Tintoret

Posted in love | 2 Comments

다비치

Posted in love | 3 Comments

風花未来

「核心を突いた意見である」という意味を伝えたい場合、「的を得た意見」は間違いで、「的を射た意見」が正しいとされています。
当サイトでも「間違えやすい言葉と慣用句【文章の基本ルール】」という記事をアップしたことがあり、実は、最初はこの「的を得る」は間違いで「的を射る」が正しいと掲載してみたのです。しかし、今は削除してあります。
削除した理由は、「的を得る」が正しいと主張したいのではなく、「的を射る」の方が正しいと言い切るのも、奇妙だと感じたからです。
「的を射た」という言葉も、実に、ぎこちない、というか、センスの悪い言葉のように思えてなりません。
あくまで私個人の見解ですが、「的を得る」でも「的を射る」でも、どちらでも間違いではないということにした方が良いと思います。今のままですと、両方とも使えないのです。
「一生懸命」と「一所懸命」はどちらでも良い、「世論」を「よろん」でも「せろん」でも構わないというのならば、「的を得る」でも「的を射る」でも、どちらでも良いでしょう、というのが私の言葉感覚です。

Posted in Japanese way | 1 Comment

nao さん

新橋はSHINBASHIではなくて、SHIMBASI

Posted in Japanese way | 1 Comment

鉄道掲示規程

  1. ローマ字のつづり方は改修ヘボン式によること。
  2. 長音の符号には「 ̄(マクロン)」を用いること。
  3. はねる音「ん」はB・P・Mの前はM、その他はNを用いること。
  4. はねる音M・Nとその次に来る母音(Yを含む。)とを切り離す必要があるときは「-」を用いること。
  5. 促音はCHの前はTを、その他の場合には次に来る子音を重ねること。
Posted in globe | 1 Comment

鳥居寛之

日本語の「らりるれろ」をアルファベットで綴るときには R で表記します。でもなぜ L ではないのでしょう。日本人は英語の L と R の区別ができない、とよく言われますが、それは日本語に流音が「ら行」子音ひとつしかないからで、しかもそれが英語の L とも R とも違う「弾き音」の発音であることに由来しています。そもそも L と R の違いって何なのでしょうか。
確かに、日本語の「ら行」子音は英語の r とはかなり違った発音です。言語学に興味があって数カ国語の欧米言語を話せるハンガリー人の同僚に聞いてみたのですが、日本語の「らりるれろ」を発音して聞かせたところ、「これは l とも r とも聞こえる。丁度中間の感じだね。なるほど、日本人が l と r を区別しにくいわけだ」、との返事でした。一般に l と r は発音学上、息がなめらかに流れる子音という意味の「流音」に属しますが、日本語などにはこれが1種類しかないのが混乱のもとなのです。日本語のら行子音は弾き音といって、舌の先を上の歯茎の裏あたりに一回つけて弾く音であって、英語の舌を口腔内に浮かせてどこにもつけず「ぅる」というようなこもった音で発音する歯茎後部接近音の r とはまるで別の音です。これに比べれば、舌面前部を歯茎につけて発音する側面音 l の方が近いとも言えます。でも、英語圏のネーティヴのひとに言わせるとやはり、舌先で弾く「ら行」子音と、舌の側面から空気を逃がして発音する英語などの l とはかなり違っているらしく、日本語のら行は r に近くも聞こえるようです。実際日本人の耳にも、英語の l は日本語ら行より硬く聞こえるように思います。

Posted in difference | 1 Comment

René et Maxime Meilleur

Posted in happiness | 5 Comments

澤芳樹, 髙橋政代

髙橋 医療に限らず,どんな技術でも進歩の歴史は試行錯誤の過程です。現在の再生医療を航空機の開発になぞらえれば,「初飛行を終えたところ」でしょう。
今は大陸間を安全に飛ぶ航空機も,ライト兄弟による飛行では300メートルほどしか飛んでいません。「短距離しか飛べないなら,飛ばす意味がない」と批判されても,始まりはそこからでした。
 航空機開発の軌跡は心臓移植手術の歴史とも重なります。ヒトからヒトへの心臓移植は1967年,南アフリカで行われたのが最初です。このときのレシピエントは,術後たった18日間しか生存していません。それでも,世界では毎年実施され続け,地道に改良が重ねられました。シクロスポリンの登場というブレークスルーを経て,1980年代にようやく治療法として確立し,移植を受けて10年,20年と生きる患者も多くなりました。

Posted in change | 1 Comment

安井かずみ

「愛するとは、尽きない油をもって輝くこと。愛されることは滅びゆくが、愛することは持続する ―― 」というリルケの言葉が印象に残っている。
「自分で納得し、やっていけるのは、結局、自分の中にある愛だけなのだ ―― 」という私の大好きなピーター・フォンダの言葉!
 百年も隔たったふたりの言葉はどうやら、その表現と感覚の違いこそあれ、ほんとうは、人間の愛について同じことを言っているのだ。

Posted in love | 2 Comments

Catherine Tate


Posted in difference | 1 Comment

Journaliste au Yémen


Posted in difference | 1 Comment

安宅和人

「人工生命」という研究分野があります。仮想空間で人工的に造った生命体の変化プロセスから、生命に関するシステムに迫る学問です。この分野で、興味深いファインディングがあります。
外的な影響を受けない「閉じた環境」において、同じ初期値で、モデルを同じにして生命体の進化を観察しても、毎回異なる結果になる、ということです。シンプルにモデル化されたクローズな系でもそうだということは、それよりもはるかに要素が多く、閉じた系とはいい難いこの地球上では、仮に過去と同じ出来事がすべて繰り返し起きたとしても同じ人類は生まれない、ということ。そんな環境下で我々は生きているわけです。数秒後とかならともかく、未来の本当の姿を予想できると考えること自体が非科学的なのです。

Posted in fake | 2 Comments

TVS Motor Company

Mineral oil is the most basic variety of engine oils and is most commonly used for a large majority of everyday vehicles. Mineral oils are refined petroleum oils which undergo treatment to perform across a wide temperature range.
Semi-synthetic oil, also known as synthetic blend oil has a small amount of synthetic engine oil blended in with mineral oil to boost its properties without escalating the cost by much. The addition of synthetic oil enhances its viscosity and wear resistance at higher temperatures and stress.
Synthetic oils are essentially mineral oils only; however, they go through an extensive treatment in the lab to make them significantly superior to their mineral counterparts. As a part of the process, the mineral oil is broken down into its most basic molecules, which helps remove any undesired substances and impurities to a very high degree. The molecules of synthetic oil are also very consistent in their size and shape, offering superior lubrication.
As a rule of thumb, everyday, average performance motorcycles don’t require you to spend extra for semi-synthetic or synthetic oil. A good quality mineral oil which complies with the grade recommended by the manufacturer should work well enough.

