Author Archives: shinichi

富士通エフ・オー・エム

相手と意見が対立した時、お互いが自分の意見を主張するばかりでは、話し合う程に溝が深まり、わかりあうことができません。対立ではなく協力して仕事を進めていくためには、すぐに反論するのではなく、いったん相手の立場に立って、なぜそう思うのかを考え受け止めてみましょう。それにより、相手の考えをより深く理解することができ、意見の相違点ではなく自分と共通する部分やさらなるアイディアが見つかります。お互いの良いところをあわせて一緒に取り組めば、さらに大きな成果をあげることができるでしよう。

Posted in difference | 2 Comments

About Islam

We can see that both Judaism and Christianity are not now the original religion taught by their prophets. But at the same time, there are many beliefs and traits of the original religion of God still existing in those two religions. It is a fact that these two religions are closer to Islam than any other religions. So, there is a strong case for our appealing to the followers of these two religions, considering the common factors they share with Islam. It is most especially noteworthy that in spite of all the deviations of the Jews and the Christians, Allah Almighty calls them “The People of the Book” and commands … Continue reading

Posted in belief | 1 Comment

PBS

Muslims believe that God had previously revealed Himself to the earlier prophets of the Jews and Christians, such as Abraham, Moses, and Jesus. Muslims therefore accept the teachings of both the Jewish Torah and the Christian Gospels. They believe that Islam is the perfection of the religion revealed first to Abraham (who is considered the first Muslim) and later to other prophets. Muslims believe that Jews and Christians have strayed from God’s true faith but hold them in higher esteem than pagans and unbelievers. They call Jews and Christians the “People of the Book” and allow them to practice their own religions. Muslims believe that Muhammad is the “seal of … Continue reading

Posted in belief | 2 Comments

孔子

知之者 不如好之者 好之者 不如楽之者

Posted in learning | 1 Comment

山岸宏

「まあ待て。まあ待て。話せばわかる。話せばわかるじゃないか」と犬養首相は何度も言いましたよ。若い私たちは興奮状態です。「問答いらぬ。撃て。撃て」と言ったんです。

Posted in records | 1 Comment

ガールスカウト日本連盟 (Girl Scouts of Japan)

世界中からガールスカウトの代表が集まり第36回世界会議が先週インドで開催されました。 51年前の1966年9月28日からの10日間、日本でも第19回世界会議を開催した歴史があります。 会場は東京タワーの下、芝公園の東京プリンスホテル。戦後に活動を再興した日本のガールスカウトが、世界連盟に完全復帰をしてから6年目のことでした。日本中のガールスカウトが世界のお客様をおもてなしの心で迎え、国際的な団体の一員であることを誇りに思いました。世界会議のテーマは「知るは 理解を 理解は 愛を」でした。

Posted in globe | 1 Comment

Emmeline May and Blue Seat Studios

Posted in learning | 2 Comments

Wikipedia

By the 1630s, Edo had a population of 150,000.

Posted in Japanese way | 1 Comment

北伊醤油

Posted in learning | 1 Comment

Gilbert Rozman

Containing fewer than five square miles, the approximately 1,700 chō of Edo were densely packed. Not only was the density of residence four times that of the buke areas and ten times that of the 20 percent of Edo allocated to temple lands, but land use in the chō was highly mixed. Shops and residences were combined in a single dwelling. Within a chō it was prestigious to occupy a street front, resulting in the back alleyways being left for poor servants, peddlers, and hired labor.

Posted in Japanese way | 1 Comment

山田ズーニー

話をしていて、なぜかつまらないと私が感じる人の共通点は、1つはっきりある。 「予定調和」だ。 もちろん会話は二人で分担するものだから、相手に予定調和な会話をさせている責任の半分はわたしにある。それを認めたうえで、 そういう予定調和の人は、返答のスピードがはやい。すぐ、はずれていない言葉を返してくださる。ためにもなる。 日ごろよく勉強をされていることが感じられるし、頭の回転もはやそう。ふいの沈黙もなく、よどみなく、ポンポン、安心して会話がつづけられる。 でも、それは、「心がやすまる」というのとは、どこかちがう。 人が、からだの、どれくらいの深さから言葉を発しているか? というと、この予定調和な感じがする人は、胸の上のあたりに、「返答用のファイルボックス」がある感じだ。

Posted in information | 2 Comments

Acme Portable Machines

The DuraPAC Pro is a powerful and robust portable computer suitable for tough environments and mobile applications. The aluminum and steel construction allows for it to be both lightweight and rugged. The steel design maintains the ruggedness and integrity of the model while at the same time, the aluminum allows it to be lightweight.

Posted in technology | 2 Comments

アジル, マルクス, レ・コパン

Posted in happiness | 3 Comments

南伊豆町観光協会

南伊豆町の西側 砂浜のあるビーチと言えば 弓ヶ浜、子浦、入間の3ヵ所 海水浴場に指定されているのは 弓ヶ浜と子浦のみ 波がないので子供でも十分泳げる 静岡県賀茂郡南伊豆町子浦

Posted in memory | 1 Comment

現代國語への處方箋

私は康煕字典の字體を如何なる場合も用ゐるべきだなどとは考へてをりません。多分、正統表記を主張する方々も多くは同じ考へではないかと思ひます。手書の場合には、「為」「来」「体」などの略體を用ゐることに何の疑問も持ちません。誰かが手書で「鴎外」と書いても差支へありません。私は鷗外への尊敬の念から敢へてさういふことはしませんが、それは許容さるべきだと考へてゐます。しかし、從來「略字」であつたこれらの書體を「正字」に格上げして活字の世界にまで持込むことには反對なのです。コンピュータ・フォントを含む活字の世界では、これらは「爲」「來」「體」「鷗外」と正しく表記されなければなりません。「正字」といふ既に完成した體系がある以上、それを廢棄して、似て非なる新體系を作る必要が何故あるのでせう。それをすることによつて、どういふ便益があるのでせうか。却つて、言葉を混亂させるだけです。「鴎外」といふ表記が許容されるためには、「鴎外」と書いた原稿が、必ず「鷗外」の字形となつて活字になるといふ約束がなければならないのです。

