもその人は既婚者で、最近子供も生まれたばかりで、不倫にも程遠い人。昔の初恋の人にそっくりで、その人としゃべってると、そのときのことも思い出してしまう。目が合うと、目だけで会話したりする。ドキドキするから好きなんだろうけど、いわゆる「男女の仲」には絶対なりたくないかな。何かキレイな存在っていうか、奇麗事でない現実にあって、唯一キレイな部分っていうか・・・でも、既婚者にそんな感情抱いてる時点でもうキレイじゃないんだろうけど(苦笑)。 「好きな人」: 現在の彼氏です。出会ったのは3年前の学生時代の頃なんだけど、色々あって付き合えなくて、最近やっと再会して付き合うようになった人。3年間、彼は私の中では理想の人であり続けたけど、憧れではなかったな。けど、やっぱり付き合うとなったらいいとこ取りじゃなくて、相手の嫌なところとか、生活してる部分とか、決してきれいじゃない部分をたくさん見なくちゃならない。それを承知で一緒にいたいと思えるのが好きなんだと思う。

Posted in love | 1 Comment

紫式部

いづれの御時にか、 女御、更衣あまた さぶらひたまひけるなかに、 いとやむごとなき際にはあらぬが、すぐれて 時めきたまふありけり。 はじめより我はと 思ひ上がりたまへる御方がた、 めざましきものにおとしめ嫉みたまふ。 同じほど、それより下臈の更衣たちは、 ましてやすからず。朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、 恨みを負ふ積もり にやありけむ、いと 篤しくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、 いよいよあかずあはれなるものに思ほして、人の そしりをも え憚らせたまはず、世のためしにも なりぬべき御もてなしなり。

Posted in story | 2 Comments

国際教養大学

Posted in information | 2 Comments

成蹊大学

成蹊大学情報図書館には、こんな球体が吹き抜け部分に5つも浮かんでいる。なぜ図書館にこんなものが必要なのか。それは、これまでの常識を破る「喋れる図書館」を追求した結果なのだ。本来、図書館は静粛が基本だが、これは「資料をすぐに取り出せる環境で話し合いたい」という、学び舎ならではのニーズと相反してしまう。しかし情報図書館では、これを「各ゾーンごとに出してよい音のレベルを規定」することによって静粛と会話を両立させている。

Posted in good | 3 Comments

Kenneth A. Tucker

Just as you can use your own talents in a complementary manner, you can develop complementary partnerships that will make use of the talents of others. Imagine for a moment a manager who is very talented as an Achiever, as an Arranger, and as an Activator. She will be driven to accomplish things — that’s Achiever; accomplish them right now — that’s Activator; and she’ll work on several things almost simultaneously — that’s Arranger. At the end of the day, you literally have to wade through what she did, because she worked on so many things, not necessarily in an orderly fashion. To help her keep organized, she partners with … Continue reading

Posted in attitude | 2 Comments

吉野弘

正しいことを言うときは 少しひかえめにするほうがいい 正しいことを言うときは 相手を傷つけやすいものだと 気付いているほうがいい 立派でありたいとか 正しくありたいとかいう 無理な緊張には 色目を使わず ゆったり ゆたかに 光を浴びているほうがいい 健康で 風に吹かれながら 生きていることのなつかしさに ふと 胸が熱くなる そんな日があってもいい そして なぜ胸が熱くなるのか 黙っていても 二人にはわかるのであってほしい

Posted in poem | 4 Comments

Gallup

Posted in business | 4 Comments

Thomas J. Sugrue

That history is a reminder that civility is in the eye of the beholder. And when the beholder wants to maintain an unequal status quo, it’s easy to accuse picketers, protesters, and preachers alike of incivility, as much because of their message as their methods. For those upset by disruptive protests, the history of civil rights offers an unsettling reminder that the path to change is seldom polite.