Posted in business | 1 Comment

Central India Media

Posted in communication | 2 Comments

Yorke Zhang, Jerod L. Ptacin, Emil C. Fischer, Hans R. Aerni, Carolina E. Caffaro, Kristine San Jose, Aaron W. Feldman, Court R. Turner & Floyd E. Romesberg

Since at least the last common ancestor of all life on Earth, genetic information has been stored in a four-letter alphabet that is propagated and retrieved by the formation of two base pairs. The central goal of synthetic biology is to create new life forms and functions, and the most general route to this goal is the creation of semi-synthetic organisms whose DNA harbours two additional letters that form a third, unnatural base pair. Previous efforts to generate such semi-synthetic organisms culminated in the creation of a strain of Escherichia coli that, by virtue of a nucleoside triphosphate transporter from Phaeodactylum tricornutum, imports the requisite unnatural triphosphates from its medium and then uses them to replicate a plasmid containing the unnatural base pair dNaM–dTPT3. Although the semi-synthetic organism stores increased information when compared to natural organisms, retrieval of the information requires in vivo transcription of the unnatural base pair into mRNA and tRNA, aminoacylation of the tRNA with a non-canonical amino acid, and efficient participation of the unnatural base pair in decoding at the ribosome. Here we report the in vivo transcription of DNA containing dNaM and dTPT3 into mRNAs with two different unnatural codons and tRNAs with cognate unnatural anticodons, and their efficient decoding at the ribosome to direct the site-specific incorporation of natural or non-canonical amino acids into superfolder green fluorescent protein. The results demonstrate that interactions other than hydrogen bonding can contribute to every step of information storage and retrieval. The resulting semi-synthetic organism both encodes and retrieves increased information and should serve as a platform for the creation of new life forms and functions.

Posted in human being | 2 Comments

Wikipedia

A chief strategy officer (CSO), or chief strategist, is an executive responsible for assisting the chief executive officer (CEO) with developing, communicating, executing, and sustaining corporate strategic initiatives.
Today, many CEOs have less time to devote to executing strategy, while at the same time uncertain environments increase the need for professional strategy development. As a result, Chairmen, Presidents, and CEOs in academic, nonprofit and corporate organizations are appointing CSOs. In recent years, the CSO position increased in popularity, which is reflected by the high number of US companies (nearly 50% of S&P 500 firms) who created CSO positions in their top management teams.
The CSO is a consultative role; part leader and part doer, with the responsibility of ensuring that execution of the strategy supports the strategy elements. This unique background takes a multitude of different operating experiences, and must include being both a creative thinker and influential collaborator. CSOs are often executives who have worn many hats at a variety of companies or agencies before taking on the responsibilities and tasks that come with the job title.

Posted in business | 1 Comment

Henri Salvador

Posted in love | 3 Comments

Yuval Noah Harari

Why is liberal democracy in crisis? Is God back? What can we do about the epidemic of fake news? Which civilisation dominates the world? Should Europe keep its doors open to immigrants? Can nationalism solve the problems of inequality and climate change? What should we do about terrorism? What should we teach our kids?
Billions of us can hardly afford the luxury of investigating these questions, because we have more pressing things to do: we have to go to work, take care of the kids, or look after elderly parents. Unfortunately, history makes no concessions. If the future of humanity is decided in your absence, because you are too busy – you and they will not be exempt from the consequences. This is very unfair; but who said history was fair?

Posted in human being | 1 Comment

佐藤幹児

Posted in art | 1 Comment

宮本三夫

本書は、私が殉職船員への鎮魂の念を込めて書いたものであるが、以下の多面的機能を備えている。第ーに、太平洋戦争の敗因を補給作戦面から解明した戦史としての機能である。第二は、徴傭船原簿で確認された喪失船舶 3,605 隻(約905万総トン)について、沈没位置・殉職船員等の数を含む被害の概要、並びに 1,221 の輸送船団の出発港・到着港、投入・被害船腹量及び護衛艦数等の情報を、それぞれ一覧表にまとめ後世に伝えようとした記録(データベース)としての役割である。第三は、これら一覧表のデータを、設定した類別に基づき多角的に量的分析を行っているので、船舶及び輸送船団の被害状況を客観的に解明した学術書としての使命である。本書が将来に亘り広く利用されることを願っている。

Posted in Japanese way | 2 Comments

NHKスペシャル

「我敵部隊見ユ」―広大な海域を舞台に行われた太平洋戦争。その最前線でアメリカ軍の襲来を見張る「哨戒」を担っていたのは、海軍に徴用された漁師たちであった。通称「黒潮部隊」。小さな漁船はアメリカ軍による凄まじい射撃に晒され、「敵ニ対シ突撃ヲ決行ス」と打電し消息を絶っていった。部隊の死者は2000人に及ぶとも言われるが、詳しいことは分かっていない。戦争遂行に不可欠な石油を運んでいたのも、民間の船員たちであった。戦局の悪化とともに、軍は「特攻精神」による輸送を決定。それは、船団のうち、何隻かが日本に戻れれば良いという、死を前提とした輸送作戦であった。武装の乏しい漁船や商船は、米潜水艦の格好の標的となり、およそ6万人が犠牲になったと言われている。

Posted in Japanese way | 2 Comments

Parc Naturel Régional de Millevaches en Limousin

Posted in voyage | 1 Comment

りーだーずあくしょん

超える、超す 越える、越す
90歳を超える(年齢)
40度を超える熱(温度)
今日は、20℃を超えた(気温)
8時間を超える手術(時間)
100万円を超える(金額)
1万人を超える
限界を超える
平均値を超える
 
10万人を超す
度を超す
峠を越える
山を越える
障害物を越える
国境を越える
難関を乗り越える
花も嵐も踏み越える
権限を越える
 
冬を越す
引っ越す
繰り越す
追い越す
Posted in Japanese way | 1 Comment

Paul Pogba, N’golo Kante

Posted in happiness | Leave a comment

血液型一覧

AB型: 宮澤喜一、江崎玲於奈、植木等、石原慎太郎、坂上二郎、石橋蓮司、アントニオ猪木、黒沢年雄、井上陽水、谷村新司、間寛平、松崎しげる、村田兆治、奥田瑛二、古舘伊知郎、名取裕子、假屋崎省吾、東ちづる、川島なお美、今井美樹、増田明美、内村光良、稲葉浩志、香川照之、財前直見、有森裕子、江角マキコ、松岡修造、桑田真澄、杉本彩、富田靖子、反町隆史、山口もえ、市川海老蔵、菊川怜、澤穂希、上村愛子、村主章枝、相葉雅紀、水川あさみ、ベッキー、松下奈緒、本田圭佑、佐々木希

Posted in Japanese way | 1 Comment

Muse

幸せな時間

Posted in happiness | Leave a comment

Michel Sardou

Posted in love | 3 Comments

Jacques Deray

Posted in love | 2 Comments

窪田容子

一時的な感情でなく『子どもが愛せない』というママがいます。ママ自身が何より悲しく、苦しまれていることと思います。こんなママたちの背景に次のような要因が関係していることがあります。

