Author Archives: shinichi

Friedrich Nietzsche

I want to learn more and more to see as beautiful what is necessary in things; then I shall be one of those who makes things beautiful. Amor fati: let that be my love henceforth! I do not want to wage war against what is ugly. I do not want to accuse; I do not even want to accuse those who accuse. Looking away shall be my only negation. And all in all and on the whole: some day I wish to be only a Yes-sayer.

Posted in beauty | 2 Comments

松岡正剛

(ジャレド・)ダイアモンドは次のように仮説した。食料生産に携わった民族や地域こそ初期の文字の発明をなしとげたのであるが、その文字を文明的に使用するという意図をそこからつくりだすことはできなかったという仮説だ。食料生産は文字の誕生の必要条件だったのだが、文字から文明を生むには別の力が付与されたのである。その別の力とは何だったのか。3つある。 ひとつは戦闘力を増す鉄と銃を確保できたこと、ひとつは余剰食料によって労働を分化させ、集権的組織の集大成としての国家を形成したこと、そして、もうひとつは病原菌に対する対策をもちえたことだった。

Posted in attitude | 1 Comment

牛山恭男

Posted in reading | 2 Comments

Jared Diamond

People often ask, “What is the single most important environmental/population problem facing the world today?” A flip answer would be, “The single most important problem is our misguided focus on identifying the single most important problem!

Posted in globe | 3 Comments

Edna St. Vincent Millay

I, being born a woman and distressed By all the needs and notions of my kind, Am urged by your propinquity to find Your person fair, and feel a certain zest To bear your body’s weight upon my breast: So subtly is the fume of life designed, To clarify the pulse and cloud the mind, And leave me once again undone, possessed. Think not for this, however, the poor treason Of my stout blood against my staggering brain, I shall remember you with love, or season My scorn with pity, —let me make it plain: I find this frenzy insufficient reason For conversation when we meet again.

Posted in poem | 2 Comments

Edna St. Vincent Millay

My candle burns at both ends; It will not last the night; But ah, my foes, and oh, my friends— It gives a lovely light!

Posted in poem | 1 Comment

寺山修司

ぼくは不完全な死体として生まれ 何十年かかって 完全な死体となるのである そのときには できるだけ新しい靴下をはいていることにしよう 零を発見した 古代インドのことでも思いうかべて 「完全な」ものなど存在しないのさ

Posted in poem | 2 Comments

寺山修司

昭和十年十二月十日に ぼくは不完全な死体として生まれ 何十年かかゝって 完全な死体となるのである そのときが来たら ぼくは思いあたるだろう 青森市浦町字橋本の 小さな陽あたりのいゝ家の庭で 外に向って育ちすぎた桜の木が 内部から成長をはじめるときが来たことを 子供の頃、ぼくは 汽車の口真似が上手かった ぼくは 世界の涯てが 自分自身のなかにしかないことを 知っていたのだ

Posted in poem | 2 Comments

Melissa Chu

Reading is dead. The nature of books has evolved. Society and technology have changed. Forcibly, our approach to reading has taken on new forms to accommodate a different way of life. The question is: For better or worse? ** Ideally, we would be able to read uninterrupted for hours at a time, under soft lighting, and free of all distractions. Unfortunately, most of us don’t have that luxury on a daily basis.

Posted in reading | 1 Comment

Zat Rana

Meaning isn’t externally found or internally created, but it’s more like a real-life drama: acted out, in one space and another, over the course of one period and another, as we live. Every contextual environment provides an opportunity that is unique to a subject with a particular function and purpose, and meaning emerges when there is a fit between the two. Nature exemplifies this harmony better than we often do. It creates a life of vitality in the patterns and connections that it places together, organically growing out of its constituents. At the end of the day, we are animals, living in a particular ecology, with internal drives and motivations, … Continue reading

Posted in perception | 1 Comment

赤羽学

「しをり」 〔「しをり」と「姿」〕『去来抄』修行によれば、「しほりは句の姿にあり」と言われている。芭蕉の「しほり」を解するには「句の姿」についての検討が必要である。去来は芭蕉の説を受けて、旬に「憐なるすぢ」が出るように表現すれば「しをり」が現われると説明した。これは「一句の言葉・趣向を憐に」することとは違っていた。 〔「しをり」と「しをれ」〕「しをり」は、四段活用の「しをる」から出た言葉であり、「しをれ」は下二段活用の「しをる」をもととする。前者は他動詞、後者は自動詞という一応の区別はあるが、一面混同した言い方も少なくない。しかし「しをり」には、物を萎ってゆく動的な意味が篭り、芭蕉はこれを受けて「しをり」といったのではないかと思われる。 〔連歌論・能楽論における「しをれ」、茶の「しをらし」〕連歌論・能楽論においては、「花」の情調化された状態として「しをれ」が重んぜられた。二条良基は「詞しほれて、しかも心おほく」と言い、世阿弥は「花を極めたらん人は、萎れたる所をも知る」と述べている。一方茶道には「しをらし」が現われるが、これはみずからを控え目に表現する庶民的態度によるものであった。 〔芭蕉における「しをれ」「しをらし」と「しをり」〕俳諮においても「しをれ」が多用され、それらは主として、卑近なもの、か弱いものへの情愛として表現された。芭蕉の場合もその例に洩れず、また「あはれ」と契合した面もある。小さい物、不完全なものへの情愛の表現として「しをらし」も多く用いられる。これらに対し、俳論に「しをり」が用いられたのは、みずからの心を責めて、その情感を旬の姿に表わす主体の作用を動的に示すためでなかったかと思われる。

Posted in heart | 5 Comments

Literary Emporium

Posted in reading | 1 Comment

立花ハジメ

自分の一生の映っているビデオテープを手に入れた主人公。 誕生、少年時代に見入る興奮とスリル。 ふと60才の自分が見たくなり、 早送りしたものの画面に何も映っていないショック! 50才、40才と戻す。 まだ何も映らない。 次の瞬間にも自分もしくは世の中全体が なくなってしまうのではないかという不安にかられながら タイマーを現在に戻し 恐る恐る再生スイッチに手を伸ばす…。 こ、こ、これは…!!!

