Ruben Bolling

Posted in american way | 2 Comments

Gidon Kremer, Martha Argerich

Posted in music | 4 Comments

Jelmer Mommers

l giant Shell has spent millions of dollars lobbying against measures that would protect the planet from climate catastrophe. But thanks to a film recently obtained by The Correspondent, it’s now clear that their position wasn’t born of ignorance. Shell knows that fossil fuels put us all at risk – in fact, they’ve known for over a quarter of a century. Climate of Concern, a 1991 educational film produced by Shell, warned that the company’s own product could lead to extreme weather, floods, famines, and climate refugees, and noted that the reality of climate change was “endorsed by a uniquely broad consensus of scientists.”

Posted in globe | 1 Comment

Philip Fernbach, Steven Sloman

The sense of understanding is contagious. The understanding that others have, or claim to have, makes us feel smarter. This happens only when people believe they have access to the relevant information: When our experimental story indicated that the scientists worked for the Army and were keeping the explanation secret, people no longer felt that they had any understanding of why the rocks glowed.
The key point here is not that people are irrational; it’s that this irrationality comes from a very rational place. People fail to distinguish what they know from what others know because it is often impossible to draw sharp boundaries between what knowledge resides in our heads and what resides elsewhere.

Posted in knowledge | 2 Comments

Le Parisien

  • VS : deux lettres pour Very Special, l’entrée de gamme que l’on trouve parfois sous l’appellation Trois Etoiles. Un armagnac composé de diverses eaux-de-vie, dont la plus jeune a été vieillie au moins deux ans. Autour de 15-20 € la bouteille.
  • VSOP : Very Special Old Pale, pour la présence d’une eau-de-vie vieillie au moins quatre ans.
  • XO : Extra Old, également appelé Napoléon pour l’export, avec une eau-de-vie d’au moins six ans.
  • Hors d’âge : un armagnac vieilli au moins dix ans.
Posted in learning | 3 Comments

Charles McGrath

Who isn’t a critic? We are born picky and judgmental, and as we get older we only become more opinionated and more sure of ourselves. Just look at all the bluster that passes for criticism these days on the Internet, where the guiding principle is that everyone has a right to air his own opinion, and that all opinions, just by being firmly held, are equally valid and important. Probably never in history has there been more suspicion of established or professional critics, or more self-­appointed arbiters clamoring to take their place.
How many of these voices are worth paying attention to is something else. If for a start we require that critics know what they’re talking about — that their judgments are actually informed — the field thins considerably, and if we also insist on taste and discernment, then the number of valuable and useful critics dwindles pretty drastically.

Posted in story | 2 Comments

Adam Kirsch

The roots of criticism lie not in judgment but in receptivity and response. Everyone, upon encountering a work of art, has some kind of response, ranging from boredom or incomprehension to amazement and gratitude. In this sense, everyone really is a critic, in a way that not everyone is a painter or a poet. It requires some special talent to create an artwork, but any conscious person will have a reaction to that artwork. What makes someone a critic in the vocational sense is, first, the habit of questioning her own reactions — asking herself why she feels as she does. Second, she must have the ability to formalize and articulate those questions — in other words, she must be a writer. To be able to say what you feel and why: That is the basic equipment of a critic.

Posted in story | 2 Comments

Boston Dynamics

Posted in technology | 1 Comment

Murali Doraiswamy

Posted in globe | 2 Comments

Canyon Ranch

Like the rest of your body, your brain changes with each passing year. From the time we are infants, our brains are adapting, learning, making memories and more. We become smarter and sharper, earning the wisdom that truly only comes with life experience. The less desirable effects of the march of time can certainly be felt, too. You may recognize them: An ever-lost set of keys, a to-do that never seems to stay top of mind, a name that’s on the tip of your tongue.
Once we hit our sixties, … the brain has begun to shrink in size and, after a lifetime of gaining accumulated knowledge, it becomes less efficient at accessing that knowledge and adding to it.

Posted in human being | 2 Comments

Mont d’Or, Haut-Doubs, France

Posted in happiness | Leave a comment

Vacherin Mont-d’Or, Suisse

Posted in happiness | 1 Comment

Fondation Louis Vuitton


Icônes de l’art moderne. La collection Chtchoukine. Du 22 octobre 2016 au 5 mars 2017.

Posted in art | 1 Comment

FINE編集部

合成着色料は、タール色素ともいわれ、石油製品を原料に化学合成して作られたものです。発ガン性や催奇形性の疑いなど、安全性に問題があるといわれています。
 名前  赤色2号
 危険度 5
 危険性 発がん性、妊娠率の低下、じんましん
 食品  お菓子、清涼飲料水、ゼリー、冷菓、駄菓子、シロップ、洋酒
 海外  アメリカ・ヨーロッパでは使用禁止

Posted in knowledge | 1 Comment

生活の知恵どっとこむ

保存料     自分で作ったおにぎりなら1日も経てば乾燥するけれど。。。
 安息香酸・安息香酸Na(発癌性)、ソルビン酸・ソルビン酸K(肝臓・腎臓)
人工甘味料   合成した人工調味料で甘みをつけるのが体にいいわけが。。。
 アスパルテーム、スクラロース、アセスルファムK
旨味調味料   スナック菓子を食べていると、途中でやめられなくなる。。。
 グルタミン酸Na
着色料・発色剤 あの毒々しい色をしたものを体のなかに入れるなんて。。。
 カラメル色素(発癌性)、〇色〇号(コールタール)、コチニール色素(虫から抽出)

Posted in real | 2 Comments

Heather E. Douglas

When considering the importance of science in policymaking, common wisdom contends that keeping science as far as possible from social and political concerns would be the best way to ensure science’s reliability. This intuition is captured in the value-free ideal for science—that social, ethical, and political values should have no influence over the reasoning of scientists, and that scientists should proceed in their work with as little concern as possible for such values. Contrary to this intuition, I will argue in this book that the value-free ideal must be rejected precisely because of the importance of science in policymaking. In place of the value-free ideal, I articulate a new ideal for science, one that accepts a pervasive role for social and ethical values in scientific reasoning, but one that still protects the integrity of science.