  • 重いつわりや難産、マタニティブルーや産後うつに苦しんだ。メンタルヘルスの問題がある
  • 望まない妊娠で、仕事などやりたかった道の断念を余儀なくされた
  • まとまった時間を寝てくれない、ずっと抱っこしていないと泣くなど、子どもが育てにくい個性をもっている
  • 義両親や夫、地域から孤立していて、身近に味方がいないと感じる
  • 自分自身が幼少期に愛されずに育った
  • 自分自身のことがどうしても好きになれない
  • 関係がうまくいっていない夫や義両親、実両親と、子どもが似ていると感じる
  • よいママでありたい、ダメなママだと思われたくないと常に思う

子育ては、自らの子ども時代をなぞるといわれています。例えば、泣いている子どもを見て、抑え込んできた子ども時代の悲しみが刺激されたり、思いきり自己主張をする子どもに『自分は我慢してきたのに、ワガママをいうなんて許せない』と感じてしまったり。。

Posted in love | 1 Comment

小西麻美


青花 梅竹山水人物文 八角水滴: 青花とは、中国や朝鮮での染付の呼び方。酸化コバルトを発色の主成分とした呉須顔料で絵付けを施したやきもののこと。側壁に梅と竹、上面に山水文をあらわした、八角に面取りされた水滴です。水滴とは、硯に水を注ぐための容器。傾けることで、側面についた小さな注ぎ口から、少量の水を差すことができます。面をきっちりとった潔い器形ですが、手取りは重く、安定感があります。加えて、上面に厚く掛かった釉薬が、青花の青色と良く馴染み、柔らかい発色となっているのが特徴。シャープな器形ながらも、角のとれた上品さも兼ね備えている作品です。

Posted in art | 2 Comments

子育て四訓

乳児はしっかり、肌を離すな
幼児は肌を離せ、手を離すな
少年は手を離せ、目を離すな
青年は目を離せ、心を離すな

Posted in attitude | 1 Comment

DoodleChaos

Posted in good | 1 Comment

Otter.ai

Posted in technology | 3 Comments

ロイター

日銀は2018年1─3月期の統計に加え、過去の数字をさかのぼって改定した結果も併せて公表した。
最も大きく変化したのは、ゆうちょ銀行を含む「中小企業金融機関」が保有する投信残高。17年12月末の金額は、6兆9981億円から43兆6116億円に増えた。これまで、外国株式や外国債券で構成する国内組成の投信を「外国証券」としていたのを改め、投信残高に計上することにしたためだ。
家計の投信保有残高についても算出方法を見直した結果、17年12月末の金額は109兆1358億円から76兆4407億円に下方改定された。
いずれも30兆円を超えるぶれが生じ、統計の信頼性に疑問符が付いたことも否めない。ただ、資金循環統計は、毎年1回行う改定で過去の数字が大きく振れがちなのも事実。
17年6月の改定では、「企業間・貿易信用」の見直しが影響し、家計の負債残高が55.6兆円も下振れた。今回の改定が投信だっただけに、市場関係者の注目が集まった側面もありそうだ。
日銀は「統計の精度を高めた結果であり、ミスだったという認識はない」(広報課)としている。

Posted in Japanese way | 2 Comments

時事通信

Posted in Japanese way | 2 Comments

毎日新聞

個人の代表的投資商品である「投資信託」の家計保有額が、日銀の統計作成時の誤りで30兆円以上も過大計上されていたことが判明した。近年順調に増加しているとされてきた投信保有額が、実際は減っていたことになり、「貯蓄から投資」が進んでいると信じてきた証券業界に衝撃が広がっている。

Posted in Japanese way | 2 Comments

安野光雅

 よく見ていると、親が自分の都合で子どもを叱っていることが多いことに、わたしは気がつきました。たとえば、家で洗濯ものを干しているとき、買いものをしているときに、子どもが邪魔をするとか、自分が急いでいるのに子どもが手間をかけるとか、ほとんどの場合、おとなのさまたげになるときに叱っているように思います。
子ども自身の成長に必要だから、ということで叱っている方は、少ないのではないでしょうか。
そもそも、わたしは「しつけ」が嫌なので、叱ることはありませんが、ほかの子を傷つけたり、いじめたりしたときには叱ることも必要だと思っています。

Posted in attitude | 2 Comments

古市憲寿

禁止されることは、時に信仰を強化する。日本でも「かくれキリシタン」と呼ばれる人々が数世紀にわたり熱心に信仰を守ってきたことが有名だ。
しかし、そのかくれキリシタンも衰退の危機にあるという。信仰が伝わる長崎県の島々でも、若者は都市に出てしまい、少子高齢化が進んでいるのだ。
皮肉なのは、宗教の自由がなかった江戸時代に生きながらえた信仰が、信教の自由が担保されている現代日本で消えようとしていること。
禁止が魅力を増すといえば、マリファナも同じだろう。オランダではマリファナなどのソフトドラッグが合法だが、全く関心を示さないオランダ人も多い。マリファナに対する幻想も嫌悪もなく、数ある嗜好品の一つなのだ。日本では大麻を巡る事件が絶えないが、そもそも「禁止」が薬物の魅力を高めている可能性がある。
不況に悩む出版界も、いっそ活字禁止や、紙の出版物が禁止となったら、人はこぞって本や雑誌を読み出すのかも知れない。

Posted in learning | 1 Comment

志村昌也

弊社のアニメ絵本は、アニメ絵本の先駆者である平田昭吾さんが手がけたもの。平田さんは手塚治虫さんのお弟子さんだった方で、ポプラ社さんなどでも絵本を書かれています。彼のポリシーは“誰も殺さない”ということ。
昔話には子どもに社会のモラルを伝える役割がありますが、“悪いことをしてはいけない”というメッセージのために、残酷的な描写を読み聞かせる必要があるでしょうか?