Posted in story | 1 Comment

David P. Barash

Welcome to the ‘anthropic principle’, a kind of Goldilocks phenomenon or ‘intelligent design’ for the whole Universe. It’s easy to describe, but difficult to categorise: it might be a scientific question, a philosophical concept, a religious argument — or some combination. The anthropic principle holds that if such phenomena as the gravitational constant, the exact electric charge on the proton, the mass of electrons and neutrons, and a number of other deep characteristics of the Universe differed at all, human life would be impossible. According to its proponents, the Universe is fine-tuned for human life.

Posted in globe | 1 Comment

石賀秀行

Posted in Japanese way | 1 Comment

友田明美

高解像度MRI画像(Voxel-based morphometry)による、小児期に両親間の家庭内暴力(DV)を目撃した若年成人群(23名)と健常対照群(22名)との脳皮質容積の比較検討。DV目撃群では右舌状回の容積が6.1%も有意に減少していた。(カラーバーはT値を示す。)

Posted in health | 2 Comments

AV問題を考える会

僕は男尊女卑だが、 女性蔑視ではない

Posted in human rights and democracy | 1 Comment

友田明美

  癒えない傷は、ない  

Posted in happiness | 1 Comment

久保田智広

日本語では「茶」といえば緑茶のことで、 紅茶を「茶」と省略することはできません。 一方、英語では「tea」といえば紅茶のことで、 「green tea」を「tea」と省略することはできません。 ここで、「茶」「tea」を「無徴」、「紅茶」「green tea」を 「有徴」といいます。つまり、「紅茶」「green tea」は、 「茶」「tea」にくらべて “徴(しるし)” を余分に持ってるわけです。

Posted in difference | 1 Comment

Encycolorpedia

The color dirty white with hexadecimal color code #e8e4c9 is a light shade of yellow. In the RGB color model #e8e4c9 is comprised of 90.98% red, 89.41% green and 78.82% blue. In the HSL color space #e8e4c9 has a hue of 52° (degrees), 40% saturation and 85% lightness. This color has an approximate wavelength of 572.45 nm.

Posted in perception | 1 Comment

Tricia Guild

  Colour theory White Blue Green Yellow Natural Terracotta Red Colour palette

Posted in beauty | 1 Comment

Richard Feynman

I can live with doubt, and uncertainty, and not knowing. I think it’s much more interesting to live not knowing than to have answers which might be wrong. I have approximate answers, and possible beliefs, and different degrees of certainty about different things, but I’m not absolutely sure of anything. There are many things I don’t know anything about, such as whether it means anything to ask “Why are we here?” I might think about it a little bit, and if I can’t figure it out then I go on to something else. But I don’t have to know an answer. I don’t feel frightened by not knowing things, by … Continue reading

Posted in good | 4 Comments

Zat Rana

Without knowing ourselves, it’s almost impossible to find a healthy way to interact with the world around us. Without taking time to figure it out, we don’t have a foundation to built the rest of our lives on. Being alone and connecting inwardly is a skill nobody ever teaches us. That’s ironic because it’s more important than most of the ones they do. Solitude may not be the solution to everything, but it certainly is a start.

Posted in simple | 2 Comments

Zat Rana

The beauty and the curse of human knowledge are that it often doesn’t have to be completely right to be useful. That’s why, if it works, it’s hard for us to see why and how it might be wrong. For example, when Einstein finalized the Theory of General Relativity, it disproved a lot of Newton’s work. It painted a more accurate picture of what was actually going on. That said, it doesn’t mean that Newton’s laws aren’t still highly usable and relevant to most activities. Over time, we get closer and closer to the truth by being less wrong. We will likely never be completely right in our ability to … Continue reading

Posted in truth | 1 Comment

いけばな嵯峨御流

日本は美しい自然に恵まれ、四季折々の風景は心の安らぎを与えてくれます。昔から人々は、常に変化していく植物の美しさを瓶に移し、神仏に捧げ、花と語らい、そして少しでも長もちさせたいと考えました。 そこにより深い感動を持たせようとしたとき、芸術としての「いけばな」が生まれたのです。 平安の初め、嵯峨天皇が大覚寺の大沢池で、菊ガ島に咲く可憐な菊を手折り殿上の花瓶に挿されました。その姿が「天、地、人」三才の美しさを備えていたことに感動され、「後世花を生くるものは宜しく之を以って範とすべし」とおっしゃいました。これがいけばな嵯峨御流の始まりであると伝えられています。嵯峨天皇の自然や草木に対する慈しみの心が、嵯峨御流の礎になっています。

Posted in art | 1 Comment

心理学の時間ですよ!!