Science, Policy, and the Value-Free Ideal (PDF file)

Posted in knowledge | 2 Comments

Shafik Alnawab

Posted in art | 1 Comment

梅津正樹

今の若い人は主体性がない人が多くなっている気はしています。君はそう言っているけど、僕はこう思うからこういう風にしようよ、って言えないんですね。言ったらみんな「なにこいつ、空気読めないな」って思われるから。ニコニコ笑って、「そうだよねー」と調子を合わせていればいい。

だから断定した物の言い方をしないで、曖昧言葉を多用するでしょ? 本当は「したい」のに、「したいかもしれない」って。

若い人たちはその場をうまく納めるために言葉を選んでいるんだと思います。その方が自分が傷つかないから。

「空気を読む」というのは、一見いいことのように聞こえますし、日本の伝統的な、察する文化に似ていますが、そうではないと思います。

でも、必要な場合もありますからね。みんなの気持ちを考えて空気を読むことはいいことだと思います。でも、そのために主体性を押し殺すのは良くない、と思います。

Posted in Japanese way | 3 Comments

為末大

言葉ではなく関係性を検索したい時一体どうすればいいのだろうか。またはまだ言語化されていない抽象的な概念はどう検索すればいいのだろうか。私は何を記憶するかというよりも、どう記憶するかの方が重要だと考えていて、その記憶の仕方が多様であればあるほど、また普通とは違う捉え方をしていればいるほど、発想がユニークに広がると考えている。検索すれば大方の情報は出てくるが一体何をどう検索するかの方が重要ではないか。
インターネットにより知りたいことはなんでも調べられるようになったが、皮肉な事に一体自分が何を知らないで、何を知ろうとしているのかは未だ私たち側の問題として残っている。まだ言葉になっていない何かについて思いを馳せるような知性を求めていたい。

Posted in knowledge | 1 Comment

Coluche

La droite a gagné les élections. La gauche a gagné les élections. Quand est-ce que ce sera la France qui gagnera les élections ?

Posted in good | Leave a comment

Joel Garreau

First there was downtown. Then there were suburbs. Then there were malls. Then Americans launched the most sweeping change in 100 years in how they live, work, and play. The Edge City.

Posted in change | 1 Comment

Robert Lang

Edgeless cities are a sprawling form of development that accounts for the bulk of office space found outside of downtowns. Every major metropolitan area has them: vast swaths of isolated buildings that are neither pedestrian friendly, nor easily accessible by public transit, and do not lend themselves to mixed use. While critics of urban sprawl tend to focus on the social impact of “edge cities” developments that combine large-scale office parks with major retail and housingedgeless cities, despite their ubiquity, are difficult to define or even locate. While they stay under the radar of critics, they represent a significant departure in the way American cities are built and are very likely the harbingers of a suburban future almost no one has anticipated.

Posted in real | 1 Comment

Peter Bradwell

Robert Lang has used the term ‘edgeless’ to describe cities subject to a certain type of sprawl: ‘Edgeless cities are… cities in function… but not in form.’ Universities too are experiencing ‘sprawl’. The function they perform is no longer contained within the campus, nor within the physically defined space of a particular institution, nor, sometimes, even in higher education institutions at all.
This is driven by people finding new ways to access and use ideas and knowledge, by new networks of learning and innovation, and by collaborative research networks that span institutions and businesses. It is an increasingly international phenomenon. Across the globe, countries are pushing for greater advantages in education and innovation. There is an evergrowing environment of learning, research and knowledge exchange of which universities are one part.

Posted in change | 2 Comments

Francois Pommery

Posted in change | 1 Comment

이수현, 関根史郎

Posted in asian way | 1 Comment

Musée d’ethnographie de Genève

Posted in art | 1 Comment

シルヴァーノ・アリエティ

創造力研究序説(創造の過程/創造性の主な学説)
創造力の心理学的構成要素(心象形成作用/形のない認識/原始的認識/概念的認識)
創造の所産(機知における創造力/詩と美的家庭/絵画・音楽/宗教的、神秘的経験/科学/哲学と一般システム理論)
創造性と社会・文化的環境(社会・文化と創造/創造発生社会)
個人と創造力の陶冶(創造的人間/個人における創造力の陶冶)
神経学・生物学・一般システム理論、そして人間精神の広い視野からみた創造性(創造性の神経学と生物学的な創造性/いくつかの一般的問題点と結論)

Posted in human being | 5 Comments

石原真樹

図書館を、認知症のお年寄りが快適に過ごせる「居場所」にしようという取り組みが広がっている。認知症の人が興味を持ちそうな本を集めたコーナーをつくったり、困っている人への対応の仕方を職員が学んだり。介護サービスにつなげることを目指した動きもある。

Posted in information | 2 Comments

中野信子

メディアに同調する人たちの脳は、社会のルールを破った人や異端者を糾弾することで快感を得るように出来ています。脳に、社会のために役立とうとする「向社会性」という働きがあるからです。脳がその集団自体が壊れてしまう危険性を感じると、異端者を一斉に排除しようとする働きを見せるわけです。
サイコパスの脳は、この「向社会性」を持たないため、異端者を糾弾することの快感を覚えません。「そんなことをしても自分には一円の得にもならない」と合理的に判断し、集団の総意に沿った言動を取らないのです。これを「反社会性」といいます。トランプ氏はその典型例でしょう。
**
脳は負荷が高い器官です。全身のたった二%の重量しかないのに二五%の酸素を使い、二〇%のカロリーを消費します。だから大衆は、脳で一生懸命考えるより、脳を使わずパッと理解できる説明を好みます。また大衆は発言の根拠や裏づけの検証はしない。トランプ氏はそのことをよく知っています。

Posted in human being | 1 Comment

Glenn Geher, Scott Barry Kaufman

A wise man once told me, “As a man, you have to die once in order to live.” I never fully appreciated his advice, nor did I understand it until I experienced it firsthand. From that time on, I understood the origins of the Jerk vs. Nice Guy battle. Readers may be asking themselves, “What in the world is this guy talking about?” Well, I’m referring to the widely known fact that women habitually date men that are jerks while the “nice” guys are often left twiddling their thumbs in solitaire. Does this sound familiar to anyone? Figuratively speaking, in order for a man to enjoy the company of women and be able to seduce them, his inner nice guy must first die through heartache. It is at this point that his inner bad boy surfaces and goes on the prowl.

Posted in human being | 3 Comments

富増章成

語れば語るほど、本当に言いたいことから遠ざかっていくことがある。行列ができるラーメン屋の味を盛りだくさんに語るよりは、実際に食べてもらった方がいい。味のすべてをもらさず言葉に翻訳するのは不可能である。
かたや、食べてもらったその人も、ラーメンの感動を言語化することはできない。自分もできない他人にもできない。結局、ラーメンの前に二人で見つめ合うしかないのである。しょせん言葉はことばなのだろうか。
だが、こうも考えらよう。とにかく語る。語り尽くせるだけ徹底して語る。すると、あたかもエアロビクスで脂肪が燃焼するように、シェイプアップされ残されたものが輝き出す。語ることによって語れない領域をよりリアルに感じることができるようになるのだ。
その語れない部分については当然、証明することもできなければ人に伝えることもできない。法則化して客観視することもできない。でも、それは確実に「ある」のだ(ほっぺをつねってみて。それのこと)。

Posted in attitude | 2 Comments

Caroline Fourest

La laïcité passionne, soude et parfois déchire. On en débat aux terrasses des cafés en sang, au cœur de salles de rédaction sous haute protection, sur le pavé des rues menacées de tous les continents, dans toutes les familles, de toutes les religions. Comment pourrait-il en être autrement ?
**
Dans notre époque toujours troublée, ce livre choisit de célébrer plutôt, sans l’y opposer, le génie de la laïcité. Seule lumière réellement capable de nous éloigner de l’obscurité.