Posted in american way | 1 Comment

井之上パブリックリレーションズ

井之上パブリックリレーションズでは、「パブリック・リレーションズ(PR)とは、個人や組織体が最短距離で目標や目的に達する、『倫理観』に支えられた『双方向性コミュニケーション』と『自己修正』をベースとしたリレーションズ活動である」と考えています。 また、経済、政治、文化において急速にグローバル化が進行する中で、民族や文化、言語、宗教、国境を超えてステーク・ホルダー(利害関係者)とのリレーションシップ・マネジメントを実践するパブリック・リレーションズはグローバルビジネスの基盤ともなります。

Posted in information | 2 Comments

Symantec

We deliver innovative products and services to our customers and stand ready to resolve any technical issues that may arise. Our online user communities and discussion forums also serve as an important resource for product applications. We instill our brand vision, mission, and values into every product support interaction. When customers contact us, we carefully track how well we’re doing to build trust, loyalty, and a sense of delight. We review all feedback and we follow up with customers who provided low scores to see if we can address their issues. We use this feedback to drive improvements in product quality and support transactions.

Posted in attitude | 2 Comments

閑吟集

花の錦の下紐は 解けてなかなかよしなや 柳の糸の乱れ心 いつ忘れうぞ 寝乱れ髪の面影 新茶の茶壺よなう 入れての後は こちゃ知らぬ こちゃ知らぬ 何せうぞ くすんで 一期は夢よ ただ狂へ 我が恋は 水に燃えたつ蛍々 物言はで笑止の蛍 思ひの種かや 人の情 ただ人は情あれ 朝顔の花の上なる露の世に 恨みは数々多けれども よしよし申すまじ この花を御法の花になし給へ

Posted in globe | 2 Comments

United States Government Accountability Office

According to experts, artificial intelligence (AI) holds substantial promise for improving human life and economic competitiveness in a variety of capacities and for helping to solve some of society’s most pressing challenges. At the same time, however, AI poses new risks and has the potential to displace workers in some sectors, requires new skills and adaptability to changing workforce needs, and could exacerbate socioeconomic inequality.

Posted in american way | 1 Comment

GAO Forum on Artificial Intelligence (AI)

Implications of Artificial Intelligence (AI) for Policy and Research

Posted in technology | 3 Comments

Otis Redding

Posted in music | 1 Comment

Catriona Pollard Communications

Public Relations is all about effective communication whether it’s between an organisation and its target audience or between a person and the people they want to influence.

Posted in globe | 1 Comment

Public Relations Society of America (PRSA)

Public relations is a strategic communication process that builds mutually beneficial relationships between organizations and their publics.

Posted in information | 1 Comment

Chartered Institute of Public Relations (CIPR)

Public Relations is about reputation – the result of what you do, what you say and what others say about you. Public Relations is the discipline which looks after reputation, with the aim of earning understanding and support and influencing opinion and behaviour. It is the planned and sustained effort to establish and maintain goodwill and mutual understanding between an organisation and its publics.

Posted in information | 1 Comment

三浦恵次

困ったことに、日本人には PR ということがわからない。「弘報」「報道」「情報」「渉外」「秘書」という字が当時 PR に充てられた日本語であった。 GHQ は、1949年の夏、CIEO 主催による日本で初めての広報講習会(PR 技術研修会)を開催し、政府がその活動についての情報をいかに円滑に国民に伝えるかということを示そうとした。この講習会の記録「広報の原理と実際 (Principles and Techniques of Public Information in Japan)」には、インフォメーションとしての広報が強調されている。しかしそこでの原理は、アメリカという社会を基礎としているものであって、それまでの日本における「天皇の官吏」としての政府・政府機関、あるいは国民を前提にしてのものではなく、更にはそれらを問い直すことも示されなかった。特殊な状況下にあった日本政府・国民という考えが抜け落ちたまま、アメリカの社会を前提にして、話が進められたのだ。そしてまた、日本側は、日本の特殊性の中でしか物事をとらえることができない状況、つまり「官」と「公」を認識できない状況だったのである。

Posted in information | 1 Comment

日本パブリックリレーションズ研究所(JPRI)

PR目標と対象(ターゲット)の設定ができると、いよいよ戦略の構築に入る。PR戦略を構築することにより、何(PR目標)を、誰(対象(ターゲット))に対して、どのような方針(戦略)でコミュニケートしていくのかという、パブリック・リレーションズ活動の骨格が形成されることになる。 PR戦略を構築することは、設定したPR目標を、倫理観を支えに対象(ターゲット)に対してコミュニケートするための方針を確立させることであり、これによって、次のプロセスである「PRプログラムの作成」の具体的内容が決定され、さらに次の「インプリメンテーション」への流れを方向づけることになる。

