信夫克紀

誰もが、物事を前に進めるためには、何かを「する」べきだと、自然と考えていますよね。さらに、心の奥底で、何かを「する」ことが良いことで、何かを「しない」ことは、なまけている、だらしない、といった思い込みが焼きついているのではないでしょうか。
確かに、現代の日本の社会には、何かを「する」ことばかりが推奨され、何かを「しない」と叱咤激励される風潮が根強く残っていると思います。そのためか、何かを「する」努力、何かを「する」ための方法、何かを「する」ことのメリットを説く情報は、たくさんあふれています。逆に、何かを「しない」努力、何かを「しない」ための方法、何かを「しない」ことのメリットを教えてくれる情報は、ほとんど見あたりません。
何かを「する」ことばかりに気をとらわれてしまうことは、心身の悩みをさらに深刻にしてしまう危険があります。それは、足を骨折した人が無理に走り続けて転んでしまい、さらに骨折をひどくしてしまうようなものではないでしょうか。

Posted in attitude | 1 Comment

ESPN

Posted in globe | 1 Comment

日建設計

耐震構造 制振構造 免震構造


Posted in technology | 1 Comment

エリザベス・キューブラー・ロス

Posted in health | 1 Comment

도깨비

함께 한 시간 모두 눈부셨다.
날이 좋아서, 날이 좋지 않아서, 날이 적당해서.
모든 날이 좋았다.

Posted in dream | 2 Comments

Elisabeth Kübler-Ross

We all know intellectually that we don’t have forever. We also know we can’t do it all. But intellect does not inform matters of the heart. Regrets are of the heart, the yearning for more and the chance to always do it better. Regrets will always belong to the past. And death has a cruel way of giving regrets more attention than they deserve.

Posted in heart | 2 Comments

田口久人

女性にとって会話は心のやりとりだが
男性にとって会話は情報のやりとり
女性は考えがまとまらないから話し
男性は考えがまとまったら話す
女性はすべて聞きたいと思うが
男性はすべて話す必要はないと思う
女性は悩みを聞いて欲しいだけなのに
男性は悩みを解決しようとする
女性は言わなくてもわかって欲しいのに
男性は何も言われなければ大丈夫だと思う
だからいつまでも男女はすれ違う

Posted in poem | 1 Comment

吉野弘

母は
舟の一族だろうか。
こころもち傾いているのは
どんな荷物を
積みすぎているせいか。

幸いの中の人知れぬ辛さ
そして時に
辛さを忘れている幸い。
何が満たされて幸いになり
何が足らなくて辛いのか。

舞という字は
無に似ている。
舞の織りなすくさぐさの仮象
刻々 無のなかに流れ去り
しかし 幻を置いてゆく。

――かさねて
舞という字は
無に似ている。
舞の姿の多様な変幻
その内側に保たれる軽やかな無心
舞と同じ動きの。

器の中の
哭。
割れる器の嘆声か
人という字の器のもろさを
哭く声か。

Posted in poem | 2 Comments

新・全国の放射能情報一覧



Posted in Japanese way | 3 Comments

Jヴィレッジ


Posted in Japanese way | 1 Comment

Francis Jammes

Lorsque je serai mort, toi qui as des yeux bleus
couleur de ces petits coléoptères bleu de feu
des eaux, petite jeune fille que j’ai bien aimée
et qui as l’air d’un iris dans les fleurs animées,
tu viendras me prendre doucement par la main.
Tu me mèneras sur ce petit chemin.
Tu ne seras pas nue, mais, ô ma rose,
ton col chaste fleurira dans ton corsage mauve.
Nous ne nous baiserons même pas au front.
Mais, la main dans la main, le long des fraîches ronces
où la grise araignée file des arcs-en-ciel,
nous ferons un silence aussi doux que du miel ;
et, par moment, quand tu me sentiras plus triste,
tu presseras plus fort sur ma main ta main fine
– et, tous les deux, émus comme des lilas sous l’orage,
nous ne comprendrons pas… nous ne comprendrons pas…

Posted in poem | 3 Comments

前田恵一

世界はグローバル化し、AIやロボットの急速な発達により人工知能が人間の知能を超え、シンギュラリティの時代を迎える。

  • Volatility (変動性)
  • Uncertainty (不確実性)
  • Complexity (複雑性)
  • Ambiguity (曖昧性)

「VUCA」と言われる“答えのない”時代。

日々のニュースを見ても、政治も社会も経済も、予想外の事象が次々に起こり、 君の将来はもちろん置かれている環境の行く末も、明日どうなるか誰もわからない。
そんな激動の時代に「君たちはどう生きるか?」

社会を変革する意志がある者たちよ。
“時代を生き抜くためのビジネス教養”を徹底的に鍛え上げ、自らの意志で、自らの未来を切り開け。

Posted in change | 2 Comments

HEART & DESIGN FOR ALL

Posted in human being | 2 Comments

Delphine Bernard-Bruls

Posted in time | 1 Comment

広瀬弦

申し訳ないんですが、親の老いと言われても、あの人、最後まですごく元気だったんですよ。口が達者で、病院でもけんかばかりしていました。あの世にいる今でもきっと、自分が死んだなんて思っていないんじゃないかな。
そもそも、僕はずっとあの人のことが嫌いだったんです。自分でもどこかの雑誌で「私はダメな母親だった」と書いていた通り、母親としてはあんまり褒めるところがありません。とにかく、わがままで、子どもの僕にも言いたい放題。

Posted in story | 1 Comment

佐野洋子

 100万年も しなない ねこが いました。
 100万回も しんで,100万回も 生きたのです。
 りっぱな とらねこでした。
 100万人の 人が,そのねこを かわいがり,100万人の
人が,そのねこが しんだとき なきました。
 ねこは,1回も なきませんでした。

Posted in story | 3 Comments

世界銀行

世界銀行は、2030年までに極度の貧困を世界全体で3%まで減らす、また、全ての途上国で所得の下位40%の人々の所得拡大を促進する、という2つの目標を掲げており、貧困に関するさまざまなデータを収集・分析しています。
※世界銀行は、2015年10月、国際貧困ラインを2011年の購買力平価(PPP)に基づき、1日1.90ドル(2015年10月以前は、1日1.25ドル)と設定しています。

世界の貧困率および貧困層の数
貧困率 1990年:35.3% 2013年:10.7%
貧困層の数 1990年:18億6400万人 2013年:7億6800万人

Posted in globe | 1 Comment

Albert Camus

Du port obscur montèrent les premières fusées des réjouissances officielles. La ville les salua par une longue et sourde exclamation. Cottard, Tarrou, ceux et celle que Rieux avait aimés et perdus, tous, morts ou coupables, étaient oubliés. Le vieux avait raison, les hommes étaient toujours les mêmes. Mais c’était leur force et leur innocence et c’est ici que, par-dessus toute douleur, Rieux sentait qu’il les rejoignait. Au milieu des cris qui redoublaient de force et de durée, qui se répercutaient longuement jusqu’au pied de la terrasse, à mesure que les gerbes multicolores s’élevaient plus nombreuses dans le ciel, le docteur Rieux décida alors de rédiger le récit qui s’achève ici, pour ne pas être de ceux qui se taisent, pour témoigner en faveur de ces pestiférés, pour laisser du moins un souvenir de l’injustice et de la violence qui leur avaient été faites, et pour dire simplement ce qu’on apprend au milieu des fléaux, qu’il y a dans les hommes plus de choses à admirer que de choses à mépriser.