Posted in change | 2 Comments

Tina Rosenberg

A fixed address matters — and in most countries, large numbers of homes don’t have one. Addresses don’t exist in the jumbles of self-built houses ringing most major cities in poor countries. Nomadic people have no way to describe where they’ve pitched their tents as they drive their livestock from place to place. Even permanent homes in some rural areas have no address.

Posted in development | 2 Comments

what3words

Street addresses worldwide are inaccurate, unreliable and don’t exist at all in many places. Poor addressing is expensive and frustrating, hampers economic growth and development, restricts social mobility and affects lives. Inaccurate addressing limits businesses and frustrates customers Street addresses can usually identify a building, but aren’t accurate enough to help a courier or taxi driver find the correct entrance. This results in delayed or failed deliveries, and numerous ‘where are you’ phone calls. There’s no human-friendly way to give a location to a machine As personal devices, autonomous vehicles and the IoT streamline the way we live, we have an increasing need to communicate very accurate location. Addresses are … Continue reading

Posted in business | 1 Comment

The New York Times Editorial Board

At 2:35 p.m. on Monday, the fearless Maltese journalist Daphne Caruana Galizia published a characteristically blunt post on her influential blog accusing leading politicians of corruption. “There are crooks everywhere you look now,” she concluded. “The situation is desperate.” Less than 30 minutes later, the car she was driving was blown to pieces. For journalists around the world, this is the new normal.

Posted in information | 1 Comment

Wikipedia

Allergic rhinitis (アレルギー性鼻炎), also known as hay fever, is a type of inflammation in the nose which occurs when the immune system overreacts to allergens in the air. Signs and symptoms include a runny or stuffy nose, sneezing, red, itchy, and watery eyes, and swelling around the eyes. The fluid from the nose is usually clear. Symptom onset is often within minutes following exposure and they can affect sleep, the ability to work, and the ability to concentrate at school. Those whose symptoms are due to pollen typically develop symptoms during specific times of the year. Many people with allergic rhinitis also have asthma, allergic conjunctivitis, or atopic dermatitis. Hay … Continue reading

Posted in difference | 1 Comment

田中淳夫

スギは、日本では屋久島から青森までたいていの山に生えている(植えている)。だから身近に感じるが、実はヒノキ科スギ亜科スギ属に属する日本だけの固有種である。その点からは、スギ花粉症は日本だけの現象なのだ。最近はヒノキ花粉症も増えているが、ヒノキもヒノキ科ヒノキ属に属して、分布するのは日本と台湾だけとされる。スギ(とヒノキ)花粉症は、世界的にはごく狭い範囲でしか起こっていない珍しい症状のようである。 スギと名のつく樹木は世界中にあると思う人もいるかもしれない。有名なのはレバノンスギやヒマラヤスギだろう。ほかにも正式名称ではないが、ベイスギと呼ぶ木もあり、英語のシーダー(シダー)はスギと訳されている。しかし、ヒマラヤスギやレバノンスギは、マツ科の樹木である。ベイスギとも呼ぶウェスタンレッドシダーは、ヒノキ科クロベ属。ちなみに中国で杉と記すとコウヨウザンを指し、日本では中国杉と呼ぶが、これはヒノキ科コウヨウザン属だ。単に日本人が「~スギ」と名付けただけなのだ。当然、花粉もスギとは全然違う。むしろ海外ではシラカバなどカンバ類や、ポプラ、クリ、そしてブタクサなどの花粉による花粉症が問題になっているらしい。 スギばかりを悪役にするのではなく、なぜ自然物である花粉が、人体(とサル)に花粉症を引き起こすのか、そのメカニズムに眼を向けた方がよさそうだ。

Posted in Japanese way | 3 Comments

教員 ひろこ

マツの雄花ができるのと、雌花ができるのでは時期がズレていて、これは自家受粉を避けるため、というのはわかります。 しかし、マツの様子を観察していると、雄花は4月下旬〜、雌花が出てくるのはちょうど今頃の5月中旬以降のようです。この時期になると雄花にはほとんど花粉が残っていません。 この時期のズレがかなりあることに疑問を感じます。他家受粉するにしても、あまりにズレているとその間に花粉は雨によって落ちたりしてしまうのではないでしょうか。一ヶ月近くも空中を漂っているのでしょうか? さらに、一ヶ月も漂っていると、日本の場合は偏西風や温帯低気圧等に流されて日本を超えて太平洋の海の上に行ってしまうのではないかと思うのですが。 また、受粉するにしても、雌花の鱗片の間が硬く詰まっていて、とても花粉が入れるように思えないのですが、それは人間の(私の)感覚であって、花粉は入れる、ということなのでしょうか?

Posted in learning | 3 Comments

三菱UFJモルガン・スタンレー証券

自動車部品サプライヤーの再編が進む可能性が高まっている。非連続イノベーションによる競争ルールの大変化、自動車部品サプライヤーが自動車メーカーを逆支配する新たな潮流の加速、先行開発負担の増大による生き残り策、など様々な観点から窺い知れる。

Posted in change | 1 Comment

Mona Chalabi

Posted in american way | 2 Comments

Clay Routledge

Fear pushes people to adopt a defensive posture. When people feel anxious, they’re less open to diverse ideas and opinions, and less forgiving and tolerant of those they disagree with. When people are afraid, they cling to the certainty of the world they know and avoid taking physical, emotional and intellectual risks. In short, fear causes people to privilege psychological security over liberty.