Posted in reading | 2 Comments

九島伸一

Posted in happiness | Leave a comment

Glenn Geher

Many reach the top by being conspicuously caring – demonstrating a lifelong dedication to their broader communities and to helping others in their social worlds. Think Mother Theresa. On the other hand, there are relatively dark ways to reach the top in nearly all human social contexts. Displaying characteristics of the Dark Triad – being uncaring about others, self-absorbed, and manipulative – for better or worse, seems to also be an effective route to the top. It may not be a nice approach to social life, but it can be a successful one – particularly if others in the community allow this kind of strategy to succeed. Does Donald Trump demonstrate the features of the Dark Triad? Based on my expert opinion having published extensively in this area of psychology, I think the answer is this: Absolutely and unequivocally.

Posted in human being | 2 Comments

Kara Mayer Robinson

You may have heard people call someone else a “psychopath” or a “sociopath.” But what do those words really mean?
Doctors don’t officially diagnose people as psychopaths or sociopaths. They use a different term instead: antisocial personality disorder.
Most experts believe psychopaths and sociopaths share a similar set of traits. People like this have a poor inner sense of right and wrong. They also can’t seem to understand or share another person’s feelings. But there are some differences, too.
A key difference between a psychopath and a sociopath is whether he has a conscience, the little voice inside that lets us know when we’re doing something wrong.
A psychopath doesn’t have a conscience. If he lies to you so he can steal your money, he won’t feel any moral qualms, though he may pretend to. He may observe others and then act the way they do so he’s not “found out.”
A sociopath typically has a conscience, but it’s weak. He may know that taking your money is wrong, and he might feel some guilt or remorse, but that won’t stop his behavior.
Both lack empathy, the ability to stand in someone else’s shoes and understand how they feel. But a psychopath has less regard for others. Someone with this personality type sees others as objects he can use for his own benefit.

Posted in human being | 1 Comment

中野信子

Posted in game | 3 Comments

Severino Bovino

Posted in globe | 1 Comment

福岡正信

粘土質の土に様々な種類の種を混ぜ合わせ、ポーンと放るのです。
そうしたら、その部分の土に合っ種がそこに根をおろして芽を出すのです。

Posted in value | 2 Comments

土信田雅之

Posted in business | 1 Comment

Frédéric Chopin

Posted in love | 1 Comment

愛媛県茨木農園

Posted in happiness | 1 Comment

日建設計

Posted in art | 1 Comment

Katie Benner, Sui-Lee Wee

Apple, complying with what it said was a request from Chinese authorities, removed news apps created by The New York Times from its app store in China.
The move limits access to one of the few remaining channels for readers in mainland China to read The Times without resorting to special software. The government began blocking The Times’s websites in 2012, after a series of articles on the wealth amassed by the family of Wen Jiabao, who was then prime minister, but it had struggled in recent months to prevent readers from using the Chinese-language app.
Apple removed both the English-language and Chinese-language apps from the app store in China. Apps from other international publications, including The Financial Times and The Wall Street Journal, were still available in the app store.

Posted in information | 1 Comment

千本木啓文

新潟県のある農家は、「かつて魚沼産コシヒカリの流通量は、生産量の10倍もあった。いまだに、偽装まがいが横行しており、しかもその仕業がJAグループによるものだとすれば、怒りを通り越して悲しくなる」と話す。


Posted in Japanese way | 1 Comment

成毛眞

人、メディア、パソコン、スマホ。あらゆるものが私たちに向かって情報を発信しています。これらをすべて受け入れて咀嚼していては、情報処理だけで1日が終わり、1週間が終わり、つまり、一生が終わってしまいます。それだけが人生なのだとしたら、私は80歳まですら生きたくありません。
長く生きたいのは、楽しいこと、面白いことをまだまだしたいからです。なので私は、そんな自分の時間を奪うだけの情報は徹底的に捨て、遠ざけ、触れないようにしています。
情報に一切触れないという意味ではありません。むしろ私は情報の入手には積極的な方だと自負しています。ただ、漫然とは情報を受け入れない、ということです。
触れる情報と、触れない情報を、意識して区別する。端的に言えば、私に不要なくだらない情報をシャットアウトします。こうすることで、時間の浪費を極力、防いでいるのです。
私に不要な情報とは、私から遠いところにある情報(また、私に関係なさそうな情報)のことではありません。私に害を与える情報のことです。遠いところにある情報は知っていても損はせず、むしろ役立つこともあります。しかし、害を与える情報は、知っていて得をしないどころか、知ってしまったことを後悔するし、害を与える情報を好む人たちを引き寄せることにもつながり、まさに、百害あって一利なしの情報です。
**
情報の扱いに長けている人は益々長けていくし、不得手な人は不得手なままで、情報格差は広がっていく一方です。

Posted in globe | 2 Comments

Jerome Kern

Posted in music | 1 Comment

全国老人保健施設協会

介護老人保健施設 介護老人福祉施設 介護療養型医療施設
設置根拠 介護保険法に基づく開設許可 老人福祉法に基づき認可された特別養護老人ホームを指定 医療法に基づき許可された病院又は診療所の療養型病床群等を指定
医療 施設療養上、必要な医療の提供は介護保険で給付 全て医療保険で給付 施設療養に際する日常的な医療の提供は介護保険で給付
利用対象者 病状安定期にあり、入院治療をする必要はないが、リハビリテーションや看護・介護を必要とする要介護者 常時介護が必要で在宅生活が困難な要介護者 カテーテルを装着している等の常時医療管理が必要で病状が安定期にある要介護者
設備等の指定基準 療養室(1人当たり8m2以上)
診察室
機能訓練室(1人当たり1m2以上)
談話室
食堂(1人当たり2m2以上)
浴室 等
居室(1人当たり10.65m2以上)
医務室
食堂及び機能訓練室(3m2以上、支障がなければ同一の場所で可)
浴室 等
病室(1人当たり6.4m2以上)
機能訓練室
談話室
浴室
食堂 等
人員基準
(入所定員100人当たり)
医師(常勤)1人
看護職員9人
介護職員25人
理学療法士、作業療法士または言語聴覚士1人
介護支援専門員1人
その他 支援相談員等(看護職員数は看護・介護職員の総数の7分の2程度、介護職員数は看護・介護職員の総数の7分の5程度)
医師(非常勤可)1人
看護職員3人
介護職員31人
介護支援専門員1人
その他 生活指導員 等
医師3人
看護職員17人
介護職員17人
介護支援専門員1人
その他 薬剤師、栄養士等
Posted in Japanese way | 2 Comments