Posted in human being | 4 Comments

北川悦吏子

正人:うん。そういうの聞くとなあ ああ女の子だなあなんてキュンとするんだよね。
律 :そんなんだから何人にもなっちゃうんだよ彼女が。
正人:てかさあ 犬飼うとするじゃない?
律 :うん。
正人:で 新しい犬来ました。前の犬 捨てる?
律 :いや。
正人:なっ。俺、そこ、わかんないんだよ。増えてくじゃん、犬。なんで女の子は、増えちゃだめなの?

正人:今、この子を抱きしめたら、絶対好きになる。抱きしめてチューしたら、もう100%好きだよ。
律 :そいでいいじゃん。恋愛ってそういうもんじゃん。
正人:自分さ、律みたいなまじめな人には分からないかもしれないけど、遊んでいるっていう感覚なくて。あー、かわいいな、好きだなと思って付き合うと、どんどんどんどん…
律 :わかった、その先はわかった。どんどん増えていっちゃうんだよな、女の子が。
正人:うん。
律 :犬みたいに。
正人:うん。
律 :新しい犬飼って、次の犬が来たから、前の犬捨てる人いないっていう理屈は前に聞いた。

律 :人間と犬が一緒はまずいんじゃないの?
正人:そっか。でも両方に愛あるよ俺。

Posted in story | 1 Comment

Lars Svendsen

Plurality in the field of fashion is not least a product of the enormous amount of visual information that bombards us every day. Susan Sontag claims that a society becomes modern when one of its main activities is to produce and consume images. In that case, we are close to living in the most modern of all possible worlds. All of us have become ‘image junkies’, as Sontag puts it. According to Hal Foster, we are unable to escape the logic of the image, because images both create a loss of reality and at the same time give us something – namely new images – that enable us to soften or deny this loss. The image becomes a substitute for reality. Hannah Arendt writes: ‘The reality and reliability of the world rest primarily on the fact that we are surrounded by things more permanent than the activity by which they were produced, and potentially even more permanent than the lives of their authors.’ Conversely, a world where the lifespan of things is completely at the mercy of the whims of fashion is an unreal and unreliable world. For Lipovetsky, fashion becomes the life-guide, because it trains us to live in a world where everything is constantly changing. Viewed this way, fashion ought to be an ideal life-guide for a world whose premises it has set itself. The question is whether it really can fulfil such a role.

Posted in beauty | 1 Comment

松永伸司

美的なダメ出しをすることになんの理由があるのか? 良いものを選別すればいいのであって、だめなものは放っておけばいいのではないか? 答えは単純だ。われわれは、肯定的な批評も否定的な批評も両方必要としている。成功から学べるものと同じくらい失敗から学べることはある。
対象がなんであれ、あらゆる批評の本質的な側面は評価だ。ちゃんとした批評は、評価を理由によって裏づけなければならない。記述は、ある創作物がどのようなものか、その諸部分がどのように互いに関連しあっているかを読者に伝えることだ。記述は、批評の他の側面の基礎になる。比較は、異なる創作物同士の類似と差異を指摘することだ。文脈化は、その作者が以前に作った作品、その着想源、より広い文化的状況といった枠組みのなかに当の作品を位置づけることだ。解釈は、この創作物の意味や重要性はなんなのかという問いに答えようとすることだ。これらの批評要素は、結局のところ評価の材料になるものだろう。それらは、理由づけられた評価のための土台を批評家に与えるものだ。

Posted in learning | 1 Comment

James Elkins

It is notoriously true that art historians virtually never look at the Journal of Aesthetics and Art Criticism, the British Journal of Aesthetics, or the Zeitschrift für Aesthetik—not to mention the twenty-odd other aesthetics journals published throughout the world. Most developments of interest to art history are reported in its own journals, and when artists are discussed in the pages of aesthetics journals, the essays are not consistently cited in subsequent art historical literature.

Imagine two societies that live on distant islands—call them Ah and Ae. (“Ah” for art history, “Ae” for aesthetics.) Although they are neighbors in their archipelago, they are very far apart, so that they are just barely visible to one another in good weather. One day, a trader arriving from Ah carries with him a request from the people on Ah for a picture of their own island as it appears from Ae, and he brings with him a picture that had been made on Ah, purporting to show the island Ae. No one on Ae recognizes the odd shapes in the drawing, but they comply anyway, and after a time the trader returns with the message that no one on Ah recognized their island in the strange picture sent over from Ae. People on the two islands study the drawings, and conclude that it is probably best to stay where they are, since the people on the other island clearly can’t draw, and they may not even be able to see straight. For diplomacy’s sake they even send some letters back and forth, arguing about whose representation is worse, and they end up deciding that the members of the opposite tribe have no idea how to talk about pictures to begin with.

Why Don’t Art Historians Attend Aesthetics Conferences? (PDF file)

Posted in attitude | 2 Comments

Ali Jahanian

Unlike visual arts where the main goals may be abstract, visual design is conceptualized and created to convey a message and communicate with audiences. This is a key but subtle difference between visual arts and visual design. In fact, it is a critical measure of success in applied arts along with the visual appeal of the design. A design message has to be conveyed at first glance. Studies suggest that designers need to make a good first impression only in some few milliseconds, and this impression deals with expressive aesthetics, which is a matter of visual appeal by itself.