本当に心が温かい人の7つの特徴 そのままを受け入れる 初対面の人ともすぐに打ち解ける 周りに安心感を与えるほほえみをたたえていて、幸せそうなオーラがある 見返りを求めず、与えるだけで満足できる 他人の感情に敏感で、配慮・気配り上手 感情的にならない 困っている人を見過ごさない

Posted in attitude | 1 Comment

熊田千佳慕、熊田すぎ子

熊田   一番のもとは戦災で焼けたということなんです。これが僕にはとても福になったんです。 熊田夫人 五月二十九日の空襲は朝でしたから、物を防空壕へ非難させる暇がなかったんです。朝起きない人で、普通は早く起きてきても十時ですから、まだ寝ていたんです。 熊田   きれいさっぱり焼けてしまったので、師匠の山名文夫先生の所に行ったら、全部道具を集めてくださったのです。いつもなら素直にいただいてくるのに、何か抵抗があるんですね。「鉛筆一本で結構です」と言うと「えっ!」とびっくりされた。消しゴムも要らない。鉛筆一本と紙をいただいて帰ってきたんです。 そしたら一本の線を引くにも、普通の方は何本も引いて要らないところは消して一本の線を引く。それができないから、物を見るときによく見るんですね。見て、もう一つは見つめるんです。そして最後に、あっ、これだと見極める。見て、見つめて、見極める。このプロセスを神から授かったんですね。 それで、あっ、この線だなと思うときにスッと引く。こういうスケッチがそれから始まったんです。そこまでいかないといけない。そうすると頭に入りますね。そういう環境にならなかったら、今の絵はなかったわけですよ。

Posted in art | 2 Comments

高澤鱚介

長野県の農村部では早くから「地域生活改善運動」が行われ、一口に言えば無駄を無くす運動が広く行われていることは知っていた。これを前提に感じながらの経験であった。 通夜。他人は呼ばず、ごく限られた身内だけで行う。そして翌日、身内と葬儀委員長他数人だけが斎場に行って荼毘を行ない、その遺骨を告別式の祭壇に安置する。 告別式。親類と近親者が席に着き始まるのだが、告知された通告時間の30分前から始まる。導師様は居ない。無言の中、参列者が順に、喪主と親類縁者に一人づつ丁寧に挨拶し焼香を済ませていく。一般参列者の多くは、これを済ませ、さっさとお帰りになってしまう。やがて導師様が入場。読経があり、最後の方に喪主から親類等の焼香が行われる。 宴席。「灰寄せ」と言う行事で、「杯を寄せる」と言う意味も持つ。事前に申し込んだものだけが参加できる。宴席には沢山の手土産が用意されており、夫婦であろうと子供であろうと一人づつに配られた。出された料理の残り(意識的に箸を付けない)を、用意された風呂敷に自ら包んで持ち帰る。 一般参列者からの香典(不祝儀)は一律1千円。

Posted in difference | 1 Comment

熊田千佳慕

Posted in art | 2 Comments

熊田千佳慕

自然は自らの美しさを知らないから美しく、奥ゆかしい。 その美しいという感覚は、愛がなければ持つことができません。 ** どんな命も、愛するからこそ美しいと思うんです。 ** 美しいものに出会うと気持ちは今でもドキドキします。 ** 自然は美しいから美しいのではなく、愛するから美しいのです。

Posted in beauty | 4 Comments

江の島

Posted in memory | 2 Comments

Odin Halvorson

You’ve heard it all before: hard work is good for you. The people who don’t work are lazy. Poor people don’t work because they’d rather do drugs and fornicate with themselves. The only way to get someplace in life is through long, pitiless, difficult labor. No pain, no gain. But is any of this really true? It strikes me as fascinating that, throughout history, the wealthy (the idle elite), the landowners, and the aristocrats, have all campaigned for the idea that hard work is morally-good; you work hard and you’re going to get into heaven. Having money, being able to spend a significant portion of your life in leisure? Well, … Continue reading

Posted in life | 1 Comment

Semir Zeki

When you look at someone you are passionate about, some areas of the brain become active. But a large part is de-activated, the part that plays a role in judgment. Brain scans have also shown the area of the brain that controls fear, and another region involved in negative emotions, close down.

Posted in love | 2 Comments

橋本歩

Posted in change | 1 Comment

Jessica Wildfire

We perform different selves for different people. Your coworkers see one side of you. Your friends another. Your lovers still another. You’re all of these, and none of these — all at the same time. You can understand yourself in lots of ways. Your job does say something about you. So do your habits. And your likes and dislikes. Your fashion sense. The way you talk. You’re the sum of all that, plus what different people think about you. Don’t waste your life trying to construct the full picture.

Posted in human being | 1 Comment

老子

上善若水。水善利万物、而不争。処衆人之所悪。故幾於道。 居善地、心善淵、与善仁、言善信、正善治、事善能、動善時。 夫唯不争、故無尤。

Posted in wisdom | 2 Comments

鴨長明

ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶうたかたは、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし。世の中にある人とすみかと、またかくのごとし。

Posted in change | 1 Comment

Heraclitus

No man ever steps in the same river twice, for it’s not the same river and he’s not the same man.

Posted in change | 1 Comment

L’Astre(ラストル)

Posted in happiness | 2 Comments

Zat Rana

A famous, old quote by the pre-Socratic philosopher Heraclitus says: “No man ever steps in the same river twice, for it’s not the same river and he’s not the same man.” In other words, we live in a universe of change: matter changes, the mind changes, and the interaction between them changes. This change is neither predictable, nor consistent. Parts of reality, those that abide by the laws of physics, have a mathematical harmony that we can trust, but as soon as you mix in observers with subjective experiences, this trust, at least in the broader context, gets clouded away by uncertainty. Living with uncertainty, then, brings forth a question: … Continue reading

Posted in truth | 1 Comment

Julia Kho

The Central Limit Theorem (CLT) states that the sampling distribution of the mean of any independent, random variable will be normal or nearly normal, if the sample size is large enough. In other words, if we take enough random samples that are big enough, the proportions of all the samples will be normally distributed around the actual proportion of the population. Note that the underlying sample distribution does not have to be normally distributed for the CLT to apply. To break this down even further, imagine collecting a sample and calculating the sample mean. Repeat this over and over again, collecting a new, independent sample from the population each time. … Continue reading

Posted in information | 1 Comment

Open Data Science Conference (ODSC)