Help a Dane

Posted in difference | 1 Comment

デービッド・アトキンソン

一般的に、日本文化の特徴は海外の文化を取り入れて、改良して伝えていくことと言われますが、実際には、ほとんどどこの国も同じことをしています。学問的に言えば、日本の特徴は、古いものを残しつつ、そこに新しいものを加えていく「足し算」です。ヨーロッパの多くの国の場合、新しい文化を取り入れると古い文化と入れ替えることが多いのですが、日本はほとんど入れ替えることなく、古い文化を守ったまま新しい文化を足してきているのです。それによって、日本は相対的に非常に多様性に富んだ文化を育んできたのです。
このような独自の文化ができた最大の背景には、「人」があると思っています。「古い文化」を後世に伝えるのは「人」だからです。それが近代になって家庭における「文化」が大きく変わってきたことで、これまでのように文化がつながらなくなっています。ということは、これまでのような「足し算」が機能せず、さまざまなものが消え去ってしまうということなのです。
このような危機はやはり、「大家族」がなくなってきたこともひとつの要因でしょう。日本の髪型、着物、羽織椅、装束、言葉遣い、気配り、礼儀作法などが、祖父母から子供、そして孫へと家庭のなかで伝承されるというサイクルがなくなったのは、「核家族化」が進んだことと無関係ではありません。

Posted in Japanese way | 2 Comments

福井正憲

福寿園は京都の地で二百有余年、茶業を営んできましたが、業を継いできた先人は茶づくりの伝統の術を活かしながら、つねに新たな時代の技術やビジネスを取り入れて家業を発展させ、日本の心を伝えてきました。つまり伝統というものは、歴史と未来を融合させた”足し算の発想“によって継承されるものなのです。そして、二一世紀の福寿園がこれから将来にわたって価値ある存在であり続けるためには、明日のために何をするのかが問われていると、私は考えました。

Posted in change | 3 Comments

国土交通省

Posted in Japanese way | 1 Comment

末近浩太

イスラーム主義者たちは、独裁政治によって混迷する社会や国家を造り直すための「代替案」を提示しようとしたのである。イスラームに全幅の信頼を置きながらも、西洋的近代化の方法や成果を取り入れ、過去よりも未来、破壊よりも建設を目指した。だからこそ、多くの人びとの支持を得ることができたのである。
このイスラーム主義者たちの挑戦が実を結んだのが、1979年に起こったイラン革命であった。イスラーム法学者ホメイニーを指導者とする革命勢力は、親米の独裁王政を打倒し、イスラームの教えに基づく新たな国家の建設に成功した。
イラン革命は、政治と宗教を再び結びつけようとする前近代的な復古主義の試みと捉えられてきたが、革命後に樹立された「イスラーム共和制」は、実に先進的なものであった。それは、文字通り、イスラーム法による統治と18世紀の米国やフランスに生まれた共和制を融合する試みであった。

Posted in perception | 1 Comment

山本達也

ソーシャルメディアは、エジプトの人々に「我々は一人ではないのだ」、「同じフラストレーションを溜めている人々は他にもいるのだ」、「同じ夢を共有している人々がいるのだ」、「多くの人が自由を気にかけているのだ」ということを気づかせた。こうしたソーシャルメディアを介した「心理的な連帯」と「想いの同期化」が、これまでのエジプト社会で人々を行動に転嫁させることなく思いとどまらせていた「恐怖の心理的な壁」(fear of barrier psychological)を乗り越えさせたという。
つまり、エジプトの若者層を突き動かしたのは、ある種の「単純な正義感」であり、そこには政治的なイデオロギーも党派性も見当たらない。しかし、それゆえに、若者たちの主張は他の若者たちに簡単に伝播し、共感が共感を呼ぶことで、爆発的な勢いを獲得することができたのである。
カギは「心理的な連帯」と「想いの同期化」であるが、それを可能とするのは「共感」を呼ぶことのできるコンテンツやメッセージの有無である。

Posted in information | 1 Comment

武田隆

私が集合知の可能性と限界を同時に感じたのは、東日本大震災のときでした。地震が起こった当日から暫くは、ツイッターが大活躍しました。安否確認もそうでしたが、「日比谷線の恵比寿駅が動いたぞ!」とか「東横線はすごい混雑だ…」とか、それぞれがそれぞれの視点から知った状況を逐一報告することで、リアルタイムにみんなが状況全体の把握ができたんです。
多様な地点から、それぞれが見たこと、聞いたことを伝え合うことでひとつの集合知が形成されました。ところが、状況が少し落ち着いてきてからは、ツイッター上でも原子力発電所の是非ついての議論などが始まりました。それは、集合知と呼ぶにはあまりにもお粗末な、お互いが理解を深めることもなく、前向きな提案が出てまとまることもなく、それぞれの感想や思い込みをぶつけ合うだけの状況でした。

Posted in knowledge | 1 Comment

ウィキペディア

この唐草文様の風呂敷は、明治時代から昭和に掛けて大量生産された。当時泥棒は手ぶらで家屋に侵入し、まず盗んだ物を持ち運べる大判の風呂敷を探した。そこから泥棒=唐草の風呂敷というイメージが定着した。
唐草文様は古代エジプトで生まれ、シルクロードを渡って日本にもたらされた。そして江戸時代には風呂敷の文様として定着したのである。唐草は四方八方に伸びて限りがなく延命長寿や子孫繁栄の印として大変縁起が良い物とされていた。当時は婚礼道具や夜具地(布団)を唐草の風呂敷で包んでいたようである。

Posted in Japanese way | 1 Comment

吉永南央

有名なお寺ですから普段は人が多いんですが、早朝はとても静かです。誰もいない境内の奥の方からふっと読経がきこえてきたり、時には掛け軸を出し入れしている珍しい光景を目にしたり。ゆっくり静けさを味わえるのは京都に住む特権ですね…

お気に入りの『猫道』の1つなんです。猫が通るという意味ではなく、私が猫の立場(笑)。なるべく誰もいない方へひっそりと…

水の音が好きなんですよね。ここは特に立派なお宅が多いので、職人さんたちが家や庭をよく手入れしていて、『この間から作業が進んだな』なんて確認するのも楽しいんです。京都の人ってやはり、自宅のお庭とか、お店も、構えないのにちゃんと美しくしつらえているから、ありがたい…