Posted in difference | 1 Comment

あざなえるなわのごとし

もともと人間の情動は定量化できない。 なぜかと言えば人間の脳や感性は全ての個体が等質ではないし、同じものを見て誰かは「気持ち悪い」と感じ誰かは「カワイイ」といい誰かは「格好いい」という可能性は充分にある(もちろん感性をアウトプットする感覚言語の選択の問題である可能性は鑑みた上で)。
キティちゃんはカワイイ。 ではそのかわいさは林檎何個分か?という定量化はできない。 仮にキティちゃんがリンゴ3個分カワイイとして(この時点でおかしいが)、では橋本環奈の可愛さはリンゴ何個分か?と他に適用するのも難しい。 ひとつの定規を他に対しても適用し比較するのが定量化だが、感性や感覚は絶対的ではないからこそ定量化できない。 感覚とは、対象の絶対値ではない。 あくまで受け取り手により一程度変動する曖昧なものでしかない。
そもそも言語は、脳内の概念を定量的に置き変えるための擬似的な手段でしかない。 強力ではあるが、絶対的なツールではない。 共通コミュニケーションの手段であり、かつ人間の膨大な思考を擬似的に捕まえるためのツール。 人間の内的世界の抽象を、外的に定量化するための文字や数字に還元することは難しいし、出力した時点でそれは内的な抽象と等価ではない。
人間は0や1を入力すればそのまま0や1で出力する単純な仕組みではない。 感想、批評だと言うが、ひとつの物語・作品に含まれる膨大な情報の中のごく一部だけを、独りの人間が己の感性という装置を通し、さらに言語に変換したものはその人間のものでしかなく、作品とは関係ない。 作品が良いか悪いか? それはその作品を同じように観るしかない。 個々の感性により判断は異なり、価値もまた然り。 「誰かが○○と感じた作品(物語)だからそういう風に考える可能性が高いだろう」という目安にはなるが。
仮に可能であれば、作品を見ている脳の電位を直接計るしかないだろうが、それにしろさまざまなノイズが多く(少しでも他のことを考えればそれがノイズになりえる)実際的ではないだろう。
人間の美的感覚というのは定量化できず感覚を計るのに感覚を持って行うからこそ抽象的。 ファッションは、文字言語化できない感覚的な抽象を言語や数字などの言語記号に変換せず、直接的に形として表現し心理的効果として昇華したもの。

Posted in human being | 2 Comments

Journal of Neuroscience and Neuroengineering

Journal of Neuroscience and Neuroengineering deals with all branches of neurosciences and engineering including neurobiology, neurochemistry, neuroanatomy, regenerative medicine, brain-computer (machine) interface, cognitive neuroscience, neural engineering, neuro-electronics and neural circuits/interfacing, neuroimaging using various modalities such as electroencephalography, ultrasound, x-rays computed tomography, magnetic resonance, fluorescence and optical microscopy, molecular and cellular neuroscience, neuro-immunology, neuro-oncology, neuro-pharmaceutics, neuro-physiology, neuropsychology, neuroprotection, neuroradiology, neuroregeneration, brain disorders and diseases, cerebrovascular disease, cerebrovascular/gene regulation, neurosensors, neurosurgery, neurotransmitters, nanoscale neuroscience, novel techniques for neuroscience applications, medical engineering technologies for nervous system, neurochips, biomedical engineering, rehabilitation, systems neuroscience/biology, laser and optoelectronics technologies for neuroscience applications, theoretical and computational neuroscience, metabolic networks, translational neuroscience and translational medicine, neuroendocrinology, neuroepidemiology, neuroergonomics, neurogenetics, nanomedicine, diseases of the nervous system and their treatment, drug design and drug discovery, drug/alcohol effects, toxicity, environment and health effects, biocompatibility materials for neuroscience applications, bioelectronics and biosensors, biomedicine and much more.

Posted in human being | 2 Comments

Wikipedia

The Weber–Fechner law refers to two related laws in the field of psychophysics, known as Weber’s law and Fechner’s law. Both laws relate to human perception, more specifically the relation between the actual change in a physical stimulus and the perceived change. This includes stimuli to all senses: vision, hearing, taste, touch, and smell.
Both Weber’s law and Fechner’s law were formulated by Gustav Theodor Fechner (1801–1887). They were first published in 1860 in the work Elemente der Psychophysik (Elements of psychophysics). This publication was the first work ever in this field, and where Fechner coined the term psychophysics to describe the interdisciplinary study of how humans perceive physical magnitudes.

Posted in human being | 4 Comments

Bianca Bromberger, Rebecca Sternschein, Page Widick, William Smith, II, Anjan Chatterjee

Historically, art and esthetics have been well ensconced in the humanities and have not been considered seriously within the sciences. Fechner (1876) began the field of empirical esthetics. More than a century later, neuroscience is playing catch-up, and is finally coming of age (Skov and Vartanian, 2009; Chatterjee, 2011). Theoretical positions and a few books linking neuroscience to art have appeared (Ramachandran and Hirstein, 1999; Zeki, 1999; Livingstone, 2002; Chatterjee, 2004a). Empirical studies using imaging techniques looking at our responses to beauty (Aharon et al., 2001; Ishai, 2007; Winston et al., 2007; Chatterjee et al., 2009) as well as to different kinds of artwork (Kawabata and Zeki, 2004; Vartanian and Goel, 2004; Jacobsen et al., 2005; Ishai et al., 2007; Cela-Conde et al., 2009) are being published. Recent conferences devoted to art and neuroscience (Nadal and Pearce, 2011) attest to the growing interest in the biology of esthetics. In this paper, we examine the state of one important aspect of neuroesthetics, the neuropsychology of art (Chatterjee, 2004b; Bogousslavsky and Boller, 2005; Zaidel, 2005). We outline reasons that this aspect of neuroesthetics has been relatively undeveloped and report our initial attempts to rectify this situation.

Posted in art | 2 Comments

Paul Simon

Posted in music | 2 Comments

Lucy Pitts

The three big wonders of the Vendée, France – stunning sandy beaches stretching for miles, the glorious countryside of the bocage, dramatic, unspoiled and littered with picturesque villages, and the Marais Poitevan – a network of canals, lush landscape and pretty hamlets known as the Green Venice.

Posted in voyage | 1 Comment

Richard Schwartz

Loneliness is bad for you.

When you’re disconnected, your immune system goes to hell.

If we know that loneliness affects our immune response, it’s not surprising that it would happen at the level of DNA expression.

Few higher mammals are solitary. Humans are relatively helpless as individuals in the natural world. Part of what makes us so powerful is that we’ve banded together in small groups. And part of the pain of loneliness is the recognition that without other people we simply can’t survive.