What is the significance of the normal distribution to data science? Tell me about your passion for data science. Do you: attend local meetups, participate in data challenges like Kaggle, work to use data for common good like public data hacking, speak at conferences, write books or articles, etc.? Describe that last time you experienced frustration in a data science project you were working on, and how did you overcome it? Think back to a past data science project you worked on. If the powers that be asked you to change one of your data sources, and thus use different predictors, how would you alter your solution? Research has stated … Continue reading

Posted in information | 1 Comment

中村一郎

ぼくたちはふだん、ことばは通じるものと思って生活をしている。でも、ほんとうに通じているだろうか。他者がしっかりと受け止めてくれることばを、ぼくは持っているだろうか。ことばが通じなくなるという危機的状況を、ぼく自身は経験したことがあっただろうか。

Posted in attitude | 1 Comment

Rogen Ebihara

Posted in beauty | 2 Comments

二葉亭四迷

さて、題だが……題は何としよう? 此奴には昔から附倦ぐんだものだッけ……と思案の末、礑と膝を拊って、平凡! 平凡に、限る。平凡な者が平凡な筆で平凡な半生を叙するに、平凡という題は動かぬ所だ、と題が極まる。

Posted in story | 1 Comment

踊るイッセー

男性は大体の女性をうっすら好きで、女性は大体の男性をうっすら嫌いという言葉を見て色々腑に落ちた

Posted in love | 1 Comment

岸政彦

私たちは、他の誰かと肌を合わせてセックスしているときでも、相手の快感を感じることはできない。抱き合っているときでさえ、私たちは、ただそれぞれの感覚を感じているだけである。

Posted in love | 9 Comments

朝日真奈

なぜ恋人がいない若い世代が多いのでしょうか。その要因を心理分析してみましょう。 ひとつは「相手に近づけない心理的距離感」が関係しています。これは、心理学ではヤマアラシに例えられます。ヤマアラシは、寒さに耐えるために体を寄せ合いお互いに近づこうとします。しかし、お互いの針が刺さってしまうため、なかなか近寄れません。つまり、近づきたいけれども傷つくのをおそれて、一定距離以上は近づけない心理のことを「ヤマアラシジレンマ」と言います。つまり、ほど良い距離感が分からず、傷つくことに臆病な「ヤマアラシジレンマ」状態の若い世代が増加していることが考えられます。 もうひとつは、「結婚しないなら、恋愛しなくても良い。無駄な時間とお金を使いたくない…」という考え方。それは、驚くことに女性ばかりではなく、20代前半の男性からも聞きます。最初から上手くいくと良いのですが…。初恋の人と結婚する人は少ないですよね。時短レシピ、時短生活、時短勤務のように「時短恋愛」を求めていませんか。それは、まさに「恋愛の効率化現象」。結婚という結果に繋がらないものには努力をしない、と考える人が増えているのかもしれませんね。

Posted in love | 1 Comment

芥川龍之介

 何ものかの僕を狙つてゐることは一足毎に僕を不安にし出した。そこへ半透明な歯車も一つづつ僕の視野を遮り出した。僕は愈最後の時の近づいたことを恐れながら、頸すぢをまつ直にして歩いて行つた。歯車は数の殖えるのにつれ、だんだん急にまはりはじめた。同時に又右の松林はひつそりと枝をかはしたまま、丁度細かい切子硝子を透かして見るやうになりはじめた。僕は動悸の高まるのを感じ、何度も道ばたに立ち止まらうとした。けれども誰かに押されるやうに立ち止まることさへ容易ではなかつた。……  三十分ばかりたつた後、僕は僕の二階に仰向けになり、ぢつと目をつぶつたまま、烈しい頭痛をこらへてゐた。すると僕のまぶたの裏に銀色の羽根を鱗のやうに畳んだ翼が一つ見えはじめた。それは実際網膜の上にはつきりと映つてゐるものだつた。僕は目をあいて天井を見上げ、勿論何も天井にはそんなもののないことを確めた上、もう一度目をつぶることにした。しかしやはり銀色の翼はちやんと暗い中に映つてゐた。僕はふとこの間乗つた自動車のラデイエエタア・キヤツプにも翼のついてゐたことを思ひ出した。……  そこへ誰か梯子段を慌しく昇つて来たかと思ふと、すぐに又ばたばた駈け下りて行つた。僕はその誰かの妻だつたことを知り、驚いて体を起すが早いか、丁度梯子段の前にある、薄暗い茶の間へ顔を出した。すると妻は突つ伏したまま、息切れをこらへてゐると見え、絶えず肩を震はしてゐた。 「どうした?」 「いえ、どうもしないのです。……」  妻はやつと顔を擡げ、無理に微笑して話しつづけた。 「どうもした訣ではないのですけれどもね、唯何だかお父さんが死んでしまひさうな気がしたものですから。……」  それは僕の一生の中でも最も恐しい経験だつた。――僕はもうこの先を書きつづける力を持つてゐない。かう云ふ気もちの中に生きてゐるのは何とも言はれない苦痛である。誰か僕の眠つてゐるうちにそつと絞め殺してくれるものはないか?