口伝である民話は、時代によって変化していくものです。『ありとキリギリス』『うさぎとかめ』などで知られるイソップ寓話は、もともと為政者が民衆を治めるために語られたといわれています。


弊社のアニメ絵本は現在、世界各国で翻訳され親しまれています。昔話が変わることへの議論はありますが、時代の流れのひとつとして、アニメ絵本のような再話の形もあると考えていただきたいです

Posted in attitude | 2 Comments

小澤俊夫

まず、昔話とはなんでしょうか。昔話は「口で語られて耳で聞かれた文芸」です。耳で聞き終わったら消えちゃう。それが、目で読む文学ともっとも違うところです。だから、昔話の語り口は「シンプル」で「クリア」でなければならない。
もうひとつ大事なことは、聞いているほうがはっきり聞き取れるよう、言葉を繰り返すときには同じ言葉で語る。そのような「かたち」があるんです。
では、昔話を語るうえでいちばん大切なことはなんだと思いますか? それは、大人が子どもの耳に「生の声」で聞かせることです。目で読む文学、たとえば絵本のようなものが登場したのは、ごくごく最近。絵巻物のようなものがあったかもしれませんが、それはお金持ちだけのもので、大多数の人たちは、子どもを膝に乗せて昔話を語った。うんと身近なところでしゃべるから、子どもたちは体温や呼吸を感じる。その距離で接しているから、自分が相手にされている、愛されているということがいつの間にか実感できる。
**
昔話が残酷だと言われはじめたのは、だいたい1980年代。高度成長の時代です。高度成長では、生活すべてがきれいになったでしょう、家も服装も全部。文明っていうのは、生活環境を自然から隔離することだよね。そのときに気がついてみたら、昔話が残酷だと言われはじめていたんです。
高度成長に生まれてきた人たちが貧困を知らない、それはいいことなんですよ。だから、昔話がそれを教えてくれている。元来、日本人の生活は、自然と密着した生活をしていたんだということを。それを大事にしないと、日本人は根無し草になってしまう。

Posted in story | 2 Comments

公安9課

デスクトップ向け

末尾 CPUの一例 説明
なし Core i7-6700 通常版CPU。
X Core i7-5960X 倍率ロックフリーを示す
オーバークロックが可能
Extremeモデル(性能も価格もExtreme)
K Core i7-6700K 倍率ロックフリーを示す
オーバークロックが可能
通常版CPUよりも1つ上のグレードに位置
C Core i7-5775C 末尾X, Kと同様に倍率ロックフリーを示す
オーバークロックが可能
S Core i7-4770S 省電力版CPU。省電力になることと引き換えに
通常版CPUよりも動作周波数がダウン
T Core i7-4770T 超省電力版CPU
末尾SのCPUよりも省電力・動作周波数がダウン
Posted in globe | 1 Comment

パソコンハードウェア初心者の館

Posted in technology | 1 Comment

teamLab

Posted in art | 1 Comment

Cambridge English Dictionary

intimacy

[ U ] a situation in which you have a close friendship or sexual relationship with someone:

Intimacy between teachers and students is not recommended.

[ C usually plural ] things that are said or done only by people who have a close relationship with each other:

It was obvious from their witty intimacies that they had been good friends for many years.

Posted in learning | 1 Comment

服部桂

いままで現場の手づくりの経験だけに頼っていた分野で、設計やデザインという思想が情報というかたちで抽出され、培養され、進化し、またモノに落とし込まれる。
それは生物学や医学が、DNAという生命の基本素子のもつ情報構造の表現と理解されるようになって、「外側」からではなく「内側」から情報操作によって扱えるようになったのと同じ流れだ。
こうした流れは、文明にひたすら破壊的な変化を起こすものなのか、破壊から持続的なものに変化しうるものなのか。市場の勝者は敗者を生み出し、新しい方法は旧来の方法に固執する人々を片隅に追いやる。
われわれが熱狂する現在のイノヴェイションは、人間の太古からの深い欲望を新しいツールによって再度解放しているだけの作業なのかもしれない。
現在の局面にだけ目をやって損得勘定で論じるより、もっと大きなパースペクティヴの元に、「イノヴェイション自体のイノヴェイション」を考えるべき時期に来ているのではないだろうか?

Posted in change | 1 Comment

Robert Sternberg

Combinations of intimacy, passion, commitment
 
                   
Intimacy
(親密さ)
Passion
(情熱)
Commitment
(コミットメント)
Non-love(愛ではない)
Liking/friendship(好意)
Infatuated love(夢中な愛)
Empty love(空っぽな愛)
Romantic love(ロマンティックな愛)
Companionate love(友愛)
Fatuous love(愚かな愛)
Consummate love(完璧な愛)
Posted in love | 3 Comments

Chinmay Jadhav

We know that exercise boosts memory and thinking skills. But now, researchers have shown for the first time that physical activity can increase the size of children’s brains and improve academic performance.

Posted in human being | 1 Comment

科学事典

人は恋人がいる人の割合を多く見積もってしまう傾向がある。これを恋愛普及幻想と呼ぶ。自分と同年代の人がどの程度恋人がいると考えているのかを調査した結果、5〜6割以上の人が恋人がいると推測しているが、国の調査によると実際に恋人がいるのは、3割前後であるといわれている
**
世の中には美男・美女といわれる人々がいるが、彼ら、彼女らを見て美しくないという人は少ない。この美しいと認識する美意識は、後天的に備わっていくものなのか、生まれつきのものなのか、という疑問に対しある実験が行われている。実験は、様々な人種の男女の写真を大人に見てもらい、美しさの度合いを評価してもらう。その後、同じ写真を乳児に見せたところ、大人が美しいと判断した写真を長い時間見つめていた。つまり、乳児にも大人と同じような美意識が備わっている可能性が示されたのである。

Posted in love | 3 Comments

커피소년

Posted in music | 4 Comments

Tom Peters

It’s the people who do the work.
It’s the people who make the customer connection scintillating or sour.
It’s the people who generate the growth and profit.
It’s the people that matter—as individuals as much or more than as service providers.

Posted in business | 1 Comment

Amir Salihefendic

Posted in change | 2 Comments

與謝野晶子, 平野萬里

十二年の春四月の末つ方大磯でかりそめの病に伏した時の作の一つ。病まぬ日は昔を偲ぶをこととしたが、今病んでは事毎にまだ痛まなかつた昨日の事が思はれて心が動揺する。ましてそれは心の動き易い行く春のこととてなほさらである。この時の歌はさすがに少し味が違つて心細さもにじんでゐるが同時に親しみ懐しみも常より多く感ぜられる。二三を拾ふと いづくへか帰る日近き心地してこの世のものの懐しき頃 大磯の高麗桜皆散りはてし四月の末に来て籠るかな 小ゆるぎの磯平らかに波白く広がるをなほ我生きて見る もろともに四日ほどありし我が友の帰る夕の水薬の味 等があげられる。

Posted in poem | 9 Comments

セルジオ越後

チームの戦い方もお国柄が乏しくなった。躍進したフランスやベルギーをはじめ、番狂わせをしたメキシコなどは「守ってカウンター、またはセットプレー」だ。データ重視で、自分らしさを出すより、相手の強いところを出させない、勝利至上主義。まるでゲームだ。攻め続けたブラジル、アルゼンチン、ドイツは不本意な結果に終わった。