Posted in information | 1 Comment

Association for Diplomatic Studies and Training (ADST)

Interested in a particular country or subject? Go beyond the experiences of simply one diplomat with Country and Subject Readers. These Readers consist of relevant excerpts from individual oral history interviews arranged in approximate chronological order. They are designed to give users an overview of U.S. relations with a country or policy on a specific subject, as seen by those who dealt with it from Washington or in the field. The Readers offer unique insights over decades, though they may not provide full chronological continuity.

Posted in american way | 3 Comments

大柴ひさみ

日米間のビジネス、マーケティング、コミュニケーションの違いは、さまざまな機会で実感することが多いが、同じ日に日米の「PR(Public Relations)」業界の人間とミーティングを持ち、そのプラクティスと姿勢の違いに非常に驚いた。 まず最初に地元サンフランシスコでテクノロジーに特化したIndependentのPR Agencyと、ポテンシャルのプロジェクトに関してミーティングを持った。印象的だったのは「Thought Leadership」というアプローチによるPR活動である。日本ではあまり耳にしない言葉だが、米国では、マーケティング、コミュニケーション、PRなどの業務をたずさっていれば、必ず耳にするアプローチである。 「Thought Leadership」とは、単なる自社商品やサービスに関する情報ではなく、発信者が属する特定の分野において、将来を見据えたテーマや課題の解決策などを提案して、議論を巻き起こすというコミュニケーション活動をいう。発信者は、そうしたConstructiveなコンテンツを発信することによって、そうした情報に関心を持つメディアおよびそのオーディエンスとエンゲージが図れて、その分野においてReputationを獲得することが可能となる。 そのミーティングの後に、日本のテクノロジー関連のPRのベテランに、日本のPRの実情を聞いたが、そのリアリティに、唖然としてしまった。そのベテランに言わせると、昨今の日本の「Traditional あるいはConventional なメディア」は、従来型の広告出稿が減少する現状の中で、PRエージェンシーやクライアントに、最初から「枠」扱いで値段をつけて、自社のイベントやコンテンツを「広告媒体」のように販売し、従来型の広告の埋め合わせをしているという。もちろん、私もそんなにナイーブではないが、彼からその詳細なやり方を聞くと、そこまでするのかと思うほどだった。

Posted in business | 3 Comments

Wendy Marx

A thought leadership strategy is a blueprint for industry success. Not only does it boost your credibility, but it also puts your brand on the map. But thought leadership doesn’t happen overnight. It takes careful planning to position yourself as an industry star. PR and thought leadership strategy go hand in hand. In fact, public relations is a key way to carve out your strategy and attain thought leadership status within your industry.

Posted in globe | 1 Comment

八巻和彦

壮大な転換期に違いない現代の世界を、構造的にとらえ、新しい世界のヴィジョンを描くことは可能だろうか。グローバリズムとナショナリズムの台頭、IT社会と格差社会、大きな物語の崩壊と断片化する知識 ……。 15世紀中世、旧世界の破局を目の当たりにしたニコラウス・クザーヌスの格闘を鏡として、今日のさまざまな破綻の様相を照らす。古い神学体系に抗い、近代への転回を促したとされるクザーヌスの思想の秘密はどこにあったのか。