Posted in story | 4 Comments

高橋雅人

恋はみんなプラトニックなのかもしれません。

Posted in love | 3 Comments

Itzhak Perlman

Posted in music | 4 Comments

パーリーゲイツ

Posted in business | 2 Comments

池永チャールストーマス

間の子ゆえに板ばさみの中で歪んでしまったのかとお考えならば否定します。それは関係のないことです。ただ私の人となりゆえに引き起こした事件であります。

Posted in life | 2 Comments

串間充崇

イエバエからは植物用の肥料と動物用の飼料を製造することができます。イエバエの幼虫の排泄物をペレット化したものが肥料に、幼虫を乾燥させたものが動物性タンパク質飼料になります。この肥料や飼料の効果は、わかりやすくいえば栄養が豊富なこと。例えばイエバエでつくった餌を食べた魚は、通常の餌で育てるより約4割も大きく育ちます。つまり、餌の量を半分くらいに減らしても、いままでと同じ大きさの食用魚を提供できるわけです。また、最高級飼料よりも魚たちが好んで食べてくれます。肥料には、農作物の収穫量を増やすほか、病原菌を抑制してくれる働きがあります。 さらに注目すべきは、「食料残渣(食品製造や外食産業でうまれる余剰物)」と「畜糞(家畜の排泄物)」を処理できることです。いまは食料残渣の多くが焼却処理されるほか、畜糞は日本だけでも年間8,000万トンが排出されており、現在は広大な土地で2〜3カ月かけて微生物によって分解されています。しかもこの処理でメタンガスなどの有害な発酵ガスが発生します。ところがイエバエの幼虫は、これらを食べてくれます。彼らは畜糞の窒素分を吸収し、消化酵素がかかった土は肥料に変換し、そのあと土から出た幼虫は乾燥して飼料にします。つまり、これまで処理にコストがかかっていた廃棄物が原料になるため、お金をもらいながらイエバエを育てることができる。無から有をつくるのではなく、マイナスだったものからプラスを生み出すことができるんです。 これにより、化学物質に頼らなくても、これまで不要とされてきた畜糞で動物や植物を育てることができる。イエバエの技術をうまく利用できれば、完全に自然な食物連鎖での食糧生産も実現するはずです。

Posted in technology | 2 Comments

Carl Jung

Synchronicity: A meaningful coincidence of two or more events where something other than the probability of chance is involved. ** Synchronicity is an ever present reality for those who have eyes to see.

Posted in fact | 1 Comment

Carl Jung

We often dream about people from whom we receive a letter by the next post. I have ascertained on several occasions that at the moment when the dream occurred the letter was already lying in the post-office of the addressee.

Posted in fact | 3 Comments

Carl Jung

The discoveries of modern physics have, as we know, brought about a significant change in our scientific picture of the world, in that they have shattered the absolute validity of natural law and made it relative. Natural laws are statistical truths, which means that they are completely valid only when we are dealing with macrophysical quantities. In the realm of very small quantities prediction becomes uncertain, if not impossible, because very small quantities no longer behave in accordance with the known natural laws.

Posted in change | 1 Comment

中谷彰宏

「ほんのささいなこと」に、幸せを感じる。 「ほんのささいなこと」に、魅力を感じる。 「ほんのささいなこと」を、してあげる。 「ほんのささいなこと」は、必ず、具体的なことです。  具体的で、小さいことになるほど、「どっちでもよかったもの」が、「それでなければならないもの」に変わっていきます。 「正しいか、正しくないか」から、「好きか、好きじゃないか」に変わります。 「損か、得か」から、「好きか、好きじゃないか」に進化します。  身の回りのものすべてに、意味が生まれてきます。

Posted in happiness | 2 Comments

Johns Hopkins Health Library

Adrenal glands, also known as suprarenal glands, are small, triangular-shaped glands located on top of both kidneys. Adrenal glands produce hormones that help regulate your metabolism, immune system, blood pressure, response to stress and other essential functions. Adrenal glands are composed of two parts — the cortex and the medulla — which are each responsible for producing different hormones. When adrenal glands don’t produce enough hormones, this can lead to adrenal insufficiency (Addison’s disease). Adrenal glands may develop nodules that can be benign or malignant, which can potentially produce excessive amounts of certain hormones leading to various health issues.

Posted in health | 1 Comment

Banana Yoshimoto

Sometimes people put up walls, not to keep others out, but to see who cares enough to break them down.

Posted in attitude | 1 Comment

Tiffany

Posted in beauty | 1 Comment

Taylor Swift

Taylor Swift

Posted in music | 2 Comments

須賀敦子

「思いやり」という「ほどこし」や「おもらい」につながる封建時代的な人間関係を思わせる言葉に、私は、ふと、なじめぬものを感じてしまう。 「やさしい」ということが、自分の身がやせるまでに人のことを思う意味だと、ある辞書の註釈で読んだことがある。思いやりという言葉が、ほんとうに生きるためには、たぶん、わが身をやせさせても、やさしさに徹するところまで行かねばならないのだろう。 それにしても、なにかひとりよがりの匂いの抜けきれない「やさしさ」や「思いやり」よりも、他人の立場に身を置いて相手を理解しようとする「想像力」のほうに、私はより魅力をおぼえるのだが。

Posted in story | 1 Comment

野口忠彦

「デモクラシー」の訳語の中で、適切な訳語でない語彙を除けば、たとえば、次のような訳語がある。 万民同権 万民共治 多頭政治又多主の国 平民政治 民人政体 民政 民政(ノ國) 民政(社会主義) 民政(國) 民政(党) 衆人管轄 (推民)自主之国政 衆民政 民衆政治 民衆政 民衆制 人民政治 こんなにも多くの訳語があるのに、何を好んで、「民主主義」という不適切な訳語が選ばれたのかという思いが一入である。

Posted in globe | 1 Comment

Information om Sverige

The word democracy comes from Greek and means something similar to “government by the people”. Issues relating to democracy have been discussed for several thousand years, but there is no definition of the term on which everybody in the world would agree. This is partly due to democracy being something that is constantly being developed and altered. However, there are some things that many can agree are related to democracy, for example the equal dignity and rights of all people, freedom of opinion, freedom of the press and freedom of expression, that all are equal in the eyes of the law and that free elections are held.