Posted in voyage | 1 Comment

玉井克哉

Posted in business | 2 Comments

池田清彦

科学はもともと、科学という方法によって説明できることしか説明できないし、世界には科学で説明できないことの方がむしろ多いのである。たかだか人の脳が理解できる範囲のやり方でもって、自然を全部説明しようというのは、そもそも無理なのである。人の脳は自然の一部である。一部で全体を説明するやり方に無理が生ずるのは、考えてみれば当たり前ではないか。

科学はもともと、くり返し観察される何らかの共通現象しか説明できないのである。個々人の生きる意味といった個別的な点に関しては科学は全く無力である。

自然現象の大半は、一回性のものであり、科学がコントロールできるものでも手におえるものでもないのだ。コントロール可能な世界にだけ住んでいると、時に人はそのことを忘れる。ふだん、それを忘れている人は、ある時自分の「心」と「体」がコントロールできないことを知って、あわてるのである。でも、自然のほとんどは、科学の説明の埒外にあるのである。

Posted in globe | 1 Comment

Regina Nuzzo

  • I’m not trying to produce misleading results
    — but I do have a stake in the outcome.
  • When the data don’t seem to match previous estimates,
    you think, “oh, boy! Did I make a mistake?”
  • Science is an ongoing race between our inventing ways to fool ourselves,
    and our inventing ways to avoid fooling ourselves.

Posted in fact | 1 Comment

Monya Baker

More than 70% of researchers have tried and failed to reproduce another scientist’s experiments, and more than half have failed to reproduce their own experiments. Those are some of the telling figures that emerged from Nature’s survey of 1,576 researchers who took a brief online questionnaire on reproducibility in research.
The data reveal sometimes-contradictory attitudes towards reproducibility. Although 52% of those surveyed agree that there is a significant ‘crisis’ of reproducibility, less than 31% think that failure to reproduce published results means that the result is probably wrong, and most say that they still trust the published literature.

Posted in fact | 3 Comments

池田信夫, 伊藤春香

私がNHKに勤務していたころ教わったのは、「典型的な視聴者は、50歳の専業主婦で高卒だと思え」ということだった。(池田)

電通の先輩が、「CMは偏差値40の人にも理解できるものじゃなきゃダメ。この会社にいる時点で普通ではないと自覚しろ。世間にはおそるべき量のおそるべきバカがいる。そしてそれが日本の『普通の人』だ」って言ってたの、一番役に立ってる教えの一つだ。(伊藤)

Posted in information | 4 Comments

A. S. Neill

It is all too true that from the age of five to fifteen, most children are getting an education that goes only to the head. There is hardly any concern with their emotional life. Yet it is the emotional disturbance in a neurotic child that makes him compulsively steal. All his knowledge of school subjects or his lack of knowledge of school subjects plays no part at all in his larceny.

Posted in knowledge | 3 Comments

A. S. Neill

On with the dance-but it must be danced according to the rules. And the strange thing is that the crowd will accept the rules as a crowd, while at the same time the individuals composing the crowd may be unanimous in hating the rules.
To me a London ballroom symbolizes what England is. Dancing which should be an individual and creative pleasure, it reduced to a stiff walk. One couple dances just like another couple. Crowd conservatism prevents most dancers from being original. Yet the joy of dancing is the joy of invention. When invention is left out, dancing becomes mechanical and dull. English dancing fully expresses the English fear of emotion and originality.
If there is no room for freedom in such a pleasure as dancing how can we expect to find it in the more serious aspects of life? If one dare not invent his own dance steps, it is unlikely that he will be tolerated if he dares to invent his own religious educational or political steps !

Posted in freedom | 1 Comment

Michael J. I. Brown

This month there’s been a hoopla about a mini ice age, and unfortunately it tells us more about failures of science communication than the climate. Such failures can maintain the illusion of doubt and uncertainty, even when there’s a scientific consensus that the world is warming.
The story starts benignly with a peer-reviewed paper and a presentation in early July by Professor Valentina Zharkova, from Northumbria University, at Britain’s National Astronomy Meeting.
The paper presents a model for the sun’s magnetic field and sunspots, which predicts a 60% fall in sunspot numbers when extrapolated to the 2030s. Crucially, the paper makes no mention of climate.
The first failure of science communication is present in the Royal Astronomical Society press release from July 9. It says that “solar activity will fall by 60 per cent during the 2030s” without clarifying that this “solar activity” refers to a fall in the number of sunspots, not a dramatic fall in the life-sustaining light emitted by the sun.
The press release also omits crucial details. It does say that the drop in sunspots may resemble the Maunder minimum, a 17th century lull in solar activity, and includes a link to the Wikipedia article on the subject. The press release also notes that the Maunder minimum coincided with a mini ice age.
But that mini ice age began before the Maunder minimum and may have had multiple causes, including volcanism.
Crucially, the press release doesn’t say what the implications of a future Maunder minimum are for climate.

Posted in information | 3 Comments

成毛眞

「捨て方」とは、バカ情報には触れるなとか、情報は整理しなくていいとか、ネットニュースをチェックしまくるのは愚の骨頂とか、メモをきれいにとる必要はないので、捨てることを前提とした紙にとればいいとか——とにかく、「触れる情報を絞り込み、必要最低限のもの以外は溜めることを考えない」というものです。
食べ物同様、情報も、おびただしい数のものが、品質を問わず世に溢れています。全部を摂取し、消化することはどんな人間にも不可能です。アウトプットしない情報をすべて入手している暇も胃の容量もありません。
だからといって、情報をすべて拒めばいいというものでもない。それでは社会的に死んでしまいます。
『情報の「捨て方」』は、情報過多な現代社会を生き抜くため、情報に溺れないようにし、そして、情報という栄養が不足しないようにする方法を記しています。

Posted in information | 2 Comments

Google Earth

Posted in globe | 2 Comments

黒川伊保子

男女のものの見方の違いを思うたびに、この世に、二つの違う脳があることの意味を思い知る。この組合せは、とても合理的だ。脳を遠距離両用のハイブリッドにすると、判断が遅れる。どっちかに集約しているからこそ、瞬時に危険を見分けられるのだ。遠くの危険と、近くの危険を瞬時に見抜く脳の組合せが夫婦というものなのだろう。
しかも、発情しあう男女は、免疫抗体の型が遠く離れて一致しない。男女は、体臭の一部で免疫抗体の型を知らせ合っており、その型が一致しないほうが、互いの好感度が高いからだ。
免疫抗体の型、すなわち外界に対しての生体としての反応がことごとく違う男女が、まったく違うものの見方で一緒に暮らす。夫婦の脳は、一対で精緻なメカのようなものであり、けっして離れてはいけない。恋とか愛とかを超えた、ともに生きる意義がそこにはある。