Posted in human being | 1 Comment

Steven W. Cole

The conceptual relationship between genes and the social world has shifted significantly during the past 20 years. As genes have come to be understood in concrete molecular terms, rather than as abstract heritability constructs, it has become clear that social factors can play a significant role in regulating the activity of the human genome. DNA encodes the potential for cellular behavior, but that potential is only realized if the gene is expressed—if its DNA is transcribed into RNA. RNA and its translated proteins are what mediate cellular behaviors such as movement, metabolism, and biochemical response to external stimuli (e.g., neurotransmission or immune response). Absent their expression in the form of RNA, DNA genes have no effect on health or behavioral phenotypes. The development of DNA microarray and high-throughput RNA sequencing technologies now allows researchers to survey the expression of all human genes simultaneously and map the specific subset of genes that are active in a given cell at a given point in time—the RNA “transcriptome.” “Functional genomics” studies surveying RNA transcriptomes have shown that cells are highly selective about which genes they express, and humans’ DNA encodes a great deal more genetic potential than is actually realized in RNA. Even more striking has been the discovery that the social world outside one’s body can markedly influence these gene expression profiles.

Posted in human being | 1 Comment

三島由紀夫

 拒みながら彼の腕のなかで目を閉ぢる聡子の美しさは喩へん方なかつた。微妙な線ばかりで形づくられたその顔は、端正でゐながら何かしら放恣なものに充ちてゐた。その唇の片端が、こころもち持ち上つたのが、歔欷のためか微笑のためか、彼は夕明りの中にたしかめようと焦つたが、今は彼女の鼻翼のかげりまでが、夕闇のすばやい兆のやうに思はれた。清顕は髪に半ば隠れてゐる聡子の耳を見た。耳朶にはほのかな紅があつたが、耳は実に精緻な形をしてゐて、一つの夢のなかの、ごく小さな仏像を奥に納めた小さな珊瑚の龕のやうだつた。すでに夕闇が深く領してゐるその耳の奥底には、何か神秘なものがあつた。その奥にあるのは聡子の心だらうか? 心はそれとも、彼女のうすくあいた唇の、潤んできらめく歯の奥にあるのだらうか?
 清顕はどうやつて聡子の内部へ到達できるかと思ひ悩んだ。聡子はそれ以上自分の顔が見られることを避けるやうに、顔を自分のはうから急激に寄せてきて接吻した。清顕は片手をまはしてゐる彼女の腰のあたりの、温かさを指尖に感じ、あたかも花々が腐つてゐる室のやうなその温かさの中に、鼻を埋めてその匂ひをかぎ、窒息してしまつたらどんなによからうと想像した。聡子は一語も発しなかつたが、清顕は自分の幻が、もう一寸のところで、完全な美の均整へ達しようとしてゐるのをつぶさに見てゐた。
 唇を離した聡子の大きな髪が、じつと清顕の制服の胸に埋められたので、彼はその髪油の香りの立ち迷ふなかに、幕の彼方にみえる遠い桜が、銀を帯びてゐるのを眺め、憂はしい髪油の匂ひと夕桜の匂ひとを同じもののやうに感じた。夕あかりの前に、こまかく重なり、けば立つた羊毛のやうに密集してゐる遠い桜は、その銀灰色にちかい粉つぽい白の下に、底深くほのかな不吉な紅、あたかも死化粧のやうな紅を蔵してゐた。
 清顕は突然、聡子の頬が涙に濡れてゐるのを知った。彼の不幸な探求心が、それを幸福の涙か不幸の涙かと、いちはやく占ひはじめるが早いか、彼の胸から顔を離した聡子は、涙を拭はうとはせず、打ってかはった鋭い目つきで、些かのやさしさもなしに、たてつづけにかう言った。
「子供よ! 子供よ! 清様は、何一つおわかりにならない。何一つわからうとなさらない。私がもっと遠慮なしに、何もかも教へてあげてゐればよかったのだわ。ご自分を大層なものに思っていらしても、清様はまだただの赤ちゃんですよ。本当に私が、もっといたはつて、教へてあげてゐればよかった。でも、もう遅いわ。……」
 言ひおはると、聡子は身をひるがへして幕の彼方にのがれ、あとには心を傷つけられた若者がひとりで残された。
 何事が起ったのだろう。そこには彼をもっとも深く傷つける言葉ばかりが念入りに並び、もっとも彼の弱い部分を狙って射た矢、もっとも彼によく利く毒素が集約されてをり、いはば彼をいためつける言葉の精華であった。清顕はその毒の只ならぬ精錬度にまづ気づくべきであり、どうしてこんなに悪意の純粋な結晶が得られたかをまづ考へるべきだった。
 しかるに胸は動悸を早め、手はふるへ、口惜しさに半ば涙ぐみながら、怒りに激して立ちつくしてゐる彼は、その感情の外に立って何一つ考へることができなかった。彼にはこの上、客の前へ顔を出すことが、そして夜が更けて會が果てるまで平然とした顔つきでゐることが、世界一の難事業のやうに思はれた。

Posted in story | 3 Comments

New World Wealth

Cities with large (1,000+) outflows of HNWIs in 2017

City (alphabetical) Location
Istanbul Turkey
Jakarta Indonesia
Lagos Nigeria
London UK
Moscow Russia
Paris France
Sao Paulo Brazil
Posted in globe | 2 Comments

Wikipedia

Number of millionaire households per country
by Boston Consulting Group
Number of millionaires per country
by Credit Suisse
Rank Country Number           Rank Country Number
1 United States 7,085,000           1 United States 15,356,000
2 China 2,124,000           2 Japan 2,364,000
3 Japan 1,244,000           3 United Kingdom 2,189,000
4 United Kingdom 821,000           4 Germany 1,959,000
5 Canada 485,000           5 China 1,953,000
6 Germany 473,000           6 France 1,949,000
7 Switzerland 466,000           7 Italy 1,288,000
8 France 439,000           8 Australia 1,160,000
9 Taiwan 370,000           9 Canada 1,078,000
10 Italy 307,000           10 South Korea 686,000
11 Australia 263,000           11 Switzerland 594,000
12 Belgium 240,000           12 Spain 420,000
13 Saudi Arabia 236,000           13 Taiwan 381,000
14 Hong Kong 228,000           14 Belgium 340,000
15 Netherlands 206,000           15 Sweden 335,000
Posted in fake | 1 Comment

Wikipedia

Number of Billionaires by Country

Rank Country Number Rank Country Number
1 United States 585 25 Norway 14
2 China 476 27 Chile 12
3 India 131 27 Malaysia 12
4 Germany 114 29 Netherlands 10
5 Russia 96 29 Saudi Arabia 10
6 Hong Kong 67 31 Austria 8
7 United Kingdom 54 31 Ireland 8
8 Brazil 43 31 South Africa 8
9 Italy 42 34 Argentina 7
10 Canada 39 34 Egypt 7
11 France 38 34 Finland 7
11 South Korea 38 34 UAE 7
13 Switzerland 36 37 Cyprus 6
14 Australia 33 37 Czech Republic 6
14 Japan 33 37 Denmark 6
16 Sweden 31 37 Ukraine 6
16 Taiwan 31 41 Kazakhstan 5
18 Turkey 29 41 Peru 5
19 Spain 25 43 Greece 4
20 Singapore 21 43 Kuwait 4
21 Indonesia 20 43 Lebanon 4
21 Thailand 20 43 Monaco 4
23 Israel 18 43 Poland 4
24 Mexico 15 43 Portugal 4
25 Philippines 14 43 Vietnam 4
Posted in fake | 1 Comment