Posted in human rights and democracy | 1 Comment

安田洋祐

子どもへの定番の質問として、「将来なりたい職業はなんですか」というものがありますね。野球選手とか、消防士とか、どれかひとつだけを挙げてもらうのがいまは一般的です。ですが、将来なりたい職業を複数回答して、長い人生の中で、ひとつだけでなくいくつかを実現するのが当たり前、という時代が来るかもしれません。 あれもやりたい、これもやりたい、という子どもの好奇心をつぶして、「適性」にあわせてどれかひとつに絞り込んで集中させるようなことをせず、「あれができたから、次はこれをしようか」と、バランス良く一歩ずつステップアップさせていくことが、今まで以上に大事になってきます。

Posted in life | 1 Comment

Lynda Gratton, Andrew Scott

For much of human history, mankind has faced a battle for existence over a short life and in the face of food scarcity, diseases and a constant threat of violence. As life has extended and people have become richer, especially those living in the advanced economies, so they have evolved to a situation where, for the majority, their children are safe and educated, work provides some financial security, and they can enjoy a retirement with some components of leisure. As life extends even further, people will be forced to move away from the lockstep of the three-stage life and face many more options about how they live their lives. A … Continue reading

Posted in life | 2 Comments

小室淑恵

短時間で高い成果をあげたメンバーをちゃんと評価しなければ、働き方改革は実現できません。そのため、管理職に対する人事評価に「時間あたり生産性」の観点を盛りこむ必要があります。 たとえば、同じ成果をあげた2人の管理職がいたとしましょう。量的な成果が同じだとしても、部下を疲弊させ続けて達成したのか、適切な働き方をさせているのかで、その手腕は雲泥の差。しかし、従来はこの2人が同じ評価を受けていたのです。むしろ、「部下を心身ともに追いこんで業務量を積んだ管理職のほうが昇進する」という逆転現象すら起きていました。 だから、こういう管理職は昇進できない評価制度をつくることが大事です。おススメの方法は部下の「有休消化率」と「総労働時間の平均」を指数化して、管理職の評価に加味すること。私は「霞が関の働き方改革を加速するための懇談会」の座長も務めましたが、こういった観点は官僚の評価制度からスッポリ抜け落ちていました。だから、霞が関は不夜城になっているんです。

Posted in Japanese way | 1 Comment

白石由貴

私にとって日本とスイスホテルは両親のようなもの。どちらかを選べ、選ばなかった方の親はもうあなたの親ではない、と決めつけられるのはとても悲しい。

Posted in Japanese way | 1 Comment

Cafe MIMI

Posted in happiness | 2 Comments

カトリック片瀬教会

Posted in belief | 1 Comment

Hippodrome ParisLongchamp

Posted in business | 2 Comments

Felice Beato

Posted in Japanese way | 1 Comment

My Editor

Posted in happiness | 2 Comments

LES GRAPPES

Posted in happiness | 1 Comment

Wildwood

Posted in happiness | 1 Comment

島村光

Posted in art | 1 Comment

鵜澤正和

特開2002-307070 2001/04/17 海水の処理装置および処理方法 -(株)ハセッパーエンジニアリング 特開2002-256273 2001/03/05 炭化水素燃料の処理方法 -(株)エス・アイ・エス 特開2001-344678 2001/01/22 緊急通報システム - 鵜澤正和 特開平10-236249 1997/02/27 車両のブレーキランプ認識装置 - 小暮久也 特開平10-227859 1997/02/18 人物認識システム - 小暮久也 特開平10-005751 1996/06/21 水の処理方法 -(株)テクノサイエンス 他

Posted in fake | 3 Comments

天羽優子

宣伝文句の中に、これ見よがしに特許番号を出している場合があるが、あれは単に同業他社に対して「真似すんな!」と言ってるだけである。特許番号が宣伝に書いてあるからといって、宣伝内容の科学的正しさとは無関係である。どうも、意図的に、一般に流布している、「特許が出ている=正しい科学知識に基づいて開発した、優れた独自技術を持っているに違いない」という先入観を利用しようとしている節があるので注意が必要だ。 特許はアイデアを保護するためのものである。特許庁の審査を通ったものは「特許公報」に掲載され、審査前のものは「公開公報」に掲載される。どちらに出ているかは、特許電子図書館のウェブページで調べればわかる。審査を通ったものの方が信頼度は高いが、それでも科学的に正しいという保証はない。特許庁では、特許の内容に書かれている装置などを実際に作って確かめることは行わず、書類上の審査だけなので、トンデモない話が紛れ込む可能性は避けられない。ましてや、書類の形式さえちゃんと整っていれば出願をすることはできるし、出願から1年半たつと、ほぼ自動的に公開されるのだから、単に「公報に掲載されている」と言うだけでは、その内容の科学的正しさが保証されていることにはならないことは、当然である。

Posted in fact | 1 Comment

天羽優子

最近、食品や化粧品の会社の技術者から、「クラスターの小さい水を使うといい製品ができるのでしょうか」「磁気処理水って、クラスターが小さいという話ですが、どうなんですか」という質問を相次いで受けた。これに対して私は、「液体の水のクラスターをちゃんと測定した実験は今の所ないので、クラスターを指標にするよりは水の不純物の分析をして成分で押さえた方がいいですよ」という内容の返事をした。 私が、「クラスターの小さい水はおいしい」という話を最初に知ったのは、修士に進学した直後だった。それからしばらくして、その話の根拠となったNMRの測定は誤りであるという話を研究会できいたので、もうそんな話は消えただろうと思っていたのだが、一度広まった話はなかなか根強く残っているようである。