Posted in game | 2 Comments

La Maison du Sureau


Posted in happiness | 6 Comments

Bavaria Boutique Hotel

DESIGN, CHARME
AND
CHARAKTER

Posted in love | 1 Comment

Transports en Île-de-France

Posted in attitude | 2 Comments

文部科学省

児童生徒一人ひとりが自分で学び自分で成長できること、自分で考え自分で言葉を紡ぎ自分で実行する力をつけられること、自分で学ぶ力を身につけられること、自分の身の回り以外に広い世界があるのを知り、その世界と自分との関係を体験すること、自分の成長を自分で実感できることが重要。また、児童生徒一人ひとりに達成感を持たせ得る学びの場を設定することが重要。さらに、児童生徒同士のコラボレーションを重視すること、お互いに学び合い教え合い責任を持ち合うことのできる学びの環境を整備することが重要。児童生徒の能力は多様であり、その多様性が阻害されない学びの場であるべき。物理的な学校のキャンパスは、責任、軋轢、共感、直接のコミュニケーション、達成感の共有など、身体化・社会化・協働力の成長に役立つべき場であるべき。他方で、鍛える教育、繰り返し教育のミニマムラインを設定し、それより以上の鍛える教育を必ず行うことが重要。

Posted in Japanese way | 6 Comments

vannyhenrico

N’Golo Kante a grandi dans un petit appartement à Rueil Malmaison, un petite zone suburbaine densément peuplée près de Paris.
Kante a travaillé comme ramasseur de déchets pendant son enfance. En tant que ramasseur et ramasseur de déchets, il se promenait pendant des kilomètres dans la banlieue de l’est de Paris à la recherche de toutes sortes de déchets précieux à collecter et à livrer à de petites entreprises de recyclage pour gagner de l’argent rapidement.
À l’âge 8, Kante a pris la plus grande décision de sa vie. La quête pour commencer à jouer au football à partir de la base. Il a débuté sa carrière chez JS Suresnes dans la banlieue ouest de Paris. Lors de son inscription, Kante a été immédiatement marqué par ses coéquipiers comme la plus jeune et la plus jeune étoile du club.

Posted in happiness | 5 Comments

France

Posted in Eurocentrism | 1 Comment

Elizabeth Grosz

The concept of virtuality has been with us a remarkably long time. It is a coherent and functional idea in Plato’s writing, where both ideas and simulacra exist in some state of virtuality. Instead of too closely identifying it with the invention of new technologies — as is the current obsession — we must realize that since there has bee writing (in the Derridean sense of trace — that is, as the very I precondition of culture itself), there has been some idea of the virtual. The text we read may be in real space, but to the extent that it is comprehensible to us, it also exists in a state of virtuality. We did not have to wait for the computer screen or the movie projector in order to enter virtual space; we have been living in its shadow more or less continually.

Posted in virtual | 3 Comments

V9QLNFR178

Now choose all of the multi-thousands of unique video online games which were, are actually, and can be available around the world. Now go ahead and take multi-Many copies of each distinctive video clip activity. Which is lots of Digital fact. In truth, in a connected type of virtual fact, Digital and real realities are no more simple to inform apart.
When watching a new Motion picture or Television show loaded with special effects, I now come across it unachievable anymore to distinguish what was filmed as authentic reality photographs and what was included on as Laptop-produced Digital fact photos.
Now it is clear that there are a lot extra virtual landscapes, worlds, even universes in existence inside our fact than that truth. You can connect with Countless Digital realities; you can also develop your own private virtual truth, even realities, nevertheless you are trapped with just with the ability to communicate with just one serious actuality.

Posted in virtual | 6 Comments

明豊

深刻化する高齢化社会を背景に、サービスへの需要拡大などから市場は潤っているかに思える老人福祉業界。しかし、この業界における倒産が今まさにピークを迎えている。東京商工リサーチがまとめた1―6月の「老人福祉・介護事業」倒産状況によると、倒産は前年同期比12・5%増の45件となり、過去最多の記録を更新した。このペースで推移すると、介護保険法が施行された2000年以降で年間最多だった17年の111件を上回る可能性がでてきた。
国内倒産件数は、リーマン・ショックが発生した08年度にピークを迎えたが、09年度以降は中小企業金融円滑化法と同法終了後の実質的な効果延長により、16年度まで8年連続で減少した。
17年度は9年ぶりに前年度を上回り潮目が変わってきたものの、増加率は1・6%にとどまっている。そうした倒産減少基調のなか、全業種を見渡しても今まさに倒産ピークを迎えている業界はほぼ見あたらない。どうしてだろうか。

Posted in business | 1 Comment

北川悦吏子

僕は遅いかもしれない。だけど走ろうと思う。
僕は寂しがりやかもしれない。だけど隠そうと思う。
僕は負けるかもしれない。だけど闘おうと思う。
僕は愛されないかもしれない。だけど愛そうと思う。
僕は弱虫かもしれない。だけど強くなろうと思う。
僕は君が望むような僕じゃないかもしれない。
でも、だけど…君の心の灯が消えそうなときは、そっと手をかざそう。
いつまでもかざそう。

Posted in poem | 2 Comments

ライブドア

EPUB書き出し機能で書き出されたEPUBファイルをKindleで閲覧するには、Kindleフォーマットに変換する必要があります。
ここでは比較的簡単なKindleプレビューツールを使った方法をご説明します。

  1. Kindle ダイレクト・パブリッシングのヘルプサイトから、Kindle プレビューツールをダウンロードします。
  2. Kindle プレビューツールをインストール後起動し、EPUBファイルをドラッグ&ドロップします。
  3. 自動的に変換が始まり、EPUBファイルと同じ場所に「Compiled-(ファイル名)」という名前のフォルダが作成されます。
  4. フォルダの中に、拡張子が.mobiになったファイルがあります。これをKindleに転送すれば、閲覧することができます。
Posted in information | 2 Comments

OnDeck

PCでEPUBファイルを開く方法

Posted in information | 1 Comment

Adobe

InDesign ドキュメントを EPUB に書き出して、EPUB リーダーで出力を表示できます。
リフロー可能な EPUB 形式でドキュメントを書き出すことを選択できます。リフロー可能な EPUB ドキュメントの場合、EPUB リーダーは表示デバイスに応じてコンテンツを最適化できます。
ドキュメントが eInk デバイスのユーザーを対象としている場合には、リフロー可能な形式が適しています。また、リーダーのフォントやサイズを変更するオプションを提供する場合にも、リフロー可能な形式が推奨されます。
固定レイアウト形式でドキュメントを書き出すことを選択できます。固定レイアウト形式では、ドキュメントにオーディオ、ビデオ、および Edge コンテンツを含めることができます。
ナビゲーションボタン、ページ遷移、アニメーション、ハイパーリンクなどのコントロールを含んだインタラクティブドキュメントを、固定レイアウト形式で書き出すこともできます。
固定レイアウト形式は、多数のグラフィック、オーディオ、ビデオコンテンツを含んでいるドキュメントに適しています。この形式は子供の本、料理本、教科書、および漫画本に適しています。