Posted in freedom | 1 Comment

源俊高

おのづから来る人あらばもろともにながめまほしき山櫻かな

Posted in poem | 1 Comment

北の御方様・綾姐

Posted in information | 3 Comments

福井県立図書館

覚え違いタイトル集

Posted in information | 16 Comments

David Gauthier

I want to enquire into the relationship between the normative claims of a society and the normative stances of its members. I shall develop a contractarian perspective, as the only one available to persons who may neither expect nor require their fellows to share their own orientation to values and norms.

Posted in american way | 2 Comments

土門拳

頬にあてられている 右手の細くたおやかな指先は 色っぽく、 官能的といえるほど しなやかな表現を与えている。 ぼくは この観音像くらい、 女、 それもゆたかな母性を 感じさせる仏像を ほかに知らない。

Posted in beauty | 3 Comments

広隆寺

立ち上がるでもなく 座り続けるでもなく 語るでもなく 笑うでもなく そして ただ 沈黙するでもない 幸せでも 不幸せでもなく 夜でもなく 朝でもない 太陽でも 月でもない しかしあなたは私を受け入れてくれている

Posted in beauty | 2 Comments

Wikipedia

Printed in March 1812, this political cartoon was drawn in reaction to the newly drawn state senate election district of South Essex created by the Massachusetts legislature to favor the Democratic-Republican Party candidates of Governor Elbridge Gerry over the Federalists. The caricature satirizes the bizarre shape of a district in Essex County, Massachusetts, as a dragon-like “monster”. Federalist newspaper editors and others at the time likened the district shape to a salamander, and the word gerrymander was a blend of that word and Governor Gerry’s last name.

Posted in globe | 2 Comments

石牟礼道子

横になってまぶたがだんだん重くなると、まばたきの立てるさざ波が、額にある渚まで打ち寄せてくる。生え際のあたりで波に砂粒が踊り、さりさりと音をたてる。遠ざかる意識のなかで、わたしはどこか見覚えのある海辺にいるのである。幼いころからビナを捕りに通った水俣の不知火海のようでもあり、もっと奥深い懐かしさに胸が満たされるようでもある。 実は八年前にも転倒して、もう片方の大腿骨の骨折をしでかしている。その入院中に、やはり夢うつつで幻視したのが、この原初の海とも呼ぶべき渚であった。 わたしはひとひらの蝶になり、水面に幾筋もの気根を垂らすアコウの巨木にとまっていた。生命が海から陸へと上がりかけた姿を、そのままとどめたような樹である。そのアコウの渚から後背の山々へと広がる千古の森に、沖から海風が吹き渡る。風は木々の葉の一つひとつを自在に奏でながら、森全体をふるわせる。それは生命のはじまりを思わせる響き、音による浄福であった。 沖縄や奄美では、蝶は「はびら」「はびる」と呼ばれ、人の体から抜け出した「生き魂(まぶり)」と考えられている。そう教えてくださったのは、奄美大島に長く住んだ作家の故島尾敏雄さん、ミホさん夫妻であった。忘れがたいお二人の言葉に誘われて、わたしの生き魂も蝶となり、病室から迷い出たのかもしれない。

Posted in business | 1 Comment

Sylvaine Dürsteler

Le bisse de Clavau en Valais.

Posted in voyage | 2 Comments

Gerard Figueras

En cas d’indépendance, les équipes catalanes de la Liga, Barcelone, l’Espanyol et Gérone, devront décider où elles veulent jouer: dans le championnat espagnol, dans des pays voisins comme l’Italie et la France, ou bien en Premier League. En Espagne, il y a déjà des équipes d’autres pays qui jouent dans des ligues nationales, des clubs comme Andorre en football et basket. Monaco joue en France et il y a des clubs gallois en Angleterre. Je ne pense pas que l’UEFA ait quoi que ce soit contre le fait de voir un club jouer dans la ligue d’un pays différent.

Posted in change | 1 Comment

清水克行

「やられた分だけやり返す」という中世の人々の衡平感覚や相殺主義は、現代人にはどうにも野蛮で幼稚な発想のように思えてしまうが、反面で「やられた分」以上の「やり返し」を厳に戒める効果も明らかにもっていたのである。 ・・・ 日本中世社会の衡平感覚や相殺主義も、それは一方で紛争の原因でありながらも、他方では紛争を収束させる要素ともなっていたと断言して差し支えはないだろう。そして、他でもない喧嘩両成敗法とは、当事者双方を罰することで、まさにそうした均衡状態を強制的につくり出す効果をもっていたのである。 室町幕府には、流人を「公界往来人」、すなわち室町殿との主従関係(保護ー託身関係)が切断された者とみて、そうしたものは殺害しても構わないとする認識があったことがうかがえる。 ・・・ つまり、法の保護を失った人間に対して「殺害」「刃傷」「恥辱」「横難」、そのほかいかなる危害を加えようと、それはなんの問題にもならない。 ・・・ 室町幕府の流罪とは、罪人の追放や拘束に意味があったのではなく、なによりも彼らを法の保護の埒外に置くことに最大の意味があったのである。もちろん、自力救済を基本とする中世社会にあっては、それは多くの場合、即「死」を意味した。