Posted in fact | 1 Comment

天羽優子

「水クラスターが小さい・浸透圧増加・細胞を活き活き・体にいい」などという宣伝を大まじめにやっている業者は、高校の理科の知識すら怪しいことになる。そんな知識しかない業者が作って販売している製品に、あなたはお金を払いますか? その製品を本当に信用できますか? 業者はたまたま(わざわざ宣伝文句に取り入れている)浸透圧について全く無知なだけで、他の水処理技術については高度な知識と技術を持っていると・・・・期待できるでしょうか? どうも、現実は、業者やマスコミの科学知識のレベルの方もさんざんなので、変な話を変だと見抜くための「使える科学」を身につけると、お金の面でも心の面でもかなり得をする。信用のできない業者のトンデモ理論を信じて高額の浄水器や活水器を買わされなくてすむし、マスコミが並べ立てる話に一喜一憂して商品を買いに走ったりあるいは買うのを止めたりしなくてもよくなる。また、根拠のない宣伝や報道を信じて友人知人に触れ回った挙げ句、実は相手をかついでいた、などということも避けられる。

Posted in fact | 1 Comment

全国がん患者団体連合会(全がん連)

このたびの本庶佑先生のノーベル生理学・医学賞の受賞は、私たちがん患者や家族に大きな希望をもたらし得るものであり、がんの克服に向けた貴重な一歩となることが期待されています。一方で、その成果の一つである免疫チェックポイント阻害剤は現状では効果が期待できるがんの種類などは限られており、免疫チェックポイント阻害剤特有の副作用などもあることから、慎重に投与されることが必要な薬剤です。 本庶先生の研究をもとに開発された免疫チェックポイント阻害剤により、これまで治療法がないとされたがん患者さんの中に治療効果が現れていることは本当に喜ばしいことです。そうした効果を伝える報道を見聞きし、現在の治療法を中止して免疫チェックポイント阻害剤を使用すべきかと迷う患者さんやご家族が増えている現状があります。 しかし、有効性と安全性が確認され、免疫チェックポイント阻害剤が使用できる患者さんは限られていますし、適応となる患者さんの中でも効果は異なります。また、免疫チェックポイント阻害剤特有の副作用や重篤な副作用の報告もあり、現時点では、すべての患者さんにとっての「夢の薬」とはいえません。こうしたデメリットも含め正しい情報が提供されることが、いま何より重要と考えます。 特に報道機関のみなさまには、免疫チェックポイント阻害剤を含む免疫療法についての正しい情報を冷静に伝えていただくようお願いいたします。

Posted in fact | 1 Comment

リンパ球バンク株式会社

このところ「丸山ワクチン」がネット上で賑わいをみせております。スポーツ選手が投与を受けている、とか科学的根拠が明らかになった、といった話題がSNS上で飛び交っています。 科学的根拠は最初からあります。 相変わらず科学的根拠と臨床上のエビデンス(有効性の証明)が混同されていますが丸山ワクチンは、結核菌の抽出物を注射するのですから何らかの免疫刺激がある、とここまでの根拠はあるのです。 あとは実際に治療に使ってどうか、で、これをエビデンスと呼ぶのですが、白血球が増える人がいらっしゃいます。 ややこしいのは抗がん剤で免疫システムがダメージを受けていくところへ丸山ワクチンを併用すると、免疫刺激効果は当然、減殺されるので効かないのでは、という側面と、全く逆に抗がん剤によって白血球が減少し感染症で亡くなる方が大勢いらっしゃるので丸山ワクチンによって白血球の減少に多少でも歯止めがかかり、投与しないよりはした方が若干の延命効果がでるかも、という側面もあります。 ただし、丸山ワクチンにしろ、レンチナンにしろ単独投与で進行がんの症状を劇的に改善するという類のものではなく、あくまで若干の免疫刺激を加えるというものですのでもの凄い効果を期待するのは無理があります。 実際に進行がん患者さんに、これらの薬剤を単独投与しても、血液中のNK細胞の活性はほとんど動きません。 がん患者さんの強い免疫抑制がかかっている状態のところへ単独投与しても、がん免疫を顕著に刺激するものではない、ということです。

Posted in fact | 1 Comment

河瀬直美

Posted in story | 1 Comment

Al Sweigart

In Automate the Boring Stuff with Python, you’ll learn how to use Python to write programs that do in minutes what would take you hours to do by hand-no prior programming experience required. Once you’ve mastered the basics of programming, you’ll create Python programs that effortlessly perform useful and impressive feats of automation to: Search for text in a file or across multiple files Create, update, move, and rename files and folders Search the Web and download online content Update and format data in Excel spreadsheets of any size Split, merge, watermark, and encrypt PDFs Send reminder emails and text notifications Fill out online forms

Posted in time | 2 Comments

ハンナ・アーレント

世界最大の悪は、ごく平凡な人間が行う悪です。そんな人には動機もなく、信念も邪心も悪魔的な意図もない。人間であることを拒絶した者なのです。そして、この現象を、私は”悪の凡庸さ”と名付けました。

Posted in bad | 2 Comments

Elsa B. Kania

As the PLA attempts to overtake, rather than just catch up with or match, U.S. progress in this domain, it will be vital to understand and take into account its evolving approach and advances. In particular, the PLA’s capacity to leverage military applications of AI could prove distinctive due to its model of military-civil fusion, expansive concept of “intelligentization,” and focus on AI-enabled command decision-making. Certain PLA thinkers even anticipate the approach of a “singularity” on the battlefield, at which human cognition can no longer keep pace with the speed of decision-making and tempo of combat in future warfare. While recognizing the importance of human-machine collaboration, and likely concerned with … Continue reading