Posted in information | 1 Comment

立命館大学生存学研究センター

難病
アミロイドーシス  HTLV―1関連脊髄症  遠位型ミオパチー  炎症性腸疾患  潰瘍性大腸炎  加齢黄斑変性  ギラン・バレー症候群  筋萎縮性側索硬化症(ALS)  筋ジストロフィー  球脊髄性筋萎縮症  クッシング病  クロイツフェルト・ヤコブ病(CJD)  クローン病  血管腫(angioma)/血管奇形(Vascular Malformation)  ゲルストマン・ストロイスラー・シャインカー病(GSS)  拘束型心筋症  骨形成不全症  再生不良性貧血  再発性多発軟骨炎  サルコイドーシス  シェーグレン症候群  自己免疫性肝炎  視神経脊髄炎(Neuromyelitis Optica: NMO)  シャイ・ドレーガー症候群  シャルコー・マリー・トゥース病(Charcot-Marie-Tooth disease: CMT)  重症筋無力症(MG)  心筋症   神経線維腫症I型(レックリングハウゼン病)   神経線維腫症II型  進行性核上性麻痺  進行性骨化性線維異形成症(Fibrodysplasia Ossificans Progressiva:FOP)  スティーブンス・ジョンソン症候群 (Stevens-Johnson syndrome:SJS)  スモン  正常圧水頭症(NPH)  成人スティル病  脊髄空洞症  脊髄小脳変性症  脊髄性筋萎縮症(SMA)  線維筋痛症  線条体黒質変性症  全身性エリテマトーデス  多系統萎縮症  多巣性運動ニューロパチー  多発性硬化症(Multiple Sclerosis: MS)  単クローン抗体を伴う末梢神経炎(クロウ・フカセ症候群、POEMS症候群)  肥大型心筋症  パーキンソン病  ハンチントン病  心筋症/特発性拡張型心筋症/拘束型心筋症/肥大型心筋症  ベーチェット病  ペルオキシソーム病  フィッシャー症候群  フォン・ヒッペル・リンドウ病(Von Hippel-Lindau disease: VHL)  複合性局所疼痛症候群 (CRPS)  膵嚢胞線維症  肺高血圧症  慢性炎症性脱髄性多発神経炎  慢性疲労症候群  ミトコンドリア病  メニエール病  網膜色素変性症  モヤモヤ病  溶血性貧血  ライソゾーム病  リンパ脈管筋腫症

Posted in health | 2 Comments

嶋守恵之

1967年 北海道釧路市生まれ。
外務省で対米外交や国連外交などに携わる。
2008年 インドでALSを発症。
2011年 気管切開し24時間人工呼吸器を装着。声を失う。
2015年 手の指が動かなくなる。
2016年 視線入力で短編ミステリー小説「情報協力」を書きあげる。
「情報協力」が東京都北区内田康夫ミステリー文学賞審査員特別賞を受賞。
パソコンは視線でカーソルを動かし、口にくわえたスイッチを噛んでクリックする。
パソコン関係の頼りは元パチンコプログラマーのヘルパー。
「ALSはいつかきっと治る病気になる」と信じ、患者の立場から治療研究を促進するなどの患者活動に取り組む。

Posted in human being | 2 Comments

筆洗

劇作家の井上ひさしさんには大学を休学し、故郷の岩手県で国立療養所の職員になっていた時期がある。ある日、療養所の所長さんから、こんな質問を受けた。
「二人の患者さんがいる。一人はボロボロの身なりで子どもを抱いている母親らしき女性。もう一人は見るからにお金持ちそうな威張り腐った態度の男性。君はどちらを先に医者へ案内しますか」-。「それは貧しい人です」。井上さんは答えた。返ってきたのは「君はだめだねえ」だった。「病気の重い方を先に案内するんだよ」。病人に貴賤貧富はなく、考えるべきは病状の重さである

Posted in good | 1 Comment

Luiz Pereira da Silva

Le football est global et social. En 2018, la Coupe du monde, sa plus haute expression, peut être vue comme une bonne réponse aux tendances protectionnistes, nationalistes et de repli sur soi, en cette période de remise en cause du multilatéralisme et de la coopération entre nations.
Aucun dirigeant, aussi fin démagogue soit-il, ne pourra convaincre un gamin d’un bidonville, d’une favela ou d’une banlieue que, pour mieux protéger son avenir, il est souhaitable de restreindre ses ambitions footballistiques à son seul pays. Les gamins savent bien que se mesurer aux meilleurs du monde constitue le véritable ascenseur social. C’est ainsi qu’ils pourront prouver leur vraie valeur.
Le football est aussi une forme de multilatéralisme : tout le monde joue le même jeu en acceptant et respectant 17 règles très simples. Parfois on gagne, et parfois on perd. Mais c’est sur le même terrain, avec le même ballon rond, avec 11 joueurs de chaque côté. Le respect des règles est transparent. Il y a finalement un arbitrage mutuellement consenti qui est là pour immédiatement sanctionner les fautes. Règles simples et gouvernance juste : n’est-ce pas là le principe d’un vrai multilatéralisme ?

Posted in perception | 2 Comments

Charlotte Perriand

La forme, c’est le fond qui remonte à la surface.

Posted in art | 2 Comments

Dona Isabel

Posted in records | 1 Comment

TruSox

Posted in business | 3 Comments

柴本幸


Posted in story | 1 Comment

芥川龍之介

 ――盗人は妻を手ごめにすると、そこへ腰を下したまま、いろいろ妻を慰め出した。おれは勿論口は利けない。体も杉の根に縛られている。が、おれはその間に、何度も妻へ目くばせをした。この男の云う事を真に受けるな、何を云っても嘘と思え、――おれはそんな意味を伝えたいと思った。しかし妻は悄然と笹の落葉に坐ったなり、じっと膝へ目をやっている。それがどうも盗人の言葉に、聞き入っているように見えるではないか? おれは妬しさに身悶えをした。が、盗人はそれからそれへと、巧妙に話を進めている。一度でも肌身を汚したとなれば、夫との仲も折り合うまい。そんな夫に連れ添っているより、自分の妻になる気はないか? 自分はいとしいと思えばこそ、大それた真似も働いたのだ、――盗人はとうとう大胆にも、そう云う話さえ持ち出した。
 盗人にこう云われると、妻はうっとりと顔を擡げた。おれはまだあの時ほど、美しい妻を見た事がない。しかしその美しい妻は、現在縛られたおれを前に、何と盗人に返事をしたか? おれは中有に迷っていても、妻の返事を思い出すごとに、嗔恚に燃えなかったためしはない。妻は確かにこう云った、――「ではどこへでもつれて行って下さい。」(長き沈黙)