Posted in attitude | 1 Comment

Laurence Lévy Périn

Entre deux étouffements, il m’a dit : « Laurence, c’est fini, je ne veux plus vivre, j’ai fait le tour de ce qu’il m’était possible de faire, mais là je n’ai plus la force pour appuyer sur le bouton d’alarme, j’étouffe de plus en plus, cette mort-là me fait peur. » Mon mari n’avait pas peur de la mort en soi, mais il comprenait qu’il y avait diverses façons de mourir. Celle qui se profilait, il la redoutait. Il voulait une mort douce et élégante comme il avait vécu. Il a fait part de sa décision aux enfants. « Nous serons jusqu’au bout auprès de toi, on t’aime. » Pleurs, … Continue reading

Posted in life | 1 Comment

Rainer Weiss, Kip Thorne, Barry Barish

A billion years ago (give or take), in a galaxy far, far away, two black holes concluded a cosmic pas de deux. After orbiting each other more and more closely, their mutual gravity tugging each to the other, they finally collided and merged into one. Their collision released enormous energy — equivalent to about three times the mass of our sun. The black holes’ inspiral, collision and merger roiled the surrounding space-time, sending gravitational waves streaming out in every direction at the speed of light. By the time those waves reached earth, early in the morning of Sept. 14, 2015, the once-cosmic roar had attenuated to a barely perceptible whimper. … Continue reading

Posted in globe | 1 Comment

塩谷喜雄

9階浄土でバルコニーの山吹とリンゴの花を愛でつつ、毒づく言葉だけをそっと磨いて、それを肴に盃を傾けるのみ。春憂もまた佳肴なり。 ここまでお付き合いいただき深謝。

Posted in life | 4 Comments

Phylippe Fuzeau

Posted in belief | 1 Comment

Rana Foroohar

Adam Smith, the father of modern capitalism, envisioned financial services as an industry that didn’t exist as an end in itself, but rather as a helpmeet to other types of business. Yet lending to Main Street is now a minority of what the largest banks in the country do. In the 1970s, most of their financial flows, which of course come directly from our savings, would have been funneled into new business investment. Today, only about 15 percent of the money coming out of the largest financial institutions goes to that purpose. The rest exists in a closed loop of trading; institutions facilitate and engage in the buying and selling … Continue reading

Posted in change | 1 Comment

Beilby Porteus

To sate the lust of power; more horrid still, The foulest stain and scandal of our nature Became its boast — One Murder made a Villain, Millions a Hero. — Princes were privileg’d To kill, and numbers sanctified the crime. Ah! why will Kings forget that they are Men?

Posted in records | 2 Comments

Leonard Lyons

In the days when Stalin was Commissar of Munitions, a meeting was held of the highest ranking Commissars, and the principal matter for discussion was the famine then prevalent in the Ukraine. One official arose and made a speech about this tragedy — the tragedy of having millions of people dying of hunger. He began to enumerate death figures … Stalin interrupted him to say: “If only one man dies of hunger, that is a tragedy. If millions die, that’s only statistics.”

Posted in records | 1 Comment

東京藝術大学大学美術館

クローン文化財

Posted in globe | 2 Comments

Christian Cotroneo

Why do leaves have such different shapes? It’s simply a matter of life and death.

Posted in life | 2 Comments

Philip Alston

Throughout history, people described as witches have been persecuted, tortured and murdered and the practice continues today. Statistics are not easy to come by but it is known that every year, thousands of people, mostly older women and children are accused as witches, often abused, cast out of their families and communities and in many cases murdered.

Posted in human rights and democracy | 1 Comment

萩原朔太郎

ふらんすへ行きたしと思へども ふらんすはあまりに遠し せめては新しき背廣をきて きままなる旅にいでてみん。 汽車が山道をゆくとき みづいろの窓によりかかりて われひとりうれしきことをおもはむ 五月の朝のしののめ うら若草のもえいづる心まかせに。

Posted in poem | 5 Comments

Musée du Vin

Posted in voyage | 1 Comment

Manko

mage-52709″ />

Posted in voyage | 1 Comment

David Brooks

The first is what you might call The Four Kinds of Happiness. The lowest kind of happiness is material pleasure, having nice food and clothing and a nice house. Then there is achievement, the pleasure we get from earned and recognized success. Third, there is generativity, the pleasure we get from giving back to others. Finally, the highest kind of happiness is moral joy, the glowing satisfaction we get when we have surrendered ourselves to some noble cause or unconditional love. The second model is Maslow’s hierarchy of needs. In this conception, we start out trying to satisfy our physical needs, like hunger or thirst. Once those are satisfied we … Continue reading

Posted in happiness | 1 Comment

United Nations

Facebook Twitter Youtube Flickr Google+ Pinterest Tumblr Instagram LinkedIn Medium

Posted in UN way | 1 Comment

Serge Schmemannsept

Looking across the globe, it might appear at times that violence, chaos and fear are getting the upper hand over order, democracy and reason. The world has always been a messy place, of course, and it may be that the internet and social media give the worst of times more prominence than the best. But there are real reasons for anxiety. Traditional democratic ideals and institutions are under attack. Historically, however, there has also been pushback, a rejection of oppression and despotism. It brought about the end of apartheid, the fall of the Berlin Wall, the Black Lives Matter movement in the United States, the acceptance of more than a … Continue reading