Posted in american way | 3 Comments

渡部悦和

AIは、戦場における指揮官を手助けし、その状況判断を正確かつ迅速にすることができる。AIはまた、ウォーゲーム、シミュレーション、サイバー戦や電子戦への適用、AIが仮想現実の技術と合体すると訓練・演習をより実戦的にすることもできるなど適用分野は軍事の大部分にわたっている。また、AIは、ロボットやドローンなどの無人機の頭脳となることにより、「自ら認識し判断し決心し行動する」自律無人機を可能としている。 例えば、中国の国営企業である「中国電子科学研究院」は、2017年6月、119個の小さなドローンの群れによる自律協調飛行テストに成功した。このテスト成功は、安いドローンで高価な兵器例えば空母などを群れで攻撃することが可能になることを示している。 中国の専門家は、AIと自律無人機が普及すると、「戦場におけるシンギュラリティ」が到来すると予想している。このシンギュラリティに達すると、AIが可能にする戦闘のスピードに人間の頭脳が追随できなくなる。このことは、AIが指揮する無人機システムに戦いの大部分を任せ、軍人を戦場から解放することを意味する。そのような転換点は、はるか先のことのように思えるが、AIによる自動化の方向に急速に向かっている。

Posted in asian way | 1 Comment

livedoor

Posted in information | 3 Comments

永谷綾子

そうだったんだ、私の身体と心にはたくさんの愛がめぐっている。 それはもちろん 周りの人も同じ。みんな愛だらけの人。 こんなに自分勝手に生きてきた私なのに  みんな、すごく温かな愛で包んでくれていたんだ・・・ 目に見えないからと切り捨てたたくさんの愛があって、 幸せなことに、私の命を生かしてくれていたんだ。 なんてこった!

Posted in love | 1 Comment

Juan Ruiz

Aquí dize de cómo fué fablar con Doña Endrina el Arçipreste. 653  Ay, Dios! Quán fermosa viene Doña Endrina por la plaça!    Qué talle, qué donaire, qué alto cuello de garça!    Qué cabellos, qué boquilla, qué color, qué buenandança!    Con saetas de amor fiere quando los sus ojos alça. 654  Pero tal lugar non era para fablar en amores:    a mí luego me venieron muchos miedos e tenblores,    los mis pies e las mis manos non eran de sí señores,    perdí seso, perdí fuerça, mudáronse mis colores.

Posted in love | 3 Comments

松尾豊

資本主義の世の中ですから、食わなきゃ殺されるんです。強いやつが生き残って弱いやつが死ぬ。そうしたルールで世界中の人たちが戦っているのを、日本人が全く感じていませんよね。いざ殺されそうになると、「フェアじゃない」「社会が悪い」と言い出してしまう。

Posted in Japanese way | 1 Comment

INCOMPLETE++

Excelでソートした時に、見た目は同じ文字列が、なぜか上下に分かれてしまうことがある。 これは、Excelが内部で「読み仮名」をデータとして持っているせい。 ExcelはIMEで変換する前の入力を覚えていて、その読み仮名を基準にソートしている。 (右記の例)1・2の「醤油ラーメン」は セルに「しょうゆらーめん」と入力して変換したもの、7・8の「醤油ラーメン」は他のアプリからコピペしたもの。コピペしたものは読み仮名のデータを持たないので、末尾に回されてしまう。

Posted in technology | 1 Comment

斎藤拓也

セロトニンが不足すると、心のバランスが崩れて精神が不安定になってしまう。  ① 質の良い睡眠がとれなくなる  ② 感情がコントロールできなくなる  ③ 感情が湧かなくなる 以下のことを継続することで、セロトニンを増やすことができる。  ① 朝起きたら太陽の光を浴びる  ② 一定のリズムを継続する運動を行う(ウォーキングなど)  ③ 食事をよく噛む  ④ スキンシップを大事にする  ⑤ トリプトファンを含む食品を食べる(バナナ、乳製品、大豆、赤身の魚・肉など)

Posted in health | 2 Comments

荘子

夢の中で胡蝶としてひらひらと飛んでいた所、目が覚めたが、はたして自分は蝶になった夢をみていたのか、それとも今の自分は蝶が見ている夢なのか。。。

Posted in dream | 1 Comment

らくからちゃ

Posted in globe | 3 Comments

Ayham Omer

Posted in life | 2 Comments

尾上玲円奈

日本のクライアントの海外案件のPRは、今でも十全に行われていないのが現状です。大変もどかしく思っています。たとえば大手商社は、世界各地で大がかりなプロジェクトを次々にこなしていますが、PR活動を伴わせないことが多いんです。 幹部の方に「もったいないですよね」と話したら、「確かに外資系の企業はやってますね」という反応が返ってきます。日経や読売など、日本のメディアが日本語で記事を書いてくれるだけではなく、インドネシアの案件なら現地インドネシアのメディアに向けて発表することも大事なんです。その効果が及ぶ地域で、きちんとコミュニケーションをしないと。海外で活躍する大企業ですらそうですから、日本企業のパブリックリレーションズに対する理解や意識はまだまだ薄いと感じています。

Posted in information | 1 Comment

永楽屋

柚子こごり 名柚子と名高い木頭柚子を時間をかけて砂糖に漬け込み、粉糖でさりげなく、華やかな装いに仕上げました。口にすれば、柚子の爽やかな香りがふわりと広がります。

Posted in happiness | 1 Comment

University of Minnesota

Extradyadic romantic activity (ERA) includes sexual or emotional interaction with someone other than a primary romantic partner. Given that most romantic couples aim to have sexually exclusive relationships, ERA is commonly referred to as cheating or infidelity and viewed as destructive and wrong. Despite this common sentiment, ERA is not a rare occurrence. Comparing data from more than fifty research studies shows that about 30 percent of people report that they have cheated on a romantic partner, and there is good reason to assume that the actual number is higher than that. Although views of what is considered “cheating” vary among cultures and individual couples, sexual activity outside a primary … Continue reading

Posted in love | 1 Comment