君品酒店 – Palais de Chine Hotel

Posted in voyage | 2 Comments

日月潭涵碧樓酒店 – The Lalu, Sun Moon Lake

Posted in voyage | 2 Comments

Events-Japan

忖度ジャパン(サッカー日本代表)

  • 電通という名前を出してはいけないと言われていますので、名前は伏せますが、大手広告代理店からのプレッシャーがありました。
  • スポンサー名は明かせませんが、キリンカップサッカーの開催の関係で、スポンサーの意向を反映しま
    した。
  • メーカー名は言えませんが、香川真司選手が出場しないと、スパイクメーカーからの資金援助が絶たれるため、コンディションに関わらず選出することは前もって決定していました。
Posted in Japanese way | 2 Comments

五木寛之

かつて戦時中の私たち日本人は、「神州不滅」という物語を信じていた。
嘘のようだが、最後には神風が吹くだろうと思っていた。そう信じていればこそ、世界の大国相手に戦争をするなどという勇気が出たのだ。
夢から醒めてみると、なんという阿呆らしい信じ込みだったのだろう、と自分でも驚く。
しかし、生き延びていればこそ、夢は夢だったと悟るのだ。戦いに敗れた後も生き永えていればこそ、夢の虚妄に気付くのである。
死は生の断絶である。夢を信じて死を迎える人間は、夢の中に生を終える。
私はたぶん、自分も「死ねば宇宙のゴミになる」だろうと思っている。しかし、一つの明かるい物語を抱いたまま生を終えたいと思わずにはいられない。その物語を信じたことを後悔する余地はない。なぜならば、死とともに意識が失われるからである。信じたまま生は完結するのだ。

Posted in life | 1 Comment

女向けの究極セックス講座

女性はデリケートな生き物です。中には肉食系女子と呼ばれる人もいますが、大半はセックスに対してそれほど積極的ではありません。元々媚薬は、性欲があまりない女性のために開発されたと言われています。主に「性的刺激を受けても興奮しない」「オーガニズムに達しない」などと悩んでる女性が使うと効果があります。
女性の体はとても複雑で精神は繊細です。物理的な感情だけでオーガニズムに達することは難しく、精神的な感情も必要になります。媚薬は性的刺激を受けても興奮しない女性のために、オーガニズムに達するのを助長してくれます。また催淫作用により性欲を高め、精神的にもオーガニズムに達しやすい状態になります。気持ちの良いセックスをするには、ムードも大変重要です。媚薬はそのムード作りにも、一役買ってくれます。

Posted in human being | 1 Comment

元田久治

Posted in art | 3 Comments

油井雅和

政界やスポーツ界に新たな病がまん延しているらしい。その名は「謝ったら死ぬ病」。自らの非を認めたら、その瞬間に死が訪れると信じているような「病」。
もちろん「謝ったら死ぬ病」があるわけではない。ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)で使われる言葉だ。
その症状は、すぐ謝れば解決するかもしれないのに、過ちをかたくなに認めない▽問題点を追及されると、ごまかしたり無視したりする--。
なんともたちの悪い「患者」だ。

Posted in Japanese way | 2 Comments

Lee Hae-Jin

  • Lee Hae-Jin is a cofounder of Naver, South Korea’s No. 1 search engine.
  • The company also boasts an instant messaging unit Line, Japan’s top messaging app with 215 million global users.
  • In February 2018, he stepped down from Naver’s board but remains its global investment officer, focusing on the company’s expansion.
Posted in business | 2 Comments

ニッポニア・ニッポン

Posted in voyage | 3 Comments

Jean-Michel Normand

L’automobile n’a sans doute jamais été le théâtre de transformations aussi profondes et simultanées. Ces remises en cause qui mettent à mal nombre de certitudes et de valeurs solidement établies sont dictées par les impératifs environnementaux mais aussi par les nouveaux équilibres mondiaux et l’évolution des modes de consommation. Un remue-ménage qui conduit les constructeurs à renverser cinq totems automobiles.

  • Le diesel sacrifié
  • La berline détrônée
  • L’Occident dépassé
  • La conduite démodée
  • Le métier à réinventer
Posted in change | 1 Comment

Royal Copenhagen

Posted in art | 2 Comments

小松雄介

体温まで伝わってきそうだ。乳がんなどで乳房を失った女性のために作られるシリコーン製の人工乳房。
国内でこれまでに延べ1万人以上が人工乳房を使用している。「笑顔になれるように」。伝統の技術で心に寄り添う。

Posted in business | 1 Comment

松岡正剛

石坂泰三は結局6期12年にわたって経団連会長を務めるのだが、途中で大阪万博という大仕事が入った。
ところが、これがさっぱりうまくいかない。暗礁に乗り上げたり矛盾が出てくると、二進も三進も進まない。原因は担当者が、変更を拒否して、そういうときにばかり身を堅くするからだった。とくに関西の役人はふだんは陽気で勝手なことを言っているのに、組織のなかでは自分単位の半径しかもっていない。これをどうしたら突破できるのか。まず小坂善太郎に頼んで鈴木俊一を紹介してもらい、事務局長になってもらった。
石坂によると、日本人には何かの変更を迫ると「もう決まったことですから」と変更を断る連中が7、8割はいるという。さらにどうしても変更を迫ると、「いや、そんなことをすると私の責任ということになりますから」と頑張る。これは責任をとろうとしているのでも、頑張っているのでもなく、責任逃れでしかないと石坂は見抜いている。そのため、こういうときには「じゃあ、責任をとってもらっていいよ」と言うことにしている。
これで人事が次々に一新できた。「それは私の責任ですから譲れません」と言う連中を、じゃあ、責任をとってやめていいよと言うことにしたのだ。

Posted in attitude | 1 Comment

The Holmes Report

2018 Agency HQ Fee Income 2017 ($)
1 Edelman USA 893,591,000
2 Weber Shandwick USA 805,000,000
3 FleishmanHillard USA 570,000,000
4 Ketchum USA 550,000,000
5 Burson-Marsteller USA 463,000,000
6 MSL France 460,000,000
7 Hill+Knowlton Strategies USA 400,000,000
8 Ogilvy USA 354,000,000
9 BlueFocus China 321,849,607
10 Cohn & Wolfe USA 246,000,000
Posted in business | 1 Comment