Posted in human rights and democracy | 1 Comment

村田珠光

 古市播磨法師        珠光 此道、第一わろき事ハ、心のかまんかしやう也、こふ者をはそねミ、初心の者をハ見くたす事、一段無勿躰事共也、こふしやにハちかつきて一言をもなけき、又初心の物をはいかにもそたつへき事也、此道の一大事ハ、和漢之さかいをまきらかす事、肝要肝要、ようしんあるへき事也、又、当時ひゑかるゝと申して、初心の人躰か、ひせん物しからき物なとをもちて、人もゆるさぬたけくらむ事、言語道断也、かるゝと云事ハよき道具をもち、其あちわひをよくしりて、心の下地によりてたけくらミて、後まて、ひへやせてこそ面白くあるへき也、又さハあれ共、一向かなハぬ人躰ハ、道具にハからかふへからす候也、いか様のてとり風情にても、なけく所肝要にて候、たゝかまんかしやうかわるき事にて候、又ハ、かまんなくてもならぬ道也、銘道ニいわく、 心の師とハなれ、心を師とせされ、と古人もいわれし也

Posted in attitude | 1 Comment

조선중앙텔레비죤

Posted in asian way | 1 Comment

ウィキペディア

足利尊氏を逆賊とする評価は、江戸時代に徳川光圀が創始した水戸学に始まる。水戸学は朱子学名分論の影響を強く受けており、皇統の正統性を重視していた。そのため、正統な天皇(後醍醐天皇)を放逐した尊氏は逆賊として否定的に描かれることとなった。水戸学に発する尊氏観はその後も継承され、尊王思想が高まった幕末期には尊皇攘夷論者によって等持院の尊氏・義詮・義満3代の木像が梟首される事件も発生している。 昭和9年、斎藤実内閣の商工大臣であった中島久万吉男爵は、足利尊氏を再評価すべきという過去の文章を発掘されて野党からの政権批判の材料とされ、大臣職を辞任した。

Posted in Japanese way | 1 Comment

桑畑幸博

「あの人は鋭い感性を持っている」と「あの人は豊かな感性を持っている」の違いはなんだと思いますか? なぜ「鋭い」と「豊か」という形容詞を使い分けるのでしょう? 定義と使い分けについてヒトコトで表すと、前者が感性の質(の高さ)、後者が量(の多さ)を表していると考えられます。 無線機のメタファーで表現すれば、「感性が鋭い」とはアンテナの感度が高い(鋭敏)ということ、そして「感性が豊か」とはアンテナの種類が多いということです。   アンテナの感度が高いから、微弱な電波を拾うことができる。   アンテナの種類が多いから、様々な帯域の電波を拾うことができる。 「人が気づかないような些細なことに気づく」のが「感性が鋭い」ということであり、「たくさんの刺激に反応する」のが「感性が豊か」ということ。 能力という視点で言えば、「感性が鋭い」とは『他人が面白いと思わないようなことを面白いと思える力』が、そして「感性が豊か」とは『様々なモノゴトを面白いと思える力』が備わっている、と言えるでしょう。

Posted in difference | 1 Comment

Alf Nilsen

  Globalization: Unequal and Uneven   The Changing Contours of the World Economy (PDF file)

Posted in globalization | 1 Comment

Stockholm International Peace Research Institute (SIPRI)

Posted in globe | 1 Comment

Brut.

Posted in globe | 3 Comments

盧載鎭

ハリルホジッチ監督は、勝負師だった。W杯進出がかかる大事な一戦。オーストラリア戦に、代表経験の浅いMF井手口をスタメンで送り出した。サッカーを取材して20年以上の私には、理解できない起用法だった。ふと、最終予選初戦のUAE戦でMF大島を代表デビューさせて失敗したことが、オーバーラップした。しかし90分後、私の心配は杞憂に終わった。 これまで、ハリル采配は、自分の基準からは不可解なことが多かった。スピードがあって、スペースに切り込むことを得意とするFW原口をボランチで起用したことがある。調子の上がらないFW本田を使い続けた時期もある。今回のオーストラリア戦も、個人的にはそうだった。高さに絶対の自信を持つ相手に対し、空中戦に強いDF植田をベンチ入りメンバーから外した。 まだ指揮官の狙いが、はっきりとは分からない。やっているサッカーも、試合ごとに微妙に違っているように思える。2年半、間近で見てきたが、目指すサッカーが、自分の中では今ひとつ分からない。不思議な人だ。でも日本をW杯に導いてくれたわけだから、日本にとっては、恩人に違いない。 オーストラリア戦後、日本サッカー協会の田嶋幸三会長は「来年のW杯ロシア大会も指揮を執ってもらいたい」と話した。ハリルホジッチ監督とはあと1年、付き合っていくことになる。これから1年間で、ハリルの真実を深く探ることができるだろうか? サッカー担当記者として、自分の眼力を高める、充実した1年にしたい。 感謝の気持ちを込めて…。

Posted in perception | 1 Comment

Addiction Blog

Every racial or ethnic group has specific health concerns which are caused by a combination of genetic, cultural, and environmental factors. For example, some people think that Irish people drink too much as a culture. But American Indians and Alaska Natives statistically suffer disproportionately from substance use disorders compared with other racial groups in the United States. Why is this? And what can be done about it?