Posted in perception | 1 Comment

八巻和彦

 これまで述べてきたようなわれわれの生きている世界の状況によって,われわれはこれまでの人類が経験したことがないほどに頻繁に多種多様な〈なじみのないもの〉,〈異いなるもの〉(E.: strange; F.: étrange; D.: fremd)と遭遇せざるをえない。それは,人や物だけではなく,技術や情報,状況でもある。しかし人間は〈なじみのないもの〉に対しては,生命体としての自己保存本能から自ずと警戒感と恐れを抱き,場合によっては敵意さえも抱くことになる。それは,子どもに顕著であるが,大人であっても精神的に余裕のない状態にある場合には,あるいは自身を取り巻く状況を客観的にながめることができない人は,容易にそのような状態に陥る。これは人々に強い不安感を醸成し,ひいては社会全体を不安定にしかねない危険性をはらんでいる。  なぜならば,その不安感はそれを解消(解決)するためのはけ口を身近かに存在する〈なじみのないもの・異なるもの〉に求めると共に,そうすることで逆に自己の存在を絶対的に肯定しようとするショーヴィニズムを容易に育むからである。  この具体例を20世紀前半のヨーロッパに見出すことができる。当時,急速な資本主義社会化とそれを基礎で支える役割を果たした近代の科学・技術の荒波にもまれたヨーロッパの人々は,自分たちの不安感と苦境の原因を身近に存在する〈異なるもの〉としてのユダヤ人になすりつけて,彼らを社会から排除するばかりか抹殺しようとさえしたのである。これは,E.フロムが有名な著作『自由からの逃走』において活写している通りである。  そして現代欧米では,その市民が抱く不安感と直面する苦境の原因がどこに求められようとしているのだろうか。自己の社会内に暮らしているイスラーム教徒(ムスリーム)に対して,そのような悪意と疑いの眼差しが向けられてい るのではないだろうか──自分たちの社会の必要性によって招き入れたムスリームなのであるにもかかわらず。また,東アジアの日本と韓国と中国では,相互に相手をそのように見立てようとしているのではないだろうか──広く視野を取れば,お互いに文化的には極めて近いことが容易に見出せるにも関わらず。  いずれにしても,プリミティヴな防御反応に過ぎないのであるが,あなどることのできない危険性をはらむ心理状況である。

Posted in change | 1 Comment

八巻和彦

 現代では,輸送技術と通信技術の驚異的な発達によって,誰でもが「自分の生きる世界」の拡大を実感せざるをえなくなっている。  具体的に言えば,上述の労働市場の拡大に伴う自己の地位の不安定化の原因になっている事態であり,また,日々使用する食料や物資が遥か遠くの国から 運ばれてきたものであるという事態である。つまり自分の生を支える世界がやみくもに拡大しているという実感である。  同じ理由によって,逆に自分が生まれ育った場所でさえも,将来にわたって自分の慣れ親しんだものとして存在し続けるという展望をもちにくくなっている,という事態も生じている。  この両方の事態の結果としてわれわれは,あたかも一人の幼い子どもがいきなり広い舞台に連れ出されたような感覚をもつようになっている。つまり,自分の立ち位置が分からない不安と恐れである。  そもそも人間は誰でも,自分なりの原点を確保し,それを基にして世界についての自分なりの座標を描くことで,安心して生活しているものである。しかし現代ではその座標が描きにくくなっている。広大な世界のなかで自分の居場所を確保できないだけではなく,自分の故郷(Heimat)に居てさえも故郷に居るような気がしない,つまり居心地の悪さ,不気味さ(unheimlich)を感じさせられることが多くなっているのである。つまり,われわれはいわば故郷を失った者として,根こぎされた者(dérasiné)として生きることを余儀なくされつつあると言うことができよう。  この心理状態は,アイデンティティの喪失感という,より深刻な問題を惹起する可能性が強い。そして,この喪失感を埋めるために,「宗教復興」とか「スピリチュアリティ・ブーム」と称されるような現象が人々の間で生じているとみなせるだろう。