Posted in difference | 2 Comments

児玉徳美

見聞ということばがある。見聞とは「見たり聞いたりすること」であり、また「そうして得た知識」でもある。人は見たり聞くことをすべて正確に記憶し再現できるわけではない。外部からの刺激のうち、受け手にとって意味あるものを取捨選択して記憶として身につけ、その後の行動に役立てていく。つまり、外部から送られる情報に反応して知識として蓄積していく。情報と知識は別物であり、両者の間に介在するものが思考である。外部から送られる情報がすべて受け入れられるわけではなく、思考過程で拒否されたり、特定のものが選ばれたり、補強されたりして知識となる。
**
日常生活で出くわす矛盾や不平等、「あたりまえ」とされている制度や常識などへの疑問は身辺に無数に存在する。情報はこのような問題を考える基礎材料を提供してくれることもあるが、直接回答を与えてくれるものではない。問題を発見し、問題解決の筋道をつける作業は情報の受け手や情報と無関係に人の思考・知識に委ねられている。

Posted in knowledge | 4 Comments

目崎雅昭

子供は誰でも、「どうして?」と質問をする。しかしその質問に対して、「うるさいから、黙ってやりなさい!」と大人が言い続けると、そのうちに子供は質問をしなくなるだろう。そして、黙って何でも親に従う子供は「よい子」として賞賛されていく。
すると、子供はそのうち「なぜ」という疑問さえ持たなくなってくる。その後は、「それが社会だから」とか「世の中はそういうものだから」と、それ以上の詮索をやめてしまう。周囲と同じ事をやっていれば、少なくとも批判されることはないからだ。
そうやって大人になった者は、今度は子供達から「どうして?」と質問されても、「そういうものだから」としか答えることができない。それ以上に「なぜ?」と聞かれると、「黙って従いなさい!」となってしまう。自分がそうやってきたのだから、当然といえば当然の結果だろう。
萎縮した子供は萎縮した大人になり、自分の外側にある「常識」に従うことを絶対視する。それは、自己が喪失していくことを意味しないだろうか。
意思とは、ひとりひとり固有の、自分を自分としている最小単位の根源である。意思があるから個性が生まれ、人間としての魅力も出てくる。意思がなければ、それは魂のない人間と同じだろう。
仕方がないから。それが世の中だから。ダメなものはダメ。こういったことが口癖ならば、自分の「意思の存在」を疑う必要がある。「それが日本人の国民性だ」「日本の文化だから変える必要はない」などと、安易な反論がでてくる場合も要注意だ。

Posted in Japanese way | 1 Comment

Leonard Koren

Things are either devolving toward, or evolving from, nothingness. As dusk approaches in the hinterlands, a traveler ponders shelter for the night. He notices tall rushes growing everywhere, so he bundles an armful together as they stand in the field, and knots them at the top. Presto, a living grass hut. The next morning, before embarking on another day’s journey, he unknots the rushes and presto, the hut de-constructs, disappears, and becomes a virtually indistinguishable part of the larger field of rushes once again. The original wilderness seems to be restored, but minute traces of the shelter remain. A slight twist or bend in a reed here and there. There is also the memory of the hut in the mind of the traveler — and in the mind of the reader reading this description. Wabi-sabi, in its purest, most idealized form, is precisely about these delicate traces, this faint evidence, at the borders of nothingness.

Posted in East West | 1 Comment

Heather F. Smith, William Parker, Sanet H. Kotzé, Michel Laurin

The evolutionary pressures leading to the appearance of the cecal appendix, its evolutionary relationships with the cecum, and the link between these gastrointestinal characters and ecology remain controversial. We collected data on appendix presence and size, other gastrointestinal characters, ecological variables, dietary habits, and social characters hypothesized to drive appendix evolution for 533 mammalian species. Using phylogeny-informed analyses, we identified the first evidence of a positive correlation between appendix presence and cecal apex thickness, and a correlation with cecal morphology, suggesting that the appendix and cecum may be evolving as a module, the cecoappendicular complex. A correlation between appendix presence and concentration of cecal lymphoid tissue supports the hypothesis of an adaptive immune function for this complex. Other new findings include an inverse correlation between relative cecum length and habitat breadth, and positive relationships between cecum length and mean group size, and between colon length and weaning age.

Posted in human being | 3 Comments

浜口武司

ベトナム戦争や歴代の米大統領を題材にした骨太の作品で知られるオリバー・ストーン監督(70)の最新作「スノーデン」が二十七日公開される。
米政府に不都合な本作は米国企業の支援が受けられず、フランスやドイツ企業の出資で製作されたと監督は付言する。「米国では自己規制や当局に対する恐怖があるのかもしれない。米政府や主要メディアが伝えることが真実だと思わないでほしい」と話す。
過激な発言で物議を醸すトランプ米大統領だが、ストーン監督は米情報機関と主要メディアへの不信感から、トランプ氏に「奇妙な形で新鮮な空気を持ち込んだ」と期待をにじませる。
「トランプに対するヒステリックな報道は、冷戦時代の赤狩りのようだ。ロシアとつながりがあるかのような報道も、彼を大統領にしたくない力が働いたのだと思う。米メディアも新保守主義の権力側にある。トランプは主要メディアに対し新しい見方をしているのは確かだ」と断言する。
その上で「米国は今、帝国化している。日本は米国をそこまで信頼していいのか。米国はそれほど日本を大切に思っていないかもしれない。日本をどうするかはみなさんが考えることだ」とアドバイスする。

Posted in attitude | 2 Comments

Matt Wuerker

Posted in information | 1 Comment

Laurent Alexandre

Posted in globalization | 1 Comment

Ian Bremmer

Posted in globalization | 1 Comment

Ian Bremmer

6 Years after Arab Spring = 1 Democracy + 5 Autocracies + 3 Failed States + Trump

Posted in globalization | 1 Comment

副田高行

僕はあまり勉強熱心ではないんですが、ただ言えることは、自分に興味のあることは身につくということです。仕事のためだけで情報を集めてもなかなか自分の中に蓄積していきません。もちろん、仕事によっては一生懸命勉強してやることはありますが、やはり、自分の価値観や基準をうまく表現できたとき、消費者にその広告の魅力を感じさせ、受け入れられるのだと思いますね。
**
例えば、シャープのアクオスでいうと、世界の名建築シリーズや、現在の名画シリーズは、自分の興味のあるものを広告表現にとり入れているものです。でもそれは決して押しつけることではなく、それが共感を呼ぶと信じているからできるんです。世界で最も情緒の豊かな日本人はスペックだけではなく、心が動かされるものがないと満足しないと思うからです。
**
クリエーターも生活者ですから送り手の役割をすると同時に、受け手でもありますから、自分にとってもいい広告だと実感できる表現をしたいんです。自分自身も含めた生活者の心を動かせる表現をしたいんです。