Posted in fact | 1 Comment

小川未明

 人魚は、南の方の海にばかり棲んでいるのではありません。北の海にも棲んでいたのであります。  北方の海の色は、青うございました。ある時、岩の上に、女の人魚があがって、あたりの景色を眺めながら休んでいました。  雲間から洩れた月の光がさびしく、波の上を照していました。どちらを見ても限りない、物凄い波がうねうねと動いているのであります。  なんという淋しい景色だろうと人魚は思いました。

Posted in story | 1 Comment

Jリーグ公式チャンネル

Posted in attitude | 2 Comments

石川九楊

中国の政治家=知識人=士大夫は、官位、官務にある時は政治家として、しかし、政争に敗れ、左遷、馘首、追放された時には、隠逸の徒=文人として、詩人や書家や画家として文化を担った。中国文化の中枢をなす詩や書はこのような苛烈な政治下に生れた、政治家の志の悲歌であった。官にある時は儒家として、下野したときは道家の顔を見せるのである。

Posted in asian way | 1 Comment

一ノ瀬俊也

そもそも旭日旗とは、どんな旗なのだろう? 「旭」は「朝日」のこと。旗は東の空から天に昇る朝日をデザインしている。 昔の日本の軍隊は、明治時代に旭日旗を国旗と並ぶ自らのシンボルとして採用した。陸軍は1870年に「陸軍御国旗」(のち軍旗)に制定。海軍も89年に「軍艦旗」と定めて、各軍艦に掲げた。 軍旗も軍艦旗も光線は16条(本)、軍艦旗は赤丸をやや旗竿側に寄せるなど、デザインがきちんと定められていた。軍旗は各歩兵・騎兵連隊に天皇から直接与えられたし、軍艦旗は「陛下の御影として敬仰する旗で軍艦の魂」(海軍中将・中里重次『国旗と軍艦旗』1940年)という扱いだった。軍は旭日旗を天皇の代理として神聖視したのだ。

Posted in asian way | 2 Comments

藤原和博

AIの台頭や一層のグローバル化、就活の地殻変動などの影響で到来する「仕事が消滅する時代」。そんな時代に必要とされるのが、「雇われる力」(エンプロイアビリティ)。。。

Posted in change | 2 Comments

赤田康和, 塩原賢

書店が地域に1店舗もない「書店ゼロ自治体」が増えている。出版取り次ぎ大手によると、香川を除く全国46都道府県で420の自治体・行政区にのぼり、全国の自治体・行政区(1896)の2割強を占める。「文化拠点の衰退」と危惧する声も強い。 全国の書店数は1万2526店で、2000年の2万1654店から4割強も減った(書店調査会社アルメディア調べ、5月現在)。人口減や活字離れがあるほか、書店の売り上げの6~7割を占める雑誌の市場規模は10年前の6割に縮小。紙の本の市場の1割を握るアマゾンなど、ネット書店にも押される。経営者の高齢化やコンビニの雑誌販売なども影響する。

Posted in information | 1 Comment

Ministry of Tourism and Culture Malaysia

Malaysia My Second Home (MM2H) Programme is promoted by the Government of Malaysia to allow foreigners who fulfill certain criteria, to stay in Malaysia for as long as possible on a multiple-entry social visit pass. The Social Visit Pass is initially for a period of ten (10) years, and is renewable.

Posted in asian way | 1 Comment

David Brooks

We’re living in an age of anxiety. The country is being transformed by complex forces like changing demographics and technological disruption. Many people live within a bewildering freedom, without institutions to trust, unattached to compelling religions and sources of meaning, uncertain about their own lives. Anxiety is not so much a fear of a specific thing but a fear of everything, an unnamable dread about the future. People will do anything to escape it.

Posted in change | 1 Comment

Orelsan, Gringe

Posted in life | 2 Comments

Kyan Khojandi

Posted in love | 3 Comments

本郷和人

応仁の乱時の政治情勢にはまだまだ研究の余地がある。そうすると義政はこの後、キーン氏の「史上最悪の将軍」の評に対し、あるいは異議を申し立てる機会を与えられるかも知れない。もちろん、評価の改変が認められる可能性はきわめて低いだろうし、自己の無力を痛感していた彼がそれを望んでいるとも想像しにくいのだけれど。 一方でキーン氏は義政を限りなく高く賞揚する。「すべての日本人に永遠の遺産を残した唯一最高の将軍」であり、彼の心性こそが現代人の直接の祖である。氏のそうした評価に違和感をもつ人も、あるいはいるだろう。

Posted in perception | 1 Comment

七つの回廊

これらは、すべて、義政の「無用な争い」を避けるための「戦術」であった。もし、義政が彼女たちと骨肉の争いをするようなことになっていたとしたなら、戦火はさらに激しいものにとなっていたことであろう。「押す」者たちばかりがぶつかっていた時代、義政のように「引く」者がいたからこそ、あれ以上の戦火にはならなかったのである。 このような戦術家であった義政が、単なる芸術家たちのパトロンとしてだけ、世間に伝わっている、というのも、おかしな話である。まぁ、もっとも、戦術家としての義政にとっては、「無能」というレッテルを張られたほうが、「動きやすかった」であろうけれども・・・・。 なるほど、これ(「無能」というレッテルを張られること)も、義政の戦術?

Posted in perception | 1 Comment

和塾

算木は和算で用いられた計算用具だ。 縦または横に木の棒を置くことで数を表し、計算を行ったのだそう。 紅い木(プラスの数)と黒い木(マイナスの数)を使う。現在の赤字・黒字とは意味が反転する。 この算木と算盤、そろばんさえあれば二次方程式、三次方程式…と求めていかれるというからスゴい。

Posted in asian way | 2 Comments

中共中央宣传部

Posted in asian way | 1 Comment

Genève

Posted in voyage | Leave a comment

Renée Carlino

You know when you’re looking at someone and you can’t help but smile at how oblivious they are to their own charm? That’s what was happening to me, and it was making me feel…happy. Euphoric. Something indescribable. It was like we already knew each other, like we had met in a previous life. Memories that didn’t exist began exploding in my mind like fireworks. I smiled at him; he smiled back. There was some sort of affinity between us, but I didn’t know where it was coming from, exactly. I didn’t know this guy half an hour ago, but now I needed to know him. He glanced past me at … Continue reading

Posted in story | 1 Comment

Pierre Michaud

Posted in difference | 2 Comments

Ornex

Posted in attitude | 1 Comment

Nathan Weber

Mon visage a quelque chose en plus. Des rides en moins. Intérioriser et accumuler les émotions négatives n’est jamais bon pour votre santé à long terme. Les premiers organes touchés par ce sentiment de stress et d’énervement sont l’estomac ou encore la vésicule biliaire. Il est peut-être temps de lâcher prise et de vous débarrasser de cette frustration qui est en train de s’installer en vous !