Shaun Nichols

Though Cambridge Analytica said it is pulling the plug in the US and UK, there is already some indication that the outfit – which has a non-trivial organizational structure – is more or less just going to rebrand under a different banner.
The UK’s official registrar of businesses and organizations, Companies House, lists an active company called Emerdata Limited, headquartered at the same offices as SCL Elections and run by much of the same management and investors as Cambridge Analytica. It even describes itself as a “data processing, hosting and related activities” organization.
For instance, Dr Alexander Taylor was appointed a director of Emerdata on March 28. That’s Cambridge Analytica’s acting CEO and data wizard Dr Alexander Taylor. Julian Wheatland is an Emerdata director who is also a director within the SCL network of organizations.
Jennifer and Rebekah Mercer are directors of Emerdata, and are the daughters of ultra-wealthy businessman Robert Mercer who created and bankrolled Cambridge Analytica. Billionaire Bob has given tens of millions of dollars to rightwing political efforts. Jennifer and Rebekah also had a hand in Cambridge Anal.

Posted in change, information | 1 Comment

Gary Marcus, Ernest Davis

No matter how much data you have and how many patterns you discern, your data will never match the creativity of human beings or the fluidity of the real world. The universe of possible sentences is too complex. There is no end to the variety of life — or to the ways in which we can talk about that variety.
Today’s dominant approach to A.I. has not worked out. Yes, some remarkable applications have been built from it, including Google Translate and Google Duplex. But the limitations of these applications as a form of intelligence should be a wake-up call. If machine learning and big data can’t get us any further than a restaurant reservation, even in the hands of the world’s most capable A.I. company, it is time to reconsider that strategy.

Posted in difference | 1 Comment

RYNO Motors

Posted in technology | 1 Comment

Her Story

21世紀は母の愛のような抱擁力と協調精神、そして正しいと思うことを実践する志が必要とされています。そうした意味での「女性の時代」を迎えていると言えます。
これからの時代、平和な世界を実現していくためには、女性と男性の役割を調和させることが重要です。これまでの男性中心の歴史=History(His Story)と、女性も主役となって時代をリードするHer Story とのバランスを取っていくことが大切です。
そこで、平和を創りだすために、女性の一人ひとりが「Her Story」の主役になれるように、との願いを込めて誌名を「Her Story」と名付けました。

Posted in information | 1 Comment

Arnold Krog

Posted in art | 2 Comments

坂田滋久

義政に招かれて対話する相手は、身分の高い人ばかりではない。
「礼法を伝える名家の伊勢貞宗や教養ある大名の大内政弘など身分のある人も招きますが、口は下手でも腕は確かな職人を好んで山荘に迎えます。世渡り上手で評判のいい人に疑問を感じているので、花なら池坊のほうが有名なのに立阿弥を迎えますし、庭なら高名な善阿弥の弟子の小四郎などに興味を持って客として招きます。誰もが知っている有名人ばかり登場させたほうが話題になるのかもしれないけれど、義政の気持ちを考えるとそういうことはできません(笑)」
どこまでも義政に寄り添う九島さんは、無能の将軍という評価にも違和感を抱いている。
「祖父の義満や、父の義教に比べても人を殺した数がはるかに少ない。災害が起きると炊き出しを行い、結果として無事な地域の人がたくさん押し寄せるといった、現代に通じる矛盾に早くから直面した為政者です。考えることに近代的なところがあるので、同時代の人から理解されないのは無理もないことですね。それだけに、現代の人は義政の言葉に耳を傾けると、心が癒やされると思うんです」

Posted in life | 1 Comment

尾関章

富子は新婚時代を「将軍とは名ばかりの、苦労ばかりの毎日。何事も思うようには事が運ばず、周りの人たちに振り回されるばかり」と振り返る。義政が「悪い夢と思うしかないのだろうか」と漏らすと「あの苦労、あの失敗、あの挫折が、二人には良かった」と応じる。それが義政の懐を深くしたというのである。著者が「はじめに」で書いた「のっぺりとした人ではなく」は、このときに富子が口にした表現だ。
この対談では、富子が山荘づくりの資金繰りを心配している。「山荘造営への幕府からの出費をお断りしたのは、この私ですから」。別居中とはいえ妻、しかもそれなりの権力を手にしているからこその気がかりなのだろう。これに対して、義政は「ものの値段など、あってなきがごとし」「いくらかかるのかは、正直、わからない」と雲をつかむようなことを言う。そして「私はここで、雲になることができる」と、自在に生きる境地を披歴する。
富子が「今まで私に縛られてきたのが、ここに来たら雲の心境になれたと、そうおっしゃるのですか」と突っ込むと、義政はすぐさま否定して「こなたなしでは、私は生きてはいけない」と大人の愛を告白。このあとの場面が「(中略)」とされているのも心憎い。

Posted in good | 2 Comments

桐村英一郎

ヨーロッパの西のはずれとアジアの東のはずれに「常若の国」と「常世の国」という似たような名の理想郷があることは興味深い。
熊野は女性原理が支配するところで、イザナミノミコトへの信仰が厚い。その一方で、イザナミの夫君のイザナキノミコトはどことなく影が薄い。
島のケルトも同じだ。アイルランドの神話には女神、地母神がたくさん登場する。そこではキリストの母のマリア信仰、そのまた母といわれる聖アンナへの信仰が不快。アイルランドの古名「エリン」も地母神エリゥに由来する。

Posted in perception | 2 Comments

南方熊楠

第二の不思議というは、東のコウ(谷)のセキ(谷奥で行き尽きるところ)に大ジャという地に、古え数千年の大欅(けやき)あり。性根のある木ゆえ切られぬと言うたが、ある時やむをえずこれを伐るに決し、一人の組親(くみおや)に命ずると八人して伐ることに定めた。カシキ(炊夫)と合して九人その辺に小屋がけして伐ると、樹まさに倒れんとする前に一同たちまち空腹で疲れ忍ぶべからず。切り果たさずに帰り、翌日往き見れば切疵もとのごとく合いあり。二日ほど続いてかくのごとし。夜往き見ると、坊主一人来たり、木の切屑を一々拾うて、これはここ、それはそこと継ぎ合わす。よって夜通し伐らんと謀れど事協(かな)わず。一人発議して屑片を焼き尽すに、坊主もその上は継ぎ合わすことならず、翌日往き見るに樹は倒れかかりてあり。ついに倒しおわり、その夜山小屋で大酒宴の末酔い臥す。
夜中に炊夫寤(さ)めて見れば、坊主一人戸を開いて入り来たり、臥したる人々の蒲団を一々まくり、コイツは組親か、コイツは次の奴かと言うて手を突き出す。さてコイツはカシキ(炊夫)か、置いてやれと言うて失せ去る。翌朝、炊夫朝飯を調え呼べど応ぜず、一同死しおったので、かの怪憎が捻(ひね)り殺しただろうという。今に伝えてかの欅は山の大神様の立て木または遊び木であったろうという。