Posted in globe | 1 Comment

藤田徳人

子供を教育するときに、親は「偉いね」「すごいね」と言ってほめて <やる気> を出させて成績を上げさせようとするものです。実際子供のやることなど、偉くもすごくもないのです。ですが、そうやって子供を騙すことによって意欲を芽生えさせながら教育します。
受験もそうです。神社にお参りして、おみくじで大吉を引いて「試験は必ず合格する」なんて書いてあれば、それだけで合格した気分になり、次の日から勉強意欲がわくというもの。もし、そういう暗示も何もなく、「そんな簡単に合格するわけがない」という現実ばかりを突きつけられていたのでは、実際勉強する気力を生み出すことは難しいでしょう。
映画やドラマの世界もそうです。役者さんたちは、あくまで芝居をしているわけであって、嘘の笑い、嘘の涙を作って物語をすすめています。「これは芝居だ」とわかっていても、人はそれを見て自分が主人公になった気分になり、普段得られない喜怒哀楽の感情やドキドキ感を得ようとします。そういったものを見ている人はむしろ、無意識的に「騙されよう」としています。そして騙されれば騙されるほど、その感動は深くリアルなものとして自分自身にフィードバックされるわけです。
多くの男性はアダルトビデオを見て興奮しますが、これだって「自分はこの女優とエッチしている」という妄想を刺激しているだけにすぎません。ですが、男性たちは必死になってそのバーチャルな世界にわざと入りこもうとし、そして強い性的興奮を得ようとするのです。これらは全て、自ら騙されようとしているから成り立つもので、人はいかに騙されたがっているかということがわかります。騙されるほどに快感を得ることができるからです。

Posted in information | 1 Comment

Randall Beard

The formats where action exceeds trust by the greatest margin share a common attribute: Easy access to products/services. You like it, you buy it. Online and mobile formats make it exceptionally easy for consumers to live in the moment and take quick action on the advertisement. Often, consumers simply click a link and they’re directed to a place where they can receive more information or purchase the item.

Posted in information | 2 Comments

日本経済新聞

Posted in belief | 1 Comment

Laurent Guiraud

Posted in picture | 1 Comment

飯田屋

Posted in business | 1 Comment

石牟礼道子

 
   花を奉る

石牟礼道子         

春風萌すといえども われら人類の劫塵いまや累なりて
三界いわん方なく昏し
まなこを沈めてわずかに日々を忍ぶに なにに誘わるるにや 虚空はるかに 一連の花 まさに咲かんとするを聴く ひとひらの花弁 彼方に身じろぐを まぼろしの如くに視れば 常世なる仄明かりを 花その懐に抱けり
常世の仄明かりとは あかつきの蓮沼にゆるる蕾のごとくして 世々の悲願をあらわせり かの一輪を拝受して 寄る辺なき今日の魂に奉らんとす
花や何 ひとそれぞれの 涙のしずくに洗われて咲きいずるなり
花やまた何 亡き人を偲ぶよすがを探さんとするに 声に出せぬ胸底の想いあり そをとりて花となし み灯りにせんとや願う
灯らんとして消ゆる言の葉といえども いずれ冥途の風の中にて おのおのひとりゆくときの 花あかりなるを この世のえにしといい 無縁ともいう
その境界にありて ただ夢のごとくなるも 花
かえりみれば まなうらにあるものたちの御形 かりそめの姿なれども おろそかならず
ゆえにわれら この空しきを礼拝す
然して空しとは云わず 現世はいよいよ地獄とやいわん
虚無とやいわん
ただ滅亡の世せまるを待つのみか ここにおいて われらなお 地上にひらく 一輪の花の力を念じて合掌す

Posted in poem | 2 Comments

東京新聞

安倍首相が衆院本会議の所信表明演説で、芦田元首相の言葉を引用したのは開始から約十八分後の最後のくだりだった。
「芦田元首相は戦後の焼け野原の中で若者たちに『どうなるだろうかと他人に問い掛けるのではなく、われわれ自身の手によって運命を開拓するほかに道はない』と言った」
淡々とした口調でこう述べた後に「自らへの誇りと自信を取り戻そうではありませんか」と声を張り上げると、議席の三分の二を占める自民、公明両党の議員から大きな拍手が巻き起こる。「少数野党第一党」に転落した民主党席は静まり返っていた。
芦田の言葉は安倍首相自身の判断で演説に入れた。
**
注目すべきは、この(芦田の)講演が国民を広く対象にしたものではなく、当時、国をリードする立場にあった中央官僚や東大生を相手に行った講演であること。芦田講演の「われわれ」とは国民ではなく、政治家、官僚や将来のその「候補生」であり、彼らに向かって奮起を求める内容であって、国民の責務を意識させるような内容ではない。
首相が意図的にやや捻じ曲げたわけではないだろうが、引用がやや変なのだ。

Posted in dogme | 1 Comment

西成活裕

私が最もすごいと思う研究者は、自然の声を聴いている人です。自分のフィルターを通して環境を見るのではなく、フィルターを外して声を聴いて理論をつくる。それが一番自然で、そうでない理論をむりやり立てたとしても違和感があるのです。むりやりの理論はすぐに駆逐されてしまう。地味であっても自然にできた理論のほうが長続きします。
「けもの道」ってありますよね。ここにも人が踏み固めてできたけもの道らしきものがたくさんあるのですが、それらは人が自然にここに道があったらいいと思ってつくっている。私はそれこそが道路ではないかと思うのです。芝生に入れないように、それを迂回する舗装道路をつくったとしても、見ていれば人は芝生の上を歩いてけもの道をつくっている。
皆それがよいと思ったら、その部分は計画から隔離して考えるべきだと思います。ある程度、計画による統治された美しさも認めますが、そうではない、じわじわと生成してできた凄さが好きです。自然林と人工林の違いもそうですよね。人工林は手をかけないとすぐに枯れてしまうけれど、自然の森は手をかけなくてもすべてが絶妙なバランスでできあがっています。メインテナンスフリーで、それこそが自然の姿だと思います。

Posted in nature | 2 Comments

Sébastien Cuvelier

Posted in asian way | 1 Comment

老子

Posted in knowledge | 1 Comment

故事ことわざ辞典

巧言令色鮮し仁とは、言葉巧みで、人から好かれようと愛想を振りまく者には、誠実な人間が少なく、人として最も大事な徳である仁の心が欠けているものだということ。
剛毅木訥仁に近しとは、意思が強く強固で、素朴で口数が少ない人物が、道徳の理想である仁に最も近い者であるということ。
温故知新とは、昔のことをよく学び、そこから新しい知識や道理を得ること。また、過去の事柄を研究して、現在の事態に対処すること。