Posted in change | 1 Comment

八巻和彦

 通信技術の発達によって,われわれは好むと好まざるとにかかわらず,世界中の多様な情報にさらされている。しかし,人間にとって意味をもつ情報量,あるいは処理可能な情報量は限られているはずである。それを超えると,情報としての意味はなくなり,たんなる雑音(ノイズ)となる。だが,ノイズによってもわれわれの感知能力は消耗させられるから,その結果,感知能力がほとんど麻痺して,逆に自分にとって必要な情報にさえも適切な応答ができなくなるという状況が生じてくる。  最近では IT 技術の進歩により,音声情報や画像情報もふんだんにわれわれに提供されるようになっている。しかし,文字情報に比べると,音声情報,さらに音声を伴った画像情報は,それをコンピュータに記憶するに際して必要とする記憶容量の増大に比例するような形で,より強くわれわれに作用するのであり,それに比例する形でわれわれは自分の感知能力を消耗させられているのである。  さらに現代では,これらの大量な情報がコンピュータの同一の画面上に現われることによる問題も生じているということを指摘する必要がある。つまり,自分の前にある画面上に,多様な情報が次々と出現する。その情報は,一冊の書物のように一見して判明な順序をもって並んでいるわけでもなく,ましてや,新聞紙上のように一般的な重要性の順序に従って配列されているわけでもない。信憑性の不明な多くの情報源(発信源)に由来する多様な情報が,同じサイズの画面に現われるだけである。  つまり,われわれが接する多様で大量な情報が自分にとってどれだけの価値があるのかということは,自分自身が判断しなければならないのである。これは大きな自由を手に入れていることではあるが,しかし,この事態はわれわれにとって常によいことであるわけではない。われわれは自分の判断力に自信をもてないことが少なからずあるからである。かつては,そういう場合のために「評論家」という存在が居た。彼らは,紙面上に登場し,その情報の価値を判断して読者に知らせてくれる特権的な読者であった。しかし,インターネットが卓越する現在の情報世界では,誰でもが発信者になりうるので,個々の情報の判定者の役割を果たしてくれる存在を適確に見つけることはむつかしい。その情報の信憑性を自身で判断しなければならなくなっているのである。これも大きな不安要因となる。われわれは,「ネットサーフィン」をすることによって,遊んでいるどころか,適切なナヴィゲーションの存在しないままに情報の「大海原」を漂流することになりかねない状況にあるのだ。  さらにわれわれには,情報の洪水にさらされているうちに,本当は真相を知っているわけではないことを,あたかも知っているかのように錯覚する傾向が生じる。〈量〉の多さが〈質〉を決定するという,古典的なプロパガンダ技術によって生じさせられる深刻な誤解や錯覚である。

Posted in change | 1 Comment

八巻和彦

「科学・技術」が世界中を覆うようになったことで,物的資源のみならず,本来はそれを利用して生きるはずの人間が,それも世界中の人間が同じ一つの規準でくくられた上で,「人的資源」とみなされるようになった。この結果,現在では様々な分野における人間同士の競争が,歴史上かつてなかったほどに熾烈に展開されている。  具体的に説明するならば,以下のような競争の側面が存在している。先ずは,人が人と競争するという場面である。 競争する相手の数が無限大になりつつある。これの見やすい例はスポーツ界である。「科学・技術」の進歩によって,今やスポーツ選手の能力の比較が地球規模で可能になり,より有力な選手はいっそう有利な条件で契約できるが,少しでも劣った選手は契約から排除されるという状況が生じている。同様な競争があらゆる分野で生じつつある。その結果,ある時点で競争の頂点に立った人でさえも,次の契約時には地位を失う可能性を想像できるので,安心してはいられないのである。 次に,「人的資源」間に見出されるわずかな差異さえも「科学・技術」を利用して数値化されることで,「違い」が歴然と示され,その結果,「劣った」数値の帰せられる人物が労働市場から排除されることが合理化されやすいという傾向が生じている。つまり,「合理的に敗者と判定される」という場面が生じやすくなっており,「敗者」と判定された人々には社会の中で逃げ場がないという事態が生じているのである。 さらに,上の⑴で述べた状況から生じる,人が機械と競争させられるという側面がある。先ずそれは,同じ労働について人間が機械との間で,能率性をめぐって競争させられるということである。そればかりではなく,機械を使用している労働者が,機械の反応の速さに応じて自らの作業を速くしなければならないという意味での競争もある。これは,上述の「機械に使われている」という状態の一種ともみなせるのであるが,当人はそのように意識することなく,より効率的に成果を出そうという前向きの姿勢をもって働いているのに,気づいてみると大きなストレスを得ているという状況である。 すぐ上で述べたこととも密接に関わるが,現代では人が時間(機会)と厳しい競争をさせられることが多い。その典型例は,労働現場で作業の合理化を進める際にストップウォッチによって労働者の作業を測定する光景に見出すことができる。これは,生命体としての時間(意識)とは別の物理的時間によって人間の日々の生活が制御されていることになる。これも人間に大きな不安を生み出す要因である。

Posted in change | 1 Comment