Posted in globe | 1 Comment

Touring Club Suisse, Wikipédia

Posted in Eurocentrism | 2 Comments

Carrefour Ségny

Posted in Eurocentrism | 1 Comment

Aung San Suu Kyi

There were high hopes when Daw Aung San Suu Kyi and her National League for Democracy party delivered a crushing electoral blow to Myanmar’s decades-long military dictatorship. But the ensuing year and a half has provided cause for dismay as well as for hope. The army’s brutal repression of the Muslim Rohingya minority has only intensified, with quiet acceptance from Ms. Aung San Suu Kyi. Ethnic conflicts have increased in the face of her tepid attempts at conciliation. The military’s continued dominance of the country, despite her party’s control of Parliament, restricts her ability to move the country forward. But, while Myanmar is much freer since the end of military … Continue reading

Posted in human rights and democracy | 3 Comments

Naomi Watanabe

Posted in business | 2 Comments

Alexandra O’Brien

One week out of every month we have an 18 percent premium for men, which is the same amount as the gender pay gap.

Posted in rule | 2 Comments

水上勉

一、こんなものを手すさびにつくったから、何かの物入れにして下さい。 一、物入れにするのは勿体ない芸術品です。 二、山奥のくらしだから、こんなものを眺めて海を思い出して下さる日もございましょう。 二、なるほど若狭の海の光景がうかびます。 三、かなり口がひろがりすぎて、依頼主にわたすと何やかや文句をいわれるやもしれんので、あなたに送ります。くず入れにでもしてくれませんか。 三、くず入れなどもってのほかです。 四、魚籠というものは、もともと魚を入れるためにつくるものですが、仕上がってみると、形がはなはだおもしろく、魚を入れなくても、壁かけにして、花でも活けてもらうと楽しいです。どうか、お好きなようにお使い下さい。 四、花を活けるのはいいですね。中に竹筒を入れれば、たしかに壁かけになります。それがいちばん山の家にふさわしい。秋は花がいちめん。さっそく、野生のコスモスをとってきてつめこんてみたくなりました。 五、からっぽの魚籠はどこか淋しいですか、考えようによっては、物を入れなくても香しい風光かつまっています。本来無一物。中有風露天日(なかにふうろのかおりあり)といったところですか。 五、だが、最後の風露香もいいですね。たしかに、魚籠は魚を収穫した時の入れ物にちがいありませんが、魚が入っていなくても、風格があります。この風格は、魚龍独得のかたちにあります。水につけておけば、収穫の魚が生きておれるのですが、魚も水も入っていない入れ物はたしかに淋しさはあるとはいうものの、中に香しい空気がみちあふれています。  もはや、何を入れなくても、それ自体が香りの箱です。すばらしい容器をありかとう。

Posted in beauty | 1 Comment

西垣通

専門家という存在は高学歴社会になると、針先のように専門が分化していく。ある特定のことは深く知っているが、全体のことを考えなくなる。自分たちが社会をどうつくっていけばいいのか、という大きな問題が、専門家には分からなくなった。自分の専門分野を超えて広い視野で議論をできる人がいないように思います。 ネットには歴史的に、国家権力を相対化する、市民のためのコンピューターネットワークという面があります。自分たちで社会制度をつくり上げていこうという米国の西海岸文化と結び付いた、ボトムアップの文化がある。現状のネットの討論空間は、汚い言葉でののしり合ったり自己満足的に同じ意見を言い合ったりするだけのものが多く、寂しいものです。でも本来、ネットを使えばもっと建設的なことができるはずなんです。 きちんとしたボトムアップの議論ができない今の状況では、民主社会はどうなってしまうのか。私はネットに活路を見いだしたい。

Posted in Japanese way | 1 Comment

伊勢英子

Posted in art | 1 Comment

明報新聞網

Posted in information | 3 Comments

Andrew J. Bacevich

Reality turns out to be considerably more complicated. In practice, civilian control—expectations that the brass, having rendered advice, will then loyally execute whatever decision the commander-in-chief makes—is at best a useful fiction. In front of the curtain, the generals and admirals defer; behind the curtain, on all but the smallest of issues, the military’s collective leadership pursue their own agenda informed by their own convictions of what is good for the country and, by extension, for the institutions over which they preside. In this regard, the Pentagon’s behavior does not differ from that of automakers, labor unions, the movie business, environmental groups, the United States Conference of Catholic Bishops, the … Continue reading

Posted in american way | 2 Comments

Le Monde

Après l’annonce en janvier d’un plan dit de « nettoyage » pour « reconquérir la souveraineté chinoise sur Internet », le gouvernement chinois a demandé, le 11 juillet, aux entreprises de télécommunications de fermer tout accès aux VPN avant le 1er février 2018. Déjà, samedi 29 juillet, Apple a, sur demande des autorités chinoise, retiré de son magasin d’applications en ligne tous les VPN qui s’y trouvaient. En Russie également les lois de contrôle du Web se sont multipliées ces dernières années. Vladimir Poutine a signé, le week-end du 29 au 30 juillet, un projet de loi adopté par le Parlement interdisant de facto les VPN dans le pays, ainsi … Continue reading