Posted in globe | 2 Comments

柴本幸

私にとって言葉を綴るという行為は、生きる上でなくてはならないものです。「文字」というツールを使うからこそ、生まれる世界があり、そこにしかない自由があります。
例えばあまりにあまりにあまりに、あまりに美しい朝焼けを見たとする。思わずカメラにはおさめるものの、その場で瞬時に言葉にするのは正直難しい。だから胸に湧き上がる感情をできるだけ体で覚えておいて、イメージを足してみる。
或いは、いくつもの感情が蠢いて、どこにもぶつけることができないでいる時。取捨選択せず、片っ端から文字にして、静かに眺めてみる。すると不思議なことに、カゴの中のものを1つ1つ風呂敷に拡げるように、丁寧に取り上げるだけで、嫌だ嫌だと逃げていた感情と、素直に向き合えたりする。
人は言葉によって傷つき、言葉によって救われます。上澄みを取り去って出てきた真実を伝えたからと言って、人との距離が縮まるとは限らない。受け手がどう取るのか誰にもわからないからこそ、無限の可能性が拡がる。それが言葉の面白さです。
言葉の綾、とはよく言ったもので、名言と呼ばれるようなキラキラとした一文に、救い難い影が潜んでいることもあれば、一見暗くみえる言葉の羅列に、強い希望の光が宿っていることもある。その真意を汲み取り、体にしっかりと染み込ませた上で、私にしか紡ぐことのできない言葉を発信していきたい。それが3ヶ国語でできるようになればと思うけれど、あまり焦らずにね。

Posted in good | 1 Comment

Wikipedia

The prisoner’s dilemma is a standard example of a game analyzed in game theory that shows why two completely rational individuals might not cooperate, even if it appears that it is in their best interests to do so. It was originally framed by Merrill Flood and Melvin Dresher while working at RAND in 1950. Albert W. Tucker formalized the game with prison sentence rewards and named it “prisoner’s dilemma”, presenting it as follows:

Two members of a criminal gang are arrested and imprisoned. Each prisoner is in solitary confinement with no means of communicating with the other. The prosecutors lack sufficient evidence to convict the pair on the principal charge, but they have enough to convict both on a lesser charge. Simultaneously, the prosecutors offer each prisoner a bargain. Each prisoner is given the opportunity either to betray the other by testifying that the other committed the crime, or to cooperate with the other by remaining silent. The offer is:

  • If A and B each betray the other, each of them serves two years in prison
  • If A betrays B but B remains silent, A will be set free and B will serve three years in prison (and vice versa)
  • If A and B both remain silent, both of them will only serve one year in prison (on the lesser charge).

It is implied that the prisoners will have no opportunity to reward or punish their partner other than the prison sentences they get and that their decision will not affect their reputation in the future. Because betraying a partner offers a greater reward than cooperating with them, all purely rational self-interested prisoners will betray the other, meaning the only possible outcome for two purely rational prisoners is for them to betray each other. The interesting part of this result is that pursuing individual reward logically leads both of the prisoners to betray when they would get a better reward if they both kept silent. In reality, humans display a systemic bias towards cooperative behavior in this and similar games despite what is predicted by simple models of “rational” self-interested action.

Posted in human being | 1 Comment

Wikipedia

The Golden Rule (which can be considered a law of reciprocity in some religions) is the principle of treating others as one would wish to be treated. It is a maxim that is found in many religions and cultures. The maxim may appear as either a positive or negative injunction governing conduct:

  • One should treat others as one would like others to treat oneself (positive or directive form).
  • One should not treat others in ways that one would not like to be treated (negative or prohibitive form).
  • What you wish upon others, you wish upon yourself (empathic or responsive form).

The Golden Rule differs from the maxim of reciprocity captured in do ut des—”I give so that you will give in return”—and is rather a unilateral moral commitment to the well-being of the other without the expectation of anything in return.

Posted in globe | 1 Comment

孔子

子貢問曰、有一言而可以終身行之者乎。

子曰、其恕乎。己所不欲、勿施於人也。

Posted in rule | 1 Comment

Isocrates

Do not do to others that which angers you when they do it to you.

Posted in rule | 1 Comment

Sextus the Pythagorean

What you do not want to happen to you, do not do it yourself either.

Posted in rule | 1 Comment

Thales

Avoid doing what you would blame others for doing.

Posted in rule | 1 Comment

Peter Kropotkin

In the animal world we have seen that the vast majority of species live in societies, and that they find in association the best arms for the struggle for life: understood, of course, in its wide Darwinian sense – not as a struggle for the sheer means of existence, but as a struggle against all natural conditions unfavourable to the species. The animal species, in which individual struggle has been reduced to its narrowest limits, and the practice of mutual aid has attained the greatest development, are invariably the most numerous, the most prosperous, and the most open to further progress. The mutual protection which is obtained in this case, the possibility of attaining old age and of accumulating experience, the higher intellectual development, and the further growth of sociable habits, secure the maintenance of the species, its extension, and its further progressive evolution. The unsociable species, on the contrary, are doomed to decay.

Posted in human being | 1 Comment

Peter Kropotkin

This principle of treating others as one wishes to be treated oneself, what is it but the very same principle as equality, the fundamental principle of anarchism? And how can any one manage to believe himself an anarchist unless he practices it? We do not wish to be ruled. And by this very fact, do we not declare that we ourselves wish to rule nobody? We do not wish to be deceived, we wish always to be told nothing but the truth. And by this very fact, do we not declare that we ourselves do not wish to deceive anybody, that we promise to always tell the truth, nothing but the truth, the whole truth? We do not wish to have the fruits of our labor stolen from us. And by that very fact, do we not declare that we respect the fruits of others’ labor? By what right indeed can we demand that we should be treated in one fashion, reserving it to ourselves to treat others in a fashion entirely different? Our sense of equality revolts at such an idea.

Posted in moral | 2 Comments

Wikipedia

Ethics or moral philosophy is a branch of philosophy that involves systematizing, defending, and recommending concepts of right and wrong conduct. The term ethics derives from Ancient Greek ἠθικός (ethikos), from ἦθος (ethos), meaning ‘habit, custom’. The field of ethics, along with aesthetics concern matters of value, and thus comprise the branch of philosophy called axiology.
Ethics seeks to resolve questions of human morality by defining concepts such as good and evil, right and wrong, virtue and vice, justice and crime. As a field of intellectual enquiry, moral philosophy also is related to the fields of moral psychology, descriptive ethics, and value theory.

Posted in moral | 1 Comment

YAHOO! 知恵袋

(「盲蛇に怖じず」とは差別用語が含まれるので、使用してはいけないたとえですか?)