Posted in Japanese way | 3 Comments

Les Larmes de Chardonnay

Posted in happiness | 1 Comment

寺山修司

なみだは
にんげんのつくることのできる
一ばん小さな
海です

Posted in poem | 1 Comment

寺山修司

かなしくなったときは
海を見にゆく

古本屋のかえりも
海を見にゆく

あなたが病気なら
海を見にゆく

こころ貧しい朝も
海を見にゆく

ああ 海よ
大きな肩とひろい胸よ

どんなつらい朝も
どんなむごい夜も
いつかは終る

人生はいつか終るが
海だけは終らないのだ

かなしくなったときは
海を見にゆく

一人ぼっちの夜も
海を見にゆく

Posted in poem | 1 Comment

Deborah Rozman

“Follow your heart” have been watchwords for centuries, and with good reason: We know instinctively our heart’s intuition yields the highest outcome. But if you’re like me, you may have found at some point in your life that following what you thought was your heart got you into trouble. For example, you might have felt guided by your desire to eat another piece of chocolate cake, but then you felt bad afterward. Or you were tingling and your heart beating fast about dating a certain guy, but it turned out to be a bad experience. Why?

Posted in heart | 1 Comment

Le Monde

Posted in change | 1 Comment

Asan Medical Center

Posted in health | 1 Comment

トランス脂肪酸

摂取量はとにかく少なく!

Posted in health | 1 Comment

The New York Times

Trans fats are responsible for about 540,000 deaths around the world every year — deaths that could be avoided if countries banned the use of industrially produced partially hydrogenated oils, which can be replaced with healthier options like vegetable oil. Beyond the United States, countries like Canada and Denmark have taken action against the use of trans fats, but lawmakers and regulators in many other places haven’t — because they are either unaware of the health risks or they are reluctant to take on the food industry.
… But regular consumption of even a small amount of these oils increases the amount of what is commonly referred to as bad cholesterol, or LDL, in the blood while reducing so-called good cholesterol, or HDL. Experts say removing this additive from foods is one of the easiest and most straightforward ways to reduce the prevalence of heart disease and the deaths related to it.

Posted in health | 2 Comments

Berndnaut Smilde

Posted in art | 1 Comment

가온

Posted in happiness | 1 Comment

주옥

Posted in happiness | 1 Comment

Soeul

Posted in happiness | 1 Comment

Simon & Garfunkel

Posted in poem | 2 Comments

河原節子

どのような手法をとろうとも、争いの前の状況に戻ることはできず、双方が完全に満足する解決策はない。では、何のために困難な和解の努力をするのであろうか。それは、より良い関係を築くためであり、それには双方にとって利益になるとの確信が不可欠である。和解が双方向のコミュニケーションのプロセスである以上、また、両者に一定の妥協を必要とする以上、両者がこうした確信を持つことが全体のプロセスを通じて最も重要な基盤であると考えられる。また、ある和解の方策が合意されても、それが繊細なバランスの上に成り立っているため、その合意を守ること自体にも、多大な努力が必要となることを認め合うことも必要であろう。
特に、記憶や歴史の分野においては、当事者間で統一的な立場や見解を得ることは極めて困難である。相容れない記憶を相互に否定しあうのではなく、それぞれの負った痛みや苦難を包括的にとらえようと努力をすること、そして、過去の苦難に関する記憶を次世代に引き継ぐのは、次世代に対立の種を手渡すためではなく、より良い未来のためであることを明確に意識することが求められているのではないか。

和解 ―そのかたちとプロセス― (PDF file)

Posted in attitude | 1 Comment

United Nations

… reconciliation processes are particularly necessary and urgent in countries and regions of the world which have suffered or are suffering situations of conflict that have affected and divided societies in their various internal, national and international facets, …
… dialogue among opponents from positions of respect and tolerance is an essential element of peace and reconciliation, …
… truth and justice are indispensable elements for the attainment of reconciliation and lasting peace, …

A/RES/61/17 International Year of Reconciliation, 2009 (PDF file)

Posted in UN way | 1 Comment

김현석

Posted in perception | 2 Comments

Lisboa Pessoa Hotel

Posted in happiness | 3 Comments

IKEA

Posted in belief | 3 Comments

David Icke

You want a home? You want to eat? Then do as we say or you’ll get no money. How many people are not doing what they really want to do with their lives because they ‘don’t have the money’? The number is off the scale and includes almost everyone. Yet money is another illusion, another hoax.

People and families are being thrown on the street for not being able to pay back ‘money’ that has not, does not and will ever exist so coule not have been ‘lent’ in the first place.

Posted in belief | 5 Comments

하지원

Posted in voyage | Leave a comment

WWF

Si le monde entier vivait comme les Français, la capacité des écosystèmes à se régénérer serait épuisée dès le 5 mai, en à peine plus de quatre mois. Il faudrait donc 2,9 planètes pour que les océans et les forêts stockent le CO2 relâché en un an par les activités humaines, et pour assurer l’alimentation en bétail et en poissons, ou l’approvisionnement en bois de la population mondiale.


Posted in globe | 3 Comments

Global Footprint Network

Posted in globe | 1 Comment

Kearan Pang

Posted in story | 1 Comment

Fernando Pessoa

Art consists in making others feel what we feel, in freeing them from themselves by offering them our own personality. The true substance of whatever I feel is absolutely incommunicable, and the more profoundly I feel it, the more incommunicable it is. In order to convey to someone else what I feel, I must translate my feelings into his language – saying things, that is, as if they were what I feel, so that he, reading them, will feel exactly what I felt. And since this someone is presumed by art to be not this or that person but everyone (i.e. that person common to all persons), what I must finally do is convert my feelings into a typical human feeling, even if it means perverting the true nature of what I felt.

Posted in art | Leave a comment

World Cup 2018


Posted in records | 1 Comment

Fernando Pessoa

On s’habitue et c’est plus par routine qu’on aime que pour autre chose. Qu’est-ce que ça pourrait être d’autre ? Ensuite on s’attache, mais on s’attache autrement, et ce sont nos grands enfants qu’on épouse.
Certains pensent qu’on devrait les aimer pour ceci ou pour cela. Allons donc ! On ne sait pas pourquoi on aime. Quand on aime déjà on dit qu’on aime pour telle ou telle raison, mais seulement quand on aime déjà. Eux, ils pensent qu’on les aime parce qu’ils sont forts, ou parce qu’ils sont beaux, ou parce qu’ils ont les yeux bleus, ou quelque chose de ce genre. C’est un peu tout ça, monsieur le Président, et pas ça du tout.