Posted in information | 1 Comment

Adam Segal

Reports this month that the United Arab Emirates orchestrated the hacking of a Qatari news agency, helping to incite a crisis in the Middle East, are as unsurprising as they are unwelcome. For years, countries — in particular Russia — have used cyberattacks and the dissemination of disinformation through social media and news outlets to provoke protests, sway elections and undermine trust in institutions. It was only a matter of time before smaller states tried their hand at these tactics. With few accepted rules of behavior in cyberspace, countries as big as China or as small as Bahrain can be expected to use these kinds of attacks. And they may … Continue reading

Posted in information | 1 Comment

内閣府

政府は2017年6月に決定した「経済財政運営と改革の基本方針2017」において、Society 5.0(超スマート社会)の実現を目指した取組を打ち出している。Society 5.0とは、「サイバー空間の積極的な利活用を中心とした取組を通して、新しい価値やサービスが次々と創出され、人々に豊かさをもたらす、狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会に続く人類史上5番目の社会」とされている。少子高齢化が進む我が国において、個人が活き活きと暮らせる豊かな社会を実現するためには、IoTの普及などにみられるシステム化やネットワーク化の取組を、ものづくり分野だけでなく、様々な分野に広げ、経済成長や健康長寿社会の形成等につなげることが重要である。 Society 5.0が実現すると、時間や空間に縛られない働き方が増加し得る。人々はAI、ロボット等の機械との協調により、それぞれの能力を伸ばし、自分自身にあった働き方を実現するほか、仮想現実や拡張現実等のICTを活用した高度なテレワークによる「働き方のスマート化」が実現し得る。 今後、Society 5.0の実現によって、個人が自分の意思で働く場所と時間を選択する、すなわち、自分のライフスタイルを自分で選べるような社会になることが期待される。

Posted in Japanese way | 4 Comments

内閣府

景気の現状については、2012年末から景気の緩やかな回復基調が続く中で、2016年後半からは海外経済の回復を背景に、企業部門を起点とした好循環が再加速している。こうした中で、有効求人倍率等でみた労働市場の人手不足はバブル期並みの状況となっているが、これは、景気回復による労働需要の高まりに加え、雇用者数は伸びているものの女性や高齢者など相対的に労働時間の短い労働者の参加が高まっているために、マンアワーでみた労働供給が伸びていないことも反映している。人手不足にもかかわらず賃金の伸びが緩やかなものにとどまっていることは、これまでにない現象であるが、賃金の伸びの低さは、労働生産性の伸びが低いことに加え、労働分配率も長期的に低下傾向にあること等を反映している。 個人消費は、2016年度には熊本地震や生鮮食品価格の上昇など一時的な要因もあってやや低い伸びとなったが、基調としては緩やかに持ち直している。しかしながら、雇用・所得環境の大幅な改善と比べると緩やかな伸びにとどまっている。この背景には、若年層において雇用や収入に対する信頼感が高まらない結果、予想生涯所得を低めに見積もる傾向があることや、中高年層における老後の生活への不安感などがあると考えられ、こうした将来に対する慎重な見方が、晩婚化・非婚化や、モノを所有せずに身軽でいようとするような嗜好の変化と相まって、消費の抑制につながっている可能性がある

Posted in Japanese way | 2 Comments

伊東深水

Posted in art | 1 Comment

はけの森カフェ

Posted in Japanese way | 1 Comment

向田邦子

何かの間違いで、テレビやラジオの脚本を書く仕事をしているが、本当は板前さんになりたかった。 女は、化粧をするし、手が温かい。 料理人には不向きだということも知っている。 私自身、母以外の女の作ったお刺身や、おにぎりは、どうもナマグサくていやだから。 板場に立つなんて大それたことはあきらめて、 せめて、小料理屋のおかみになりたい。 ——これは今でも、かなり本気で考えている。

Posted in happiness | 2 Comments

紀友則

君ならで誰にか見せむ梅の花色をも香をも知る人ぞ知る

Posted in beauty | 2 Comments

白洲正子

 外出から帰り、暗闇の中に梅が匂うとき、私は春の前触れを知る。そして同時に、王朝の人々の生活を思わせるような、春風駘蕩とした気分になる。思い浮かぶのは紀友則の、   君ならで誰にか見せぬ梅の花     色をも香をもしる人ぞしる  友則は貫之の従兄弟で、貫之とともに『古今集』の編纂に携わったが、完了を見ることなく、官位も低いままに終わった。この歌には、そうした友則の運命のはかなさがあると思うが、ほのかな梅の香が、その間を余計に増幅させる。

Posted in beauty | 1 Comment

Andrey Krutskikh

When humanity realized the horror of biological weapons, it banned them. We are in the same situation right now. We should avoid the mistakes of the Atomic Age, when we first armed ourselves sufficiently to destroy each other, and then began to disarm. In our wisdom, we should agree not to militarize cyberspace, and set some international ground rules. We have one small task ahead – convincing the United States and NATO members. But they need to understand that we are all in the same boat, and must row in the same direction. The main platforms for promoting the new norms should be the UN and the OSCE.

Posted in information | 1 Comment

Romain Gary

L’amour, tu sais, ce dont il a le plus besoin, c’est l’imagination. Il faut que chacun invente l’autre avec toute son imagination, avec toutes ses forces et qu’il ne cède pas un pouce du terrain à la réalité ; alors, là, lorsque deux imaginations se rencontrent… il n’y a rien de plus beau.

Posted in story | 5 Comments