例えを引用して作られている格言まで「差別用語」と言うのであれば、反対者はその代案を示すべきでしょう。
基本、言葉に他意は無く、何かあるとすれば言葉を使う人間側に原因があります。
単純な言葉狩りには断固反対しますね。

Posted in Japanese way | 1 Comment

麻原彰晃

私が修行生活に入ったのは、今からちょうど八年前のことであった。それまではごく普通の生活をしていたといえる。鍼灸師を職業としていた。わたしが鍼灸師となったのは、長兄がそうだったからにすぎない。自分ではあまり考えることなく、資格を取得して開業していたというわけである。
腕はいい方だった――と私は思っている。毎日毎日、多くの人がやってきて、息をつく間もないほどだった。中には遠く島根県から、年に何回か泊まりがけで来る人もいたくらいである。
ところが、仕事は順調にいっているにもかかわらず、絶えず疑問にさいなまれ続けていたのだ。「自分は無駄なことをしているのではないか」という疑問である。なぜならば、病気の人を一生懸命に治しても、キリがなかったからである。完治したように見える人でも、治療から離れて元の生活に戻れば、すぐに再発してしまうのである。
そんなこともあって、わたしの内面では、自信とコンプレックスの葛藤が続き、次第に疲れ果てていった。精神的にも大変不安定になり、「このままでは駄目になる」という、漠然として不安を感じるようになった。いったい何が、どこから狂ってきてしまったのだろうか。生きていくための仕事の選択を間違ってしまったのだろうか。ひょっとしたら、もともとわたしは治療家には向いていなかったのかもしれない。人生そのものが、違った方向へ向かっているような気さえする。
そのとき初めてわたしは、立ち止まって考えてみたのである。自分は、何をするために生きているのだろうか、と。この〝無常観〟を乗り越えるためには、何が必要なのだろうか、と……。

Posted in belief | 3 Comments

Alex Baker

Mick Jagger has been a visible presence in the stands at the last few World Cups. In 2010, in South Africa, he was seen in the stands with former U.S. President Bill Clinton, supporting the United States against Ghana. The USMNT went on to lose that match, 2-1, and it was at that World Cup that the legend of the “Jagger jinx” was born.
The U.S. was one of several teams Jagger was seen publicly supporting in South Africa that was eliminated in the knockout rounds. Brazil was another one, and of course the singer’s native England, which was knocked out by one of its greatest rivals, Germany.
Four years later in Brazil, Jagger was back, supporting the home team at the 2014 World Cup with his then-paramour Brazilian model Luciana Gimenez. Gimenez is the mother of Jagger’s youngest son Lucas, who was 15 when he sat in the stands at Estadio Mineirao with his dad and saw Brazil eliminated in the 7-1 loss to Germany in the semifinals of that tournament.
Prior to the 2014 World Cup, Jagger had also predicted good things for Portugal and Italy during concert tour stops in each of the respective countries. Both teams crashed out in the group stage, as did Jagger’s home country England, which finished dead last in its group.
It’s not known who Jagger was supporting at Tuesday’s semifinal if anyone. But if history is anything to go by, it’s probably a safe bet he was backing Belgium. It’s also not entirely certain that Jagger will be present at Wednesday’s match to support England.
But given that he’s off tour and at the World Cup with his sons, and Moscow is just a short flight from St. Petersburg, it seems a fairly safe bet he will be there. In which case, Southgate’s team may get no satisfaction when it takes the field against Croatia at Luzhniki Stadium.

Posted in belief | 3 Comments

Sam Tighe

Posted in records | 3 Comments

Cesaria Evora

Posted in music | 4 Comments

Hugo Blanco, Gloria Lasso

Posted in music | 5 Comments

Marcus Wallenberg

 
To move from the old to the new is the only tradition worth keeping.
 

Posted in change | 1 Comment

Peltarion

Artificial Intelligence has the power to advance humankind more than fire and electricity. Everywhere. We believe it is of greatest importance that AI knowledge and technology is made available, usable and affordable for all.
**
The recent rapid growth of AI paired with a plentiful, almost unlimited access to data democratizes the power, infrastructure and knowledge required for AI to be available to more than just multi-billion-dollar corporations. Organizations of all sizes now stand to reap the benefits that come with AI’s new way of solving problems, opening doors we could never open on our own – or even see were there in the first place.

Posted in globe | 3 Comments

Parmy Olson

Called Peltarion, the Stockholm-based startup has raised $16 million to date from investors and counts BMW, NASA, Ocado and 13 other organizations as early subscribers, with 800 more in line to try it out.
Crnkovic-Friis, their CEO, says that many companies have tried using other, off-the-shelf machine-learning tools like Google’s TensorFlow, Amazon’s Sage Maker and Microsoft’s Azure Machine Learning to build their own image-recognition or natural-language processing systems.
But these tools are “super complex,” he says. “You have to be an AI expert to use them.”
Crnkovic-Friis designed Peltarion to do for AI what WordPress (and before that, Dreamweaver) did for people who wanted to build websites but didn’t know HTML.
It uses a graphical interface to build and train a bespoke neural network, a computer system that’s inspired by the structure of a human brain. Software developers and junior data scientists who aren’t AI experts should be able to use it, Crnkovic-Friis says.

Posted in information | 1 Comment

Limin Zhang

Posted in picture | 1 Comment

Zhang Jianfeng

To mark the 40th anniversary of the signing of the Sino-Japanese Peace and Friendship Treaty, Japan’s Eisei Bunko Museum donated 4,175 ancient Chinese books to the National Library of China on Tuesday. Guests and officials from both countries attended the donation ceremony at the National Museum of Classic Books in Beijing.
All volumes, covering Confucian classics, historical records, philosophical writings and miscellaneous works, come from the family collection of the Hosokawa clan, owner of the Eisei Bunko Museum. The chairman of the museum Morihiro Hosokawa, who was also the 50th Prime Minister of Japan, presented the books to the National Library.

Posted in globe | 1 Comment

European Union

The European Union Delegation, the Heads of Mission of EU Member States and the Heads of Mission of Norway and Switzerland issue the following statement in Japan:
On 11 November 2016, an execution was carried out in Japan, adding to the twenty three other persons that have been executed since March 2012. It comes roughly one month after the Japan Federation of Bar Associations adopted a declaration calling for the abolition of capital punishment by 2020. The European Union (EU), its Member States, Norway and Switzerland have consistently and repeatedly called on the Japanese authorities to adopt a moratorium on executions, recalling the period of 20 months before March 2012 when no executions in the country took place.
We hold a strong and principled position against the death penalty and we are opposed to the use of capital punishment under any circumstances. The death penalty is cruel and inhuman, and has not been shown in any way to act as a deterrent to crime. Furthermore, any errors – inevitable in any legal system – are irreversible. We will continue our active pursuit of its abolition worldwide.
We join all of those who, in Japan and abroad, have asked for a thorough review of Japan’s current policy.

Posted in Eurocentrism | 2 Comments

福山市

7月5日
8時08分 大雨注意報
12時38分 大雨警報,洪水注意報
18時43分 洪水警報
7月6日
2時41分 洪水注意報
10時06分 洪水警報
21時38分 大雨特別警報

Posted in bad | 2 Comments

CIES Football Observatory

Total estimated transfer value, million € (01/06/2018)
Player with the highest estimated transfer value

Posted in business | 3 Comments

Capital Gazette

Posted in attitude | 1 Comment