Posted in story | 3 Comments

Che Guevara

Mi querida:
Hoy va desde Hiroshima, la de la bomba. En el catafalco que ves hay los nombres de 78 mil personas muertas, se estima el total en 180 mil.
Es bueno visitar esto para luchar con energía por la paz.
Un abrazo
Che
(25.7.1959)

Posted in dream | 2 Comments

Ruben Östlund

So many directors kill people left and right. I have never experienced anything like that in my life. And I want my films to be true to my experience.

Posted in art | 1 Comment

Alberto Caeiro (Fernando Pessoa)

I don’t bother with rhyme. Rarely
Are two trees the same, one beside the other.
I think and write like flowers have color
But with less perfection in my way of expressing myself
Because I lack the divine simplicity
Of wholly being only my exterior.

I see and I’m moved,
Moved the way water runs when the ground is sloping
And what I write is as natural as the rising wind…

Posted in poem | 1 Comment

Jonathan Hyams, はすみとしこ


Posted in human rights and democracy | 3 Comments

日本青年会議所, 日刊ゲンダイ, BUZZAP!


「日本青年会議所」(JC)がネトウヨキャラをつくり、ツイッターで特定メディアを“口撃”していたと問題になっている。
問題のキャラは「右翼」を連想させる「宇予くん」。今年1月から、口汚くメディアを罵るツイートが問題視されていた。
2月末、ネットメディアがJCのネトウヨキャラだったことを報道。すると、JCは事実関係を認めて公式ホームページに謝罪文を掲載したのだ。
JCはもともと「世間知らずのボンボン世襲経営者の集まり」と言われている団体だが、今回の問題は、「ご迷惑をおかけした」なんて言葉で許される話ではない。公益社団法人であるJCは、公益目的事業で生じた所得について課税を免れるのだ。早く公益法人の認定を取り消した方がいい。

Posted in Japanese way | 5 Comments

Ian Birrell

Survivors were given soap but no water, condoms but not food. Families forced to bathe babies in sewer-contaminated water were sent risible hygiene text messages telling them to wash their hands before eating. On top of this, cholera was imported — almost certainly by United Nations troops — to a country that had, until then, been clean of the disease. Another 8,300 people were killed, and more than half-a-million contracted the disease, which has since spread to neighbouring countries.
The respected medical magazine The Lancet accused charities of competing for publicity, while I saw how their staff rented unnecessarily expensive flats, drove around in fleets of costly new vehicles and ate in fine restaurants.
The final insult? After creating endless chaos and confusion, the unaccountable aid caravan simply moves on to the next high-profile disaster.

Posted in UN way | 1 Comment

山田喜美子, 張大千

Posted in art | 1 Comment

Alberto Caeiro (Fernando Pessoa)

I saw that there is no Nature,
That Nature doesn’t exist,
That there are hills, valleys, plains,
That there are trees, flowers, weeds,
That there are rivers and stones,
But there is not a whole these belong to,
That a real and true wholeness
Is a sickness of our ideas.

Nature is parts without a whole.

Posted in poem | 2 Comments

珈琲館立川南口店

Posted in happiness | 2 Comments

Alberto Caeiro (Fernando Pessoa)

What we see of things is things.
Why would we see one thing as being another?
Why is it that seeing and hearing would deceive us
If seeing and hearing are seeing and hearing?

The main thing is knowing how to see,
To know how to see without thinking,
To know how to see when you see,
And not think when you see
Or see when you think.

But this (poor us carrying a clothed soul!),
This takes deep study,
A learning to unlearn
And sequestration in freedom from that convent
Where the poets say the stars are the eternal brothers,
And flowers are penitent nuns who only live a day,
But where stars really aren’t anything but stars,
And flowers aren’t anything but flowers,
That being why I call them stars and flowers.

Posted in poem | 10 Comments

Naomi Wolf

The vulva, clitoris, and vagina are just the most superficial surfaces of what is really going on with us. The real activity is literally far, and far more complexly, under these tactile surfaces. The vulva, clitoris, and vagina are actually best understood as the surface of an ocean that is shot through with vibrant networks of underwater lightning – intricate and fragile, individually varied neural pathways. All these networks are continually sending their impulses to the spinal cord and brain, which then send new impulses back down through other fibers in the same nerves to produce various effects. This dense set of neural pathways extends throughout the entire pelvis, far underneath that outer vulvar skin and inner vaginal skin (though this last phrase too is not, medically, technically accurate: the skin inside the vagina is called, in one of the many unpleasant terms we have, to refer to something so lovely, mucous membrane or mucosa).

Posted in human being | 3 Comments

生駒芳子

「地球にも人にも優しいものづくり」
エコロジーと社会貢献を両方カバーしている概念です。その根底を支えているのが、トレーサビリティとサステナビリティ。生産の背景が見えてかつ、環境を破壊しない社会を目指すべきです。

「ワルがエコを本気で考える日が来ないと、エコは広まらない」
もはや21世紀の時代精神として、みんなが意識すべき生活の基本的概念、哲学としてとらえるべきなのかもしれません。

「地球規模でモノを考えること」
異常気象や地域紛争などが絶えないなか、地球全体としてエシカルを考えないと、地球はもたない段階にまで来ている気がします。

Posted in globe | 1 Comment

生駒芳子

いま私は、おしゃれな伝統工芸作品を開拓し、国内外に紹介するプロジェクトを手がけている。その名も「FUTURE TRADITION WAO」。日本の伝統工芸は、私たちが誇るべき宝であると同時に素材や製法がオーガニックだが、私はこれを極めて「エシカル」な産業だととらえて注目している。

環境問題が深刻化し、消費の動機が問われるいま、人々が求めるものは何か? その答えの一つが、“ていねいに作られたもの”であり、また“夢や物語を宿したもの”ではないだろうか。

Posted in business | 1 Comment

Gladys Palmera

Posted in music | 3 Comments

Great Big Story

Posted in reading | 2 Comments

Erin Tillman

What young men should look for is not the potentially ambiguous absence of “no”, but the enthusiastic presence of a “yes, yes, yes” or affirmative consent. In 2018, “no means no” is totally antiquated. It puts all the pressure on the person in the most vulnerable position, that if someone doesn’t have the capacity or the confidence to speak up, then they’re going to be violated. If somebody isn’t an enthusiastic yes, if they’re hesitating, if they’re like: “Uh, I don’t know” – at this point in time, that equals no.

Posted in communication | 1 Comment