習わぬ経は読めぬとは、知識や経験のまったくない物事をやれと言われても、できるものではないということのたとえ。
大智は愚の如しとは、本当に知恵のある者は知識をひけらしたりしないから、一見すると愚かなように見えるということ。

Posted in quote | 2 Comments

瀬戸賢一

Metaphor
Simile
Personification
Synesthesia
Zeugma
Metonymy
Synecdoche
Hyperbole
Meiosis
Litotes
Tautology
Oxymoron
Euphemism
Paralepsis
Rhetorical questions
Implication
Repetition
Parenthesis
Ellipsis
Reticence
Inversion
Anthithesis
Onomatopoeia
Climax
Paradox
Allegory
Irony
Allusion
Parody
Pastiche
人生は旅だ  彼女は氷の塊だ
ヤツはスッポンのようだ
社会が病んでいる  母なる大地
深い味  大きな音  暖かい色
バッターも痛いがピッチャーも痛かった
鍋が煮える  春雨やものがたりゆく蓑と傘
熱がある  焼き鳥  花見に行く
一日千秋の思い  白髪三千丈  ノミの心臓
好意をもっています  ちょつとうれしい
悪くない  安い買い物ではなかった
殺入は殺人だ  男の子は男の子だ
公然の秘密  暗黒の輝き  無知の知
化粧室  生命保険  政治献金
言うまでもなく  お礼の言葉もありません
いったい疑問の余地はあるのだろうか
袖をぬらす  ちょっとこの部屋蒸すねえ
えんやとっと、えんやとっと
文は人なり(人は文なりというべきか)
これはどうも それはそれは
「……」 「――」
うまいねえ、このコーヒーは
春は曙  冬はつとめて
かっぱらっぱかっぱらった
一度でも…、一度でも…、一度でも…
アキレスは亀を追いぬくことはできない
行く河の流れは絶えずして…
(0点なのに)ほんといい点数ねえ
盗めども盗めどもわが暮らし楽にならざる
サラダ記念日 カラダ記念日
理不尽の嵐で気分が如月状態だぜ(西尾維新風)
Posted in knowledge | 4 Comments

Bright Side

Yawning  The main purpose of yawning is to cool down the brain after it’s been overheated or overloaded.
Sneezing  Usually, we sneeze when our nasal passages fill up with too many allergens, microbes, dust, or other irritants. Sneezing is the body’s way of getting rid of this “trash.”
Stretching  We instinctively stretch in order to prepare our bodies for the physical loads we expect them to take during the day. At the same time, stretching works the muscles, restores blood flow, and improves our mood.
Hiccuping  When we eat very quickly, swallow large pieces of food, or simply overeat, our pneumogastric nerve can become irritated. This is closely connected to our stomach and diaphragm. The result is a bout of hiccups.

Posted in human being | 1 Comment

Khatia Buniatishvili

Posted in music | 3 Comments

Vanessa Benelli Mosell

Posted in music | 2 Comments

平原綾香

https://youtu.be/TddLq4gdNDw

Posted in music | 1 Comment

明菴栄西

Posted in happiness | 2 Comments

中山清治

喫茶養生記は、栄西が在宋中に見聞しあるいは経験した茶の栽培法、飲み方、採取法、効能等を述べている。またこの他、桑の飲み方効能を記している養生書である。
栄西が再度入宋をした頃、宋では禅宗が盛んであり、当然栄西も禅の修業に励んでいる。禅宗は専一に瞑想することによって仏の悟りに入ると言われており、長時間の瞑想が睡魔に襲われ心身の疲労をきたすということが起こる。茶を飲むことによって疲労を早く回復することが出来、更に精神をも爽快にすることが出来る。中国では茶が古い時代から一般に飲用されていたことは栄西も述べている。
宋の禅僧は特にこうした茶の効用に着目し、睡魔を防止し疲労の回復をはやめることが出来ることから、長時間の瞑想に堪えるためには茶の飲用は欠かせないものであると考えたのである。
したがって禅僧は菩提達磨の像の前に集まり、深厳な儀礼の下に一椀の茶を飲み、これを茶の儀礼としたとされている。留学した栄西もこうした茶の儀式に加わり、自ら茶を飲み。茶の効用を体験し、禅の修業とともに茶に関する儀式を学んだものと思われる。
栄西は茶に興味を抱き、留学中に様々な文献から、あるいは口伝から茶に関する養生法と知識を得ようと努力をした。また当時、茶と並んで養生法の1つとされていた桑の療法を知り、この二つを合わせて持ち帰り、目的とするところは禅の普及にあったが同時に喫茶の習慣を国内にも広めようと考えたのであった。

Posted in knowledge | 3 Comments

日本経済新聞

神奈川県小田原市で2007年以降、生活保護受給者の自立支援を担当する市職員ら64人が「不正受給はクズだ」などの趣旨の英文が背面にプリントされたジャンパーを自費で購入し、一部の職員が勤務中に着ていたことが分かった。
左胸部分には「HOGO NAMENNA」、保護なめんなと読めるエンブレムが付いており、ジャンパーを着たまま受給者宅を訪れるケースもあった。

Posted in human rights and democracy | 3 Comments

市川園 お茶ミュージアム

国別に見た茶の消費量(2007-2009)


国別に見た国民一人当たりの茶の消費量(2007-2009)


社団法人日本茶業中央会「平成23年版 茶関係資料」より作成
※茶は紅茶、ウーロン茶、緑茶などの合計

Posted in happiness | 1 Comment

Ailbhe Malone

Egg Coffee, Vietnam
Recipes vary, but the fundamentals are egg yolk + condensed milk + sugar + hot coffee. The result is very rich, like a dessert.

Posted in happiness | 2 Comments

Houyuan Lu, Jianping Zhang, Yimin Yang, Xiaoyan Yang, Baiqing Xu, Wuzhan Yang, Tao Tong, Shubo Jin, Caiming Shen, Huiyun Rao, Xingguo Li, Hongliang Lu, Dorian Q. Fuller, Luo Wang, Can Wang, Deke Xu, Naiqin Wu

Phytoliths and biomolecular components extracted from ancient plant remains from Chang’an (Xi’an, the city where the Silk Road begins) and Ngari (Ali) in western Tibet, China, show that the tea was grown 2100 years ago to cater for the drinking habits of the Western Han Dynasty (207BCE-9CE), and then carried toward central Asia by ca.200CE, several hundred years earlier than previously recorded. The earliest physical evidence of tea from both the Chang’an and Ngari regions suggests that a branch of the Silk Road across the Tibetan Plateau, was established by the second to third century CE.

Posted in learning | 1 Comment

Google

Posted in business | 1 Comment